東芝製ノートパソコンおすすめ4選|用途で選ぶdynabookシリーズ

Dynabook『T7 P2T7KPBP』
出典:Amazon

東芝製ノートパソコン「dynabook(ダイナブック)」は、ボディの頑丈さ、軽さ、ハイスペックと三拍子そろったモバイルPCとして人気です。

スタンダードモデルの「Tシリーズ」、リーズナブルな「Xシリーズ」、モバイルノートの「Gシリーズ」、2-in-1タイプの「Vシリーズ」「Dシリーズ」などがラインナップされています。

ここでは、ITライター・海老原 昭さんと編集部が選んだ東芝製ノートパソコンのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


目次

ITライター
海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndroidも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

東芝製ノートパソコンの選び方 ITライターに聞く

ノートパソコンを膝にのせてキーボードを打つ女性
Pixabayのロゴ

東芝製のノートといえば、dynaBook(ダイナブック)。どこにでも気軽に持ち運べるのが、ノートパソコンの魅力ですね。

ITライター・海老原 昭さんに、東芝製ノートパソコンを選ぶときのポイントを教えてもらいました。ノートパソコンは使い方によって選び方も変わってきます。スペックの違いなどもポイントですので、選び方を参考にして購入してくださいね。

CPU性能とメモリ容量で選ぶ

ITライター

dynabookシリーズは同一モデルでも、CPUの違いによる複数のモデルを用意していることがあります。当然、性能が高いモデルは価格が高くなり、低性能なモデルは安くなります。つい価格につられて最下位モデルを選んでしまいがちですが、Celeron搭載モデルの場合、上位モデルとはかなり明確な性能差が出てしまいます。

ただし、必ずしも最上位モデルを選ぶ必要はなく、中位のモデルでもメモリを多めに搭載したものを選んだ方がコストパフォーマンスがいいでしょう。

用途で選ぶ

東芝のノートパソコンは用途に合わせてシリーズが決まってきます。据え置きでよいからとにかくハイスペックなパソコンであれば「Tシリーズ」。仕事で持ち歩きもしてとにかく使い倒したいなら「Gシリーズ」。タブレットとしても持ち歩き、プライベートでも便利に使いたいなら2in1モバイルノートの「V・Kシリーズ」。まずは用途で選びましょう。

Tシリーズ ハイスペックな据え置きタイプ!

Tシリーズは、フルHD液晶で高画質な映像と、オーディオメーカーの「オンキヨー」と共同開発した高音質スピーカーを搭載しているのが特徴です。腰を据えて写真や動画編集、楽曲制作をしたい人にも適しています。

Gシリーズ 軽量でタフなバッテリー!

Gシリーズは、最大19時間駆動というタフなバッテリー、そして軽量ボディが特徴です。Officeもデフォルトで搭載しているので、普段、仕事で持ち歩くビジネスマンにおすすめのシリーズです。

V・Kシリーズ タブレットとしても使える2in1タイプ!

V・Kシリーズは、ノートパソコンとしてだけでなく、タブレットとしても使いたい方に適しています。2in1タイプでtouchペンでの操作も可能なので、お子様のお絵描きや字の学習にも使えます。プライベートでも使える手軽さを求めるのでしたらこちらのシリーズがおすすめです。

ITライター

dynabookシリーズはオールインワンノートから軽量モバイル、2-in-1まで幅広いジャンルがカバーされています。光学ドライブを搭載したオールインワンノートは、省スペースデスクトップPC替わりとして据え置きで使うことが多く、モバイルノートや2-in-1は、やはり持ち歩いて外出先で利用することが前提です。

その中でも2-in-1は立った状態でも使えるタブレットモードをどれだけ重視するかで、コンバーチブルタイプとデタッチャブルタイプに分かれます。幸い、どのジャンルも処理能力がしっかりしたモデルが用意されていますから、自分の目的に合わせたものを選びましょう。

