Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ5選|ITライターが選び方も解説

Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ5選|ITライターが選び方も解説
ITライター
海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

Bluetoothは代表的な無線の規格ですが、Bluetoothに対応していればどんな機器でもBluetoothヘッドホンなどと接続できるわけではありません。たとえば、Bluetoothオーディオに対応していないテレビやゲーム機などはBluetooth機能を内蔵していてもBluetoothヘッドホンと接続できるわけではないのです。しかし、そうした機器でもBluetoothオーディオトランスミッターを使うことでBluetoothヘッドホンと接続できるようになります。本記事では、ITライターの海老原 昭さんへの取材をもとに、Bluetoothオーディオトランスミッターを選ぶときに見ておきたいポイントを解説し、おすすめ商品を紹介します。


Bluetoothオーディオトランスミッターの選び方 ITライターが解説

ITライターの海老原 昭さんに、Bluetoothオーディオトランスミッターを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

ヘッドホン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

Bluetoothオーディオトランスミッターを使えば、Bluetoothオーディオに対応していないPS4などでもBluetoothヘッドホンでゲームがプレイできます。

コーデックで選ぶ

ITライター

Bluetoothではオーディオを飛ばすとき、おもに3種類のコーデック(圧縮技術)が使われます。標準のコーデックは「SBC」で、これはBluetoothオーディオでは必ずサポートされるコーデックなので、対応機種が多い反面、圧縮時のタイムラグや高音部が消えてしまうなど、音質が下がってしまうというデメリットもあります。

これに対して「aptX」や「AAC」といったコーデックは、タイムラグがほとんどなく、また圧縮率が低かったり高音域を消してしまうことがないため、より高音質でレスポンスのいい音を楽しめます。とくにテレビの音声を送信する場合、映像と音の同期(リップシンク)がズレると違和感があるため、これらの低遅延コーデックをサポートした機器が有利です。

Buffalo BSHSBTR500シリーズ『BSHSBTR500BK』

遅延の少ないaptX LLに対応したBluetoothオーディオトランスミッター。映像と音声のズレを小さくして違和感なく映画などのコンテンツを楽しめます。

>> Amazonで詳細を見る

インターフェースで選ぶ

ITライター

オーディオトランスミッターはオーディオ機器から流れてくる音声信号を変換して電波(Bluetooth)で飛ばす製品です。このため、オーディオ機器側と接続するためのインターフェースが必要になります。インターフェースの種類としては、AUX(ステレオミニジャック)やS/PDIF(光デジタル端子)、オーディオ端子(RCA)などが挙げられます。

汎用性が高いのはAUXですが、そのほかの端子があれば、オーディオアンプなどから劣化の少ない状態で接続できます。使用する音源に合わせたインターフェースを持つ機器を選びましょう。

ハイレゾ対応で選ぶ

ITライター

Bluetoothは通信速度が遅いため、音声データを飛ばすさいに圧縮をかけますが、ハイレゾ音源などに対応するべく、より高音質なコーデックも採用されています。それがソニーが開発した「LDAC」と、米クアルコム社が開発した「aptX HD」です。

いずれもCDを超える48kHz/24bit以上のオーディオデータを扱うことができ、ハイレゾ音源が持つ、場の空気感も含んだ音声を無線で飛ばすことができます。対応する機器はまだ少ないですが、Android 8.0が正式サポートしたこともあり、今後は対応製品が増える可能性も高いです。なにより、高音質を追求したい人は要注目です。

Inateck『AptX HD Wireless Bluetooth Adapter BR1008』

ハイレゾ対応のコーデック「aptX HD」に対応。LEDの点滅で、使用中のオーディオコーデックとステータスを確認できます。

>> 楽天市場で詳細を見る

Bluetoothオーディオトランスミッターのおすすめ5選 ITライター厳選

ご紹介したBluetoothオーディオトランスミッターの選び方のポイントをふまえて、ITライターの海老原 昭さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Anker『Soundsync(A3341011)』

