ミニ三脚おすすめ4選|スマホ・一眼レフ・ミラーレス対応モデルも

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B カメラ用
出典:Amazon
ITジャーナリスト
一条 真人

1961年生まれ。東京都墨田区出身。 パソコン雑誌『ハッカー』編集長、『PC PLUS ONE』編集長を経て、フリーランスに。 小説『パッセンジャー』で河出書房から作家デビューし、40冊以上のパソコン、スマホ関係書籍を執筆。最近では自ら電子書籍の編集パブリッシュなども行っている。

最近はデジカメやスマホの普及で画像や動画撮影が身近になりましたよね。みなさんの周りにも気軽に撮影を楽しんでいる方は意外と多いのではないでしょうか。手持ちで思いのままに撮るのも楽しいですが、手ブレを抑えて安定した画像や映像を撮影するには、やはり三脚が欠かせません。ここでは、ITジャーナリストの一条真人さんが選んだミニ三脚のおすすめ4選と選び方のポイントをご紹介します。記事後半の通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてくださいね。


ミニ三脚を選ぶポイント ITジャーナリストが解説!

ITジャーナリストの一条真人さんに、ミニ三脚を選ぶポイントを3つ教えていただきました。

三脚とスマホ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ミニ三脚があれば、手ブレを抑えて夜景や夕景もきれいに撮ることができます。

耐荷重を確認する

カメラの種類・重量に合わせて三脚の耐荷重も確認しましょう。三脚より重いカメラを付けてしまうと、転倒してしまいます。

アルミ素材は軽量で低価格

ミニ三脚は持ち運びにも便利なのが特徴です。そこでおすすめなのが、軽量素材のアルミ。価格も比較的安価です。

最低高・最大高を確認する

三脚は、最低高から最大高の幅が広いほどあらゆる状況に応じて撮影することができます。風景撮影や集合写真など撮る側の目線が高いか低いかで、写真のバリエーションも大幅に変わってきます。最低高・最大高はぜひチェックしておくとよいでしょう。

クイックシュー付きを選ぶ

「クイックシュー」とは、三脚の雲台に取り付けるカメラを固定するためのマウントです。これさえあれば、カメラをワンタッチで取り付けることができ、取り外しが圧倒的に楽になります。

雲台のタイプで選ぶ メリットとデメリット

「雲台」とはカメラの台座を指します。そして、雲台には主に「自由雲台」と「ハンドル付き雲台」の2種類があります。ここでは、それぞれの特徴やメリット・デメリットを紹介しますので、自分に合ったタイプを選んでみましょう。

自由雲台

【メリット】
自由雲台はもハンドルが付いておらず、軽量で持ち運びも楽です。

【デメリット】
ある程度の重さがあるカメラや望遠レンズを装着したカメラを装着した際、固定しきれず傾いてしまうことがあります。

ITジャーナリスト

カメラやビデオカメラ、スマホなど、撮影にどんなデバイスを使用するのかを事前に決めておくと、より最適な商品を選択できるようになります。

デバイスと三脚との接続方法にしても、普通のカメラには三脚穴があるのでかんたんに接続できますが、スマホにはそれがありません。普通の三脚だと、三脚穴を使ってスマホホルダーを接続することで三脚を使って撮影ができるようになります。設置に便利なミニ三脚は、小型のものだと重い一眼レフカメラは支えることができません。

ハンドル付き雲台

【メリット】
水平、垂直と細かな角度調整ができます。上下左右の調整ができる2Wayと水平・垂直調整ができる2つのハンドルが付いた3wayタイプがあります。

【デメリット】
ハンドル付き雲台は、細かな微調整が可能な分、可動範囲が限られます。

三脚の設置場所で選ぶ

脚がくねくねとフレキシブルに曲がるので、地面や床以外の場所でもデバイスを固定することが可能。持ちやすいので手持ち撮影でも活躍します。登山・アウトドア・旅行先などで、撮影の幅がぐっと広がるはず。

ITジャーナリスト

部屋で落ち着いて撮影するのか、三脚の設置場所に安定した平面を確保できるのか、金網や自動車のハンドルにからめて設置するのか、など、設置場所をどう確保するのかで選択すべき三脚は変わります。

平地でなければ、脚のしっかりした三脚は使いようがありません。逆にフレキシブル三脚は、脚をからめて自動車のハンドルにでも三脚を設置できますが、安定した設置にはむしろ神経を使う場合が多いでしょう。

ミニ三脚のおすすめ4選 全伸長・格納高・重量・耐荷重もチェック!

