PR(アフィリエイト)

キウイのおすすめ6選|フルーツアドバイザーが選び方を解説!

キウイのおすすめ6選|フルーツアドバイザーが選び方を解説!
キウイのおすすめ6選|フルーツアドバイザーが選び方を解説!

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2019年09月30日に公開された記事です。

フルーツアドバイザーの原 詩織さんに、キウイ(キウイフルーツ)の特徴や選び方、おすすめの商品などを教えてもらいました。

キウイといえばニュージーランドのイメージですが、近年では国産のキウイも数多く登場しています。とくに香川県は珍しい品種の栽培に取り組んでいる地域とのこと。果肉の色も一般的なグリーン以外に、ゴールドや赤色(レインボーレッド)などの種類があり、産地や品種によって甘さや酸味に違いがあります。

自分好みのキウイを取り寄せて、その味わいを楽しんでくださいね。通販サイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

フルーツアドバイザー
原 詩織
私が、こんなにもフルーツのとりこになったきっかけは、大田市場で仕入れたフルーツが本当に美味しく感動したことです。 こんなに美味しく感動するフルーツをもっといろいろな人に食べてもらいたい、伝えたいと思い、フルーツの勉強をしフルーツアドバイザーの資格をとりました。お客様へ美味しいフルーツを伝えるためにフルーツの知識を勉強していく中、フルーツはほかの食材にないすばらしい効能や、フルーツ自体のすばらしさを知りました。 フルーツを毎日食べるだけで、健康で元気に日々を暮らせていると実感しています。 ■日本最大の青果市場「大田市場」勤務 ■フルーツ定期宅配”果物の達人”バイヤー ■一般社団法人FRUIT LOVERS LIFE代表 ■フルーツイベント主催「桃まつり」「苺まつり」「マンゴーまつり」「ぶどう・ワインまつり」

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク
沼田 裕貴

「食品・ドリンク」カテゴリーを担当する40代編集者。好奇心旺盛で「何事にもまずは試してみる」をモットーにしてる。最近は格闘技好きが高じて、ボクシングや柔術を習っている。休日はスーパーでお買い得品を探すのも趣味。新商品には目がないので、ついつい買いすぎてしまうのが悩み。

キウイの選び方 フルーツアドバイザーに聞く

輪切りにした断面の見えるキウイフルーツ
輪切りにした断面の見えるキウイフルーツ
Pixabayのロゴ

品種による酸味と甘みの違いを知って、好みの甘さのキウイを見つけましょう。

フルーツアドバイザーの原 詩織さんに、キウイを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。また、キウイの特徴も詳しく解説してもらいましたので、商品を選ぶときの参考にしてくださいね。

甘さの違いで品種を選ぶ ポイント1

 

強い甘みとさわやかな酸味が特徴です。甘いフルーツが好きな方にも適しています。

フルーツアドバイザー:原 詩織

フルーツアドバイザー

キウイは、フルーツのなかでもちょっとすっぱいイメージがあるかもしれません。ただ最近では、とくにすっぱいイメージを持たれがちなグリーンのキウイ以外にも、ゴールドや赤色(レインボーレッド)など、より甘い品種のキウイが登場しています。とくに甘いキウイがお好みの方は、グリーン以外の品種のキウイがおすすめです。

また、キウイにすっぱいイメージがある方は、おそらく追熟(ついじゅく・収穫後に果実を熟させること)していない状態で食べてしまった可能性があります。キウイは収穫したあとで熟す性質があるフルーツなので、収穫してから食べるまでに何日か待つ(追熟させる)ことでおいしくなります。

追熟できたかどうかの見極め方は、やさしくキウイを触ってみて、少しやわらかくなっていたり、香りがしてきたかどうかがポイント。また、甘い品種であっても追熟していないとすっぱいので、しっかりと追熟させた、やわらかい状態で食べましょう。

国産キウイは色や大きさに注目 ポイント2

 

香川県でのみ栽培されているさぬきゴールドは、大きめサイズが特徴の高級品種です。

フルーツアドバイザー:原 詩織

フルーツアドバイザー

国産のキウイのなかには、個性的な特徴をもった珍しい品種のキウイがたくさんあります。

とくに香川県は珍しい品種の栽培に熱心に取り組んでいます。濃い緑色の大きめキウイ「香緑(こうりょく)」、赤色のキウイ「さぬきエンジェルスイート」などは、味だけでなく色もユニークです。また、特大サイズの「さぬきゴールド」、一口サイズのベビーキウイ「さぬきキウイっこ」など、大きさに特徴のある品種も。

