ミニ三脚のおすすめ5選【カメラ・ビデオカメラ・スマホなどの撮影時に活躍!】

ミニ三脚のおすすめ5選【カメラ・ビデオカメラ・スマホなどの撮影時に活躍!】
ITジャーナリスト:一条 真人
ITジャーナリスト
一条 真人

1961年生まれ。東京都墨田区出身。 パソコン雑誌『ハッカー』編集長、『PC PLUS ONE』編集長を経て、フリーランスに。 小説『パッセンジャー』で河出書房から作家デビューし、40冊以上のパソコン、スマホ関係書籍を執筆。最近では自ら電子書籍の編集パブリッシュなども行っている。

ITジャーナリストの一条真人さんに聞いた、ミニ三脚のおすすめ5選をご紹介します。デジカメやスマホの普及で画像や動画の「撮影」が身近になりましたよね。みなさんの周りにも気軽に撮影を楽しんでいる方は意外と多いのではないでしょうか。手持ちで思いのままに撮るのも楽しいですが、手ブレを抑えて安定した画像や映像を撮影するには、やはり三脚が欠かせません。最近はコンパクトながらもすぐれた製品が数多く販売されています。この記事では、一条さんに、ミニ三脚を選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。記事後半の通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてくださいね。


ミニ三脚を選ぶポイント ITジャーナリストが解説!

ITジャーナリストの一条真人さんに、ミニ三脚を選ぶポイントを3つ教えていただきました。

三脚とスマホ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ミニ三脚があれば、手ブレを抑えて夜景や夕景もきれいに撮ることができます。

三脚の設置場所で選ぶ

ITジャーナリスト

部屋で落ち着いて撮影するのか、三脚の設置場所に安定した平面を確保できるのか、金網や自動車のハンドルにからめて設置するのか、など、設置場所をどう確保するのかで選択すべき三脚は変わります。

平地でなければ、脚のしっかりした三脚は使いようがありません。逆にフレキシブル三脚は、脚をからめて自動車のハンドルにでも三脚を設置できますが、安定した設置にはむしろ神経を使う場合が多いでしょう。

JOBY(ジョビー)『ゴリラポッド 325』

脚がフレキシブルに曲がるので、地面や床以外の場所でもデバイスを固定することが可能。撮影の幅がぐっと広がるはず。

>> Amazonで詳細を見る

撮影する機材で選ぶ

ITジャーナリスト

カメラやビデオカメラ、スマホなど、撮影にどんなデバイスを使用するのかを事前に決めておくと、より最適な商品を選択できるようになります。

デバイスと三脚との接続方法にしても、普通のカメラには三脚穴があるのでかんたんに接続できますが、スマホにはそれがありません。普通の三脚だと、三脚穴を使ってスマホホルダーを接続することで三脚を使って撮影ができるようになります。設置に便利なミニ三脚は、小型のものだと重い一眼レフカメラは支えることができません。

写真撮影に水平器は必要か?

ITジャーナリスト

普通の三脚では、水平な安定した写真の撮影が比較的かんたんですが、脚が曲がるミニ三脚は水平にするのがやや難しいので、水平を検出できる「水平器」を搭載したものを選択するといいでしょう。もちろん、普通の三脚でも水平検出機能をもったものがあります。

水平を気にする必要のない使い方の場合ならこの機能は不要でしょう。水平器を搭載した三脚は、わずかですが、携帯性を低下させてしまいます。

LAOG『SR-917』

水平器つきのミニ三脚を探している方にはこちらがおすすめ。スマホ専用のホルダーがついているのもうれしいところ。

>> Amazonで詳細を見る

ミニ三脚のおすすめ5選 ITジャーナリストが厳選!

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、一条真人さんにおすすめの商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Manfrotto(マンフロット)『PIXI ミニ三脚』

出典:Amazon

全伸高
13.5cm
格納高
18.5cm
重量
190g
耐荷重
1000g
Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446
ITジャーナリスト

スタイリッシュなミニ三脚

短い脚を折りたたみ、コンパクトに収納して持ち歩けるミニ三脚。ボディの剛性が高く、安心して使える高いクオリティを持っています。そして、おしゃれな外観もいい。コンパクトカメラからデジタルカメラ、スマホまで活用できます。

スマホでの撮影にはスマホアダプターが必要ですが、これもマンフロットから発売されています。また、ビデオカメラでの撮影時など、足を折りたたんだ状態で握り、安定した撮影をすることができるのもおすすめポイント。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Manfrotto(マンフロット)『PIXI EVO 5段階調節ミニ三脚』

出典:Amazon

全伸高
20.0cm
格納高
20.5cm
重量
260g
耐荷重
2500g
Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446
ITジャーナリスト

高品質なミニ三脚の進化版

マンフロット『PIXI ミニ三脚』の進化版です。PIXIよりも耐荷重が高く大型のカメラを使うことが可能。カメラを縦位置にして撮影することもできます。

脚を水平に近く開くと、より低い位置から撮影することができ、逆に脚を伸ばして高いところから撮影できるように2段階に調節できる脚の開く角度も特長。自由度の高い、こだわりのアングルから写真を撮影したい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JOBY(ジョビー)『ゴリラポッド 325』

出典:Amazon

全伸高
-
格納高
17.5cm
重量
52g
耐荷重
325g
Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446
ITジャーナリスト

フレキシブルアームで場所もアングルも自由自在!

