【シーバスロッド6選】釣り歴50年のフィッシングライターが徹底解説

【シーバスロッド6選】釣り歴50年のフィッシングライターが徹底解説
フィッシングライター/職業釣師
田澤 晃

北海道生まれ東北育ち、釣り歴50年、ライター歴32年の職業釣師。 既存の釣りに飽き足らず、常に最先端の釣りを模索し続けることを生きがいにする。 東北を拠点にフレッシュウォーターからソルトウォーター、餌釣りからルアーフィッシングまで幅広いジャンルをこなし、釣り雑誌や新聞を中心に書籍、MOOK本など多数を執筆。 近年はカヤックフィッシングチームの代表として、釣り以外のイベント等にも積極的に参加し、地域活性化に努める。

シーバス(スズキ)は、九州から北海道まで国内沿岸の広い地域に生息する身近なターゲットです。ヒラスズキやタイリクスズキなども生息していますが、これらの魚は、生息域や釣り場の環境に制限があり個体数も少なめなことから、上級者向けのターゲットです。ここでは一般的なシーバスに限定して、釣り歴50年のフィッシングライター・田澤 晃さんに、シーバスロッドの選び方やおすすめのロッドを解説してもらいました。サーフ、ベイエリア、河川など、さまざまな環境で狙えるからこそ、はじめはシーバスに慣れることが大切。そして、身近な釣り場の環境に合わせた1本を使い込むほど、ステップアップに必要な機能などが分かり、「自分好み」の1本にたどり着きますよ。


シーバスロッドの選び方 釣り歴50年のフィッシングライターが解説!

釣り歴50年のフィッシングライター・田澤 晃さんに、シーバスロッドを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。

シーバスフィッシング
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

シーバスロッド選びは、ポイントを押さえて。

フィールドの環境に合わせて長さを選ぶ シーバスロッドの選び方1

フィッシングライター/職業釣師

サーフ、磯、ベイエリア、河川など、シーバスゲームが成立するフィールドは実に多く、最も優先したいのは自分がメインで通うフィールドの環境。この違いで、扱いやすいロッドの長さが異なるからです。

ロッドの長さは大まかに3タイプに分類されます。磯や荒れ気味のサーフでは10~12ft(フィート。1ft=約30cm)。穏やかなサーフや河川、河口域などに適し、汎用(はんよう)性の高い9~10ft。ベイエリアや堤防などでピンスポットを狙ったり、ポイントの移動時に邪魔にならない7.5~8.5ftです。

これらのなかから、メインフィールドに合った長さのものを選べばよいのですが、1本で釣り場を選ばず使いたいというのであれば、8.5~9.5ftがおすすめです。

ダイワ『レイジー(スピニングモデル)90ML』

7ft6inから10ft6inまで並継の12アイテムに加え、携帯に便利なテレスコピック仕様(振出)、ベイトタイプの計17アイテムがラインアップ。自分に合った長さのモデルが選べます。

>> Amazonで詳細を見る

キャスティングウエイトとテーパーを選ぶ シーバスロッドの選び方2

フィッシングライター/職業釣師

ルアーロッドには、キャスト可能なルアーのウエイトの表示があります。あくまで大雑把(おおざっぱ)な数値で、その範囲内でなければならないということではありませんが、よく通うフィールドで、メインに使うルアーのウエイトに合わせて選択するのが無難です。

ミノープラグやバイブレーションなどのルアーを頻繁(ひんぱん)に使うならば15~30gくらいの表示のもの、メタルジグも使用するなら上限40gくらいのものがいいでしょう。

また、負荷が掛かったときや、キャスト時のロッドの曲がり具合(アクション)も重要で、狭いポイントを狙い打ちするなら先調子のフォースとテーパー、それ以外ならば軽い力でも遠投できるファーストレギュラーテーパーのものが使いやすいです。

