レノボノートパソコンのおすすめ5選と選び方【薄型モデルやタブレットになる商品も】

レノボノートパソコンのおすすめ5選と選び方【薄型モデルやタブレットになる商品も】
ITライター
海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

ITライターとして活躍されている海老原 昭さんにレノボノートパソコンの選び方とおすすめの商品5選を教えてもらいました。レノボノートパソコンを購入してみたいけれど、商品がいろいろあって決められないという方もいますよね。本記事で紹介している選び方や商品を参考にして、気になる商品があれば購入を検討してみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


レノボノートパソコンの選び方 ITライターが解説!

ITライターの海老原 昭さんに、レノボノートパソコンを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。どれも使い勝手を左右するポイントですので、商品選びの参考にしましょう。

ノートパソコンのキーボード
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

レノボノートパソコンはシリーズや形状で違いがあるため、チェックしておきたいポイント。

シリーズによって特徴もさまざま

ITライター

レノボのノートPC商品はThinkシリーズ、IdeaPad、Yogaなど、さまざまなシリーズに分かれています。IBMから継承したThinkPadシリーズはポインティングデバイスに特徴があり、Think BookやIdeaPadはスリム&スタイリッシュ、Yogaは2-in-1タイプのモデルにつく名前になっています。とくにThinkPadシリーズは長年の歴史から指名買いのユーザーも多く、デザイン面でも特徴的で、デザインを合わせた周辺機器類もそろっています。

性能面ではシリーズ間の差は少ないので、こうしたシリーズやデザインで選んでみてもいいでしょう。どのブランドでもありませんが、LenovoはGoogleが展開するネットPC「Chromebook」も販売しており、こちらも選択可能です。

レノボ『IdeaPad S340(14、AMD)(81NB0029JP)』

コスパを重視するなら「IdeaPad」のシリーズもおすすめ。この商品はスリムかつ薄いデザインでスタイリッシュ。重量も軽いので、外出時に持ち運びして使うのにも便利。

>> 楽天市場で詳細を見る

快適に使うならグレードの高いCPUを選ぼう

ITライター

価格帯もスタイルも多種多様な商品がそろうレノボのノートPCですが、安価な商品はやはりどうしてもグレードの低いCPUを搭載することが多く、性能面で妥協することになります。Windowsを起動して軽い作業をするだけなら問題ありませんが、しっかり使い込みたいのであれば、CPUのグレードにもこだわりたいところ。最低でもCore i3以上のモデルを選びたいです。

AMDのプロセッサーであれば「Ryzen」シリーズなどが望ましいでしょう。また、メモリの搭載量も、予算の範囲でできるだけ多いモデルを選びましょう。快適さがかなり変わります。

ノートパソコンにもさまざまなスタイルがあります

ITライター

LenovoはPC総合メーカーとして、ノートPC、タブレット、その両方を兼ねる2-in-1と、幅広いジャンルの商品を販売しています。光学ドライブを搭載したオールインワンノートは、省スペースデスクトップPC替わりに据え置きで。モバイルノートや2-in-1は、持ち歩いて外出先で利用することが前提です。

さらにタブレットPCは、持ち歩き、立ったまま作業するケースも想定しています。どのジャンルも複数のモデルが用意されていますから、自分の目的に合わせたものを選びましょう。

レノボ『Ideapad C340(81N5001UJP)』

ノートPCとしてだけでなく、画面がタッチパネルになっているためタブレットとしても使える2-in-1の商品。個人での使用にも、法人としてグループでの使用にも適しています。

>> 楽天市場で詳細を見る

レノボノートパソコンのおすすめ商品5選 ITライターの厳選商品

ここまで紹介したレノボノートパソコンの選び方のポイントをふまえて、ITライターの海老原 昭さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。高品質でハイスペックなもの、リカバリーがしやすいなものなど、さまざまな種類の商品を選んでくれましたので、自分の使い方に合ったレノボノートパソコンを探してみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

レノボ『ThinkPad E595』

本体サイズ 約369×252×19.95mm(幅×奥行き×高さ)
ディスプレイ LEDバックライト付 15.6型 FHD IPS液晶(1920x1080、16:9)、光沢なし
CPU AMD Ryzen 5 3500U プロセッサー(3.60GHz、4MB)
メモリ 8GB(4+4) DDR4 2400MHz SoDIMM(2スロット)
インチ 15.6インチ
駆動時間 約9.3時間
発売時期 2019/6
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

