【Wi-Fi内蔵スピーカー】おすすめ商品5選|オーディオ&ビジュアルライターが解説

【Wi-Fi内蔵スピーカー】おすすめ商品5選|オーディオ&ビジュアルライターが解説

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

Wi-Fi内蔵スピーカーは、便利で快適なミュージックライフを我々に提供してくれます。SpotifyもGoogle Musicもインターネットラジオも、あらゆる音楽コンテンツをいつでも気軽に聴くことができる、そんな音楽にあふれた生活に憧れませんか。この記事では、オーディオ&ビジュアルライターでAV評論家の折原一也さんにWi-Fi内蔵スピーカーについてお話をうかがい、おすすめ商品を紹介していただきます。ぜひ選び方の参考にしてください。


Wi-Fi内蔵スピーカーの選び方|オーディオ&ビジュアルライターに聞く

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに、Wi-Fi内蔵スピーカーを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。数ある製品のなか、それぞれに特徴があってどれを選べばよいのか迷いますね。快適なミュージックライフを手に入れるためにも、選び方を参考にしてください。

2つの大きなスピーカー
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

暮らしの中に音楽があると、気持ちにゆとりが生まれてハッピーになれます。どうせなら、音楽はやっぱり高音質で聴きたいものですね。

Wi-Fi内蔵スピーカーの特徴と使用用途を確認する

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

Wi-Fi内臓スピーカーの特徴は大きく分けて2つあります。ひとつはAirPlayやDLNA、Chromecast built-inで家庭内の機器同士を連携させて音楽を聴く機能。日本ではハイレゾの高音質再生でネットワークが注目されたこともあり、高級オーディオの流れを受けた製品も健在です。

もうひとつはSpotifyに代表される定額音楽配信と、インターネットラジオへの対応。これはBluetoothスピーカーから発展して、定額配信をより便利に聴くスピーカーとして、海外先行で発展してきました。

現在売られているWi-Fiスピーカーは、家庭内音楽再生と定額音楽配信の両方に対応した製品が主流ですが、自分が使いたい機能がついているか確認して選びましょう。

BOSE(ボーズ)『SoundTouch 20 wireless speaker』

リモコンだけでなくスマホやタブレットからも操作できる一体型のスピーカーで、BOSEの迫力あるサウンドを楽しめますね。

>> Amazonで詳細を見る

家庭内音楽配信は対応形式を確認する

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

スマホやPCと連携させての音楽再生を考えてWi-Fiスピーカーを探している人は、対応するホームネットワークの種類を確認してみましょう。メジャーなものはアップルによるAirPlay、GoogleによるChromeCast、そして多くのメーカーが対応するDLNAです。

とくにiPhone/iPadから音楽を流すなら、アプリ不要でiOSから認識するAirPlay対応が便利、同様にAndroidスマホならChromeCast対応が便利。両対応のWi-Fiスピーカーも増えています。

なお、各スピーカー純正のアプリを利用すれば、この組み合わせから外れていても音楽再生可能なので、そこまでの心配は不要です。

定額音楽配信なら対応サービスを確認する

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

Wi-Fiスピーカーで定額音楽配信を聴くなら、サービスごとにスピーカー側の対応を確認してみましょう。定額音楽配信でメジャーなSpotifyは、Spotify Connect対応スピーカーの利用がシンプルですが、スマホ・タブレットからAirPlay/ChromeCast経由で再生も可能です。

そのほかの定額音楽配信サービスは、スピーカー側の対応、またAirPlayかChromeCast対応の事前確認が必須です。なお、Apple MusicをChromeCast経由で聴く組み合わせはできないので要注意。またradiko.jpのラジオにはWi-Fiスピーカー側の対応が必須です。

Bang & Olufsen(バング&オルフセン)『B&O PLAY Beoplay M5』

デザインと高音質と機能性のバランスがよくて、内蔵の360度スピーカーが重厚なサウンドを聴かせてくれますよ。

>> Amazonで詳細を見る

スマートスピーカーとの連携機能があるか確認する

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

スマートスピーカーはWi-Fiスピーカーにも波及(はきゅう)をはじめています。単体で音楽を聴けるスマートスピーカーですが、GoogleHome、Amazon Echoや、ほかのWi-Fiスピーカーとの連携機能もあり、「○○で音楽を流して」と音声操作でWi-Fiスピーカーによる音楽再生ができます。

