チャイルドシートの汗取りマットおすすめ4選【公認チャイルドシート指導員が解説】

チャイルドシートの汗取りマットおすすめ4選【公認チャイルドシート指導員が解説】

自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子
自動車生活ジャーナリスト
加藤 久美子

下関市出身 大学在学中に車に目覚め、大学時代は神奈川県内のトヨタディーラーで納車引き取りのアルバイトを経験。大学卒業後、日刊自動車新聞社に編集記者として入社。 1989年FIA 公認のクロスカントリーラリー「オーストラリアン・サファリ」に出場。 1995年会社を辞めてフリーランスの道へ。 1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 2000年に第一子出産後、妊婦のシートベルト着用を推進する会を立ち上げ、チャイルドシートと共に胎児と赤ちゃんの命を守る啓発活動を展開している。 月刊誌『MONOQLO』(晋遊舎)、All About、citrus、オートックワン、乗りものニュース、くるまのニュース、JAFMATEなどに自動車生活関連(運転マナー、車の税金、維持費、メンテナンス、カスタム、海外車事情など)の記事を年間300本以上寄稿している。 また、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員としてチャイルドシートの正しい装着や子連れドライブの楽しみ方と危険回避に関する講演、啓発活動なども積極的に行っている。

チャイルドシートに長時間赤ちゃんや子どもを座らせていると、汗のむれやあせもが気になる人も多いのではないでしょうか。赤ちゃんや子どもを座らせるときに、チャイルドシート用汗取りマットを使うと過ごしやすくなるでしょう。本記事では、チャイルドシート用汗取りマットの上手な選び方とおすすめ商品を、自動車生活ジャーナリストで公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに聞きました。赤ちゃんや子どもに合った商品選びにぜひ役立ててください。


チャイルドシート用汗取りマットの選び方とは? 公認チャイルドシート指導員が教える

公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに、チャイルドシート用汗取りマットを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。手作りの汗取りマットを使っている人も、はじめてチャイルドシート用汗取りマットの購入を考えている人も、プロの教える選び方を踏まえて納得の商品選びにつなげましょう。

チャイルドシートの子ども
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

赤ちゃんや子どもへのフィット感などのほか、安全性も考慮すべきチャイルドシート用汗取りマット。プロの選び方を踏まえておけば、納得の商品選びにつながります。

ぴったり合うものがほしい場合は純正品を!

自動車生活ジャーナリスト

汗取りマットには汎用品と、チャイルドシートメーカーが専用に設計して販売している純正品の2種類があります。

純正品の場合、多くはチャイルドシートとベビーカーのいずれにもフィットする仕様になっていて、そのメーカーのほとんどのチャイルドシートやベビーカーにぴったりフィットします。

ベルト通し穴やバックル通し穴などをぴったり合わせたマットは、使っているうちにずれてしまう心配もありません。ぴったりフィットする汗取りマットがほしい場合は、少しお値段が高めでも純正品を選ぶようにしましょう。その際、適合機種についての説明も合わせてよく読んでおくのがおすすめです。

コンビ『さらすやエアスルーシート』

メーカー純正品を選ぶとチャイルドシートと適合するため、フィット感、安全面ともに納得です。

>> Amazonで詳細を見る

寒い時期も車内では汗をかくことを考えて選ぶ!

自動車生活ジャーナリスト

汗取りマット=夏に使うもの、というわけではありません。真冬であっても暖房の効いた車内はときに暑すぎて汗ばむほどに温度が上昇します。体温調整が未熟なお子さまの場合、暖房の効いた車内でも大量の汗をかくことがあります。

汗でぬれたシャツのまま、寒い車外に出ると風邪をひきやすくなることもあります。そのようなときは、汗取りマットでさっと汗を吸い取り、次に車外に出るときまで乾かしておきましょう。

なお、チャイルドシートに乗せる際はできるだけ薄着にして、コートやジャケットは脱いでおくことをおすすめします。「冬だから不要では?」と思わず、汗取りマットをチャイルドシートの背中に敷いておくと快適性がアップします。

安価でデザイン豊富な汎用品は洗い替えに!

自動車生活ジャーナリスト

汎用品・純正品とも汗を吸い取る能力などには、それほど大きな違いはありません。汎用品にはかわいらしいデザインのものが多く、純正品はシンプルなデザインが多いようです。好みに合わせて選択すればよいでしょう。

純正品にはサイズや形状、ベルト通し穴の位置など、汎用品にはないフィット感のよさがあります。使っているチャイルドシートメーカーが純正の汗取りマットを出している場合は、純正品1枚、洗い替え用に汎用品1、2枚を用意しておくとよいでしょう。

DORACO『ベビーカーシート 保冷剤付き』

手に入れやすい価格の多い汎用品は、洗い替え用として購入するのも有効です。

>> Amazonで詳細を見る

安全な汗取りマットとして薄めのものを!

自動車生活ジャーナリスト

チャイルドシートに汗取りマットを使う場合、気をつけるべきことはクッションのような分厚いマットを赤ちゃんの背中や頭の下に使うのは避けたほうがよいということです。

座り心地もよさそうだし、汗もたっぷり吸い取ってくれそうだし、洗濯もできていいことづくめ……のように思えるかもしれません。でも汗取りマットはできるだけ薄手で、チャイルドシートの座る部分に赤ちゃんの体を密着して乗せられることが望ましいのです。

車のシート、チャイルドシート本体、そして赤ちゃんの背中……これらが極力、密着するように使えることが安全性を高めます。汗取りマットを間に入れる場合はできるだけ薄くて吸水性がよいものを選びましょう。

