PR(アフィリエイト)

カヤックおすすめ16選【インフレータブル・シットオン・脚漕ぎ】レジャーや釣りに

インテックス『チャレンジャー K2』
出典:Amazon
インテックス『チャレンジャー K2』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

キャンプや南の島のアクティビティとして人気のカヤック。インフレータブルやシットオン、フォールディングなど種類がたくさんあります。

この記事では、キャンプライターの中山一弘さんと編集部が厳選したカヤックのおすすめと選び方をご紹介。カヤックのルールや保管方法についても説明しています。

記事の後半にはAmazonや楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。。


この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘
青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:スポーツ・自転車、アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「スポーツ・自転車」「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリーを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

カヤックとは? カヌーとカヤックの違いも解説

カヤックを楽しむ少女
ペイレスイメージズのロゴ
カヤックを楽しむ少女
ペイレスイメージズのロゴ

シーカヤックやフィッシングカヤックは南の島のアクティビティとして有名。

カヤックとは、カヌーの一種で、オープンデッキタイプのカヌーに対して、クローズドデッキタイプなのが特徴です。また、もうひとつの違いがパドルです。カヌーのパドルはブレードが片方だけなのに対し、カヤックは両方にブレードが付いているのが特徴です。

カヤックの選び方 用途に合わせて選ぶ

キャンプライターの中山一弘さんに、カヤックを選ぶポイントを教えていただきました。

カヤックで休む女性

Photo by Jeff Isaak on Unsplash

カヤックで休む女性

Photo by Jeff Isaak on Unsplash

アウトドアライフをより豊かにしてくれるカヤック。購入するにはどんな点に着目すればいいのでしょうか。

カヤックの種類 用途ごとに特徴が異なる

カヤックにもいくつか分類の仕方はありますが、パドルで漕(こ)ぐ小舟を全般的にカヌーと呼び、そのなかでダブルパドルを使うのがカヤックで、シングルパドルを使うのをカナディアンカヌーという言い方をすることが多いようです。

大別するとカヤックは、川や湖に向いたリバーカヤックと、海に向いたシーカヤックに分けられます。さらにリバーカヤックも、静水でゆったり楽しむタイプや、急流下りなどにも対応するタイプなどに分けられます。

シーカヤックは波切り性をよくするため、細長い船体が特徴的です。購入する場合は、まず自分がどんなフィールドに漕ぎ出したいのかイメージすることが第一歩になります。

インフレータブルカヤック 初心者におすすめ! 高いコスパと収納力が特長

 

LOGOS(ロゴス)『2マンカヤック』

インフレータブルカヤックは空気を入れて膨らますタイプです。安定性にもすぐれています。また、空気を抜けばコンパクトに折りたたみ持ち運びにも便利になります。コスパと収納性の高さから、初心者に向いています。

レクリエーショナルカヤック 湖など流れの穏やかな水上向き

 

BOTE Lono Aero インフレータブル カヤック & スタンドアップ パドルボード

湖など波の穏やかな水上に適したカヤックです。安定性よりかは直進性を重視した構造になっているため、すいすい進み、水上散歩にはもってこいです。

シットオントップカヤック 安定感があり転覆しにくい

 

ライフタイム『ハイドロス85 シットオンカヤック(#90594)』

安定感があり、転覆しにくい構造のカヤックです。そのためフィッシング用として用いられることが多いタイプでもあります。カサゴなどを釣るために、エンジン付きボートでは侵入できないような浅場の岩礁帯をねらうのに重宝します。スペースも広めなので、クーラーボックスや釣り具を入れることもできます。

フォールディングカヤック コンパクトに収納できる組み立て式

 

FUJITA CANOE(フジタカヌー)『折りたたみカヌー AL-2-430ERCS』

収納性が高くコンパクトに組み立てられる持ち運び便利なタイプ。フレームがアルミやFRP素材のため、担いで持ち運ぶことができるほど軽く、コンパクトに折りたためます。ただし、ほかのタイプよりも強度が落ちます。

シーカヤック 潮や風の影響を受けにくい

 

フィールフリー NEW MOVE

海での使用に特化したリジッド(ハードタイプ)です。全長が長く狭めの幅により潮や風の影響を受けにくいのが特長です。南の島のパッケージツアーなどでよく体験できるアクティビティです。