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、一条真人さんにおすすめの商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Manfrotto(マンフロット)『PIXI ミニ三脚』

Manfrottoミニ三脚PIXIブラックMTPIXI-Bカメラ用 Manfrottoミニ三脚PIXIブラックMTPIXI-Bカメラ用 Manfrottoミニ三脚PIXIブラックMTPIXI-Bカメラ用 Manfrottoミニ三脚PIXIブラックMTPIXI-Bカメラ用 Manfrottoミニ三脚PIXIブラックMTPIXI-Bカメラ用 Manfrottoミニ三脚PIXIブラックMTPIXI-Bカメラ用 Manfrottoミニ三脚PIXIブラックMTPIXI-Bカメラ用

出典:Amazon

全伸高 13.5cm
格納高 18.5cm
重量 190g
耐荷重 1000g

Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446

ITジャーナリスト

スタイリッシュなミニ三脚

短い脚を折りたたみ、コンパクトに収納して持ち歩けるミニ三脚。ボディの剛性が高く、安心して使える高いクオリティを持っています。そして、おしゃれな外観もいい。コンパクトカメラからデジタルカメラ、スマホまで活用できます。

スマホでの撮影にはスマホアダプターが必要ですが、これもマンフロットから発売されています。また、ビデオカメラでの撮影時など、足を折りたたんだ状態で握り、安定した撮影をすることができるのもおすすめポイント。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Manfrotto(マンフロット)『PIXI EVO 5段階調節ミニ三脚』

Manfrottoミニ三脚PIXIシリーズPIXIEVOボール雲台ブラックMTPIXIEVO-BK Manfrottoミニ三脚PIXIシリーズPIXIEVOボール雲台ブラックMTPIXIEVO-BK Manfrottoミニ三脚PIXIシリーズPIXIEVOボール雲台ブラックMTPIXIEVO-BK Manfrottoミニ三脚PIXIシリーズPIXIEVOボール雲台ブラックMTPIXIEVO-BK Manfrottoミニ三脚PIXIシリーズPIXIEVOボール雲台ブラックMTPIXIEVO-BK Manfrottoミニ三脚PIXIシリーズPIXIEVOボール雲台ブラックMTPIXIEVO-BK Manfrottoミニ三脚PIXIシリーズPIXIEVOボール雲台ブラックMTPIXIEVO-BK Manfrottoミニ三脚PIXIシリーズPIXIEVOボール雲台ブラックMTPIXIEVO-BK Manfrottoミニ三脚PIXIシリーズPIXIEVOボール雲台ブラックMTPIXIEVO-BK Manfrottoミニ三脚PIXIシリーズPIXIEVOボール雲台ブラックMTPIXIEVO-BK Manfrottoミニ三脚PIXIシリーズPIXIEVOボール雲台ブラックMTPIXIEVO-BK

出典:Amazon

全伸高 20.0cm
格納高 20.5cm
重量 250g
耐荷重 2500g

Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446

ITジャーナリスト

高品質なミニ三脚の進化版

マンフロット『PIXI ミニ三脚』の進化版です。PIXIよりも耐荷重が高く大型のカメラを使うことが可能。カメラを縦位置にして撮影することもできます。

脚を水平に近く開くと、より低い位置から撮影することができ、逆に脚を伸ばして高いところから撮影できるように2段階に調節できる脚の開く角度も特長。自由度の高い、こだわりのアングルから写真を撮影したい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JOBY(ジョビー)『ゴリラポッド 325』

