PR(アフィリエイト)

マップケースおすすめ10選【登山時に地図を守る】防水・ロールアップも

ROTHCO(ロスコ)『マップ&ドキュメントケース』
出典:Amazon
ROTHCO(ロスコ)『マップ&ドキュメントケース』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2019年07月19日に公開された記事です。

防水性や耐水性を持ち、安全登山には欠かせない重要な地図をしっかり守ってくれるマップケース。ここでは、山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんが選んだマップケースのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

山岳/アウトドアライター&プロデューサー
高橋 庄太郎
1970年宮城県仙台市出身。高校山岳部で山歩きを始め、早稲田大学卒業後は出版社に勤務。 その後、フリーランスのライターに。著書に『山道具 選び方、使い方』(枻出版社)、『テント泊登山の基本』(山と渓谷社)などがあり、近年はテレビ番組やイベントへの出演も増えている。また、アウトドアメーカー各社とのコラボレーションを行なう自身のブランド「SCREES」を立ち上げ、製品開発にも取り組んでいる。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:スポーツ・自転車、アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「スポーツ・自転車」「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリーを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

登山用マップケースとは? 地図をさまざまなダメージから守る

地図
地図
Pixabayのロゴ

地図はルートの確認だけでなく、遭難などの事故を防げるため、登山において心強い味方です。山を登るなら必ず持っていきたいアイテムですが、地図はものによっては水に弱い紙質であったり、何度も畳んだり折り曲げたりすることで痛んで判別しにくくなってしまいます。

地図をさまざまなダメージから守るのが、マップケース。PVCなどを使った透明なケースは地図を確認しやすく、水滴や汚れなどから守って劣化を防ぎます。登山の際に用意しておくと、便利なアイテムです。

登山用マップケースの選び方 サイズ・素材・口コミなど

山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんに、登山用マップケースを選ぶときのポイントをご紹介。安全に登山を楽しむためにはマップケースがとても大事です。自分に合った適切なマップケースを選ぶためにも、アドバイスを参考にしてください。

地図の使い方に合ったサイズ感や形を選ぶ

 
Coleman(コールマン)『フォールディングマップケース』
Coleman(コールマン)『フォールディングマップケース』

マップケースの形は大きく分けると、ロール型とバッグ型の2種類があります。使い方や特徴、地図のサイズに合わせて、ご自身に合うものを選びましょう。

日本で使われているすべての地図の基本となるのが、書店でも販売されている国土地理院発行の地形図。そのなかで登山の際に使うのはおもに2万分1地形図と5万分1地形図で、印刷面はどちらも51×41cmほどになります。四つ折りにするとA4よりも少し小さいサイズ感で、自宅で印刷する場合も用紙はA4が一般的です。

そのために、マップケースはA4サイズが余裕をもって入るものが使いやすいです。より広い面積を一度に見たいという方は、さらに大判のA4サイズ以上のものをセレクトするといいでしょう。

持ち運びやすさを重視するならロール型

 
OSPREY(オスプレー) ULマップラップ OS58120
OSPREY(オスプレー) ULマップラップ OS58120

使いたい時に広げて、使わない時は丸めてザックのポケットなどに収納できるのがロール型。持ち運びやすいものが欲しい方にぴったりのマップケースです。

必要な時には取り出して広げるという動作が発生するものの、携帯がしやすく歩いているときに邪魔をしません

ロール型のなかには防水性が低いものもあるため、水滴や雨が気になる方はジップロックなど密閉できるものに入れて持ち運びましょう。

こまめに地図を見るなら確認しやすいバッグ型

 
オルトリーブ ドキュメントバッグ A6サイズ(D01)
オルトリーブ ドキュメントバッグ A6サイズ(D01)

首から下げて使うのがバッグ型。ファスナーが付いたビニール製のバッグに地図を入れるタイプです。バッグ型は地図が確認しやすいため、頻繁に地図を確認するような登山の際に便利。ビニールやファスナーできっちり覆われるため、防水性にも優れています。

バッグ型は常にぶら下がっていることから歩いている際に邪魔に感じるかもしれませんが、それ以上に地図の確認がしやすいのがポイント。ルートを確認することが多く、地図を取り出す手間を減らしたい方にもぴったりです。

防水性は商品説明とともに口コミもチェック

 
LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケース L』
LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケース L』

マップケースのなかには、防水性のある商品もあります。水滴や悪天候にも耐えられるものを探している方は、商品の説明欄に防水性やドライなどと書かれているものを選びましょう。

