カメラ用三脚のおすすめ12選|コンパクトタイプや安定感のある商品も紹介

カメラ用三脚のおすすめ12選|コンパクトタイプや安定感のある商品も紹介
フォトグラファー
林 孝典

VANTANデザイン研究所卒業後、カメラアシスタントを経て独立。 都内にスタジオも構える。撮影分野は、主に芸能人や音楽アーティストをはじめとした著名人。また、ファッションブランドや、広告デザインなどの撮影も行っている。 定期的に撮影している媒体は、ライブドアニュースやBRUTUS、filmagaなどの専門媒体など。

フォトグラファーの林 孝典さんにカメラ用三脚の選び方とおすすめ商品についてうかがいました。手持ちよりも安定し、手振れを防いでくれる三脚。天体星空の撮影や夜景のような暗いシーン、バードウォッチング野鳥撮影、風景撮影など待ちが必要な場合は、三脚がとても役に立ちます。しかし、カメラ用三脚の売り場を見るとたくさんの種類があり、どれを選んだらよいか分かりづらいですよね。そこで、フォトグラファーの林 孝典さんにカメラ用三脚の選び方とおすすめ商品についてうかがいました。専門家ならではの視点をぜひ参考にしてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもチェックしてみてくださいね。


カメラ用三脚の選び方

フォトグラファーの林 孝典さんに、カメラ用三脚を選ぶときのポイントを教えてもらいました。カメラ用三脚を選ぶ際には、どの様な点に注目するとよいのでしょうか?

【1】三脚のサイズはカメラに適したものを選ぼう

カメラとレンズ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

三脚のサイズは小型・中型・大型の3サイズが主流で、それぞれ適したカメラがあります。小型三脚はミラーレスまたは初心者向け一眼レフ、中型三脚はAPS-Cカメラや望遠レンズつきカメラ、大型三脚はフル一眼レフカメラや、大口径超望遠レンズです。

大きな一眼レフカメラを持っているのに、携帯性を重視して軽くて細い三脚に取りつけると重心が安定せず、カメラがブレてしまいます。三脚によって固定できるカメラの種類やレンズがあるので、サイズだけではなく、耐荷重など仕様もしっかりとチェックして選んでください。

【2】カメラ+レンズの重量にあった耐荷重やポール径を

フォトグラファー

三脚には商品ごとに耐荷重が設定されています。これはカメラ本体+レンズ+雲台の重さを足したものを指します。安全に三脚を使うために、使用機材に対応した三脚を選びましょう。今までは重くて大きい三脚が耐荷重性能が高いという区別の仕方がありました。しかし、現在は軽量さを売りにする三脚が普及したことにより、重量だけでは安定性を測ることができません。

また、あわせてチェックしたいのがパイプ径。太い方が安定性能と耐荷重性能が高くなります(細くて軽いカーボン素材のものもありますが、値段が張るのではじめての三脚には向きません)。エントリークラスの一眼レフに標準レンズなら、20mm以上の太さがあるモデルがおすすめです。

【3】雲台は撮影シーンや好みに合わせて選ぶ

三脚にカメラを取りつける雲台は、被写体に向けて傾きなどを調整して構図を決めるパーツです。3Way雲台や自由雲台とタイプがあり、それぞれ特徴を解説します。

3Way雲台|自然・風景の撮影に

3Way雲台は上下、左右、水平の向きを変えられる運台です。2本のハンドルつきでこまかく調整できるため、水平をしっかりと出すことが可能です。急なシャッターチャンスに素早く反応できないため、自然風景などじっくりと構図を決める撮影に適しています。

サイズが大きいため、荷物量を抑えたい旅行や登山には向いていないでしょう。

自由雲台|動物やスポーツシーンの撮影に

自由雲台はボールヘッド雲台とも呼ばれているとおり、ボールヘッドが内蔵されている雲台です。ネジをゆるめると内蔵されているボールが動かせるため、撮影に適した角度で固定できます。素早く構図を決められるため、動物や運動会など動きのある被写体の撮影に向いているでしょう。

しかし、微細な位置への固定は難しいため、カメラ本体の重量があると傾いてしまうことも。そのため、夜景や花火などの長時間露光やマクロ撮影には向いていません。

ギア雲台|マクロ撮影に

ギア雲台
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ギア雲台は上下・左右・水平の3軸をギア(歯車)で調整できる雲台です。小さなものの撮影でしっかりと構図を決めたいときに活躍します。ギアのロックを解除すれば自由な位置に動かせるため、構図の変更もかんたんです。

利便性にすぐれているものの、衝撃に弱いうえに重量もあるため、登山やアウトドアシーンでの撮影には向いていません。屋外なら植物のマクロ撮影、屋内なら商品撮影に適しているでしょう。

オイルフリュード雲台|動画撮影に

走る子どもたち
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

オイルフリュード雲台は可動部分にオイルやグリスを封入し、滑らかに動かせる雲台です。動く被写体をスムーズに追えるため、ビデオカメラなど動画撮影に向いています。重量のあるカメラでもなめらかに動かせるため、望遠レンズを用いたスポーツ撮影もブレることなく撮影することが可能です。

