PR(アフィリエイト)

防災向けレインコートのおすすめ6選|日常でも防災でもピッタリの商品を紹介

アイトス ディアプレックス『全天候型ジャケット』
出典:Amazon
アイトス ディアプレックス『全天候型ジャケット』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

この記事では、防災用におすすめのレインコートと選び方を紹介していきます。

雨や雪の中を避難して、濡れた身体を長時間放置すると、地域や季節によっては命を失う危険も。平時であればタオルで拭いたり、着替えをしたり、温かい飲み物を飲んだりすることができますが、非常時の場合は長時間そのままで過ごさなければならないおそれがあります。

大雨による浸水からの避難はもちろん、大地震で避難をする際も晴れているとは限りません。避難時は、安全のために両手をあけることが望ましいため、傘ではなくレインウェアが望ましい装備となります。

防災向けのレインコートをお探しの方は、ぜひこの記事を参考してみてください。


目次

全てを見る全てを見る

マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨・日用品
平野 慎也

「生活雑貨・日用品」カテゴリー担当。妻と娘が二人で料理をしているのをほほえましく眺めながら、息子と食べる担当になっている30代編集者。あると便利な日用品を買っても使わず、怒られているのは内緒。

防災向けレインコートの選び方

防災向けレインコートを選ぶときのポイントは下記の4つ。

【1】セパレートタイプが動きやすい
【2】耐水圧は10,000mm以上を目安に
【3】透湿度は12,000g以上が安心
【4】日常遣いも視野に入れる

上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】セパレートタイプのウェアを選ぶ

 
備え・防災アドバイザー:高荷 智也

備え・防災アドバイザー

防災用レインコートの目的は、とにかく身体を濡らさないことです。

たとえば、ポンチョタイプのウェアはリュックの上から手軽に羽織れるなどのメリットがありますが、強い雨の場合や足下が浸水している場合は、下半身を守ることができません。そのため、上着とズボンが別々になっているセパレートタイプのレインコートを準備するのが適しています。

きちんとしたフードがついたセパレートのウェアであれば、全身を水濡れから保護することができ、また風を防ぐウインドブレーカーとしての利用や、濡れた服を乾かす間の着替えとしても活用することができます。

【2】防水性能「耐水圧」10,000mm以上を選ぶ

レインウェアを着て背を向ける人の画像
Pixabayのロゴ
レインウェアを着て背を向ける人の画像
Pixabayのロゴ
備え・防災アドバイザー:高荷 智也

備え・防災アドバイザー

レインコートに使われる防水素材はさまざまですが、防水性能は「耐水圧」という数字で比較できます。

傘やテントのように、ただ雨を受け止めるだけであれば、耐水圧500mmで小雨から、1,000mmで中程度の雨から、1,500mmで大雨から、3,000mmで台風などの打ちつける雨から水の浸入を防ぐことが可能です。

一方、レインコートの場合は、歩いたりしゃがんだり座ったりするため、場所により強い圧力がかかります。そのため、中程度の雨なら2,000mm、大雨なら10,000mm、台風クラスの雨を想定するなら20,000mm程度の耐水圧が必要です。商品を選ぶときは、耐水圧ができれば20,000mm以上、最低でも10,000mmを目安にしましょう。

【3】蒸れ防止性能「透湿度」12,000g以上が安心

 
備え・防災アドバイザー:高荷 智也

備え・防災アドバイザー

耐水圧とあわせて重要な性能レベルが「透湿度」です。耐水圧は水をとおさない素材を使えば強化できますが、水の浸入を防ぐということは、逆に内側からの湿気も外に出せなくなります。

いわゆるビニール製のレインコートなどは、安価な割に防水性能が高いです。しかし、避難行動中にかいた汗がひたすら内側にたまるためサウナスーツ状態となり、雨ではなく自分の汗で身体が濡れてしまうことに。

そのため、レインウェア内の湿気を外に出す透湿性能を持った素材を選ぶことが重要です。徒歩避難による蒸れを防ぐ場合は「12,000g/m2・24h」、駆け足を含む激しい運動をともなう避難を想定する場合は「24,000g/m2・24h」以上の透湿度が求められます。

【4】できれば日常使いできるウェアを選ぶ

 
備え・防災アドバイザー:高荷 智也

備え・防災アドバイザー

きちんとした性能を持つ防災向けレインコートは総じて高価ですし、また雨具は避難時に必ず利用するとも限りません。防災向けレインコートは、命を守るために重要な防災グッズですが、コストパフォーマンスで考えると準備が難しいアイテムでもあります。

