レコードクリーナーのおすすめ4選+α【オーディオ&ビジュアルライターが解説】

レコードクリーナーのおすすめ4選+α【オーディオ&ビジュアルライターが解説】
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんにレコードクリーナーの選び方とおすすめ商品をうかがいました。音楽のデジタル配信が普及してきたいまでも、アナログのレコードを愛好するひとは多く存在します。CDなどと違いレコードは盤面の溝を針で読み込むので、ほこりやよごれが直接音に影響してきます。そこで必要になってくるのがレコードのクリーニングです。この記事ではオーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんが、レコードクリーナーの選び方のポイントやおすすめ商品、さらにお助けアイテムまで紹介してくれています。ぜひ参考にして、大切なレコードのお手入れに役立ててください。


レコードクリーナーの選び方 オーディオ&ビジュアルライターに聞く

オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんにレコードクリーナーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

お気に入りのレコードは、いつまでも大切にしておきたいものです。

レコードの盤面は乾式+湿式クリーナーが基本

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

温式クリーナーは静電気を抑える効果あり

レコードの盤面は、ホコリがつくと音飛びするおそれがあります。そこで盤面をキズつけずキレイにするためにレコードクリーナーの出番。もっともスタンダードなタイプは乾式クリーナーで、レコード盤の音溝に付着したホコリを拭き取ります。

また、液体のクリーニング剤を併用するタイプを湿式クリーナーと呼びます。湿式クリーナーは静電気を抑える効果があり、ホコリを付着しにくくするのが特徴。なお、静電気防止のクリーニング液にはスプレータイプも利用できます。

オーディオテクニカ『レコードクリーナー(AT6012a)』

ベルベットを使った専用クリーナーに静電気を抑えるクリーニング液が付いた、乾式と湿式のセット。日頃のお手入れに大活躍してくれる!

>> 楽天市場で詳細を見る

レコードの針先には専用クリーナー

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ホコリや汚れがを放置したままだと音飛びが発生

レコードクリーナーというとレコードの盤面のクリーニングを想像しがちですが、忘れてはいけないのがレコードプレイヤーに取りつけられたレコード針のクリーニングです。

レコードを再生する際には針が音溝に接触して振動として読み出すことで音声信号を取り出すため、針の側にホコリや汚れが付着していると音飛びが発生します。こちらも専用クリーナーを購入して用意しておきましょう。

ナガオカ『ハイクリーン801/2(AM-801/2)』

よごれた針先で再生してしまうと音飛びの原因になるだけでなく、レコード盤を痛ためてしまう可能性も! 針先のお手入れも忘れずに!

>> Amazonで詳細を見る

水洗いするなら乾燥グッズを忘れずチェック

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

食器用中性洗剤を使ってホコリを落とす

レコードをクリーニングする効果的な方法は、実は水洗いです。音楽が記録されている市販のレコードを水で洗っていいの!? と心配する人も多いかもしれませんが、水洗いは昔から専門家からも認められた定番のクリーニング法。キッチンで用いられる食器用の中性洗剤を使って優しく洗ってホコリを落としましょう。

注意したいことはレコード盤は「反り」が起こると回転速度が狂うので、レコードを乾燥させる際に気をつけなくてはいけません。「反り」が起こりにくい専用の乾燥グッズを用意しましょう。また、レコードの顔でもあるラベル部分が濡れてしまうことを避けるための、プロテクターなどのアイテムもあります。

レコードクリーナーのおすすめ商品4選+α オーディオ&ビジュアルライター厳選

ここまで紹介したレコードクリーナーの選び方のポイントをふまえて、オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オーディオテクニカ『レコードクリーナー(AT6012Xa)』

出典:楽天市場

用途 レコード用
タイプ 乾式
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

日々のメンテナンスに重宝するクリーナー

レコード用のカートリッジメーカーが手掛ける乾式クリーナーです。高級ベルベット素材でレコード音溝の汚れやほこりをクリーニングします。

本体幅がレコード幅と合っているので、一周ひとふきするだけで盤面をキレイにできるのがメリット。本格的な汚れ落としというよりも、レコードをかける前の日常的なメンテナンスアイテムとしておすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オーディオテクニカ『レコードクリーナー(AT6012a)』

