FMトランスミッターおすすめ17選|車でiPhoneの音楽を聴く! Bluetooth対応も

JAPAN AVE.(ジャパンアベニュー) 『FMトランスミッター Bluetooth JA998』
出典:Amazon
JAPAN AVE.(ジャパンアベニュー) 『FMトランスミッター Bluetooth JA998』
出典:Amazon

ドライブに音楽はつきもの。車内のシガーソケットを活用する「FMトランスミッター」があれば、iPhoneやウォークマンなどのオーディオプレイヤーで聴いている音楽を車載のオーディオ機器で楽しむことができます。

ここでは、ITライターの海老原 昭さんと編集部が厳選したFMトランスミッターのおすすめ商品と選び方を紹介します。エレコムやカシムラ、JVCケンウッドといった人気メーカーを中心に、Bluetooth接続できる製品などをピックアップ。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

ITライター
海老原 昭
大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndroidも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

◆本記事の公開は、2019年08月27日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

FMトランスミッターとは

 

FMトランスミッターとは、FMラジオの電波を利用して、スマホやオーディオプレイヤーなどに入っている音楽データを送信するカーオーディオ用アクセサリーのこと。

電波が届く範囲にあるFMラジオ受信機(カーステレオ)で、自分のお気に入りの音楽を再生することができます。最近ではBluetoothでカーオーディオに接続することが多いと思いますが、Bluetooth接続に対応していないタイプでも音データの再生が可能になります。

スマホホルダーがあると便利!

スマホでカーナビ
Pixabayのロゴ
スマホでカーナビ
Pixabayのロゴ

FMトランスミッターを使用する際は、スマートフォンの音楽データを再生することが多いと思います。

スマホホルダーがあると、運転の邪魔にならない位置にしっかりとスマホを固定できるので、FMトランスミッターを導入する際はぜひスマホホルダーも一緒に使ってみてください!

FMトランスミッターの選び方

それでは、FMトランスミッターの基本的な選び方を見ていきましょう。

ポイントは下記。

【1】電源供給方式をチェック
【2】外部充電機能をチェック
【3】接続方式をチェック
【4】そのほかの便利機能もチェック


上記のポイントを押さえることで、具体的に自分の環境にあった商品を選ぶことができます。

それでは、ポイントを一つずつ詳しく見ていきましょう。

【1】電源供給方式をチェック

まず確認しておきたいのが電源供給方式です。ここでは「シガーソケットタイプ」「電池式」という、2種類の方式についてご紹介します。

シガーソケットタイプ

 

車に備え付けのシガーソケットから給電するタイプです。ほとんどのトランスミッターがこの方式を採用しています。

また、FMトランスミッターが使用を予定する車でつかえるかどうか、車の電圧とFMトランスミッターの対応電圧を確認しておきましょう。普通乗用車の電圧はその多くがDC12V、トラックやマイクロバスなどはDC24Vです。両方の電圧に対応する製品であればベターです。

電池式

4本の電池
Pixabayのロゴ
4本の電池
Pixabayのロゴ

シガーソケットが備え付けられていない車の場合は、電池式FMトランスミッターを選びましょう。電池を入れるだけなので、接続の手間がありません。

しかし、FMトランスミッターはシガーソケットタイプがメインなので、電池式の商品はランナップが少なめ。さらに、電池残量を気にしないといけない点もデメリットのひとつです。

【2】外部充電機能をチェック

 

USBポートを搭載したFMトランスミッターであれば、同時にスマホなども充電することが可能です。なかには、急速充電に対応したものもありますので、外部充電付きを選ぶときはそうした機能にも注目してみてください。

【3】接続方式をチェック

FMトランスミッターとスマートフォンや音楽プレーヤーの接続方式には、「有線接続」と「Bluetooth接続」の2種類があります。それぞれの特徴をみていきましょう。

音質を重視するなら有線接続タイプ

 

「有線接続」は文字通りケーブルで接続する方式で、多くの機器で利用できますが、使用する機器によっては専用のケーブルが必要だったり、変換ケーブルが必要なこともあります。また、ケーブルによってはノイズが乗りやすいという面もあります。

ケーブルを自分で用意するものと、直付け(じかづけ)になっているものがありますが、自分で用意する場合は自分の使いたい機種と違う規格を買わないよう注意しましょう。

スマホの音楽を聴くならBluetooth(無線接続)タイプが便利

 

