キヤノンプリンターおすすめ5選【スマホで操作・大容量タンク・6色インクモデルも】

キヤノンプリンターおすすめ5選【スマホで操作・大容量タンク・6色インクモデルも】
家電製品・家電流通ライター
近藤克己(プラスワン・クリエイティブ)

家電業界専門誌の編集長を経て独立、家電製品専門のフリーペーパー「カデンプラス」を発行しながら、フリーランスのライターとしても活動中。日々、家電製品と格闘している。 家電量販店業界にも精通し、家電流通のウラのウラまで知り尽くしている。趣味はフォークギーター、アニメ、登山、ゴルフ。

家電製品・家電流通ライターの近藤克己さんに、数あるプリンターの中からキヤノン製品の選び方とおすすめを紹介してもらいました。近年、家庭用インクジェット複合機はスマートフォンユーザーの使い勝手を強化する方向に進化しています。キヤノンはスマホ用のアプリを新たに開発し、スマホ写真印刷の使い勝手を向上したほか、写真だけじゃないプリントの楽しさをスマホユーザーに提供しています。「PIXUS」シリーズを筆頭に、「GIGA TANK(ギガタンク)」シリーズ、「XK」シリーズをラインナップ。この記事では、キヤノンならではの特徴と、そのラインアップの中からの選び方を解説しています。ぜひプリンター選びの参考にしてみてください。


キヤノンのプリンターを選ぶときのポイント 家電専門ライターが解説

家電専門ライターの近藤克己さんに、キヤノンのプリンターを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

プリントアウトされる植物の写真

Photo by Joshua Fuller on Unsplash

スマホで撮った画像、そのままじゃもったいない。キヤノンのプリンターならかんたんにプリントできちゃうんです!

スマホ印刷の使い勝手の良さを見る

メールに調べ物、写真など、今やスマホは生活に欠かせない手の中のパソコン。プリンターもスマホからの使い勝手を重視して選びましょう。

キヤノンの専用アプリ「Canon PRINT inkjet/SELPHY」は、スマホ内の写真を自動補正して印刷する機能や、雑誌などをスキャナーのように写真を撮って印刷する機能、クラウドサービスから写真や文章を印刷する機能などの各種の便利印刷のほか、スマホでプリンターの状態を確認もできます。10月にオープンしたスマホ版アプリ「Creative Park」ではカラー包装紙や季節イベントごとのペーパークラフトなどが無料で印刷できます。

さらに、LINEでピクサスを友だちに追加し、自宅のプリンターを登録すれば、トーク画面に写真を送信するだけで簡単に印刷できるトークプリント機能も搭載。フェイスブックのMessengerにも対応(写真のみ)しています。

キヤノン『PIXUS TS5330』

スマホの写真をかんたんキレイにプリント、LINEやMessengerから送信することやスマートスピーカーにも対応。スマホ世代の若者向けモデル。

>> 楽天市場で詳細を見る

写真印刷だけじゃないプリンターの楽しみを知る

プリントの楽しみ方は写真だけではありません。キヤノンのインクジェット複合機では、スマホケースに貼るプリントシールやマグネットシートなど、写真やイラストを使ったオリジナルデザインのシールが作れます。

ほかにも、Tシャツやトートバック用のアイロンプリントシート、一部機種(XK60/TS8330)ではネイルシールのプリントも可能で、スポーツイベントやクリスマスなどの季節イベントでオリジナルのグッズ・ファッションが楽しめます。

スマートスピーカーにも対応しており、話しかけるだけで子ども用の塗り絵やナンプレ、折り紙のほか、レポート用紙やレターセットなどのテンプレート用紙の印刷が簡単にできます。

いつも使いたいからデザインは重要

スマホ写真やウエブページを頻繁に印刷するなら、プリンターはリビングに出しっぱなしに。その時、いかにも事務機器然とした外観は部屋の雰囲気を壊してしまいます。

本体カラーはもちろん、質感、形状と、キヤノンではラインアップによって大きくデザインが異なりますので、自分の部屋に合ったものを選びやすいはず。逆に言えば、機能・性能で迷った場合はデザインから選ぶのもアリです。

