車用シートクッションおすすめ11選|涼しいタイプやおしゃれなものも!

プロファクト『シートクッション』
出典:Amazon

「車用のシートクッション」は、長時間の運転をサポートしてくれるアイテム。腰をサポートするタイプか、体のどの部分にクッションをあてたいか、洗えるシートかどうか、などが乗り心地をよくする車用シートクッションを選ぶポイント。

この記事では、車用シートクッションの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみてくださいね。


目次

この記事を担当するエキスパート

カージャーナリスト
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。 その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。 また、輸入車専門の自動車メディア・カレントライフの編集長を務める。現在の愛車は、2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランと1970年式の古いドイツ車。妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:自動車・バイク
大熊 武士

「自動車・バイク」カテゴリーを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

車用シートクッションとは

車のシート
Pixabayのロゴ

車の運転は基本的に同じ姿勢を保ちながらになるので、長時間のドライブは徐々に疲れが溜まってきます。特に負担がかかりやすい箇所が、腰、肩、首になるので、痛みや疲れを軽減したいなら車用シートクッションが欠かせません

また、ヒーターや送風機能を搭載したモデルもあるので、寒い冬や暑い夏に活躍してくれます。一人で行う気分転換のドライブ、友人との楽しドライブを快適にしてくれます。

車用シートクッションの選び方

カージャーナリストの松村 透さん監修のもと、車用のシートクッションを選ぶときのポイントをご紹介します。ポイントをチェックして自分に合った車用のシートクッションを選びましょう。

取りつける目的に合うものを選ぼう

 

「愛車のシートが体型に合わないのでシートクッションで調整したい」、「ホールド性を高めたい」、「通気性をよくしたい」など、求める用途によって選ぶべきシートクッションはまったく異なります。裏を返せば、それだけ選択の幅が広いということ。

そのため、シートクッションを選ぶうえで、目的や用途を整理してから目的に合ったものを探すのがおすすめです。ものが大きいだけに、いざ買ってみたけれど使わない……となった場合、意外と対処が面倒なので注意しましょう。

クッションの形状・タイプで選ぶ

車用シートクッションの形状には、大きく分けて3タイプあります。それぞれの特徴を見て、合うものを選びましょう。

腰当てタイプ・シートタイプ

 

運転中に腰が痛くなってしまう人は、現在の車のシートが腰にフィットしないことが原因になっている可能性があります。このため、腰や背中をサポートする「腰当てタイプ」を選びましょう。腰や背中を中心にカバーでき、腰の痛み対策につながります。

腰にかぎらず、全体的にフィットしていないという場合は「シートタイプ」がおすすめです。首から背中、腰、お尻にかけてサポートしてくれるので、ホールド感があります。

座布団タイプ

 

長時間座っていてお尻が痛くなったり、凝ってしまうという人は「座布団タイプ」を選んでみましょう。座席の上にのせるだけのシンプルなタイプで、高さの調節にも使えます。運転時の振動によってお尻が凝ってしまうため、座布団タイプのシートクッションを敷くことで快適度がアップしますよ。

首固定タイプ

 

首や肩が凝りやすい人は、運転中に無意識に首が前に出過ぎてしまったり、肩に力が入っている可能性があります。そういった場合は、シートのヘッド部分に設置する「首固定タイプ」のクッションがおすすめ。首・肩まわりをサポートすることで、正しい姿勢を取りやすくなり、ラクに運転できるようになります。

低反発・高反発で選ぶ

シートクッションのやわらかさも重要なポイントです。

高反発素材は、反発力が強いので弾力性が高く、正しい姿勢を保ちやすいです。へたりにくいので長く使えるのもメリット。ほどよいかたさを求める人に向いています。反発力が高いぶん、フィットしないと居心地悪く感じてしまう場合があります。

一方、低反発素材はやわらかく反発力が弱いぶん、自分の体型に合わせて沈み込むのでフィット感があります。包み込まれるようなやわらかさを求める方におすすめ。ただし、人によっては沈み込みすぎて安定感を感じられないケースがあります。

