PR(アフィリエイト)

拡声器おすすめ11選|小型・ハンズフリー・ワイヤレスなどを厳選

拡声器おすすめ11選|小型・ハンズフリー・ワイヤレスなどを厳選
拡声器おすすめ11選|小型・ハンズフリー・ワイヤレスなどを厳選

◆本記事はプロモーションが含まれています。

運動会やライブ会場といった屋外イベント会場で遠くの人に声を届けるのに役立つ「拡声器」。現在の拡声器はメガホンタイプではなく、ハンズフリータイプが主流になりつつあります。

この記事では、拡声器の選び方とおすすめ商品を紹介します。ハンズフリーで使えるタイプを中心に、小型のポータブルタイプや、大音量タイプ、ワイヤレス接続できるタイプなどをピックアップ!

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
福本 航大

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」を担当。シンプルでミニマルなガジェットには目がなく、つい散財してしまう。とくに、白無地のガジェットが大好物。ひそかに、折りたたみ式のスマートフォンへの乗り換えを計画中。

拡声器の選び方

それでは、拡声器の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記。

【1】メガホンかハンズフリーか、種類から選ぶ
【2】出力数が大きいほど、遠くまで音量が届く
【3】サイレンや音楽再生機能などもチェック
【4】移動が多いときはワイヤレスタイプがおすすめ


上記のポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】メガホンかハンズフリーか、種類から選ぶ

拡声器の種類は2種類。どんな場面でつかうのか? どのくらいの時間使うのか? などを考えて選ぶといいでしょう。

▼メガホンタイプ

 

拡声器といえば、メガホンタイプをイメージしがちですよね。運動会やイベント会場で使われているイメージがあります。ただ、メガホンタイプの拡声器は重たいものが多く、長時間持つと疲れてしまいます。

また、メガホンタイプは非常に目立つので、構えた瞬間に「何か話がある」と周囲の注意を引くことができるというメリットがあります。また、指向性(ある一定の方向に音が話される傾向)がありますので、聴衆以外に「騒音」と思わせない効果もあります。

▼ハンズフリータイプ

 

ハンズフリータイプでは、両手が自由になるというメリットがあります。最近ではヘッドマイクで音声を拾い、スピーカーで拡声するハンズフリータイプの商品も豊富になってきました。長時間、話す機会などがある場合はハンズフリータイプが便利でしょう。

【2】出力数が大きいほど、遠くまで音量が届く

拡声器の画像
ペイレスイメージズのロゴ
拡声器の画像
ペイレスイメージズのロゴ

用途に合った拡声器をみつけましょう。

拡声器は出力(W)が大きいほど、大きな音が出ます。そのため、音声が届く距離数も変わってきます。例えば、10w以下の場合は150mの距離まで、20wの場合は300mの距離まで、30w以上の場合は800mの距離まで届きます。

会場の広さや、どこまでの距離に音声を届けたいかで選ぶ出力数が変わるので注意しましょう。

【3】サイレンや音楽再生機能などもチェック

 

拡声器のなかには、音楽やBGMも同時に流せるモデルが存在します。体操・ストレッチ・ダンスなどであれば音楽に乗せて指示を出すこともできますし、イベントであれば場所の雰囲気を盛り上げてくれます。

また、誘導などで便利なのはサイレン搭載タイプやホイッスル搭載タイプ。乱発はもちろんダメですが、一気に注目を集めることが可能です。拡声器によって機能の違いがありますので、必要な機能がついたものを選びましょう。

【4】移動が多いときはワイヤレスタイプがおすすめ

 

ハンズフリータイプの拡声器は、「スピーカーを装着するタイプ」と「スピーカーを設置するタイプ」に分けられます。また、それぞれに「有線タイプ」と「ワイヤレスタイプ」があります。装着するものは屋内・屋外問わず利用可能です。

設置タイプではスピーカー部が比較的大きなものが多いため、移動しない場所での利用に向いています。無線タイプを選ぶ場合は、音の途切れが時々発生することもあるので注意。屋外利用の場合は、混線にも注意しましょう。