体格と体力に合わせて選ぶ シーバスロッドの選び方3

フィッシングライター/職業釣師

人それぞれに体格も違えば体力も違います。一般的に長いロッドほどルアーの飛距離を出せるといわれますが、それは体力的に振り切れればの話。短めのロッドでも自分の身長や体力に合っていて、しっかり振り切れれば、長いロッドよりも遙かに飛距離が出せます。

汎用(はんよう)性の高い平均的なシーバスロッドの長さは9~10ftなので、9.5ft(9ft6in・インチ)を基準に選びましょう。しかし、かたさでアクションやバランスが変わるため、実際に手にして振ってみることが大切。その際はできればリールもセットして、全体のバランスを確認します。自分の体力にマッチしたロッドならば、さほど力を込めなくてもルアーは気持ちよく飛んでくれます。

価格帯で大きく変わるロッド性能 シーバスロッドの選び方4

フィッシングライター/職業釣師

シーバスゲームをはじめるうえで最低限必要になるのは、ロッドのほかにリールとライン、ルアーです。予算のなかで7~8割を占めるのが、ウエアなどそのほかの装備を除くとロッドとリールになります。どちらも大切な道具なので、予算の割り振りには悩むところでしょう。

安価にそろえようと思えば、ロッドは1万円以下、リールも5千円くらいなので2万円もあればとりあえずお釣りが出ます。しかし、ストレスなく使えるタックルとなると、リールは1万円~、ロッドは1万5千円~が断然おすすめ。トータル1万円の差ですが、その性能には明らかな違いがあります。もし予算に余裕があるならば、2~3万円の価格帯のロッドを選択すれば間違いありません。

シマノ『ルアーマチック S90ML』

実売価格は6,000~7,000円。超バリュープライスながら、シーバスロッドとして十分に通用するスペックを持ったお買い得の1本。「とりあえず」の1本にもおすすめです。

>> Amazonで詳細を見る

シーバス専用でなければならないという決まりはない シーバスロッドの選び方5

フィッシングライター/職業釣師

シーバスが対象だからシーバスロッドが必須、という決まりはありません。実際、シーバスロッド以上にかたく長いショアジギングロッドや、メバル用の細くてやわらかいロッドでシーバスゲームを楽しむアングラーも少なくありません。よって、もしスピニングタックル、ベイトタックルにかかわらず手持ちのルアーロッドがあるならば、とりあえずそれで挑戦してみるというのもひとつの方法です。

ロッド次第でフィールドは制限されますが、シーバスゲームの感覚を体感してみてから、自分のスタイルに合った専用タックルをそろえてもいいでしょう。エギングロッドなど、7~8.5ftくらいで、キャスティングウエイトが20g前後ならば代用は可能です。

シーバスロッドのおすすめ6選 釣り歴50年のフィッシングライターが厳選!

上で紹介したシーバスロッド選び方のポイントをふまえて、釣り歴50年のフィッシングライター・田澤 晃さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ダイワ『レイジー(スピニングモデル)90ML』 シーバスロッドのおすすめ(1/6)

ダイワ『レイジー(スピニングモデル)90ML』 ダイワ『レイジー(スピニングモデル)90ML』 ダイワ『レイジー(スピニングモデル)90ML』 ダイワ『レイジー(スピニングモデル)90ML』 ダイワ『レイジー(スピニングモデル)90ML』

出典:Amazon

全長 2.74m
継数 2本
仕舞寸法 142cm
自重 130g
最大ルアー負荷 35g
適合ライン ナイロン:8~16lb. PE:0.6~1.5号
テーパー -

Thumb lg 53f27f3d b3fa 41b2 ab92 fa0443a79431

フィッシングライター/職業釣師

中級者も満足のハイコストパフォーマンスモデル

ダイワの最高峰モデル、『morethan(モアザン)』シリーズの血統を受け継ぐ中級モデル。ねじれに強いX45構造、レジン量を減らした高密度HVFカーボンの採用、さらに極力飾り気を省くことで上級モデルと同等の軽量化、気持ちのいい振り抜け感を実現しています。