個性的で珍しい品種は、あなたのお気に入りのキウイになるかも? 見かけたらぜひ手に取ってください。

食べやすさで選ぶなら小さめなキウイを ポイント3

 
紀州大地の会・果樹部会「有機キウイフルーツ 3kg」
紀州大地の会・果樹部会「有機キウイフルーツ 3kg」
フルーツアドバイザー:原 詩織

フルーツアドバイザー

一般的なキウイのサイズはだいたいテニスボールくらいの大きさですが、「サルナシ」という品種は大きさが親指の先くらいと、ミニサイズのキウイです。サルナシは「ヘイワード(普通の緑色のキウイ)」とは異なり、皮に生えた産毛(うぶげ)が薄く、軽く表面を洗えばそのまま食べられます。東北以北では古くから親しまれている品種であり、別名「コクワ」とも呼ばれているそうです。

また、サイズが小さなキウイなら、半分に切ってスプーンですくえば手間なく食べられます。皮をむかずにすむため、子どもでも食べやすいというメリットがあります。フルーツの皮をむくのが面倒だと思っている人は、こういった食べやすいキウイを選んでみてください。

キウイおすすめ6選 フルーツアドバイザーが厳選

うえで紹介したキウイの選び方をふまえて、フルーツアドバイザーの原 詩織さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。甘さや食べやすさなど、チェックポイントを意識しながら、自分好みのキウイを見つけてくださいね。

ニュージーランド産ゼスプリ『グリーンキウイ』

ニュージーランド産ゼスプリ『グリーンキウイ』 ニュージーランド産ゼスプリ『グリーンキウイ』 ニュージーランド産ゼスプリ『グリーンキウイ』 ニュージーランド産ゼスプリ『グリーンキウイ』 ニュージーランド産ゼスプリ『グリーンキウイ』 ニュージーランド産ゼスプリ『グリーンキウイ』
出典:Amazon この商品を見るview item

バランスのいい味わいで人気

ニュージーランド産のグリーンキウイです。緑色をしたキウイフルーツの代表的な品種で、バランスのいい甘みと酸味が大きな特徴。

開発した人の名前を取って別名「ヘイワード種」とも呼ばれており、さわやかな味わいが世界中で人気です。ゼスプリのグリーンキウイは、生産から店頭までを厳しく管理することで、高い品質を維持しています。

産地 ニュージーランド

産地 ニュージーランド

エキスパートのおすすめ

香川県産『香緑』

香川県産『香緑』 香川県産『香緑』 香川県産『香緑』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
フルーツアドバイザー:原 詩織

フルーツアドバイザー

濃厚な甘みとほどよい酸味に満足

整った俵型(たわらがた)の外見と濃い緑の色合いが美しい、香川県のブランドキウイ『香緑(こうりょく)』。一般的なキウイの糖度は12~14度ですが、こちらの香緑は糖度が15~16度とひじょうに高いです。

ゴールドやレッド系のキウイには出せない濃厚な甘みとほどよい酸味、フレッシュな香りは、キウイ好きの方も満足できる味わいです。一般的なグリーンキウイは完熟しても酸味が少し残るのでさわやかな味わいですが、香緑は糖度が高いので、濃厚な甘さを感じていただけます。

サイズも大きく食べごたえも充分。一般的なグリーンキウイだとひとり1個食べるくらいの量がちょうどいいですが、こちらの香緑は、ふたりでシェアするのもおすすめです。

産地 香川県

産地 香川県

福岡県産『甘熟娘(うれっこ)グリーンキウイ』

福岡県産『甘熟娘(うれっこ)グリーンキウイ』 福岡県産『甘熟娘(うれっこ)グリーンキウイ』 福岡県産『甘熟娘(うれっこ)グリーンキウイ』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

国産のグリーンキウイ

九州・福岡の温暖な気候のもとで育てられた、グリーンキウイです。ほどよい酸味があり、甘くとろけるような舌触りのよさが魅力です。

そのまま食べるのはもちろんのこと、切ってサラダにプラスしたり、食パンやヨーグルトに乗せて食べてもいいでしょう。肉・魚料理との相性もばっちりです。繊維分やビタミンが摂取できます。

産地 福岡県

産地 福岡県

和歌山県産『有機キウイフルーツ』

和歌山県産『有機キウイフルーツ』 和歌山県産『有機キウイフルーツ』 和歌山県産『有機キウイフルーツ』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

貴重な国産有機キウイ

有機認証を取得した、貴重な和歌山県産のキウイです。栽培期間中は、農薬・化学肥料のほか、果実を肥大させるためのホルモン剤も使用していません。

そのため、実はやや小ぶりですが、ギュッと詰まった濃厚な味わいに仕上がっています。舌に感じるような刺激やくさみが少ないため、苦手意識がある人でも食べやすいでしょう。

産地 和歌山県

産地 和歌山県

エキスパートのおすすめ

香川県産『さぬきゴールド』

香川県産『さぬきゴールド』 香川県産『さぬきゴールド』 香川県産『さぬきゴールド』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
フルーツアドバイザー:原 詩織

フルーツアドバイザー

世界最大級のゴールドキウイ!