出典:楽天市場

用途 レコード用
タイプ 乾式/湿式
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

シーンに応じて乾式と湿式を使い分けられる

オーディオテクニカによる乾式/湿式クリーナーです。湿式のクリーニング剤には静電気を抑える効果があるので、長期的なメンテナンスにも向いています。

ほこりを拭いてすぐに音楽を聴きたい場合には乾式のクリーニング部分だけを使い、保管前にクリーニングする際にはクリーニング液を併用するなど使い分けも可能です。

乾式/湿式をセットでそろえたい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ナガオカ『クリアトーン558(SP-558)』

ナガオカ『クリアトーン558(SP-558)』

出典:Amazon

用途 レコード用
タイプ -
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

手軽に使えるスプレー式のクリーナー

レコード針の名門ブランド、ナガオカが手掛けるアナログレコード盤用のクリーニングスプレーです。

使い方は湿式クリーニング液と同じ。スプレーをかけたあとに乾式クリーナーで拭き取ることで、静電気を避けることができホコリの付着を防止できます。

乾式クリーナーを使って表面に塗布するタイプのクリーニング液よりも手軽に使えるのがメリットです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ナガオカ『ハイクリーン801/2(AM-801/2)』

ナガオカ『ハイクリーン801/2(AM-801/2)』

出典:Amazon

用途 針先用
タイプ -
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

レコード針をメンテナンスするならコレ

盤面に直接触れるレコード針をクリーニングするための専用クリーニング液です。レコード針は盤面に触れて熱を持つため、チリやホコリが針先に焼きつきます。その焼つきが音飛びの原因になるため、レコードの盤面だけでなく針にもクリーニングが必要。

音飛びがなくても針先のチリやホコリはレコードプレーヤーやレコード盤をいためる可能性もあるので、こまめなメンテナンスにはこちらのクリーナーがおすすめです。

【番外編】便利なお助けアイテムもご紹介! レコードクリーニングがしやすくなる

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ナガオカ『レコードクリーニング用ラベルプロテクター(CLP01)』

出典:楽天市場

用途 ラベル保護用
タイプ -
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

丸洗いの際にラベルが濡れてしまうのを防ぐ

レコード盤を水洗いする際に頭を悩ませるのがレコード中央部にあたるレーベル部分の浸水対策。ナガオカの「CLP01」はレコードラベルを覆うように両面からはさみ込むプロテクターです。

ねじで締めつけることによりレコードラベルをカバーできるので、浸水を気にせずレコード盤面をクリーニングできます。定期的に水洗いをする人は持っておきたいアイテムです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ベルドリームサウンド『レコード乾燥台(BD-LKD11)』

ベルドリームサウンド『レコード乾燥台(BD-LKD11)』

出典:Amazon

用途 レコード乾燥用
タイプ -
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

デリケートなレコードを乾燥させるときに役立つ

レコードを水洗いしたらレコードを乾燥させなくてはいけません。これは実は頭を悩ませる工程で、乾燥時に起こるレコードの反りを避けるためにレコードを立て掛けて乾燥させる必要があります。そのための便利グッズがこの商品。

