ロードバイク用サドルバッグおすすめ5選【軽量・防水・アタッチメントタイプも】

ロードバイク用サドルバッグおすすめ5選【軽量・防水・アタッチメントタイプも】
自転車ジャーナリスト
菊地 武洋

80年代から国内外のレースやサイクルショーを取材するベテランジャーナリスト。分かりやすいハードウエアの評論は定評が高く、近年はロードバイクのみならず、クロスバイクのインプレッションも数多く手掛けている。グランフォンドやセンチュリーライドなど海外ライドイベントにも出場経験を持つ。単行本の他、自転車産業振興協会でプロ向け教本の監修も手掛ける。 最新著書<a href="https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-COSMIC-MOOK/dp/4774786373/ref=sr_1_1?qid=1563350674&s=books&sr=1-1" target="">『最新ロードバイク インプレッション&購入ガイド』(コスミック出版 )</a>

自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに取材し、ロードバイク用サドルバッグの選び方とおすすめ商品について聞きました。軽量化されているロードバイクには荷物を入れるカゴがついていないことが多いです。リュックなどを背負って乗ると、動きのじゃまになったり背中が蒸れたりして快適に乗れません。サドルバッグがあれば、快適に乗れるだけでなく、緊急時用のメンテナンス道具を常備しておくのにもぴったり。この記事では、自転車ジャーナリストの菊地武洋さんがロードバイク用のサドルバッグの選び方のコツやおすすめ商品を紹介してるので、ぜひ参考にしてみてください。


ロードバイク用サドルバッグの選び方 自転車ジャーナリストに聞く

自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに、ロードバイク用サドルバッグを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

自転車のサドルの下に吊り下げられたサドルバッグ
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

荷物を入れるカゴが付いていないロードバイク。ちょっとした荷物があるとき、サドルバッグが便利ですね。

なかに入れるモノでバッグのサイズを考える

自転車ジャーナリスト

まずは大きすぎないSやMサイズがベター

ワンデーライドであればインナーチューブ、タイヤレバー、CO2ボンベ+アダプター、工具、タイヤブートなどが必要です。

雨の日も走る人なら、他にレインウエアやケミカルなども……。というわけで、ベテランのライダーはシチュエーションに合わせて、いくつかサドルバッグを用意して使い分けています。

最初は大きすぎないSやMサイズ、1〜3リットル以下の製品を購入しましょう。

オーストリッチ『スマートイージーパック』

ロール式で荷物に合わせてサイズを調整可能! インナーバッグは単体でボディバッグのように使うこともできる。

>> PayPayモールで詳細を見る

自転車との固定方法で選ぶ

自転車ジャーナリスト

自転車を複数所有しているならアタッチメントタイプ

自転車とバッグの固定方法は、大きく分けるとストラップタイプとアタッチメントタイプの2種類。

ストラップタイプの多くはベルクロテープが使われており、シンプルで軽いのが特徴です。

アタッチメントタイプはワンタッチでバッグの脱着ができるため、休憩時にバッグを取り外して食事する場合なども便利です。また、何台も自転車を持っている人にとっては、工具などの定番品を入れておき、簡単に付け替えられる利点もあり、人気があります。

オルトリーブ『サドルバッグ2』

側面に取り付けるアタッチメントは、ワンプッシュで着脱が可能で、荷物の出し入れも楽ちん!

>> Yahoo!ショッピングで詳細を見る

撥水(はっすい)加工以上の防水性を

自転車ジャーナリスト

防水加工が施されていると安心

高級品と廉価品(れんかひん)の違いを簡単に説明するなら、防水性と軽量性の違いです。サドルバッグは後輪の跳ね上げる泥や雨水にさらされるため、想像以上にハードな環境で使われるアイテムです。

それゆえ、インナーチューブをビニール袋に入れてから収納する人も多く、工具なども濡れると錆びてしまいます。収納するアイテムを1つひとつビニールに入れていると、それ自体がかさばって容量を減らしてしまうので、撥水加工以上の製品がいいでしょう。

犬印純綿帆布『自転車用サドルバッグ(小)』

普段使いもできそうなおしゃれなサドルバッグ。帆布製ながら超撥水加工がされているので安心。

>> 楽天市場で詳細を見る

ロードバイク用サドルバッグのおすすめ5選 自転車ジャーナリストが選ぶ

ここまで紹介したロードバイク用サドルバッグの選び方のポイントをふまえて、自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ORTLIEB(オルトリーブ)『サドルバッグ2』

ORTLIEB(オルトリーブ)『サドルバッグ2』

出典:Amazon

サイズ 1.6L:L19×W16×H12cm、4.1L:L28×W21×H14cm
容量 1.6・4.1L
固定方法 アタッチメント
防水性 IP64
Thumb lg 5e403c3a 2804 4da7 aadb 3ea206e418e0

自転車ジャーナリスト

使い勝手が向上した防水バッグの王様

防水バッグのパイオニア、オルトリーブの新作。ロールアップするスタイルはそのままに、両サイドのバックルの固定方法を後ろから側面に改良。バッグ内部も凸になっていたナットがフラットになったので荷物の出し入れが簡単になりました。

