PC用外付けHDDおすすめ5選|ポータブルタイプもご紹介!

PC用外付けHDDおすすめ5選|ポータブルタイプもご紹介!
ITライター
海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

ITライターの海老原 昭さんに、外付けHDD PC用の選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。PCのデータが多く、処理や動作が重くなる経験をしたことはありませんか。外付けHDDにデータの保存場所を変更することで、再び処理速度の高速化を図れます。また、データをほかに持ち出したいときにも外付けのHDDがあると便利ですよね。ただし、快適に使うためには、いくつか気をつけるポイントがあります。ITライターの海老原 昭さんに詳しく聞いてみましたので、ぜひ商品を選ぶときの参考にしてみてください。


外付けHDD PC用の選び方 ITライターが解説!

外付けHDD PC用を選ぶときのポイントについて、ITライターの海老原 昭さんに教えてもらいました。

机の上にあるノートPCとHDD

Photo by Emily Finch on Unsplash

外付けHDD PC用を選ぶ際には、どのような点に注目するとよいのでしょうか?

接続の規格の種類で選ぶ

ITライター

現在、外付けHDDのほとんどはUSB接続です。「USB 3.0/3.1 Gen.1」と「USB 3.1 Gen.2」の2種類あり、前者は最大5Gbps、後者は10Gbpsの通信速度に対応。当然Gen.2対応のほうが速いのですが、HDD側だけでなく、PC側も同じ規格をサポートしている必要があります。

もっとも両者には互換性があり、Gen.2に対応していないPCでGen.2のHDDを繋いでもGen.1として利用できますので、将来PCをアップグレードすることを考えて、Gen.2対応製品を買っておくという手もあります。

また、USBより高速で、デイジーチェーン(数珠つなぎ)が可能なThunderbolt接続の製品もありますが、対応PCがまだ少なく、HDD側も高価です。Thunderboltの性能が必要なのはSSDや複数台でのRAID構成のHDDで、普通のHDDにはかなりオーバースペックなので、無理に選ばなくてもいいでしょう。

LaCie『d2 Thunderbolt 3』

最高240MB/秒のデータ転送ができるThunderbolt 3ポートを2つ搭載しており、最大6台のデイジーチェーン(数珠つなぎ)接続が可能です。幅広い互換性とかんたんなデバイス設定を実現した製品です。

>> Amazonで詳細を見る

使う場所で選ぶ

ITライター

外付けのHDDには、3.5インチドライブを搭載した据え置きタイプと、2.5インチドライブを搭載したポータブルタイプがあります。

据え置きタイプは容量が大きく、10GBを超えるものも登場しています。ただし、消費電力が高いため、USBケーブルなどから供給される電源では動作せず、別途ACアダプターなどを接続する必要があります。

一方、ポータブルタイプはコンパクトで、製品によっては上着のポケットにも入るほど小さく、またUSBポートから供給される電力で動作するため、モバイル環境でも利用可能です。ただしHDD自体の速度は据え置きタイプで使われる3.5インチドライブより遅く、最大容量も低めで、容量あたりの価格は高くなります。

基本的に自宅や会社で使うなら据え置き型を使い、ポータブル型は大きなデータのやり取りをする場合や、緊急時の起動ディスク(修復ディスク)にするといいでしょう。

耐衝撃性で選ぶ

ITライター

ハードディスクは金属製の円盤が高速で回転し、そこに磁気ヘッドがデータを書き込むという仕組みです。精密なパーツが多いだけに衝撃に弱く、書き込み中はもちろん、静止状態でも衝撃は禁物です。とはいえ、ポータブルHDDの場合は持ち歩く機会も増えるため、できるだけ衝撃に耐えうるものを選びたいところです。

ポータブルHDD製品の中には、耐衝撃性を重視したケースを採用しているものがあります。こうしたHDDは普通の製品と比べて、大きく重くなりがちではありますが、ゴムなどを使って衝撃を吸収してくれます。

100%安全とは言えませんが、おおむね机の高さを想定した70〜80cm程度からの落下に耐えるとされています。特に米軍の軍需品調達規格「MIL-SPEC」がひとつの目安になるでしょう。

Silicon Power『Armor A60』

米軍の落下試験規格、IPX4の防水・防塵規格に準拠していて、大事なデータをしっかりと守ってくれます。形状も人間工学に基づき、持ちやすく設計されているので、移動する際にも便利です。