拡声器おすすめ4選【メガホンタイプ】

TOA『防滴メガホン 6W サイレン音付(ER-1106S)』

TOA『防滴メガホン6Wサイレン音付(ER-1106S)』 TOA『防滴メガホン6Wサイレン音付(ER-1106S)』 TOA『防滴メガホン6Wサイレン音付(ER-1106S)』
出典:Amazon この商品を見るview item

雨が降っても大丈夫! 非常事態にも対応可能

昔ながらのメガホンタイプの拡声器です。高さ27cm以下のコンパクトなサイズ、重さ680g(電池別)と、長時間の使用でも苦になりません。本機は、IPX5の防水性もあり、突然の雨でも心配なし。運動会や体育のイベント、プールサイドでの使用に最適です。スイッチひとつでサイレン音を鳴らすことができるので、非常時にも役立ちます。

小型でありながら、定格出力は6W。音でいえば250m先まで届けられるそうです。電源は単3形乾電池6本。バッテリースペーサーを使えば、4本だけでもOKです。ハンドル、マイク部には抗菌処理も施されています。

商品タイプ メガホン型
重さ 680g(電池を除く)
出力W数 最大10W
機能 サイレン機能、防水:IPX5
電源 単3電池4または6本
連続使用時間 音声時:約10時間、サイレン時:約30分(単3形乾電池6本使用時)
全てを見る全てを見る

商品タイプ メガホン型
重さ 680g(電池を除く)
出力W数 最大10W
機能 サイレン機能、防水:IPX5
電源 単3電池4または6本
連続使用時間 音声時:約10時間、サイレン時:約30分(単3形乾電池6本使用時)
全てを見る全てを見る

スマイルキッズ『ハンドメガホン( AHM-107)』

スマイルキッズ『ハンドメガホン(AHM-107)』 スマイルキッズ『ハンドメガホン(AHM-107)』 スマイルキッズ『ハンドメガホン(AHM-107)』 スマイルキッズ『ハンドメガホン(AHM-107)』
出典:Amazon この商品を見るview item

メガホンとサイレンの切替、ボリューム調整も自由

電池使用タイプのハンドメガホンです。口元にあるスイッチでボリューム調整は簡単におこなえます。

最大出力10Wとハイパワーのため野外活動でも大活躍です。緊急時にはサイレンに切り替えて使用することができます。

使用しないときはハンドル部分は折りたたんでおくことができます。

商品タイプ メガホン型
重さ 約526g
出力W数 10W
機能 サイレン音量:約100db
電源 単2形アルカリ電池4本
連続使用時間 約5時間
全てを見る全てを見る

商品タイプ メガホン型
重さ 約526g
出力W数 10W
機能 サイレン音量:約100db
電源 単2形アルカリ電池4本
連続使用時間 約5時間
全てを見る全てを見る

TOA『ショルダーメガホン(ER-2130W)』

持ち運ぶときに便利なベルト、ハンドルを装備

定格出力30W(最大45W)のホイッスル音付きショルダー型メガホンです。ベルトやハンドルがあるため、持ち運びに便利です。

マイクロホンは抗菌処理を施しているため、衛生面も安心です。

別売りのスピーカースタンドST-16を購入することで据え置きとしても使用できます。

商品タイプ メガホン型
重さ 約3.6kg
出力W数 最大45W
機能 -
電源 12Vバッテリー
連続使用時間 音声時約22時間、ホイッスル時約2時間
全てを見る全てを見る

商品タイプ メガホン型
重さ 約3.6kg
出力W数 最大45W
機能 -
電源 12Vバッテリー
連続使用時間 音声時約22時間、ホイッスル時約2時間
全てを見る全てを見る

UNI-PEX『充電式防滴メガホン(TR-215CS)』

IP65で豪雨でも使える防滴コンパクトメガホン

軽量コンパクトで、長時間使っていても苦にならないコンパクトタイプ。防塵・防水性能はIP65で、豪雨でも使えるのが特徴的です。

また、本機はメガホンタイプには珍しい充電式。満充電までに50時間かかるのが残念ですが、メガホンホルダーが充電台にもなっているので、使い終わったらすぐにホルダーに戻す運用であれば電池切れ知らず。最大約10時間使用が可能で、長時間のイベント事でも活躍してくれます。出力は定格6Wと、工事現場利用などで活躍する一台です。約80mの距離にまで声を届けることができますよ。