防水性などの記載がある商品のなかには、ケースのなかに水が染み込んでしまうものもあるとのこと。防水性があるマップケースを探している方は商品説明とともに、口コミをチェックすることで実際の防水性のイメージがつかめるでしょう。

サイズは地図の畳み方に合わせて選ぶ

指で地図を指す
指で地図を指す
Pixabayのロゴ

マップケースを選ぶうえで、サイズも大事な要素です。小さなケースの場合は地図を入れる際に畳む回数が多く、反対に大きなケースなら畳む回数は少なく済みます

収納サイズが大きくなるほど、一目で確認可能な地図の範囲が広くなります。地図の見やすさとともに携帯性のバランスを考えて、マップケースのサイズを選びましょう。

両面タイプは裏表が確認できて便利

山で地図を確認する人
山で地図を確認する人
Pixabayのロゴ

マップケースには片面だけでなく、裏表が透明になっているものもあります。一部のエリアしか確認しないのであれば片面でも問題ありません。

地図だけでなく登山のスケジュールなどもその他の情報も確認したい場合は、裏表が使える両面タイプが便利です。出し入れをせずひっくり返すことでスムーズに、地図とその他の情報をチェックできます

冬の登山に持っていくなら寒さに強いものを

雪山を登る登山家
雪山を登る登山家
Pixabayのロゴ

マップケースで使われるビニール素材などは、気温が低くなることで硬くなったり、丸めて使っているうちに割れが生じるものもあります。

冬の登山でマップケースを使う場合は、寒さに強いものを持っておくと良いです。低温による割れを防ぐことができ、寒い環境でも問題なく使用できます。

一年を通じて登山回数が多い方や、長くマップケースを使いたい方も寒さに強いものをチェックしておくと良いでしょう。

軽い素材や頑丈なタイプは長く使える

 
SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケース S』
SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケース S』

マップケースはできるだけ軽い素材のものを選ぶと、登山中も使いやすいです。首から下げて使う場合は、軽い素材ほど快適に使用できます

ザックやリュックに丸めて入れる場合でも、マップケースを軽くすることで重さの負担を抑えられます。

軽さに加え、マップケースの素材が丈夫であることもチェックしましょう。ビニール素材にナイロンなどが加わったものなど、耐久性のあるものならば少しでも長く使えます

紛失を防止するストラップやコード類

 
ISUKA(イスカ)『ドライマップケース』
ISUKA(イスカ)『ドライマップケース』

マップケースのなかにはストラップ類があらかじめ付属していたり、自分で好きなコードを取りつけられるように小穴があけられていたりと、紛失を防止するためのディテールが工夫されているものもあります。

つねに体の近くに露出させたまま持ち運ぶことになるマップケースは、山道具のなかでも紛失しやすいもの。それだけに、体や荷物へかんたんに取りつけられるようになっているものがベターです。

とはいえ、どのような取りつけ方法のものが使いやすいかは人それぞれなので、自分の好みに応じて選んでみましょう。

登山用マップケースのおすすめ10選 生地・サイズ・収納サイズ・重量もチェック!

上で紹介した登山用マップケースの選び方のポイントをふまえて、山岳・アウトドアライター&プロデューサー・高橋庄太郎さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。携帯に便利なものや防水性の高いものなどすぐれた商品ばかりですが、素材やサイズなど自分に合ったものを比較検討して選んでみてください。

エキスパートのおすすめ

ISUKA(イスカ)『ドライマップケース』

山岳/アウトドアライター&プロデューサー:高橋 庄太郎

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

丸めたあとは面ファスナーで小さく収納

透明なTPU素材と黒いナイロン素材を貼り合わせ、縫い目からも水が浸透しない仕様になっています。地図の入れ口は防水性のファスナーを使うだけではなく、さらに折り曲げて面ファスナーで固定するため、よほどのことがなければこの部分からの浸水もないでしょう。

面ファスナーは本体側面にも取りつけられており、丸めて小さく固定できるのが便利です。また、収納時はバックルつきのストラップでバックパックのショルダーハーネスに取りつけることもでき、地図を見たいときにはすぐに外せます。

価格も手ごろなので、どんなマップケースが自分に使いやすいのか見当をつけられない方は、まずはこれを使ってみるといいでしょう。

生地 TPU素材とレールシールを併用
サイズ 30×32cm
収納サイズ 直径4×30cm
重量 80g
カラー ブラック
全てを見る全てを見る

生地 TPU素材とレールシールを併用
サイズ 30×32cm
収納サイズ 直径4×30cm
重量 80g
カラー ブラック
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