>> Amazonで詳細を見る

外付けHDD PC用おすすめ5選! ITライター厳選

ここまで紹介した外付けHDD PC用の選び方のポイントをふまえて、ITライターの海老原 昭さんに選んでもらった、おすすめ製品を紹介します。それぞれ容量に違いがあるので、自分の使い方にあったものを見つけてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Western Digital『WD My Book』

WesternDigital『WDMyBook』 WesternDigital『WDMyBook』 WesternDigital『WDMyBook』 WesternDigital『WDMyBook』 WesternDigital『WDMyBook』 WesternDigital『WDMyBook』 WesternDigital『WDMyBook』

出典:Amazon

接続 USB 3.0、USB 2.0
サイズ W49×D139.3×H170.6mm
容量 3・4・6・8・10・12・14TB
付属品 USB3.0用ケーブル、ACアダプタ、WD Discovery Software、クイックインストールガイド

Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

3年保証がうれしいドライブメーカー製HDD

HDDの製造メーカーであるWestern Digital社が、直々に販売している外付けHDDです。接続はUSB 3.0(Type Aポート)で、容量は3TB〜14TBまで用意されていますが、当然、内部で使用されているのもWestern Digital製のドライブです。ドライブメーカーらしく、保証期間が3年と長いのが特徴で、長期に渡って安心感が得られます。

また付属ソフトも充実しており、ソーシャルメディアやクラウドストレージの写真やデータをバックアップすることもできます。パスワードによるデータの暗号化にも対応するなど、全方位的に万能な1台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Seagate『Backup Plus Hub』

Seagate『BackupPlusHub』

出典:Amazon

接続 USB 3.0
サイズ W41×D98.1×H118mm
容量 4・6・8・10TB
付属品 -

Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

USBハブ内蔵の外付けHDD

Western Digitalと並ぶHDDメーカーであるSeagate社が販売する外付けHDDで、接続はUSB 3.0(Type Aポート)、容量は最大10TBです。前面にUSB Type Aポートが2つあり、ここがUSBハブとして機能。たとえばスマートフォンを接続して充電したり、USBメモリやマウスといった機器をつないで使用することもできます。

Windows PC用とMac用のドライブがありますが、Windows PC用製品にもMac用のNTFSドライバが付属しており、これをインストールすることでWindowsとMacの両方で利用可能なドライブになります。(MacでTime Machineを使いたい場合、Mac用に再フォーマットが必要)。

たった2ポートとはいえ、ハブを兼用できることで、せまい机の上を有効活用できるのは便利です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

G-Technology『G-DRIVE USB-C』

G-Technology『G-DRIVEUSB-C』

出典:Amazon

接続 USB 3.1 Gen 1
サイズ W128×D350×H350mm
容量 4・8・10TB
付属品 USB-C to USB-Cケーブル、USB-C to USB-Aケーブル、クイックインストールガイド、ほか

Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

USB PD対応でノートPC電源アダプター要らず

Western Digital傘下で、主にMac用周辺機器を販売しているG-Technology社の外付けHDDです。ドライブ側の接続部分はUSB 3.1 Gen.1(USB Type-Cポート)で、さらにUSB PD(Power Delivery)に対応しています。

G-DRIVE USB-CのUSB Type-CポートにUSB PD対応しているノートPCを接続すると、ノートPC側に最大45Wの電力も供給でき、ノートPC側はACアダプターが必要ありません。ケーブル1本で電源もデータも扱えるので、接続がすっきりします。

最初からMac用にフォーマットされていますが、Windows PC用にも再フォーマットすれば利用可能です。MacBookシリーズやUSB PDに対応するモバイルノートPCを使っている方の据え置き用ドライブとしておすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LaCie『d2 Thunderbolt 3』

LaCie『d2Thunderbolt3』 LaCie『d2Thunderbolt3』 LaCie『d2Thunderbolt3』 LaCie『d2Thunderbolt3』 LaCie『d2Thunderbolt3』 LaCie『d2Thunderbolt3』 LaCie『d2Thunderbolt3』

出典:Amazon

接続 Thunderbolt 3、USB 3.1
サイズ W60×D130×H188.5mm
容量 6・8・10TB
付属品 Thunderboltケーブル、USB 3.0ケーブル

Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

デイジーチェーンも可能な高速インターフェース対応

現在はSeagate社の傘下にある仏LaCie社が販売する、最大40Gbpsの高速接続「Thunderbolt 3」に対応したHDDです。

Thunderbolt 3はポート形状はUSB Type-Cで、USB 3.1とも互換性がありますが、デイジーチェーン(数珠つなぎ)接続をサポートし、最大6台までデイジーチェーンで接続できます。