商品タイプ メガホン型
重さ 約810g(内蔵充電池を含む)
出力W数 最大10W
機能 防塵・防水:IP65
電源 DC9.6V(専用充電池)
連続使用時間 約10時間(音声使用時)
全てを見る全てを見る

商品タイプ メガホン型
重さ 約810g(内蔵充電池を含む)
出力W数 最大10W
機能 防塵・防水:IP65
電源 DC9.6V(専用充電池)
連続使用時間 約10時間(音声使用時)
全てを見る全てを見る

拡声器おすすめ7選【ハンズフリータイプ】

サンワダイレクト『ハンズフリー拡声器 400-SP062』

サンワダイレクト『ハンズフリー拡声器400-SP062』 サンワダイレクト『ハンズフリー拡声器400-SP062』 サンワダイレクト『ハンズフリー拡声器400-SP062』 サンワダイレクト『ハンズフリー拡声器400-SP062』 サンワダイレクト『ハンズフリー拡声器400-SP062』 サンワダイレクト『ハンズフリー拡声器400-SP062』 サンワダイレクト『ハンズフリー拡声器400-SP062』 サンワダイレクト『ハンズフリー拡声器400-SP062』 サンワダイレクト『ハンズフリー拡声器400-SP062』
出典:Amazon この商品を見るview item

手元で簡単にボリュームや音質を調整可能

使用する場所や状況にあわせて手元で簡単にボリュームや音質を変更できます。両手を自由に使えるハンズフリータイプです。

大型スピーカーユニットを搭載し、最大20W出力の大音量でくっきり拡声できます。

乾電池、AC常時給電、充電池と3WAY給電が可能で、屋外でも屋内でも使用できます。

商品タイプ ハンズフリー
重さ 約650g(電池除く)
出力W数 20W(AC電源)、12W(単三乾電池使用時)
機能 -
電源 AC電源、単三乾電池4本
連続使用時間 音楽再生約4時間、スピーチ約8時間
全てを見る全てを見る

商品タイプ ハンズフリー
重さ 約650g(電池除く)
出力W数 20W(AC電源)、12W(単三乾電池使用時)
機能 -
電源 AC電源、単三乾電池4本
連続使用時間 音楽再生約4時間、スピーチ約8時間
全てを見る全てを見る

audio-technica『ハンズフリー拡声器(ATP-SP303)』

audio-technica『ハンズフリー拡声器(ATP-SP303)』 audio-technica『ハンズフリー拡声器(ATP-SP303)』 audio-technica『ハンズフリー拡声器(ATP-SP303)』 audio-technica『ハンズフリー拡声器(ATP-SP303)』 audio-technica『ハンズフリー拡声器(ATP-SP303)』 audio-technica『ハンズフリー拡声器(ATP-SP303)』 audio-technica『ハンズフリー拡声器(ATP-SP303)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ベルトを外して据え置き型としても使用可能

ハンズフリーのマイクロホンとベルト装着型の採用で、いろいろなシーンで使用できます。

45m先まで声がとどく、最大出力7wの回路設計を採用し、フレキシブルマイクによりマイクの位置を自由に調整できます。

つまみ1つで電源のON/OFFや音量の調整ができ簡単です。ウエスト55~100cmまで対応する装着ベルト付きです。

商品タイプ ハンズフリー
重さ 約340g(電池・ベルト除く)
出力W数 7W
機能 -
電源 DC9V(単三乾電池6本)
連続使用時間 約8時間
全てを見る全てを見る

商品タイプ ハンズフリー
重さ 約340g(電池・ベルト除く)
出力W数 7W
機能 -
電源 DC9V(単三乾電池6本)
連続使用時間 約8時間
全てを見る全てを見る

New Online『ポータブル拡声器(N74)』

NewOnline『ポータブル拡声器(N74)』 NewOnline『ポータブル拡声器(N74)』 NewOnline『ポータブル拡声器(N74)』 NewOnline『ポータブル拡声器(N74)』 NewOnline『ポータブル拡声器(N74)』 NewOnline『ポータブル拡声器(N74)』 NewOnline『ポータブル拡声器(N74)』
出典:Amazon この商品を見るview item