7ft6inから10ft6inまで並継の12アイテムに加え、携帯に便利なテレスコピック仕様(振出)、ベイトタイプの計17アイテムから自分に合ったモデルを選べるのがうれしいところです。

90MLは、ミノー(小魚に似せたルアー)やバイブレーション(リールを巻いた際、小刻みに振動するルアー)、メタルジグ(金属製のルアー)までカバーできる汎用(はんよう)性の高さが魅力の1本。最初の1本としてはもちろん、サーフも堤防も河川でも使いたい欲張りなアングラーにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シマノ『18 ディアルーナ S96ML』 シーバスロッドのおすすめ(2/6)

シマノ『18ディアルーナS96ML』

出典:Amazon

全長 2.90m
継数 2本
仕舞寸法 148.6cm
自重 135g
最大ルアー負荷 32g
適合ライン PE:0.6~1.5号
テーパー -

Thumb lg 53f27f3d b3fa 41b2 ab92 fa0443a79431

フィッシングライター/職業釣師

シマノの人気モデルが新しくなってパワーアップ

シマノ製シーバスロッドの代名詞的な存在が『DIALUNA(ディアルーナ)』シリーズ。中級モデルながら、そのバランスのよさは上級者でも満足できる仕上がりです。そんなディアルーナがさらにパワーアップ、軽量化されて新登場。おすすめはフィールドを問わずに使え、ウエーディングゲームにも適したS96MLです。

全長9.5ftながら自重135gというスペックは、長時間のキャストでも体力の消耗が少なく、女性でもラクに扱えておすすめ。キャスティングウエイトの上限は32gですが、設定には余裕を感じます。感度のよさも秀逸(しゅういつ)で、ルアーの近くをシーバスが通った感覚まで手に伝わります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

山鹿釣具『YAMAGA BLANKS EARLY Plus 86M』 シーバスロッドのおすすめ(3/6)

山鹿釣具『YAMAGABLANKSEARLYPlus86M』 山鹿釣具『YAMAGABLANKSEARLYPlus86M』 山鹿釣具『YAMAGABLANKSEARLYPlus86M』

出典:Amazon

全長 2.58m
継数 2本
仕舞寸法 132.5cm
自重 142g
最大ルアー負荷 32g
適合ライン PE:0.8~1.5号
テーパー -

Thumb lg 53f27f3d b3fa 41b2 ab92 fa0443a79431

フィッシングライター/職業釣師

仕上がりのよい攻めのシーバスロッド

海外製ブランクス(竿の素材)が大多数を占めるなか、国内で設計から製造、出荷までを行う国産ブランド。MADE in JAPANの信頼性の高さ、アフターの早さでも定評があります。

なかでも『EARLY Plus(アーリープラス)』シリーズは、上級モデルに勝るとも劣らない高性能モデル。特に、86Mは振り抜けの初速が速く、風が強めのシチュエーションでもルアーがよく飛びます。8ft6inという長さは港湾部や河川、小磯など釣り場を選ばず取り回しがよく、やや重めのルアーでもストレスなく操作できるのでこれらの環境をフィールドにしている方におすすめ。8ft6inという長さは、ともすれば大物のパワーに負けそうですが、メーター級のシーバスでも自然に浮かせるバットパワーには定評があります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Gcraft『SEVEN-SENSE SR MJS-942-SR』 シーバスロッドのおすすめ(4/6)

Gcraft『SEVEN-SENSESRMJS-942-SR』 Gcraft『SEVEN-SENSESRMJS-942-SR』 Gcraft『SEVEN-SENSESRMJS-942-SR』

出典:Amazon

全長 約2.82m
継数 2本
仕舞寸法 約144.8cm
自重 -
最大ルアー負荷 28g
適合ライン PE:0.8~1.2号
テーパー -

Thumb lg 53f27f3d b3fa 41b2 ab92 fa0443a79431

フィッシングライター/職業釣師

こだわりの国産ブランクを採用した専用設計

まだ新しいメーカーですが、「YAMAGA BLANKS」と同様に、自社窯で焼いた国産オリジナルブランクを採用した、独自の設計理論が好評。

『SEVEN-SENSE』シリーズは4タイプ、20モデル以上から選べ、適するフィールドごとに細分化されているのが大きな特徴です。そのなかから港湾部に適したMJS-942-SRを取り上げましたが、自分がよく通うフィールドに適した1本を選べばよいでしょう。