また、SeaGate社のエンタープライズ向けHDD「BarraCuda Pro」ドライブを採用しており、高い信頼性を誇ります。その自信からか、保証期間はなんと5年間に達し、故障時の「Rescue」データ・リカバリー・サービスも利用可能です。

価格は同クラスの製品よりやや高めですが、保証内容を含めると納得の価格で、特にプロユースのユーザーにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Silicon Power『Armor A60』

SiliconPower『ArmorA60』 SiliconPower『ArmorA60』 SiliconPower『ArmorA60』 SiliconPower『ArmorA60』 SiliconPower『ArmorA60』 SiliconPower『ArmorA60』 SiliconPower『ArmorA60』 SiliconPower『ArmorA60』 SiliconPower『ArmorA60』

出典:Amazon

接続 USB 3.1 Gen1
サイズ W85.9×D23.2×H138.5mm
容量 500GB、1・2・3・4・5TB
付属品 -

Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

MIL-SPEC準拠の防塵・防水・耐衝撃HDD

Silicon Power(シリコンパワー)社が販売するポータブルHDD「Armor A60」は、接続がUSB 3.1 Gen.1で、容量は最大5TBまで販売されています。

最大の特徴は、米軍の落下試験規格「MIL-STD-810G 516.6 手順Ⅳ(輸送落下試験)」に準拠していることです。頑丈なゴム製ケースは内部にサスペンションを備えており、落下時の衝撃を和らげて内蔵するドライブを防ぐだけでなく、IPX4の防水・防塵性能も実現。野外や工場などの過酷な環境でも内部のデータをしっかり守ります。

保証期間も3年と長く、重要なデータを持ち歩く必要があるモバイルユーザーにおすすめできます。

「PC用外付けHDD」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Western Digital『WD My Book』
Seagate『Backup Plus Hub』
G-Technology『G-DRIVE USB-C』
LaCie『d2 Thunderbolt 3』
Silicon Power『Armor A60』
商品名 Western Digital『WD My Book』 Seagate『Backup Plus Hub』 G-Technology『G-DRIVE USB-C』 LaCie『d2 Thunderbolt 3』 Silicon Power『Armor A60』
商品情報
特徴 3年保証がうれしいドライブメーカー製HDD USBハブ内蔵の外付けHDD USB PD対応でノートPC電源アダプター要らず デイジーチェーンも可能な高速インターフェース対応 MIL-SPEC準拠の防塵・防水・耐衝撃HDD
接続 USB 3.0、USB 2.0 USB 3.0 USB 3.1 Gen 1 Thunderbolt 3、USB 3.1 USB 3.1 Gen1
サイズ W49×D139.3×H170.6mm W41×D98.1×H118mm W128×D350×H350mm W60×D130×H188.5mm W85.9×D23.2×H138.5mm
容量 3・4・6・8・10・12・14TB 4・6・8・10TB 4・8・10TB 6・8・10TB 500GB、1・2・3・4・5TB
付属品 USB3.0用ケーブル、ACアダプタ、WD Discovery Software、クイックインストールガイド - USB-C to USB-Cケーブル、USB-C to USB-Aケーブル、クイックインストールガイド、ほか Thunderboltケーブル、USB 3.0ケーブル -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月29日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 外付けHDD PCの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの外付けHDD PCの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:外付ハードディスクドライブランキング
楽天市場:外付けハードディスクドライブランキング
Yahoo!ショッピング:外付けハードディスク、ドライブランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【最後に】ITライターからのアドバイス

ITライター

外付けHDDには、さまざまな容量の製品があります。大容量のドライブは大量のデータを保存できますが、もし壊れてしまった場合、一度に失うデータの量も莫大なものに。

大容量すぎるデータはバックアップを取るのも大変で、例えば4TBのデータは、最新の4層BD-Rメディア(128GB)でも32枚、12TBなら96枚にもなります。

また、大容量ドライブは高価なので、むしろ手ごろな値段で、そこそこの容量のドライブを複数組み合わせたほうが現実的です。この場合、同じ容量のドライブを丸ごとバックアップ用に用意してもいいですし、写真用、動画用など用途別にして、使わないときは電源を切って片付けてしまえば寿命も長く使えます。

