エプソンのプリンターおすすめ5選【エコタンク、6色インキ、スキャナー、A3対応】

エプソンのプリンターおすすめ5選【エコタンク、6色インキ、スキャナー、A3対応】
家電製品・家電流通ライター
近藤克己(プラスワン・クリエイティブ)

家電業界専門誌の編集長を経て独立、家電製品専門のフリーペーパー「カデンプラス」を発行しながら、フリーランスのライターとしても活動中。日々、家電製品と格闘している。 家電量販店業界にも精通し、家電流通のウラのウラまで知り尽くしている。趣味はフォークギーター、アニメ、登山、ゴルフ。

家電製品・家電流通ライターの近藤克己さんに取材をして、エプソンのプリンターを選ぶときのポイントとおすすめ商品をお聞きしました。年賀状や写真プリントに便利なエプソンのホームプリンター。インクが継ぎ足しできるエコタンク搭載モデル、6色インクモデル、スキャナー・コピー機能があるモデル、A3がプリントできるモデルなど種類が豊富にあります。もし会員登録が済んでいれば、印刷設定やネットワーク設定、パソコンからの印刷やスキャンでエラーが発生した場合のトラブル診断まで、オペレーターに遠隔サポートしてもらえます。数ある製品の中からおすすめ商品をピックアップしていただきましたので、ぜひ参考にしてください。


エプソンのプリンターの選び方とポイントは? 家電製品・家電流通ライターに聞いた

家電製品・家電流通ライターの近藤克己さんに、エプソンのプリンターを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。プリンターにはそれぞれ特徴があり、例えばインク方式は、タンクにインクを追加していくエコタンク方式と従来のカートリッジ方式の2つがあります。どんな視点で選べばよいかわからない人は、ぜひ参考にしてみてください。

エプソンのカラープリンター
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

エプソンのプリンターの購入を迷っている人は、選ぶときの視点を知って自分にぴったり合う商品を購入しましょう。

エコタンクモデルで印刷コストを抑えよう!

純正インクが高価というユーザーの不満を解消したのがエコタンク搭載モデルです。通常のカートリッジ式の印刷コストがA4カラー文章1枚あたり約12円に対して、エコタンクは約2.7円と1/4以下。インクボトルによる注ぎ足し式で、増量ボトルを使えばA4カラー文書が約3,700ページも印刷できるので、頻繁にカートリッジを取り換える手間がありません。

増量インクボトルは1色あたり2,000円、使い切りの標準ボトルは600円と低価格(ともに5色必要)。学校のレポートや論文を印刷する、レジャー計画などでウェブページをよく印刷する、仕事でも使うなど、1年を通じて大量に印刷するのなら、エコタンク搭載モデルがおすすめです。

エプソン『EW-M752T』

顔料と染料の2種類のブラックインクにカラーを加えた5色のタンク式は、インクボトルがお求めやすく、印刷コストを抑えられます。カレンダー印刷や封筒印刷など便利な機能もありながら本体価格もリーズナブルで、ランニングコストを抑えたい人向けの商品です。

>> Amazonで詳細を見る

写真のプリントには6色インクがベスト

エコタンク搭載モデルのインクはブラック/シアン/マセンダ/イエローの4色ですが、カラリオはライトシアンとライトマゼンダを加えた色再現性の高い6色染料インクにより、階調表現がなめらかで鮮やかな写真プリントが実現します。

逆光写真や色かぶり、露光ミスを自動補正する機能も搭載、面倒なパソコン操作をすることなく失敗写真を救済できるのも魅力。家族写真を印刷したい、フォトコンテストに出すほどじゃないけど趣味として写真を楽しみたいという人はカラリオを選びましょう。

エプソン『EP-882A』

発色の良い6色染料のインクで、写真がとてもきれいに印刷できます。専用のエプソンプリンターアプリ「Epson iPrint」によりワイヤレス接続してスマホやタブレットに保存した写真を簡単にプリント可能。また、自動両面印刷機能ではがき、名刺、カタログなどの両面印刷や冊子印刷も便利におこなえます。

>> Amazonで詳細を見る

スキャナー機能があると便利!

