【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

電脳系フリーライター:早川 厚志
電脳系フリーライター
早川 厚志

1995年に初めてMacを購入して以来、アップル製品に魅せられ続けているフリーライター兼フォトグラファー。現在は月6本以上のライブをこなすシンガーソングライターとしても活動している。 1996年よりMac用新着ソフト情報サイト「新しもの好きのダウンロード」を主宰。 1997年よりMac関連雑誌に毎月20本以上はMacやiOSアプリの紹介記事を執筆。 決して「アップル信者」というわけではなく、魅力的ではない製品を認めたり、他人に勧めたりしないという冷静沈着な面もある。

最近は、USB Type-C(USB-C)ポートを介して電力を供給できるデジタルデバイスが増えてきました。なかでもUSB Power Delivery(USB PD)という給電規格に対応していれば、最大100W(20V/5A)という電力供給が可能で、短時間で急速充電が行なえます。ただし、USB PD対応アダプタによってサイズや出力が異なるため、商品を選ぶ際はよくチェックしたいですね。そこで本記事では、電脳系フリーライターの早川厚志さんへの取材をもとに、USB PD対応充電器の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


USB PD対応充電器を選ぶポイント|電脳系フリーライターに聞きました

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、USB PD対応充電器を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。どれも重要なポイントとなりますので、商品選びの参考にしてみてください。

スマホ充電
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

USB PD対応充電器には急速充電を行なえる商品も豊富なため、充電時間をグッと縮めることができます。

デバイスの種類で出力(ワット数:W)を決める

電脳系フリーライター

USB PD対応充電器は現在、同ポートの出力が18W、30W(29W/31W)、45W、60W(61W)の商品が主流です。USB PD対応充電器の出力よりも、電力供給されるデバイスが必要とする電力のほうが小さい場合、デバイスが対応する最大電力で急速充電が可能。

しかし、逆にデバイスが必要とする電力のほうが大きい場合は、USB PD対応充電器の出力可能な電力供給量にとどまります。

つまり、「大は小を兼ねる」というわけです。具体的には、スマホの充電なら18〜30Wのもの、タブレットやノートPCの充電なら45〜60Wに対応したものを選ぶといいでしょう。

充電速度と本体サイズのバランスに注目

電脳系フリーライター

USB PD対応デバイスを外出先で充電する場合、可能な限り軽量コンパクトなUSB PD対応充電器を選びたいものです。しかし、USB PD対応充電器は基本的に出力が大きいものほどサイズも大きいので、いくら「大は小を兼ねる」とは言え、必要以上に大きなものを選ぶのはナンセンス。

「充電速度は遅くなってもいいから少しでも荷物を少なくしたい」という方は、デバイスが必要とする電力よりも小さな出力のUSB PD対応充電器を選ぶこともひとつの手です。

ただし、デバイスが必要とする電力に対してUSB PD対応充電器の出力が小さすぎると、充電できないこともあるので注意が必要です。最近は、窒化ガリウム(GaN)半導体を使用した超小型のUSB PD対応充電器も登場しています。少々高価ですが、荷物を減らしたい方は選択肢のひとつとして考えてみるのもいいでしょう。

ポートが複数の商品もあります

電脳系フリーライター

USB PD対応充電器のなかには、PD対応のUSB-CポートとUSB-Aポートの両方を備える製品もあります。こうした製品なら、USB PDデバイスを充電しながら、USB-Aに対応した別デバイスを充電することもできますので、両タイプのデバイスを使っている人なら1つのアダプタで済むことに。また、まだ数は少ないのですが、USB PD対応ポートを2つ搭載したUSB PD対応充電器も登場しています。

複数のUSB PD対応デバイスを所有しているなら、USB PD対応充電器を2つ購入するよりも、こうした製品の導入を検討してみるのもいいでしょう。

RAVPower『USB-C急速充電器(RP-PC105)』

PD対応のUSB-Cと、USB-Aの2つのポートがある商品。この商品1台で複数のデバイスに対応することができます。

電脳系フリーライターの早川厚志さんが厳選! おすすめのUSB PD対応充電器5選

上でご紹介したUSB PD対応充電器の選び方のポイントをふまえて、電脳系フリーライターの早川厚志さんに選んでもらったおすすめ商品をご紹介します。商品の特徴を見比べて、自分にピッタリのUSB PD対応充電器を見つけてみてくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

cheero『USB-C PD Charger 45W(CHE-326)』

出典:Amazon

本体サイズ
約63×60×30mm
重量
約120g
容量
45W
出力端子
USB-C
最大出力
45W
急速充電対応
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3
電脳系フリーライター

