【MSR製テント】おすすめ7選&選び方|環境・シリーズ構成・耐久性で選ぶ!

【MSR製テント】おすすめ7選&選び方|環境・シリーズ構成・耐久性で選ぶ!
キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

キャンプライターが選ぶMSRテントおすすめ商品7選をご紹介します。美しいデザインのテントやタープで有名な、アメリカのシアトル発祥のメーカーがMSRです。社名そのものが「MSR(Moutain Safety Reaseach)」であることからも、登山などでの安全に貢献するギアを開発したいという、メーカーの意気込みが感じられます。世界中で多くのファンを集めるMSRのテントは、過酷な環境はもちろんですが、一般のバックパッカーなどにも最適です。そこで、MSRテントについて、選び方のコツをキャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


MSR製テントの選び方 キャンプライターが解説!

キャンプライターの中山一弘さんに、MSR製テントを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

MSR製テントの軽量・コンパクトな特徴を生かせば、このようなスペースのない場所でもテントを設営することができます。

テント泊する環境や対応する季節で3シリーズからチョイス

キャンプ/釣りライター

キャンプの内容や季節に合わせてシリーズを選択

1969年の創業当時は雪山向けの登山製品の開発からスタートしたMSRですが、現在では登山を中心により広範囲のアウトドア活動で使える、快適で信頼性の高い製品を生み出し続けています。

テントについては、現在ではバックパッキングテント・ミニマリストシェルターズ&ウィングス・オールシーズンテントの3シリーズを中心に構成しています。

さらにプロフェッショナル向けもあり、トレイルハイクを楽しむバックパッカーから、極地などでの長期遠征にも耐える製品まで幅広いラインアップです。

一般ユーザーであれば、泊まる場所がキャンプ場なのか登山でのテント場なのかや、冬季にも使用するかどうかなどで選んでいけばよいでしょう。

MSR『ハバハバNX』

2人が向かい合って座れる広さと高さを備え、軽量化しながら快適な居住スペースを確保。ハブとスイベルで連結した一体型のポールで、スムーズな設営を可能としている。

>> Amazonで詳細を見る

ソロキャンなどでも使いやすいものを

キャンプ/釣りライター

前室の広さで選ぶ

MSRテントは登山向けのテントとして有名ですが、それは軽量で機能性に富むということと同じ意味でもあります。

また、かつてその優美さで名をはせたMOSSテントの流れをくむだけに、ピンと張ったときの美しさは所有欲を満たすという点でも評価が高いものです。

一般のキャンプ場でソロキャンプをするような場合でも、自分のテントを眺めながらくつろぐだけで楽しいという人もいるほどです。

バイクツーリングなどでは、それほど重量にシビアになる必要もありませんが、MSRテントは基本的に軽量・コンパクトなので、徒歩で背負っていく場合も前室の広さなどで比較していくとよいでしょう。

MSR『スルーハイカーメッシュハウス1』

ミニマリストのための軽量なメッシュシェルター。タープなどを組み合わせて使っても、軽快に持ち運びできる。

>> Amazonで詳細を見る

しっかりした作りの耐久性で選ぶ

キャンプ/釣りライター

安価なモデルは避けるべき

「ウルトラライトハイク」という言葉に代表されるように、最小限の装備で自然と触れ合うのを楽しむ人が増えています。

装備の総重量に大きな影響のあるテントを軽量化すると効果大なので、MSRテントは有力な選択肢になるでしょう。

ただ軽いだけでは強度に問題がある製品もありますが、しっかりした作りのMSRテントなら安心です。

長く使えて風雨にも壊れない耐久性も重視するなら、やはりしっかりした製品を選ぶべきです。

実際に使っていくうちに、安価なモデルとは根本的にモノが違うことがわかると思います。タープ泊などを好むミニマリストにも最適です。

MSR製テントのおすすめ7選 キャンプライターが厳選!