デジタルカメラには動画撮影モードも選べます。シーンに合わせて動画撮影も楽しみたい方はオイルフリュード雲台を選びましょう。

【4】カメラの固定方法も確認しておこう

三脚にカメラを固定する方法には、直づけタイプとクイックシュータイプがあります。手持ちのカメラに適した三脚を選べるように、カメラの固定方法について解説します。

直づけタイプ|しっかり固定+安定感

直づけタイプの雲台
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

直づけタイプはカメラ底面にある三脚穴にねじ込んで固定する方法です。三脚穴の規格は1/4インチサイズが主流です。そのため、カメラの種類を問わず取りつけられます。しかし、大型カメラのなかには3/8インチ規格の三脚穴もあるようなので、事前にチェックしておくことが大切です。

カメラと三脚をしっかりと固定できるため、望遠レンズを装着したカメラでの撮影や構図を変更せず、じっくりと撮影したいときに向いています。

クイックシュータイプ|取りつけしやすい

三脚とカメラ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

クイックシュータイプはカメラの底面にプレートを装着して、プレートごと取りつける固定方法です。あらかじめカメラにプレートを装着しておく必要がありますが、一度取りつけておけばスムーズに着脱できます。

複数のカメラをつけ替えながら撮影したいときに向いていますが、ご家庭で使う場合はカメラにプレートをつけたままにしておいてもいいでしょう。

【5】水準器つきならしっかりと水平にたもてる

建物を撮影する男性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

風景や建築物の撮影では水平が少しでもずれていると写真の仕上がりに影響します。水準器を見ながら、調整すれば正確な水平を出すことが可能です。

デジタル一眼レフカメラには電子水準器が内蔵されているものもありますが、フィルムカメラにはありません。手持ちのカメラがフィルム式なら水準器つきの三脚を選びましょう。大きな雲台には水平式、コンパクトタイプには丸型の水準器がついています。お好みのタイプを選んでみてください。

【6】三脚の土台となる脚部の素材や長さもチェックしよう

三脚の脚部は素材や長さによって、使い勝手が変わります。用途に適した三脚を選べるように素材や長さだけではなく、ロック方式や脚径などにも着目して解説します。

素材はアルミ、カーボンの2種類。どちらを選ぶか

カメラ用三脚を持つ男性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

フォトグラファー

三脚に使われることの多い素材として、一般的にアルミのモデルが多いです。アルミ素材の三脚はコストを安く抑えられるため、リーズナブルに購入できるというメリットがあります。

最近ではカーボンを素材に使用した三脚も。こちらは安定性と軽さを兼ね備えているのが特徴です。アルミよりもカーボンは値段が高いです。しかし、アルミと比較して軽さが段違いです。歩きでの移動が多いときや、旅行や登山に持って行く際には重宝しますよ。

脚部の全高は撮影シーンに合ったものを

脚部を全段伸ばしたときの高さを「全高」、ローポジション時を「地上最低高」といいます。立ちスタイルで撮影するなら、カメラを取りつけたときにファインダーが目の高さにくるよう、身長から-20cmくらいの高さを選ぶと身体に負担がかからず、撮影しやすいでしょう。

地面に近い場所に生えている植物を撮影したいときは、どれだけ低くかまえられるかで撮影のしやすさも変わってきます。10cm未満にセットできるミニ三脚もあるため、被写体や撮影シーンに適したものを選びましょう

開脚角度が調整できる三脚が便利

脚の角度が調整できるものを選ぶと、全開脚してローアングルの撮影に便利です。開脚角度は商品によりますが2~4段階に調節できます。脚を補強するステーストッパーつきなら、角度調整がしやすいため扱いやすいでしょう。安定感のある撮影が可能ですが、ステーストッパーつきは全開脚ができないため、シーンによっては撮影に向いていないこともあります。

それぞれの脚の角度や長さを調整できる三脚は、幅広いシーンで活躍しますが価格は高めです。予算も考えて選びましょう。

脚ロック方式は使い勝手に合わせて

脚ロック方式はナット方式とレバー方式の2タイプが主流です。ナット方式は少しひねるだけでゆるめたり、留めたりできます。少しひねるだけで好みの高さをつくれるため、使い慣れてくるとセッティングスピードもあがるでしょう。

レバー方式はロック状態がパッと見てわかるため、初心者でも扱いやすいのが特徴です。しかし、長く使っているとロックがゆるくなることも。またレバーのぶんボリュームが出るので、ナット方式よりも重量が増します。それぞれのメリットから判断して使いやすいものを選びましょう。

脚径はカメラやレンズに適したものを選ぼう

カメラと三脚
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

三脚を選ぶときはカメラやレンズの重量をしっかりと支えられるかどうか、脚径(太さ)のチェックも大切です。太ければ安定感は増しますが、重くなるため持ち運びには不便です。そのため、セットするカメラとレンズに適したものを選ばなければなりません。

脚径は三脚のサイズによって異なりますが、コンパクトカメラやマクロレンズなら20~25mmくらいの小型を。一眼レフの中級機や300mm-F2.8の望遠レンズなら26~33mmの中型を。重量のあるフル一眼レフなら34~42mmの大型を目安に選びましょう。