固定方法から選ぶ

固定方法には大きく2通りあり、凹凸をカチッとはめ込むだけの「ワンタッチタイプ」、リングにひもを通してしっかりと固定できる「リングタイプ」があります。

手間がかからず設置できるのは「ワンタッチタイプ」ですが、振動によるずれや壊れにくさを重視するなら「リングタイプ」になるので、愛車のシート形状や好みで選びましょう。

そのほかの機能性で選ぶ

温度調節機能

 

車内の温度は季節によって大きく変化するもの。温度調節機能付きの車用シートクッションなら、1年中快適に過ごせます。

たとえば、夏は涼しい風を送れる「ファン内蔵型」や「接触冷却タイプ」だと快適です。冬の寒い時期は「ヒーター機能」で暖房があたたまるまで寒さに耐える必要がありません。これらの機能は商品説明に記載がありますので、ぜひチェックしてみてください。

通気性で選ぶならメッシュ素材

 

座席シートのムレが気になるという方は、メッシュ素材の車用シートクッションを選びましょう。サラッとした素材ではりつかず通気性がよいので、汗をかきやすい蒸し暑い時期でもムレを軽減してくれます。

洗えるものだと衛生的

洗濯機
ペイレスイメージズのロゴ

シートクッションは、ドライバーが運転席に座っているあいだ、常に背中やお尻などに触れていることになります。

そうなると気になってくるのがにおいに関する問題。特に夏場は汗を吸収してしまうため、よりにおいがきつくなってしまいます。

そのため、シートクッションのカバーを取り外して洗えるタイプがおすすめです。できれば、クッション本体も、洗濯は難しいとしても、タオルなどに洗剤を溶かしたぬるま湯につけて拭くのがOKなタイプだと理想的です。

タクシードライバーにおすすめを聞いてみる ワンポイントアドバイス

カージャーナリスト

タクシードライバーといえば、長時間にわたって運転席に座る機会が多い仕事のひとつです。それだけに、お気に入りのシートクッションを使っている方を見かけることもしばしば。

もし、タクシーに乗る機会があったら、思い切って運転手さんに質問してみることをおすすめします。

たいていの運転手さんが懇切(こんせつ)ていねいにおすすめのシートクッションを教えてくれるはず。まさに口コミで得られる情報です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
IKSTAR 『腰楽クッション 低反発ランバーサポート オフィス』
Aoomiya 『クッション 車 上下ゴムバンド付き』
Unittoo『新世代 アーチ型ランバーサポート』
ボンフォーム 『クールジェット ダブル』
Mission Praise『RS-1 リバースポルト Model REVERSPORT RS-1』
RAKU『シートヒーター 加熱 冷却 マッサージ 12V』
TEMPUR(テンピュール)『シートクッション』
プロファクト『シートクッション』
エクスジェル『ハグドライブ スリムクッション』
エクスジェル 『ハグドライブ シート/バッククッション』
『低反発 シートクッション』
商品名 IKSTAR 『腰楽クッション 低反発ランバーサポート オフィス』 Aoomiya 『クッション 車 上下ゴムバンド付き』 Unittoo『新世代 アーチ型ランバーサポート』 ボンフォーム 『クールジェット ダブル』 Mission Praise『RS-1 リバースポルト Model REVERSPORT RS-1』 RAKU『シートヒーター 加熱 冷却 マッサージ 12V』 TEMPUR(テンピュール)『シートクッション』 プロファクト『シートクッション』 エクスジェル『ハグドライブ スリムクッション』 エクスジェル 『ハグドライブ シート/バッククッション』 『低反発 シートクッション』
商品情報
特徴 人間工学に基づきアーチ型デザインを採用 大柄な男性もOK。大きめサイズのランバーサポート 立体構造のクッションが腰椎を優しくサポート 送風クッションで背中が涼しく快適!トラックもOK まるでスーパーカーのようなシートクッション 送風&暖房とマッサージ機能までついたクッション! テンピュール製のシートクッション セミバケット形状が太ももと脇腹をしっかりホールド スリムタイプのエクスジェル自動車用クッション 高い衝撃吸収力を誇るエクスジェルクッションセット 滑り止め付きでずれにくい!
サイズ 縦36×横41×厚さ12cm 縦50×横42×厚さ8cm 縦51×横43×厚さ12cm 縦103×横48cm - - 縦42×横40×厚さ5cm - 背:縦34.5×横28.5×厚さ1.8cm、腰:縦18.8×横45×厚さ5.5cm、座:縦41.3×横42.5×厚さ3cm バッククッション:背 縦31.5×横35×厚さ3.5cm他、シートクッション:縦46×横48×厚さ4cm 50×47×3cm
素材 本体:ポリエステル、カバー:通気メッシュ 本体:低反発ウレタンフォーム、外カバー:ポリエステル、インナーカバー:ポリエステル 本体:低反発ウレタンフォーム、カバー:ポリエステル 本体:ポリエチレン、EVA、ウレタンフォーム バックフレーム・アウターフレーム:ミラブランクレイヤー、中材:ウレタン、表皮:ダブルラッセル立体メッシュ生地 - カバー表面、側面:ポリエステル、カバー底面:ポリエステル、綿、コーティングポリウレタン - 表材:ポリエステル、ウレタンフォーム 中材:エクスジェル(合成ゴム)、ウレタンフォーム等 表材:ポリエステル、ウレタンフォーム 中材:エクスジェル(合成ゴム)、ウレタンフォーム 裏材:滑り止め加工付きナイロン等 ウレタンフォーム、通気メッシュカバー
対応部位 背中、腰 背中、腰 背中、腰 背中、腰、臀部 肩、背中、腰、臀部 肩、背中、腰、臀部 臀部 肩、背中、腰、臀部、足 背中、腰、臀部 背中、腰、臀部 臀部
カラー ブラック ブラック ブルー、ピンク、コーヒー ブラック セピアオレンジ、ゴールドキャメル、グリーングレー、ミラノレッド、メタルブルー、カモフラージュ ブラック ダークブルー ブラック ブラック、グレー ブラック、グレー ブラック
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年7月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月22日時点 での税込価格

