PR(アフィリエイト)

Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ6選|高音質・低遅延など

Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ6選|高音質・低遅延など
Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ6選|高音質・低遅延など

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2019年09月30日に公開された記事です。

Bluetooth非対応のオーディオ機器やテレビ、イヤホン、スピーカーなどをワイヤレス化できる「Bluetoothオーディオトランスミッター」。この記事では、Bluetoothオーディオトランスミッターの選び方とおすすめ商品を紹介します。

ワイヤレスでオーディオデータを送信する際、データを圧縮変換しています。この仕組みをコーデックと呼びますが、ハイレゾに対応したLDACやapt X、AACなどさまざまな種類があり音質に差が出てくるので、適切な製品を選ぶようにしましょう。

高音質や低遅延、USB、イヤホンジャックなどに対応した製品をピックアップしています。後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

ITライター
海老原 昭
大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndroidも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
加藤 佑一

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。炊飯器を調べたのがきっかけで、家電やガジェット周りに興味が広がる。日々、ネット・雑誌から新商品をチェックするため、欲しい家電が増えすぎてしまう。現在はドラム式洗濯機購入のため貯金中。

Bluetoothオーディオトランスミッターの選び方

Bluetoothオーディオトランスミッターを選ぶときのポイントをご紹介します。ポイントは以下の3つです。

【1】コーデック
【2】インターフェース
【3】ハイレゾ対応


上記のポイントを押さえることで、あなたに合った商品を見つけることができます。ぜひ参考にしてみてください。

【1】コーデックで選ぶ

 
Buffalo BSHSBTR500シリーズ『BSHSBTR500BK』
Buffalo BSHSBTR500シリーズ『BSHSBTR500BK』

Bluetoothではオーディオを飛ばすとき、おもに3種類のコーデック(圧縮技術)が使われます。標準のコーデックは「SBC」で、これはBluetoothオーディオでは必ずサポートされるコーデックなので、対応機種が多い反面、圧縮時のタイムラグや高音部が消えてしまうなど、音質が下がってしまうというデメリットもあります。

これに対して「aptX」や「AAC」といったコーデックは、タイムラグがほとんどなく、また圧縮率が低かったり高音域を消してしまうことがないため、より高音質でレスポンスのいい音を楽しめます。とくにテレビの音声を送信する場合、映像と音の同期(リップシンク)がズレると違和感があるため、これらの低遅延コーデックをサポートした機器が有利です。

【2】インターフェースで選ぶ

オーディオトランスミッターはオーディオ機器から流れてくる音声信号を変換して電波(Bluetooth)で飛ばす製品です。このため、オーディオ機器側と接続するためのインターフェースが必要になります。インターフェースの種類としては、AUX(ステレオミニジャック)やS/PDIF(光デジタル端子)、オーディオ端子(RCA)などが挙げられます。

汎用性が高いのはAUXですが、そのほかの端子があれば、オーディオアンプなどから劣化の少ない状態で接続できます。使用する音源に合わせたインターフェースを持つ機器を選びましょう。

【3】ハイレゾ対応で選ぶ

 
Inateck『AptX HD Wireless Bluetooth Adapter BR1008』
Inateck『AptX HD Wireless Bluetooth Adapter BR1008』

Bluetoothは通信速度が遅いため、音声データを飛ばすさいに圧縮をかけますが、ハイレゾ音源などに対応するべく、より高音質なコーデックも採用されています。それがソニーが開発した「LDAC」と、米クアルコム社が開発した「aptX HD」です。

いずれもCDを超える48kHz/24bit以上のオーディオデータを扱うことができ、ハイレゾ音源が持つ、場の空気感も含んだ音声を無線で飛ばすことができます。対応する機器はまだ少ないですが、Android 8.0が正式サポートしたこともあり、今後は対応製品が増える可能性も高いです。なにより、高音質を追求したい人は要注目です。