GoogleHome連携には「work with Google Assistant」対応製品、またAmazon Echo連携には「Works with Alexa」対応のWi-Fiスピーカーが必要になります。家庭内の音楽再生をスマートスピーカーで一元管理したい人は、これらの対応状況も考えてWi-Fiスピーカーを選びましょう。

Wi-Fi以外の接続もできると便利

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

Wi-Fiスピーカー本来の機能はWi-Fiで音楽を聴くことですが、ほかの機器との接続を考えるなら、Wi-Fi以外に音楽を流す方法も確保しておくと便利です。

たとえば、Bluetoothによるワイヤレス接続ができれば、友人や家族のスマホに入った音楽をすぐに流したいときに便利。アナログ入力端子があれば、レコード等の外部機器で音楽を流す応用もできます。もし家庭内でWi-Fiではなく有線LANで接続したいなら、LAN端子があるか確認しておきましょう。

Wi-Fi内蔵スピーカーおすすめ5選|オーディオ&ビジュアルライターによる厳選商品

上で紹介したWi-Fi内蔵スピーカーの選び方のポイントをふまえて、オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。5つの製品はそれぞれすぐれた特徴がありますが、よく比較検討して自分の生活に合ったものを選んでくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10』

出典:Amazon

接続方式
DLNA、Bluetooth
対応定額音楽配信
Spotify、Google Play Music、AWA
スピーカーとの連携
-
サイズ/重量
204×62×60mm/約700g
サイズ/重量
ステレオミニジャック(オーディオ入力端子)、Micro USB端子
ネット接続
無線対応
周波数帯
60Hz-40,000Hz
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ハイレゾ対応でバッテリー内蔵

テーブルの上にもコンパクトに置ける、Bluetoothにも対応するハイレゾ対応のWi-Fiスピーカー。

Wi-Fiからのハイレゾ再生だけでなく、アナログ端子での入力や、Bluetooth接続でのLDACにも対応。また、DSEE HX技術でCD音質の音源もハイレゾ化して再生します。連携機能は「Chromecast built-in」、音楽配信は「Spotify Connect」に対応しています。ただし、AirPlayには非対応なので注意しましょう。

サウンドは繊細志向です。本体が小型でバッテリー内蔵により12時間の音楽再生対応と、外にも持ち出せるWi-Fiスピーカーという時点でなかなか貴重。日本的な発想で作られたWi-Fiスピーカーですね。家のなかの好きな場所や、外でも使いたい方におすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Sonos(ソノス)『Sonos One』

出典:Amazon

接続方式
Wi-Fi、AirPlay2
対応定額音楽配信
Amazon Music、Spotify、Apple Music
スピーカーとの連携
サイズ/重量
161.45×119.7×119.7mm/1,850g
サイズ/重量
イーサネットポート
ネット接続
無線対応
周波数帯
-
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

海外では超定番のWi-Fiスピーカー

Sonosは日本より数年早く定額音楽配信が根付いた欧米で大人気となった、Wi-Fiスピーカーのブランド。日本には2018年秋に初上陸しました。

Sonosアプリで多数の定額音楽配信を一元管理できる機能性は、海外の人気ブランドならでは。Wi-Fiスピーカーとは思えないほどの高音質にも定評があります。2019年1月から、なんと本体のみでAmazon Alexaによるスマートスピーカー機能にも対応しており、定額音楽配信中心に使う人にはイチオシです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『SRS-ZR7』

出典:Amazon

接続方式
Wi-Fi、DLNA、AirPlay、Chromecast、Music Center
対応定額音楽配信
Spotify、Google Play Music、AWA
スピーカーとの連携
サイズ/重量
約300×93×86mm/約1,800g
サイズ/重量
ステレオミニジャック(オーディオ入力端子)、LAN端子、USB A端子、USB B端子、HDMI端子
ネット接続
無線対応
周波数帯
60Hz-40,000Hz
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ハイレゾ音源を高音質に再生!