ここまで紹介したMSRテントの選び方のポイントをふまえて、キャンプライターの中山一弘さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MSR『ハバハバNX』

MSR『ハバハバNX』 MSR『ハバハバNX』 MSR『ハバハバNX』 MSR『ハバハバNX』 MSR『ハバハバNX』 MSR『ハバハバNX』 MSR『ハバハバNX』 MSR『ハバハバNX』

出典:Amazon

シリーズ バックパッキング
サイズ/総重量 279×213×100cm/1760(最小1600)g
収納サイズ 46×15cm
フライ材質/耐水圧 20Dリップストップナイロン 耐水圧1200mm
フロア材質/耐水圧 30D リップストップナイロン 耐水圧3000mm
自立
定員 2人
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

バランスのとれた万能モデル

1人用のハバNXというモデルをベースに、2人用に拡張したのがこのハバハバNXです。

ハバシリーズはMSRテントのベストセラーモデルであり、居住性と重量などのバランスがよいものです。

最軽量というわけではありませんが、バックパッカーなどにも使いやすい魅力的なモデルです。1人でもゆったり使いたい場合には、このモデルを選択するのもアリです。

航空機グレードの強靱な新素材ポールの採用や、レインフライとフロアにも新しいコーティング技術が投入され、耐水性・耐久性が向上しています。

一般的に防水目止めに使うシームテープも不要とすることで、経年劣化の要素も減らしています。初めてMSRテントを購入する人には、有力な候補となることでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MSR『ハバツアー2』

MSR『ハバツアー2』 MSR『ハバツアー2』 MSR『ハバツアー2』 MSR『ハバツアー2』 MSR『ハバツアー2』 MSR『ハバツアー2』 MSR『ハバツアー2』

出典:Amazon

シリーズ バックパッキング
サイズ/総重量 279×223×96cm/2380(最小2190)g
収納サイズ 48×17cm
フライ材質/耐水圧 20D リップストップナイロン 耐水圧1200mm
フロア材質/耐水圧 30D リップストップナイロン 耐水圧3000mm
自立
定員 2人
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

広い前室でゆったり過ごすキャンプにも最適

バックパッキング向けシリーズでは、もっとも広い前室をもつモデルです。バリエーションで他に1人用と3人用がありますが、いずれも前室の広さは同じです。

インナーテント部分のサイズの違いで定員が変わるだけです。前室用のポールが追加されているので、上方向にもゆったり広い空間になっています。ここがハバNXなどとの最大の違いです。

自転車なども寝せた状態なら収納できるほどですが、室内高はあまり高くないのでオートバイまでは入りません。食事を作ったり荷物置き場としては、この前室は魅力的です。

一般のキャンプ場はもちろん、登山というより山のテント場でゆっくりしたいような場合にも、広々スペースは便利です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MSR『アクセス3』

MSR『アクセス3』 MSR『アクセス3』 MSR『アクセス3』 MSR『アクセス3』 MSR『アクセス3』 MSR『アクセス3』

出典:Amazon

シリーズ オールシーズン
サイズ/総重量 330×213×119cm/2300(最小1990)g
収納サイズ 53×17cm
フライ材質/耐水圧 20D リップストップナイロン 耐水圧 1200mm
フロア材質/耐水圧 30D リップストップナイロン 耐水圧 3000mm
自立
定員 3人
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

冬場のバックカントリーにも安心して使えるモデル

白いレインフライが特徴的なMSRテントですが、オールシーズンモデルはオレンジをベースにしたカラーになっています。これは雪中などでの視認性を高めるためでしょう。

アクセス3はオールシーズンモデルとしては軽量で、短期間の雪山登山やバックカントリースキー、スノボでの使用を想定しています。

雪山で悪天候になった場合は、数日間も停滞するようなことが珍しくありません。そのような状況でも、居住ペースが広く室内高も十分なので、圧迫感が軽減できます。

3人用ですが、2人で使えばスキーブーツやザックなど大きな荷物も余裕をもって収納できるのでおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MSR『スルーハイカーメッシュハウス1』

MSR『スルーハイカーメッシュハウス1』

出典:Amazon

シリーズ ミニマリスト
サイズ/総重量 84×223×96cm/410(最小280)g
収納サイズ 20×10cm
フライ材質/耐水圧 --
フロア材質/耐水圧 15D リップストップナイロン 耐水圧1,200mm
自立
定員 1人
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

