【外付けHDD PC用5選】をITライターが厳選!|大事なデータのバックアップに

【外付けHDD PC用5選】をITライターが厳選!|大事なデータのバックアップに

ITライター:海老原 昭
ITライター
海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

ITライターの海老原 昭さんに、外付けHDD PC用の選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。PCを使っていてデータの容量が足りなくなってしまったり、データをほかに持ち出したいとき、外付けのHDDがあると便利ですよね。快適に使うためには、いくつか気をつけるポイントがあります。海老原 昭さんに詳しく聞いてみましたので、ぜひ商品を選ぶときの参考にしてみてください。


外付けHDD PC用の選び方 ITライターが解説!

外付けHDD PC用を選ぶときのポイントについて、ITライターの海老原 昭さんに教えてもらいました。

机の上にあるノートPCとHDD

Photo by Emily Finch on Unsplash

外付けHDD PC用を選ぶ際には、どのような点に注目するとよいのでしょうか?

接続の規格の種類で選ぶ

ITライター

現在、外付けHDDのほとんどはUSB接続です。「USB 3.0/3.1 Gen.1」と「USB 3.1 Gen.2」の2種類あり、前者は最大5Gbps、後者は10Gbpsの通信速度に対応。当然Gen.2対応のほうが速いのですが、HDD側だけでなく、PC側も同じ規格をサポートしている必要があります。

もっとも両者には互換性があり、Gen.2に対応していないPCでGen.2のHDDを繋いでもGen.1として利用できますので、将来PCをアップグレードすることを考えて、Gen.2対応製品を買っておくという手もあります。

また、USBより高速で、デイジーチェーン(数珠つなぎ)が可能なThunderbolt接続の製品もありますが、対応PCがまだ少なく、HDD側も高価です。Thunderboltの性能が必要なのはSSDや複数台でのRAID構成のHDDで、普通のHDDにはかなりオーバースペックなので、無理に選ばなくてもいいでしょう。

LaCie『d2 Thunderbolt 3』

最高240MB/秒のデータ転送ができるThunderbolt 3ポートを2つ搭載しており、最大6台のデイジーチェーン(数珠つなぎ)接続が可能です。

>> Amazonで詳細を見る

使う場所で選ぶ

ITライター

外付けのHDDには、3.5インチドライブを搭載した据え置きタイプと、2.5インチドライブを搭載したポータブルタイプがあります。

据え置きタイプは容量が大きく、10GBを超えるものも登場しています。ただし、消費電力が高いため、USBケーブルなどから供給される電源では動作せず、別途ACアダプターなどを接続する必要があります。

一方、ポータブルタイプはコンパクトで、製品によっては上着のポケットにも入るほど小さく、またUSBポートから供給される電力で動作するため、モバイル環境でも利用可能です。ただしHDD自体の速度は据え置きタイプで使われる3.5インチドライブより遅く、最大容量も低めで、容量あたりの価格は高くなります。

基本的に自宅や会社で使うなら据え置き型を使い、ポータブル型は大きなデータのやり取りをする場合や、緊急時の起動ディスク(修復ディスク)にするといいでしょう。

耐衝撃性で選ぶ

ITライター

ハードディスクは金属製の円盤が高速で回転し、そこに磁気ヘッドがデータを書き込むという仕組みです。精密なパーツが多いだけに衝撃に弱く、書き込み中はもちろん、静止状態でも衝撃は禁物です。とはいえ、ポータブルHDDの場合は持ち歩く機会も増えるため、できるだけ衝撃に耐えうるものを選びたいところです。

ポータブルHDD製品の中には、耐衝撃性を重視したケースを採用しているものがあります。こうしたHDDは普通の製品と比べて、大きく重くなりがちではありますが、ゴムなどを使って衝撃を吸収してくれます。

100%安全とは言えませんが、おおむね机の高さを想定した70〜80cm程度からの落下に耐えるとされています。特に米軍の軍需品調達規格「MIL-SPEC」がひとつの目安になるでしょう。