家族がいるなら、スキャナー・コピー機能がある複合機は必須です。学校のPTA関連や町内会関連でコピーを使ったり、子どもが宿題で参考図書をコピーする、受験のために問題集をコピー、各種の手続き用に書類をコピーと、コピー機能を多用することになります。

商品購入時のキャッシュバックキャンペーンへの応募のために保証書やレシートをスキャンするなんて使い方も。

大きいサイズが必要ならA3対応が便利

仕事や学校のレポートでエクセルシートの印刷が多い場合は、A3対応モデルを選びましょう。スキャナー台はA4サイズですが、A3サイズをコピーする場合でも、片ページずつスキャンすれば組み合わせてA3用紙1枚に印刷することもできます。

また、本格的な写真印刷をしたい人向けには高画質モデル「Colorio V-editionシリーズ」がありますが、家で見たり飾ったりするだけ、いつもはL判サイズ、時々A4 、たまにはA3サイズという人ならA3サイズ対応の6色インクモデルでじゅうぶんです。

スマートフォンで印刷できます!

スマートフォンをカメラ代わりにしたり、パソコンの代わりにタブレットで仕事する人も多いでしょう。プリンターとスマホ/タブレットとの接続は簡単で、アプリを使って写真やドキュメントの印刷も簡単にできます。

スマホで撮った写真を自分のスマホのなかに入れておくだけではもったいない。軽いスナップ写真でも印刷して壁に飾れば、おしゃれなインテリアになりますよ。

エプソンのプリンターのおすすめ商品5選 家電製品・家電流通ライターが厳選

ここまで紹介したエプソンのプリンターの選び方のポイントをふまえて、家電製品・家電流通ライターの近藤克己さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

サイズが小型なものからA3紙にも対応する大型のものまで紹介しているので、自分にぴったり合う商品を購入するための参考にしてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エプソン『EW-M752T』

エプソン『EW-M752T』 エプソン『EW-M752T』 エプソン『EW-M752T』 エプソン『EW-M752T』 エプソン『EW-M752T』 エプソン『EW-M752T』 エプソン『EW-M752T』

出典:Amazon

サイズ/重量 390×339×166mm/約6.3kg
インクタイプ/色数 染料4色、顔料1色/5色
印刷コスト A4モノクロ1.2円、カラー2.7円(税別)
印刷スピード A4モノクロ12ipm、カラー9ipm
給紙方法 フロントトレイ、背面手差し
スマホ対応/無線LAN
液晶画面 4.3型ワイドタッチパネル

エコタンクが買いやすい価格で登場

「メーカー純正インクが高い」というユーザーの不満に応える形で登場したエコタンクモデルでしたが、本体自体が6万円弱と高価格帯だったために、購入に二の足を踏むユーザーが多数存在しました。そこで登場したのがEW-M752T。本体価格を4万円弱(税別)に抑えるとともに、インクも使い切りパック(3,000円、税別)と注ぎ足しパック(1万円、同)の2種類を用意し、買い求めやすくなりました。

使い切りパックは5色インクの1回分で、A4カラー文書約1,000ページの印刷が可能、1枚あたりのコストは2.9円。注ぎ足しパック(増量サイズ)はA4カラー文書約3,700枚分、1枚あたりのコストは2.7円。インク5色のうち、にじみが少なく文書印刷に適した黒色顔料インクが1個、残り4個は黒・青・赤・黄の染料インクとなります。前面1段給紙カセット、自動両面プリント機能搭載。写真も文書もきれいに印刷できますが、主に文書を頻繁に印刷する人に向いている1台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エプソン『EP-882A』

エプソン『EP-882A』 エプソン『EP-882A』 エプソン『EP-882A』 エプソン『EP-882A』 エプソン『EP-882A』 エプソン『EP-882A』 エプソン『EP-882A』

出典:Amazon

サイズ/重量 349×340×142mm/約6.8kg
インクタイプ/色数 染料/6色
印刷コスト L判写真20.6円(税抜)
印刷スピード L判写真13秒
給紙方法 フロントトレイ2段、背面手差し
スマホ対応/無線LAN
液晶画面 4.3型ワイドタッチパネル

安心の1台、迷ったらコレを買っておけ

エプソンの家庭用インクジェット複合機といったら800シリーズ。A4カラー文書1枚あたりの印刷コストは約12円、L判写真は約20.6円と、エコタンクモデルに比べると高くつきますが、発色性のよい6色染料インクにより、スマホ写真も美しいプリントが楽しめます。