最小限の装備で過ごすミニマリスト向けモデル

本体のみの最小重量がたった280gと、一般的なツェルトよりも軽量なミニマリスト向けのメッシュシェルターです。

本体は防水性のあるフロア部と、上部のメッシュ部で構成されています。四隅をペグダウンしたら、自分のトレッキングポールなどを使って立ち上げます。

日本では晴れた夜でも夜露があるため、実際にはタープなどを組み合わせて使うことになるでしょう。別売りタープのスルーハイカー70ウィングならわずか380gなので、両方持ってもかなり軽量です。

夏場に渓流を遡行する人などは、よくこういう組み合わせのタープ泊を好みます。悪天候が予想される場合を別にすれば、ミニマム志向の人には注目のモデルでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MSR『ハブ』

MSR『ハブ』 MSR『ハブ』 MSR『ハブ』 MSR『ハブ』 MSR『ハブ』 MSR『ハブ』 MSR『ハブ』

出典:Amazon

シリーズ プロフェッショナル
サイズ/総重量 274×366×200cm/22220(最小21770)g
収納サイズ 76×46cm
フライ材質/耐水圧 150D ポリエステルリップストップ 耐水圧1500mm
フロア材質/耐水圧 68D ポリエステルタフタ 耐水圧10000mm
自立
定員 8人+ギア
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

ベースキャンプとして使う稀少モデル

実際に世界中の過酷な環境で活躍する、プロフェッショナルユーザーからの意見をもとに開発された製品のなかで、ベースキャンプ用として優れた性能をもつモデルです。

長期遠征にも耐える太いアルミポールで設営するトンネル型で、ヨーロッパで好まれるスタイルです。かがまずに出入りできる入り口や、悪天候で停滞中にも外の様子がわかる窓など、現場で得られた知見が随所に反映されています。

またフロア部の耐水圧が10,000mmと飛び抜けて高いのも、長期間快適に過ごすためのスペックです。このフロアは取り外すこともでき、前後パネルも外せるので大きなシェルターとしても使えます。

そうそうお目にかかれるモデルではありませんが、もしキャンプ場にあったら注目されること間違いなしでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MSR『アドバンスプロ2』

MSR『アドバンスプロ2』 MSR『アドバンスプロ2』 MSR『アドバンスプロ2』 MSR『アドバンスプロ2』 MSR『アドバンスプロ2』 MSR『アドバンスプロ2』 MSR『アドバンスプロ2』 MSR『アドバンスプロ2』 MSR『アドバンスプロ2』 MSR『アドバンスプロ2』

出典:Amazon

シリーズ プロフェッショナル
サイズ/総重量 107×208×112cm/1460(最小1320)g
収納サイズ 46×15cm
フライ材質/耐水圧 20D リップストップナイロン(2レイヤー透湿性) 耐水圧 1000mm
フロア材質/耐水圧 30D リップストップナイロン 耐水圧 3000mm
自立
定員 2人
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

狭い岩場でも設営できるプロフェッショナルモデル

登山中のテント泊では、泊地になるスペースがとても狭いこともよくあります。このため、登山用テントは基本的に底面積が小さいものが主流なのです。

ガレ場などでは、本当に1人分ギリギリくらいしかテントを張る場所がないこともあります。出入り口が短辺方向にあるのも、狭い場所でもテントが張れるようにするためです。

また、ペグが使いにくい場所もあるので、ペグダウンなしで自立できるタイプがベストです。

このアドバンスプロ2は、それらの条件をクリアしたうえで、2人用のスペースを確保しています。とはいえギリギリなサイズなので、1人+ザックくらいでちょうどいいかもしれません。

本体は2レイヤーの防水透湿素材を使ったシングルウォールなので、設営・撤収が素早くできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MSR『エリクサー4』

MSR『エリクサー4』 MSR『エリクサー4』 MSR『エリクサー4』 MSR『エリクサー4』 MSR『エリクサー4』 MSR『エリクサー4』

出典:Amazon

シリーズ バックパッキング
サイズ/総重量 375×223×121cm/4260(最小3600)g
収納サイズ 56×20cm
フライ材質/耐水圧 68D ポリエステルリップストップ 耐水圧1500mm
フロア材質/耐水圧 70D ナイロンタフタ 耐水圧3000mm
自立
定員 4人
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