【7】使い勝手に合わせて脚の段数を選ぶのがおすすめ

フォトグラファー

カメラ用三脚は脚の伸縮機構があり、何段階に分割されるかを段数という数で区別します。一般的には段数が三段のものが多いですが、中には五段以上の三脚も販売されています。段数が多いほど、分割できるため収納時の長さは短くなります。短く収納できる半面、脚は細くなるため安定感が低下します。

カメラを支える力や安定性能を考えると、1本目は段数が少なく脚が太いものをおすすめします。2本目、3本目で携帯性の高い短めの三脚や、飛行機やバックに収納できる段数の多い三脚を選ぶとよいでしょう。

【8】上限金額を決めてから商品選びをしましょう

カメラギア
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

フォトグラファー

三脚は複数のメーカーから新旧さまざまな商品が販売されています。カメラやレンズを選んだときのように、商品が多い分どれがよいか悩むことも多いものです。お手ごろなものでは2,000~3,000円から購入できますが、高いものでは10万円を超えるものも少なくありません。

今回は手の出しやすい数千円クラスのモデルから、本格派の2~3万円のモデルをピックアップしました。まずは上限額を決めたうえで、必要な機能を備えた三脚を選びましょう。

カメラ用三脚おすすめ12選

ここまで紹介したカメラ用三脚の上手な選び方のポイントをふまえて、フォトグラファーの林 孝典さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。初心者でもかんたんに使える三脚や、カバンに引っ掛けて持ち運びがしやすい三脚もあります。用途を考慮しながらぴったりの三脚を選んでください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SLIK『GX 6400』

SLIK『GX6400』 SLIK『GX6400』 SLIK『GX6400』 SLIK『GX6400』 SLIK『GX6400』 SLIK『GX6400』 SLIK『GX6400』 SLIK『GX6400』

出典:Amazon

全高 1,540mm
伸長 -
耐荷重 1.5kg
脚径 21mm
材質 アルミ
段数 4段
重量 1.2kg

Thumb lg 7a7cc46a 92fc 4e85 b19a ae1582bc6a82

フォトグラファー

はじめての三脚にぴったりのエントリーモデル

日本を代表する三脚メーカーのSLIKが販売するカメラ用三脚です。SLIKのプロ仕様モデルで培ったノウハウをもとに、はじめて使う人でもかんたんな操作性を実現したファミリー向けのモデル。脚部分はアルミ、カメラを三脚に装着するための雲台や本体部分はプラスチックで作られています。これにより軽量化とコストパフォーマンスを両立しました。

脚部は携帯しやすい4段階伸縮で、エレベーター込みで全高154cmまで伸ばすことが可能です。開脚角度の調節機構もあり、運動会や花火大会などの撮影スペースが限られた場所でも活躍してくれますよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Fotopro『三脚 ブラック(DIGI-204)』

Fotopro『三脚ブラック(DIGI-204)』 Fotopro『三脚ブラック(DIGI-204)』 Fotopro『三脚ブラック(DIGI-204)』 Fotopro『三脚ブラック(DIGI-204)』 Fotopro『三脚ブラック(DIGI-204)』 Fotopro『三脚ブラック(DIGI-204)』 Fotopro『三脚ブラック(DIGI-204)』 Fotopro『三脚ブラック(DIGI-204)』 Fotopro『三脚ブラック(DIGI-204)』

出典:Amazon

全高 -
伸長 1,200mm
耐荷重 約1.5kg
脚径 20mm
材質 -
段数 4段
重量 0.57kg

Thumb lg 7a7cc46a 92fc 4e85 b19a ae1582bc6a82

フォトグラファー

発表会などのお子さんのイベントにはこの三脚を

自分の子どもをカメラで追いかけながら写真を撮るのは、長丁場になるためたいへんですよね。とくにお遊戯会や発表会は周りが暗く、オートで撮影するとシャッタースピードが遅くなりブレが多く発生します。そんな失敗経験がある人や失敗したくない人は、この三脚を利用してみては。

脚の伸縮はロックレバーを開け閉めしながら調整するだけで設置完了。装着はクイックシューつきのため、レバーをひねるだけで付け外しが可能です。角度調整は上下左右と自由自在です。水準器も標準装備ですので、写真が傾いて撮れてしまったという失敗も防いでくれます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SLIK『エアリーL100』

SLIK『エアリーL100』 SLIK『エアリーL100』 SLIK『エアリーL100』 SLIK『エアリーL100』 SLIK『エアリーL100』 SLIK『エアリーL100』 SLIK『エアリーL100』 SLIK『エアリーL100』 SLIK『エアリーL100』 SLIK『エアリーL100』

出典:Amazon

全高 1,543mm
伸長 -
耐荷重 1.5kg
脚径 20mm
材質 アルミ
段数 4段
重量 0.98kg

Thumb lg 7a7cc46a 92fc 4e85 b19a ae1582bc6a82

フォトグラファー

持ち運んで使うときはスリムで軽量なこちら

登山やお花の鑑賞など、お出かけ先でも写真撮影をしたいですよね。そんなときにに便利なトラベル向けの三脚を探している方はこの製品がおすすめです。収納時の太さは、500mlペットボトルと同等。雲台部分に工夫があり、とことん細く収納してくれます。結果、リュックサックのサイドのペットボトル収納のポケットに収納できます。もちろん重量も軽量で、980g。手持ちでも邪魔になることはありません。