Silicon Power『Armor A60』

米軍の落下試験規格、IPX4の防水・防塵規格に準拠していて、大事なデータをしっかりと守ってくれます。

>> Amazonで詳細を見る

外付けHDD PC用おすすめ5選! ITライター厳選

ここまで紹介した外付けHDD PC用の選び方のポイントをふまえて、ITライターの海老原 昭さんに選んでもらった、おすすめ製品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Western Digital『WD My Book』

出典:Amazon

接続
USB 3.0、USB 2.0
サイズ
W49×D139.3×H170.6mm
容量
3・4・6・8・10・12・14TB
付属品
USB3.0用ケーブル、ACアダプタ、WD Discovery Software、クイックインストールガイド
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398
ITライター

3年保証がうれしいドライブメーカー製HDD

HDDの製造メーカーであるWestern Digital社が、直々に販売している外付けHDDです。接続はUSB 3.0(Type Aポート)で、容量は3TB〜14TBまで用意されていますが、当然、内部で使用されているのもWestern Digital製のドライブです。ドライブメーカーらしく、保証期間が3年と長いのが特徴で、長期に渡って安心感が得られます。

また付属ソフトも充実しており、ソーシャルメディアやクラウドストレージの写真やデータをバックアップすることもできます。パスワードによるデータの暗号化にも対応するなど、全方位的に万能な1台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Seagate『Backup Plus Hub』

Seagate『Backup Plus Hub』

出典:Amazon

接続
USB 3.0
サイズ
W41×D98.1×H118mm
容量
4・6・8・10TB
付属品
-
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398
ITライター

USBハブ内蔵の外付けHDD

Western Digitalと並ぶHDDメーカーであるSeagate社が販売する外付けHDDで、接続はUSB 3.0(Type Aポート)、容量は最大10TBです。前面にUSB Type Aポートが2つあり、ここがUSBハブとして機能。たとえばスマートフォンを接続して充電したり、USBメモリやマウスといった機器をつないで使用することもできます。

Windows PC用とMac用のドライブがありますが、Windows PC用製品にもMac用のNTFSドライバが付属しており、これをインストールすることでWindowsとMacの両方で利用可能なドライブになります。(MacでTime Machineを使いたい場合、Mac用に再フォーマットが必要)。

たった2ポートとはいえ、ハブを兼用できることで、せまい机の上を有効活用できるのは便利です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

G-Technology『G-DRIVE USB-C』

G-Technology『G-DRIVE USB-C』

出典:Amazon

接続
USB 3.1 Gen 1
サイズ
W128×D350×H350mm
容量
4・8・10TB
付属品
USB-C to USB-Cケーブル、USB-C to USB-Aケーブル、クイックインストールガイド、ほか
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398
ITライター

USB PD対応でノートPC電源アダプター要らず

Western Digital傘下で、主にMac用周辺機器を販売しているG-Technology社の外付けHDDです。ドライブ側の接続部分はUSB 3.1 Gen.1(USB Type-Cポート)で、さらにUSB PD(Power Delivery)に対応しています。

G-DRIVE USB-CのUSB Type-CポートにUSB PD対応しているノートPCを接続すると、ノートPC側に最大45Wの電力も供給でき、ノートPC側はACアダプターが必要ありません。ケーブル1本で電源もデータも扱えるので、接続がすっきりします。

最初からMac用にフォーマットされていますが、Windows PC用にも再フォーマットすれば利用可能です。MacBookシリーズやUSB PDに対応するモバイルノートPCを使っている方の据え置き用ドライブとしておすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LaCie『d2 Thunderbolt 3』

出典:Amazon

接続
Thunderbolt 3、USB 3.1
サイズ
W60×D130×H188.5mm
容量
6・8・10TB
付属品
Thunderboltケーブル、USB 3.0ケーブル
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398
ITライター

デイジーチェーンも可能な高速インターフェース対応

現在はSeagate社の傘下にある仏LaCie社が販売する、最大40Gbpsの高速接続「Thunderbolt 3」に対応したHDDです。

Thunderbolt 3はポート形状はUSB Type-Cで、USB 3.1とも互換性がありますが、デイジーチェーン(数珠つなぎ)接続をサポートし、最大6台までデイジーチェーンで接続できます。