車用シートクッションおすすめ11選

うえで紹介した車用シートクッションの選び方のポイントをふまえて、カージャーナリストの松村 透さんと編集部で選んだおすすめ商品を紹介します。

シートクッションは多くのメーカーよりさまざまな特長を持った商品が販売されています。こちらの記事を参考に、軽自動車、スポーツカー、SUV、トラックなど、自分の愛車と体に合ったシートクッションを使用することで、運転を楽しくしましょう。

エキスパートのおすすめ

IKSTAR 『腰楽クッション 低反発ランバーサポート オフィス』

IKSTARクッション低反発ランバーサポートオフィス椅子車用腰枕RoHS安全基準クリア取付バンド調節可能洗える介護用クッション IKSTARクッション低反発ランバーサポートオフィス椅子車用腰枕RoHS安全基準クリア取付バンド調節可能洗える介護用クッション IKSTARクッション低反発ランバーサポートオフィス椅子車用腰枕RoHS安全基準クリア取付バンド調節可能洗える介護用クッション IKSTARクッション低反発ランバーサポートオフィス椅子車用腰枕RoHS安全基準クリア取付バンド調節可能洗える介護用クッション IKSTARクッション低反発ランバーサポートオフィス椅子車用腰枕RoHS安全基準クリア取付バンド調節可能洗える介護用クッション IKSTARクッション低反発ランバーサポートオフィス椅子車用腰枕RoHS安全基準クリア取付バンド調節可能洗える介護用クッション IKSTARクッション低反発ランバーサポートオフィス椅子車用腰枕RoHS安全基準クリア取付バンド調節可能洗える介護用クッション IKSTARクッション低反発ランバーサポートオフィス椅子車用腰枕RoHS安全基準クリア取付バンド調節可能洗える介護用クッション IKSTARクッション低反発ランバーサポートオフィス椅子車用腰枕RoHS安全基準クリア取付バンド調節可能洗える介護用クッション
出典:Amazon この商品を見るview item
カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

人間工学に基づきアーチ型デザインを採用

人間工学にもとづいたアーチ型デザインを採用し、長距離運転はもちろんのこと、デスクワークにも使える低反発クッション。安全に厳しいとされる欧州基準検査(RoHS)をクリアしているので、製品には有害物質を含まず安心して使えます。