1BOXのボディに22.2chの大口径のスピーカーを内蔵し、ハイレゾ音源を高音質に再生する日本のオーディオらしいWi-Fiスピーカー。

Wi-Fiでホームネットワークからハイレゾ音源の再生ができるだけでなく、Bluetooth接続でLDACにも対応。DSEE HX技術ですべての音源をハイレゾ化して再生します。音楽配信は「Spotify Connect」にも対応するので問題ナシ。また、「work with Google Assistant」に対応しており、Google Homeとも連携できます。スマートスピーカーとして使いたい方におすすめです。

繊細な音と低音再生でHi-Fiオーディオ級の高音質を再生するモデルです。しかし、音の向きをしっかり決めて設置してこそ実力を発揮するタイプなので、置き場をよく考えて選びたいですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BOSE(ボーズ)『SoundTouch 20 wireless speaker』

出典:Amazon

接続方式
Wi-Fi、Bluetooth、AirPlay
対応定額音楽配信
Amazon Music、Spotify
スピーカーとの連携
サイズ/重量
188×314×104mm/3,200g
サイズ/重量
φ3.5mmステレオミニジャック、Ethernetポート
ネット接続
無線対応
周波数帯
-
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

定番BOSEのワイヤレスサウンドシステム

米国の名門ブランドBOSEが発売するコンパクトスピーカーといっても日本人の感覚としては少し大きめの一体型スピーカーがBOSEのSoundTouch 20です。

リモコンが付属していて従来どおりの音楽リスニングもできますが、スマホ・タブレットから「SoundTouch app」で操作も可能。Spotify、Amazon Musicなどの定額音楽配信を利用でき、AirPlayからの連携にも対応しています。

BOSEが得意とする、ゆったりとした重低音サウンドで部屋を満たしたい人にピッタリです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Bang & Olufsen(バング&オルフセン)『B&O PLAY Beoplay M5』

出典:Amazon

接続方式
Bluetooth、AirPlay、Chromecast、Beolink Multiroom、QPlay2.0(中国のみ)
対応定額音楽配信
Spotify、Deezer、Tuneln(インターネットラジオ)、QQMusic(中国のみ)
スピーカーとの連携
-
サイズ/重量
165×185×165mm/2,540g
サイズ/重量
イーサネット、ライン入力端子(3.5mmジャックアナログ/オプティカル)
ネット接続
無線対応
周波数帯
37~22,000Hz
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

北欧ブランドにしかない上質なデザイン

デンマークの高級オーディオブランドBang & Olufsenの展開するB&O PLAYは、近代的デザインと高音質、機能性が揃うライフスタイル志向の強いブランドです。

BeoPlay M5は直径16.5cmの円筒形ボディに、ファブリック素材のカバーという上質なデザインに360度スピーカーを内蔵しています。定額音楽配信はSpotifyやAirPlay、Chromecast built-inにまで対応。リッチな低音で部屋を満たしてくれるサウンドの実力派ですが、上質なデザインのプロダクトとしても選びたいモデルですね。デザインのいいWi-Fiスピーカーを探している方におすすめ。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10』
Sonos(ソノス)『Sonos One』
SONY(ソニー)『SRS-ZR7』
BOSE(ボーズ)『SoundTouch 20 wireless speaker』
Bang & Olufsen(バング&オルフセン)『B&O PLAY Beoplay M5』

商品

SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10』 Sonos(ソノス)『Sonos One』 SONY(ソニー)『SRS-ZR7』 BOSE(ボーズ)『SoundTouch 20 wireless speaker』 Bang & Olufsen(バング&オルフセン)『B&O PLAY Beoplay M5』

特徴

ハイレゾ対応でバッテリー内蔵 海外では超定番のWi-Fiスピーカー ハイレゾ音源を高音質に再生! 定番BOSEのワイヤレスサウンドシステム 北欧ブランドにしかない上質なデザイン

価格

Amazon : ¥ 21,129
楽天市場 : ¥ 23,478
Yahoo!ショッピング : ¥ 23,478
※各社通販サイトの 2019年7月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 25,704
楽天市場 : ¥ 25,704
Yahoo!ショッピング : ¥ 25,704
※各社通販サイトの 2019年7月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 39,500
楽天市場 : ¥ 47,946
Yahoo!ショッピング : ¥ 47,010
※各社通販サイトの 2019年7月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 34,344
楽天市場 : ¥ 38,016
Yahoo!ショッピング : ¥ 48,656
※各社通販サイトの 2019年7月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 64,178
楽天市場 : ¥ 35,900
Yahoo!ショッピング : ¥ 69,900
※各社通販サイトの 2019年7月19日時点 での税込価格

