【CPUグリスおすすめ5選!】ITライター厳選|冷却に効くダイヤモンド粒子入りも

【CPUグリスおすすめ5選!】ITライター厳選|冷却に効くダイヤモンド粒子入りも

IT&家電ライター:秋葉 けんた
IT&家電ライター
秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。 スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。 また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。 略歴 1973年生まれ。 高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。 その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。 最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。 著書歴 ・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック) ・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社) ・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック) ・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988) ・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)

IT&家電ライターの秋葉けんたさんに、CPUグリスの選び方やおすすめのCPUグリスをお聞きしました。効率的にCPUを冷却するために、使われるCPUグリス。粘度、熱伝導率、ダイヤモンドパウダーや銀が配合されたものなど、製品によって違いがあります。塗りやすさや冷却・放熱効果など、それぞれの性質を頭に入れておくと選択しやすくなります。各通販サイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


CPUグリスの選び方のコツとは? IT&家電ライターが伝授!

IT&家電ライターの秋葉けんたさんに、CPUグリスを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

マザーボードのCPUにCPUグロスを塗る作業
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

CPUの冷却効果を促すCPUグリス。同じように見えるものでも製品によって違いがあります。

グリスの使い勝手を左右する塗りやすさ

IT&家電ライター

PCにはCPUで発生した熱を冷却するヒートシンク(CPUクーラー)があり、そのCPUとの隙間を埋めて熱を効率的に放出させるのがCPUグリスです。自作派には欠かせないアイテムと言えます。

素材は高粘度の液体で、CPUの上に数滴垂らして伸ばすため、グリスの粘度が塗りやすさを左右します。粘度が低い(柔らかい)製品は塗りやすいので初心者の人におすすめ。粘度が高いと塗りにくくなりますが、密着度が高く、乾きにくいため長持ちします。

CPUグリスは時間が経つと固まったり乾燥して性能が落ちます。1回塗って終わりではなく、定期的に塗り直すことが大事です。それだけに自分で塗りやすい製品を選びましょう。

AINEX『JP-DX1』

注射器タイプで塗りやすく、均一に塗るのに便利なヘラも付いています。

>> Amazonで詳細を見る

自分のPCのスペックに合わせて選ぼう

IT&家電ライター

CPUグリスはCPUのパフォーマンスを上げ、故障を防ぐ役目があります。しかし、どれも同じではなく性能の差があるため、自分のPCのスペックに合ったCPUグリスを選択することが大事になります。

SNSやインターネット、事務作業ぐらいではCPUはさほど高温になりません。そのため一般的なグリスで十分です。CPUに負担がかかる動画編集やゲームなどでは、熱伝導率が高いシルバータイプなどがおすすめめです。さらにオーバークロック(CPUのクロック周波数を上げる)したり、ゲーミングPCとしてフルに楽しむ場合は高性能なヒートシンクが必要であり、CPUグリスもダイヤモンド入りなど高性能タイプを選びましょう。

サンワサプライ『TK-P3D』

ナノダイヤモンドパウダーを配合したCPUグリスです。

>> Amazonで詳細を見る

グリスの性能に一番関わる熱伝導率をチェック

IT&家電ライター

CPUグリスの性能を決定する大きなポイントが熱伝導率です。熱伝導率とは、ある材料における熱の移動のしやすさを数値化したもので、単位はW/mK(ワット毎メートル毎ケルビン)。

たとえば石英ガラスは1.4W/mK、シリコン168W/mK、銀428W/mK、ダイヤモンド1000~2000W/mKと、金属は高くなります。伝導率が高く(熱抵抗が低く)なるほどヒートシンクへ熱が伝わりやすく、CPUをスムーズに冷やすことができます。

そのためベースのグリスに熱伝導性の高い金属の粒子を混ぜた製品もあります。性能の高いCPUを使っている人は、素材も含めて熱伝導率が高いCPUグリスを選ぶようにしましょう。

IT&家電ライターが選ぶCPUグリスのおすすめ商品5選!

