ウォークマンをさらに楽しむためのイヤホンの選び方&おすすめ9選

SONY『h.ear in 2 IER-H500A』
出典:Amazon

いまやDAP(デジタルオーディオプレーヤー)の代表的な存在となっているSONY(ソニー)のウォークマン。そのラインナップにはさまざまなモデルが用意されています。そのなかでも、特に人気を集めているのがハイレゾ音源に対応したモデル。

こだわりのウォークマンには音質をグレードアップさせる機能が多々あり、イヤホン対応にしたものを購入することで、重低音やハイレゾ、臨場感など、より高品質な音源を楽しむことができます。

本記事では、「せっかくウォークマンで音楽を聴くなら、イヤホンにもこだわりたい」と考えている方に向け、さらにウォークマンの音質を楽しむためのイヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。

本記事を読めば、音質にこだわるためのイヤホン選びのポイントを抑えられるので、ぜひ、参考にしてください!


目次

オーディオ・ビジュアル評論家
野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。 特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。 また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。

ウォークマン向けイヤホン選びの5つのポイント

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに、ウォークマン向けイヤホンを選ぶときのポイントを下記の5つ教えてもらいました。

【1】有線接続で音質の良さをアピールした製品
【2】自分好みの音質をデモ機やイベントで体験する
【3】スマホでも使うなら一般的な3極プラグイヤホンを
【4】完全ワイヤレスなら最低限apxt対応モデルを
【5】より音質重視なら4.4mm5極端子採用イヤホンを


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】有線接続で音質の良さをアピールした製品

 

ハイレゾ(従来のCDを超える情報量を持つ高音質音源)対応ウォークマンのサウンドを存分に楽しむためには、やはりハイレゾ音源の良さを存分に楽しませてくれる良質なイヤホンが必須となります。

日本オーディオ協会が選定した製品に付けられているハイレゾマークは、あくまでもひとつの指標に過ぎずついてなければダメ、という訳ではありません。

そのポイントは2つ。有線接続であることと、音質の良さをアピールしている製品であることです。もちろん、Bluetoothワイヤレス接続でもウォークマンは楽しめますが、ベストな音質にはなりません。

一般的な有線接続のイヤホン、そのなかでも1万円以上のプライスタグが付けられた、音質の良さをアピールしている製品の中から候補を挙げていきましょう。

【2】自分好みの音質をデモ機やイベントで体験する

 

1万円以上のミドルクラス~ハイクラスイヤホンであれば、ほとんどの製品がハイレゾ対応ウォークマンならではの良質なサウンドを楽しむことができます。

しかし、ウォークマンに搭載されているヘッドホンアンプ「S-Master HX」は、ハイレゾ音源に対応したフルデジタルアンプということもあって、少数ながらウォークマンに向かない製品もあります。

なによりもユーザーによって音の好みはまちまちですので、そのイヤホンが自分好みの音を聴かせてくれるかどうかは写真で外見を見ただけでは分かりません。

ぜひ、量販店のデモ機やヘッドホン系のイベント会場などで製品の音をチェックしてから、製品の購入を決めましょう。

【3】スマホでも使うなら一般的な3極プラグイヤホンを

 

A100シリーズには、専用オプションとなるノイズキャンセリング機能付イヤホン「IER-NW510」などがラインナップされています。

こちら、ウォークマンA100シリーズと組み合わせることで周囲の騒音を消してくれるノイズキャンセリング機能が実現できるだけでなく、音質的にもベストなサウンドとなるようチューニングが施されています。

A100シリーズのオーナーにとってはとても魅力的な製品となっていますので、イヤホン選びの場合は必ずウォークマン専用ノイズキャンセリング・イヤホンを候補に含めておきましょう。

とはいえ、これらのウォークマン専用イヤホンは、A100シリーズ以外ではうまく活用するのは難しいです。スマホなどでも使用したい場合は、ごく一般的な3極プラグのイヤホンを選びましょう。

【4】完全ワイヤレスなら最低限apxt対応モデルを

 

有線イヤホンのほうがウォークマンの良音質を存分に楽しめますが、Bluetoothヘッドホンがダメ、ということではありません。ただし、注意点がひとつ。ウォークマンはLDACやaptX HDという、ハイレゾ級の音質を実現したコーデック(音声伝送方式)にも対応しています。

もしBluetoothイヤホンのなかから製品を選びたい場合は、できればLDAC、もしくはaptX HDに対応しているモデルをチョイスしましょう。しかしながら、現在の完全ワイヤレスイヤホンは、LDACやaptX HDに対応していない製品がほとんどとなっています。