三脚の開閉に便利な「ハライチロックシステム」を採用。青いボタンを押し下げて開脚ストッパーを解除すれば、後はボタンから手を離しながら開閉操作がおこなえます。一般的なトラベル三脚では、ボタンを押しながら操作する必要がありましたが、かなり軽い力でも開閉操作ができるようになりました。立った状態、座った状態、地面ギリギリの高さもの撮影も可能なオールラウンダーな三脚です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

VANGUARD『VEO 2 264CB』

VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』 VANGUARD『VEO2264CB』

出典:Amazon

全高 -
伸長 1,250mm
耐荷重 8kg
脚径 26mm
材質 カーボン
段数 4
重量 1.3kg

Thumb lg 7a7cc46a 92fc 4e85 b19a ae1582bc6a82

フォトグラファー

カーボン製のなかではお手ごろなモデルです

本格的に三脚を使っていきたいとお考えの方には、カーボン製のカメラ用三脚がおすすめ。軽量かつ剛性が高いのが特徴です。センターポールを反転させれば、機内持ち込みもできる長さになります。脚の固定はツイストロックを採用しているため、素早い調整が可能です。

重量は1.3kgと携帯性が高い一方で、脚のパイプ径は26mm、耐荷重は8kgあるため安定感か違います。お出かけ先でも頼れる相棒になりますよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SLIK『マスターIII』

SLIK『マスターIII』 SLIK『マスターIII』 SLIK『マスターIII』 SLIK『マスターIII』 SLIK『マスターIII』 SLIK『マスターIII』 SLIK『マスターIII』 SLIK『マスターIII』 SLIK『マスターIII』 SLIK『マスターIII』

出典:Amazon

全高 1,820mm
伸長 -
耐荷重 5kg
脚径 28mm
材質 アルミ
段数 3段
重量 2.8kg

Thumb lg 7a7cc46a 92fc 4e85 b19a ae1582bc6a82

フォトグラファー

安定感の高さが他の商品とは一線を画します

報道現場やバードウォッチングにも用いられることのあるカメラ用三脚です。パンハンドル1本でカメラの傾きをかんたんに調整できる「マスターデラックスブラック雲台」を標準装備。水平な状態のまま、手持ちの撮影に近い動きを出すことができます。パイプはアルミやマグネシウムを配合することにより、プロ用三脚よりも薄くすることができ、軽量化を実現しました。

全高はエレベーターを下げた状態で152.5cmと、しっかり高さを確保できます。軽量さを売りにした商品と比べると重さを感じますが、代えがたい安定性が得られますよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Fotopro『三脚 ブルー(SY-310)』

Fotopro『三脚ブルー(SY-310)』 Fotopro『三脚ブルー(SY-310)』 Fotopro『三脚ブルー(SY-310)』

出典:Amazon

全高 -
伸長 123mm
耐荷重 1.5kg
脚径 -
材質 プラスチック
段数 1段
重量 0.18kg

Thumb lg 7a7cc46a 92fc 4e85 b19a ae1582bc6a82

フォトグラファー

ひとつあると何かと便利な卓上三脚

どの方向にも動かせる、シンプル動作が売りな自由雲台を搭載した卓上サイズのカメラ用三脚です。街中での撮影に一般的な三脚は持ち歩きずらいですよね。この三脚あれば、バリエーション豊かなアングルで写真撮影をおこなうことができます。

脚部を閉じればムービー向きのボトムグリップとしても使用可能です。キャップ部分にはストラップがついていますので、カバンに引っ掛けて持ち歩きもできますよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JOBY『ゴリラポッド マグネティック325(JB01543)』

JOBYゴリラポッドマグネティック325JB01543PKK JOBYゴリラポッドマグネティック325JB01543PKK JOBYゴリラポッドマグネティック325JB01543PKK

出典:楽天市場

全高 -
伸長 170mm
耐荷重 0.325kg
脚径 -
材質 ABS Plastic、Rare Earth Magnets、ステンレス鋼、TPE
段数 -
重量 0.062kg

Thumb lg 7a7cc46a 92fc 4e85 b19a ae1582bc6a82

フォトグラファー

デジカメ用三脚を探している人におすすめ

コンパクトデジタルカメラなどに装着できるカメラ用三脚です。ボール状のパーツが数珠つなぎになった脚部が特徴なこちらの商品。先端にはマグネットがついていおり、自由に動かせる脚をと合わせて、さまざまな場所に固定することが可能です。タイマーやリモコン撮影時に活躍してくれること間違いなし。

同ラインには耐荷重が最大5kgのものを含めて4種類用意されています。ミラーレス一眼や一眼レフも使う予定の方は、上位モデルもチェックしましょう。

Aneva 『カメラ三脚(ARM-264A)』

Aneva三脚一脚可変4段177cmコンパクトアルミ製3Way雲台水準器付きクイックシュー式一眼レフビデオカメラ対応キャリング Aneva三脚一脚可変4段177cmコンパクトアルミ製3Way雲台水準器付きクイックシュー式一眼レフビデオカメラ対応キャリング Aneva三脚一脚可変4段177cmコンパクトアルミ製3Way雲台水準器付きクイックシュー式一眼レフビデオカメラ対応キャリング