キヤノン『PIXUS TS7330』

シックな部屋にも合うスタイリッシュなデザインのモデル。傾斜パネル下部に搭載したLEDステータスバーで状態を知ることができます。

>> Amazonで詳細を見る

文書か写真か、たくさん印刷するなら特化モデル

キヤノンも大量印刷ユーザー向けのモデルを用意しています。文書を大量印刷するなら「GIGA TANK(ギガタンク)」シリーズ。G6030の場合、インクボトル各色1本で、ブラック約6,000ページ、カラー約7,700ページを印刷できます。エコノミー設定ならブラック約8,300ページも印刷可能。A4カラー普通紙1枚あたりのランニングコストは約1.0円(税込み、以下同)、モノクロなら約0.5円です。

一方、写真が趣味だったり家族写真を多く印刷するのであれば「XK」シリーズがおすすめ。光沢紙における発色性が向上したプレミアムハイブリット6色インクを採用しており、特にフォトブルーインクを追加したことで青色~白色領域での粒状感がなくなり、青空や雲のグラデーション、海と波しぶきの繊細な表現が可能となりました。大容量インクを使用した場合の印刷コストはL判写真1枚あたり約13.8円と低コストです。

キヤノン『PIXUS XK60』

プレミアム6色ハイブリッドインクにより自然で鮮やかな写真プリントを実現。ランニングコストも低いので気軽にたくさんプリントできる。

>> Amazonで詳細を見る

キヤノンのプリンターおすすめ5選 家電専門ライターが選んだ

ここまで紹介したキヤノンのプリンターの選び方のポイントをふまえて、家電専門ライターの近藤克己さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『PIXUS TS7330』

出典:Amazon

サイズ 約376×359×141mm
質量 約6.3kg
インク色数 5色
印刷コスト A4カラー普通紙:約10.5円(大容量/標準容量)、L判写真:約19.1円(大容量)
給紙方法 後トレイ、カセット
その他機能 おうちでスマホプリ、PIXUSクラウドリンク、自動両面プリント、自動紙幅検知、2WAY給紙、トークプリント ほか
カラー ブラック、ホワイト、ネイビー

LEDステータスバーが美しいスタリッシュモデル

染料4色/顔料ブラックの5色独立インクタンクを搭載したミドルモデル。文章も写真も両方ともきれいに印刷したいユーザーにおすすめ。

傾斜パネル下部に搭載したLEDステータスバーの色で印刷中や印刷完了、エラーなどの現在の状態がひと目で分かります。このステータスバーをデザインの一部に取り込んだスタイリッシュなボディはインテリアにこだわるユーザーにぴったり。

本体色はネイビー/ホワイト/ブラックの3色を用意。キヤノンが用意した各種スマホ向け専用サービスはもちろん、スマートスピーカーにも対応。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『PIXUS TS5330』

出典:Amazon

サイズ 約403×315×148mm
質量 約6.3kg
インク色数 4色
印刷コスト A4カラー普通紙:約18.5円(大容量)、L判写真:約27.8円(大容量)
給紙方法 後トレイ、カセット
その他機能 おうちでスマホプリ、PIXUSクラウドリンク、自動両面プリント、自動紙幅検知、2WAY給紙、トークプリント ほか
カラー ブラック、ホワイト、ピンク

使いやすさを重視のエントリーモデル

一体型染料3色インクタンクと独立した顔料ブラックタンクを搭載。女性と若いユーザーをターゲットにラウンド型のやさしいデザインを採用しました。ターゲットに合わせて『TS7330』同様、スマホメニューを充実しており、スマホ写真を多用するユーザーにおすすめのエントリーモデルです。

印刷頻度はそれほど多くなく、画質にもそれほど強いこだわりを持たないけど、デザイン性と使い勝手にはこだわりたいユーザーにおすすめ。LINE、フェイスブックのMessenger対応はもちろん、「Creative Park」のスマホ版アプリも利用できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『PIXUS TS8330』

出典:Amazon

サイズ 約373×319×141mm
質量 約6.6kg
インク色数 6色(独立インクタンク)
印刷コスト A4カラー普通紙:約10.8円(大容量)、L判写真:約21.3円(大容量)
給紙方法 後トレイ、カセット
その他機能 おうちでスマホプリ、PIXUSクラウドリンク、自動両面プリント、自動紙幅検知、2WAY給紙、レーベル/ネイル ほか
カラー ブラック、ホワイト、レッド

迷ったらこの1台、全部入りのハイスペックモデル

ピクサスシリーズのハイスペックモデルです。『TS7330』との違いは、インクが6色ハイブリッド、液晶モニターが4.3型の大型タッチパネル式、多目的トレイ、SDカードスロット搭載によるダイレクトプリントができることなどです。