サイズは1.6リットルと4.1リットルの2種類。自転車との固定はアタッチメントタイプなので、素早く脱着ができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TOPEAK(トピーク)『エアロ ウエッジ パック(ストラップ マウント) Sサイズ』

出典:Amazon

サイズ L18×W8.5×H11cm
容量 0.66L
固定方法 ストラップ
防水性 テフロンコーティング
Thumb lg 5e403c3a 2804 4da7 aadb 3ea206e418e0

自転車ジャーナリスト

安定した人気を誇る定番サドルバッグ

使い勝手のいいアクセサリーメーカーとして人気のトピーク。容量は0.66リットルで、インナーチューブ、タイヤレバー、CO2ボンベ+アダプター、工具、鍵などを収納できるサイズ感です。また、開口部のファスナーは縦型の大型開口部から、素早く荷物の出し入れができるのも特徴です。

防水仕様ではありませんが、手頃な価格と絶妙な大きさ&形状はトピークの豊富な経験が活かされています。固定はワイヤベースだけでなく、シートポスト側にも用意されています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アピデュラ『サドルバッグ ミディアム』

サイズ L36×W18×H17cm
容量 14L
固定方法 -
防水性 -
Thumb lg 5e403c3a 2804 4da7 aadb 3ea206e418e0

自転車ジャーナリスト

軽量大型サドルバックのアイコン

キャンプなどを楽しむため、バイクパッキングをする人たちの間で絶対的な信頼を誇るのが、イギリスのアピデュラ社。

サドルバッグ ミディアムはヨットのセイル素材などを作るディメンション・ポライアント社が開発したVX21という防水素材や軽量タフタなど4つの素材を組み合わせ、防水性と軽さ&強さを兼ね備えたバイクパッキングの定番品です。形状をはじめ細部までキッチリと作り込まれています。

ただし、タイヤと干渉する可能性があるので、クリアランス(すき間)を確認してから買いましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

OSTRICH(オーストリッチ)『スマートイージーパック』

OSTRICH(オーストリッチ)『スマートイージーパック』

出典:Amazon

サイズ L53×W12×D13cm
容量 7.0L
固定方法 -
防水性 -
Thumb lg 5e403c3a 2804 4da7 aadb 3ea206e418e0

自転車ジャーナリスト

少し小さめにした日本人向けのシートバッグ

流行りの大型サドルバッグは容量が大きく、機能性も高いのですが、身長の大きなヨーロッパ人をメインターゲットにしているため、少し大きすぎる傾向があります。そこで日本人に合わせてリサイズ。容量は7リットル、一泊程度の荷物が収納できます。

付属のインナーバッグを組み合わせ、奥側にあるアイテムもすぐに取り出せます。シートチューブがエアロ形状でも対応できるなど、細かな配慮はさすが国内メーカーといった作り込みです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

犬印純綿帆布『自転車用サドルバッグ(小)』

出典:楽天市場

サイズ L23×W17×H19cm
容量 -
固定方法 ストラップ
防水性 超撥水加工
Thumb lg 5e403c3a 2804 4da7 aadb 3ea206e418e0

自転車ジャーナリスト

マニア垂涎の帆布製サドルバッグの頂点

古くからツーリストの間で高く評価され、プレミアム価格で取引されている犬印鞄製作所。素材は主に工業用に使われる六号帆布に超撥水加工を施してあります。内側を覆うように芯材があり、背面の固定ストラップ周辺にも鉄板を入れるなど、型崩れしない質実剛健な作りがなされています。

帆布のカラーは10色から選べ、追加オプションでアルファベットを10文字まで刺繍で入れられます。受注生産のため、納期は2ヵ月ほどかかります。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ORTLIEB(オルトリーブ)『サドルバッグ2』
TOPEAK(トピーク)『エアロ ウエッジ パック(ストラップ マウント) Sサイズ』
アピデュラ『サドルバッグ ミディアム』
OSTRICH(オーストリッチ)『スマートイージーパック』
犬印純綿帆布『自転車用サドルバッグ(小)』
商品名 ORTLIEB(オルトリーブ)『サドルバッグ2』 TOPEAK(トピーク)『エアロ ウエッジ パック(ストラップ マウント) Sサイズ』 アピデュラ『サドルバッグ ミディアム』 OSTRICH(オーストリッチ)『スマートイージーパック』 犬印純綿帆布『自転車用サドルバッグ(小)』
商品情報
特徴 使い勝手が向上した防水バッグの王様 安定した人気を誇る定番サドルバッグ 軽量大型サドルバックのアイコン 少し小さめにした日本人向けのシートバッグ マニア垂涎の帆布製サドルバッグの頂点
サイズ 1.6L:L19×W16×H12cm、4.1L:L28×W21×H14cm L18×W8.5×H11cm L36×W18×H17cm L53×W12×D13cm L23×W17×H19cm
容量 1.6・4.1L 0.66L 14L 7.0L -
固定方法 アタッチメント ストラップ - - ストラップ
防水性 IP64 テフロンコーティング - - 超撥水加工
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする ロードバイク用サドルバッグの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのロードバイク用サドルバッグの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:自転車用サドルバッグ・フレームバッグランキング
楽天市場:サイドバッグ・サドルバッグランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