出典:楽天市場

全高 177mm
伸長 -
耐荷重 4kg
脚径 -
材質 アルミ
段数 4段
重量 -

最長177cmで高さのある撮影も可能

Anevaの三脚は、アルミをメイン素材にしたカメラ用の三脚です。この三脚は4段階に高さを調節でき、最長で177cmまで伸ばせます。さらに、センターポールを三脚から独立させて一脚型のスタンドとしても使用が可能。高所や変則的な場所での撮影に力を発揮します。

雲台は縦横上下3WAYに切り替えができ、クイックシューで素早くカメラの着脱ができます。三脚中央に吊り下げフックが付いているのも見逃せないポイント、ここにバッグなどを下げれば、風が強いときも安定性が増します。

SONY『リモコン三脚 ( VCT-VPR1 )』

ソニー三脚リモコン三脚4段3ウェイオイルフリュードVCT-VPR1C ソニー三脚リモコン三脚4段3ウェイオイルフリュードVCT-VPR1C ソニー三脚リモコン三脚4段3ウェイオイルフリュードVCT-VPR1C

出典:Amazon

全高 146.5mm
伸長 -
耐荷重 4kg
脚径 -
材質 アルミ
段数 4段
重量 1.3kg

リモコン付きで便利なSONYの三脚

SONYから発売されているこの三脚の特徴は、有線リモコンが付属していることでしょう。静止画撮影ボタンにはシャッターロック機能が付いているので、画像のブレを防止できます。

雲台は3wayオイルフリュードを装備し、非常に動きが滑らか。 動画撮影時にも威力を発揮します。 リモコンにはマルチ端子用の接続ケーブルが付属しており、多くのSONY製品と接続できます。SONYのカメラを持っているなら、是非おすすめしたい三脚です。

NATIONAL GEOGRAPHIC 『カメラ三脚 (NGPHMIDI)』

NATIONALGEOGRAPHIC三脚3ウェイ雲台付きスモール4段アルミブラックケース付属コンパクト軽量運動会旅行に最適耐荷重1kg格納高41cmNGPHMIDI NATIONALGEOGRAPHIC三脚3ウェイ雲台付きスモール4段アルミブラックケース付属コンパクト軽量運動会旅行に最適耐荷重1kg格納高41cmNGPHMIDI NATIONALGEOGRAPHIC三脚3ウェイ雲台付きスモール4段アルミブラックケース付属コンパクト軽量運動会旅行に最適耐荷重1kg格納高41cmNGPHMIDI NATIONALGEOGRAPHIC三脚3ウェイ雲台付きスモール4段アルミブラックケース付属コンパクト軽量運動会旅行に最適耐荷重1kg格納高41cmNGPHMIDI NATIONALGEOGRAPHIC三脚3ウェイ雲台付きスモール4段アルミブラックケース付属コンパクト軽量運動会旅行に最適耐荷重1kg格納高41cmNGPHMIDI

出典:Amazon

全高 1,290mm
伸長 410mm
耐荷重 1kg
脚径 -
材質 アルミ
段数 3段
重量 0.67kg

フィールドでの使いやすさはさすが「ナショジオ」

宇宙物理から自然科学、世界環境などあらゆる分野を鋭い視点で取り上げているメディア「NATIONAL GEOGRAPHIC(ナショナルジオグラフィック)」。この製品は、そんなNATIONAL GEOGRAPHICブランドのカメラ用三脚です。本体はアルミ製でコンパクトにたため、付属のケースに収納できます。重さは670gと軽量なのでフィールドの何処へでも持ち運びができ、過酷な自然の中での撮影をしっかりサポートしてくれます。

ここでご紹介するのはスモールサイズですが、大きさのバリエーションも発売されているので、自分のニーズに合ったものを選びましょう。

Ulanzi 『ミニ三脚(MT-14)』

UlanziMT-14ミニ三脚延長可能脚が伸びる2020版三脚伸縮の脚dji三脚ハンドヘルドスタビライザーDJIOsmoPocket三脚OSMOACTIONGoproZhiyunSmoothq4GimbalFeiyuVimble2などのジンバルホルダー UlanziMT-14ミニ三脚延長可能脚が伸びる2020版三脚伸縮の脚dji三脚ハンドヘルドスタビライザーDJIOsmoPocket三脚OSMOACTIONGoproZhiyunSmoothq4GimbalFeiyuVimble2などのジンバルホルダー UlanziMT-14ミニ三脚延長可能脚が伸びる2020版三脚伸縮の脚dji三脚ハンドヘルドスタビライザーDJIOsmoPocket三脚OSMOACTIONGoproZhiyunSmoothq4GimbalFeiyuVimble2などのジンバルホルダー UlanziMT-14ミニ三脚延長可能脚が伸びる2020版三脚伸縮の脚dji三脚ハンドヘルドスタビライザーDJIOsmoPocket三脚OSMOACTIONGoproZhiyunSmoothq4GimbalFeiyuVimble2などのジンバルホルダー UlanziMT-14ミニ三脚延長可能脚が伸びる2020版三脚伸縮の脚dji三脚ハンドヘルドスタビライザーDJIOsmoPocket三脚OSMOACTIONGoproZhiyunSmoothq4GimbalFeiyuVimble2などのジンバルホルダー UlanziMT-14ミニ三脚延長可能脚が伸びる2020版三脚伸縮の脚dji三脚ハンドヘルドスタビライザーDJIOsmoPocket三脚OSMOACTIONGoproZhiyunSmoothq4GimbalFeiyuVimble2などのジンバルホルダー UlanziMT-14ミニ三脚延長可能脚が伸びる2020版三脚伸縮の脚dji三脚ハンドヘルドスタビライザーDJIOsmoPocket三脚OSMOACTIONGoproZhiyunSmoothq4GimbalFeiyuVimble2などのジンバルホルダー