低価格なのに45W出力!国産メーカーで安心

USB PD対応充電器は、出力が大きくなると価格も上がる傾向にあります。しかし本商品は、45WというノートPCにも対応した出力を持ちながらも、お手ごろな価格を実現したコストパフォーマンスの高い商品で、2つめのUSB PD対応充電器に最適です。サイズは63×60×30mmと標準クラスで、重さは単1電池よりも軽い120g。プラグは折りたたみ式で持ち運びにも便利です。

Cheeroはモバイルバッテリーで名をはせた日本の信頼できるメーカーです。1年保証がついているため、安心して使うことができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Anker『PowerPort Atom PD 1』

出典:Amazon

本体サイズ
約35×41×55mm
重量
約53g
容量
30W
出力端子
USB-C
最大出力
30W
急速充電対応
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3
電脳系フリーライター

極小サイズなのに30W出力対応

次世代パワー半導体素材である「窒化ガリウム(GaN)」を採用することで、サイズを極限まで小さくしたUSB PD対応充電器です。

サイズが約35×41×55mm、重さはたったの53gというゴルフボール程度のサイズ感であるにも関わらず、USB PD対応のタブレットやノートPCに最大30W出力による急速充電が可能。ただし、プラグ(金属部)は折りたためませんので、傷がつきやすいものと一緒に運ぶときは注意が必要です。荷物を最小限にとどめめたい方におすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RAVPower『USB-C急速充電器(RP-PC105)』

出典:Amazon

本体サイズ
約54×54×31mm
重量
約151g
容量
61W
出力端子
USB-C、USB-A
最大出力
USB-C 61W、USB-A 12W
急速充電対応
○(USB-C)
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3
電脳系フリーライター

USB-Aポートも搭載した高出力な商品

最大61Wで出力に対応していながらも、サイズは54×54×31mm、重さは151gというコンパクトボディを採用。さらには5,000円を切るお手ごろ価格を実現した、コストパフォーマンスの高いUSB PD対応充電器です。

たとえば、60Wを必要とする13インチ『MacBook Pro』の純正アダプタ(Apple 61W USB-C 電源アダプタ)はサイズが75×75×30mm、重さは約200gなので、縦横のサイズは約2cm小さく、重さは50gほど軽くなっています。

さらに、 USB-Aポートもそなわっていますので、スマホやモバイルバッテリーを同時に充電することも可能です(同時に充電する場合、USB PDは45W出力となります)。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RAVPower『USB-C急速充電器(RP-PC104)』

出典:Amazon

本体サイズ
約80×56×16mm
重量
約82g
容量
45W
出力端子
USB-C
最大出力
45W
急速充電対応
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3
電脳系フリーライター

45W出力なのにとにかく軽くて小っちゃい

『MacBook Air』などのノートPCをフルスピードで充電可能な45Wという高出力でありながら、窒化ガリウム(GaN)の採用により、驚きの小型化を実現したUSB PD対応充電器です。

サイズは56×80×16mm、重さはわずか82gと、同クラスのUSB PD対応充電器と比べて圧倒的に小さく、手のひらにすっぽり収まるほどのサイズ感。プラグは折りたたみ式なので、カバンの中でほかのものにキズをつける心配がありません。

外出時にノートPCを持ち歩いている方なら、チェックしておきたい商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

cheero『USB-C PD Charger 18W(CHE-324)』

出典:Amazon

本体サイズ
約43×43×38mm
重量
約55g
容量
18W
出力端子
USB-C
最大出力
18W
急速充電対応
Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3
電脳系フリーライター

安価でコンパクトな18W対応充電器

最大18WのUSB PD対応充電器です。43×43×38mmというキューブ型のコンパクト設計であるうえに、プラグ部分は折りたためるので、カバンに入れて持ち歩いてもかさばりません。

またiPhone 8/8Plus以降のiPhoneに標準で付属する5Wの充電アダプタとLightningケーブルを、本アダプタと別売りの『USB-C - Lightningケーブル(MFi認証を受けた商品)』に置き換えることで、充電スピードが3倍以上アップするので、「少ない費用でiPhoneの充電スピードをアップさせたい」というユーザーに適しています。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

cheero『USB-C PD Charger 45W(CHE-326)』
Anker『PowerPort Atom PD 1』
RAVPower『USB-C急速充電器(RP-PC105)』
RAVPower『USB-C急速充電器(RP-PC104)』
cheero『USB-C PD Charger 18W(CHE-324)』