接続方式

DLNA、Bluetooth Wi-Fi、AirPlay2 Wi-Fi、DLNA、AirPlay、Chromecast、Music Center Wi-Fi、Bluetooth、AirPlay Bluetooth、AirPlay、Chromecast、Beolink Multiroom、QPlay2.0(中国のみ)

対応定額音楽配信

Spotify、Google Play Music、AWA Amazon Music、Spotify、Apple Music Spotify、Google Play Music、AWA Amazon Music、Spotify Spotify、Deezer、Tuneln(インターネットラジオ)、QQMusic(中国のみ)

スピーカーとの連携

- -

サイズ/重量

204×62×60mm/約700g 161.45×119.7×119.7mm/1,850g 約300×93×86mm/約1,800g 188×314×104mm/3,200g 165×185×165mm/2,540g

サイズ/重量

ステレオミニジャック(オーディオ入力端子)、Micro USB端子 イーサネットポート ステレオミニジャック(オーディオ入力端子)、LAN端子、USB A端子、USB B端子、HDMI端子 φ3.5mmステレオミニジャック、Ethernetポート イーサネット、ライン入力端子(3.5mmジャックアナログ/オプティカル)

ネット接続

無線対応 無線対応 無線対応 無線対応 無線対応

周波数帯

60Hz-40,000Hz - 60Hz-40,000Hz - 37~22,000Hz

商品情報

オーディオ&ビジュアルライターからの助言|音楽配信中心ならスマートスピーカーも要検討

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

高音質に家庭内の音源や定額音楽配信を流せるWi-Fiスピーカーですが、定額音楽配信による音楽リスニングの機能性なら音声アシスタントで選曲までできるスマートスピーカーの方が便利。

2万円以下の予算で探しているなら、最初からスマートスピーカーのなかから選んだ方がマッチするかもしれません。そこであえてWi-Fiスピーカーを選ぶ理由は、ハイレゾ対応機種もある高音質と、その高音質で定額配信まで聴けるところにあります。

自分の求める高音質へのこだわりと、機能性を両立できる一台を探してみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/07/30 商品情報修正のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 成田晴香)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【家電ライターが教える】使い勝手がいい拡声器のおすすめ7選!

【家電ライターが教える】使い勝手がいい拡声器のおすすめ7選!

この記事では、家電ライターの渡辺まりかさんに拡声器の選び方や商品選びのコツを伺いました。また、おすすめ商品も紹介していただきました。発した声を大きな声に拡大する拡声器ですが、家電量販店ではあまり取り扱いがなく、スポーツ用品店などで時々売っている商品しか購入できないというジレンマがありました。しかし、実は見かけないだけでメーカーではいろいろと生産しているんです! ぜひプロの意見を参考にして、用途に合った拡声器をみつけてみてください。


ランニング用音楽プレーヤーのおすすめ6選|ガジェットライターが厳選!

ランニング用音楽プレーヤーのおすすめ6選|ガジェットライターが厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶランニング用音楽プレーヤー6選をご紹介します。ランニング時の音楽再生は、ペース管理やモチベーションアップの観点で一般的になっています。でも、音楽プレイヤーといっても各社いろいろなモデルを販売しているため決めにくいですよね。そこで、自身でもマラソンや社会人のランニングの大会に出場するガジェットライターの東雲八雲さんに、おすすめの音楽プレイヤーや選び方についてうかがいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ5選|ITライターが選び方も解説

Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ5選|ITライターが選び方も解説

Bluetoothは代表的な無線の規格ですが、Bluetoothに対応していればどんな機器でもBluetoothヘッドホンなどと接続できるわけではありません。たとえば、Bluetoothオーディオに対応していないテレビやゲーム機などはBluetooth機能を内蔵していてもBluetoothヘッドホンと接続できるわけではないのです。しかし、そうした機器でもBluetoothオーディオトランスミッターを使うことでBluetoothヘッドホンと接続できるようになります。本記事では、ITライターの海老原 昭さんへの取材をもとに、Bluetoothオーディオトランスミッターを選ぶときに見ておきたいポイントを解説し、おすすめ商品を紹介します。