リバーカヤック 上級者向け! 激流の川下りも可能

 

座り心地がよく、フィッシングに最適。細身で水面を滑るように進むのが特徴。

激流の川下りで使用する上級者向けカヤックです。船体が短く一体型のため、流れに合わせて自在にカヤックをコントロールできます。その分、乗りこなすにはやや経験が必要となります。また、岩にぶつかっても壊れないよう丈夫にできています。

素材 シーンに合わせて素材を選ぶ

 

Blufree『インフレータブルカヤック』

カヤックの素材にはゴム・FRP・ポリエチレンなどがあります。

ゴム……浮力と耐衝撃性があり、転覆しにくい。
FRP……軽量のため、スピードが出るタイプの素材に使われる。
ポリエチレン……衝撃や擦れに強く、安価。

重さ 重さを確認

 

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『CSパックライトカヤック』

カヤックの取り回しやすさは形状でわかります。シーカヤックのように全長が長いものは直進性が高くなりますが、回転性能が悪くなります。逆に、全長が短いものは回転性能はよくなりますが、直進性は低くなります。海ならば長いもの、川ならば短いもの、湖ならばすいすい進むレクリエーショナルカヤック、といったように目的で選ぶとよいでしょう。

また、カヤックの横幅が広くなると安定性能はよくなりますが、その分、水野抵抗が大きくなり直進性は低くなります。そして、重量の重いものほど頑丈になりますが、これもまたスピードが落ちる要因となり、持ち運びにも不便になります。初心者の方は、極端に重いものや軽いものは避けたほうが無難です。

形状 断楕円形・ティアドロップ形など

 

Blufree『インフレータブルカヤック』

はじめてカヤックを購入する場合は、まず安定性のよいモデルを選びましょう。急流用などでは回転性を高めたモデルが使われますが、最初は直進性がよく、あまりクルクル回らないカヤックが安全に楽しめるモデルです。

これには船体の形状が大きく影響しますが、キールという直進安定性を高める構造がきちんと入っているものや、船体があまり細すぎない乗り降りもしやすいものがいいと思います。

船体の底面の形状も、横方向の断面でみたときに四角い感じのものの方が、安定性が増します。そこは曲がりにくくなることとのトレードオフなので、最初はオールラウンドタイプがいいでしょう。

海水浴やプールで遊ぶようなものは、「カヤックの形をしたおもちゃ」なので避けましょう。

1人乗りか2人乗りかで選ぶ サイズ・安定性・耐荷重・運搬方法を考慮

 

Advanced Elements(アドバンスドエレメンツ)『グリーンキングフィッシャー2 コンバーチブル』

カップルでカヤックを楽しみたい人などに向いている2人乗りですが、比較的にコンパクトな1人乗りに対し、2人乗りカヤックのサイズは一般的に長さ4m前後、幅が80cm前後あり、持ち運びにやや苦労します。ただし、安定性を考えるのであれば4m以上はほしいところです。

おすすめは、空気をふくらませるインフレータブルタイプ。または、パーツを分割して持ち運べるシットオンタイプ。組み立て・折りたたみ式のフォールディングタイプもおすすめです。

また、耐荷重も考慮しましょう。浅瀬に乗り上げてしまった場合も、頑丈な作りのカヤックであれば、衝撃を最小限におさえることができます。

インフレータブルカヤックのおすすめ8選 空気を入れて膨らますタイプ

ここからは、インフレータブルカヤックのおすすめ商品をご紹介します。

エキスパートのおすすめ

AQUA MARINA(アクアマリーナ)『インフレータブル カヤック BETTA VT』

AQUAMARINA(アクアマリーナ)『インフレータブルカヤックBETTAVT』 AQUAMARINA(アクアマリーナ)『インフレータブルカヤックBETTAVT』 AQUAMARINA(アクアマリーナ)『インフレータブルカヤックBETTAVT』 AQUAMARINA(アクアマリーナ)『インフレータブルカヤックBETTAVT』 AQUAMARINA(アクアマリーナ)『インフレータブルカヤックBETTAVT』 AQUAMARINA(アクアマリーナ)『インフレータブルカヤックBETTAVT』 AQUAMARINA(アクアマリーナ)『インフレータブルカヤックBETTAVT』 AQUAMARINA(アクアマリーナ)『インフレータブルカヤックBETTAVT』 AQUAMARINA(アクアマリーナ)『インフレータブルカヤックBETTAVT』
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