電波の強度にも注目しよう! ITライターのアドバイス

ITライター:海老原 昭

ITライター

Bluetoothには電波の強度によって「Class」が分かれています。電波強度は電波が届く距離に比例しており、Class1が約100m以内、Class2が約10m以内、Class3が約1m以内となっています(実効距離は半分〜8割程度)。

機器からの距離が離れていたり、障害物の多い場所、無線LANなどと混線しやすい場所ではノイズが乗ったり、接続できない、音が聞こえないといったことが起きます。この場合、より強度の強いClassに対応した機器に変えれば改善するかもしれません。

なお、日本ではClass1を満たす電波強度を使うことはできないため、実際に使用可能なBluetoothの電波強度は、Class1の約100m以内に対して半分以下に落ちますが、家のなかでBluetoothを使うなら充分でしょう。

Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ6選

ご紹介したBluetoothオーディオトランスミッターの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。

Agedate 『BT-B20』

Agedate『BT-B20』 Agedate『BT-B20』 Agedate『BT-B20』 Agedate『BT-B20』 Agedate『BT-B20』 Agedate『BT-B20』 Agedate『BT-B20』 Agedate『BT-B20』 Agedate『BT-B20』
出典:Amazon この商品を見るview item

最大22時間も連続で再生ができる!

Agedate BT-B20 は送信、受信両用のBluetoothオーディオトランスミッターです。充電容量が大きく3時間の充電で最長22時間の連続再生が可能です。また、光デジタルケーブルが付属されており、光デジタル音声対応のAV機器に接続すれば高音質の音響効果を得られます。

Bluetoothの伝送距離は最大で10m。ペアリングメモリー機能により素早くペアリングでき、音飛びや遅延もほぼないので、ノンストレスで利用できる一台です。

コーデック aptX/aptX LL/aptX HD/SBC/AAC
インターフェース AUX、SPDIF
ハイレゾ対応 -
Bluetooth規格 5
通信距離 約10m
本体サイズ -
重量 -
全てを見る全てを見る

コーデック aptX/aptX LL/aptX HD/SBC/AAC
インターフェース AUX、SPDIF
ハイレゾ対応 -
Bluetooth規格 5
通信距離 約10m
本体サイズ -
重量 -
全てを見る全てを見る

TSdrena『HEM-BLVTTRE』

TSdrena『HEM-BLVTTRE』 TSdrena『HEM-BLVTTRE』 TSdrena『HEM-BLVTTRE』 TSdrena『HEM-BLVTTRE』 TSdrena『HEM-BLVTTRE』
出典:Amazon この商品を見るview item

充電要らずで常時接続

金の延べ棒のようなデザインが目を引くTSdrena HEM-BLVTTREは、Bluetooth 5.0 対応のトランスミッター & レシーバーです。煩わしい充電作業のいらないUSB電源方式なので、テレビなどに常時接続しておけばスピーディーにペアリングが行われ、余計な待ち時間がなく音源を楽しめます。

また、3.5mmオーディオ・RCA端子にも対応しているので、車のシガーソケットとAUX端子につなぐとエンジンに連動してスイッチがオンオフでき、車載用オーディオトランスミッターとしても活躍してくれます。見た目とくらべて意外に小さく、手のひらに収まるサイズです。

コーデック SBC, AAC, aptX Low Latency, aptX
インターフェース SPDIF、AUX
ハイレゾ対応 不可
Bluetooth規格 5
通信距離 約10m
本体サイズ -
重量 160g
全てを見る全てを見る

コーデック SBC, AAC, aptX Low Latency, aptX
インターフェース SPDIF、AUX
ハイレゾ対応 不可
Bluetooth規格 5
通信距離 約10m
本体サイズ -
重量 160g
全てを見る全てを見る