固定方法はバンドでとめるだけなので、とてもかんたんです。また、クッションの表面はポリエステル100%(通気メッシュ素材)のため、カバーを取り外して丸洗いできるため、お手入れもらくらくです。

エキスパートのおすすめ

Aoomiya 『クッション 車 上下ゴムバンド付き』

【改良版】Aoomiya腰痛クッション車ランバーサポート上下ゴムバンド付きシートクッション腰痛対策背当て背もたれ運転オフ 【改良版】Aoomiya腰痛クッション車ランバーサポート上下ゴムバンド付きシートクッション腰痛対策背当て背もたれ運転オフ 【改良版】Aoomiya腰痛クッション車ランバーサポート上下ゴムバンド付きシートクッション腰痛対策背当て背もたれ運転オフ
出典:楽天市場 この商品を見るview item
カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

大柄な男性もOK。大きめサイズのランバーサポート

S字の立体カーブを描いたクッションに低反発ウレタンフォームを採用した、高さ50cm、幅42cmを誇るビッグサイズのランバーサポート。そのため、大柄な男性の背中もしっかりとホールドしてくれます。大きなクッションだけに、上下2本のゴムバンドで固定する方法を採用しているので、ずれる心配もありません。

カバーはポリエステル100%(インナーカバーつき)。ファスナー仕様を採用しているので丸洗いもできます。

エキスパートのおすすめ

Unittoo『新世代 アーチ型ランバーサポート』

(ヨニトオ)Unittooアーチ型ランバーサポート健康クッションランバーサポートオフィス椅子車用腰枕低反発通気性メッシュ運転車椅子ドライブオフィス用 (ヨニトオ)Unittooアーチ型ランバーサポート健康クッションランバーサポートオフィス椅子車用腰枕低反発通気性メッシュ運転車椅子ドライブオフィス用 (ヨニトオ)Unittooアーチ型ランバーサポート健康クッションランバーサポートオフィス椅子車用腰枕低反発通気性メッシュ運転車椅子ドライブオフィス用 (ヨニトオ)Unittooアーチ型ランバーサポート健康クッションランバーサポートオフィス椅子車用腰枕低反発通気性メッシュ運転車椅子ドライブオフィス用 (ヨニトオ)Unittooアーチ型ランバーサポート健康クッションランバーサポートオフィス椅子車用腰枕低反発通気性メッシュ運転車椅子ドライブオフィス用 (ヨニトオ)Unittooアーチ型ランバーサポート健康クッションランバーサポートオフィス椅子車用腰枕低反発通気性メッシュ運転車椅子ドライブオフィス用 (ヨニトオ)Unittooアーチ型ランバーサポート健康クッションランバーサポートオフィス椅子車用腰枕低反発通気性メッシュ運転車椅子ドライブオフィス用
出典:Amazon この商品を見るview item
カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

立体構造のクッションが腰椎を優しくサポート

おしゃれなフォルムを採用したアーチ型ランバーサポート。クッションの表面はポリエステル100%。取り外し可能なため、丸洗いもできます。クッション本体は低反発ウレタンフォームを採用。体にフィットする75度の腰椎カーブが、シートとのすき間を埋めてしっかり密着。腰の痛み対策にも期待できます。

使いはじめは素材のにおいが気になるので、事前に陰干ししておくことをおすすめします。

エキスパートのおすすめ

ボンフォーム 『クールジェット ダブル』

ボンフォーム送風クッションクールジェットUSB給電前席ハイバックタイプストッパー付48x125cm5465-07BK ボンフォーム送風クッションクールジェットUSB給電前席ハイバックタイプストッパー付48x125cm5465-07BK ボンフォーム送風クッションクールジェットUSB給電前席ハイバックタイプストッパー付48x125cm5465-07BK ボンフォーム送風クッションクールジェットUSB給電前席ハイバックタイプストッパー付48x125cm5465-07BK ボンフォーム送風クッションクールジェットUSB給電前席ハイバックタイプストッパー付48x125cm5465-07BK ボンフォーム送風クッションクールジェットUSB給電前席ハイバックタイプストッパー付48x125cm5465-07BK ボンフォーム送風クッションクールジェットUSB給電前席ハイバックタイプストッパー付48x125cm5465-07BK
出典:Amazon この商品を見るview item
カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