安定性がよく長時間のパドリングも快適にこなせる

全長が412cmとインフレータブル型としては大き目で、2人でゆったり漕ぐことができます。角度調整可能で座りやすいシートが付属し、直進性を高めるフィンも付属するので、長時間のパドリングでも疲れにくいでしょう。船首と船尾の形状も、波切り性がよくグイグイ進んでいくイメージです。

また、独自のドロップステッチ構造をフロアなどに採用し、高い剛性と収納時のしまいやすさを両立しています。排水用のバルブもあるため、雨天の急流などでは船内の水量がコントロールできます。

価格的にも購入しやすいものですし、他メーカーとはちょっと違ったカラーリングも楽しめます。

タイプ インフレータブル
全長 412cm
収納サイズ -
重量 13.5kg
耐荷重 155kg
定員 2名
全てを見る全てを見る

タイプ インフレータブル
全長 412cm
収納サイズ -
重量 13.5kg
耐荷重 155kg
定員 2名
全てを見る全てを見る

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『インフレータブルカヤック』

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『インフレータブルカヤック』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『インフレータブルカヤック』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『インフレータブルカヤック』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『インフレータブルカヤック』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『インフレータブルカヤック』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『インフレータブルカヤック』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『インフレータブルカヤック』
出典:Amazon この商品を見るview item

1人用のフィッシングや川下りに

釣り道具の収納や、小荷物を押さえるバンジーコード、リングアンカーなどが装備されているので釣りやアウトドア好きにおすすめです。
空気の出し入れで、とても簡単に組み立てができるのが魅力的です。
コンパクトに収納できるので、持ち運びに便利なカヤック。スタイリッシュなデザインもおすすめポイントです。

タイプ インフレータブルカヤック
全長 (約)全長310cm×幅83cm×艇高33cm
収納サイズ 80cm×60cm×25cm
重量 (約)11.5kg
耐荷重 (約)108kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

タイプ インフレータブルカヤック
全長 (約)全長310cm×幅83cm×艇高33cm
収納サイズ 80cm×60cm×25cm
重量 (約)11.5kg
耐荷重 (約)108kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

INTEX(インテックス)『チャレンジャーK2・カヤック』

INTEX(インテックス)『チャレンジャーK2・カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK2・カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK2・カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK2・カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK2・カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK2・カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK2・カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK2・カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK2・カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK2・カヤック』
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトに収納できる!

空気を抜いて折りたためばコンパクトに収納できるカヤックです。折りたたんだ状態であれば、軽自動車の荷室にも無理なく収まります

213cmのアルミオールとリペアパッチ、ハイアウトプットポンプポンプが付属しているので、届いたその日から使えるのもポイント。ただしやわらかいPVC製なので、岩場などでの使用には向きません。

本格的なカヤックを買う前にカヤックがどういうものか試してみたい人、水遊び用のカヤックを探している人は、チェックしてみましょう。

タイプ -
全長 (約)351cm
収納サイズ 幅68.5×奥行28×高さ45.7cm
重量 (約)15.2kg
耐荷重 181kg
定員 2名
全てを見る全てを見る

タイプ -
全長 (約)351cm
収納サイズ 幅68.5×奥行28×高さ45.7cm
重量 (約)15.2kg
耐荷重 181kg
定員 2名
全てを見る全てを見る

INTEX(インテックス)『エクスクルージョン プロカヤック』

INTEX(インテックス)『エクスクルージョンプロカヤック』 INTEX(インテックス)『エクスクルージョンプロカヤック』 INTEX(インテックス)『エクスクルージョンプロカヤック』 INTEX(インテックス)『エクスクルージョンプロカヤック』 INTEX(インテックス)『エクスクルージョンプロカヤック』 INTEX(インテックス)『エクスクルージョンプロカヤック』 INTEX(インテックス)『エクスクルージョンプロカヤック』 INTEX(インテックス)『エクスクルージョンプロカヤック』 INTEX(インテックス)『エクスクルージョンプロカヤック』 INTEX(インテックス)『エクスクルージョンプロカヤック』 INTEX(インテックス)『エクスクルージョンプロカヤック』
出典:Amazon この商品を見るview item

強度も軽さも抜群!