Bluetooth接続のメリットは大きくわけて下記の2つです。。

●メリット1
一度スマホとFMトランスミッターをペアリングしてしまえば、その後は自動で接続してくれます。コードで接続したり、接続設定をし直す必要がないのがひとつめのメリット。

●メリット2
配線がないため、車内が圧倒的にすっきりとするというのがふたつめのメリットです。

(★)対応コーデックも確認しよう

Bluetooth接続の場合、スマホからFMトランスミッタ―へ音楽データを圧縮して転送するため、データの圧縮方式によっては、音質が悪くなることがあります。圧縮方式は以下の3つです。

SBC:広く使われている方式、圧縮効率や転送速度を優先するので標準的な音質での音楽再生が可能
AAC:主にiOSに対応した圧縮方式で、高音質での音楽再生が可能
Apt-X:主にAndroidに対応した圧縮方式で、高音質での音楽再生が可能

高音質で音楽を流したいなら、スマホとFMトランスミッタ―のコーデック方式を確認するようにしましょう。

【4】そのほかの便利機能をチェック

上記で紹介した選ぶポイント以外にも、大切な機能はいくつかあります。ここでは、あるとよりうれしい機能についてご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

周波数のチャンネル数と自動検知機能

 

FMラジオが使用していない周波数を使ってFMトランスミッターからカーオーディオに音楽データを送るので、使える周波数が多いモデルは、混信を避けることができ便利です。

多くのモデルは、3~4つの周波数パターンがあらかじめ設定されていますが、ワイドバンドやフルチャンネルをウリにするモデルなどは、100チャンネル以上の周波数から選べる設計になっています。

そして、周波数の設定方法は、使われていない周波数を手動で設定するタイプと自動で検知してくれるタイプに分けられますが、自動検知が圧倒的に簡単・便利なのでおすすめです。

USB充電ポートの個数をチェック

 

FMトランスミッターの多くはUSBポートを備えているので、音楽を聴きながらiPhoneなどのスマートフォンやタブレットを充電することができます。充電をしたい機器の台数と必要なUSBポートの数を確認しておきましょう。

ハンズフリー通話やイコライザーなど便利な機能

 
ITライター:海老原 昭

ITライター

FMトランスミッターには、USBポートに接続したUSBメモリやSDカードなどに収録されている音楽ファイルを再生できるものや、さまざまな音楽ジャンルに合わせてプリセットされたイコライザー機能を搭載するもの、ハンズフリー通話が可能なもの、トランスミッター側のボタンで選曲などのリモコン操作が可能なものなど、実に多彩な製品があります。

どの機能が便利に感じるかは利用シーンにもよるため、人それぞれですが、製品選びの最後の決め手として、こうした独自機能の有無を考慮するといいでしょう。

FMトランスミッターのおすすめ17選

上記のFMトランスミッターの選び方のポイントをふまえて、ここからはおすすめ商品をご紹介します。

FMトランスミッター選びに失敗すると、最悪の場合、雑音がひどく、音質が悪くて音楽が楽しめないなんてことも。そうならないためにも、各製品の特徴を理解してから購入することをおすすめします。

Gefion『FMトランスミッター』

Gefion『FMトランスミッター』 Gefion『FMトランスミッター』 Gefion『FMトランスミッター』 Gefion『FMトランスミッター』 Gefion『FMトランスミッター』 Gefion『FMトランスミッター』 Gefion『FMトランスミッター』 Gefion『FMトランスミッター』 Gefion『FMトランスミッター』
出典:Amazon この商品を見るview item

3台のデバイスを同時に充電可能

最新のBluetooth5.0を搭載した本製品は、一般的な製品よりも安定した強力な信号により、接続が不安定になりがちな弱点を解消しています。

また、QC3.0高速ポートとPD(Type-C)急速ポートは、従来の充電器の約4倍の高速充電が可能、さらに3つのデバイスを同時に充電することもできます。

独自のCVC騒音低減技術により外部騒音を90%除去し、内蔵の高感度マイクで音源を再生します。ノイズキャンセリングテクノロジーで臨場感のある音楽を楽しんだり、クリアな状態でハンズフリー通話をすることができます。