10枚のレコードを干して乾燥できます。レコードの形状はお皿に近い円盤型なのでキッチン用品でも代用できますが、サイズの問題もあるのでレコード専用の「BD-LKD11」をおすすめします。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
オーディオテクニカ『レコードクリーナー(AT6012Xa)』
オーディオテクニカ『レコードクリーナー(AT6012a)』
ナガオカ『クリアトーン558(SP-558)』
ナガオカ『ハイクリーン801/2(AM-801/2)』
ナガオカ『レコードクリーニング用ラベルプロテクター(CLP01)』
ベルドリームサウンド『レコード乾燥台(BD-LKD11)』
商品名 オーディオテクニカ『レコードクリーナー(AT6012Xa)』 オーディオテクニカ『レコードクリーナー(AT6012a)』 ナガオカ『クリアトーン558(SP-558)』 ナガオカ『ハイクリーン801/2(AM-801/2)』 ナガオカ『レコードクリーニング用ラベルプロテクター(CLP01)』 ベルドリームサウンド『レコード乾燥台(BD-LKD11)』
商品情報
特徴 日々のメンテナンスに重宝するクリーナー シーンに応じて乾式と湿式を使い分けられる 手軽に使えるスプレー式のクリーナー レコード針をメンテナンスするならコレ 丸洗いの際にラベルが濡れてしまうのを防ぐ デリケートなレコードを乾燥させるときに役立つ
用途 レコード用 レコード用 レコード用 針先用 ラベル保護用 レコード乾燥用
タイプ 乾式 乾式/湿式 - - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

オーディオ&ビジュアルライターのアドバイス レコードクリーナーを選ぶうえで

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

クリーナーはできれば全種類ほしい

レコードクリーナーだけでも何種類もあるので、いきなり買いそろえるのは大変ですが、まずはかんたんにケアできる乾式+湿式クリーナーをセットにした製品から購入しましょう。

多数のレコードで音飛びが発生する場合、また長く使っていなかったレコードプレイヤーを使う際には針クリーナーもおすすめ。水洗いするならプロテクターや乾燥台を用意するなど、必要に応じてそろえていきましょう。

レコードプレーヤーをお探しの方はこちら 【関連記事】

古参のオーディオファンをうならせつつ、初心者にもわかりやすい機種がDENON、ION Audio、TEAC、オーディオテクニカなどから発売されています。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

デスクがごちゃごちゃしていて、仕事に集中できない。そんなときに活躍してくれるのがモニターアームです。ただし、種類も豊富なのでどれが自分に合うのかは悩みどころ。そこで、各商品の特徴や選び方をこの記事で解説していきます。また、家電販売員・たろっささんと編集部が選んだおすすめ商品も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。


HDMI切替器おすすめ9選|ポート数・切り替え方式・4K対応で選ぶ! リモコンつきも

HDMI切替器おすすめ9選|ポート数・切り替え方式・4K対応で選ぶ! リモコンつきも

テレビ画面とブルーレイレコーダーやゲーム機、PC、HDDレコーダーなどをつなぐのに便利な「HDMI切替器」。ただのHDMIケーブルだけの場合いちいち差し替える必要があり面倒ですが、切替器があればカンタンに操作することが可能です。そこで、HDMI切替器の選び方を解説するとともに、IT・家電ジャーナリストである安蔵靖志さんと編集部が選んだおすすめの製品を紹介します。


Bluetoothヘッドセットおすすめ10選|音質・通信速度・コーデックで選ぶ

Bluetoothヘッドセットおすすめ10選|音質・通信速度・コーデックで選ぶ

ハンズフリーでの通話から音楽まで楽しめるBluetoothヘッドセット。スマホとも連動できて便利なアイテムですが、こまかいスペックや機能が多く、何を基準に選べばいいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんと編集部が選ぶBluetoothヘッドセットのおすすめ商品10選をご紹介します。また、選び方の解説もしていますので、ぜひ参考にしてみてください。


【モニターヘッドホン】おすすめ12選|密閉型、オープンエアー型など紹介

【モニターヘッドホン】おすすめ12選|密閉型、オープンエアー型など紹介

モニターヘッドホンとは、スタジオやテレビ局でよく使われているヘッドホンのことで、プロ以外にもDTMや楽器使用、リスニング用として普段使いすることもあります。そこで、コール徳島店店長の野田博之さんと編集部がによるモニターヘッドホンの選び方から、おすすめの商品までご紹介します。オーディオテクニカやAKG、SONYなどさまざまなメーカーがありますので、記事を参考にぜひ自分に合った一台を見つけてください。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る