OSPREY(オスプレー)『ULマップラップ』

OSPREY(オスプレー)『ULマップラップ』 OSPREY(オスプレー)『ULマップラップ』
出典:Amazon この商品を見るview item
山岳/アウトドアライター&プロデューサー:高橋 庄太郎

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

バックルとストラップでしっかりと固定

地図の収納方法や本体側面の面ファスナーなど、イスカ『ドライマップケース』と似た構造のマップケースです。しかし、よりやわらかな素材を使い、広げたときの四隅を丸く仕上げるなど、細部にまで気を使った仕上がりになっています。

丸めた状態にすると、上にはバックルつきのストラップ、下にはバックルなしのストラップがつけられます。それらを連動させることでショルダーハーネスに沿うような姿で確実に固定できるため、紛失を心配される方におすすめ。

デザイン上のアクセントにもなっている黄色いテープやラインは視認性を高め、万が一落とした場合も目につきやすいのもひとつの長所です。

生地 メイン:210Dナイロンダブルリップストップ、アクセント:100D×70Dナイロンミニリップストップ
サイズ 縦36×横36cm(展開時)
収納サイズ 縦35.5×横2.5×奥2.5cm(ロール時)
重量 90g
カラー ブラック
全てを見る全てを見る

生地 メイン:210Dナイロンダブルリップストップ、アクセント:100D×70Dナイロンミニリップストップ
サイズ 縦36×横36cm(展開時)
収納サイズ 縦35.5×横2.5×奥2.5cm(ロール時)
重量 90g
カラー ブラック
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケース S』

SEATOSUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケースS』 SEATOSUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケースS』 SEATOSUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケースS』
出典:Amazon この商品を見るview item
山岳/アウトドアライター&プロデューサー:高橋 庄太郎

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

超強靭! 手荒く使っても安心

PVC(ポリ塩化ビニル)を使った素材は非常に分厚く、2枚の素材の接着面も幅が広いため、わざわざナイフでも使わない限りほとんど壊れる心配はありません。同サイズのマップケースに比べると2倍近い重量にはなるものの、この安心感には代えがたいものがあります。

素材が厚くかなりゴワつくうえに、丸めた際に固定するストラップ類も省かれており、小さく収納できないのも難点です。しかし、丈夫なものを求める方ならば喜んで使っていただけるでしょう。

ネックストラップは80cm近い長さがあり、紛失防止にバックパックなどに結んで使うこともできます。サイズはSとLがあります。

生地 PVCファブリック、クリアビニール(素材)
サイズ 21×30cm
収納サイズ -
重量 158g
カラー クリアー
全てを見る全てを見る

生地 PVCファブリック、クリアビニール(素材)
サイズ 21×30cm
収納サイズ -
重量 158g
カラー クリアー
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

ORTLIEB(オルトリーブ)『ドキュメントバッグ A6サイズ』

山岳/アウトドアライター&プロデューサー:高橋 庄太郎

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

あえて小型を選んで用途の幅を広げる

A4、A5、A6と3つのサイズを取りそろえた防水性ケースで、マップケースとして使いやすいのはやはりA4サイズです。しかし、あえてA6サイズを選び、小さく折りたたんだ地図を収納すればウェアのポケット内に入れることもでき、用途の幅が広がります。

地図を入れないときはスマートフォンなどの防水にも流用できるので、多目的に使いたい方におすすめです。地図の入れ口近くには、付属のコードを取りつける小さな穴が左右につけられています。

生地 -
サイズ 15×11cm
収納サイズ -
重量 30g
カラー クリア
全てを見る全てを見る

生地 -
サイズ 15×11cm
収納サイズ -
重量 30g
カラー クリア
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケース L』

LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケースL』 LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケースL』 LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケースL』
出典:Amazon この商品を見るview item
山岳/アウトドアライター&プロデューサー:高橋 庄太郎

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

実にシンプル! 定評ある防水袋

食品用フリーザーパックをより強靭にしたかのような防水袋のシリーズで、大小さまざまなサイズがそろえられています。なかでも地図を入れて使いやすいのは、LサイズやA4サイズ。

四辺のうち一辺に防水ファスナーがついているだけのシンプルさですが、じゅうぶんな防水性があり、登山好きの間では昔からマップケースとして愛用されてきた製品です。やわらかな素材なので内部の空気を抜きやすく、コンパクトに持ち運べるのも大きなポイントでしょう。