グネグネ曲がる三本の脚を使って金網などに固定でき、普通は固定できない場所からのフレーミングで写真を撮影できるなど撮影の自由度が高く、オモシロイ製品です。

脚を折りたたんでポケットに入れて持ち歩けるため、気軽にいろいろ活用できるのが楽しい商品。平地が少ない屋外での撮影が多い人におすすめです。

耐荷重は325g〜5kgのラインナップがあり、コンパクトデジタルカメラから一眼レフまで対応します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Vikrin『フレキシブル三脚』

全伸高
16.5cm
格納高
-
重量
20g
耐荷重
1500g
Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446
ITジャーナリスト

スマホホルダーつきのフレキシブル三脚

フレキシブル三脚とスマホ用三脚ホルダーをセットにした商品。スマホからカメラまで幅広く対応し、三脚はフレキシブル三脚なので、足をグネグネ曲げてさまざまな撮影状況に対応できます。付属のスマホ用三脚ホルダーを使えば、55~85mm幅までのスマホを固定して撮影できるため、スマホホルダーを買い足す必要がありません。

耐荷重は1.5kgですが、不安定なため一眼レフカメラを固定するのは少々危険。コンパクトデジタルカメラやミラーレスカメラなどの軽量なカメラと、スマホからカメラまでアクティブに使いこなし、撮影する人におすすめ。アクティブで自由に撮影を楽しみたいユーザーにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LAOG『SR-917』

出典:Amazon

全伸高
110cm
格納高
-
重量
-
耐荷重
-
Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446
ITジャーナリスト

コンパクトでも水平機能つき! 本格仕様のミニ三脚

スマホ・デジカメ用のコンパクト三脚。普通の三脚をコンパクトにしたような形状で、いかにも本格的に活用できそうな外観をもっています。コンパクトながら水平機能つきなので、水平な写真がかんたんに撮影できるのもメリット。脚は3段階引き延ばすことができて応用範囲が広いミニ三脚です。

幅広いサイズのスマホに対応するスマホホルダー付属で、スマホでしっかりした写真を撮影したい人にもおすすめな製品です。

「ミニ三脚」のおすすめ商品の比較一覧表

画像

Manfrotto(マンフロット)『PIXI ミニ三脚』
Manfrotto(マンフロット)『PIXI EVO 5段階調節ミニ三脚』
JOBY(ジョビー)『ゴリラポッド 325』
Vikrin『フレキシブル三脚』
LAOG『SR-917』

商品

Manfrotto(マンフロット)『PIXI ミニ三脚』 Manfrotto(マンフロット)『PIXI EVO 5段階調節ミニ三脚』 JOBY(ジョビー)『ゴリラポッド 325』 Vikrin『フレキシブル三脚』 LAOG『SR-917』

特徴

スタイリッシュなミニ三脚 高品質なミニ三脚の進化版 フレキシブルアームで場所もアングルも自由自在! スマホホルダーつきのフレキシブル三脚 コンパクトでも水平機能つき! 本格仕様のミニ三脚

価格

Amazon : ¥ 1,972
楽天市場 : ¥ 2,680
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,870
※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,388
楽天市場 : ¥ 3,445
PayPayモール : ¥ 3,440
※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,158
楽天市場 : ¥ 2,190
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,589
※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,304
※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,575
※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格

全伸高

13.5cm 20.0cm - 16.5cm 110cm

格納高

18.5cm 20.5cm 17.5cm - -

重量

190g 260g 52g 20g -

耐荷重

1000g 2500g 325g 1500g -

商品情報

通販サイトのランキングを参考にする ミニ三脚の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのミニ三脚の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:卓上三脚・ミニ三脚ランキング
楽天市場:スマートフォン用三脚ランキング
Yahoo!ショッピング:ミニ三脚ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スマホできれいな写真を撮るためには、「三脚」は必須アイテム。固定して撮影できるのはもちろん、自撮り棒やハンドグリップでつかえるもの、Bluetoothを使って離れたところから撮影できるものまでさまざま。本記事では、スマホ用三脚の選び方とおすすめ商品ついて紹介します。

ITジャーナリストの「ここがポイント」! ミニ三脚を選ぶうえで

ITジャーナリスト

目的とイメージを明確に

ミニ三脚には、「どのようなカメラを接続して、どのような撮影に使うのか?」というユーザーの目的によって、最適な商品が変わってきます。

自分がどう使いたいのか、しっかり目的とイメージをまとめてから選ぶようにするのがおすすめです。また、自分が考えている使い方が実際にできるかどうかを購入前にたしかめておくと、間違いが少ないでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/25 一部修正のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんにお話をうかがい、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ機種について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