BUFFALO(バッファロー)『BSHSBTR500BK』

BUFFALO(バッファロー)『BSHSBTR500BK』 BUFFALO(バッファロー)『BSHSBTR500BK』 BUFFALO(バッファロー)『BSHSBTR500BK』 BUFFALO(バッファロー)『BSHSBTR500BK』 BUFFALO(バッファロー)『BSHSBTR500BK』
出典:Amazon この商品を見るview item

aptX LL対応のトランスミッター/レシーバー

ステレオミニジャックを内蔵した小型のトランスミッターです。最大の特徴は、低遅延性能をさらに強化した「aptX LL」をサポートしている点。aptX LLをサポートしていない機器とはaptXやSBCで接続します。

また、トランスミッターとレシーバーの両方に切り替えて利用できるので、受信機がない場合も2台組み合わせれば、送受信ともにaptX LLを使って低遅延で高音質な音声を楽しめます(最大で送信1台・受信7台まで同時接続可能)。コンパクトさと遅延の少なさから、ゲーム機やテレビの音声の無線化を考えている人にぴったりでしょう。

コーデック SBC、aptX、aptX LL
インターフェース -
ハイレゾ対応 ×
Bluetooth規格 4.2
通信距離 約10m
本体サイズ 29×56×7mm
重量 約14g
全てを見る全てを見る

コーデック SBC、aptX、aptX LL
インターフェース -
ハイレゾ対応 ×
Bluetooth規格 4.2
通信距離 約10m
本体サイズ 29×56×7mm
重量 約14g
全てを見る全てを見る

JAPAN AVE.『FMトランスミッター Bluetooth(JA996)』

JAPANAVE.『FMトランスミッターBluetooth(JA996)』 JAPANAVE.『FMトランスミッターBluetooth(JA996)』 JAPANAVE.『FMトランスミッターBluetooth(JA996)』 JAPANAVE.『FMトランスミッターBluetooth(JA996)』 JAPANAVE.『FMトランスミッターBluetooth(JA996)』 JAPANAVE.『FMトランスミッターBluetooth(JA996)』 JAPANAVE.『FMトランスミッターBluetooth(JA996)』 JAPANAVE.『FMトランスミッターBluetooth(JA996)』 JAPANAVE.『FMトランスミッターBluetooth(JA996)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ドライブをさらに充実させるFMトランスミッター

独自ノイズ軽減チューニングによってFMトランスミッターにありがちなノイズを軽減しており、クリアで高音質なサウンドを楽しめます。また、Bluetooth5.0の無線接続だけでなくAUXでの有線接続にも対応しているため、接続の選択肢が豊富です。

4種類のエコライザ音響調整や電圧測定などの豊富な機能を搭載しており、業界最多の同時3台の急速充電にも対応しています。

コーデック MP3、WMA
インターフェース AUX
ハイレゾ対応 ×
Bluetooth規格 5
通信距離 -
本体サイズ 80×30×120mm
重量 約90g
全てを見る全てを見る

コーデック MP3、WMA
インターフェース AUX
ハイレゾ対応 ×
Bluetooth規格 5
通信距離 -
本体サイズ 80×30×120mm
重量 約90g
全てを見る全てを見る

JPRiDE『JPT1 Bluetooth トランスミッター&レシーバー』

JPRiDE『JPT1Bluetoothトランスミッター&レシーバー』 JPRiDE『JPT1Bluetoothトランスミッター&レシーバー』 JPRiDE『JPT1Bluetoothトランスミッター&レシーバー』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

スイッチ一つで簡単ペアリング

Bluetooth非対応機器でも簡単接続でワイヤレス化できるとトランスミッター&レシーバーです。テレビなどに繋げてスイッチ一つで簡単にペアリングモードにし、対応しているワイヤレススピーカーから音声を聞けます。

また、APTX LLコーデックを採用しているため、ワイヤレスでも高音質低遅延で音楽を楽しめます。2台同時出力にも対応しているため、イヤホンとスピーカー同時に音声を流せます。

コーデック SBC、AAC、aptX、aptX LL
インターフェース AUX
ハイレゾ対応 ×
Bluetooth規格 5
通信距離 10m
本体サイズ 43.8×43.8×12.4mm
重量 18g
全てを見る全てを見る