『FMトランスミッター Bluetooth5.0』

『FMトランスミッターBluetooth5.0』 『FMトランスミッターBluetooth5.0』 『FMトランスミッターBluetooth5.0』 『FMトランスミッターBluetooth5.0』 『FMトランスミッターBluetooth5.0』 『FMトランスミッターBluetooth5.0』
出典:Amazon この商品を見るview item

最新のBluetooth5.0で伝送スピード3倍

2つUSB充電端子が搭載され、最大3台のデバイスを同時に充電可能。QC3.0急速充電でき、従来の充電器に比べて約3倍のスピードを実現できます。

また、最新のBluetooth5.0は従来の「Bluetooth 4.2」に比べて、データの伝送スピードは3倍に広がり、最大60%電力が削減、途切れない高速接続を実現します。

1.8インチの大スクリーンを搭載し、暗闇の中でもはっきり見えます。また、搭載音源に応じてロック、ポップ、ジャズ、クラシック、ソフト、ナチュラル、重低音などの7種類に加えて、お好みの音質を細かく設定できるカスタムイコライザーも搭載。低音と高音を自由に調整することも可能です。

MEKUULA『FMトランスミッター』

MEKUULA『FMトランスミッター』 MEKUULA『FMトランスミッター』 MEKUULA『FMトランスミッター』 MEKUULA『FMトランスミッター』 MEKUULA『FMトランスミッター』 MEKUULA『FMトランスミッター』 MEKUULA『FMトランスミッター』
出典:Amazon この商品を見るview item

ノイズ軽減技術によりクリアな音を楽しめる

無線・有線どちらも対応しており、Bluetooth対応のスマートフォン等のデバイスはもちろん、Bluetooth非対応のMP3などのデバイスでも、付属のAux-inケーブルの有線接続による音楽再生が可能。

上下左右360度折り可能なフレキシブルケーブルのデザインで、運転中に一番見やすいアングルに調整できます。Siri&Google Assistant対応、最新ノイズ軽減技術採用により高音質でクリアな通話も実現。

エキスパートのおすすめ

カーメイト『FM TRANSMITTER SA105』

カーメイト『FMTRANSMITTERSA105』 カーメイト『FMTRANSMITTERSA105』 カーメイト『FMTRANSMITTERSA105』 カーメイト『FMTRANSMITTERSA105』 カーメイト『FMTRANSMITTERSA105』
出典:Amazon この商品を見るview item
ITライター:海老原 昭

ITライター

NFC規格対応でワンタッチペアリング

Bluetooth接続に対応したFMトランスミッターです。選択できるFM周波数帯は88MHz帯の4つで、USBポートを1つ備えており、最大1.5Aでの充電が可能。

機能面ではFMトランスミッターとしては比較的スタンダードなものですが、「NFC(非接触近距離無線通信規格)」に対応しているのが最大の特徴。

NFCを搭載しているスマートフォンであれば、スマホ本体を『SA105』に軽くタッチさせるだけでペアリングが完了Nします。

スマホが数台あるときにそれぞれをペアリングしなおすのは手間がかかりますが、NFCならワンタッチで切り替えられ、みんなで旅行する際にそれぞれの曲をかけて楽しむ、といったことが手軽に行えます。

とにかく気楽に使いたい、という人にピッタリです。

エキスパートのおすすめ

ELECOM(エレコム)『Bluetooth FMトランスミッター LAT-FMBTB05R』

ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBTB05R』 ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBTB05R』 ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBTB05R』 ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBTB05R』 ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBTB05R』 ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBTB05R』 ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBTB05R』
出典:Amazon この商品を見るview item
ITライター:海老原 昭

ITライター

後部座席からも操作可能なワイヤレスリモコン付き

PC用周辺機器メーカーであるエレコムが販売するFMトランスミッターです。

手動ですが0.1MHz刻みで141チャンネルを選局可能で、車のエンジンを切っても前の設定を記録しており、エンジンスタートと同時に元のスマホに接続して、前回設定したFM局に繋いでくれます。

合計2.4Aの出力に対応したUSBポートを2つ搭載しており、音楽を聴きながら同時に2台の機器を充電できます。

最大の特徴である赤外線リモコンは、ミニバンなどの大きな車でも、後部座席に座った家族や友人が曲を操作できるので、楽しくドライブできること請け合いです。

JAPAN AVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッター Bluetooth JA996』

JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA996』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA996』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA996』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA996』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA996』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA996』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA996』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA996』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA996』
出典:Amazon この商品を見るview item

独自のテクノロジーでノイズ対策もばっちり!