うえで紹介したCPUグリスの選び方のポイントをふまえて、秋葉けんたさんに選んでもらったおすすめ商品を5つ紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サンワサプライ『TK-P3S』

出典:Amazon

サイズ
W20×D20×H80mm
内容量
2g
粘度
-
熱伝導率
6.5W/mK
配合成分
使用温度
-
Thumb lg 9b33e43a e94e 45f2 af29 695b57bc77e8
IT&家電ライター

銀を入れることで熱伝導率を高めたCPUグリス

伝道効率の良い銀を入れたシルバータイプのCPUグリス。熱伝導率6.5W/mKと熱伝導率が高く、CPU表面に塗ることでクーリング効果を最大限に引き出します。

塗りやすいソフトタイプで、注射器型のケース(W20×D20×H80mm)に入っているので扱いも楽。導電性も非常に少なくなっています。内容量は2g。

ラインナップにはTK-P3(熱伝導率0.9W/mk・ソフトタイプ)、TK-P3C(銅入り・熱伝導率4.5W/mk)、TK-P3K(熱伝導率2.0W/mk)などがそろっているので、性能に合わせて選んでください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

AINEX(アイネックス)『JP-DX1』

出典:Amazon

サイズ
-
内容量
3g
粘度
-
熱伝導率
16W/m・K
配合成分
ナノダイヤモンド、シリコン
使用温度
-50~250℃
Thumb lg 9b33e43a e94e 45f2 af29 695b57bc77e8
IT&家電ライター

高熱伝導率16W/mKを誇るダイヤモンドグリス

台湾とロシアのナノテクノロジーによって開発されたダイヤモンドグリス。ナノスケール処置で生み出される微細なナノダイヤモンドによって、16W/mKというひじょうに高い熱伝導率を実現しています。

CPUとヒートシンクの間に塗ることで、CPUクーリングの大きな助けになってくれます。化学的に安定しており、固化しにくいため、長期保存ができます。非腐食性、抗酸化性、非毒性、不揮発性、不燃性、非皮膚刺激性などの優れた特性を持っています。また、非導電性です。注射器タイプで塗りやすく、均一に塗るのに便利なヘラも付いています。内容量は3g。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ARCTIC(アークティック)『MX4』

出典:Amazon

サイズ
-
内容量
4g
粘度
870poise
熱伝導率
8.5W/mK
配合成分
-
使用温度
-
Thumb lg 9b33e43a e94e 45f2 af29 695b57bc77e8
IT&家電ライター

塗りやすい粘度を持ったスイス製グリス

ARCTIC(アークティック)社はCPUの熱対策製品を製造するスイスのメーカー。このMX-4 Thermal Compoundは絶縁タイプの熱伝導グリスです。

熱伝導率8.5W/mKと高い熱伝導効率、低い熱抵抗値を持ち、効率的にCPUの熱をヒートシンクに伝えます。純度の高いシリコンと熱伝導素材を均一に混ぜ合わせることで硬化を抑制。粘性が軽いため(粘度870 poise)、柔らかくて塗りやすいと人気です。

CPUの上で広げるのに便利な樹脂製のヘラが付属しています。伸びが良いので、量の出しすぎには注意しましょう。内容量は4g。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Thermal Grizzly(サーマルグリズリー)『GS-08』

出典:Amazon

サイズ
-
内容量
1g
粘度
130~170Pas
熱伝導率
12.5W/m・K
配合成分
ナノアルミニウム、酸化亜鉛
使用温度
-200~350℃
Thumb lg 9b33e43a e94e 45f2 af29 695b57bc77e8
IT&家電ライター

オーバークロック向けの高性能熱伝導グリス

Thermal Grizzly(サーマルグリズリー)社はドイツの放熱グリス専門メーカー。このGS-08はオーバークロック向けに開発された高性能熱伝導グリスで、ゲーミングPCにおすすめ。水冷や空冷にも適しています。