どうしても完全ワイヤレスイヤホンと組み合わせたいという人は、最低限aptXに対応している製品を選びましょう。

【5】より音質重視なら4.4mm5極端子採用イヤホンを

 

ミドルクラス以上のウォークマン、ZX500シリーズや先代ZX300シリーズ、ハイエンドモデルの「NW-WM1Z」「NW-WM1A」には、接続安定性の高い4.4mm径のバランス接続端子が搭載されています。

こちらを活用することで、音質をさらに向上させることができます。もし、更なる高音質を追求したい場合は、4.4mm5極端子採用(または着脱式ケーブルによって4.4mm5極プラグ付ケーブルに交換できる)イヤホンを選びましょう。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『IER-M9』
JVC(ジェイ・ブイ・シー)『CLASS-S SOLIDEGE 01 inner HA-FD01』
SHURE(シュア)『SE846』
final『E2000』
TFZ(ティーエフゼット)『No.3』
SONY『XBA-N3』
audio-technica『ATH-CKS1100』
PHILIPS『SHE9730』
SONY『h.ear in 2 IER-H500A』
商品名 SONY(ソニー)『IER-M9』 JVC(ジェイ・ブイ・シー)『CLASS-S SOLIDEGE 01 inner HA-FD01』 SHURE(シュア)『SE846』 final『E2000』 TFZ(ティーエフゼット)『No.3』 SONY『XBA-N3』 audio-technica『ATH-CKS1100』 PHILIPS『SHE9730』 SONY『h.ear in 2 IER-H500A』
商品情報
特徴 正確無比な音はハイレゾ対応ウォークマンにピッタリ ノズル交換によって好みの音にチューニング 有線でもワイヤレスでも上々のサウンドを堪能 5000円以下でも良サウンドが楽しめる優秀さ 情報量の多いダイナミックな表現が魅力 元の音源がそのまま綺麗に 迫力のある高音質を 人気シリーズのアイテム 自分に合ったカラーを
ドライバーユニット ペンタ・バランスド・アーマチュア 11mm D3ドライバー(ダイナミック型) 4BAドライバー 6.4mmダイナミック型ドライバー 11.4mmダブルマグネティックサーキットダイヤモンドドライバ (ダイナミック型) ハイブリッド 11mm - -
重量 約11g 約20g - 12g 31g 7g 14g 14g 5g
接続端子 3.5mmステレオミニプラグ、4.4mmバランス標準プラグ 3.5mmステレオミニプラグ Bluetooth、3.5mmステレオミニプラグ 3.5mm 3.5mmステレオミニ L型 ステレオミニプラグ A2DCコネクタージャック - ミニプラグ
リケーブル 〇(MMCX) - 〇(2Pin) - - - -
カラー ブラック シルバー ブルー、ブロンズ、クリア、ブラック MATT BLACK、MATT SILVER クリア ブラック ブラック ブラック 5色(ムーンリットブルー、ペールゴールド、グレイッシュブラック、トワイライトレッド、ホライズングリーン)
付属品 イヤーピース13種類、ハードケース、シリコン製ケーブルホルダー ノズル(チタニウム、ブラス、ステンレス)、 スパイラルドットプラスイヤーピース5種類×2、キャリングケース RMCE-BT2、micro-USB充電ケーブル、各種イヤパッド、プレミアムキャリングケース、ほか イヤーピース、イヤーフック、ポーチ シリコンイヤーピース2種×3サイズ、キャリングポーチ ハイブリッドイヤーピースSS、S、M、L(各2)、トリプルコンフォートイヤーピースS、M、 L(各2)、クリップ、キャリングケー 着脱コード(1.2m/φ3.5mm金メッキステレオミニプラグ/L型)・ケース・イヤピース(XS,S,M,L) キャリングケース、コンボキーパー、ヘッドフォンチップ(シリコン)S / M / L42個 ハイブリッドイヤーピースSSSML(各2)、ケーブル長アジャスター、キャリングポーチ
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

ウォークマン向けイヤホンおすすめ9選

上記で紹介したウォークマンをさらに楽しむためのイヤホンの選び方をふまえて、おすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

エキスパートのおすすめ

SONY(ソニー)『IER-M9』

ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q ソニーステレオイヤホンマルチBAシステムケーブル着脱式ハイレゾΦ4.4mmバランス標準プラグ付属360RealityAudio認定モデルIER-M9Q

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

正確無比な音はハイレゾ対応ウォークマンにピッタリ

演奏者が自分の出した音を確かめられるようにステージ上に設置するステージモニターを目指して作り上げられた、ソニーのハイエンドイヤホンです。

5基のクリアな音質を再現できるマグネシウム振動板採用BAドライバーを搭載するかなりの高額モデルではありますが、ソニー製品同士だけに、ウォークマンとの相性はバッチリ。