現在は4TBのHDDが1万円前後になっているので、このクラスを中心にすれば安上がりでしょう。

その他の外付けドライブをお探しの方はこちら! 【関連記事】

外付けブルーレイドライブの選び方とおすすめ商品6選をご紹介します。外付けブルーレイドライブがあれば、大容量のデータを保存できるブルーレイディスクを、USB接続するだけで読み書きができます。

パソコンやノートパソコンのストレージは、内蔵型だけではありません。外付けハードディスクケースを利用することで、内蔵ハードディスクのバックアップや大容量のデータの保存ができます。

外付けDVDドライブの選び方とおすすめ製品を5つ紹介します! お使いのパソコンにDVDドライブが内臓されていない場合は、外付けDVDドライブを保有しておくと便利です。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/07/29 商品情報の更新を行いました。(協力:マグスター 掲載:マイナビおすすめナビ編集部 加藤 佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ハードディスクケースおすすめ7選|2.5・3.5インチ/ケース・取り付けタイプも

ハードディスクケースおすすめ7選|2.5・3.5インチ/ケース・取り付けタイプも

パソコンを日常的に使用する場合、HDD(ハードディスク)の容量がとても重要になります。とくに画像や動画を扱う人は大容量のHDDが必要ですが、そのときに便利なのが外付けできるHDDです。ここでは、ITサポートエンジニア・古賀竜一さんが選ぶハードディスクケースおすすめ7選と選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【2020年版】テレビ用外付けHDDおすすめ21選|TV録画に便利な商品を紹介

【2020年版】テレビ用外付けHDDおすすめ21選|TV録画に便利な商品を紹介

フリーライター&エディターの堀井塚 高さんへの取材をもとに、2020年版テレビ用外付けHDD21選をご紹介します。TV録画にも役立つHDDレコーダーをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


外付けHDDおすすめランキング10選と用途別17選|PC用・テレビ録画用を紹介

外付けHDDおすすめランキング10選と用途別17選|PC用・テレビ録画用を紹介

ITサポートエンジニアの古賀竜一さんへの取材をもとに、テレビ録画やPC、データのバックアップなどに使える外付けHDDをランキング形式でご紹介!記事の後半では、メーカー、容量や規格の違いなど、商品を選ぶ際のポイントもわかりやすく解説しています!ぜひ参考にしてください!


【2020年最新】SSHDおすすめ10選と選び方|PCやゲームをサクサク使える!

【2020年最新】SSHDおすすめ10選と選び方|PCやゲームをサクサク使える!

SSDよりも安く、HDDよりも動作速度が速い、いいとこどりの「SSHD」。パソコンだけでなく、ゲーム機器の読み込み速度も上げてくれる便利なアイテムです。大手メーカーも多数商品を販売しており、需要が高まっていることがわかりますね。そんなゲーム機やパソコンを快適に使用するために欠かせない「SSHD」の選び方と厳選商品10選を、プロの家電販売員・たろっささんと一緒に編集部が紹介していきます!


【2020最新】ポータブルHDDおすすめ16選|コンパクトで持ち運び可能!耐衝撃性能付きも

【2020最新】ポータブルHDDおすすめ16選|コンパクトで持ち運び可能!耐衝撃性能付きも

ITライターの海老原 昭さんに聞いた、ポータブルHDD選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。コンパクトで持ち運びに便利なポータブルHDD。小型で軽量ながらすぐれた耐久性と大容量を実現している商品も多くなってきました。本記事で紹介する海老原さんの選び方やおすすめ商品を参考に、目的に合ったポータブルHDDを見つけてみてください。


新着記事


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

『関孫六包丁』は、総合刃物メーカー「貝印」の包丁。大型スーパーやホームセンターなどでもみかける機会が多く、比較的身近な商品になります。有名メーカーの製品で、さらに安心の国産。信頼度は高そうですが、口コミをみると「切れない」などの悪い評価も挙がっています。口コミが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれませんね。実際のところはどうなのか、商品を実際に購入して試してみました。『関孫六包丁』を見極める材料にしてください。


【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

『EDiT手帳』が気になっているけれど、どんな手帳なのかわからない人や、自分に合っているのかが事前にわかればいいのに! と思っている人もいるのではないでしょうか。インターネット上の口コミも気になるところですよね。そこでここでは、『EDiT手帳』の口コミを調査するとともに、『EDiT手帳』を実際に購入し、カバーや見た目、気になる手帳の中身を徹底レビューしていきます。『EDiT手帳』とはどんな手帳なのか、どんな使い方をする人に合っているのかどうかもくわしくお伝えします。最後までぜひお読みください。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る