MSRテントでもっとも居住性のよい定番モデル

MSRテントのなかでは、最も厚手の生地を使ったモデルがエリクサーです。このため少し重量はありますが、悪天候でも安心してテント内に滞在できますし、長期間の使用でも損耗しにくいのが特徴です。

2本のポールを2回交差させ、天井用に短いポールも使うため、テント側面の立ち上がりが垂直に近い箱形になり、フロアの隅まで有効に使えます。

側面近くでも頭が当たりにくいので、4人で寝ても居住性が確保できます。前後の出入り口と広い前室もあり、登山などではグループの共同テントとして、一般のキャンプでは親子でもゆっくり過ごせるMSRテントの入門用として最適です。

1~4人用の4モデルがあるので、人数に合わせて選べます。

「MSR製テント」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
MSR『ハバハバNX』
MSR『ハバツアー2』
MSR『アクセス3』
MSR『スルーハイカーメッシュハウス1』
MSR『ハブ』
MSR『アドバンスプロ2』
MSR『エリクサー4』
商品名 MSR『ハバハバNX』 MSR『ハバツアー2』 MSR『アクセス3』 MSR『スルーハイカーメッシュハウス1』 MSR『ハブ』 MSR『アドバンスプロ2』 MSR『エリクサー4』
商品情報
特徴 バランスのとれた万能モデル 広い前室でゆったり過ごすキャンプにも最適 冬場のバックカントリーにも安心して使えるモデル 最小限の装備で過ごすミニマリスト向けモデル ベースキャンプとして使う稀少モデル 狭い岩場でも設営できるプロフェッショナルモデル MSRテントでもっとも居住性のよい定番モデル
シリーズ バックパッキング バックパッキング オールシーズン ミニマリスト プロフェッショナル プロフェッショナル バックパッキング
サイズ/総重量 279×213×100cm/1760(最小1600)g 279×223×96cm/2380(最小2190)g 330×213×119cm/2300(最小1990)g 84×223×96cm/410(最小280)g 274×366×200cm/22220(最小21770)g 107×208×112cm/1460(最小1320)g 375×223×121cm/4260(最小3600)g
収納サイズ 46×15cm 48×17cm 53×17cm 20×10cm 76×46cm 46×15cm 56×20cm
フライ材質/耐水圧 20Dリップストップナイロン 耐水圧1200mm 20D リップストップナイロン 耐水圧1200mm 20D リップストップナイロン 耐水圧 1200mm -- 150D ポリエステルリップストップ 耐水圧1500mm 20D リップストップナイロン(2レイヤー透湿性) 耐水圧 1000mm 68D ポリエステルリップストップ 耐水圧1500mm
フロア材質/耐水圧 30D リップストップナイロン 耐水圧3000mm 30D リップストップナイロン 耐水圧3000mm 30D リップストップナイロン 耐水圧 3000mm 15D リップストップナイロン 耐水圧1,200mm 68D ポリエステルタフタ 耐水圧10000mm 30D リップストップナイロン 耐水圧 3000mm 70D ナイロンタフタ 耐水圧3000mm
自立
定員 2人 2人 3人 1人 8人+ギア 2人 4人
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする MSR製テントの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのMSR製テントの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:MSR テントランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

キャンプライターの「ここがポイント」 MSR製テント選びに迷ったら……

キャンプ/釣りライター

ギアロフトや多様なペグなどオプションもチェック!

MSRテントでは、ギアロフトという収納用オプションがインナーテントに後付けできるモデルがあります。各モデルのスペック表に、ギアロフトの取付可否が記載されています。

また、登山用具メーカーならではで、オプションのペグ類も充実しています。硬い地面でも雪や砂地でも、それぞれに応じたMSRカラーの赤いペグがあります。

螺旋形やパンチングで肉抜きしたものなど、ペグでさえ美しいと思わせるものです。一般キャンプ向けより軽量で強度もあるので、行き先に応じて数種類用意しておけば完璧です。

さらにポールが破損したときのリペアキットも充実していて、登山時などには応急用として用意しておくと安心です。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


メーカー別【タープ】のおすすめ商品5選|ロゴス・モンベル・DODなど商品を厳選!