比較的手に入れやすい価格もあり、傷みはじめたら買いなおすのも苦ではありません。気軽に地図を守りたい人にぴったりです。

生地 BPAフリー
サイズ 30.5×30.8cm(外寸)
収納サイズ 29.8×30.5cm(内寸)
重量 -
カラー -
全てを見る全てを見る

生地 BPAフリー
サイズ 30.5×30.8cm(外寸)
収納サイズ 29.8×30.5cm(内寸)
重量 -
カラー -
全てを見る全てを見る

HIGHMOUNT(ハイマウント)『ウォータープルーフマップケース M(68386)』

小物入れとしても使えるマップケース

面ファスナーを利用し、水や汚れをガードしてくれるマップケース。適切な価格のため、入門用のケースとしても使いやすい商品です。首から下げて使うマップケースは、ルートの確認を頻繁に行う方ならにぴったり。出し入れの手間がなく、すばやく地図をチェックできます。

時計やコンパスなどの小物入れとしても使えるため、登山の際に用意しておくと便利です。

生地 本体:塩化ビニール、面ファスナー:ナイロン100%
サイズ 18×26cm
収納サイズ -
重量 -
カラー -
全てを見る全てを見る

生地 本体:塩化ビニール、面ファスナー:ナイロン100%
サイズ 18×26cm
収納サイズ -
重量 -
カラー -
全てを見る全てを見る

ROTHCO(ロスコ)『マップ&ドキュメントケース』

四角く折りたためてポケットに入れやすい!

ミリタリーやアウトドア製品を展開する、アメリカの老舗ROHCO(ロスコ)が手掛けるマップケース。ジッパー付きのビニールケースのなかに地図を入れることで、雨天時でも水滴を気にせずルートを確認できます。

使用しない時は四角く折りたため、ポケットに収納可能。携帯性を重視したマップケースが欲しい方にもぴったりです。

生地 ナイロン、ビニール
サイズ 約34×34cm
収納サイズ -
重量 -
カラー ブラック、ウッドランド迷彩、コヨーテ
全てを見る全てを見る

生地 ナイロン、ビニール
サイズ 約34×34cm
収納サイズ -
重量 -
カラー ブラック、ウッドランド迷彩、コヨーテ
全てを見る全てを見る

mont-bell(モンベル)『ロールアップ マップケース S』

防水機能を備えた軽量マップケース

防水性能に優れた、雨の中や沢登りでも地図を保護するマップケースです。落ち着いた見た目なので、どんなバックパックに取り付けてもマッチしますよ。バックパックへの取り付けも簡単で、2つ折り・4つ折りにもでき、荷物のかさばりを抑えることが出来ます。天候に左右されずに登山を楽しみたい方やコンパクトさを重視する方にピッタリのアイテムです。

生地 ナイロン、ポリエチレン
サイズ 19.8㎝×28.3㎝
収納サイズ 17.4㎝×25.7㎝
重量 19g
カラー ライトグレイ
全てを見る全てを見る

生地 ナイロン、ポリエチレン
サイズ 19.8㎝×28.3㎝
収納サイズ 17.4㎝×25.7㎝
重量 19g
カラー ライトグレイ
全てを見る全てを見る

Sealline(シールライン)『アウトドア キャンプ 登山 マップケース』

Sealline(シールライン)『アウトドアキャンプ登山マップケース』 Sealline(シールライン)『アウトドアキャンプ登山マップケース』 Sealline(シールライン)『アウトドアキャンプ登山マップケース』
出典:Amazon この商品を見るview item

紫外線や水濡れから地図をしっかり守る

海運業界の人たちのために立ち上げられたアウトドアブランド、Sealline(シールライン)の防水性能に優れたマップケースです。防水ジッパーを搭載しており、水濡れを防ぎつつスムーズに地図を確認することができます。四隅にはDリングが付いていて、バックパックへの取り付けも簡単。スルーハイクでも水濡れの心配なく使用することが出来ます。

生地 ポリウレタンフィルム、ポリウレタンウェビング
サイズ 30.48㎝×40.64㎝×0.25㎝
収納サイズ
重量 118g
カラー
全てを見る全てを見る

生地 ポリウレタンフィルム、ポリウレタンウェビング
サイズ 30.48㎝×40.64㎝×0.25㎝
収納サイズ
重量 118g
カラー
全てを見る全てを見る

Aqua Quest(アクアクエスト)『TRAIL マップケース』

AquaQuest(アクアクエスト)『TRAILマップケース』 AquaQuest(アクアクエスト)『TRAILマップケース』 AquaQuest(アクアクエスト)『TRAILマップケース』 AquaQuest(アクアクエスト)『TRAILマップケース』 AquaQuest(アクアクエスト)『TRAILマップケース』 AquaQuest(アクアクエスト)『TRAILマップケース』 AquaQuest(アクアクエスト)『TRAILマップケース』
出典:Amazon この商品を見るview item

