【マップケース】選び方&おすすめ商品4選|山岳・アウトドアライターが解説

【マップケース】選び方&おすすめ商品4選|山岳・アウトドアライターが解説
山岳/アウトドアライター&プロデューサー
高橋 庄太郎

1970年宮城県仙台市出身。高校山岳部で山歩きを始め、早稲田大学卒業後は出版社に勤務。 その後、フリーランスのライターに。著書に『山道具 選び方、使い方』(枻出版社)、『テント泊登山の基本』(山と渓谷社)などがあり、近年はテレビ番組やイベントへの出演も増えている。また、アウトドアメーカー各社とのコラボレーションを行なう自身のブランド「SCREES」を立ち上げ、製品開発にも取り組んでいる。

登山用の基本地図ともいうべき国土地理院発行の地形図が、書店で購入できるだけではなく、自宅でプリントアウトできるようになりました。また、データをダウンロードして紙に印刷もできる登山地図サービスも増えています。しかし問題は、書店売りされている一部の登山地図以外は防水加工が施されておらず、水濡れに弱いことです。そこで、活躍の場が広がっているのがマップケースです。防水性や耐水性を持ち、安全登山には欠かせない重要な地図をしっかり守ってくれるマップケースを、山岳・アウトドアライター&プロデューサーの高橋庄太郎さんに選んでもらいました。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!


登山用マップケースの選び方|山岳・アウトドアライターに聞く

山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんに、登山用マップケースを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。安全に登山を楽しむためにはマップケースがとても大事です。自分に合った適切なマップケースを選ぶためにも、アドバイスを参考にしてください。

マップケース
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

マップケースに入ってない地図は雨に濡れると使い物になりませんよね。

地図がきれいに収まり、扱いやすいサイズ感

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

日本で使われているすべての地図の基本となるのが、書店でも販売されている国土地理院発行の地形図。そのなかで登山の際に使うのはおもに2万分1地形図と5万分1地形図で、印刷面はどちらも51×41cmほどになります。四つ折りにするとA4よりも少し小さいサイズ感で、自宅で印刷する場合も用紙はA4が一般的です。

そのために、マップケースはA4サイズが余裕をもって入るものが使いやすいです。より広い面積を一度に見たいという方は、さらに大判のA4サイズ以上のものをセレクトするといいでしょう。

防水力と収納性のバランス

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

紙に印刷された地図は水に弱く、湿ると破れやすくなるばかりか、印刷面がふやけて読図できなくなってしまいます。そこでマップケースに期待されるのが、高度な防水性です。

防水ファスナーつきのものはそれだけでもじゅうぶんな防水性ですが、さらに入れ口を巻いて留めるトップクロージャーなどといわれる構造のものならば、ほぼ完璧な防水性を発揮します。

ただし、防水性を向上させるとそのぶんだけ内部の空気を出しにくくもなり、携行時に膨らみを抑えられず、少々邪魔に感じるかもしれません。可能であれば、購入前に実際に地図を入れて確かめてみるといいでしょう。

LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケース L』

抜群の防水性を誇り、大小さまざまなサイズがそろっています。

>> Amazonで詳細を見る

耐久性や使いやすさを考えた素材の選択

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

マップケースは、地図が見やすいように透明なTPU(熱かそ性ウレタン)やポリエチレンなどで作られています。これらの素材は分厚いほどかたくて丈夫ですが、丸めて小さく収納するのは難しく、同時に重量もかさみます。

1カ月に何度も使うハードユーザーなら分厚くて傷みにくいものが長く使えてお得ですが、それほど頻繁に使わない方は軽くて持ち運びやすいタイプが便利です。

また、透明な素材が裏表の両面に使われているものは、地図を確認できる面積が2倍になるものの、耐久性では不透明なナイロンなどの素材に劣ります。確認可能な面積の広さを重視するのか、耐久性の高さを考慮するのか、そのあたりもセレクト時の重要事項です。

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケース S』

PVC(ポリ塩化ビニル)素材で作りがしっかりしているため、ハードな登山に向いています。

>> Amazonで詳細を見る

紛失を防止するストラップやコード類

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

マップケースのなかにはストラップ類があらかじめ付属していたり、自分で好きなコードを取りつけられるように小穴があけられていたりと、紛失を防止するためのディテールが工夫されているものもあります。

つねに体の近くに露出させたまま持ち運ぶことになるマップケースは、山道具のなかでも紛失しやすいもの。それだけに、体や荷物へかんたんに取りつけられるようになっているものがベターです。

とはいえ、どのような取りつけ方法のものが使いやすいかは人それぞれなので、自分の好みに応じて選んでみましょう。

登山用マップケースのおすすめ|山岳・アウトドアライターが厳選

上で紹介した登山用マップケースの選び方のポイントをふまえて、山岳・アウトドアライター&プロデューサー・高橋庄太郎さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。携帯に便利なものや防水性の高いものなどすぐれた商品ばかりですが、素材やサイズなど自分に合ったものを比較検討して選んでみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