行動範囲制限なしのハンズフリー拡声器

体にマイクとスピーカーを取り付けるため両手が使えて、行動範囲に制限がありません。

講義や店頭販売、スポーツインストラクターなどさまざまなシーツで活躍します。

バッテリー内蔵のため室内や野外に自由に持ち運べるほか、リチウム電池により長時間使用が可能です。

商品タイプ ハンズフリー
重さ 本体/268g;ヘッドセット/20g
出力W数 RMS 20W
機能 -
電源 内蔵リチウムバッテリー
連続使用時間 フル充電約10~15時間
全てを見る全てを見る

商品タイプ ハンズフリー
重さ 本体/268g;ヘッドセット/20g
出力W数 RMS 20W
機能 -
電源 内蔵リチウムバッテリー
連続使用時間 フル充電約10~15時間
全てを見る全てを見る

サンワダイレクト『拡声器 ハンズフリー(400-SP076)』

サンワダイレクト『拡声器ハンズフリー(400-SP076)』 サンワダイレクト『拡声器ハンズフリー(400-SP076)』 サンワダイレクト『拡声器ハンズフリー(400-SP076)』 サンワダイレクト『拡声器ハンズフリー(400-SP076)』 サンワダイレクト『拡声器ハンズフリー(400-SP076)』 サンワダイレクト『拡声器ハンズフリー(400-SP076)』 サンワダイレクト『拡声器ハンズフリー(400-SP076)』 サンワダイレクト『拡声器ハンズフリー(400-SP076)』 サンワダイレクト『拡声器ハンズフリー(400-SP076)』
出典:Amazon この商品を見るview item

BGMも流せるハンズフリー拡声器

ヘッドマイクと小型スピーカーのポータブルハンズフリー拡声器です。スピーカー部は12W出力。屋外であれば30人ほど、屋内であれば50~60人ほどに伝えるのにちょうどいい大きさです。電源は内蔵バッテリーで、4時間USB充電を行えば15時間の利用が可能です。(マイク利用を想定)

音声の拡声以外にMicroSDカード、3.5mmステレオミニジャックによる外部入力、Bluetooth 4.0でスマホなどからBGMを同時に出力できるうえ、BGMと声を別々に音量調節ができます。腰や首にかけて取り付けられるので、利便性も抜群です。

商品タイプ ハンズフリー
重さ 約244g
出力W数 12W
機能 ワイヤレス接続、有線接続、BGM
電源 バッテリー
連続使用時間 マイク使用で約15時間程度(50%音量)、microSD音楽再生時・Bluetooth接続音楽再生時は約8時間(50%音量)
全てを見る全てを見る

商品タイプ ハンズフリー
重さ 約244g
出力W数 12W
機能 ワイヤレス接続、有線接続、BGM
電源 バッテリー
連続使用時間 マイク使用で約15時間程度(50%音量)、microSD音楽再生時・Bluetooth接続音楽再生時は約8時間(50%音量)
全てを見る全てを見る

JVC『ポータブルワイヤレスアンプ(PE-W51SB-M)』

CDプレーヤーも搭載した本格派ワイヤレスアンプ

買ったその日に難しい設定なしに使える拡声器です。(マイク追加でチューナーユニットの追加組み込みが必要)。ワイヤレスマイクは2本まで設定可能。有線マイクも使えるため、合計3系統のマイクから出力できます。

搭載しているCDプレーヤー以外に、USBメモリー、外部機器からの入力にも対応。マイクとのミキシングができるので、BGMがうるさくて声が届かないということもありません。

外部スピーカーにも対応しているので、広い場所でもOK。音響設備がない体育館での講演会や、大人数での屋外での集合利用に最適です。ただし、スピーカー前は爆音になるので注意! AC電源のほか、単2形乾電池10本でも4時間駆動します。

商品タイプ 据え置き型
重さ 約5.5kg
出力W数 25W
機能 ワイヤレス接続、マイク付属
電源 単2形乾電池10本、AC
連続使用時間 10時間
全てを見る全てを見る