グリスにナノアルミニウムと酸化亜鉛を配合。熱伝導率は12.5W/mK、熱抵抗値は0.0032K/Wと優れた熱伝達を実現しています。使用温度は−200~350℃。安定性が高く、80℃でも乾燥が進まない特殊な構造をしています。非導電性。粘度は130〜170Pasと少々粘り気があります。

扱いやすい注射器タイプで、グリスを広げるのに便利なヘラも付いています。内容量は1g。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サンワサプライ『TK-P3D』

出典:Amazon

サイズ
W23×D13×H120mm
内容量
2.8g
粘度
-
熱伝導率
8.3W/mK
配合成分
ナノダイヤモンドパウダー
使用温度
-
Thumb lg 9b33e43a e94e 45f2 af29 695b57bc77e8
IT&家電ライター

ナノダイヤモンドパウダー配合の高級グリス

「ナノダイヤモンドグリス」という名前のとおり、ナノダイヤモンドパウダーを配合したCPUグリス。他のCPUグリスと比べ、少々高価ですが、熱伝導率8.3W/mKという高性能さが特徴。同社のTK-P3(0.9W/mk)と比較して、9倍以上もの優れた性能を発揮します。

CPUを駆使するゲーミングPCにぴったりです。サイズが23(W)×13(D)×120(H)mmの注射器タイプなので、片手で扱いやすく、丁寧に塗れます。内容量は2.8g。

一覧表で「CPUグリス」のおすすめ商品を比較する

画像

サンワサプライ『TK-P3S』
AINEX(アイネックス)『JP-DX1』
ARCTIC(アークティック)『MX4』
Thermal Grizzly(サーマルグリズリー)『GS-08』
サンワサプライ『TK-P3D』

商品

サンワサプライ『TK-P3S』 AINEX(アイネックス)『JP-DX1』 ARCTIC(アークティック)『MX4』 Thermal Grizzly(サーマルグリズリー)『GS-08』 サンワサプライ『TK-P3D』

特徴

銀を入れることで熱伝導率を高めたCPUグリス 高熱伝導率16W/mKを誇るダイヤモンドグリス 塗りやすい粘度を持ったスイス製グリス オーバークロック向けの高性能熱伝導グリス ナノダイヤモンドパウダー配合の高級グリス

価格

Amazon : ¥ 1,058
楽天市場 : ¥ 518
Yahoo!ショッピング : ¥ 572
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,203
楽天市場 : ¥ 1,689
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,659
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 849
楽天市場 : ¥ 1,610
Yahoo!ショッピング : ¥ 815
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 751
楽天市場 : ¥ 1,078
Yahoo!ショッピング : ¥ 968
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,958
楽天市場 : ¥ 1,049
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,080
※各社通販サイトの 2019年10月9日時点 での税込価格

サイズ

W20×D20×H80mm - - - W23×D13×H120mm

内容量

2g 3g 4g 1g 2.8g

粘度

- - 870poise 130~170Pas -

熱伝導率

6.5W/mK 16W/m・K 8.5W/mK 12.5W/m・K 8.3W/mK

配合成分

ナノダイヤモンド、シリコン - ナノアルミニウム、酸化亜鉛 ナノダイヤモンドパウダー

使用温度

- -50~250℃ - -200~350℃ -

商品情報

通販サイトのCPUグリスランキングを参考にする

Amazon、楽天市場のCPUグリスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:CPUグリスランキング
楽天市場:シリコングリスランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

この記事では、はじめてゲーミングPCを購入される方も安心な予算別に厳選したゲーミングPCをご紹介しています。選んでくれたのは、Steamプラットフォームを中心に多くのPCゲームタイトルをプレイしているゲームライターの辻村美奈さんとPC選びのエキスパート海老原 昭さんです。「ドラクエX」や「PU...