完成度の高いスタンダードモデル

ThinkPadシリーズでももっともスタンダードな「E」シリーズの最新モデルで、15.6インチのフルHD液晶パネルを採用しています。光学ドライブは搭載しておらず、重さは約2.1kg。CPUには、AMDのRyzenプロセッサーを採用。

搭載するCPUのグレードもいくつかありますが、おすすめなのはRyzen 5 3500Uを載せたモデルです。E595にはIntelの第8世代Core iプロセッサーを搭載した「E590」という姉妹モデルもありますが、処理能力はほぼ同等で、グラフィック性能はRyzenが上なので、E595をおすすめします。これといった特徴がないようにも見えますが、平均して高い完成度を誇っており、どんな場面でも活躍するでしょう。

とくに目的はないがさまざまなことに対応できるノートPCがいい、というようなケースに最適な1台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

レノボ『IdeaPad S340(14、AMD)(81NB0029JP)』

出典:Amazon

本体サイズ 約322.7×230.5×17.9mm(幅×奥行き×高さ)
ディスプレイ LEDバックライト付 14.0型 FHD TN液晶(1920x1080)、光沢なし
CPU AMD Ryzen 5 3500U プロセッサー(2.10GHz、2MB)
メモリ 8GB PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM (内、オンボード4GB)(1スロット)
インチ 14.0インチ
駆動時間 11.0時間
発売時期 2019/5
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

コスパ良好な薄型ノート

Lenovoの低価格ノートシリーズ「IdeaPad」の14インチモデルです。CPUにはIntelモデルとAMDモデルがあり、それぞれPentiumからCore i7、AthronからRyzenまで幅広いCPUが選択できます。おすすめはAMDモデルのRyzen 5 3500Uを搭載したモデルで、8GBのメモリーと256GBのSSDを搭載しながら、ウェブ直販でクーポンを適用した場合、5万円台という、破格のプライスパフォーマンスを発揮します。

14インチながら重量は約1.55kgと、モバイルノートに準じた軽量さを実現しており、据え置きでの利用からモバイル利用まで幅広く対応できるため、どんなユーザーにもバランスよく対応できる1台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

レノボ『Ideapad C340(81N5001UJP)』

出典:楽天市場

本体サイズ 約364×250×20.5mm(幅×奥行き×高さ)
ディスプレイ LEDバックライト付 15.6型 FHD IPS液晶(1920×1080)、マルチタッチ対応(10点)、光沢あり
CPU インテル Core i5-8265U プロセッサー(1.60GHz、6MB)
メモリ 8GB PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM(内、オンボード4GB)(1スロット)
インチ 15.6インチ
駆動時間 約14.0時間
発売時期 2019/4
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

マルチモードで活躍する2−in-1 PC

ノートPCとタブレットPCを兼ね備えた、いわゆる2-in-1モデルが「C340」です。14インチモデル(Intel、AMD)と15.6インチモデルがありますが、今回は15.6インチモデルでCore i5を搭載する、商品番号「81N5001UJP」をおすすめします。2-in-1モデルでは一般にタブレットモードにして使えるのがメリットですが、15.6インチのタブレットはさすがに大きく、また重さも約2kgと、片手で持つには厳しいものがあります。

しかし、最初から机の上で使うタブレットとして考えた場合、作業領域が広く快適に使え、複数人でも見やすいため、ブレインストーミングもはかどるでしょう。またテントモードで使えば、個人相手のプレゼンテーションも効率よくおこなえます。個人利用はもとより、グループワークを多くおこなう人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

レノボ『ThinkPad X1 Extreme(2019)』

レノボ『ThinkPad X1 Extreme(2019)』

出典:www.lenovo.com

本体サイズ 約361.8×245.7×18.7mm Touch/約 361.8×245.7×18.4mm No-touch
ディスプレイ LEDバックライト付 15.6型 UHD DOLBY Vision IPS液晶(3840×2160、16:9)
CPU インテル Core i7-9750H プロセッサー(2.60GHz、12MB)
メモリ -
インチ 15.6インチ
駆動時間 最大約15.6時間
発売時期 2019
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