香川県でしか作られていないオリジナルキウイで、デパートや高級フルーツ店でのみ取り扱っている高級品種です。衝撃に弱いため、ひとつひとつていねいに袋がけをおこない、ぶつからないように果実の数を調整しながら、大切に育てられたキウイです。

食べごたえのある大きめサイズに、思わず見入ってしまうほど美しい金色の果肉も魅力。甘みが強いので、甘みのあるキウイがお好きな方にはとても満足していただける一品です。酸味が少なく、純粋な甘みを味わうことができます。希少なので珍しいものが好きな方にもおすすめです。

ビタミンCを豊富に含むキウイですが『さぬきゴールド』はとくに優秀で、通常の品種に比べ、約3倍のビタミンCを含んでいます。

産地 香川県

産地 香川県

エキスパートのおすすめ

ニュージーランド産ゼスプリ『サンゴールドキウイ』

ニュージーランド産ゼスプリ『サンゴールドキウイ』 ニュージーランド産ゼスプリ『サンゴールドキウイ』 ニュージーランド産ゼスプリ『サンゴールドキウイ』 ニュージーランド産ゼスプリ『サンゴールドキウイ』
出典:Amazon この商品を見るview item
フルーツアドバイザー:原 詩織

フルーツアドバイザー

食べやすさと追熟の早さが特徴

ニュージーランドのゼスプリ社が開発した、果肉が黄色くて甘味が強いキウイです。ちょっと前までは、どちらかというとすっぱいフルーツというイメージが強かったキウイですが、酸味が苦手な方でも食べやすい味わいのゼスプリ社のキウイが登場したおかげで、「キウイが好きになった」という方もいらっしゃるかと思います。

食べやすい味わいはもとより、比較的追熟も早いので、どなたでも食べやすい品種としておすすめです。

産地 ニュージーランド

産地 ニュージーランド

「キウイ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ニュージーランド産ゼスプリ『グリーンキウイ』
香川県産『香緑』
福岡県産『甘熟娘(うれっこ)グリーンキウイ』
和歌山県産『有機キウイフルーツ』
香川県産『さぬきゴールド』
ニュージーランド産ゼスプリ『サンゴールドキウイ』
商品名 ニュージーランド産ゼスプリ『グリーンキウイ』 香川県産『香緑』 福岡県産『甘熟娘(うれっこ)グリーンキウイ』 和歌山県産『有機キウイフルーツ』 香川県産『さぬきゴールド』 ニュージーランド産ゼスプリ『サンゴールドキウイ』
商品情報
特徴 バランスのいい味わいで人気 濃厚な甘みとほどよい酸味に満足 国産のグリーンキウイ 貴重な国産有機キウイ 世界最大級のゴールドキウイ! 食べやすさと追熟の早さが特徴
産地 ニュージーランド 香川県 福岡県 和歌山県 香川県 ニュージーランド
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年10月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月17日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする キウイの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのキウイの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:キウイフルーツランキング
楽天市場:キウイフルーツランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

フルーツアドバイザーの豆知識 知っておきたいキウイの特徴!

フルーツアドバイザー:原 詩織

フルーツアドバイザー

キウイフルーツは、ニュージーランド産のキウイを日本で輸入・販売するゼスプリ社のCMの影響もあり、近年人気が高まっているフルーツです。

キウイフルーツの名前の由来は、ニュージーランドの国鳥である「キーウィ」。日本市場に出まわるキウイの輸入元はニュージーランドがメインですが、近年では愛媛、和歌山、福岡など、国産のキウイもたくさん登場するようになってきています。

またキウイの特徴は、樹の上で熟さずに収穫後に追熟(ついじゅく)して甘みが増すという点にあります。かたいキウイを買ったときには、リンゴと一緒にビニール袋に入れておきましょう。リンゴから出る植物ホルモンの一種であるエチレンガスがキウイの追熟をうながし、2~3日たつと食べ頃を迎えます。

そのほかのフルーツに関連する記事はこちら 【関連記事】

キウイの追熟具合を見極めて選びましょう!

フルーツアドバイザー:原 詩織

フルーツアドバイザー

キウイはビタミンCをはじめ食物繊維、カリウムなどのミネラルが豊富なフルーツです。そんなスーパーフルーツ・キウイの選び方は、実がかたく、果皮(かひ)に産毛(うぶげ)がしっかりと生えている、表面がきれいなものがおすすめです。

買ってすぐに食べたいときは、追熟している、少しやわらかめの果肉のものを選びましょう。逆に日もちさせたい場合は、かためのキウイを選んでみてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button