出典:Amazon

全高 167mm
伸長 80mm
耐荷重 2kg
脚径 -
材質 ABS
段数 2段
重量 0.107kg

シンプルだけど色々使えるミニ三脚

Ulanzi のミニ三脚は、最大加重2kgの卓上型カメラ三脚です。シンプルで無駄を省いたデザインをもつコンパクト設計の三脚ですが、脚部は167mmまで延長が可能。 スマホはもとより本格的な一眼カメラ用の三脚や、マイクスタンドなどにも使えます。

また、脚を閉じた状態では自撮り棒や、動画撮影時のハンドスタビライザーとしても使え、汎用性の高さもおすすめのポイントです。軽量なABS樹脂製で重さはわずか107g。持ち運びにも便利です。

ARTCISE『カメラカーボン三脚(AS85C)』

カメラカーボン三脚ナットロック式四段三脚トラベル一脚伸縮可変式全伸高185cmARTCISEパノラマ40mmボール低重心雲台クイックシュー三脚バッグ付きビデオデジタルカメラ一眼レフDSLRミラーレススマートフォン等対応最大耐荷重20キロ運動会登山野外撮影用(AS85C) カメラカーボン三脚ナットロック式四段三脚トラベル一脚伸縮可変式全伸高185cmARTCISEパノラマ40mmボール低重心雲台クイックシュー三脚バッグ付きビデオデジタルカメラ一眼レフDSLRミラーレススマートフォン等対応最大耐荷重20キロ運動会登山野外撮影用(AS85C) カメラカーボン三脚ナットロック式四段三脚トラベル一脚伸縮可変式全伸高185cmARTCISEパノラマ40mmボール低重心雲台クイックシュー三脚バッグ付きビデオデジタルカメラ一眼レフDSLRミラーレススマートフォン等対応最大耐荷重20キロ運動会登山野外撮影用(AS85C) カメラカーボン三脚ナットロック式四段三脚トラベル一脚伸縮可変式全伸高185cmARTCISEパノラマ40mmボール低重心雲台クイックシュー三脚バッグ付きビデオデジタルカメラ一眼レフDSLRミラーレススマートフォン等対応最大耐荷重20キロ運動会登山野外撮影用(AS85C) カメラカーボン三脚ナットロック式四段三脚トラベル一脚伸縮可変式全伸高185cmARTCISEパノラマ40mmボール低重心雲台クイックシュー三脚バッグ付きビデオデジタルカメラ一眼レフDSLRミラーレススマートフォン等対応最大耐荷重20キロ運動会登山野外撮影用(AS85C) カメラカーボン三脚ナットロック式四段三脚トラベル一脚伸縮可変式全伸高185cmARTCISEパノラマ40mmボール低重心雲台クイックシュー三脚バッグ付きビデオデジタルカメラ一眼レフDSLRミラーレススマートフォン等対応最大耐荷重20キロ運動会登山野外撮影用(AS85C) カメラカーボン三脚ナットロック式四段三脚トラベル一脚伸縮可変式全伸高185cmARTCISEパノラマ40mmボール低重心雲台クイックシュー三脚バッグ付きビデオデジタルカメラ一眼レフDSLRミラーレススマートフォン等対応最大耐荷重20キロ運動会登山野外撮影用(AS85C) カメラカーボン三脚ナットロック式四段三脚トラベル一脚伸縮可変式全伸高185cmARTCISEパノラマ40mmボール低重心雲台クイックシュー三脚バッグ付きビデオデジタルカメラ一眼レフDSLRミラーレススマートフォン等対応最大耐荷重20キロ運動会登山野外撮影用(AS85C) カメラカーボン三脚ナットロック式四段三脚トラベル一脚伸縮可変式全伸高185cmARTCISEパノラマ40mmボール低重心雲台クイックシュー三脚バッグ付きビデオデジタルカメラ一眼レフDSLRミラーレススマートフォン等対応最大耐荷重20キロ運動会登山野外撮影用(AS85C)

出典:Amazon

全高 1850mm
伸長 -
耐荷重 20kg
脚径 -
材質 カーボンファイバー
段数 4段
重量 1.78kg

軽量で多機能なカーボン製

ARTCISEのカメラ用三脚は、軽量なカーボン素材でできています。最大耐荷重20kgのしっかりしたつくりながらも、その重量はわずか1.78kg。持ち運びのストレスをほぼ感じさせません。ボールヘッドの雲台は360度回転し、全景撮影にも対応します。