逆光補正もできる補正モードや普通紙印刷に「色鮮やかモード」を搭載するなど、PCを使わずに写真・画像をよりきれいに補正できる機能を搭載しており、文書よりも写真・画像の印刷が多い人に最適です。また、無線LAN接続したPC・スマホから印刷指定しただけで電源が入り、自動で排紙トレイをオープン。いちいちプリンターのそばまで行って準備する必要がないので、離れた部屋から印刷指示するときに便利です。自動両面プリント機能搭載。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エプソン『EP-M552T』

エプソン『EP-M552T』 エプソン『EP-M552T』 エプソン『EP-M552T』 エプソン『EP-M552T』 エプソン『EP-M552T』 エプソン『EP-M552T』 エプソン『EP-M552T』 エプソン『EP-M552T』 エプソン『EP-M552T』

出典:Amazon

サイズ/重量 390×324×166mm/約4.5kg
インクタイプ/色数 染料/4色
印刷コスト A4モノクロ1.2円、カラー2.7円(税抜)
印刷スピード A4 6ipm
給紙方法 背面トレイ
スマホ対応/無線LAN
液晶画面 1.44型

文書印刷のみなのでエコタンクをもっと安く!

エコタンクモデルをさらにシンプル化して価格を抑えたのがEP-M552Tです。前面給紙を省いて給紙は背面のみ、インクは4色染料、両面印刷機能なし、1.44型非タッチ液晶モニターと、機能はある程度割り切っています。

スキャナー・コピー機能は搭載していますが、フラッドベッド式ではなくフィーダー式なので厚みのあるものはスマホカメラ撮影での対応となります。しかし、エコタンク対応なので増量サイズインクタンク使用時のA4カラー文書1枚あたりの印刷コストは約2.7円と、上位モデルのEW-M752Tと同等です。写真も文書もきれいに印刷しつつ、できるだけコストをおさえたい人向きのモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エプソン『EW-M770T』

エプソン『EW-M770T』 エプソン『EW-M770T』 エプソン『EW-M770T』 エプソン『EW-M770T』 エプソン『EW-M770T』

出典:Amazon

サイズ/重量 425×359×161mm/約8kg
インクタイプ/色数 染料4色、顔料1色/5色
印刷コスト A4モノクロ0.5円、カラー1.3円(税抜)
印刷スピード A4モノクロ13ipm、カラー10ipm
給紙方法 フロントトレイ2段、背面手差し
スマホ対応/無線LAN
液晶画面 2.7型

文書を大量印刷、長い目で見て印刷コストを抑える

エコタンクモデルの上位機種です。本体価格は6万円弱と高価格帯ですが、A4カラー文書1枚あたりの印刷コストは約1.3円とEW-M752Tの半分、1回のインク交換で約5,000ページの印刷が可能。

黒色顔料+4色染料とEW-M752T同等のインクに対応しており、個人事業主などウェブページやパワーポイントといった資料を大量に印刷するユーザーに最適です。前面2段トレイを搭載しており、A4用紙を入れたまま年賀状や暑中お見舞など事業用ハガキの印刷ができます。自動両面印刷機能搭載。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エプソン『EP-982A3』

エプソン『EP-982A3』 エプソン『EP-982A3』 エプソン『EP-982A3』 エプソン『EP-982A3』 エプソン『EP-982A3』 エプソン『EP-982A3』 エプソン『EP-982A3』

出典:Amazon

サイズ/重量 479×356×148mm/約8.5kg
インクタイプ/色数 染料/6色
印刷コスト L判写真20.6円(税別)
印刷スピード L判写真13秒
給紙方法 フロントトレイ2段、背面手差し
スマホ対応/無線LAN
液晶画面 4.3型ワイドタッチパネル

たまにエクセル印刷がしたい

A3用紙対応のインクジェット複合機です。仕事でときどきエクセルをA3で印刷したい、トレッキング用の地図を大きく印刷したい、といったときに便利です。四つ切写真用紙にも対応しており、自分が撮影した写真をたまには大きく引き伸ばしてみたいというニーズに応えます。