ITライターの海老原 昭さんへの取材をもとに、マザーボード5選と失敗しない選び方を掲載。マザーボードとはパソコンで必要なCPUやメモリなどを取り付けて管理している基盤のことですが、現在ではASUS(エイスース)、MSI(エムエスアイ)、GIGABYTE(ギガバイト)とさまざまなメーカーから販売...

不慣れな人は絶縁性の高いグリスがおすすめ

IT&家電ライター

効率的に熱を伝えるためには、CPUグリスをCPUとヒートシンクの間に均一に塗ることが大事です。その際、薄さだけでなく、CPUの周囲にはみ出さないことがもっとも重要です。

CPUグリスには絶縁性が高い(電気を通しにくい)製品と低い(電気を通しやすい)製品があります。絶縁性が低い製品では、万が一、CPUグリスがCPU付近のパーツに触れた場合、電気が通ってショートし、CPUが故障してしまう可能性があるとも言われます。最初ははみ出していなくても、時間が経つとグリスが流れてしまうケースもあります。塗り方に慣れていない人は、はじめから絶縁性の高い製品を使っておくと安心です。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【小型PCケース】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターと編集部が厳選!

【小型PCケース】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターと編集部が厳選!

IT&家電ライターの秋葉けんたさんが選ぶ小型PCケース5選をご紹介します。デスクトップPCがほしいけど、設置スペースがない。そんな時に使うのが「小型PCケース」。本記事では、小型PCケースの選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【NECノートパソコン】の選び方&おすすめ商品5選|ITライター&編集部が商品を厳選!

【NECノートパソコン】の選び方&おすすめ商品5選|ITライター&編集部が商品を厳選!

ITライターの周防克弥さんが選ぶ「NECノートパソコン」5選をご紹介します。ノートパソコンを買おうと思っても、さまざまなメーカーから大きさや性能が異なる多くのモデルが発売されていて、どれを選べばいいのか迷ってしまいがちです。そこで、30年以上趣味に仕事にパソコンを使い倒してきたITライターの周防克弥さんに選び方やおすすめモデルについて教えてもらいました。国内シェアNo.1のNEC製ノートパソコン(2018年「ノートPCメーカー別販売台数シェア」BCN調べ)を取り上げ、選び方の解説をしています。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【急速充電対応モバイルバッテリー】おすすめ5選|QC・PD対応大容量モデルも

【急速充電対応モバイルバッテリー】おすすめ5選|QC・PD対応大容量モデルも

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、急速充電対応モバイルバッテリーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。スマホの充電が切れたときに役立つモバイルバッテリーですが、早く充電したいのになかなか充電されないとイライラしてしまいますよね。そこでお勧めしたいのが、短時間でのフル充電を可能にする「急速充電」対応のモバイルバッテリーです。ここでは、その選び方をはじめ、iPhone/Androidスマホを急速充電できるおすすめのモバイルバッテリーをいくつか紹介するので、商品選びの参考にしてみてください。


【大容量モバイルバッテリー】おすすめ5選|20,000mAh以上・複数回充電も可能

【大容量モバイルバッテリー】おすすめ5選|20,000mAh以上・複数回充電も可能

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、大容量モバイルバッテリーの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。スマホやタブレットのバッテリーが切れたときに役立つモバイルバッテリーですが、複数のデバイスを充電したり、泊まりがけの旅行やキャンプに持っていったり、家族や友人と一緒に使うときなどには、大容量のモバイルバッテリーがあると安心です。また、災害や停電などに備える場合もできるだけ容量の大きなものを用意しておきたいですよね。この記事では、そんな大容量モバイルバッテリーの選び方や高速充電のコツ、20,000mAh以上のおすすめモバイルバッテリーをいくつかご紹介します。