送風クッションで背中が涼しく快適!トラックもOK

座面の先端に強力ファンを装備したシートクッション。強力ジェット送風でシートクッション全体に涼しい風を行きわたらせます。12Vはもちろん、24Vにも対応しているので乗用車だけでなくトラックでもOK。

固定方法はヘッドレスト部にアジャスターで固定し、座面のすき間にストッパーを挟み込ませるので安心です。ただし、ヘッドレスト一体型や、ヘッドレストを1本のステー(金具)で支えるタイプのシートには使えないので注意が必要です。

エキスパートのおすすめ

Mission Praise『RS-1 リバースポルト Model REVERSPORT RS-1』

MissionPraise(ミッションプライズ)シートクッションリバースポルト(REVERSPORT)RS-1色:セピアオレンジ MissionPraise(ミッションプライズ)シートクッションリバースポルト(REVERSPORT)RS-1色:セピアオレンジ MissionPraise(ミッションプライズ)シートクッションリバースポルト(REVERSPORT)RS-1色:セピアオレンジ
出典:Amazon この商品を見るview item
カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

まるでスーパーカーのようなシートクッション

まるでスーパーカーに採用されているような、斬新なデザインが魅力的なシートクッション。臀部から肩までを包み込むようにサポートするフォルムが体にかかる負担を軽減する座席サポートを採用。

クッションカラーバリエーションも豊富。なんと全6種類も用意されているので、愛車の内装に合うデザインを選ぶことでドレスアップ効果も期待できます。ほかとは違うシートクッションを求める方におすすめしたい商品です。水洗いにも対応(ただし、洗濯機は使用不可です)。

エキスパートのおすすめ

RAKU『シートヒーター 加熱 冷却 マッサージ 12V』

カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

送風&暖房とマッサージ機能までついたクッション!

暑い季節はシートに内蔵された8個の強力なファンが背中を涼しくしてくれるだけでなく、寒い季節は3分間で60度まで温まるシートヒーターを内蔵しているシートクッション。さらに5種類のマッサージモードも装備しているため、車内だけでなく、自宅などでも使えそうです。素材は高品質PUレザーを採用しているため、汚れにくく、拭き取りもかんたんです。

座面にゴムフックと伸縮ストラップがついているので、ほとんどのクルマのシートに装着可能です。12V専用なので、24Vのトラックには使えません。

エキスパートのおすすめ

TEMPUR(テンピュール)『シートクッション』

TEMPUR(テンピュール)シートクッション(幅40奥行42厚さ5cm)10010-10 TEMPUR(テンピュール)シートクッション(幅40奥行42厚さ5cm)10010-10 TEMPUR(テンピュール)シートクッション(幅40奥行42厚さ5cm)10010-10 TEMPUR(テンピュール)シートクッション(幅40奥行42厚さ5cm)10010-10 TEMPUR(テンピュール)シートクッション(幅40奥行42厚さ5cm)10010-10 TEMPUR(テンピュール)シートクッション(幅40奥行42厚さ5cm)10010-10 TEMPUR(テンピュール)シートクッション(幅40奥行42厚さ5cm)10010-10
出典:Amazon この商品を見るview item
カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

テンピュール製のシートクッション

形状はシンプルですが、マットレス&ピローのメーカーとして売上世界1位として知られるテンピュールユーザーには見逃せないシートクッション。カバー生地表面:ナイロン75%・綿25%、クッション本体はテンピュール素材を採用。

カラーバリエーションはダークブルーのみ。決してお手ごろではありませんが、腰が痛くなりがちで長距離運転をする機会が多い方にはとくにおすすめしたい商品です。

エキスパートのおすすめ

プロファクト『シートクッション』

PROFACT(プロファクト)シートクッションSUS-FULL-SETプレミアムA-PF-008 PROFACT(プロファクト)シートクッションSUS-FULL-SETプレミアムA-PF-008 PROFACT(プロファクト)シートクッションSUS-FULL-SETプレミアムA-PF-008 PROFACT(プロファクト)シートクッションSUS-FULL-SETプレミアムA-PF-008 PROFACT(プロファクト)シートクッションSUS-FULL-SETプレミアムA-PF-008 PROFACT(プロファクト)シートクッションSUS-FULL-SETプレミアムA-PF-008
出典:Amazon この商品を見るview item
カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