商品

cheero『USB-C PD Charger 45W(CHE-326)』 Anker『PowerPort Atom PD 1』 RAVPower『USB-C急速充電器(RP-PC105)』 RAVPower『USB-C急速充電器(RP-PC104)』 cheero『USB-C PD Charger 18W(CHE-324)』

特徴

低価格なのに45W出力!国産メーカーで安心 極小サイズなのに30W出力対応 USB-Aポートも搭載した高出力な商品 45W出力なのにとにかく軽くて小っちゃい 安価でコンパクトな18W対応充電器

価格

Amazon : ¥ 2,580
楽天市場 : ¥ 2,580
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,580
※各社ECサイトの 2019年7月29日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,499
楽天市場 : ¥ 3,499
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,499
※各社ECサイトの 2019年7月29日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,799
楽天市場 : ¥ 5,059
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,059
※各社ECサイトの 2019年7月29日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 5,999
楽天市場 : ¥ 6,929
Yahoo!ショッピング : ¥ 6,929
※各社ECサイトの 2019年7月29日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,780
楽天市場 : ¥ 1,780
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,780
※各社ECサイトの 2019年7月29日時点 での税込価格

本体サイズ

約63×60×30mm 約35×41×55mm 約54×54×31mm 約80×56×16mm 約43×43×38mm

重量

約120g 約53g 約151g 約82g 約55g

容量

45W 30W 61W 45W 18W

出力端子

USB-C USB-C USB-C、USB-A USB-C USB-C

最大出力

45W 30W USB-C 61W、USB-A 12W 45W 18W

急速充電対応

○(USB-C)

商品情報

ECサイトのUSB PD対応充電器ランキングを参考にする

Yahoo!ショッピングでのUSB PD対応充電器の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:USB充電器 PDランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

記載されている出力(ワット数)を鵜呑みにしない|電脳系フリーライターのアドバイス

電脳系フリーライター

「USB-Cポート+USB-Aポート」のような複数のポートを搭載するUSB PD対応充電器では、商品紹介ページやカタログに記載されているスペックの出力(ワット数)に、それらのポートの合計出力が記載されている場合があるので注意が必要です。

USB PD対応充電器の商品説明をよく読み、USB PDのみの出力が何ワットなのかをしっかりと確認しましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【撮影したらスマホで確認】Wi-Fi付きSDカードおすすめ5選| ITライターが解説!

【撮影したらスマホで確認】Wi-Fi付きSDカードおすすめ5選| ITライターが解説!

撮影した画像を手軽にスマホやパソコンへ転送できるWi-Fi付きSDカード。あれば便利なアイテムですが、転送速度やカードの規格を確認しなければ、所有している機器で使えない可能性もあります。本記事では、ITライターの酒井麻里子さんに聞いたWi-Fi付きSDカードの選び方と、おすすめ商品を紹介します。使いたい機器に適したWi-Fi付きSDカードを探している方は、ぜひ参考にしてください。


【モバイルITライターが厳選】iPadケースのおすすめ5選|キーボード付きやアップルペンシルホルダー付きも

【モバイルITライターが厳選】iPadケースのおすすめ5選|キーボード付きやアップルペンシルホルダー付きも

モバイルが大好物のITライター・傍島康雄さんに取材をして、iPadケースの選び方のポイントとおすすめ商品5選を紹介します。iPadケースは、iPadの保護をするだけではなく、スタンドとして立てておく機能やキーボードが付属するもの、Apple Pencilを収納するスペースがあるなど、さまざまなタイプがあります。機能性だけでなく、デザイン性、カラーリング、価格と選ぶポイントがほかにもたくさんあります。各ショッピングサイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


【ITジャーナリストが解説】3万円からの使えるノートパソコンおすすめ5選

【ITジャーナリストが解説】3万円からの使えるノートパソコンおすすめ5選

ノートパソコンは、中国、台湾メーカーなどが多く販売する低価格帯の製品と、MacBookなどに代表される高価格帯の製品に二極化しています。映像編集、画像編集などのパソコンに大きな負荷をかける業務に使うのであれば高い性能が必要でしょう。しかし、一般的なインターネット閲覧やネットショッピングでの利用程度なら、必要最低限の性能を備えている低価格帯のマシンでも充分にに活躍してくれます。そこで、ITジャーナリストの一条真人さんに、普段利用に適した3万円程度で購入できる格安ノートパソコンの選び方や、おすすめ商品をお聞きしました。