また、SeaGate社のエンタープライズ向けHDD「BarraCuda Pro」ドライブを採用しており、高い信頼性を誇ります。その自信からか、保証期間はなんと5年間に達し、故障時の「Rescue」データ・リカバリー・サービスも利用可能です。

価格は同クラスの製品よりやや高めですが、保証内容を含めると納得の価格で、特にプロユースのユーザーにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Silicon Power『Armor A60』

出典:Amazon

接続
USB 3.1 Gen1
サイズ
W85.9×D23.2×H138.5mm
容量
500GB、1・2・3・4・5TB
付属品
-
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398
ITライター

MIL-SPEC準拠の防塵・防水・耐衝撃HDD

Silicon Power(シリコンパワー)社が販売するポータブルHDD「Armor A60」は、接続がUSB 3.1 Gen.1で、容量は最大5TBまで販売されています。

最大の特徴は、米軍の落下試験規格「MIL-STD-810G 516.6 手順Ⅳ(輸送落下試験)」に準拠していることです。頑丈なゴム製ケースは内部にサスペンションを備えており、落下時の衝撃を和らげて内蔵するドライブを防ぐだけでなく、IPX4の防水・防塵性能も実現。野外や工場などの過酷な環境でも内部のデータをしっかり守ります。

保証期間も3年と長く、重要なデータを持ち歩く必要があるモバイルユーザーにおすすめできます。

一覧表で「PC用外付けHDD」のおすすめ商品を比較する

画像

Western Digital『WD My Book』
Seagate『Backup Plus Hub』
G-Technology『G-DRIVE USB-C』
LaCie『d2 Thunderbolt 3』
Silicon Power『Armor A60』

商品

Western Digital『WD My Book』 Seagate『Backup Plus Hub』 G-Technology『G-DRIVE USB-C』 LaCie『d2 Thunderbolt 3』 Silicon Power『Armor A60』

特徴

3年保証がうれしいドライブメーカー製HDD USBハブ内蔵の外付けHDD USB PD対応でノートPC電源アダプター要らず デイジーチェーンも可能な高速インターフェース対応 MIL-SPEC準拠の防塵・防水・耐衝撃HDD

価格

Amazon : ¥ 16,527
楽天市場 : ¥ 17,180
PayPayモール : ¥ 16,500
※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格
Amazon : ¥36,905
Yahoo!ショッピング : ¥ 43,880
※各社通販サイトの 2019年11月25日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 22,470
楽天市場 : ¥ 22,480
PayPayモール : ¥ 22,470
※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 57,699
楽天市場 : ¥ 65,694
Yahoo!ショッピング : ¥ 65,694
※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 6,290
楽天市場 : ¥ 9,680
Yahoo!ショッピング : ¥ 6,366
※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格

接続

USB 3.0、USB 2.0 USB 3.0 USB 3.1 Gen 1 Thunderbolt 3、USB 3.1 USB 3.1 Gen1

サイズ

W49×D139.3×H170.6mm W41×D98.1×H118mm W128×D350×H350mm W60×D130×H188.5mm W85.9×D23.2×H138.5mm

容量

3・4・6・8・10・12・14TB 4・6・8・10TB 4・8・10TB 6・8・10TB 500GB、1・2・3・4・5TB

付属品

USB3.0用ケーブル、ACアダプタ、WD Discovery Software、クイックインストールガイド - USB-C to USB-Cケーブル、USB-C to USB-Aケーブル、クイックインストールガイド、ほか Thunderboltケーブル、USB 3.0ケーブル -

商品情報

通販サイトの外付けHDD PCランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの外付けHDD PCの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:外付ハードディスクドライブランキング
楽天市場:外付けハードディスクドライブランキング
Yahoo!ショッピング:外付けハードディスク、ドライブランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

自分に合った最適な容量はどう選ぶ? ITライターのアドバイス

ITライター

外付けHDDには、さまざまな容量の製品があります。大容量のドライブは大量のデータを保存できますが、もし壊れてしまった場合、一度に失うデータの量も莫大なものに。

大容量すぎるデータはバックアップを取るのも大変で、例えば4TBのデータは、最新の4層BD-Rメディア(128GB)でも32枚、12TBなら96枚にもなります。

また、大容量ドライブは高価なので、むしろ手ごろな値段で、そこそこの容量のドライブを複数組み合わせたほうが現実的です。この場合、同じ容量のドライブを丸ごとバックアップ用に用意してもいいですし、写真用、動画用など用途別にして、使わないときは電源を切って片付けてしまえば寿命も長く使えます。