雨具に限ったことではありませんが、グッズは「防災専用」に準備するのではなく、できるだけふだんから使える道具を「防災にも」使えるようにすることがポイント。アウトドアやスポーツ、通勤通学でレインコートを利用するのであれば、日常使いできるものを購入し、災害時にも利用できるようにするのがおすすめです。

防災向けレインコートおすすめ6選

防災向けレインコートの選び方のポイントをふまえて、編集部が厳選したおすすめ商品を紹介します。

高性能なものから、家族分準備するのにぴったりの標準的なタイプのものまで幅広くピックアップしてもらいました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

エキスパートのおすすめ

アイトス ディアプレックス『全天候型ジャケット』

アイトスディアプレックス『全天候型ジャケット』 アイトスディアプレックス『全天候型ジャケット』 アイトスディアプレックス『全天候型ジャケット』 アイトスディアプレックス『全天候型ジャケット』 アイトスディアプレックス『全天候型ジャケット』 アイトスディアプレックス『全天候型ジャケット』 アイトスディアプレックス『全天候型ジャケット』
出典:Amazon この商品を見るview item

ラージサイズも豊富な充分スペックのレインウェア

ワーキングウェアをはじめとする、各種ウェアを製造する日本のメーカー、アイトス社が製造するレインコートです。同性能で、デザインやカラーの異なるウェアが複数展開されています。

耐水圧30,000mm、透湿度16,000g/m2・24hと、全力で走り続けるような状況でなければ問題のない性能です。

比較的手ごろな価格ですので、「最高級品でなくてもいいけれど充分なスペックのウェアがほしい」という場合にぴったり。もちろん、ふだん使いと兼用でも問題ありません。

また、サイズがS~5Lの7段階で展開されており、しっかりとしたラージサイズのレインウェアがほしい方にもおすすめです。

商品タイプ ジャケット
サイズ展開 S、M、L、LL、3L、4L、5L
耐水圧 30,000mm
透湿度 16,000g/m2・24hrs
カラー展開 ブルー×チャコール、ブラック×チャコール、スチールブルー×チャコール、ミントグリーン×チャコール、オレンジ×チャコール
全てを見る全てを見る

商品タイプ ジャケット
サイズ展開 S、M、L、LL、3L、4L、5L
耐水圧 30,000mm
透湿度 16,000g/m2・24hrs
カラー展開 ブルー×チャコール、ブラック×チャコール、スチールブルー×チャコール、ミントグリーン×チャコール、オレンジ×チャコール
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

アイトス ディアプレックス『全天候型パンツ』

アイトスディアプレックス『全天候型パンツ』 アイトスディアプレックス『全天候型パンツ』
出典:Amazon この商品を見るview item

ジャケット同様サイズ展開が豊富

3商品めのジャケットの対として販売されているレインパンツです。性能はジャケットと同じ耐水圧30,000mm、透湿度16,000g/m2・24hです。

パンツの場合、濡れた場所に座ったときに高い圧力がかかるため、耐水圧が低いと水が浸透してくるおそれがあります。そのため、ジャケットと同様の耐水圧性能が求められています。

このパンツもジャケット同様、サイズがS~5Lの7段階で展開されています。サイズが上がるにつれてウエストサイズも大きくなるため、よりフィットさせやすいというメリットがあります。

商品タイプ パンツ
サイズ展開 S、M、L、LL、3L、4L、5L
耐水圧 30,000mm
透湿度 16,000g/m2・24hrs
カラー展開 ネイビー、ブラック、チャコール、スチールブルー、オレンジ
全てを見る全てを見る

商品タイプ パンツ
サイズ展開 S、M、L、LL、3L、4L、5L
耐水圧 30,000mm
透湿度 16,000g/m2・24hrs
カラー展開 ネイビー、ブラック、チャコール、スチールブルー、オレンジ
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

トオケミ Field Equipage『全天候型レインウェア』

トオケミFieldEquipage『全天候型レインウェア』 トオケミFieldEquipage『全天候型レインウェア』 トオケミFieldEquipage『全天候型レインウェア』 トオケミFieldEquipage『全天候型レインウェア』 トオケミFieldEquipage『全天候型レインウェア』 トオケミFieldEquipage『全天候型レインウェア』 トオケミFieldEquipage『全天候型レインウェア』
出典:Amazon この商品を見るview item

最低要件をクリアした手軽に準備できるレインウェア

日本のレインウェア総合メーカー、トオケミ社が製造する商品です。性能としては、耐水圧10,000mm、透湿度5,000g/m2・24hと決して高くはありませんが、台風の中を走って逃げるのでなければ充分といえるでしょう。