OSPREY(オスプレー)『ULマップラップ』

OSPREY(オスプレー)『ULマップラップ』

出典:Amazon

生地 メイン:210Dナイロンダブルリップストップ、アクセント:100D×70Dナイロンミニリップストップ
サイズ 縦36×横36cm(展開時)
収納サイズ 縦35.5×横2.5×奥2.5cm(ロール時)
重量 90g
カラー ブラック
Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

バックルとストラップでしっかりと固定

地図の収納方法や本体側面の面ファスナーなど、イスカ『ドライマップケース』と似た構造のマップケースです。しかし、よりやわらかな素材を使い、広げたときの四隅を丸く仕上げるなど、細部にまで気を使った仕上がりになっています。

丸めた状態にすると、上にはバックルつきのストラップ、下にはバックルなしのストラップがつけられます。それらを連動させることでショルダーハーネスに沿うような姿で確実に固定できるため、紛失を心配される方におすすめ。

デザイン上のアクセントにもなっている黄色いテープやラインは視認性を高め、万が一落とした場合も目につきやすいのもひとつの長所です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケース S』ケースS 1700089

SEATOSUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケースS』ケースS1700089 SEATOSUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケースS』ケースS1700089 SEATOSUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケースS』ケースS1700089

出典:Amazon

生地 PVCファブリック、クリアビニール(素材)
サイズ 21×30cm
収納サイズ -
重量 158g
カラー クリアー
Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

超強靭! 手荒く使っても安心

PVC(ポリ塩化ビニル)を使った素材は非常に分厚く、2枚の素材の接着面も幅が広いため、わざわざナイフでも使わない限りほとんど壊れる心配はありません。同サイズのマップケースに比べると2倍近い重量にはなるものの、この安心感には代えがたいものがあります。

素材が厚くかなりゴワつくうえに、丸めた際に固定するストラップ類も省かれており、小さく収納できないのも難点です。しかし、丈夫なものを求める方ならば喜んで使っていただけるでしょう。

ネックストラップは80cm近い長さがあり、紛失防止にバックパックなどに結んで使うこともできます。サイズはSとLがあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ORTLIEB(オルトリーブ)『ドキュメントバッグ A6サイズ』

ORTLIEB(オルトリーブ)『ドキュメントバッグA6サイズ』

出典:Amazon

生地 -
サイズ 15×11cm
収納サイズ -
重量 30g
カラー クリア
Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

あえて小型を選んで用途の幅を広げる

A4、A5、A6と3つのサイズを取りそろえた防水性ケースで、マップケースとして使いやすいのはやはりA4サイズです。しかし、あえてA6サイズを選び、小さく折りたたんだ地図を収納すればウェアのポケット内に入れることもでき、用途の幅が広がります。

地図を入れないときはスマートフォンなどの防水にも流用できるので、多目的に使いたい方におすすめです。地図の入れ口近くには、付属のコードを取りつける小さな穴が左右につけられています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケース L』

LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケースL』 LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケースL』 LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケースL』

出典:Amazon

生地 BPAフリー
サイズ 30.5×30.8cm(外寸)
収納サイズ 29.8×30.5cm(内寸)
重量 -
カラー -
Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

実にシンプル! 定評ある防水袋

食品用フリーザーパックをより強靭にしたかのような防水袋のシリーズで、大小さまざまなサイズがそろえられています。なかでも地図を入れて使いやすいのは、LサイズやA4サイズ。

四辺のうち一辺に防水ファスナーがついているだけのシンプルさですが、じゅうぶんな防水性があり、登山好きの間では昔からマップケースとして愛用されてきた製品です。やわらかな素材なので内部の空気を抜きやすく、コンパクトに持ち運べるのも大きなポイントでしょう。

比較的手に入れやすい価格もあり、傷みはじめたら買いなおすのも苦ではありません。気軽に地図を守りたい人にぴったりです。

「マップケース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
OSPREY(オスプレー)『ULマップラップ』
SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケース S』ケースS 1700089
ORTLIEB(オルトリーブ)『ドキュメントバッグ A6サイズ』
LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケース L』
商品名 OSPREY(オスプレー)『ULマップラップ』 SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)『ウォータープルーフマップケース S』ケースS 1700089 ORTLIEB(オルトリーブ)『ドキュメントバッグ A6サイズ』 LOKSAK(ロックサック)『防水マルチケース L』
商品情報
特徴 バックルとストラップでしっかりと固定 超強靭! 手荒く使っても安心 あえて小型を選んで用途の幅を広げる 実にシンプル! 定評ある防水袋
生地 メイン:210Dナイロンダブルリップストップ、アクセント:100D×70Dナイロンミニリップストップ PVCファブリック、クリアビニール(素材) - BPAフリー
サイズ 縦36×横36cm(展開時) 21×30cm 15×11cm 30.5×30.8cm(外寸)
収納サイズ 縦35.5×横2.5×奥2.5cm(ロール時) - - 29.8×30.5cm(内寸)
重量 90g 158g 30g -
カラー ブラック クリアー クリア -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

ECサイトのマップケースランキングを参考にする

Amazon、Yahoo!ショッピングでのマップケースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:マップメジャー・マップケースランキング
Yahoo!ショッピング:登山マップケースランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法がやや異なる場合があります。