プラスされたインクが染料グレーインクで、これにより、色の安定性が増しています。文書印刷もそこそこ多いし、一眼レフカメラを所有しているので写真にはちょっとこだわりたい、というファミリーユーザーにおすすめ。

多目的トレイの搭載により、ネイルシールのプリントができます。週末だけオシャレしたいという娘さん、クリスマスやお正月だけ特別なネイルをしたいというイベント好きにピッタリです。パソコン/スマホからの印刷指示で自動的に電源オン/排紙トレイオープン機能も搭載。また、CD/DVD/BDのレーベルプリントも可能。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『GIGA TANK 6030』

出典:Amazon

サイズ 約403×369×195mm
質量 約8.1kg
インク色数 4色(独立インクタンク)
印刷コスト A4カラー普通紙:約1.0円、A4モノクロ普通紙:約0.5円
給紙方法 後トレイ、カセット
その他機能 おうちでスマホプリ、PIXUSクラウドリンク、自動両面プリント、2WAY給紙 ほか
カラー ブラック

大容量タンク搭載のエコノミーモデル

高校生や大学生のいる家庭、自営業、店舗経営者、旅行やグルメなどでウェブページをよく印刷するといった大量印刷ニーズ向けの特大容量タンク搭載「GIGA TANK」シリーズのスタンダードモデル。前面カセットに250枚、背面トレイに100枚、合計350枚の普通紙をセットでき、自動両面印刷にも対応しているので、大量印刷でも紙を補給する手間が省けます。

ダウンロード無料のソフトウエアにはチラシ・ポスター・POPのテンプレートが業種別に約100種類用意されているほか、写真・クリップアートも多数利用できるので、店舗経営者にもおすすめ。A4用紙を16枚合わせたA0サイズの大判印刷機能も搭載。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン『PIXUS XK60』

出典:Amazon

サイズ 約373×319×141mm
質量 約6.6kg
インク色数 6色(独立インクタンク)
印刷コスト A4カラー普通紙:約6.3円(大容量)、L判写真:約13.8円(大容量)
給紙方法 後トレイ、カセット
その他機能 おうちでスマホプリ、PIXUSクラウドリンク、自動両面プリント、自動紙幅検知、2WAY給紙、レーベル/ネイル ほか
カラー シルバー

家族の思い出を美しく残したいなら写真重視モデル

染料フォトブルーインクを追加したプレミアム6色ハイブリッドインク搭載の、写真こだわり派向けモデル。

大判は印刷しない、フォトコンテストには出品しないけど、家族の思い出の写真をよりきれいにプリントしたいという、写真プリントが多いユーザーにおすすめの1台。

ネイルシールプリント、デスクレーベルプリントに対応。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
キヤノン『PIXUS TS7330』
キヤノン『PIXUS TS5330』
キヤノン『PIXUS TS8330』
キヤノン『GIGA TANK 6030』
キヤノン『PIXUS XK60』
商品名 キヤノン『PIXUS TS7330』 キヤノン『PIXUS TS5330』 キヤノン『PIXUS TS8330』 キヤノン『GIGA TANK 6030』 キヤノン『PIXUS XK60』
商品情報
特徴 LEDステータスバーが美しいスタリッシュモデル 使いやすさを重視のエントリーモデル 迷ったらこの1台、全部入りのハイスペックモデル 大容量タンク搭載のエコノミーモデル 家族の思い出を美しく残したいなら写真重視モデル
サイズ 約376×359×141mm 約403×315×148mm 約373×319×141mm 約403×369×195mm 約373×319×141mm
質量 約6.3kg 約6.3kg 約6.6kg 約8.1kg 約6.6kg
インク色数 5色 4色 6色(独立インクタンク) 4色(独立インクタンク) 6色(独立インクタンク)
印刷コスト A4カラー普通紙:約10.5円(大容量/標準容量)、L判写真:約19.1円(大容量) A4カラー普通紙:約18.5円(大容量)、L判写真:約27.8円(大容量) A4カラー普通紙:約10.8円(大容量)、L判写真:約21.3円(大容量) A4カラー普通紙:約1.0円、A4モノクロ普通紙:約0.5円 A4カラー普通紙:約6.3円(大容量)、L判写真:約13.8円(大容量)
給紙方法 後トレイ、カセット 後トレイ、カセット 後トレイ、カセット 後トレイ、カセット 後トレイ、カセット
その他機能 おうちでスマホプリ、PIXUSクラウドリンク、自動両面プリント、自動紙幅検知、2WAY給紙、トークプリント ほか おうちでスマホプリ、PIXUSクラウドリンク、自動両面プリント、自動紙幅検知、2WAY給紙、トークプリント ほか おうちでスマホプリ、PIXUSクラウドリンク、自動両面プリント、自動紙幅検知、2WAY給紙、レーベル/ネイル ほか おうちでスマホプリ、PIXUSクラウドリンク、自動両面プリント、2WAY給紙 ほか おうちでスマホプリ、PIXUSクラウドリンク、自動両面プリント、自動紙幅検知、2WAY給紙、レーベル/ネイル ほか
カラー ブラック、ホワイト、ネイビー ブラック、ホワイト、ピンク ブラック、ホワイト、レッド ブラック シルバー
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする キヤノンのプリンターの売れ筋をチェック