A3サイズのマップがそのまま入る

防水性・耐久性に優れた大きめのマップケースです。シーカヤックに使用しても水濡れする心配はありません。さらにA3サイズの地図がそのまま入り、両面からケース内の地図を確認することができるので、雨の中でルートを確認するのにピッタリ。登山からウォーターアクティビティまで、アウトドアで幅広く活躍します。

生地 ナイロン(TPUコーティング)
サイズ 45㎝×30㎝×2㎝
収納サイズ
重量 105g
カラー ブラック、イエロー、オレンジ、ブルー、グリーン
全てを見る全てを見る

生地 ナイロン(TPUコーティング)
サイズ 45㎝×30㎝×2㎝
収納サイズ
重量 105g
カラー ブラック、イエロー、オレンジ、ブルー、グリーン
全てを見る全てを見る

「マップケース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ISUKA(イスカ)『ドライマップケース』
OSPREY(オスプレー)『ULマップラップ』
SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケース S』
ORTLIEB(オルトリーブ)『ドキュメントバッグ A6サイズ』
LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケース L』
HIGHMOUNT(ハイマウント)『ウォータープルーフマップケース M(68386)』
ROTHCO(ロスコ)『マップ&ドキュメントケース』
mont-bell(モンベル)『ロールアップ マップケース S』
Sealline(シールライン)『アウトドア キャンプ 登山 マップケース』
Aqua Quest(アクアクエスト)『TRAIL マップケース』
商品名 ISUKA(イスカ)『ドライマップケース』 OSPREY(オスプレー)『ULマップラップ』 SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケース S』 ORTLIEB(オルトリーブ)『ドキュメントバッグ A6サイズ』 LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケース L』 HIGHMOUNT(ハイマウント)『ウォータープルーフマップケース M(68386)』 ROTHCO(ロスコ)『マップ&ドキュメントケース』 mont-bell(モンベル)『ロールアップ マップケース S』 Sealline(シールライン)『アウトドア キャンプ 登山 マップケース』 Aqua Quest(アクアクエスト)『TRAIL マップケース』
商品情報
特徴 丸めたあとは面ファスナーで小さく収納 バックルとストラップでしっかりと固定 超強靭! 手荒く使っても安心 あえて小型を選んで用途の幅を広げる 実にシンプル! 定評ある防水袋 小物入れとしても使えるマップケース 四角く折りたためてポケットに入れやすい! 防水機能を備えた軽量マップケース 紫外線や水濡れから地図をしっかり守る A3サイズのマップがそのまま入る
生地 TPU素材とレールシールを併用 メイン:210Dナイロンダブルリップストップ、アクセント:100D×70Dナイロンミニリップストップ PVCファブリック、クリアビニール(素材) - BPAフリー 本体:塩化ビニール、面ファスナー:ナイロン100% ナイロン、ビニール ナイロン、ポリエチレン ポリウレタンフィルム、ポリウレタンウェビング ナイロン(TPUコーティング)
サイズ 30×32cm 縦36×横36cm(展開時) 21×30cm 15×11cm 30.5×30.8cm(外寸) 18×26cm 約34×34cm 19.8㎝×28.3㎝ 30.48㎝×40.64㎝×0.25㎝ 45㎝×30㎝×2㎝
収納サイズ 直径4×30cm 縦35.5×横2.5×奥2.5cm(ロール時) - - 29.8×30.5cm(内寸) - - 17.4㎝×25.7㎝
重量 80g 90g 158g 30g - - - 19g 118g 105g
カラー ブラック ブラック クリアー クリア - - ブラック、ウッドランド迷彩、コヨーテ ライトグレイ ブラック、イエロー、オレンジ、ブルー、グリーン
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月31日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする マップケースの売れ筋をチェック

Amazonでのマップケースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:マップケースランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

マップケースと一緒にチェックしたいアイテム 時計、コンパス、GPS

忘れてはいけない地図とマップケースの重要性

ここ数年で登山に使用する地図は、「紙」から「デジタル」に置き換えられつつあり、スマートフォンと連動する地図アプリを使用する人が非常に増えています。しかし、スマートフォンのバッテリー切れや破損、紛失のために道迷いを起こしたという遭難事故も報告され、紙の地図の重要性が再認識されているのも事実です。

マップケースはバッテリー切れのない重要情報である「紙の地図」を濡らさないようにサポートし、登山者の安全を大いに向上させる道具。地味な存在ですが、まずはひとつ手に入れ、ときどき防水性がキープされているか確認しながら、あなたの登山の相棒として長くつき合ってください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button