また、着脱式ケーブルを採用しているうえ、4.4mm5極バランス接続ケーブルも同梱されているので、ZX500シリーズにとってベストといえる良質なサウンドを楽しむことができます。スマートなシステムで最高の音を楽しみたいという、音質こだわり派に。

エキスパートのおすすめ

JVC(ジェイ・ブイ・シー)『CLASS-S SOLIDEGE 01 inner HA-FD01』

JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用 JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用 JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用 JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用 JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用 JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用 JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用 JVCHA-FD01カナル型イヤホンCLASS-SSOLIDEGE高解像サウンド/リケーブル/フルステンレスボディ/Jマウントノズルチェンジシステム採用

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

ノズル交換によって好みの音にチューニング

クリアで伸びのあるサウンドを実現するステンレスボディ音の雑味を排除してくれるチタン製ドライバーケース、音楽を細部まで描写するカーボンコーティングしたPET振動板とDLC(ダイアモンドライクカーボン)コーティングPENドームを組み合わた「DLCドームデュアルカーボン振動板」など、徹底した音質こだわり派のハイクラス・カナル型(耳栓にそっくりなパッドを耳の穴に装着する)イヤホン。

ノズル部分を素材の違う金属パーツと交換でき、自分好みの音色傾向にチューニングすることができます。

また、MMCX端子の着脱式ケーブルを採用しているため、市販リケーブルを組み合わせることでZX500などの4.4mmバランス接続端子を活用することもできます。音を自由にカスタムしたいひとに。

エキスパートのおすすめ

SHURE(シュア)『SE846』

SHUREイヤホンSEシリーズSE846カナル型クリスタルクリアーSE846-CL-A【国内正規品】 SHUREイヤホンSEシリーズSE846カナル型クリスタルクリアーSE846-CL-A【国内正規品】 SHUREイヤホンSEシリーズSE846カナル型クリスタルクリアーSE846-CL-A【国内正規品】 SHUREイヤホンSEシリーズSE846カナル型クリスタルクリアーSE846-CL-A【国内正規品】

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

有線でもワイヤレスでも上々のサウンドを堪能

モニター用イヤホンで有名なShure(シュア)のハイエンドモデル。

4BAドライバー構成に加え、独自の機械式ローパスフィルターによって、タイトでクリアな低域を実現し、鮮明で躍動感に満ちたサウンドを楽しむことができます。

ノズル部分が交換でき、自分好みのサウンドを作り上げることが可能です。また、MMCX端子による着脱式ケーブルを採用しているため、市販の4.4mmバランス接続ケーブルに付け替え、ZX500の良質サウンドをとことん楽しむことができます。

加えて、同梱されているBluetoothケーブル「RMCE-BT2」はaptX HDにも対応しているため、ワイヤレスでも良質なサウンドを楽しむことができます。有線でもワイヤレスでも良サウンドを堪能したい人に。

エキスパートのおすすめ

final『E2000』

finalE2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL finalE2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL finalE2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL finalE2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL finalE2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL finalE2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL finalE2000カナル型イヤホンマットブラックFI-E2DAL

出典:Amazon

オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

5000円以下でも良サウンドが楽しめる優秀さ

この価格帯では望外といえる、コストパフォーマンスの高い良サウンドで人気を集めているFinal社「E」シリーズのミドルクラスモデル。

この価格帯としては異例の高い精度を誇るダイナミック型ドライバーをアルミ筐体のなかに搭載したスタンダードな構成ながら、自然な音色と活き活きした抑揚表現を持ち合わせています。

直出しケーブルなので一般的な3.5mm端子のみの対応となりますが、そのかわりにA100シリーズとZX500シリーズのどちらにもマッチングする懐の深さを持ち合わせています。

Jポップと相性の良い「E2000」に加えて、特に女性ヴォーカルの声の魅力を際立たせるステンレス筐体採用の姉妹機「E3000」もラインナップ。音の好みによってどちらかチョイスできることも魅力のひとつとなっています。

エキスパートのおすすめ

TFZ(ティーエフゼット)『No.3』

オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家

情報量の多いダイナミックな表現が魅力

中国深センに本拠地がある新進気鋭のイヤホンブランド、TFZのミドルクラスモデル。

TFZの象徴となっているダブルマグネティックサーキット(デュアル磁気回路)ドライバーは、ダイヤモンド素材を採用した第3世代へと進化。歪みの少ない、とてもピュアなサウンドへとグレードアップしました。