Jobyミニ三脚ゴリラポッド325耐荷重325gブラック/チャコールJB01542-PKK Jobyミニ三脚ゴリラポッド325耐荷重325gブラック/チャコールJB01542-PKK Jobyミニ三脚ゴリラポッド325耐荷重325gブラック/チャコールJB01542-PKK Jobyミニ三脚ゴリラポッド325耐荷重325gブラック/チャコールJB01542-PKK Jobyミニ三脚ゴリラポッド325耐荷重325gブラック/チャコールJB01542-PKK Jobyミニ三脚ゴリラポッド325耐荷重325gブラック/チャコールJB01542-PKK Jobyミニ三脚ゴリラポッド325耐荷重325gブラック/チャコールJB01542-PKK Jobyミニ三脚ゴリラポッド325耐荷重325gブラック/チャコールJB01542-PKK Jobyミニ三脚ゴリラポッド325耐荷重325gブラック/チャコールJB01542-PKK Jobyミニ三脚ゴリラポッド325耐荷重325gブラック/チャコールJB01542-PKK

出典:Amazon

全伸高 -
格納高 17.5cm
重量 52g
耐荷重 325g

Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446

ITジャーナリスト

フレキシブルアームで場所もアングルも自由自在!

グネグネ曲がる三本の脚を使って金網などに固定でき、普通は固定できない場所からのフレーミングで写真を撮影できるなど撮影の自由度が高く、オモシロイ製品です。

脚を折りたたんでポケットに入れて持ち歩けるため、気軽にいろいろ活用できるのが楽しい商品。平地が少ない屋外での撮影が多い人におすすめです。

耐荷重は325g〜5kgのラインナップがあり、コンパクトデジタルカメラから一眼レフまで対応します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Vikrin『フレキシブル三脚』

リモコン付きスマホ三脚ゴリラポッド三脚くねくね三脚1/4インチネジiphone4/5/5S/6/6S/7/7SandroidXperiaXZ/Z3/Z5など対応軽量携帯しやすいbluetooth中型記念撮影旅行ミニ三脚自撮り動画撮影屋内屋外コンパクト リモコン付きスマホ三脚ゴリラポッド三脚くねくね三脚1/4インチネジiphone4/5/5S/6/6S/7/7SandroidXperiaXZ/Z3/Z5など対応軽量携帯しやすいbluetooth中型記念撮影旅行ミニ三脚自撮り動画撮影屋内屋外コンパクト リモコン付きスマホ三脚ゴリラポッド三脚くねくね三脚1/4インチネジiphone4/5/5S/6/6S/7/7SandroidXperiaXZ/Z3/Z5など対応軽量携帯しやすいbluetooth中型記念撮影旅行ミニ三脚自撮り動画撮影屋内屋外コンパクト

出典:楽天市場

全伸高 16.5cm
格納高 -
重量 20g
耐荷重 1500g

Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446

ITジャーナリスト

スマホホルダーつきのフレキシブル三脚

フレキシブル三脚とスマホ用三脚ホルダーをセットにした商品。スマホからカメラまで幅広く対応し、三脚はフレキシブル三脚なので、足をグネグネ曲げてさまざまな撮影状況に対応できます。付属のスマホ用三脚ホルダーを使えば、55~85mm幅までのスマホを固定して撮影できるため、スマホホルダーを買い足す必要がありません。

耐荷重は1.5kgですが、不安定なため一眼レフカメラを固定するのは少々危険。コンパクトデジタルカメラやミラーレスカメラなどの軽量なカメラと、スマホからカメラまでアクティブに使いこなし、撮影する人におすすめ。アクティブで自由に撮影を楽しみたいユーザーにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LAOG『SR-917』

LAOG『SR-917』 LAOG『SR-917』 LAOG『SR-917』 LAOG『SR-917』 LAOG『SR-917』

出典:Amazon

全伸高 110cm
格納高 -
重量 -
耐荷重 -

Thumb lg cd30a87f 2eab 41b6 960e 5b5649103446

ITジャーナリスト

コンパクトでも水平機能つき! 本格仕様のミニ三脚

スマホ・デジカメ用のコンパクト三脚。普通の三脚をコンパクトにしたような形状で、いかにも本格的に活用できそうな外観をもっています。コンパクトながら水平機能つきなので、水平な写真がかんたんに撮影できるのもメリット。脚は3段階引き延ばすことができて応用範囲が広いミニ三脚です。