【ゲーミングイヤホン】の選び方とおすすめ6選+α|ガジェットレビュアーが解説

【ゲーミングイヤホン】の選び方とおすすめ6選+α|ガジェットレビュアーが解説

ゲーミングイヤホンは、家族が寝静まった深夜や、敵の足音や銃声などが重要なFPSゲームに欠かせないアイテムです。また、ヘッドホンでありがちな、耳蒸れや側圧で頭が痛くなることがないのも嬉しいポイント。本記事では、ガジェットレビュアーの東雲八雲さんに、ゲーミングイヤホンを選ぶうえでの選び方のポイント、おすすめの商品を紹介してもらいました。はじめてゲーミングイヤホンを買う方や、よりよいモデルを知りたい方はぜひ参考にしてみてください。


SHUREヘッドホン・イヤホンのおすすめ5選|ガジェット系ライター厳選

SHUREヘッドホン・イヤホンのおすすめ5選|ガジェット系ライター厳選

1925年に創業した米国の総合オーディオメーカー、SHURE。このイヤホンは、ケーブルを耳の後ろに回す独特な装着法が特徴で、「SHURE掛け」とも呼ばれています。プロの音楽家などに業務用として提供している製品も多く、原音を忠実に再現することで高く評価されている「SHURE」のイヤホン・ヘッドホンについて、ガジェット系ライターの堀井塚 高さんに選び方とおすすめ商品をお聞きしました。SHUREのイヤホン・ヘッドホンの購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


最新の記事


ロッキングチェアおすすめ6選【インテリアのプロ厳選】ゆったり読書

ロッキングチェアおすすめ6選【インテリアのプロ厳選】ゆったり読書

ロッキングチェアに座ってゆったり読書。そんな生活に憧れる方も多いのではないでしょうか。飛騨産業、EAMES(イームズ)やIKEA(イケア)などブランドも多く、モダンなタイプから、映画などでよくみかけるカントリースタイルまでさまざまなデザインもあります。そんなに安い買い物でもないし、サイズも小さいものでもないため、慎重に選びたいところですが、どのように選べばいいか悩んでしまうのではないでしょうか。この記事では、インテリアコーディネーターの嶋﨑都志子さんへの取材をもとに、ロッキングチェアのおすすめ6選と選び方を教えてもらいました。お気に入りのロッキングチェアを見つけて、ゆったりとテレビを見たり、読書をしたり、のんびりとくつろぎましょう。


サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレスト(THERMAREST)はキャンプや登山で使用するマットレスの専門ブランド。多くのユーザーに支持されている定番のサーマレストマットの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺いました。オートキャンプや登山などでテント泊をするとき、地面の凸凹や冷気を遮断して快適な睡眠をえるためにマットは必要です。自動膨張式のタイプや軽量なクローズドセルなど、さまざまなラインナップがあります。売れ筋ランキングも参考にしながら、軽さ、パッキングのしやすさなどを考慮し、自分に合う製品を選んでください。


釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

ショアジギングは、岸からメタルジグなどを投げて青物をメインに狙うゲームです。サーフや堤防、磯などさまざまなシチュエーションで手軽に大物が狙えるため、とても人気が高まっている釣りです。ただ、見るからにリールには過酷な釣りに見えますが、実際はどうなのでしょう。釣りライターの中山一弘さんに、ショアジギング用のリールの選び方とおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


通販でお取り寄せしたい桃のおすすめ5選|料理研究家に取材

通販でお取り寄せしたい桃のおすすめ5選|料理研究家に取材

料理研究家の松本葉子さんに通販でお取り寄せして食べたい桃のおすすめ商品を教えてもらいました。桃は夏ごろにスーパーなどでも見かけますが、粒の大きさや値段の幅が広く、どれを選べばいいか悩みますよね。この記事ではさまざまな品種のなかから、厳選した桃をご紹介します。自分へのご褒美に、お世話になった人への贈答用に、ぴったりの一品をぜひ見つけてください。


【マスキングテープ】選び方&おすすめ7選|文房具ライターが商品を厳選

【マスキングテープ】選び方&おすすめ7選|文房具ライターが商品を厳選

文房具ライターが選ぶマスキングテープ7選をご紹介します。メモを貼りつけたり、封筒に使ったり、インデックスにしたりと、マスキングテープは文房具好きにとって必須アイテムのひとつになりました。元々は塗装工の方々が塗装の際に塗ってはいけない部分を覆い隠すための仕事道具だったのです。また、かんたんな識別の印としても使われていたようです。本記事では、文房具ライターの猪口フミヒロさんにお話をうかがい、マスキングテープにはどんなものがあるのか、マスキングテープを選ぶときにはどんなところに気をつければいいのか、そして、おすすめ商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。