ボディカラーで選ぶ

ITライター

dynabookシリーズは「オニキスブルー」などメインとなるボディカラーが設定されていますが、一部のモデルではさらに「サテンゴールド」「リュクスホワイト」「プレシャスブルー」といったカラーバリエーションが選択できます。

好みの色が求めている性能のモデルにあるとは限らないのが残念なところですが、据え置き機であれば部屋のインテリアとの調和、モバイル機であれば個性を演出する道具ともなりますから、ボディカラーに注目して選んでみるというのもひとつの手です。

東芝製ノートパソコン4選 ITライターがおすすめする

うえで紹介した東芝製ノートパソコンの選び方のポイントをふまえて、ITライター・海老原 昭さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。軽量ながら頑丈で故障しにくいもの、画面がタッチパネルになっていてタブレットとしても使えるものなど、さまざまな商品があります。

モバイルPCとして長く人気を集めている東芝製ノートパソコンですが、CPUがワンランク下がるだけで値段も違ってきます。自分のモバイル環境を考えながら、各製品を比較検討して選んでくださいね。

Dynabook『T7 P2T7KPBP』

Dynabook(ダイナブック)15.6型ノートパソコンdynabookT7フォーマルロゼ【2019年夏モデル】[Corei7/メモリ8GB/HDD1TB/MicrosoftOffice]P2T7KPBP Dynabook(ダイナブック)15.6型ノートパソコンdynabookT7フォーマルロゼ【2019年夏モデル】[Corei7/メモリ8GB/HDD1TB/MicrosoftOffice]P2T7KPBP Dynabook(ダイナブック)15.6型ノートパソコンdynabookT7フォーマルロゼ【2019年夏モデル】[Corei7/メモリ8GB/HDD1TB/MicrosoftOffice]P2T7KPBP Dynabook(ダイナブック)15.6型ノートパソコンdynabookT7フォーマルロゼ【2019年夏モデル】[Corei7/メモリ8GB/HDD1TB/MicrosoftOffice]P2T7KPBP

出典:Amazon

ITライター

万能なスタンダードモデル

dynabookシリーズでも、高性能なCPUと豊富なインターフェースをそなえ、万能なスタンダードモデルに位置付けられるのがTシリーズです。Tシリーズは搭載するCPUもCeleronからCore i7まで幅広いですが、おすすめなのは上から2番目に位置する『T7/K』です。

最上位モデルの『T9/K』との違いは、メモリ搭載量とストレージ構成(『T9/K』はSSD+HDD、『T7/K』はHDDのみ)だけ。ボディカラーは『T7/K』のほうが4色から選択できます。CPUはCore i7-8565Uで処理能力には余裕がありますし、光学ドライブはBDドライブなので、内蔵するオンキヨー製のサラウンド対応スピーカーと組み合わせることでBDビデオを楽しむこともできます。

単独のGPUを搭載していないため、最新ゲームには向いていませんが、幅広いジャンルで一段上の体験を得られるでしょう。たとえば家族で共有するPCとして迷った場合のベストな選択肢と言えます。

Dynabook『V7 オニキスブルー(P1V7JPBL)』

Dynabook12.5型2-in-1パソコンdynabookV7オニキスブルー2019年春モデル(Corei5/メモリ8GB/SSD256GB/OfficeH&B2019)P1V7JPBL

出典:Amazon

ITライター

ノートとしても使える2in1モバイル

dynabookシリーズのコンバーチブルタイプ(画面を折り返してタブレットになる)2-in-1ノートPCがVシリーズです。2-in-1ノートには、普段はキーボードのあるノートPCモードで使いつつ、タブレットモードにすることで、立ったままメモを取ったり、画面を折り返して立てることで動画などを見る際に画面に集中しやすくなるといったメリットがあります。