幅広いサイズのスマホに対応するスマホホルダー付属で、スマホでしっかりした写真を撮影したい人にもおすすめな製品です。

「ミニ三脚」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Manfrotto(マンフロット)『PIXI ミニ三脚』
Manfrotto(マンフロット)『PIXI EVO 5段階調節ミニ三脚』
JOBY(ジョビー)『ゴリラポッド 325』
Vikrin『フレキシブル三脚』
LAOG『SR-917』
商品名 Manfrotto(マンフロット)『PIXI ミニ三脚』 Manfrotto(マンフロット)『PIXI EVO 5段階調節ミニ三脚』 JOBY(ジョビー)『ゴリラポッド 325』 Vikrin『フレキシブル三脚』 LAOG『SR-917』
商品情報
特徴 スタイリッシュなミニ三脚 高品質なミニ三脚の進化版 フレキシブルアームで場所もアングルも自由自在! スマホホルダーつきのフレキシブル三脚 コンパクトでも水平機能つき! 本格仕様のミニ三脚
全伸高 13.5cm 20.0cm - 16.5cm 110cm
格納高 18.5cm 20.5cm 17.5cm - -
重量 190g 250g 52g 20g -
耐荷重 1000g 2500g 325g 1500g -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ミニ三脚の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのミニ三脚の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:卓上三脚・ミニ三脚ランキング
楽天市場:スマートフォン用三脚ランキング
Yahoo!ショッピング:ミニ三脚ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ミニ三脚を選ぶ「ここがポイント」! ITジャーナリストがアドバイス

ITジャーナリスト

目的とイメージを明確に

ミニ三脚には、「どのようなカメラを接続して、どのような撮影に使うのか?」というユーザーの目的によって、最適な商品が変わってきます。

自分がどう使いたいのか、しっかり目的とイメージをまとめてから選ぶようにするのがおすすめです。また、自分が考えている使い方が実際にできるかどうかを購入前にたしかめておくと、間違いが少ないでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/27 コンテンツ追加・修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


フィルムスキャナーのおすすめ10選【高画質な商品や画像修正ソフト付属商品など】

フィルムスキャナーのおすすめ10選【高画質な商品や画像修正ソフト付属商品など】

デジタルカメラが広く普及した2000年代より前、写真はフィルムを使って撮影していました。フィルムが不要になったのは、まだここ10年程度でしかないのです。それ以前に撮影した思い出の写真がフィルムで残っているという方も多いでしょう。プリントされた写真は時間が経つと劣化していってしまいますが、フィルムスキャナーを使ってデジタルデータ化すると、文字どおりいつまでも色あせずに保管できるようになります。IT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、フィルムスキャナーの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ビデオカメラ用三脚のおすすめ11選|コンパクト・軽量・使いやすいモデル

ビデオカメラ用三脚のおすすめ11選|コンパクト・軽量・使いやすいモデル

フォトグラファーの林 孝典さんに、ビデオカメラ用三脚の選び方とおすすめ商品についてお話をうかがいました。ビデオカメラ用三脚は、各社さまざまな商品が販売されており、高さ調節ができるものや持ち運びしやすいものなど、どれを買えばいいのか迷ってしまいませんか。この記事で紹介する選び方とおすすめ商品を参考にしてみて下さい。


雲台おすすめ17選|小型の一眼レフ&大型望遠レンズ対応モデルなど紹介

雲台おすすめ17選|小型の一眼レフ&大型望遠レンズ対応モデルなど紹介

今回はフォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材をもとに、おすすめの雲台をご紹介します。カメラを固定して撮影する際に使う雲台。三脚や一脚とセットで販売されていることが多いこともあり、雲台についてあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。雲台は天体撮影や野鳥撮影などで活躍します。ただし、撮りたい写真や使用するカメラによって使い分けが必要な雲台を、ご自分で正しく選ぶというのは難しいと思うかもしれません。プロの雲台選びをもとに、あなたにあったものを見つけてみましょう。