インテックスのカヤック ボート エクスクルージョンは耐久性に優れていることに加え、軽くてコンパクトさが特徴です。GPS機能や魚探知機を取り付ける場所もあるので、釣りの際にも活躍してくれます。ガソリンやオイル、海水の影響を受けないスーパータフを導入しているので劣化のスピードが遅く、長く使えるでしょう。

タイプ インフレータブル
全長 384×94×46cm
収納サイズ -
重量 17.73kg
耐荷重 180kg
定員 2名
全てを見る全てを見る

タイプ インフレータブル
全長 384×94×46cm
収納サイズ -
重量 17.73kg
耐荷重 180kg
定員 2名
全てを見る全てを見る

INTEX(インテックス)『チャレンジャーK1カヤック』

INTEX(インテックス)『チャレンジャーK1カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK1カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK1カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK1カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK1カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK1カヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK1カヤック』
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトに収納でき持ち運びに便利

グリーンとブルーの鮮やかな色どりが印象的なインテックスのカヤックです。畳んでコンパクトに収納できるので電車や自転車での持ち運びも可能になっています。横幅が広めに設計されているので強い風が吹いても安定して乗ることができますよ。空気入れポンプもセットになっているのでこれ1つでカヤックデビューを果たせます。

タイプ インフレータブル
全長 274cm×76cm×38cm
収納サイズ -
重量 11.34 Kg
耐荷重 100kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

タイプ インフレータブル
全長 274cm×76cm×38cm
収納サイズ -
重量 11.34 Kg
耐荷重 100kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

Blufree『インフレータブルカヤック 2人乗り』

Blufree『インフレータブルカヤック2人乗り』 Blufree『インフレータブルカヤック2人乗り』 Blufree『インフレータブルカヤック2人乗り』 Blufree『インフレータブルカヤック2人乗り』 Blufree『インフレータブルカヤック2人乗り』 Blufree『インフレータブルカヤック2人乗り』 Blufree『インフレータブルカヤック2人乗り』 Blufree『インフレータブルカヤック2人乗り』
出典:Amazon この商品を見るview item

タフなカヤックならこれ!

Blufreeのインフレータブルカヤックは厚くて丈夫なPVC素材を使用しているため、180kgまで乗ることができるなどかなりタフなつくりになっています。川や湖はもちろん、風の強い海でも安定して乗ることができるでしょう。足元にもきちんとスペースがあるので大人が2人で乗っても窮屈になる心配もありませんよ。

タイプ インフレータブル
全長 長さ321x幅88cm
収納サイズ -
重量 14kg
耐荷重 180kg
定員 2名
全てを見る全てを見る

タイプ インフレータブル
全長 長さ321x幅88cm
収納サイズ -
重量 14kg
耐荷重 180kg
定員 2名
全てを見る全てを見る

JOYCRAFT(ジョイクラフト)『カヤック340(KYK-340)』

JOYCRAFT(ジョイクラフト)『カヤック340(KYK-340)』 JOYCRAFT(ジョイクラフト)『カヤック340(KYK-340)』 JOYCRAFT(ジョイクラフト)『カヤック340(KYK-340)』
出典:Amazon この商品を見るview item

スムーズな動きで快適!