VシリーズのオススメモデルはCore i5-8250Uを搭載した『V7』です。増設・交換不能なメモリが最初から最大の8GB搭載されており、ストレージも256GBと余裕があります。上位モデルの『V8』とのストレージの容量や処理能力の差は価格差(実売で約3万円)で相殺されます。

メインノートPC並みの性能と2-in-1の汎用性を両立できるモデルとして、モバイルでの利用の多いユーザーにおすすめです。

dynabook『Tシリーズ T6(P1T6MPEG)』

DynabookP1T6MPEGdynabookT6(サテンゴールド)

出典:Amazon

落としても壊れにくい堅牢性

落としても壊れにくいほか、圧迫にも強く高い堅牢性を誇るノートPCです。15.6型の大画面には視認性に優れたIPS方式のフルHD液晶を搭載し、写真や動画も鮮やかに映し出してくれます。

充実したインターフェース類は数の多さだけではなく、各端子の使用頻度など使いやすさも考え抜かれた配置設計がなされているためストレスなく利用できるでしょう。

dynabook『Tシリーズ T4(P1T4LPBW)』

P1T4LPBW(リュクスホワイト)dynabookT415.6型Celeron/4GB/1

出典:Amazon

IPS方式の高精細なフルHD液晶搭載で見やすい

IPS方式の高精細なフルHD液晶搭載で斜めから見ても美しく見えます。また自社独自のアルゴリズムを採用した超解像技術も搭載し、映像や写真を解析して実物に近い質感や輝きを再現します。

ストレージは1TBと大容量です。SDXCメモリカードが使えるため大容量のデータも素早く取り込むことができます。

「東芝・ノートパソコン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Dynabook『T7 P2T7KPBP』
Dynabook『V7 オニキスブルー(P1V7JPBL)』
dynabook『Tシリーズ T6(P1T6MPEG)』
dynabook『Tシリーズ T4(P1T4LPBW)』
商品名 Dynabook『T7 P2T7KPBP』 Dynabook『V7 オニキスブルー(P1V7JPBL)』 dynabook『Tシリーズ T6(P1T6MPEG)』 dynabook『Tシリーズ T4(P1T4LPBW)』
商品情報
特徴 万能なスタンダードモデル ノートとしても使える2in1モバイル 落としても壊れにくい堅牢性 IPS方式の高精細なフルHD液晶搭載で見やすい
OS Windows 10 Home 64ビット Windows 10 Home 64ビット Windows 10 Home 64bit Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-8565U プロセッサー、1.80GHz(最大4.60GHz) インテル Core i5-8250U プロセッサー、1.60GHz(最大3.40GHz) インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー、1.80GHz(最大4.00GHz) インテル Celeron プロセッサー 4205U 1.80GHz
メモリ 8GB(4GB×2)/16GB(最大) 8GB(8GB×1) 8GB(8GB×1) 4GB(4GB)/16GB
ストレージ 1TB HDD(5,400rpm、Serial ATA対応) 256GB SSD (Serial ATA対応) SSD 256GB 1TB HDD(5,400rpm、Serial ATA対応)
ディスプレイサイズ/解像 15.6型ワイド(16:9)/1,920×1,080ドット 12.5型ワイド(16:9)/1,920×1,080ドット 15.6型ワイド(16:9)/1,920x1,080ドット 15.6型ワイド(16:9)/1,920×1,080ドット
駆動時間 約9.0時間 約14.5時間 約7.0時間 約9.0時間
サイズ/重量 約379.0×256.0×23.7mm/約2.4kg 約299.0×219.0×15.4mm/約1.059g 約379.0×258.0×23.7mm/2.4kg 約379.0×256.5×23.7mm/2.4kg
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 東芝・ノートパソコンの売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでの東芝・ノートパソコンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:ノートPCランキング
Yahoo!ショッピング:東芝ダイナブックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