量産ロッドと比べて価格は高めですが、使われているパーツやこだわりのブランク性能、つくりのよさを体感すれば納得できるはず。また、国内自社工場で製造されるためアフターサービスも万全で、特筆すべきは早くて確かな修理対応です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

メジャークラフト『クロステージ シーバス CRX-862ML』 シーバスロッドのおすすめ(5/6)

メジャークラフト『クロステージシーバスCRX-862ML』 メジャークラフト『クロステージシーバスCRX-862ML』 メジャークラフト『クロステージシーバスCRX-862ML』

出典:Amazon

全長 約2.58m
継数 2本
仕舞寸法 -
自重 -
最大ルアー負荷 30g
適合ライン ナイロン:8~14lb、PE:0.8~0.2号
テーパー RF

Thumb lg 53f27f3d b3fa 41b2 ab92 fa0443a79431

フィッシングライター/職業釣師

気軽にシーバスゲームを楽しみたい人向けの1本

衝撃的な価格設定で10年前に登場した『MajorCraft(メジャークラフト)』。なかでも『CROSTAGE(クロステージ)』シリーズは、実売価格1万円を切る超ハイコストパフォーマンスモデルとして人気を博してきました。

そんなクロステージも3代目となり、素材から一新。同社の最新テクノロジー「クロスフォース製法」も採用され、さらにコストパフォーマンスの高いモデルとして生まれ変わりました。

小型ミノーもらくに飛ばせる862Lから、磯でヒラスズキも狙える1102Mまで、シリーズは全10モデル(ソリッドティップモデル含む)。862MLは港湾部を中心に、河川や静かなサーフのウエーディングなどで20g前後のルアーを使って気軽にシーバスゲームを楽しみたいかたにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シマノ『ルアーマチック S90ML』 シーバスロッドのおすすめ(6/6)

シマノ『ルアーマチックS90ML』

出典:Amazon

全長 2.74m
継数 2本
仕舞寸法 141.0cm
自重 155g
最大ルアー負荷 28g
適合ライン ナイロン:4~16lb PE:0.6~1.5号
テーパー -

Thumb lg 53f27f3d b3fa 41b2 ab92 fa0443a79431

フィッシングライター/職業釣師

とりあえずやってみたい派におすすめの1本

実売価格で6,000~7,000円という超バリュープライスながら、シーバスロッドとして充分に通用するスペックを持ったお買い得の1本。キャスティングウエイトは28gまでの表示ですが、設定には余裕を感じます。シーバスのみならず、アオリイカやサーフのマゴチ、ヒラメなど魚種を問わず使えるので、いろいろチャレンジしてみたい方には最適かもしれません。

ダイワなら3,000番、シマノなら4,000番サイズの5,000円前後のリールと組み合わせれば、ラインとルアーまで購入しても1万5,000円程度で一式そろえられるのがうれしいポイント。予備ロッドとして使用する中上級者も少なくありません。