楽天市場でのキヤノンのプリンターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:プリンタ(キヤノン)ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

家電専門ライターからのアドバイス キヤノンのプリターを選ぶうえで

量販店の店頭で印刷サンプルの確認を

インクジェットプリンターの場合、搭載しているインクの数や質によってラインアップが分けられています。これはスペックからはなかなか読み取れません。写真にしろ文書にしろ、印刷画質は実際に自分の目で見て確かめたほうがよいでしょう。

家電量販店の店頭にはモデルごとにプリントサンプルがつけられていますので、ぜひ店頭に足を運んでください。

そのほかのプリンター関連記事はこちら 【関連記事】

家電製品・家電流通ライター近藤克己さんに、家庭用プリンターの選び方とおすすめ商品を伺いました。あわせて、プリンター選びに必要な基礎知識もまとめています。

家電流通ライターの近藤克己さんに取材をして、エプソンのプリンターを選ぶときのポイントとおすすめ商品をお聞きしました。年賀状や写真プリントに便利なエプソンのホームプリンター。数ある製品の中からピックアップしていただきましたので、ぜひ参考にしてください。

家電のプロが選ぶモバイルプリンター6選をご紹介します。デジカメやスマートフォンで撮影した写真を印刷するときに便利なのが、モバイルプリンター。その多くのモデルがコンパクトで軽量な本体となっており、収納場所にも困りません。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

使っている電子機器が動かなくなって、故障か電池切れかわからないとき、買い置きをしてある電池のパフォーマンスを確認したいときに重宝するのが「電池チェッカー」です。使い方はいたってシンプル。ひとつもっていると電池を有効に活用でき、節約にもなります。ここでは、家電販売員のたろっささんに教えていただいた選び方のポイントと、編集部とともに選んだおすすめの商品10選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

デスクがごちゃごちゃしていて、仕事に集中できない。そんなときに活躍してくれるのがモニターアームです。ただし、種類も豊富なのでどれが自分に合うのかは悩みどころ。そこで、各商品の特徴や選び方をこの記事で解説していきます。また、家電販売員・たろっささんと編集部が選んだおすすめ商品も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。


メカニカルキーボードのおすすめ20選|打鍵感とロールオーバー数が重要!

メカニカルキーボードのおすすめ20選|打鍵感とロールオーバー数が重要!

打鍵感の気持ちよさからユーザーが多い「メカニカルキーボード」。国内・海外のさまざまなメーカーから製品がリリースされ、「ゲーミングキーボード」とも呼ばれてます。ここでは、メカニカルキーボードの選び方に加え、プロの家電販売員のたろっささんと編集部が選んだ商品20選を紹介します。使い勝手のよいメカ二カルキーボードを見つけて、PC作業に、ゲームプレイに、快適に使いましょう!


パンタグラフキーボードおすすめ20選|ピッチ・ストローク・タイプで選ぶ!

パンタグラフキーボードおすすめ20選|ピッチ・ストローク・タイプで選ぶ!

薄型で軽いタッチが特徴のパンタグラフキーボード。デスクトップパソコン用だけでなく、スマートフォンやタブレットに対応している機種など多くの種類があります。そこで本記事では、IT環境保守リペアラーの古賀竜一さんと編集部が選ぶパンタグラフキーボードのおすすめ20選をご紹介します。特徴やほかのキースイッチとの違い、選び方のポイントなども解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る