スリムな船体とV型エアフロア、ダイナキールを採用することで、スムーズな動きを実現したカヤックです。エンジン、パドルどちらにも対応しており、サップとしても使用できます。

キャリーバッグ付属で、収納場所に困らないのもポイント。高圧フットポンプHP-9と補修キットもついています。

走航性能が高いカヤックを探している人にぴったりです。

タイプ インフレータブル
全長 333cm
収納サイズ -
重量 21.5kg
耐荷重 200kg
定員 2名
全てを見る全てを見る

タイプ インフレータブル
全長 333cm
収納サイズ -
重量 21.5kg
耐荷重 200kg
定員 2名
全てを見る全てを見る

フィールフリー『ニュームーブ』

フィールフリー『ニュームーブ』 フィールフリー『ニュームーブ』 フィールフリー『ニュームーブ』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

軽く、持ち運びに便利なタイヤつき

トロピカルな色合いが目を引くシットオントップカヤックです。ロッドホルダーが標準装備されているので、水遊びだけでなく釣りにも使用できます。

後部には持ち運びに便利なタイヤがセットされており、車から水際までスムーズに移動できるのもポイント。

軽量で、気軽に使えるシットオントップカヤックを探している人にぴったりです。

タイプ シットオントップ
全長 267cm
収納サイズ -
重量 17kg
耐荷重 -
定員 1名
全てを見る全てを見る

タイプ シットオントップ
全長 267cm
収納サイズ -
重量 17kg
耐荷重 -
定員 1名
全てを見る全てを見る

シットオントップカヤックのおすすめ4選 カヤックフィッシングに!

ここでは、シットオントップ(フィッシング)カヤックのおすすめ商品をご紹介します。

フィールフリー『エクスプレスツアラー デラックス 60120』

フィールフリー『エクスプレスツアラーデラックス60120』 フィールフリー『エクスプレスツアラーデラックス60120』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

ゆったりサイズで乗り降りしやすい

スーパーリニアポリエチレンでできた大型のカヤックです。コクピットが広く、乗り降りしやすいのがポイント。カメラや釣り用具を保管してもゆとりがあります。

フィッシングロッドホルダーが3カ所についているため、カヤックの向きを変えなくても好きなポイントで釣りができるのも魅力。

ひとりでゆったりと釣りを楽しみたい人にぴったりです。

タイプ -
全長 350cm
収納サイズ -
重量 23kg
耐荷重 160kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

タイプ -
全長 350cm
収納サイズ -
重量 23kg
耐荷重 160kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

『10ftフィッシングカヤック』

『10ftフィッシングカヤック』 『10ftフィッシングカヤック』 『10ftフィッシングカヤック』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

ラクに漕げるシートとパドルが魅力

アルミフレームシートを採用したカヤックです。座面が高く、約230cmのパドルがついているため漕ぎやすいのがポイント。

カヤック後方にアウトリガーを取りつければ安定感が増し、転覆しにくくなります。

リア部分のラゲッジスペースが広く取られているのも、釣りを楽しみたい人にはうれしい仕様です。大型のクーラーボックスも置けるので、ゆったりと釣りが楽しめます。

タイプ -
全長 (約)310cm
収納サイズ -
重量 (約)25.5kg
耐荷重 140kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

タイプ -
全長 (約)310cm
収納サイズ -
重量 (約)25.5kg
耐荷重 140kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

Oru Kayak(オルカヤック)『インレット』

OruKayak(オルカヤック)『インレット』 OruKayak(オルカヤック)『インレット』 OruKayak(オルカヤック)『インレット』 OruKayak(オルカヤック)『インレット』 OruKayak(オルカヤック)『インレット』 OruKayak(オルカヤック)『インレット』 OruKayak(オルカヤック)『インレット』
出典:Amazon この商品を見るview item

軽量でコンパクトなデザイン

好みに合わせて調整できるオルカヤックのインレット。長時間のカヤック体験を快適に過ごすことができます。耐久性の高い高品質な素材を使用しているので安心して楽しめるでしょう。たった5分ほどで組み立てられる構造なので、準備や片づけがとても快適です。
折りたためば、運びやすい大きさになるので初心者の方にもおすすめです。

タイプ -
全長 (約)305cm
収納サイズ 幅107cm×奥行25cm×高さ46cm
重量 (約)9kg
耐荷重 124kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

タイプ -
全長 (約)305cm
収納サイズ 幅107cm×奥行25cm×高さ46cm
重量 (約)9kg
耐荷重 124kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

winner kayak『コンパクトフィッシングカヤック』

winnerkayak『コンパクトフィッシングカヤック』 winnerkayak『コンパクトフィッシングカヤック』 winnerkayak『コンパクトフィッシングカヤック』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