上下セットで販売されており、価格的にも家族全員分そろえやすいため、「それなりの性能・それなりの価格」のウェアを準備したい場合には、バランスのよいアイテムであるといえます。

また、色展開も豊富で、なかでもプラチナホワイトカラーは、ほかのメーカーの商品では見られない「かわいい」色合いになっています。ふだん使いもしやすいため、女性にもおすすめです。

商品タイプ 上下セット
サイズ展開 S、M、L、LL、3L、4L
耐水圧 10,000mm
透湿度 5,000g/m2・24hrs
カラー展開 ブラック、ブルー、ライム、迷彩グレー、プラチナホワイト ほか
全てを見る全てを見る

商品タイプ 上下セット
サイズ展開 S、M、L、LL、3L、4L
耐水圧 10,000mm
透湿度 5,000g/m2・24hrs
カラー展開 ブラック、ブルー、ライム、迷彩グレー、プラチナホワイト ほか
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

ワークマン『3レイヤー透湿ストレッチレインスーツ R1300』

ワークマン『3レイヤー透湿ストレッチレインスーツR1300』 ワークマン『3レイヤー透湿ストレッチレインスーツR1300』 ワークマン『3レイヤー透湿ストレッチレインスーツR1300』 ワークマン『3レイヤー透湿ストレッチレインスーツR1300』 ワークマン『3レイヤー透湿ストレッチレインスーツR1300』 ワークマン『3レイヤー透湿ストレッチレインスーツR1300』 ワークマン『3レイヤー透湿ストレッチレインスーツR1300』 ワークマン『3レイヤー透湿ストレッチレインスーツR1300』
出典:Amazon この商品を見るview item

販売実績が豊富で安心、コスパもよし

作業服や作業関連用品を販売する全国チェーンの日本企業、ワークマン社が製造販売する商品です。耐水圧20,000mm、透湿度3,000g/m2・24hというスペックであり、防災用のレインコートとして必要な性能を満たしています。

また、ストレッチ素材を使っており動きやすいのも特徴。必要な性能は満たしており、販売実績もすぐれているメーカーですので、デザインや色の好み、費用、手に入りやすさなどで比較して選ぶとよいでしょう。比較的手に入りやすく、コスパにすぐれた防災向けレインコートを探している方におすすめです。

商品タイプ 上下セット
サイズ展開 S、M、L、LL、3L
耐水圧 20,000mm
透湿度 ,000g/m2・24hrs
カラー展開 シルバー、レッド、ネイビー
全てを見る全てを見る

商品タイプ 上下セット
サイズ展開 S、M、L、LL、3L
耐水圧 20,000mm
透湿度 ,000g/m2・24hrs
カラー展開 シルバー、レッド、ネイビー
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

モンベル『ストームクルーザー ジャケット Men's』

濡れず・蒸れず・動きやすくて避難にぴったり

日本のアウトドア総合メーカー、モンベル社が製造しているアウトドア向けのレインコートです。特筆すべきはその性能で、耐水圧50,000mm、透湿度35,000g/m2・24hと充分なスペックを持っています。

私自身もこのウェアを愛用しており、雨天時、登山時、また冬は毎日着用するという使い方を4年間繰り返していますが、劣化する様子もなく、台風クラスの大雨の直撃を受けたり、登山でハードに使用したり、1日雨の中を歩き続けたりしても雨で濡れることはありません。

上下でそろえるとお値段が張りますが、そのぶん高性能で価値ある一品だいえます。防災専用ではなく、アウトドアやスポーツでも兼用したい方におすすめのアイテムです。

商品タイプ ジャケット
サイズ展開 S、M、L、XL
耐水圧 50,000mm以上
透湿度 35,000g/m2・24hrs
カラー展開 ブラウンサンド、ダークチャコール、ダークティール、マスタード、プライムグリーン、プライマリーブルー、レッド
全てを見る全てを見る

商品タイプ ジャケット
サイズ展開 S、M、L、XL
耐水圧 50,000mm以上
透湿度 35,000g/m2・24hrs
カラー展開 ブラウンサンド、ダークチャコール、ダークティール、マスタード、プライムグリーン、プライマリーブルー、レッド
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

モンベル『ストームクルーザー パンツ Men's』

モンベル『ストームクルーザーパンツMen's』 モンベル『ストームクルーザーパンツMen's』 モンベル『ストームクルーザーパンツMen's』 モンベル『ストームクルーザーパンツMen's』
出典:Amazon この商品を見るview item