現在は4TBのHDDが1万円前後になっているので、このクラスを中心にすれば安上がりでしょう。

その他の外付けドライブをお探しの方におすすめ! 【関連記事】

ガジェット選びのプロが選ぶ外付けブルーレイドライブ6選をご紹介します。大容量のデータを保存できるブルーレイディスクが、USBを接続するだけで読み書きができる外付けブルーレイドライブ。本記事では、ガジェット選びのプロの東雲八雲さんにお話をうかがい、外付けブルーレイドライブの選び方とおすすめ商品に...

パソコンやノートパソコンのストレージは、内蔵型だけではありません。外付けハードディスクケースを利用することで、内蔵ハードディスクのバックアップや大容量のデータの保存ができます。本記事では、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんに取材した内容をもとに、外付けハードディスクの選び方とおすすめ商品を紹介...

ITライターの海老原 昭さんに聞く、外付けDVDドライブの選び方とおすすめ製品を5つ紹介します! お使いのパソコンにDVDドライブが内臓されていない場合は、外付けDVDドライブを保有しておくと便利です。製品選びの際は、対応OSや対応メディア、そのほか書き込み速度、USBのバージョンなどを考慮し...

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【小型PCケース】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターと編集部が厳選!

【小型PCケース】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターと編集部が厳選!

IT&家電ライターの秋葉けんたさんが選ぶ小型PCケース5選をご紹介します。デスクトップPCがほしいけど、設置スペースがない。そんな時に使うのが「小型PCケース」。本記事では、小型PCケースの選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【NECノートパソコン】の選び方&おすすめ商品5選|ITライター&編集部が商品を厳選!

【NECノートパソコン】の選び方&おすすめ商品5選|ITライター&編集部が商品を厳選!

ITライターの周防克弥さんが選ぶ「NECノートパソコン」5選をご紹介します。ノートパソコンを買おうと思っても、さまざまなメーカーから大きさや性能が異なる多くのモデルが発売されていて、どれを選べばいいのか迷ってしまいがちです。そこで、30年以上趣味に仕事にパソコンを使い倒してきたITライターの周防克弥さんに選び方やおすすめモデルについて教えてもらいました。国内シェアNo.1のNEC製ノートパソコン(2018年「ノートPCメーカー別販売台数シェア」BCN調べ)を取り上げ、選び方の解説をしています。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【急速充電対応モバイルバッテリー】おすすめ5選|QC・PD対応大容量モデルも

【急速充電対応モバイルバッテリー】おすすめ5選|QC・PD対応大容量モデルも

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、急速充電対応モバイルバッテリーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。スマホの充電が切れたときに役立つモバイルバッテリーですが、早く充電したいのになかなか充電されないとイライラしてしまいますよね。そこでお勧めしたいのが、短時間でのフル充電を可能にする「急速充電」対応のモバイルバッテリーです。ここでは、その選び方をはじめ、iPhone/Androidスマホを急速充電できるおすすめのモバイルバッテリーをいくつか紹介するので、商品選びの参考にしてみてください。


【大容量モバイルバッテリー】おすすめ5選|20,000mAh以上・複数回充電も可能

【大容量モバイルバッテリー】おすすめ5選|20,000mAh以上・複数回充電も可能

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、大容量モバイルバッテリーの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。スマホやタブレットのバッテリーが切れたときに役立つモバイルバッテリーですが、複数のデバイスを充電したり、泊まりがけの旅行やキャンプに持っていったり、家族や友人と一緒に使うときなどには、大容量のモバイルバッテリーがあると安心です。また、災害や停電などに備える場合もできるだけ容量の大きなものを用意しておきたいですよね。この記事では、そんな大容量モバイルバッテリーの選び方や高速充電のコツ、20,000mAh以上のおすすめモバイルバッテリーをいくつかご紹介します。