最上位の性能を薄型ボディに凝縮

薄型ながら最高の性能を詰め込んだ、ThinkPadのフラッグシップモデルです。ディスプレイには4K解像度を選択でき、NVIDIAのGPUを搭載可能など、最高性能を発揮するためのパーツが惜しみなく投入されています。おすすめのモデルは、Core i7−9850Hと32GBのメモリを搭載し、4Kディスプレイを採用した「プレミアム(UHD搭載)」モデルです。

GPUにはGeForce GTX1650を搭載しており、最新のゲームでも快適に動作します。もちろん、ThinkPadの象徴であるTrack Pointも健在で、ホームポジションから手を離すことなくマウスカーソルを操作できます。値段も最高クラスですが、ビデオ編集や3D CGなどヘビーな処理をこなしたいユーザーにおすすめしたい最強構成のモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

レノボ『Chromebook S330』

出典:Amazon

本体サイズ 約325.7×232.4×20.8mm(幅×奥行き×高さ)
ディスプレイ LEDバックライト付 14.0型 HD TN液晶(1366×768)、光沢なし
CPU MediaTek MT8173C(2.10GHz、1MB)
メモリ 4.0GB LPDDR3-1866 LPDDR3(オンボード)1866MHz(0スロット)
インチ 14.0インチ
駆動時間 約10時間
発売時期 2019/6
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

ネットワーク利用前提の非Windowsノート

ちょっと変わり種としておすすめしたいのが、Googleが開発する「Chrome OS」を搭載した「Chromebook S330」です。Chrome OSはウェブアプリやAndroid用アプリが動作するLinuxベースのOSで、海外では教育機関などで広く使われています。日本ではまだそれほど普及はしていませんが、Googleドキュメントを使ってワープロや表計算も利用でき、動画や音楽の再生もスマートフォン並みにおこなえます。

すべてのデータはバックアップがクラウド上に作られるため、たとえハードを失ってもすぐ次の機種で元通りの環境が再現できるという安全性の高さがウリです。また、ハードウェア的にはCPUにはスマートフォンと同じARM系のものが使われ、安価で省電力という特徴があります。日ごろのパソコン利用でWindowsアプリに依存する率が低い場合、ちょっと他人とは違う選択肢として選んでみてはいかがでしょうか。

「レノボ・ノートパソコン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
レノボ『ThinkPad E595』
レノボ『IdeaPad S340(14、AMD)(81NB0029JP)』
レノボ『Ideapad C340(81N5001UJP)』
レノボ『ThinkPad X1 Extreme(2019)』
レノボ『Chromebook S330』
商品名 レノボ『ThinkPad E595』 レノボ『IdeaPad S340(14、AMD)(81NB0029JP)』 レノボ『Ideapad C340(81N5001UJP)』 レノボ『ThinkPad X1 Extreme(2019)』 レノボ『Chromebook S330』
商品情報
特徴 完成度の高いスタンダードモデル コスパ良好な薄型ノート マルチモードで活躍する2−in-1 PC 最上位の性能を薄型ボディに凝縮 ネットワーク利用前提の非Windowsノート
本体サイズ 約369×252×19.95mm(幅×奥行き×高さ) 約322.7×230.5×17.9mm(幅×奥行き×高さ) 約364×250×20.5mm(幅×奥行き×高さ) 約361.8×245.7×18.7mm Touch/約 361.8×245.7×18.4mm No-touch 約325.7×232.4×20.8mm(幅×奥行き×高さ)
ディスプレイ LEDバックライト付 15.6型 FHD IPS液晶(1920x1080、16:9)、光沢なし LEDバックライト付 14.0型 FHD TN液晶(1920x1080)、光沢なし LEDバックライト付 15.6型 FHD IPS液晶(1920×1080)、マルチタッチ対応(10点)、光沢あり LEDバックライト付 15.6型 UHD DOLBY Vision IPS液晶(3840×2160、16:9) LEDバックライト付 14.0型 HD TN液晶(1366×768)、光沢なし
CPU AMD Ryzen 5 3500U プロセッサー(3.60GHz、4MB) AMD Ryzen 5 3500U プロセッサー(2.10GHz、2MB) インテル Core i5-8265U プロセッサー(1.60GHz、6MB) インテル Core i7-9750H プロセッサー(2.60GHz、12MB) MediaTek MT8173C(2.10GHz、1MB)
メモリ 8GB(4+4) DDR4 2400MHz SoDIMM(2スロット) 8GB PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM (内、オンボード4GB)(1スロット) 8GB PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM(内、オンボード4GB)(1スロット) - 4.0GB LPDDR3-1866 LPDDR3(オンボード)1866MHz(0スロット)
インチ 15.6インチ 14.0インチ 15.6インチ 15.6インチ 14.0インチ
駆動時間 約9.3時間 11.0時間 約14.0時間 最大約15.6時間 約10時間
発売時期 2019/6 2019/5 2019/4 2019 2019/6
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月16日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする レノボ・ノートパソコンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのレノボ・ノートパソコンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:Lenovoランキング
楽天市場:ノートPCランキング
Yahoo!ショッピング:「レノボ ノートパソコン」ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ThinkとついてもBookとPadは別系統 ITライターのアドバイス