USB充電ポートが2つ用意された機器は多いですが、この商品はなんと3ポートを装備、最大4.2Aまでの充電を可能にしています。

ポート数だけでも十分メリットがありますが、さらにUSBメモリによる音楽自動再生にも対応。

Bluetoothに対応していないiPodやウォークマン、昔のデジタルミュージックプレイヤーなども付属のAUXケーブルを使って簡単に再生でき、対応可能な機器の多さが魅力です。

Epios(エペイオス)『FMトランスミッター 』

Epios(エペイオス)『FMトランスミッター』 Epios(エペイオス)『FMトランスミッター』 Epios(エペイオス)『FMトランスミッター』 Epios(エペイオス)『FMトランスミッター』 Epios(エペイオス)『FMトランスミッター』 Epios(エペイオス)『FMトランスミッター』 Epios(エペイオス)『FMトランスミッター』 Epios(エペイオス)『FMトランスミッター』 Epios(エペイオス)『FMトランスミッター』
出典:Amazon この商品を見るview item

スタイリッシュな見た目で男性にオススメ

先進のBluetooth5.0搭載。CVC騒音低減技術により90%の外界騒音をカット、内部好感度マイクにより音源を再生しているような高音質を実現。

軽量かつコンパクトで、ダッシュボード周りの機材やドリンクホルダーに干渉することなく省スペースで使用できます。機能面だけでなく、見た目にもこだわりたい人におすすめです。

‎Nulaxy『FMトランスミッター』

‎Nulaxy『FMトランスミッター』 ‎Nulaxy『FMトランスミッター』 ‎Nulaxy『FMトランスミッター』 ‎Nulaxy『FMトランスミッター』 ‎Nulaxy『FMトランスミッター』 ‎Nulaxy『FMトランスミッター』 ‎Nulaxy『FMトランスミッター』 ‎Nulaxy『FMトランスミッター』
出典:Amazon この商品を見るview item

圧倒的にクリアな高音質を実現!

最新ワイヤレス規格Bluetooth5.0を採用されており、従来より最大60%消費電力削減され、通信速度は2倍、通信範囲は4倍と、走行中でも音が途切れない安定した接続ができます。

また、Bluetooth、USBメモリー、マイクロSDカードという3つ音楽再生モードがあり、高性能WMA、MP3、WAV、APE、FLACデコードチップ内蔵し、独特なCVC騒音低減技術により90%の雑音をカットできるので、運転中はクリアなハンズフリー通話と音楽を楽しむことができます。

TOZATT『FMトランスミッター』

TOZATT『FMトランスミッター』 TOZATT『FMトランスミッター』 TOZATT『FMトランスミッター』 TOZATT『FMトランスミッター』 TOZATT『FMトランスミッター』 TOZATT『FMトランスミッター』 TOZATT『FMトランスミッター』 TOZATT『FMトランスミッター』 TOZATT『FMトランスミッター』
出典:Amazon この商品を見るview item

世界基準をクリアした多彩なトランスミッター

国内のBSCI認証とISO9001認証の品質基準はもちろん、世界各国で販売展開するため、外国の品質基準審査では、BQB、TELEC、CE、ROSH、FCCなどもクリアしてます。

最新型のBluetooth5.0二代目チップを採用しており、一代目と比較するとより安定した音質を発揮。OC3.0急速充電機能、3つの音楽再生方法(Bluetooth/USB/SDカード)、ハンズフリー通話、SIRI/Googleアシスタント、電圧検査機能、低電圧警報などの機能も多彩に装備しています。

JAPAN AVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッター Bluetooth JA998』

JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA998』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA998』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA998』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA998』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA998』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA998』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA998』 JAPANAVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッターBluetoothJA998』
出典:Amazon この商品を見るview item

CD並みの高音質を実現できるFMトランスミッター

独自のノイズ軽減チューニングにより、従来ありがちだったFMノイズは極端に軽減され、高性能ATS2825Bチップ搭載してCD並とも言われる高音質を実現。よりクリアで臨場感溢れるサウンドを、体感することができます。

また、音楽再生しながらiPhoneやiPadを最大4.2Aの急速充電が可能です。最大3台まで同時に充電することができます。GoogleマップやYoutube動画など、商品電力が激しいアプリを使用中でも、電池残量を気にすることなく急速充電が可能です。