セミバケット形状が太ももと脇腹をしっかりホールド

セミバケットシートに近い形状を持つシートクッション。それだけに、ノーマルのシートでは実現することが難しいホールド性を実現。内装色が黒系統であれば、それほど違和感なく車内の雰囲気にマッチするデザインも魅力的です。

セミバケット形状が太ももと脇腹をしっかりホールドしてくれるだけでなく、がっちりと体をホールドしたい方におすすめしたい商品です。

エキスパートのおすすめ

エクスジェル『ハグドライブ スリムクッション』

ハグドライブスリムクッション(ブラック)HUD03-BK ハグドライブスリムクッション(ブラック)HUD03-BK ハグドライブスリムクッション(ブラック)HUD03-BK ハグドライブスリムクッション(ブラック)HUD03-BK ハグドライブスリムクッション(ブラック)HUD03-BK ハグドライブスリムクッション(ブラック)HUD03-BK ハグドライブスリムクッション(ブラック)HUD03-BK ハグドライブスリムクッション(ブラック)HUD03-BK ハグドライブスリムクッション(ブラック)HUD03-BK ハグドライブスリムクッション(ブラック)HUD03-BK ハグドライブスリムクッション(ブラック)HUD03-BK
出典:Amazon この商品を見るview item
カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

スリムタイプのエクスジェル自動車用クッション

床ずれのリスクを軽減するために、究極にやわらかく、かつ安定した素材を目指して開発されたというエクスジェル。その商品はスリムタイプのシートクッションです。坐骨部周辺にエクスジェルを集中的に配置することで、着座中にかかる体への負担を軽減します。

カラーバリエーションは、ブラックとグレーの2色展開。バッククッションは厚みを抑えてあるため、腰や背中をやわらかく支えたい方におすすめしたい商品です。

エキスパートのおすすめ

エクスジェル 『ハグドライブ シート/バッククッション』

エクスジェル(EXGEL)ハグドライブシート/バッククッションセットブラックHUD0102-BK エクスジェル(EXGEL)ハグドライブシート/バッククッションセットブラックHUD0102-BK エクスジェル(EXGEL)ハグドライブシート/バッククッションセットブラックHUD0102-BK エクスジェル(EXGEL)ハグドライブシート/バッククッションセットブラックHUD0102-BK エクスジェル(EXGEL)ハグドライブシート/バッククッションセットブラックHUD0102-BK
出典:Amazon この商品を見るview item
カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト

高い衝撃吸収力を誇るエクスジェルクッションセット

もっとも圧力のかかる坐骨部周辺にウレタンフォーム等に比べて5〜10倍ほど高い衝撃吸収力を持つエクスジェルを集中的に配置し、体の圧力を効果的に分散してくれます。さらに、バッククッションが骨盤を包み込むようにホールドし、腰にかかる負担を軽減してくれます。

決して安くはありませんが、衝撃を吸収する「弾力性」、圧力を分散する「柔軟性」、ズレに寄り添う「流動性」のすべてをあわせ持つシートクッションは伊達ではありません。特に腰への負担を軽くしたい方へおすすめします。

『低反発 シートクッション』

シートクッション低反発車の座布団運転オフィス自宅用滑り止め弾性通気性車用クッション シートクッション低反発車の座布団運転オフィス自宅用滑り止め弾性通気性車用クッション シートクッション低反発車の座布団運転オフィス自宅用滑り止め弾性通気性車用クッション シートクッション低反発車の座布団運転オフィス自宅用滑り止め弾性通気性車用クッション シートクッション低反発車の座布団運転オフィス自宅用滑り止め弾性通気性車用クッション シートクッション低反発車の座布団運転オフィス自宅用滑り止め弾性通気性車用クッション シートクッション低反発車の座布団運転オフィス自宅用滑り止め弾性通気性車用クッション シートクッション低反発車の座布団運転オフィス自宅用滑り止め弾性通気性車用クッション
出典:Amazon この商品を見るview item

滑り止め付きでずれにくい!