ITライター

Lenovoの「ThinkPad」はもともとIBMから取得したブランドで、おもに企業ユース向けという位置付けで進化を続けてきました。IBM時代から同じデザイン系統でデスクトップ機も含めた「Think」シリーズが展開されていましたが、「ThinkBook」というブランドはLenovoに移行したあとに追加されたものです。

このため同じ「Think」でもデザインや「Track Point」といったThinkPadを特徴付ける機能はThinkBookシリーズには受け継がれていません。ThinkPadファンの人は気をつけましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/02/10 一部本文・商品情報の修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

デスクがごちゃごちゃしていて、仕事に集中できない。そんなときに活躍してくれるのがモニターアームです。ただし、種類も豊富なのでどれが自分に合うのかは悩みどころ。そこで、各商品の特徴や選び方をこの記事で解説していきます。また、家電販売員・たろっささんと編集部が選んだおすすめ商品も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。


メカニカルキーボードのおすすめ20選|打鍵感とロールオーバー数が重要!

メカニカルキーボードのおすすめ20選|打鍵感とロールオーバー数が重要!

打鍵感の気持ちよさからユーザーが多い「メカニカルキーボード」。国内・海外のさまざまなメーカーから製品がリリースされ、「ゲーミングキーボード」とも呼ばれてます。ここでは、メカニカルキーボードの選び方に加え、プロの家電販売員のたろっささんと編集部が選んだ商品20選を紹介します。使い勝手のよいメカ二カルキーボードを見つけて、PC作業に、ゲームプレイに、快適に使いましょう!


パンタグラフキーボードおすすめ20選|ピッチ・ストローク・タイプで選ぶ!

パンタグラフキーボードおすすめ20選|ピッチ・ストローク・タイプで選ぶ!

薄型で軽いタッチが特徴のパンタグラフキーボード。デスクトップパソコン用だけでなく、スマートフォンやタブレットに対応している機種など多くの種類があります。そこで本記事では、IT環境保守リペアラーの古賀竜一さんと編集部が選ぶパンタグラフキーボードのおすすめ20選をご紹介します。特徴やほかのキースイッチとの違い、選び方のポイントなども解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


ハンディスキャナおすすめ10選|アイリスオーヤマ、ブラザーの人気製品など

ハンディスキャナおすすめ10選|アイリスオーヤマ、ブラザーの人気製品など

IT・家電ライターである河原塚英信さんに監修いただき、ハンディスキャナのおすすめ商品と選び方をご紹介します。据え置きタイプのスキャナーや複合機などがなくても、書類や図面、写真などを手軽に写しとれる便利なハンディスキャナ。「場所を選ばずに使える」という手軽さが魅力です。どれを選べばいいか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。


無線LANルーター おすすめ15選と選び方|利用環境や使い方に合わせて比較しよう

無線LANルーター おすすめ15選と選び方|利用環境や使い方に合わせて比較しよう

電子機器をWiFi接続するために必要な無線LANルーター。最近はインターネットにつないで使う家電が増えており、快適なネット環境を整えるために無線LANルーターを探している方もいらっしゃるのではないでしょうか? この記事では、無線LANルーターの選び方のほか、プロの家電販売員のたろっささんと編集部で選んだおすすめ商品をご紹介します。高性能なものからリーズナブルなものまで揃えているので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る