商品タイプ 据え置き型
重さ 約5.5kg
出力W数 25W
機能 ワイヤレス接続、マイク付属
電源 単2形乾電池10本、AC
連続使用時間 10時間
全てを見る全てを見る

TOA『ハンズフリー拡声器(ER-1000)』

TOA『ハンズフリー拡声器(ER-1000)』 TOA『ハンズフリー拡声器(ER-1000)』 TOA『ハンズフリー拡声器(ER-1000)』 TOA『ハンズフリー拡声器(ER-1000)』 TOA『ハンズフリー拡声器(ER-1000)』 TOA『ハンズフリー拡声器(ER-1000)』
出典:Amazon この商品を見るview item

腰にピッタリフィットで、アクティビティに最適

ヘッドマイクの音声を、ウエストポーチのように腰に装着したスピーカー部から流せるハンズフリー拡声器です。カラーは白と黒、そしてワンポイントのピンクカラーのものがあり、好みで選べます。

単3形乾電池6本、またはバッテリースペーサーを使えば4本で駆動。アルカリ、マンガン、充電式ニッケル水素電池問わず使えますが、種類により、それぞれ約8時間、約3時間、約5.5時間と持続時間が異なります。また、本数では出力が異なり、6本では約80mまで声が届きますが、4本では約40m先までしか届かなくなります。しかし、意外と出力の大きいのが本機の特徴です。屋外の運動や部活動などでも活躍してくれますよ。

商品タイプ ハンズフリー
重さ 480g
出力W数 最大10W
機能 -
電源 単3電池4または6本
連続使用時間 約8時間(アルカリ乾電池使用時)
全てを見る全てを見る

商品タイプ ハンズフリー
重さ 480g
出力W数 最大10W
機能 -
電源 単3電池4または6本
連続使用時間 約8時間(アルカリ乾電池使用時)
全てを見る全てを見る

サンワダイレクト『ワイヤレスマイク・スピーカーセット(400-SP066)』

サンワダイレクト『ワイヤレスマイク・スピーカーセット(400-SP066)』 サンワダイレクト『ワイヤレスマイク・スピーカーセット(400-SP066)』 サンワダイレクト『ワイヤレスマイク・スピーカーセット(400-SP066)』 サンワダイレクト『ワイヤレスマイク・スピーカーセット(400-SP066)』 サンワダイレクト『ワイヤレスマイク・スピーカーセット(400-SP066)』 サンワダイレクト『ワイヤレスマイク・スピーカーセット(400-SP066)』 サンワダイレクト『ワイヤレスマイク・スピーカーセット(400-SP066)』 サンワダイレクト『ワイヤレスマイク・スピーカーセット(400-SP066)』 サンワダイレクト『ワイヤレスマイク・スピーカーセット(400-SP066)』
出典:Amazon この商品を見るview item

マイク2本付きで使い始めがスムーズ

ワイヤレスマイク2本同梱で、購入後、すぐに使いはじめられるワイヤレスアンプ内蔵スピーカー。マイク、スピーカーともにチャンネル変更はダイヤルを合わせるだけとかんたんです。2本まで有線マイクを追加できるため、最大で4人が話すことが出来ます。

スピーカー出力は最大40W。屋内では約100畳(約180~200平方メートル)の範囲で利用可能です。AC電源のほか、単2形乾電池8本で駆動します。同梱のマイクは、単一指向性式のため、ハウリングしづらいのも本機の特徴です。動き回るプレゼンスタイルの人でも安心して使えますよ。

商品タイプ 据え置き型
重さ 約5,040g
出力W数 最大40W
機能 ハンズフリー、ワイヤレス、マイク2本付属
電源 AC、単2電池8本
連続使用時間 マイク:約6.5時間(アルカリ電池使用時)
全てを見る全てを見る

商品タイプ 据え置き型
重さ 約5,040g
出力W数 最大40W
機能 ハンズフリー、ワイヤレス、マイク2本付属
電源 AC、単2電池8本
連続使用時間 マイク:約6.5時間(アルカリ電池使用時)
全てを見る全てを見る