「シーバスロッド」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ダイワ『レイジー(スピニングモデル)90ML』
シマノ『18 ディアルーナ S96ML』
山鹿釣具『YAMAGA BLANKS EARLY Plus 86M』
Gcraft『SEVEN-SENSE SR MJS-942-SR』
メジャークラフト『クロステージ シーバス CRX-862ML』
シマノ『ルアーマチック S90ML』
商品名 ダイワ『レイジー(スピニングモデル)90ML』 シマノ『18 ディアルーナ S96ML』 山鹿釣具『YAMAGA BLANKS EARLY Plus 86M』 Gcraft『SEVEN-SENSE SR MJS-942-SR』 メジャークラフト『クロステージ シーバス CRX-862ML』 シマノ『ルアーマチック S90ML』
商品情報
特徴 中級者も満足のハイコストパフォーマンスモデル シマノの人気モデルが新しくなってパワーアップ 仕上がりのよい攻めのシーバスロッド こだわりの国産ブランクを採用した専用設計 気軽にシーバスゲームを楽しみたい人向けの1本 とりあえずやってみたい派におすすめの1本
全長 2.74m 2.90m 2.58m 約2.82m 約2.58m 2.74m
継数 2本 2本 2本 2本 2本 2本
仕舞寸法 142cm 148.6cm 132.5cm 約144.8cm - 141.0cm
自重 130g 135g 142g - - 155g
最大ルアー負荷 35g 32g 32g 28g 30g 28g
適合ライン ナイロン:8~16lb. PE:0.6~1.5号 PE:0.6~1.5号 PE:0.8~1.5号 PE:0.8~1.2号 ナイロン:8~14lb、PE:0.8~0.2号 ナイロン:4~16lb PE:0.6~1.5号
テーパー - - - - RF -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

シーバスロッドの売れ筋をチェックする ECサイトの最新人気ランキングを参考に

Amazon、Yahoo!ショッピングでのシーバスロッドの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:シーバスロッドランキング
Yahoo!ショッピング:シーバスロッドランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

最初の1本は有名メーカーの中級モデルがおすすめ 釣り歴50年のフィッシングライターからのアドバイス

フィッシングライター/職業釣師

高級品を使えばよく釣れるというわけではありませんので、基本的に予算に合わせた選択で問題ありません。ですが、ガイドリングはできればオールSiC(エス・アイ・シー。高い硬度を誇る素材)のものを選びたいところです。

最初は安いロッドを選びがちですが、飽きずに長く使えるのは中級モデル。ロッドに限らず、メーカーが最も力を入れるのが中級モデルであり、コストパフォーマンスは極めて高くなっています。そのため、上級、高級モデルと比較しても価格差ほどの性能の違いはないといえます。

また、初心者にありがちなのが不注意による折損(せっそん)やガイド割れ。こうした破損などの修理にすぐに対応してくれる、アフターサービス万全のメーカー品を選ぶことも上手なロッド選びのコツです。

シーバスロッドのおすすめに関するQ&A

Faq qx2 f636e450a49ce967549344f3c28b4601b1ef2796f0e5c5c855fdca99960a5799シーバスロッドを選ぶ際のポイントを教えてください

Faq ax2 70999720ce22f33f7bc1ba2ff4bf4d289d47a0f93d424245f78cddb6dec7290a

シーバスロッド選びの際は次のポイントをチェック。(1)長さは自分のフィールドに合っているか(2)ルアーウェイトやテーパーは適切か(3)自分の体力にマッチしているか(4)価格帯は検討したか(5)手持ちのルアーロッドも使えるかも。さらにくわしくは、こちらをご覧ください。

Faq qx2 f636e450a49ce967549344f3c28b4601b1ef2796f0e5c5c855fdca99960a5799シーバスロッドのおすすめを教えてください

Faq ax2 70999720ce22f33f7bc1ba2ff4bf4d289d47a0f93d424245f78cddb6dec7290a

釣り歴50年のフィッシングライター・田澤 晃さんが厳選したおすすめのシーバスロッドはこちら。中級者からとりあえずやってみたい方へのおすすめまで幅広く選んでいただきました。こちらからチェックしてみてください。

Faq qx2 f636e450a49ce967549344f3c28b4601b1ef2796f0e5c5c855fdca99960a5799おすすめのシーバスロッドをまとめて比較したいのですが

Faq ax2 70999720ce22f33f7bc1ba2ff4bf4d289d47a0f93d424245f78cddb6dec7290a

おすすめのシーバスロッドをその写真や特徴、おもなスペックと合わせて一覧にしたものがこちら。ひと目で比較できますので参考にしてください。

Faq qx2 f636e450a49ce967549344f3c28b4601b1ef2796f0e5c5c855fdca99960a5799シーバスロッドの売れ筋をチェックしてみたいのですが