脚部は3段階に開脚角度を調節でき、先端部にはゴムマットとステンレススパイクも装備。複雑な地形やハードな環境下でも、安定した撮影が可能です。価格もカーボンモデルにしては控えめで、コスパの高さもポイントです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
SLIK『GX 6400』
Fotopro『三脚 ブラック(DIGI-204)』
SLIK『エアリーL100』
VANGUARD『VEO 2 264CB』
SLIK『マスターIII』
Fotopro『三脚 ブルー(SY-310)』
JOBY ゴリラポッド マグネティック325 JB01543PKK
Aneva 『カメラ三脚(ARM-264A)』
SONY『リモコン三脚 ( VCT-VPR1 )』
NATIONAL GEOGRAPHIC 『カメラ三脚  (NGPHMIDI)』
Ulanzi  『ミニ三脚(MT-14)』
ARTCISE『カメラカーボン三脚(AS85C)』
商品名 SLIK『GX 6400』 Fotopro『三脚 ブラック(DIGI-204)』 SLIK『エアリーL100』 VANGUARD『VEO 2 264CB』 SLIK『マスターIII』 Fotopro『三脚 ブルー(SY-310)』 JOBY ゴリラポッド マグネティック325 JB01543PKK Aneva 『カメラ三脚(ARM-264A)』 SONY『リモコン三脚 ( VCT-VPR1 )』 NATIONAL GEOGRAPHIC 『カメラ三脚 (NGPHMIDI)』 Ulanzi 『ミニ三脚(MT-14)』 ARTCISE『カメラカーボン三脚(AS85C)』
商品情報
特徴 はじめての三脚にぴったりのエントリーモデル 発表会などのお子さんのイベントにはこの三脚を 持ち運んで使うときはスリムで軽量なこちら カーボン製のなかではお手ごろなモデルです 安定感の高さが他の商品とは一線を画します ひとつあると何かと便利な卓上三脚 デジカメ用三脚を探している人におすすめ 最長177cmで高さのある撮影も可能 リモコン付きで便利なSONYの三脚 フィールドでの使いやすさはさすが「ナショジオ」 シンプルだけど色々使えるミニ三脚 軽量で多機能なカーボン製
全高 1,540mm - 1,543mm - 1,820mm - - 177mm 146.5mm 1,290mm 167mm 1850mm
伸長 - 1,200mm - 1,250mm - 123mm 170mm - - 410mm 80mm -
耐荷重 1.5kg 約1.5kg 1.5kg 8kg 5kg 1.5kg 0.325kg 4kg 4kg 1kg 2kg 20kg
脚径 21mm 20mm 20mm 26mm 28mm - - - - - - -
材質 アルミ - アルミ カーボン アルミ プラスチック ABS Plastic、Rare Earth Magnets、ステンレス鋼、TPE アルミ アルミ アルミ ABS カーボンファイバー
段数 4段 4段 4段 4 3段 1段 - 4段 4段 3段 2段 4段
重量 1.2kg 0.57kg 0.98kg 1.3kg 2.8kg 0.18kg 0.062kg - 1.3kg 0.67kg 0.107kg 1.78kg
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月18日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする カメラ用三脚の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのカメラ用三脚の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:三脚ランキング
楽天市場:三脚ランキング
Yahoo!ショッピング:カメラ用三脚ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

写真を撮るときカメラを安定させるための一脚。手持ちでの撮影と比べてブレを大幅に抑えられ、省スペースで使えて三脚よりも取り回しがいいので、バッグに一本忍ばせておくと役立つアイテムです。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話をうかがい、一脚の選び方やおすすめの商品をご紹介していきます。

【最後に】フォトグラファーのアドバイス

フォトグラファー

まわりの人に配慮しながら使用しましょう

三脚はある程度の設置場所をとってしまうアイテムです。そのため、使う場所によっては使い方を考える必要があります。とくに人通りの多いところでは、自制を心がけましょう。

また、運動会のように大勢の人がいるところでは、高さを出してしまうと後ろの人に迷惑がかかってしまいます。ルールにそって座ったときの高さに合わせるなどして、視界を遮ることのないように気を付けて設置しましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/03/30 商品名修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 中村亜紀子)

※2020/04/21 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


一脚おすすめ15選|自立式、コンパクトなもので旅行に!クイックシュー付き

一脚おすすめ15選|自立式、コンパクトなもので旅行に!クイックシュー付き

写真を撮ったり、ビデオカメラで録画したりするときにカメラを安定させるための一脚。子どもの発表会や運動会ではいい写真が撮りたいですよね。一脚は手持ちでの撮影と比べてブレを大幅に抑えられ、省スペースで使えて三脚よりも取り回しがいいので、バッグに一本忍ばせておくと役立つアイテムです。この記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんと編集部が選んだ、おすすめ商品をご紹介します。