コーデック SBC、AAC、aptX、aptX LL
インターフェース AUX
ハイレゾ対応 ×
Bluetooth規格 5
通信距離 10m
本体サイズ 43.8×43.8×12.4mm
重量 18g
全てを見る全てを見る

YaizK『Bluetooth トランスミッター&レシーバー』

YaizK『Bluetoothトランスミッター&レシーバー』 YaizK『Bluetoothトランスミッター&レシーバー』 YaizK『Bluetoothトランスミッター&レシーバー』 YaizK『Bluetoothトランスミッター&レシーバー』 YaizK『Bluetoothトランスミッター&レシーバー』 YaizK『Bluetoothトランスミッター&レシーバー』 YaizK『Bluetoothトランスミッター&レシーバー』
出典:Amazon この商品を見るview item

1台3役のコンパクトトランスミッター

これ1台で送信・受信・音声アシスタント(ハンズフリー通話)の3役をこなせる、多機能トランスミッターです。車、テレビ、スマートフォン、iPhone、Android、タブレットなど、幅広いデバイスに対応しています。

バッテリーが内蔵されており、送信モードで4時間、受信モードで6時間の使用が可能。重量は約14gと軽くコンパクトなので、持ち運びが簡単です。

コーデック -
インターフェース AUX
ハイレゾ対応 -
Bluetooth規格 5.0
通信距離 最大約10m
本体サイズ -
重量 約14g
全てを見る全てを見る

コーデック -
インターフェース AUX
ハイレゾ対応 -
Bluetooth規格 5.0
通信距離 最大約10m
本体サイズ -
重量 約14g
全てを見る全てを見る

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Agedate 『BT-B20』
TSdrena『HEM-BLVTTRE』
BUFFALO(バッファロー)『BSHSBTR500BK』
JAPAN AVE.『FMトランスミッター Bluetooth(JA996)』
JPRiDE『JPT1 Bluetooth トランスミッター&レシーバー』
YaizK『Bluetooth トランスミッター&レシーバー』
商品名 Agedate 『BT-B20』 TSdrena『HEM-BLVTTRE』 BUFFALO(バッファロー)『BSHSBTR500BK』 JAPAN AVE.『FMトランスミッター Bluetooth(JA996)』 JPRiDE『JPT1 Bluetooth トランスミッター&レシーバー』 YaizK『Bluetooth トランスミッター&レシーバー』
商品情報
特徴 最大22時間も連続で再生ができる! 充電要らずで常時接続 aptX LL対応のトランスミッター/レシーバー ドライブをさらに充実させるFMトランスミッター スイッチ一つで簡単ペアリング 1台3役のコンパクトトランスミッター
コーデック aptX/aptX LL/aptX HD/SBC/AAC SBC, AAC, aptX Low Latency, aptX SBC、aptX、aptX LL MP3、WMA SBC、AAC、aptX、aptX LL -
インターフェース AUX、SPDIF SPDIF、AUX - AUX AUX AUX
ハイレゾ対応 - 不可 × × × -
Bluetooth規格 5 5 4.2 5 5 5.0
通信距離 約10m 約10m 約10m - 10m 最大約10m
本体サイズ - - 29×56×7mm 80×30×120mm 43.8×43.8×12.4mm -
重量 - 160g 約14g 約90g 18g 約14g
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月10日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする Bluetoothオーディオトランスミッターの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのBluetoothオーディオトランスミッターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:Bluetoothオーディオトランスミッターランキング
楽天市場:Bluetoothオーディオトランスミッターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】その他の関連アイテムをチェック

Bluetoothオーディオトランスミッターでヘッドホンと接続しよう

Bluetoothオーディオトランスミッターをご紹介しました。さまざまなメーカーから販売されており、使用用途もそれぞれ異なります。実際の使用シーンをイメージしてみましょう。

ぜひこの記事を参考に、あなたにぴったりなBluetoothオーディオトランスミッターをみつけてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button