通気性の高いメッシュ素材で作られている低反発が心地よいシートクッション。滑り止めつきなので、シートにしっかりと固定できます。運転中にずれにくく安心ですね。

また、縁のデザインも高級感が漂っていておしゃれでスタイリッシュ。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 車用シートクッションの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの車用シートクッションの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:車用クッションランキング
楽天市場:シートクッションランキング
Yahoo!ショッピング:自動車用クッションランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

車内をキレイにするアイテムをご紹介

まとめ

クルマに装着されているシートはもちろんのこと、シートクッションを含めて、汎用品(はんようひん)として設計されています。つまり「ものに対して体が合わせる」必要があります。

長時間にわたって我慢した状態で使い続けていると、無意識のうちに体にダメージが蓄積されていきます。もし、疲労軽減が目的でシートクッションを選ぶのなら、妥協せず体にあうものを見つけ出してください。

1度では見つからないかもしれません。多少の出費は覚悟のうえで、何度か買い替える必要が生じるかもしれませんが、何よりもご自身の体を守るための投資だと思って、納得のいくシートクッションを見つけ出してください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


車用灰皿おすすめ12選|使いやすくて臭いにくいモデルも紹介

車用灰皿おすすめ12選|使いやすくて臭いにくいモデルも紹介

本記事では、カージャーナリストの松村 透さんへの取材をもとに、車用灰皿の種類ごとの違いや選び方のポイント、そしておすすめ商品をご紹介します。機能性はもちろん、おしゃれでかわいい車用灰皿まで幅広く紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon カーアクセサリー , 喫煙具 , 日用品

車用芳香剤おすすめ21選|いい匂い長持ち! 人気の香りはどれ?

車用芳香剤おすすめ21選|いい匂い長持ち! 人気の香りはどれ?

スプレータイプやエアコン取り付けタイプ、置くタイプや吊り下げタイプなど、置き場所や使い方もさまざまな車用芳香剤。この記事では、自動車生活ジャーナリスト・加藤久美子さんと編集部が厳選した車用芳香剤のおすすめ商品と選び方をご紹介します。記事後半には、Amazonや楽天市場など通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 芳香剤 , 消臭剤・芳香剤 , カーアクセサリー

カーセキュリティおすすめ8選|愛車を守るために、種類や選び方も解説

カーセキュリティおすすめ8選|愛車を守るために、種類や選び方も解説

クルマの防犯対策に欠かせないカーセキュリティ。警報、アラーム通知、ハンドルロック、ホイールロック、タイヤロックなどいろいろな機能があるため、どれが自分に必要で適切なのか判断のむずかしい商品でもあります。この記事では、カーセキュリティの種類ごとの特徴や選び方、そしておすすめ商品をご紹介。愛車を守るために、自分のクルマに合うカーセキュリティで、しっかり自衛しましょう!

tag icon カーアクセサリー , カー用品 , 防犯グッズ

自動車ドライバー用クッションのおすすめ14選|長距離運転などの腰痛対策に!

自動車ドライバー用クッションのおすすめ14選|長距離運転などの腰痛対策に!

この記事では、カージャーナリストの松村 透さんへの取材をもとに、自動車ドライバー向けクッションの選び方とおすすめ商品をご紹介!運転中も正しい姿勢に導いて腰の負担を軽減してくれるものや、長時間運転の首肩疲れをサポートする商品など幅広く選びました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね!

tag icon カーアクセサリー , カー用品

車内テーブルおすすめ15選|カージャーナリスト厳選&選び方も解説

車内テーブルおすすめ15選|カージャーナリスト厳選&選び方も解説

お仕事でクルマを使うとき、家族で旅行するときなど、車内にテーブルがあるとなにかと便利なものです。仕事用、赤ちゃんや子ども用などどんな用途で使うかによって選ぶ車内テーブルは異なります。この記事では、カージャーナリストの松村 透さんに教えていただいた車内テーブルの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半には通販サイトの人気売れ筋ランキングもありますので参考にしてみてくださいね。

tag icon カーアクセサリー , カー用品

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。