充実したサポート体制に注目 ITライターからアドバイス

ITライター

dynabookシリーズは充実した保証サービスも魅力です。修理センターは国内にあり、迅速な検査・修理体制が整っています。

さらに通常の保証(1〜2年)を最大5年まで延長できる「dynabookあんしん延長保証」や、落下や水こぼし、破損、落雷まで無償修理が受けられる「dynabookプレミアム保証」など、追加の保証サービスも充実しています。

購入時にはこうした追加サポートも視野に入れて予算を組むといいでしょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年。趣味はギターとDJ、ランニング。特技はフリーダイビング。週末はゴールデン街と中華街、コリアンタウンにいることが多い。芸能誌の編集、アスリートもの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で悠々自適に暮らしたい。

関連する記事


【2022年】Chromebookおすすめ10選|ASUS、HP、Lenovo、Acer人気メーカーは?

【2022年】Chromebookおすすめ10選|ASUS、HP、Lenovo、Acer人気メーカーは?

Googleの「Chrome OS」を搭載した「Chromebook」。Windows、Macにはない高速起動や低価格が魅力で非常に人気です。しかし、ASUS、HP、Lenovo、Acerといったメーカーから販売されており、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで本記事では、Chromebookの選び方とおすすめ商品を紹介します。後半には、通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon ノートパソコン , 小型・薄型パソコン , パソコン

「ASUS Chromebook Flip CM5」レビュー!高速起動360度回転で使い勝手抜群

「ASUS Chromebook Flip CM5」レビュー!高速起動360度回転で使い勝手抜群

ASUSの「ASUS Chromebook Flip CM5(CM5500FDA-E60114)」は、15.6インチ液晶を搭載したChromebookです。高速起動やロングライフバッテリーに加えて、液晶が360度回転するため利用シーンや目的に応じてスタイルを柔軟に変更できるのが強み。そんな便利なChromebookを実際に使って検証してみます!

tag icon ノートパソコン , 小型・薄型パソコン , パソコン

「ASUS ZenBook 13 OLED」レビュー!有機ELディスプレイ搭載の薄型軽量ノートPC

「ASUS ZenBook 13 OLED」レビュー!有機ELディスプレイ搭載の薄型軽量ノートPC

ASUSの「ASUS ZenBook 13 OLED(UX325JA)」は、13.3インチの有機ELディスプレイを搭載したモバイルノートPCです。写真や映像を色鮮やかに映し出してくれる有機ELディスプレイに加えて、持ち運びやすい薄型・軽量ボディーもポイントのひとつ。そんな同製品を実際に使って検証してみます!

tag icon ノートパソコン , 小型・薄型パソコン , パソコン

「Razer Book 13」レビュー!スリム・スマートでゲームやビジネスにも最適

「Razer Book 13」レビュー!スリム・スマートでゲームやビジネスにも最適

Razerの「Razer Book 13 RZ09-03571JM1-R3J1」は、13.4インチ液晶を搭載したゲーミングノートPCです。手軽に持ち運べるコンパクトボディーながら、その内部にはゲームを快適にプレイでき、なおかつ勝利に導いてくれる多彩な機能が満載。そんなゲーマー垂涎といえるゲーミングノートPCの実力を、実際に使って検証してみます!

tag icon ノートパソコン , 小型・薄型パソコン , パソコン

ノートパソコンおすすめ2選【 新大学生は必見!授業やレポート作成に大活躍】

ノートパソコンおすすめ2選【 新大学生は必見!授業やレポート作成に大活躍】

本記事では、大学生向けノートパソコンの選び方とおすすめ商品、パソコン以外の選択肢をご紹介。大学生活用のパソコンを選ぶ際に必要な知識も解説しているので、ぜひ参考にしてください!記事後半には、通販サイトの最新の人気ランキングへのリンクもあるので、売れ筋や評判・口コミも確認してみてください。

tag icon ノートパソコン , 小型・薄型パソコン , Windows

関連するブランド・メーカー


Dynabook(ダイナブック)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。