ジャケットとあわせて準備をしたいレインパンツ

1商品めのジャケットと対で販売されているレインパンツです。同じ素材で作られていますので、上下を着用することで台風クラスの大雨の直撃を受けても、体を濡らすことなく移動することが可能。

また、裾が大きく開くジッパーがついているため、靴を脱がなくても着脱ができるのも便利です。サイズとしては、ウエストサイズが同じで丈だけ短くしたショートタイプと、丈を長くしたロングタイプが展開されています。体型に合わせた選択が可能なところもおすすめポイントです。

商品タイプ パンツ
サイズ展開 S、M、L、XL、M-S(ショート)、L-S(ショート)、XL-S(ショート)、S-L(ロング)、他全11サイズ
耐水圧 50,000mm以上
透湿度 35,000g/m2・24hrs
カラー展開 ブラック、インディゴ、オレンジレッド、シャドウ
全てを見る全てを見る

商品タイプ パンツ
サイズ展開 S、M、L、XL、M-S(ショート)、L-S(ショート)、XL-S(ショート)、S-L(ロング)、他全11サイズ
耐水圧 50,000mm以上
透湿度 35,000g/m2・24hrs
カラー展開 ブラック、インディゴ、オレンジレッド、シャドウ
全てを見る全てを見る

「防災向けレインコート」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
アイトス ディアプレックス『全天候型ジャケット』
アイトス ディアプレックス『全天候型パンツ』
トオケミ Field Equipage『全天候型レインウェア』
ワークマン『3レイヤー透湿ストレッチレインスーツ R1300』
モンベル『ストームクルーザー ジャケット Men's』
モンベル『ストームクルーザー パンツ Men's』
商品名 アイトス ディアプレックス『全天候型ジャケット』 アイトス ディアプレックス『全天候型パンツ』 トオケミ Field Equipage『全天候型レインウェア』 ワークマン『3レイヤー透湿ストレッチレインスーツ R1300』 モンベル『ストームクルーザー ジャケット Men's』 モンベル『ストームクルーザー パンツ Men's』
商品情報
特徴 ラージサイズも豊富な充分スペックのレインウェア ジャケット同様サイズ展開が豊富 最低要件をクリアした手軽に準備できるレインウェア 販売実績が豊富で安心、コスパもよし 濡れず・蒸れず・動きやすくて避難にぴったり ジャケットとあわせて準備をしたいレインパンツ
商品タイプ ジャケット パンツ 上下セット 上下セット ジャケット パンツ
サイズ展開 S、M、L、LL、3L、4L、5L S、M、L、LL、3L、4L、5L S、M、L、LL、3L、4L S、M、L、LL、3L S、M、L、XL S、M、L、XL、M-S(ショート)、L-S(ショート)、XL-S(ショート)、S-L(ロング)、他全11サイズ
耐水圧 30,000mm 30,000mm 10,000mm 20,000mm 50,000mm以上 50,000mm以上
透湿度 16,000g/m2・24hrs 16,000g/m2・24hrs 5,000g/m2・24hrs ,000g/m2・24hrs 35,000g/m2・24hrs 35,000g/m2・24hrs
カラー展開 ブルー×チャコール、ブラック×チャコール、スチールブルー×チャコール、ミントグリーン×チャコール、オレンジ×チャコール ネイビー、ブラック、チャコール、スチールブルー、オレンジ ブラック、ブルー、ライム、迷彩グレー、プラチナホワイト ほか シルバー、レッド、ネイビー ブラウンサンド、ダークチャコール、ダークティール、マスタード、プライムグリーン、プライマリーブルー、レッド ブラック、インディゴ、オレンジレッド、シャドウ
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 防災向けレインコートの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での防災向けレインコートの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:【メンズ】レインウェアランキング
Amazon:【レディース】レインウェアランキング
楽天市場:レインウェア上下セットランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

防災関連の記事はこちら 関連記事

レインコートは防寒着としても活用する

備え・防災アドバイザー:高荷 智也

備え・防災アドバイザー

防災向けレインコートは、雨や雪だけでなく風をさえぎることもできますので、屋外避難時のウインドブレーカーとしても活用できます。そのため、雨天時専用と考えず、屋外用の補助ウェア全般として使うとよいでしょう。

また、透湿度の高いレインコートは、蒸れない防寒着としても活用できます。ただし、体に密着すると透湿性能を充分に活かすことができないので注意しましょう。セーターやフリースなど、空気を溜めやすい服の外側にレインコートを着込めば、蒸れない防寒着として冬場の避難所や停電した自宅などで活用できます。

上下セットにするとさらに効果的ですので、あわせて購入するとよいでしょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button