バッテリーグリップおすすめ5選|ニコン・キヤノン製も

バッテリーグリップおすすめ5選|ニコン・キヤノン製も

カメラの扱いに慣れてくると、撮りたい写真の種類も増えてきますよね。動きの早いスポーツの写真を撮っているときに連写性能を上げたくなったり、長時間撮影時に稼働時間をもっと長くしたくなったり。そんなときに購入を検討したいのがバッテリーグリップ。ここでは、フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話をうかがい、バッテリーグリップの選び方とおすすめ商品を紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも参考にしてみてください。


撮影ボックスおすすめ6選【スマホでもプロのように撮れる】折りたたみタイプも

撮影ボックスおすすめ6選【スマホでもプロのように撮れる】折りたたみタイプも

この記事では、カメラマン・三浦一紀さんへの取材のもと、撮影ボックスの選び方とおすすめ商品を紹介します。ネットオークションやブログなどに掲載する洋服や小物、料理の写真がきれいだと、劇的に閲覧者の反応をよくすることも可能!そんなときに役立つのが「撮影ボックス」。撮影ボックスは、周囲の光を被写体に均一に拡散させることができ、ワンランク上の写真に仕上げます。そんな撮影ボックスのおすすめ商品を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


一眼レフカメラのレリーズおすすめ6選|リモート撮影に! ワイヤレスタイプも

一眼レフカメラのレリーズおすすめ6選|リモート撮影に! ワイヤレスタイプも

星空や夜景、集合写真など絶対に手ブレを起こせない撮影の際に必須のレリーズ。そして、レリーズは端子の規格やカメラとの接続方式など商品によって特徴がだいぶ異なり、安易に選んでしまうのは失敗のもと。そこで、写真家・瀬川陣市さんと編集部が選んだレリーズのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも参考にしてみてください。


カメラ用レンズクリーナーおすすめ10選|汚れをサっと落とす

カメラ用レンズクリーナーおすすめ10選|汚れをサっと落とす

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、カメラ用レンズクリーナーの選び方、おすすめ9選を教えてもらいました。レンズクリーナーがあれば、外出先などでカメラのレンズ汚れが気になっても、かんたんに汚れを落とすことができます。効率的なクリーニングのためには、用途に適した商品を選ぶことが大切です。一眼レフなどのカメラの性能を活かすためにもケアは欠かせません。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


新着記事


発色がよくてイラストにも向いている? アルコールマーカー『コピック』の画材の特徴や魅力を検証レビュー

発色がよくてイラストにも向いている? アルコールマーカー『コピック』の画材の特徴や魅力を検証レビュー

アナログでイラストを描くとき、画材としても活躍するカラーマーカー。そのなかでも『コピック』は、幅広い分野で多くのプロや漫画家に愛用されているアルコールマーカーです。自分も使ってみたい! という方や、具体的にどういうマーカーなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は『コピック』について、実際に使い方や書き味をチェックしてみました! 気になる方はぜひ参考にしてみてください。


がんこな尿石落としに!『サンポール』の洗浄力を検証レビュー

がんこな尿石落としに!『サンポール』の洗浄力を検証レビュー

毎日使うトイレは、きれいにしておきたいもの。来客など家族以外の方も使うことがありますので、見た目や匂いなど気になるものです。「サンポール」という商品名は、ご存知の方も多いのではないかと思います。この「サンポール」の洗浄力を検証するため、実際に使用してみました。トイレ洗浄剤の商品選びに迷っている方、『サンポール』の購入を検討されている方、この記事をトイレ洗浄剤選びの参考にしてみてください。


アテニアのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

アテニアのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

年齢とともにお肌の悩みが増えていき、鏡を見るのがちょっと憂うつになることはありませんか? そんなお肌の悩みには、年齢に応じたケアができる化粧品がおすすめです。美容成分を使うだけでなく、余計な添加物を使わないスキンケアでやさしくお肌を整えられたらいいですよね。今回は、肌の元気のなさが気になっていた筆者が『アテニア ドレスリフト』のトライアルセットを使用してみました。さまざまな独自原料や独自成分を使用し、添加物もできるだけ省いている『アテニア ドレスリフト』の使い心地をお伝えします。


化粧くずれしにくい! 『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』のキープ力を検証レビュー

化粧くずれしにくい! 『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』のキープ力を検証レビュー

『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』は、メイクを長時間キープしたい方にぴったりの化粧下地。皮脂によるテカリ・くずれが気になりにくく、ファンデーションも取れにくいのが特徴です。この記事では、『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地』を実際に試して、使用感をたっぷりレビューしていきます。ぜひ記事を読んで、あなたのお悩み軽減に役立つ化粧下地かどうかチェックしてみてくださいね!


アクアレーベルのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

アクアレーベルのトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

大人ニキビや毛穴の目立ち、インナードライが気になり出したら、お肌にたっぷりうるおいを与えるスキンケアをしたくなります。季節に関係なく、肌あれしやすくなった大人の女性にピッタリのスキンケアアイテムはないのでしょうか? そんな肌をうるおいで満たし、大人の悩みに寄り添ってくれるのは、『アクアレーベル』。忙しい日々でも自分らしくきれいになりたい人のスキンケアです。有名ブランドの定番商品なので、口コミも多いようですが、実際使い心地やコスパはどうなのでしょうか? 今回は、毛穴開きが気になる筆者が、赤いスキンケアシリーズのトライアルセット『バランスアップセット』を使用してみました。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る