DJI製【ドローン】おすすめ5選と選び方|憧れの空撮に挑戦! カメラ付き製品を厳選

DJI製【ドローン】おすすめ5選と選び方|憧れの空撮に挑戦! カメラ付き製品を厳選

フォトグラファーが選ぶDJI製ドローンのおすすめ5選をご紹介します。最近では、テレビなどのメディアでもドローンを使った撮影を目にする機会が増えました。実際にドローンを使って空撮をしてみたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんに、ドローンやアクションカメラなどのメーカーで知られるDJI製ドローンの選び方について教えてもらいました。この記事で紹介しているドローンはすべてカメラ備え付き製品になります。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングもありますので、あわせて参考にしてみてください。


おしゃれな【カメラバッグ】おすすめ6選|ショルダータイプからバックパックまで!

おしゃれな【カメラバッグ】おすすめ6選|ショルダータイプからバックパックまで!

フォトグラファーが選ぶおしゃれなカメラバッグおすすめ6選をご紹介します。カメラバッグと聞くと、機能面は充実してるけど見た目はちょっと……という人も多いのではないでしょうか。しかし、よく探してみると一目見ただけではカメラバッグとはわからない、おしゃれなものも意外とみつかります。なかにはハイブランドがだしている高級感あるデザインのものも。この記事ではフォトグラファーの瀬川陣市さんが、機能的にもしっかりしながら見た目もおしゃれなカメラバッグのおすすめ商品を紹介してくれているので、自分のスタイルにあったカメラバッグ選びの参考にしてみてください。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


ミラーレス一眼のおすすめ10選と選び方【写真家が直伝】カメラ初心者必見!

ミラーレス一眼のおすすめ10選と選び方【写真家が直伝】カメラ初心者必見!

写真家の藤井智弘さんに、カメラ初心者向けミラーレス一眼の選び方とおすすめ商品をうかがいました。普段はスマートフォンで写真をよく撮るけど、もっとキレイに撮りたい、という方におすすめなのがミラーレス一眼。スマホやコンパクトデジカメよりもセンサーサイズが大きく、高画質でボケのある写真も撮れます。最近ではコンパクトでおしゃれなものや、Wi-Fiなどでスマホとも連携できるものもあるので、スマホからのステップアップにぴったりです。この記事を参考に、どんな撮影をしたいのか、どんなデザインが好みなのかをよく吟味して、自分の使い方にあったミラーレス一眼をみつけてください。


格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!

格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!

フォトグラファーが選ぶ、安いけど多機能なアクションカメラ5選+番外編を紹介します。スポーツに、アウトドアに、さらには水中カメラの代わりにと、さまざまなシーンで迫力ある映像を撮影するのに威力を発揮するアクションカメラ。小さなボディながら、臨場感あふれるカットを鮮明にとらえてくれるのが魅力ですよね。この記事では、GoProにも引けを取らない数ある高コスパ・アクションカメラのなかから、フォトグラファーの瀬川陣市さんが厳選した、リーズナブルで気軽に使えそうなモデルについて解説していきます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


新着記事


メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別トースターの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。朝はトーストにコーヒーという人も多いと思います。トーストを焼くにはトースターが必要ですが、メーカー別にどのような違いがあるのでしょうか? この記事ではフードコーディネーターの國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーの中から、バルミューダ、デロンギ、アラジンを厳選。焼き加減にこだわっていたり、おしゃれなデザインだったりと、それぞれ特徴がみえてくると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。


ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別ホットプレートの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。家族や友人を呼んでわいわい焼き肉やお好み焼き、たこ焼きパーティーなど、ホットプレートは欠かせませんよね。最近では、料理に合わせてプレートを変えられたりと各メーカーで独自の進化を続けています。この記事では國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーから象印、パナソニック、YAMAZEN、アイリスオーヤマ、ブルーノを厳選。それぞれのメーカーごとの特徴やおすすめの商品を紹介しています。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

料理研究家の上田のりこさんへの取材のもと、手軽にパン作りを楽しめるホームベーカリーを、メーカー別にご紹介します。パンを本格的に作るとなると生地をこねるところから始まり、焼きあがるまでにさまざまな工程を経て、早くても3時間ほどかかります。パンの種類や大きさによっては、さらに時間がかかることも。ところがホームベーカリーがあれば、家庭で手軽にパンを作れるうえ、焼き立てを毎日でも楽しむことができます。この記事では数あるホームベーカリーの中から、厳選したシロカ、ツインバード、タイガー、象印、パナソニックをご紹介します。はじめて購入しようとしている方も、買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんにお話をうかがい、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ機種について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに、ハンドミキサーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ケーキの生地をまぜたり、クリームを泡立てたりするのに使うハンドミキサー。最近ではアタッチメントを付け替えて1台で複数の調理に活用できるもの、ハイパワーで時短調理できるもの、安全性や取り扱いに工夫があるものなど、各メーカーからさまざまなハンドミキサーが発売されています。この記事では、ブラウン、クイジナート、テスコム、タイガー、貝印を厳選。それぞれの特徴とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る