【レンズフィルターケース】おすすめ4選!|フォトグラファーに聞く商品の選び方

【レンズフィルターケース】おすすめ4選!|フォトグラファーに聞く商品の選び方

レンズフィルターを使って写真撮影する人のなかには、レンズフィルターケースの購入を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、レンズフィルターケースといっても、収納枚数や携帯性や取り出し方法など、さまざまな違いがあるので商品選びに悩んでしまいますよね。そこで、フォトグラファーでフォトララ写真未来研究所代表の瀬川陣市さんにお話をうかがい、レンズフィルターケースの選び方のポイントと注意点を教えていただきました。おすすめの商品も合わせてご紹介いたします!


カメラグリップおすすめ9選【握りやすい・三脚にもなる商品を紹介!】

カメラグリップおすすめ9選【握りやすい・三脚にもなる商品を紹介!】

フォトグラファーの瀬川陣市さんが解説する選び方とカメラグリップのおすすめ商品を紹介します。さまざまな場所で撮影するようになってくると、姿勢を維持することが難しくなってきます。そんなときに役に立つのがカメラグリップ。片手でカメラを支えたり、スティックの先にカメラを固定したりといった無理な姿勢でも、ブレの少ない撮影が可能になります。多くの撮影現場を経験してきたプロが紹介する選び方とおすすめ商品を参考に、ご自身にぴったりなカメラグリップを探してみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


新着記事


ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

『ジョッター』は、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号をふたつも獲得する高級筆記具ブランド「パーカー」のコレクションのひとつ。万年筆やボールペンだけでなく、シャーペンもラインナップされています。「パーカー」の象徴である矢羽をモチーフにしたクリップをそなえたシャーペンは、上質な雰囲気でスタイリッシュ。特別感があって、所有するよろこびを感じさせてくれます。しかも、1,000円台で販売されており手を出しやすいのがうれしいところ。本記事では、『ジョッター』のシャーペンを実際に試したレビューをご紹介していきます。手に取ってみないと分からない持ち心地や書き心地もくわしく見ていくので、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね。


コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げに欠かせないアイテムのひとつ。たくさんの種類のアイテムがあり、カバー力やキープ力などその特徴もさまざまです。そこで今回は、プチプラコスメの『マシュマロフィニッシュパウダー』をご紹介。カバー力や使い心地などについて、徹底検証してみました!


汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

メイクの仕上がりを左右するといっても過言ではない、フェイスパウダー。選ぶアイテムによって仕上がる肌の質が異なり、販売されている種類もさまざまです。そこで今回は、汗に強くキープ力が高いと評価されているチャコットの『フィニッシングパウダー』をご紹介。カバー力や使用感などの評価について、実際に検証してみました。ぜひ参考にしてみてください。


【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

2021年度の手帳をどうしようかいろいろ情報収集していくなかで、よく見かける「クオバディス」のビジネス手帳。海外製の手帳で自分に合っているのかどうか不安に思っていたり、どのように使えばいいのかわからず購入をためらっている人もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは『クオバディス手帳』の「ビジネスプレステージ・クラブ」を実際に購入したので、カバーの質感や気になる手帳の中身を、写真を交えながら徹底レビューします。『クオバディス手帳』の中身や機能性が気になる人は、当記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

毎日のスキンケア。保湿力が高くても、なかには肌トラブルを起こしてしまう刺激の強いものもあり、購入したものの肌に合わず使用を中止した経験がある方もいるのではないでしょうか。とくに敏感肌の方などは、スキンケアのアイテム選びはなかなか難しいですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥性敏感肌のためにつくられた『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』。肌へのやさしさを考慮しつつも、しっとり保湿し軽やかな使い心地が魅力の保湿クリームですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って、商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る