小回りがきくフィッシングカヤック

全長200cmのコンパクトなフィッシングカヤックです。軽自動車の荷室にも積める大きさで、持ち運びがしやすいのもポイント。

小回りがきくので、狭い場所にもスムーズに入っていけるので、磯釣りなどをする人にぴったりです。55ポンド以下までのエレキモーター対応で、エレキモーターを搭載すればよりらくに移動できます。

ロッドホルダーの位置は自分好みの位置に自由に変えられるのも魅力です。

タイプ -
全長 約200cm
収納サイズ -
重量 約17.5kg
耐荷重 130kg
定員 -
全てを見る全てを見る

タイプ -
全長 約200cm
収納サイズ -
重量 約17.5kg
耐荷重 130kg
定員 -
全てを見る全てを見る

ペダル式(脚漕ぎ)カヤックのおすすめ4選

最後に、ペダル式(脚漕ぎ)カヤックのおすすめ商品をご紹介します。

K.V『足漕ぎカヤック(VK-330)』

K.V『足漕ぎカヤック(VK-330)』 K.V『足漕ぎカヤック(VK-330)』 K.V『足漕ぎカヤック(VK-330)』
出典:Amazon この商品を見るview item

手が疲れない足漕ぎタイプ

カヤックを手で漕ぐのは疲れるという人にぴったりなのが、足漕ぎカヤックです。シートに座って足を動かすだけでかんたんに漕げるので、手が疲れません

釣り竿やカメラなどを持っていても移動できるため、アクティビティに集中できるのもポイント。

水上アクティビティや写真撮影を楽しみたい人はぜひチェックしてください。

タイプ -
全長 338cm
収納サイズ -
重量 28kg
耐荷重 150kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

タイプ -
全長 338cm
収納サイズ -
重量 28kg
耐荷重 150kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

Kaitou『ペダル式カヤック』

Kaitou『ペダル式カヤック』 Kaitou『ペダル式カヤック』 Kaitou『ペダル式カヤック』 Kaitou『ペダル式カヤック』 Kaitou『ペダル式カヤック』 Kaitou『ペダル式カヤック』 Kaitou『ペダル式カヤック』 Kaitou『ペダル式カヤック』 Kaitou『ペダル式カヤック』
出典:Amazon この商品を見るview item

2つの操縦方法が可能

ペダル式カヤックなので、シーンに合わせて手漕ぎと足漕ぎどちらでも対応できます。パドルを使わなくても良いので、フィッシングにも向いています。

ペダルユニットは取り外し可能なので、洗浄や点検する際に邪魔になりません。本体も2分割できるので、車にも積みやすい便利な設計になっています。

タイプ ペダル式
全長 (約) 290cm×80cm×29cm
収納サイズ 分割時前方:(約)154.5cm×80cm×34.5cm/分割時後方:(約)152.5cm×80cm×32cm
重量 (約)39kg
耐荷重 (約)200kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

タイプ ペダル式
全長 (約) 290cm×80cm×29cm
収納サイズ 分割時前方:(約)154.5cm×80cm×34.5cm/分割時後方:(約)152.5cm×80cm×32cm
重量 (約)39kg
耐荷重 (約)200kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

キャプテンスタッグ『カヤック ラグーン2』

初心者でも簡単に組み立て可能

キャプテンスタッグのカヤック ラグーン2は、折り畳み式なので車の荷物室に収納することが可能です。組み立てを短時間で行えるよう、ハンドポンプもセットになっています。2人乗りですが無駄のない作りのためコンパクトなフォルムを実現。カヤック初心者の方も簡単に組み立てられるなど、幅広い方におすすめできるカヤックですよ。