メリハリのよいサウンドキャラクターは、ウォークマンととても相性が良く、ダイナミックな抑揚表現の清々しいサウンドを楽しませてくれます。

2pin端子による着脱式ケーブルを採用していますので、市販の4.4mmバランス接続ケーブルに付け替え、ZX500の良質サウンドをとことん楽しむことができます。メリハリの良い元気な音が好みの人におすすめです。

SONY『XBA-N3』

ソニーイヤホンハイレゾ対応カナル型ケーブル着脱式360RealityAudio認定モデルXBA-N3Q ソニーイヤホンハイレゾ対応カナル型ケーブル着脱式360RealityAudio認定モデルXBA-N3Q ソニーイヤホンハイレゾ対応カナル型ケーブル着脱式360RealityAudio認定モデルXBA-N3Q ソニーイヤホンハイレゾ対応カナル型ケーブル着脱式360RealityAudio認定モデルXBA-N3Q ソニーイヤホンハイレゾ対応カナル型ケーブル着脱式360RealityAudio認定モデルXBA-N3Q ソニーイヤホンハイレゾ対応カナル型ケーブル着脱式360RealityAudio認定モデルXBA-N3Q ソニーイヤホンハイレゾ対応カナル型ケーブル着脱式360RealityAudio認定モデルXBA-N3Q

出典:Amazon

元の音源がそのまま綺麗に

ソニーのハイレゾ対応しているイヤホンです。広い音域を網羅しているので、新たにこのイヤホンを使い始めると特に低音の良さが際立って聞こえてくると思います。装着時はフィット感が強いので、動きながら使用していても耳から落ちることはあまりないのでランニング時にも向いています。装着部は水洗いもできるシリコン製なので衛生面も安心です。

audio-technica『ATH-CKS1100』

audio-technicaSOLIDBASSカナル型イヤホン重低音ハイレゾ音源対応ATH-CKS1100X audio-technicaSOLIDBASSカナル型イヤホン重低音ハイレゾ音源対応ATH-CKS1100X audio-technicaSOLIDBASSカナル型イヤホン重低音ハイレゾ音源対応ATH-CKS1100X audio-technicaSOLIDBASSカナル型イヤホン重低音ハイレゾ音源対応ATH-CKS1100X

出典:Amazon

迫力のある高音質を

オーディオテクニカのイヤホンは何よりも高音質の迫力が特徴です。臨場感あふれる音響を耳元で楽しむことができます。低音から高音までしっかりとカバーしてくれるイヤホンは最大限に高音質を感じ取れます。デザインも高級感あふれたブラックに、ゴールドが光り輝いています。メンテナンス可能な着脱式のコードも便利な点です。

PHILIPS『SHE9730』

PHILIPSSHE9730イヤホンカナル型ハイレゾ対応ブラックSHE9730BK【国内正規品】 PHILIPSSHE9730イヤホンカナル型ハイレゾ対応ブラックSHE9730BK【国内正規品】 PHILIPSSHE9730イヤホンカナル型ハイレゾ対応ブラックSHE9730BK【国内正規品】

出典:Amazon

人気シリーズのアイテム

誰にでも使いやすいイヤホンがフィリップスのイヤホンです。耳への装着部分のフィット感が良いので、外部の音を自然的に遮断することができますが、圧迫感は強くないです。音量が小さめでも音質の良いサウンドが聴こえて来ます。 角度のついたキャップは構造的に長時間つけていても圧迫感がないため、長時間の使用にも向いています。

SONY『h.ear in 2 IER-H500A』

ソニーイヤホンh.earin2IER-H500A:ハイレゾ対応カナル型リモコン・マイク付き2017年モデルペールゴールドIER-H500AN ソニーイヤホンh.earin2IER-H500A:ハイレゾ対応カナル型リモコン・マイク付き2017年モデルペールゴールドIER-H500AN ソニーイヤホンh.earin2IER-H500A:ハイレゾ対応カナル型リモコン・マイク付き2017年モデルペールゴールドIER-H500AN ソニーイヤホンh.earin2IER-H500A:ハイレゾ対応カナル型リモコン・マイク付き2017年モデルペールゴールドIER-H500AN ソニーイヤホンh.earin2IER-H500A:ハイレゾ対応カナル型リモコン・マイク付き2017年モデルペールゴールドIER-H500AN ソニーイヤホンh.earin2IER-H500A:ハイレゾ対応カナル型リモコン・マイク付き2017年モデルペールゴールドIER-H500AN ソニーイヤホンh.earin2IER-H500A:ハイレゾ対応カナル型リモコン・マイク付き2017年モデルペールゴールドIER-H500AN ソニーイヤホンh.earin2IER-H500A:ハイレゾ対応カナル型リモコン・マイク付き2017年モデルペールゴールドIER-H500AN