メーカー別【タープ】のおすすめ商品5選|ロゴス・モンベル・DODなど商品を厳選!

アウトドアライターが選ぶメーカー別タープのおすすめ商品5選を紹介します。タープは強い日差しや突然の雨などから身を守り、キャンプで快適に過ごすために必要なものです。各メーカーから多くの商品がでているので、どれを選べばいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか? この記事では、アウトドアライターのSAMさんにお話をうかがい、タープを選ぶときのポイントとロゴス・キャプテンスタッグ・モンベル・キャンパルジャパン・DODなどメーカー別おすすめ商品を教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせて参考にしてみてください。


【2020年】キャンプ用テントのおすすめ14選|アウトドアライターに聞く!

【2020年】キャンプ用テントのおすすめ14選|アウトドアライターに聞く!

キャンプなど、アウトドア好きなら持っておきたいテント。最も一般的なドーム型、設営がかんたんなワンポール型、リビングと寝室が一体化した2ルーム型など、その種類はさまざまです。この記事では、アウトドアライターの大森弘恵さんへの取材をもとに、キャンプ用テントの選び方とおすすめ商品を紹介します!


サンシェードおすすめ10選+α|アウトドアレジャーや運動会に大活躍!

サンシェードおすすめ10選+α|アウトドアレジャーや運動会に大活躍!

キャンプで海や山へ行くとき、太陽の下に長時間いることを考えると、日よけ対策はしっかりしたいですね。そんなときにあると便利なのが、テント型のサンシェードです。持ち運びや設営に便利な日よけとしてはもちろん、着替え場所や昼寝場所として使える製品も販売されています。とはいえ、テント型のサンシェードにもさまざまな種類のものがあり、どんなものを選んだらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。この記事では、アウトドアライターでキャンプブロガーのSAMさんへの取材をもとに、テント型サンシェードの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。テント型サンシェードを上手に選んで、快適にアウトドアを楽しみましょう。


【2020年版】タープおすすめ80選|快適に過ごせる人気おしゃれモデルを紹介

【2020年版】タープおすすめ80選|快適に過ごせる人気おしゃれモデルを紹介

山岳写真家である荒井裕介さんへの取材をもとに、2020年版タープのおすすめ80選をご紹介します。キャンプやフェスなどで役立つタープをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


【軽量タープ】選び方&おすすめ商品9選|アウトドアライターが厳選!

【軽量タープ】選び方&おすすめ商品9選|アウトドアライターが厳選!

アウトドアライターの大森弘恵さんに、おすすめ軽量タープ9選について教えてもらいました。アウトドアシーンで日よけや雨よけとして活躍してくれるタープ。一枚用意しておくと、キャンプの楽しみ方が広がりそうですよね。そこで、本記事では薄い素材で作られた持ち運びや設営がしやすい軽量タープに注目し、大森弘恵さんに、軽量タープを選ぶポイントについて解説してもらいます。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。タープの購入を検討しているキャンパーのみなさん、ぜひ参考にしてみてください。


関連するブランド・メーカー


MSR(エムエスアール)

新着記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

サムライ香水は気軽に使えるさわやかな香りのイメージですが、スパイシーな香りやセクシーで官能的な香りの香水も発売されています。本記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表 K.Denny B.さんと編集部が選んだおすすめ商品12選と、サムライ香水の選び方を紹介します。


クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

上品な大人の女性をイメージさせるハイブランドのクロエ。バッグやアクセサリーに加えて香水の人気も高く、多くの女性から愛され続けています。この記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表K.Denny B.さんと編集部が選んだクロエの香水のおすすめ12選と選び方をご紹介していきます。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトは、リビングや玄関をおしゃれな空間に演出してくれる壁掛け灯です。配線工事が必要なものも多いですが、なかには取りつけがかんたんなコンセントタイプもあります。ここでは、ブラケットライトを選び方のポイントを解説し、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が選ぶおすすめ18商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る