ELECOM(エレコム)『Bluetooth FMトランスミッター LAT-FMBT04』

ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBT04』 ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBT04』 ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBT04』 ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBT04』 ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBT04』 ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBT04』 ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBT04』 ELECOM(エレコム)『BluetoothFMトランスミッターLAT-FMBT04』
出典:Amazon この商品を見るview item

重低音モードを採用したBluetoothモデル

最大出力3.4A(1ポート最大2.4A)のUSB充電2ポート付きなので、スマートフォンやタブレットなどを同時に充電が可能。

ラストメモリ機能付きなので、エンジン再始動後でもセットし直す必要がありません。重低音モードで音楽を楽しみたい方におすすめです。

LEHXZJ『FMトランスミッター』

LEHXZJ『FMトランスミッター』 LEHXZJ『FMトランスミッター』 LEHXZJ『FMトランスミッター』 LEHXZJ『FMトランスミッター』 LEHXZJ『FMトランスミッター』 LEHXZJ『FMトランスミッター』 LEHXZJ『FMトランスミッター』
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトなのに機能満載

Bluetooth5.0チップを採用してデータ最大伝送速度を2.5倍に拡大。高速で途切れのないペアリングを実現しています。ノイズ軽減機能を搭載しており、音割れやノイズの少ない安定感のある音質も魅力的!

Bluetooth接続、TFカード、USBメモリ対応だけではなく、AUX出力も対応。曲送り、曲戻し、フォルダーの切替も本体で操作できます。

2USBポートでスマホ、タブレットなどのデバイスに同時に充電可能です。QC3.0急速充電ポートというのもうれしいポイント。コンパクトで操作性もシンプル。なのに多機能で、頼りになる一台です。

HUNDRUP『FMトランスミッター』

HUNDRUP『FMトランスミッター』 HUNDRUP『FMトランスミッター』 HUNDRUP『FMトランスミッター』 HUNDRUP『FMトランスミッター』 HUNDRUP『FMトランスミッター』 HUNDRUP『FMトランスミッター』
出典:Amazon この商品を見るview item

ボタンひとつで5つの操作を簡単に実現!

5in1の多機能ボタンで、無駄を極限までそぎ落としたミニマルなデザインです。コントローラーのスティックのような見た目で、つや消し仕上げと滑らかなラインデザインを組み合わせています。

簡単な操作が特徴で、クリックするだけで電話の発信などの操作ができ、ニュースや音楽、天気情報を聴くことができます。Sir&Googleiアシスタントはハンズフリー通話に対応しているので、運転に集中することができます。

JVCケンウッド『Bluetooth搭載FMトランスミッター CAX-BT』

3色から選べるスタイリッシュなデザイン

音楽機器メーカーとしての強みを生かした重厚感のあるサウンドが楽しめるのが特徴。シルバー、レッド、ブラックのカラーラインナップ、スタイリッシュなデザインは、カーインテリアのアクセントにも。

フルチャンネルなので混線も少なくスマートフォンやタブレットの音楽を手軽に楽しみたい方におすすめです。

‎Uandear『FMトランスミッター』

‎Uandear『FMトランスミッター』 ‎Uandear『FMトランスミッター』 ‎Uandear『FMトランスミッター』 ‎Uandear『FMトランスミッター』 ‎Uandear『FMトランスミッター』 ‎Uandear『FMトランスミッター』 ‎Uandear『FMトランスミッター』
出典:Amazon この商品を見るview item

音楽を聴きながらスマホの高速充電も可能!

3つの充電ポートがあり、18W USB-C(Type-C)PD充電ポートは最大5V / 3A、9V / 2A、12V / 1.5Aを出力し、互換性のあるデバイスをわずか30分で50%まで充電できます。 5V / 2.4AUSBポートは共通充電用です。

USBドライブポートが上部にあり、充電ポートとしても使用できます。

通話ボタンをクリックするだけで、通話に応答/リダイヤル/電話を切る/拒否できる簡単な操作が特徴。着信と音楽をシームレスに切り替えます。 SiriやGoogleアシスタントを使用して電話をかけたり、運転ルートを取得したりすることで、完全に運転に集中できます。

槌屋ヤック『Bluetooth FMトランスミッター Gイコライザー』

槌屋ヤック『BluetoothFMトランスミッターGイコライザー』 槌屋ヤック『BluetoothFMトランスミッターGイコライザー』 槌屋ヤック『BluetoothFMトランスミッターGイコライザー』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