出典:Amazon

自分に合ったカラーを

ウォークマンA40シリーズと同色のカラー展開なので、一緒に合わせて買ってマッチさせるのもオススメです。コンパクトな見た目ながらハイレゾ音源にも対応していて、カラーバリエーションもあるこのイヤホンは万能です。コードの部分にはマイクがついているのでハンズフリーで通話をすることも可能です。ジョギングや外に出ているとき便利なポイントです。軽量なので持ち運びも苦ではないです。

ウォークマンの音質をさらに楽しもう

本記事では、ウォークマンをさらに楽しむためのイヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

世の中には数多(あまた)のイヤホン製品がリリースされているため、ウォークマン用イヤホン選びのときもいくつかの候補で迷ってしまったり、室内では有線でOKだけど電車内ではBluetoothワイヤレスが使いたいという要望があるかもしれません。その場合は、素直に複数のイヤホンを購入する、という手段もあります。

この曲にはこのイヤホンが、あの曲にはあのイヤホンがピッタリなのに、と思ってしまった場合は、2つ購入して曲ごとに交換するととても楽しいですし、利用する場所によって機能性の異なるイヤホンを使い分けるのもとても便利。当然、さらなる予算は必要ですが、便利さには勝てません。

イヤホンは決してひとつに絞る必要はありません。どうしても欲しいと思ってしまった製品は、無理に我慢せず2つ3つであっても買ってしまいましょう。



また、下記の記事では、ソニーのイヤホンのおすすめをまとめた記事ですので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

【関連記事】ウォークマン本体・高音質イヤホン関連アイテムをチェック

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


有線ヘッドホンのおすすめ22選|1万円以下のコスパのよい商品もご紹介【ゲーム用・音楽用】

有線ヘッドホンのおすすめ22選|1万円以下のコスパのよい商品もご紹介【ゲーム用・音楽用】

有線タイプのヘッドホンはさまざまな性能や形状などのバリエーションも豊富です。また、価格帯も幅広く、何を重視して選んだらいいのか迷われている方もいるのではないっでしょうか?。この記事ではハイレゾ対応やマイク付き、ワイヤレス両用モデルなど目的別に有線ヘッドホンのおすすめ商品をご紹介しています。ワイヤレスにはない有線ヘッドホンの魅力もご紹介していますので是非参考にしてみてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホンアクセサリ , パソコン周辺機器 , イヤホン・ヘッドホン

ライトニングイヤホンおすすめ8選|高音質なタイプやマイク付きモデルも紹介

ライトニングイヤホンおすすめ8選|高音質なタイプやマイク付きモデルも紹介

近年のiPhoneやiPadは、3.5mmのイヤホンジャックが付いていないものが標準になってきていますが、それと同時に、新しく搭載されたLightning端子に直結できるライトニングイヤホンが人気になっています。高音質で安いアイテムも豊富に取り揃えています。この記事では、ライトニング(Lightning)イヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介。音質の良いモデルや、通話などにも使用できるマイク付きタイプも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon iPad , イヤホン・ヘッドホン , iPhone

重低音イヤホンおすすめ24選|迫力のある高音質が魅力の商品を紹介

重低音イヤホンおすすめ24選|迫力のある高音質が魅力の商品を紹介

重低音イヤホンについて、高音質を実現させるための選び方や、有線・無線別のおすすめ商品を紹介します。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみてくださいね。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

密閉型イヤホンおすすめ5選|高音質で痛くなりにくいモデルも紹介

密閉型イヤホンおすすめ5選|高音質で痛くなりにくいモデルも紹介

密閉型イヤホンは、さまざまなメーカーが発売しており、その機能や特性に細かな違いがあるため、どれを選んでいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。本記事では、密閉型イヤホンの選び方やおすすめ商品をご紹介。さらに、ショッピングサイトのランキングもありますので、ぜひ購入の参考にしてください。

tag icon イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

片耳イヤホンおすすめ15選|有線・ワイヤレス・マイク付きなど目的別に紹介

片耳イヤホンおすすめ15選|有線・ワイヤレス・マイク付きなど目的別に紹介

片耳イヤホンは、作業をしながら使いたい人におすすめのアイテム。一般的なイヤホンと違って、周囲の音を確認しやすいのがメリットです。マイク機能があれば車の運転中や仕事中に、防水仕様ならランニングやフィットネスなどの運動時にも使うことが可能です。この記事では、片耳イヤホンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon Bluetoothワイヤレスイヤホン , イヤホン・ヘッドホン , オーディオ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。