スキャンサイズは最大A4までですが、A3原稿を2つに折って2回スキャンすればPCなしでもA3用紙にコピーすることができるし、A4サイズ・B5サイズの冊子の見開き2ページ分を1枚にコピーすることもできます。自動両面印刷機能も搭載。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
エプソン『EW-M752T』
エプソン『EP-882A』
エプソン『EP-M552T』
エプソン『EW-M770T』
エプソン『EP-982A3』
商品名 エプソン『EW-M752T』 エプソン『EP-882A』 エプソン『EP-M552T』 エプソン『EW-M770T』 エプソン『EP-982A3』
商品情報
特徴 エコタンクが買いやすい価格で登場 安心の1台、迷ったらコレを買っておけ 文書印刷のみなのでエコタンクをもっと安く! 文書を大量印刷、長い目で見て印刷コストを抑える たまにエクセル印刷がしたい
サイズ/重量 390×339×166mm/約6.3kg 349×340×142mm/約6.8kg 390×324×166mm/約4.5kg 425×359×161mm/約8kg 479×356×148mm/約8.5kg
インクタイプ/色数 染料4色、顔料1色/5色 染料/6色 染料/4色 染料4色、顔料1色/5色 染料/6色
印刷コスト A4モノクロ1.2円、カラー2.7円(税別) L判写真20.6円(税抜) A4モノクロ1.2円、カラー2.7円(税抜) A4モノクロ0.5円、カラー1.3円(税抜) L判写真20.6円(税別)
印刷スピード A4モノクロ12ipm、カラー9ipm L判写真13秒 A4 6ipm A4モノクロ13ipm、カラー10ipm L判写真13秒
給紙方法 フロントトレイ、背面手差し フロントトレイ2段、背面手差し 背面トレイ フロントトレイ2段、背面手差し フロントトレイ2段、背面手差し
スマホ対応/無線LAN
液晶画面 4.3型ワイドタッチパネル 4.3型ワイドタッチパネル 1.44型 2.7型 4.3型ワイドタッチパネル
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月10日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする プリンターの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのプリンターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:プリンタランキング
楽天市場:プリンタランキング
Yahoo!ショッピング:エプソンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ほかのプリンター関連記事を参考にする

プリンター全般、インクジェットプリンター、モバイルプリンターの記事は以下を参考にしてください。

家電製品・家電流通ライター近藤克己さんに、家庭用プリンターの選び方とおすすめ商品を伺いました。あわせて、プリンター選びに必要な基礎知識もまとめています。

インクジェットプリンターの選び方のポイントと人気商品5機種を、ITサポートエンジニアである古賀竜一さんへの取材をもとに紹介します。また、あわせて写真印刷向きのインクジェットプリンターもご紹介しています。

写真プリント用モバイルプリンターを選ぶ上うえでのポイントやおすすめモデルについて教えてもらいました。さらに、スマホから直接印刷できるモバイルプリンターも6つ取り上げています。

エプソンのプリンターを選ぶうえで 家電製品・家電流通ライターからのアドバイス

価格よりも機能や使い勝手で選ぼう!

エプソンのインクジェット複合機には、1万円を切る低価格帯モデル「EW-052A」も用意しています。価格は安い分、給紙が背面からのみだったり、Wi-FiルーターなしにパソコンやスマホとつながるWi-Fiダイレクト機能がなかったり、用紙を節約できる両面印刷機能や液晶パネルがないといった、使い勝手に影響する機能を削ぎ落としています。印刷コストも高くなります。

使用頻度があまり高くなく、文書印刷に特化した使い方であればこれでじゅうぶんですが、家族がいて、長く使うことを考えると、いずれ使い勝手に不満がでてくるかもしれません。目先のコストに惑わされず、長期視点を持って自分にあったモデルを選びましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:ぴのたろう、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/2/10 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


コピー紙おすすめ10選|家庭用A4サイズから使いやすい安いものまで

コピー紙おすすめ10選|家庭用A4サイズから使いやすい安いものまで

書類などを印刷するときに必要なコピー用紙。オフィスだけでなく、プリンターのあるご家庭でも必需品です。同じように見えるコピー用紙ですが、上質紙や普通紙、再生紙といった紙の違いや、白さ、厚みなどの要素によって、質感や印刷物の映え方が異なってきます。この記事では、ITライターの酒井麻里子さんへの取材をもとに、コピー用紙の選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


【2020年版】チェキおすすめ13選|パーティーなど2次会で使える!

【2020年版】チェキおすすめ13選|パーティーなど2次会で使える!

モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんへの取材をもとに、2020年版チェキ13選をご紹介します。撮った画像の編集や加工もできるチェキをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


安いプリンターのおすすめ5選|コスパ抜群! インク代もおさえられる

安いプリンターのおすすめ5選|コスパ抜群! インク代もおさえられる

書類や年賀状、写真など、家庭でもさまざまな印刷物の出力に活躍してくれるプリンター。近ごろは、コンパクトで廉価ながらもコピーやスキャナーはもちろん、自動両面印刷や自動原稿送り装置付きなど、コスパのよい多機能モデルや高性能モデルは少なくありません。ここでは、ITライターの海老原 昭さんが選んだ格安プリンターを選ぶポイントとおすすめ商品をご紹介します。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせて参考にしてみてください。


【2020】プリンターおすすめ人気ランキング16選|コスパ良く写真や文書をキレイに仕上げる

【2020】プリンターおすすめ人気ランキング16選|コスパ良く写真や文書をキレイに仕上げる

本記事では、家電製品・家電流通ライター近藤克己さん監修のもと、プリンターの選び方とタイプ別おすすめ人気ランキング16選をご紹介いたします。どんなタイプがあり、どんな用途で使用するのかなど、プリンターについての基礎知識をしっかり解説しているので、ぜひ参考にしてください。プリンターの売れ筋も分かりますよ。


ブラザーのプリンターおすすめ7選【FAX機能やA3対応・スマホアプリ連携も】

ブラザーのプリンターおすすめ7選【FAX機能やA3対応・スマホアプリ連携も】

家電ライターの秋葉けんたさんへの取材をもとに、ブラザーのプリンターの選び方とおすすめ商品を紹介します。ブラザーの商品は、ファックス機能を搭載した複合機やA3サイズの印刷に対応したプリンターなど、ラインナップが豊富です。また、ブラザーでは、購入後のユーザー登録で充実したカスタマーサービスが受けられます。製品についての問合せへの対応、万が一の故障による修理サービスもあります。本記事を参考にして、ブラザーのプリンターを検討してみてくださいね。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


関連するブランド・メーカー


EPSON(エプソン)

新着記事


ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

『ジョッター』は、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号をふたつも獲得する高級筆記具ブランド「パーカー」のコレクションのひとつ。万年筆やボールペンだけでなく、シャーペンもラインナップされています。「パーカー」の象徴である矢羽をモチーフにしたクリップをそなえたシャーペンは、上質な雰囲気でスタイリッシュ。特別感があって、所有するよろこびを感じさせてくれます。しかも、1,000円台で販売されており手を出しやすいのがうれしいところ。本記事では、『ジョッター』のシャーペンを実際に試したレビューをご紹介していきます。手に取ってみないと分からない持ち心地や書き心地もくわしく見ていくので、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね。


コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げに欠かせないアイテムのひとつ。たくさんの種類のアイテムがあり、カバー力やキープ力などその特徴もさまざまです。そこで今回は、プチプラコスメの『マシュマロフィニッシュパウダー』をご紹介。カバー力や使い心地などについて、徹底検証してみました!


汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

メイクの仕上がりを左右するといっても過言ではない、フェイスパウダー。選ぶアイテムによって仕上がる肌の質が異なり、販売されている種類もさまざまです。そこで今回は、汗に強くキープ力が高いと評価されているチャコットの『フィニッシングパウダー』をご紹介。カバー力や使用感などの評価について、実際に検証してみました。ぜひ参考にしてみてください。


【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

2021年度の手帳をどうしようかいろいろ情報収集していくなかで、よく見かける「クオバディス」のビジネス手帳。海外製の手帳で自分に合っているのかどうか不安に思っていたり、どのように使えばいいのかわからず購入をためらっている人もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは『クオバディス手帳』の「ビジネスプレステージ・クラブ」を実際に購入したので、カバーの質感や気になる手帳の中身を、写真を交えながら徹底レビューします。『クオバディス手帳』の中身や機能性が気になる人は、当記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

毎日のスキンケア。保湿力が高くても、なかには肌トラブルを起こしてしまう刺激の強いものもあり、購入したものの肌に合わず使用を中止した経験がある方もいるのではないでしょうか。とくに敏感肌の方などは、スキンケアのアイテム選びはなかなか難しいですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥性敏感肌のためにつくられた『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』。肌へのやさしさを考慮しつつも、しっとり保湿し軽やかな使い心地が魅力の保湿クリームですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って、商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る