山岳・アウトドアライターの「ここがポイント」|忘れてはいけない地図とマップケースの重要性

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

ここ数年で登山に使用する地図は、「紙」から「デジタル」に置き換えられつつあり、スマートフォンと連動する地図アプリを使用する人が非常に増えています。しかし、スマートフォンのバッテリー切れや破損、紛失のために道迷いを起こしたという遭難事故も報告され、紙の地図の重要性が再認識されているのも事実です。

マップケースはバッテリー切れのない重要情報である「紙の地図」を濡らさないようにサポートし、登山者の安全を大いに向上させる道具。地味な存在ですが、まずはひとつ手に入れ、ときどき防水性がキープされているか確認しながら、あなたの登山の相棒として長くつき合ってください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/13 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年版】オペラグラス(双眼鏡)おすすめ17選|宝塚などの観劇やコンサート用も紹介

【2020年版】オペラグラス(双眼鏡)おすすめ17選|宝塚などの観劇やコンサート用も紹介

フリーライターで小物王の納富廉邦さんへの取材をもとに、オペラグラス(双眼鏡)おすすめ17選をご紹介します。東京ドームや武道館といった広い会場や宝塚といった劇場にも役立つオペラグラスをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


アウトドア【メタル/オイル】マッチおすすめ14選|着火種別ごとにご紹介!

アウトドア【メタル/オイル】マッチおすすめ14選|着火種別ごとにご紹介!

アウトドアシーンに欠かせない「火おこし」用のアウトドアマッチですが、「木軸タイプ」「メタルマッチ」「オイルマッチ」と種類があります。また、アウトドア以外でも災害や緊急時にも使用できるものもあります。そこで、それぞれの特徴と選び方を解説し、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介します。


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


アウトドア高機能グローブのおすすめ13選|タイプ・機能・素材で選ぶ

アウトドア高機能グローブのおすすめ13選|タイプ・機能・素材で選ぶ

キャンプや登山、ウィンタースポーツなどの野外活動で大切な手を守ってくれるのが、アウトドア用高機能グローブ。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介していきます。また、アウトドア高機能グローブの機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


浴室手すりおすすめ11選 | お風呂にかんたん設置、工事不要な商品を紹介!

浴室手すりおすすめ11選 | お風呂にかんたん設置、工事不要な商品を紹介!

住宅コンサルタントの森 雅樹さんと編集部が選んだ浴室手すりのおすすめ商品11選を紹介します。浴室での介護や転倒事故防止に必要な浴室手すり。取りつけには工事費が必要になる商品もありますが、自分でかんたんに設置できるタイプの浴室手すりも発売されています。記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。


バイオリンケースのおすすめ12選【丸型・角型】持ち運びに便利な軽量タイプも!

バイオリンケースのおすすめ12選【丸型・角型】持ち運びに便利な軽量タイプも!

バイオリンを購入する際に一緒に選ぶことが多いバイオリンケースですが、形や木製から樹脂加工まで素材もさまざまです。持ち運びの便利さや保管性能などがまったくことなるため、最初のうちはどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そこで本記事では、大手楽器メーカーで勤務経験のあるピアノ講師の山野辺祥子さんに取材し、バイオリンケースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


【耳毛カッターおすすめ12選】パナソニック、フィリップス、ブラウンなど厳選紹介!

【耳毛カッターおすすめ12選】パナソニック、フィリップス、ブラウンなど厳選紹介!

この記事では、医療ライターの宮座美帆さん監修のもと、耳毛カッターの選び方とおすすめの商品を厳選! パナソニックやフィリップス、ブラウンや貝印などさまざまなメーカーの製品を紹介します。耳毛に特化したものや、アタッチメント付きでほかのムダ毛処理に使えるものも。記事の後半では、各通販サイトの人気ランキングも掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


アガベシロップおすすめ8選【砂糖の代わりに】低GI値で健康志向の方にも!

アガベシロップおすすめ8選【砂糖の代わりに】低GI値で健康志向の方にも!

フードコーディネーターの倉田沙也加さんへの取材をもとに、アガベシロップの選び方とおすすめの商品を厳選! 低GI値食品として注目を集める「アガベシロップ」。製法や添加物の有無など、選ぶ際に気にすべきポイントはたくさんあります。この記事を参考に、ふだんの生活にも取り入れやすいアガベシロップをみつけてくださいね。


【40代向け】シャンプーおすすめ12選|頭皮のケアに! アミノ酸系シャンプーも紹介

【40代向け】シャンプーおすすめ12選|頭皮のケアに! アミノ酸系シャンプーも紹介

コスメコンシェルジュのさくらさん監修のもと、40代におすすめのシャンプーの選び方とおすすめの商品を紹介! 40代になると、髪のハリやコシがなくなってきたり、頭皮の乾燥が気になりはじめたりします。そんな悩みにアプローチできるものや、頭皮のことを考えたものを選ぶことが大切です。この記事を参考に、自分にぴったりなシャンプーをみつけてみてくださいね。


人気の記事


>>総合ランキングを見る