Faq ax2 70999720ce22f33f7bc1ba2ff4bf4d289d47a0f93d424245f78cddb6dec7290a

おすすめナビの各記事では、それぞれのECサイトの売れ筋ランキングも随時調査しています。シーバスロッドの売れ筋ランキングはこちらから確認できます。 随時更新されるので、チェックしてみてくださいね。

Faq qx2 f636e450a49ce967549344f3c28b4601b1ef2796f0e5c5c855fdca99960a5799シーバスロッドについて注意すべきことはありますか?

Faq ax2 70999720ce22f33f7bc1ba2ff4bf4d289d47a0f93d424245f78cddb6dec7290a

釣り歴50年のフィッシングライター・田澤 晃さんから、最初の一本の選び方についてアドバイスをいただきました。くわしくはこちらから。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/29 コンテンツ追加のため更新しました(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ベイトフィネスロッドおすすめ15選【ダイワ・シマノほか】ソルトやトラウトにも

ベイトフィネスロッドおすすめ15選【ダイワ・シマノほか】ソルトやトラウトにも

10g以下の軽量リグや軽量ルアーをある程度太いラインでも扱えるベイトフィネスは、ブラックバスフィッシングに欠かせないメソッドでトラウトフィッシングでも人気です。なかでも専用のロッド「ベイトフィネスロッド」は、ダイワやシマノ、アブガルシアなど多数のメーカーから販売されています。しかし、硬さや長さ、扱えるラインなどはさまざまで、コスパに優れたモデルやソルト対応などもあり、とくに初心者はなにを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、釣りライターの中山一弘さんに選び方のポイントとおすすめ商品を聞いてみました。ぜひ参考にしてみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


【2020年最新】ベイトフィネスリールのおすすめ15選! ソルトやトラウトにも人気

【2020年最新】ベイトフィネスリールのおすすめ15選! ソルトやトラウトにも人気

軽量なルアーを使い繊細な釣りを楽しむフィネスフィッシング。なかでも太いラインを巻いたベイトタックルで扱うことを可能にしたのが「ベイトフィネスリール」です。ベイトリールの技術革新が生んだベイトフィネスにはどんな専用リールがあるのか。最近はバス釣りだけでなくソルトやトラウトでも利用されており手返しのよさが魅力です。そこで、釣りライターの中山一弘さんにベイトフィネスリールの特徴や選び方、おすすめのモデルを聞いてみました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


サクラマスロッドおすすめ10選|選び方や初心者向け・プロ仕様のロッドをご紹介

サクラマスロッドおすすめ10選|選び方や初心者向け・プロ仕様のロッドをご紹介

なかなか釣れないサクラマス。だからこそ、いつか訪れる感動の瞬間のために、ロッドはできるだけ完璧なものを選んでおきたいものです。大切なのは、ホームグランドの環境と、自分の釣りのスタイル、そして使用率が高いルアーの操作性にマッチしていること。汎用性の高いロッドで妥協するという方法もありますが、中途半端にならないように注意して選択しましょう。ロッドの性能が分かるのは、実際に魚を掛けてからです。


バス釣り用ベイトロッドおすすめ10選|高強度で軽量なアイテムを紹介

バス釣り用ベイトロッドおすすめ10選|高強度で軽量なアイテムを紹介

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家でもある荒井裕介さんへの取材をもとに、バス釣りベイトロッドのおすすめ商品と選び方をご紹介します。ルアーやワームでのバス釣りに欠かせないベイトロッド。軽さや強度、硬さ、長さなど、さまざまな特徴を持つアイテムが数多く発売されています。初心者なのか経験者なのかによっても、視点を変えることが必要なベイトロッド選び。どのような点に注意すればいいのかをわかりやすく解説していきます。ぜひ参考にしてくださいね。


新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る