「拡声器」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
TOA『防滴メガホン 6W サイレン音付(ER-1106S)』
スマイルキッズ『ハンドメガホン( AHM-107)』
TOA『ショルダーメガホン(ER-2130W)』
UNI-PEX『充電式防滴メガホン(TR-215CS)』
サンワダイレクト『ハンズフリー拡声器 400-SP062』
audio-technica『ハンズフリー拡声器(ATP-SP303)』
New Online『ポータブル拡声器(N74)』
サンワダイレクト『拡声器 ハンズフリー(400-SP076)』
JVC『ポータブルワイヤレスアンプ(PE-W51SB-M)』
TOA『ハンズフリー拡声器(ER-1000)』
サンワダイレクト『ワイヤレスマイク・スピーカーセット(400-SP066)』
商品名 TOA『防滴メガホン 6W サイレン音付(ER-1106S)』 スマイルキッズ『ハンドメガホン( AHM-107)』 TOA『ショルダーメガホン(ER-2130W)』 UNI-PEX『充電式防滴メガホン(TR-215CS)』 サンワダイレクト『ハンズフリー拡声器 400-SP062』 audio-technica『ハンズフリー拡声器(ATP-SP303)』 New Online『ポータブル拡声器(N74)』 サンワダイレクト『拡声器 ハンズフリー(400-SP076)』 JVC『ポータブルワイヤレスアンプ(PE-W51SB-M)』 TOA『ハンズフリー拡声器(ER-1000)』 サンワダイレクト『ワイヤレスマイク・スピーカーセット(400-SP066)』
商品情報
特徴 雨が降っても大丈夫! 非常事態にも対応可能 メガホンとサイレンの切替、ボリューム調整も自由 持ち運ぶときに便利なベルト、ハンドルを装備 IP65で豪雨でも使える防滴コンパクトメガホン 手元で簡単にボリュームや音質を調整可能 ベルトを外して据え置き型としても使用可能 行動範囲制限なしのハンズフリー拡声器 BGMも流せるハンズフリー拡声器 CDプレーヤーも搭載した本格派ワイヤレスアンプ 腰にピッタリフィットで、アクティビティに最適 マイク2本付きで使い始めがスムーズ
商品タイプ メガホン型 メガホン型 メガホン型 メガホン型 ハンズフリー ハンズフリー ハンズフリー ハンズフリー 据え置き型 ハンズフリー 据え置き型
重さ 680g(電池を除く) 約526g 約3.6kg 約810g(内蔵充電池を含む) 約650g(電池除く) 約340g(電池・ベルト除く) 本体/268g;ヘッドセット/20g 約244g 約5.5kg 480g 約5,040g
出力W数 最大10W 10W 最大45W 最大10W 20W(AC電源)、12W(単三乾電池使用時) 7W RMS 20W 12W 25W 最大10W 最大40W
機能 サイレン機能、防水:IPX5 サイレン音量:約100db - 防塵・防水:IP65 - - - ワイヤレス接続、有線接続、BGM ワイヤレス接続、マイク付属 - ハンズフリー、ワイヤレス、マイク2本付属
電源 単3電池4または6本 単2形アルカリ電池4本 12Vバッテリー DC9.6V(専用充電池) AC電源、単三乾電池4本 DC9V(単三乾電池6本) 内蔵リチウムバッテリー バッテリー 単2形乾電池10本、AC 単3電池4または6本 AC、単2電池8本
連続使用時間 音声時:約10時間、サイレン時:約30分(単3形乾電池6本使用時) 約5時間 音声時約22時間、ホイッスル時約2時間 約10時間(音声使用時) 音楽再生約4時間、スピーチ約8時間 約8時間 フル充電約10~15時間 マイク使用で約15時間程度(50%音量)、microSD音楽再生時・Bluetooth接続音楽再生時は約8時間(50%音量) 10時間 約8時間(アルカリ乾電池使用時) マイク:約6.5時間(アルカリ電池使用時)
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年10月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月10日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 拡声器の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での拡声器の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:拡声器ランキング
楽天市場:拡声器ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのスピーカー関連の記事はこちら 【関連記事】

使う場所を想定して選ぼう

この記事では、拡声器の選び方とおすすめ商品を紹介しました。

メガホンタイプとハンズフリータイプがあり、使う場所によって選び方が変わるということがわかりました。この記事を参考に、最適な拡声器を見つけてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button