自転車ジャーナリストからのアドバイス ロードバイク用サドルバッグを選ぶうえで

自転車ジャーナリスト

必要最小限がベストサイズ

バイクパッキング用の大型サドルバッグは、それを必要としている環境下では便利ですし、スタイリッシュにみえます。しかし、取り付け位置の高いサドルバッグは、重くなると自転車の操作性が損なわれ、大きすぎるとペダリングの邪魔になってしまいがち。

大きいバッグは百害あって一利なしと思ってモノ選びをしましょう。

ロードバイク用の関連商品記事はこちら 快適なサイクリングを!

ロードバイクに乗っている状態でも、すぐに水分補給することを可能にしてくれるのがボトルケージ。運動中の水分補給はとても大切なので、ロードバイクに乗る際はぜひつけておきたいものです。

大切なロードバイクを盗難から守るうえで欠かせないのがロック。壊れにくく強硬なものほど重くなり携帯には向きませんし、華奢なロックでは盗難のリスクが上がります。

ロードバイクでのサイクリングを楽しんでいる最中、万が一トラブルに見舞われてしまったときのためにロードバイク用の工具を用意しておくと安心です。

ロードバイクについて詳しい浅野真則さんがおすすめするロードバイク用ライトの選び方や、ロードバイク乗りの方たちに人気の商品を紹介します。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


折りたたみ自転車の選び方とおすすめ4選【軽量・たたみやすい・コンパクト】

折りたたみ自転車の選び方とおすすめ4選【軽量・たたみやすい・コンパクト】

車輪径が小さく、折りたためるので人気が高い折りたたみ自転車。しかし、有名ブランドでも粗悪なものも多く、いい自転車を探すのは難しいです。小径ホイールや折りたたみ機構の長所短所を知り、用途を絞ることが最適解への近道といえます。折りたたみ自転車の後悔しない選び方とは? 自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに選ぶときのポイントを教えてもらいました。おすすめ商品もご紹介します。


電動自転車おすすめ20選|坂道もスイスイ!【通勤・通学、送り迎え、スポーツ向けも】

電動自転車おすすめ20選|坂道もスイスイ!【通勤・通学、送り迎え、スポーツ向けも】

サイクリングアドバイザーの日向涼子さんに、電動アシスト自転車(電動自転車)について解説していただきました。電動アシスト自転車には、シティサイクルタイプ(ママチャリ)や車輪の口径が小さいタイプ、クロスバイクやマウンテンバイクなどのスポーツタイプ(e-Bike)があり、使用する場所や目的によって選ぶ商品が変わってきます。電動アシスト自転車のメーカーごとの特長や選び方、おすすめ商品をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。※正式には電動アシスト自転車ですが、この記事では一部を除き電動自転車に統一をさせていただきます。


【ロードバイク】おすすめ20選&選び方|ビアンキ/メリダ/ジオスなど全17メーカー

【ロードバイク】おすすめ20選&選び方|ビアンキ/メリダ/ジオスなど全17メーカー

自転車ジャーナリストのハシケンさんにお話をうかがい、ロードバイクのおすすめ20選と選び方についてご紹介します。ロードバイクには国内外の各メーカーから数多くのモデルがリリースされています。そのなかから「はじめてのロードバイク」として知っておきたい17メーカー・全20台を、ハシケンさんに選んでいただきました。後半に掲載した通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて、ぜひ参考にしてみてください。


スクイズボトルおすすめ5選|スポーツ時の水分補給に!【保冷効果があるものも】

スクイズボトルおすすめ5選|スポーツ時の水分補給に!【保冷効果があるものも】

スクイズボトルについて、選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。片手でサッと取り出して、そのまま簡単に飲み口を開けて水分補給ができるのがスクイズボトルの特徴です。スポーツ飲料メーカーなども自社ロゴを大きくデザインして販売していたりするので、気になっている方も多いのではないでしょうか? そこでこの記事ではキャンプライターの中山一弘さんが、選ぶポイントやおすすめの商品を紹介しています。トレーニングの水分補給にぜひ役立ててみてください。


カゴ付き【クロスバイク】のおすすめ5選|オオトモ・あさひ・ホダカ製バイクを厳選

カゴ付き【クロスバイク】のおすすめ5選|オオトモ・あさひ・ホダカ製バイクを厳選

サイクリングアドバイザーの日向涼子さんが選ぶカゴ付きクロスバイクの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。荷物が多かったり、買い物に使いたい人にとって便利なカゴ付き自転車ですが、「ママチャリ」ではないスタイリッシュな自転車に乗りたいという人には「カゴつきクロスバイク」がおすすめです。クロスバイクにはカゴが付いていないことが多いのですが、この記事では最初からカゴが付いている「カゴ付きクロスバイク」を取り上げています。ぜひ参考にして、毎日の通勤通学に活用してみてください。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る