タイプ インフレータブル
全長 幅190×奥行940×高さ680mm
収納サイズ -
重量 14kg
耐荷重 170kg
定員 2名
全てを見る全てを見る

タイプ インフレータブル
全長 幅190×奥行940×高さ680mm
収納サイズ -
重量 14kg
耐荷重 170kg
定員 2名
全てを見る全てを見る

キャプテンスタッグ『エアフレーム スポーツカヤック ポンプ付き(MC-1427)』

キャプテンスタッグ『エアフレームスポーツカヤックポンプ付き(MC-1427)』 キャプテンスタッグ『エアフレームスポーツカヤックポンプ付き(MC-1427)』 キャプテンスタッグ『エアフレームスポーツカヤックポンプ付き(MC-1427)』 キャプテンスタッグ『エアフレームスポーツカヤックポンプ付き(MC-1427)』 キャプテンスタッグ『エアフレームスポーツカヤックポンプ付き(MC-1427)』 キャプテンスタッグ『エアフレームスポーツカヤックポンプ付き(MC-1427)』 キャプテンスタッグ『エアフレームスポーツカヤックポンプ付き(MC-1427)』
出典:Amazon この商品を見るview item

背もたれつきシートで乗り心地がよい

コックピットが広く、フィッシングカヤックとして使いやすいインフレータブルカヤックです。シートには背もたれがついており、長時間の乗船でも疲れにくいのがポイント。

付属のハンドポンプを使えば、らくに素早く空気を入れられます。

船体が空気室でできているため、安定性が高く、乗り心地がよいのも魅力です。釣りにも使える水上散策用のカヤックを探している人に適しています。

タイプ インフレータブル
全長 (約)318cm
収納サイズ (約)幅75×奥行20×高さ43cm
重量 (約)12kg
耐荷重 (約)113kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

タイプ インフレータブル
全長 (約)318cm
収納サイズ (約)幅75×奥行20×高さ43cm
重量 (約)12kg
耐荷重 (約)113kg
定員 1名
全てを見る全てを見る

「カヤック」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
AQUA MARINA(アクアマリーナ)『インフレータブル カヤック BETTA VT』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『インフレータブルカヤック』
INTEX(インテックス)『チャレンジャーK2・カヤック』
INTEX(インテックス)『エクスクルージョン プロカヤック』
INTEX(インテックス)『チャレンジャーK1カヤック』
Blufree『インフレータブルカヤック 2人乗り』
JOYCRAFT(ジョイクラフト)『カヤック340(KYK-340)』
フィールフリー『ニュームーブ』
フィールフリー『エクスプレスツアラー デラックス 60120』
『10ftフィッシングカヤック』
Oru Kayak(オルカヤック)『インレット』
winner kayak『コンパクトフィッシングカヤック』
K.V『足漕ぎカヤック(VK-330)』
Kaitou『ペダル式カヤック』
キャプテンスタッグ『カヤック ラグーン2』
キャプテンスタッグ『エアフレーム スポーツカヤック ポンプ付き(MC-1427)』
商品名 AQUA MARINA(アクアマリーナ)『インフレータブル カヤック BETTA VT』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『インフレータブルカヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK2・カヤック』 INTEX(インテックス)『エクスクルージョン プロカヤック』 INTEX(インテックス)『チャレンジャーK1カヤック』 Blufree『インフレータブルカヤック 2人乗り』 JOYCRAFT(ジョイクラフト)『カヤック340(KYK-340)』 フィールフリー『ニュームーブ』 フィールフリー『エクスプレスツアラー デラックス 60120』 『10ftフィッシングカヤック』 Oru Kayak(オルカヤック)『インレット』 winner kayak『コンパクトフィッシングカヤック』 K.V『足漕ぎカヤック(VK-330)』 Kaitou『ペダル式カヤック』 キャプテンスタッグ『カヤック ラグーン2』 キャプテンスタッグ『エアフレーム スポーツカヤック ポンプ付き(MC-1427)』
商品情報
特徴 安定性がよく長時間のパドリングも快適にこなせる 1人用のフィッシングや川下りに コンパクトに収納できる! 強度も軽さも抜群! コンパクトに収納でき持ち運びに便利 タフなカヤックならこれ! スムーズな動きで快適! 軽く、持ち運びに便利なタイヤつき ゆったりサイズで乗り降りしやすい ラクに漕げるシートとパドルが魅力 軽量でコンパクトなデザイン 小回りがきくフィッシングカヤック 手が疲れない足漕ぎタイプ 2つの操縦方法が可能 初心者でも簡単に組み立て可能 背もたれつきシートで乗り心地がよい
タイプ インフレータブル インフレータブルカヤック - インフレータブル インフレータブル インフレータブル インフレータブル シットオントップ - - - - - ペダル式 インフレータブル インフレータブル
全長 412cm (約)全長310cm×幅83cm×艇高33cm (約)351cm 384×94×46cm 274cm×76cm×38cm 長さ321x幅88cm 333cm 267cm 350cm (約)310cm (約)305cm 約200cm 338cm (約) 290cm×80cm×29cm 幅190×奥行940×高さ680mm (約)318cm
収納サイズ - 80cm×60cm×25cm 幅68.5×奥行28×高さ45.7cm - - - - - - - 幅107cm×奥行25cm×高さ46cm - - 分割時前方:(約)154.5cm×80cm×34.5cm/分割時後方:(約)152.5cm×80cm×32cm - (約)幅75×奥行20×高さ43cm
重量 13.5kg (約)11.5kg (約)15.2kg 17.73kg 11.34 Kg 14kg 21.5kg 17kg 23kg (約)25.5kg (約)9kg 約17.5kg 28kg (約)39kg 14kg (約)12kg
耐荷重 155kg (約)108kg 181kg 180kg 100kg 180kg 200kg - 160kg 140kg 124kg 130kg 150kg (約)200kg 170kg (約)113kg
定員 2名 1名 2名 2名 1名 2名 2名 1名 1名 1名 1名 - 1名 1名 2名 1名
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月26日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする カヤックの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのカヤックの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:カヤックランキング
楽天市場:カヌー・カヤックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