【ITライター厳選】ワイヤレススピーカーおすすめ5選|Bluetoothでスマホと接続

【ITライター厳選】ワイヤレススピーカーおすすめ5選|Bluetoothでスマホと接続

IT専門ライター・島田祥輔さんにお話をうかがい、ワイヤレススピーカーの選び方とおすすめ5機種を教えてもらいました。Bluetoothでスマホやパソコンと接続するワイヤレススピーカーは屋内やアウトドアだけでなく、お風呂で使えるものもあります。SONY(ソニー)、BOSE(ボーズ)、JBL(ジェービーエル)、Panasonic(パナソニック)、Anker(アンカー)などに注目。ショッピングサイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


【インテリアコーディネーターに聞く】スマート電球のおすすめ5選

【インテリアコーディネーターに聞く】スマート電球のおすすめ5選

スマートフォンなどで操作できるLED電球である「スマート電球」。ON・OFFはもちろん、調光や調色、タイマー設定できるものなどさまざまなものが販売されています。なかには音楽を聞くためのスピーカーが内蔵されたものもあり、かんたんにライフスタイルに音楽を取り入れることもできます。そこで、ライフスタイルからインテリアコーディネートのアドバイスを行なっている、インテリアコーディネーターの秡川寿美礼さんにスマート電球の上手な選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。


最新の記事


【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

最近は、USB Type-C(USB-C)ポートを介して電力を供給できるデジタルデバイスが増えてきました。なかでもUSB Power Delivery(USB PD)という給電規格に対応していれば、最大100W(20V/5A)という電力供給が可能で、短時間で急速充電が行なえます。ただし、USB PD対応アダプタによってサイズや出力が異なるため、商品を選ぶ際はよくチェックしたいですね。そこで本記事では、電脳系フリーライターの早川厚志さんへの取材をもとに、USB PD対応充電器の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


羽根なし扇風機のおすすめ5選! 家電評論家が選んだ!

羽根なし扇風機のおすすめ5選! 家電評論家が選んだ!

回転するファンがなく、子どもの怪我の心配が普通の扇風機と比べて少ないといわれる羽根なし扇風機。各メーカーからさまざまな種類の商品が販売されていますが、送風だけでなく、温風、空気清浄機能など多彩な機能をもつ商品が展開されています。そのため、いざ買おうと思ったときに「選べない」と悩んでしまうことも多いでしょう。本記事では、家電評論家の神野恵美さんに取材をして、羽根なし扇風機の選び方のコツやおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


クラリネットのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが解説

クラリネットのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが解説

やわらかく伸びのある音色が美しいクラリネット。美しい音色に魅了されて、「クラリネットを自分で奏でてみたい」と憧れる方も多いのではないでしょうか。クラリネットを選ぶときは、材質による音色の違いやメーカーごとの特徴を知っておくと役立ちます。また、すでにクラリネットを持っていて買い替えを検討している場合は、とくに高価な買い物になるため慎重に選びたいものですよね。そこで本記事では、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへお話をうかがい、クラリネットを選ぶときのポイントとおすすめ商品を教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。


【ペットドクターに取材】ハムスター用ペレットのおすすめ8選|栄養をしっかりとれる

【ペットドクターに取材】ハムスター用ペレットのおすすめ8選|栄養をしっかりとれる

ペレットとは、ハムスターの主食となる木の実や種を粉末状にしてかためたエサのことで、ハムスターに必要な栄養が詰まっています。しかし、ペレットはメーカーによってかたさや大きさが異なります。さらに、ハムスターの種類によってもペレットの選び方が異なるため、どれを買うべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、ペットドクターである霍野晋吉さんへの取材のもと、おすすめのペレットをご紹介いたします。


虫除けスプレーのおすすめ9選【害虫防除専門家が選ぶ】

虫除けスプレーのおすすめ9選【害虫防除専門家が選ぶ】

虫除け剤の効果確認試験を行なう有限会社モストップの取締役で、蚊についての書籍を複数執筆されている害虫防除専門家の白井良和さんに、虫除けスプレーの選び方とおすすめ商品9選をお聞きしました。虫除けスプレーには、効果の持続時間や使用タイプなどによってさまざまな種類があります。アース製薬、フマキラー、ジョンソンなどの商品が定番となっています。持ち運びにも便利ですし、虫が多そうなところで、さっと吹きかければ虫が近寄ってきにくくなるので有効に使って快適にレジャーを楽しんでください。