Anker『Soundsync(A3341011)』 Anker『Soundsync(A3341011)』 Anker『Soundsync(A3341011)』 Anker『Soundsync(A3341011)』 Anker『Soundsync(A3341011)』 Anker『Soundsync(A3341011)』 Anker『Soundsync(A3341011)』 Anker『Soundsync(A3341011)』 Anker『Soundsync(A3341011)』

出典:Amazon

コーデック SBC、AAC、aptX、aptX HD
インターフェース AUX、RCA、SPDIF
ハイレゾ対応 -
Bluetooth規格 5.0
通信距離 10m
本体サイズ 70×70×22mm
重量 約51.5g
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

光デジタル対応のトランスミッター/レシーバー

オーディオ入力インターフェースとして、ステレオミニジャック、RCA(ミニジャックからの変換アダプター経由)に加えて光デジタル端子(S/PDIF)も備えたトランスミッターです。レシーバーモードも備えており、このさいの出力にも光デジタルが利用できます。

トランスミッターとしては同時に2台まで送信できるため、ヘッドホンなどで2人まで同じ音声を楽しめます。サイズが大きいため据え置きでの利用が中心となりますが、テレビやオーディオなど、音源を問わずに利用できる汎用性が魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Buffalo BSHSBTR500シリーズ『BSHSBTR500BK』

BuffaloBSHSBTR500シリーズ『BSHSBTR500BK』 BuffaloBSHSBTR500シリーズ『BSHSBTR500BK』 BuffaloBSHSBTR500シリーズ『BSHSBTR500BK』 BuffaloBSHSBTR500シリーズ『BSHSBTR500BK』 BuffaloBSHSBTR500シリーズ『BSHSBTR500BK』

出典:Amazon

コーデック SBC、aptX、aptX LL
インターフェース -
ハイレゾ対応 ×
Bluetooth規格 4.2
通信距離 約10m
本体サイズ 29×56×7mm
重量 約14g
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

aptX LL対応のトランスミッター/レシーバー

ステレオミニジャックを内蔵した小型のトランスミッターです。最大の特徴は、低遅延性能をさらに強化した「aptX LL」をサポートしている点。aptX LLをサポートしていない機器とはaptXやSBCで接続します。

また、トランスミッターとレシーバーの両方に切り替えて利用できるので、受信機がない場合も2台組み合わせれば、送受信ともにaptX LLを使って低遅延で高音質な音声を楽しめます(最大で送信1台・受信7台まで同時接続可能)。コンパクトさと遅延の少なさから、ゲーム機やテレビの音声の無線化を考えている人にぴったりでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Aukey『Bluetoothトランスミッター&レシーバー(BT-C6)』

Aukey『Bluetoothトランスミッター&レシーバー(BT-C6)』 Aukey『Bluetoothトランスミッター&レシーバー(BT-C6)』 Aukey『Bluetoothトランスミッター&レシーバー(BT-C6)』 Aukey『Bluetoothトランスミッター&レシーバー(BT-C6)』 Aukey『Bluetoothトランスミッター&レシーバー(BT-C6)』 Aukey『Bluetoothトランスミッター&レシーバー(BT-C6)』 Aukey『Bluetoothトランスミッター&レシーバー(BT-C6)』 Aukey『Bluetoothトランスミッター&レシーバー(BT-C6)』

出典:Amazon

コーデック SBC、AAC、aptX、aptX LL
インターフェース AUX、SPDIF
ハイレゾ対応 ×
Bluetooth規格 5.0
通信距離 最大10m
本体サイズ 67×67×20mm
重量 43g
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

多彩なコーデックに対応した商品!

SBCに加えてAAC、aptX、aptX LLといった多彩なコーデックをサポートしているトランスミッター/レシーバーです。対応している機器であれば低遅延なオーディオを受信でき、非対応であってもSBCで互換性はキープできるので、受信側を選ばないという点でたいへん優秀です。

オーディオインターフェースもステレオミニジャックに加えて光デジタル(S/PDIF)をサポートしており、オーディオアンプなどにデジタル接続が可能です。多彩なコーデックサポートと多彩なインターフェースから、既存オーディオ機器の無線化に活用したい一台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Inateck『AptX HD Wireless Bluetooth Adapter BR1008』