【日本製モバイルバッテリーおすすめ5選】国内メーカー・安心の品質

【日本製モバイルバッテリーおすすめ5選】国内メーカー・安心の品質

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、日本製モバイルバッテリーの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。現在さまざまなモバイルバッテリーが販売されていますが、なかには品質の低い製品も存在します。たとえば、数回使っただけで充電できなくなってしまう、パッケージに記載されている容量よりも大幅に少ないといったトラブルはよくある話ですし、発火により火災などの事故に至るケースもあります。この記事では、安心して使用できる日本製(国内メーカー)のモバイルバッテリーについて、その選び方とおすすめ製品をいくつかご紹介します。この記事を参考に、安心して使えるモバイルバッテリーを探してみてください。


新着記事


買い換え用【冷蔵庫】選び方&おすすめ4選|家電ライターが商品を厳選!

買い換え用【冷蔵庫】選び方&おすすめ4選|家電ライターが商品を厳選!

家電ライターの秋葉けんたさんに、買い換え用の冷蔵庫を選ぶポイントとおすすめ商品4選を教えていただきました。生活に不可欠な冷蔵庫は、家族構成やライフスタイルに合わせて最適なものを選定したいですよね。ただ、いざ買い換えるとなると、各メーカーより充実した機能を備えた冷蔵庫が数多く販売されていて、どの冷蔵庫を選べばよいか悩んでしまいます。そこで、数ある冷蔵庫のなかから秋葉けんたさんに厳選しいていただいた5商品をご紹介します。後半に掲載した通販サイトの売れ筋ランキングも参考に、ライフスタイルにぴったりの冷蔵庫を見つけてくださいね。


【小型PCケース】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターと編集部が厳選!

【小型PCケース】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターと編集部が厳選!

IT&家電ライターの秋葉けんたさんが選ぶ小型PCケース5選をご紹介します。デスクトップPCがほしいけど、設置スペースがない。そんな時に使うのが「小型PCケース」。本記事では、小型PCケースの選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【NECノートパソコン】の選び方&おすすめ商品5選|ITライター&編集部が商品を厳選!

【NECノートパソコン】の選び方&おすすめ商品5選|ITライター&編集部が商品を厳選!

ITライターの周防克弥さんが選ぶ「NECノートパソコン」5選をご紹介します。ノートパソコンを買おうと思っても、さまざまなメーカーから大きさや性能が異なる多くのモデルが発売されていて、どれを選べばいいのか迷ってしまいがちです。そこで、30年以上趣味に仕事にパソコンを使い倒してきたITライターの周防克弥さんに選び方やおすすめモデルについて教えてもらいました。国内シェアNo.1のNEC製ノートパソコン(2018年「ノートPCメーカー別販売台数シェア」BCN調べ)を取り上げ、選び方の解説をしています。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


おしゃれな加湿器のおすすめ7選|【インテリアになじむ一台を】

おしゃれな加湿器のおすすめ7選|【インテリアになじむ一台を】

IT&家電ライターの井上真花さんに、おしゃれな加湿器の選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。空気に潤いを与える加湿器は、長時間使うことが多いため、部屋のインテリアになじむかどうかも大切なチェックポイント。加湿器を選ぶときは、デザインが部屋全体の雰囲気にあっているかどうかも確認しましょう。最近はカラーバリエーションが豊富なモデルも増えています。IT&家電ライターの井上真花さんおすすめ商品を参考に、お部屋のインテリアにあった、おしゃれな加湿器をみつけてください。


【スマホアームバンドのおすすめ7選!】ランニングでズレを気にせず機能も充実!

【スマホアームバンドのおすすめ7選!】ランニングでズレを気にせず機能も充実!

マラソン完走請負人の牧野 仁さんに、スマホアームバンドの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。ランニングやウォーキングに行くときは、できるだけ身軽にいきたいですよね。でも、音楽を聴いたり計測アプリを使ったりするのにスマホは必要になります。そんなとき役に立つのがスマホアームバンド。この記事では、マラソン完走請負人の牧野 仁さんがスマホアームバンドの機能や性能について、くわしく説明してくれています。ぜひ参考にして、快適なランニングを楽しんでください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る