【日本製モバイルバッテリーおすすめ5選】国内メーカー・安心の品質

【日本製モバイルバッテリーおすすめ5選】国内メーカー・安心の品質

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、日本製モバイルバッテリーの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。現在さまざまなモバイルバッテリーが販売されていますが、なかには品質の低い製品も存在します。たとえば、数回使っただけで充電できなくなってしまう、パッケージに記載されている容量よりも大幅に少ないといったトラブルはよくある話ですし、発火により火災などの事故に至るケースもあります。この記事では、安心して使用できる日本製(国内メーカー)のモバイルバッテリーについて、その選び方とおすすめ製品をいくつかご紹介します。この記事を参考に、安心して使えるモバイルバッテリーを探してみてください。


新着記事


買い換え用【冷蔵庫】選び方&おすすめ4選|家電ライターが商品を厳選!

買い換え用【冷蔵庫】選び方&おすすめ4選|家電ライターが商品を厳選!

家電ライターの秋葉けんたさんに、買い換え用の冷蔵庫を選ぶポイントとおすすめ商品4選を教えていただきました。生活に不可欠な冷蔵庫は、家族構成やライフスタイルに合わせて最適なものを選定したいですよね。ただ、いざ買い換えるとなると、各メーカーより充実した機能を備えた冷蔵庫が数多く販売されていて、どの冷蔵庫を選べばよいか悩んでしまいます。そこで、数ある冷蔵庫のなかから秋葉けんたさんに厳選しいていただいた5商品をご紹介します。後半に掲載した通販サイトの売れ筋ランキングも参考に、ライフスタイルにぴったりの冷蔵庫を見つけてくださいね。


【小型PCケース】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターと編集部が厳選!

【小型PCケース】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターと編集部が厳選!

IT&家電ライターの秋葉けんたさんが選ぶ小型PCケース5選をご紹介します。デスクトップPCがほしいけど、設置スペースがない。そんな時に使うのが「小型PCケース」。本記事では、小型PCケースの選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【NECノートパソコン】の選び方&おすすめ商品5選|ITライター&編集部が商品を厳選!

【NECノートパソコン】の選び方&おすすめ商品5選|ITライター&編集部が商品を厳選!

ITライターの周防克弥さんが選ぶ「NECノートパソコン」5選をご紹介します。ノートパソコンを買おうと思っても、さまざまなメーカーから大きさや性能が異なる多くのモデルが発売されていて、どれを選べばいいのか迷ってしまいがちです。そこで、30年以上趣味に仕事にパソコンを使い倒してきたITライターの周防克弥さんに選び方やおすすめモデルについて教えてもらいました。国内シェアNo.1のNEC製ノートパソコン(2018年「ノートPCメーカー別販売台数シェア」BCN調べ)を取り上げ、選び方の解説をしています。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


おしゃれな加湿器のおすすめ7選|【インテリアになじむ一台を】

おしゃれな加湿器のおすすめ7選|【インテリアになじむ一台を】

IT&家電ライターの井上真花さんに、おしゃれな加湿器の選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。空気に潤いを与える加湿器は、長時間使うことが多いため、部屋のインテリアになじむかどうかも大切なチェックポイント。加湿器を選ぶときは、デザインが部屋全体の雰囲気にあっているかどうかも確認しましょう。最近はカラーバリエーションが豊富なモデルも増えています。IT&家電ライターの井上真花さんおすすめ商品を参考に、お部屋のインテリアにあった、おしゃれな加湿器をみつけてください。


【スマホアームバンドのおすすめ7選!】ランニングでズレを気にせず機能も充実!

【スマホアームバンドのおすすめ7選!】ランニングでズレを気にせず機能も充実!

マラソン完走請負人の牧野 仁さんに、スマホアームバンドの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。ランニングやウォーキングに行くときは、できるだけ身軽にいきたいですよね。でも、音楽を聴いたり計測アプリを使ったりするのにスマホは必要になります。そんなとき役に立つのがスマホアームバンド。この記事では、マラソン完走請負人の牧野 仁さんがスマホアームバンドの機能や性能について、くわしく説明してくれています。ぜひ参考にして、快適なランニングを楽しんでください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る