Inateck『AptXHDWirelessBluetoothAdapterBR1008』 Inateck『AptXHDWirelessBluetoothAdapterBR1008』 Inateck『AptXHDWirelessBluetoothAdapterBR1008』

出典:楽天市場

コーデック SBC、AAC、aptX、aptX LL、aptX HD
インターフェース AUX
ハイレゾ対応
Bluetooth規格 4.1
通信距離 10~30m
本体サイズ 43.8×43.8×12.4mm
重量 18g
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

ハイレゾ対応のトランスミッター

ハイレゾ対応のコーデック「aptX HD」に対応したトランスミッター/レシーバーです。aptX HD対応の機器への伝送はもちろん、レシーバーモードにした本機と合わせれば、非対応機器でもハイレゾ音源の無線化に対応できます。また低遅延の「aptX LL」にも対応しており、受信モードではAACもサポートします。

オーディオインターフェースはステレオミニジャックとオーディオ端子(RCA、アダプター経由)だけですが、オーディオアンプなどと繋いでなるべくいい音源を流せるようにしたいところです。見た目の印象より小さいため、ポケットに入れても邪魔にならず、モバイルでも利用可能です。ハイレゾ志向の人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Taotronics『トランスミッター(TT-BA09)』

Taotronics『トランスミッター(TT-BA09)』 Taotronics『トランスミッター(TT-BA09)』 Taotronics『トランスミッター(TT-BA09)』 Taotronics『トランスミッター(TT-BA09)』 Taotronics『トランスミッター(TT-BA09)』 Taotronics『トランスミッター(TT-BA09)』 Taotronics『トランスミッター(TT-BA09)』

出典:Amazon

コーデック SBC、aptX、aptX LL
インターフェース AUX、SPDIF
ハイレゾ対応 ×
Bluetooth規格 5.0
通信距離 最大30m
本体サイズ 60×60mm
重量 -
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

電波が遠くまで飛ぶので家中で視聴可能

通常のBluetoothトランスミッターの有効距離が10m程度のなか、公称で30m程度まで届く、電波強度の強い製品です。たとえばほかの機器ではリビングから台所へ行くとうまく音声が聞き取れない、といったようなケースでも、電波強度が強い本製品ならきちんと届く可能性があります。

aptX LLをサポートしているほか、オーディオインターフェースにはステレオミニジャックと光デジタル(S/PDIF)もサポートしており、基本性能の高さが光る1台です。ノイズや接続で悩んでいる人は検討する価値があるでしょう。

「Bluetoothオーディオトランスミッター」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Anker『Soundsync(A3341011)』
Buffalo BSHSBTR500シリーズ『BSHSBTR500BK』
Aukey『Bluetoothトランスミッター&レシーバー(BT-C6)』
Inateck『AptX HD Wireless Bluetooth Adapter BR1008』
Taotronics『トランスミッター(TT-BA09)』
商品名 Anker『Soundsync(A3341011)』 Buffalo BSHSBTR500シリーズ『BSHSBTR500BK』 Aukey『Bluetoothトランスミッター&レシーバー(BT-C6)』 Inateck『AptX HD Wireless Bluetooth Adapter BR1008』 Taotronics『トランスミッター(TT-BA09)』
商品情報
特徴 光デジタル対応のトランスミッター/レシーバー aptX LL対応のトランスミッター/レシーバー 多彩なコーデックに対応した商品! ハイレゾ対応のトランスミッター 電波が遠くまで飛ぶので家中で視聴可能
コーデック SBC、AAC、aptX、aptX HD SBC、aptX、aptX LL SBC、AAC、aptX、aptX LL SBC、AAC、aptX、aptX LL、aptX HD SBC、aptX、aptX LL
インターフェース AUX、RCA、SPDIF - AUX、SPDIF AUX AUX、SPDIF
ハイレゾ対応 - × × ×
Bluetooth規格 5.0 4.2 5.0 4.1 5.0
通信距離 10m 約10m 最大10m 10~30m 最大30m
本体サイズ 70×70×22mm 29×56×7mm 67×67×20mm 43.8×43.8×12.4mm 60×60mm
重量 約51.5g 約14g 43g 18g -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月28日時点 での税込価格

通販サイトのBluetoothオーディオトランスミッターランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのBluetoothオーディオトランスミッターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:トランスミッタランキング 
楽天市場:FMトランスミッターランキング
Yahoo!ショッピング:自動車用FMトランスミッターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

電波の強度にも注目しよう! ITライターのアドバイス

ITライター

Bluetoothには電波の強度によって「Class」が分かれています。電波強度は電波が届く距離に比例しており、Class1が約100m以内、Class2が約10m以内、Class3が約1m以内となっています(実効距離は半分〜8割程度)。

機器からの距離が離れていたり、障害物の多い場所、無線LANなどと混線しやすい場所ではノイズが乗ったり、接続できない、音が聞こえないといったことが起きます。この場合、より強度の強いClassに対応した機器に変えれば改善するかもしれません。

なお、日本ではClass1を満たす電波強度を使うことはできないため、実際に使用可能なBluetoothの電波強度は、Class1の約100m以内に対して半分以下に落ちますが、家のなかでBluetoothを使うなら充分でしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

2019/12/28 コンテンツを追加・修正し記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年版】PCスピーカーおすすめ22選|5.1chのものやBluetooth接続可能な商品を紹介

【2020年版】PCスピーカーおすすめ22選|5.1chのものやBluetooth接続可能な商品を紹介

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんへの取材をもとに、2020年版PCスピーカー22選をご紹介します。5.1chのスピーカーや、Bluetooth接続ができるスピーカーなどをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


【2020年最新版】ソニーおすすめイヤホン26選|ノイキャン、ハイレゾ対応も!

【2020年最新版】ソニーおすすめイヤホン26選|ノイキャン、ハイレゾ対応も!

ソニーショップ店長である野田博之さんと編集部が選ぶSONY(ソニー)のイヤホンの選び方&厳選商品をランキング形式でご紹介します。ノイズキャンセリングやワイヤレス(Bluetooth)、ハイレゾ対応など最新技術をつめ込んだ高性能モデルも続々登場。自分に合ったイヤホンを見つけてみてください。


2020年【DTM向け】モニターヘッドホンおすすめ19選|密閉型・開放型など

2020年【DTM向け】モニターヘッドホンおすすめ19選|密閉型・開放型など

モニターヘッドホンとは、レコーディングやミックス作業、DTMなど音源制作現場で使われているヘッドホンです。本記事では、コール徳島店店長の野田博之さんと編集部が選ぶモニターヘッドホンをランキング形式でご紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


トランシーバーのおすすめ10選|免許不要ですぐ使える!

トランシーバーのおすすめ10選|免許不要ですぐ使える!

イベント会場や登山などのアウトドア、ツーリングやドライブなど、さまざまなシーンで活用されているトランシーバー。発売するメーカーでは、アイコムやケンウッドなどが有名です。本記事では、数あるトランシーバーのなかから、家電ジャーナリストの安蔵靖志さんと編集部おすすめの商品を10選に厳選しました。また、選び方についても解説しています。ぜひ自分に合ったトランシーバーを見つけてみてください。


【2020年】ヘッドホンおすすめ商品32選|密閉・ワイヤレス型などタイプで選ぶ

【2020年】ヘッドホンおすすめ商品32選|密閉・ワイヤレス型などタイプで選ぶ

オーディオを楽しむ際に欠かせないヘッドホン。ヘッドホンにはさまざまな種類があり、選ぼうとしても迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。そこで、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんと編集部が選ぶおすすめの2020年最新ヘッドホン32選をご紹介します。新しいヘッドホンの購入を考えている方は、参考にしてみてください。


新着記事


司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

最近は実にたくさんの法律事務所が、過払い金請求のCMなどで宣伝をしています。しかし債務整理の相談はデリケートな問題であり、周囲に知られたくないという方もいるでしょう。また、CMなどで有名なところよりも、さらに実績があって信頼できる司法書士事務所もたくさんあります。そこで本記事では、司法書士事務所のおすすめ11選をFP2級技能士の逆瀬川勇造さんの解説とともにご紹介します。債務整理以外の相談ができるところもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る