ワイドバンドで321チャンネルの選択が可能

321チャンネルの選択を可能にした圧倒的なワイドバンドが本製品の特徴。楽曲にあわせた音質モードと周波数チャンネル設定次第で、とてもクリアで高音質な音楽を楽しむことができます。好きな楽曲を良い音質で聞きたい方におすすめです。

カシムラ『Bluetooth FMトランスミッター KD-204』

カシムラ『BluetoothFMトランスミッターKD-204』 カシムラ『BluetoothFMトランスミッターKD-204』 カシムラ『BluetoothFMトランスミッターKD-204』
出典:Amazon この商品を見るview item

スマホの音楽をワイヤレスで!コスパ最強機種

外観のデザインや機能に至るまでとてもシンプルなベーシックタイプ。操作もイコライザーで好みの音質を重低音ないしノーマルモードの2つから選ぶだけです。

手間もお金をかけず、気軽に、便利に音楽を楽しみたい方にぴったりの商品といえます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Gefion『FMトランスミッター』
『FMトランスミッター Bluetooth5.0』
MEKUULA『FMトランスミッター』
カーメイト『FM TRANSMITTER SA105』
ELECOM(エレコム)『Bluetooth FMトランスミッター LAT-FMBTB05R』
JAPAN AVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッター Bluetooth JA996』
Epios(エペイオス)『FMトランスミッター 』
‎Nulaxy『FMトランスミッター』
TOZATT『FMトランスミッター』
JAPAN AVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッター Bluetooth JA998』
ELECOM(エレコム)『Bluetooth FMトランスミッター LAT-FMBT04』
LEHXZJ『FMトランスミッター』
HUNDRUP『FMトランスミッター』
JVCケンウッド『Bluetooth搭載FMトランスミッター CAX-BT』
‎Uandear『FMトランスミッター』
槌屋ヤック『Bluetooth FMトランスミッター Gイコライザー』
カシムラ『Bluetooth FMトランスミッター KD-204』
商品名 Gefion『FMトランスミッター』 『FMトランスミッター Bluetooth5.0』 MEKUULA『FMトランスミッター』 カーメイト『FM TRANSMITTER SA105』 ELECOM(エレコム)『Bluetooth FMトランスミッター LAT-FMBTB05R』 JAPAN AVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッター Bluetooth JA996』 Epios(エペイオス)『FMトランスミッター 』 ‎Nulaxy『FMトランスミッター』 TOZATT『FMトランスミッター』 JAPAN AVE.(ジャパンアベニュー)『FMトランスミッター Bluetooth JA998』 ELECOM(エレコム)『Bluetooth FMトランスミッター LAT-FMBT04』 LEHXZJ『FMトランスミッター』 HUNDRUP『FMトランスミッター』 JVCケンウッド『Bluetooth搭載FMトランスミッター CAX-BT』 ‎Uandear『FMトランスミッター』 槌屋ヤック『Bluetooth FMトランスミッター Gイコライザー』 カシムラ『Bluetooth FMトランスミッター KD-204』
商品情報
特徴 3台のデバイスを同時に充電可能 最新のBluetooth5.0で伝送スピード3倍 ノイズ軽減技術によりクリアな音を楽しめる NFC規格対応でワンタッチペアリング 後部座席からも操作可能なワイヤレスリモコン付き 独自のテクノロジーでノイズ対策もばっちり! スタイリッシュな見た目で男性にオススメ 圧倒的にクリアな高音質を実現! 世界基準をクリアした多彩なトランスミッター CD並みの高音質を実現できるFMトランスミッター 重低音モードを採用したBluetoothモデル コンパクトなのに機能満載 ボタンひとつで5つの操作を簡単に実現! 3色から選べるスタイリッシュなデザイン 音楽を聴きながらスマホの高速充電も可能! ワイドバンドで321チャンネルの選択が可能 スマホの音楽をワイヤレスで!コスパ最強機種
対応電圧 12-24V DC12-24V 12-24V - DC12-24V DC12-24V 12-24V 9-24V 12-24V 9-24V DC12-24V 12‐24V 12-24V DC12-24V 5-24V DC12V DC12-24V
接続方式 Bluetooth5.0 Bluetooth5.0 Bluetooth 5.0/Aux-inケーブル Bluetooth Bluetooth Bluetooth5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth5.0 Bluetooth5.0 Bluetooth5.0 Bluetooth4.2 Bluetooth5.0 Bluetooth5.0 Bluetooth4.2 Bluetooth5.0 Bluetooth Bluetooth4.2
FM周波数の切り替え 76~108Mhz 76.0-90.0Mhz 87.5〜108.0MHz 88.1~88.7MHz 76.0~90.0MHz 76.0~90.0MHz(141チャンネル) - 88.1~107.9MHz 76-90MHz 76.0~90.0MHz(141チャンネル) 88.1~88.7MHz(4チャンネル) 76.0-90.0Mhz 76-108Mhz 76.0~90.0MHz(141チャンネル) - 76.0~108.0MHz(321チャンネル) 88.1~88.7MHz(3チャンネル)
機能 Type-c PD急速充電、ハンズフリー通話、SIRI/Googleアシスタント イコライザー機能 急速充電機能、USB充電ポート×2、首振り機能、7色変換可能LEDライト、ハンズフリー機能、自動メモリ記録機能、 NFC規格対応、USB充電ポート リモコン付き、イコライザー、USB充電ポート、ラストメモリ機能、首振り機構 - 急速充電機能、USB充電ポート×2、ノイズ軽減機能、ハンズフリー機能、バッテリー電圧チェック機能 急速充電機能、USB充電ポート×2、ノイズ軽減機能、7色変換可能LEDライト OC3.0急速充電機能、ハンズフリー通話、SIRI/Googleアシスタント、電圧検査機能 - 充電用USBポート×2、おまかせ充電対応、重低音モード、ラストメモリ機能 USBポート、メモリ機能、AUX出力、QC3.0急速充電ポート QC3.0急速充電PD18W対応、USB2口/Type-C 1口重低音モード、CVC騒音低減 重低音ブースト機能 Type-c PD急速充電、ハンズフリー通話、SIRI/Googleアシスタント 首振り機能、グラフィックイコライザー機能 イコライザー機能
対応コーデック - SBC - SBC - SBC SBC SBC - -
商品リンク