カヤックに関するQ&A よくある質問

question icon中古のカヤックでも問題ありませんか?

answer icon

問題ありません。5~25万円が相場ですから、極端に安いものは避けて手ごろな価格のものを選んで購入しましょう。ライフジャケットとパドルを予算に組み込むことも忘れないでください。

question icon自宅での保管方法を教えてください。

answer icon

自宅で保管する場合は、劣化を防ぐためガレージや倉庫など直射日光を避けて保管しましょう。

question icon現地までの持ち運び方法を教えてください。

answer icon

車にルーフキャリアをつけて運ぶ場合は、「1.1mまで」の制限があります。超える場合は許可申請が必要になりますのでご注意ください。

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

カヤックで問題になるのが、現地への持ち運び方と家で保管する方法です。カヤックは3~5m程度の長さがあり、リジット型(一体成型)の船体であれば、そのまま保管するスペースが必要です。

車に載せる場合もカヤック用のキャリアが必要になり、車の全長の110%までしか積めません。もし自分の車の全長が4mだとすれば、積めるカヤックの長さは4m40cmまでです。保管場所や車で問題がある場合は、収納性のよいインフレータブル型や、折りたたみ型(ファルトボート)が便利でしょう。

最近は組み立てがかんたんな折り紙のような構造のものなど、選択肢も増えています。また、リジット型でも三分割できるなど、車載のしやすさを考えたものも注目です。

カヤックのルール シーカヤックでの海上操船での注意

 

Mazume(マズメ)『MZX コンタクトライフジャケット(MZXLJ-072,073)』

カヤックで川下りや海上操船する際には、必ずライフジャケットを着用しましょう。ライフジャケットは気象変化や落水から身を守ってくれるとても大切な装備です。

パドルは専門店で実際に体に合うものを選びましょう キャンプライターからのアドバイス

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

経験豊富な店員さんのアドバイスを貰う

カヤック本体と同じくらい大切なのが、推進力となるダブルパドルです。似たように見えますが、実は多くの種類があります。

水を掻(か)いて推進力にするブレードの形状と、全体の長さがわかりやすい分類になります。これは漕ぐ人の体格に合わせるのが基本なので、専門店で実際に相談しながら探すのが基本です。

このとき、左右のブレードの角度が30~45度くらい違うタイプがあります。好みにもよりますが、実際にパドルで漕いでみると、左右の手首を返しながら漕ぐので、こういうタイプが楽に漕げることが多いのです。

経験のある店員さんに相談しながら決めれば、まず失敗しないと思うので、積極的にアドバイスを貰ってもいいかもしれません。

なお、一日中漕ぐことを考えれば、予算が許す限り軽くてしっかりしたものを選びましょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button