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする FMトランスミッターの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのFMトランスミッターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:FMトランスミッターランキング
楽天市場:FMトランスミッターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかの関連アイテムもチェック

FMトランスミッター の正しい接続方法

 

FMトランスミッター(シガーソケット式)の接続方法はこちら。

(1)シガーソケットにFMトランスミッターを差し込む
(2)スマホや音楽機器を接続する(Bluetoothならペアリングを行う)
(3)接続後、周波数を合わせて、音楽などを再生する


とても簡単に音楽再生が可能になります!

より音質を安定させる方法は?

自動車の電波はもともと弱く、ノイズや音割れが発生しがちです。そのため、FMトランスミッターも音質が悪くなりがちです

手をかざすとアンテナ代わりになってノイズが消えることもありますが、離せばまた元通りになり、なかんなか安定しないことも多いです

下記のHPでは、FMトランスミッターの音を安定させる方法を詳しく解説しています。音質の悪さを解消したい方は、ぜひ確認してみてください。

参考:MOBY公式HP
『FMトランスミッターの正しい使い方とは?ノイズの原因と音質を上げる方法について』

FMトランスミッターに関するQ&A

question iconFMトランスミッターの電波の送信範囲はどれくらいですか?

answer icon

車のなかに配置してカーオーディオが受信できる程度の範囲になります。

question iconFMトランスミッターで送出できる周波数はどれくらいですか?

answer icon

85.1MHz~88.9MHzの間で、「0.2MHz間隔」で設定することができます。

ソケットとプラグの形状に注意!

ITライター:海老原 昭

ITライター

エキスパートからのアドバイス

シガーライターソケットはもともと、文字通りタバコに火をつけるための電熱式ライターが付いていた箇所。

しかし、最近ではライターとしての機能の代わりに、さまざまな機器に電力を供給する「アクセサリーソケット」や「DCソケット」と呼ばれることが増えています。

ソケットによっては奥にある+端子周辺の形状のため、FMトランスミッター側のプラグが奥まで刺さり切らないことがあります

こうなると給電が不安定になったり、振動で外れてしまうといったことが起きるので、可能であればソケットとプラグの形状や長さなどを、事前に確認しておくといいでしょう。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button