チャイルドシート用汗取りマット4選! 公認チャイルドシート指導員のおすすめ

うえで紹介したチャイルドシート用汗取りマットの選び方のポイントを踏まえて、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。いずれも取り扱いのしやすさや安全性など、プロの目線から重視したいポイントを踏まえて選んだ商品になっていますので、赤ちゃんや子どもにぴったりのチャイルドシート用汗取りマット探しに役立てましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コンビ『さらすやエアスルーシート』

出典:Amazon

本体サイズ
横26×縦68.5×厚さ0.9cm
重量
96g
対象年齢
新生児~
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

洗濯してもすぐ乾く、コンビの純正汗取りマット

コンビ純正の汗取りマットです。コンビブランドのチャイルドシートやベビーカー、ハイローラックにマルチに対応します。薄くても快適に、縦横両方に通気してくれる3層メッシュシートなので使い心地がとてもよいのが特徴です。

取り付けはとても簡単で、スリットに合わせてハーネスを通せばOK。外すときも簡単なので、汚れたらすぐ洗濯することが可能です。メッシュ素材なので室内干しでも短時間で乾きます。

チャイルドシート本体の汚れ防止としても使用できる便利なシートです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KAKIBLIN『ヘッドクッション』

出典:Amazon

本体サイズ
カバー:横33×縦38cm、マット本体:横22×縦28cm
重量
対象年齢
新生児~3歳
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

ヘッドサポートが汗取りマットに使える!

汗っかきの赤ちゃんは、とくに頭に大量の汗をかくのでヘッドクッションで代用するのもよいでしょう。頭が当たる部分は平らなので凹凸(おうとつ)がなく、赤ちゃんの頭に優しくフィットします。

ソフトな肌触りの素材に、背中部分はふんわりとした薄いキルティング加工がされています。1枚当たりのお値段もリーズナブルなので、洗い替え用に夏に向けて何枚か用意しておくと安心です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アップリカ『さっと洗える さらっとマット』

出典:Amazon

本体サイズ
横34.8×縦70.7×厚さ7.4cm
重量
118g
対象年齢
1カ月~36カ月
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

取りつけ、取り外しが簡単な速乾性素材のマット!

アップリカ、グレコの一部のベビーカーやチャイルドシートに使える純正品です。クッション材にはメッシュ素材を採用しているので、表と裏の両方に通気性を確保しています。表地の吸水加工によって汗をすばやく吸収し、洗濯も簡単ですぐに乾き、部屋干しでも問題ありません。

難燃加工の燃えにくい素材を使用しているので、チャイルドシートでの使用の際も安全です。純正といっても、ベルト通し穴や股バックル部分を通すところは、長めのスリットになっているので、汎用性は高そう。他メーカーのチャイルドシートに使ってみるのもよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DORACO『ベビーカーシート 保冷剤付き』

出典:Amazon

本体サイズ
横35×縦70cm
重量
558g
対象年齢
新生児~
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

夏は保冷ジェルで涼しさキープ

赤ちゃんの肌に優しいパイル地の汗取りマットです。薄く肌触りがよいマットですが、吸水性はじゅうぶん。ほかにないアイデアとして、こちらのマットには保冷剤が付属品としてついています。

マットについているポケットにジャストフィットする大きさで、ちょうど赤ちゃんの頭まわりを冷やせる仕様となっています。暑い日のドライブには心地よく頭を冷やしてくれそうです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

コンビ『さらすやエアスルーシート』
KAKIBLIN『ヘッドクッション』
アップリカ『さっと洗える さらっとマット』
DORACO『ベビーカーシート 保冷剤付き』

商品

コンビ『さらすやエアスルーシート』 KAKIBLIN『ヘッドクッション』 アップリカ『さっと洗える さらっとマット』 DORACO『ベビーカーシート 保冷剤付き』

特徴

洗濯してもすぐ乾く、コンビの純正汗取りマット ヘッドサポートが汗取りマットに使える! 取りつけ、取り外しが簡単な速乾性素材のマット! 夏は保冷ジェルで涼しさキープ

価格

Amazon : ¥ 3,132
楽天市場 : ¥ 3,130
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,700
※各社通販サイトの 2019年9月18日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,100
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,395
※各社通販サイトの 2019年6月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,580
楽天市場 : ¥ 3,780
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,780
※各社通販サイトの 2019年6月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 5,616
楽天市場 : ¥ 5,616
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,616
※各社通販サイトの 2019年6月30日時点 での税込価格

本体サイズ

横26×縦68.5×厚さ0.9cm カバー:横33×縦38cm、マット本体:横22×縦28cm 横34.8×縦70.7×厚さ7.4cm 横35×縦70cm

重量

96g 118g 558g

対象年齢

新生児~ 新生児~3歳 1カ月~36カ月 新生児~

商品情報

通販サイトのチャイルドシートの汗取りマットランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのチャイルドシートの汗取りマットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ベビー用 保温・保冷・汗取りランキング
楽天市場:マット・シート・クッションランキング
Yahoo!ショッピング:カバー、パッド(チャイルドシート用)ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

薄くて吸水性に優れたずれないものを選びましょう|公認チャイルドシート指導員からのアドバイス

自動車生活ジャーナリスト

汗取りマットの多くは、チャイルドシートのみならず、ベビーカーなどで使える仕様になっていますが、チャイルドシートで使う場合はとくに、シート座面にフィットする薄くてずれない素材のマットを選びましょう。

知らないうちにずれてしまい、赤ちゃんがマットを引っ張って口に入れていたり、マットが赤ちゃんの顔にかぶさったりして思わぬ事故に発展する可能性があります。

後ろ向きの乳児用シートで使う場合、ママが運転をしているときなどは赤ちゃんの様子が後ろ向きでよくわからない場合がありますので、とくに注意が必要です。ただシートのうえに置くだけのタイプではなく、ハーネスをスリットに通してずれないようにして使えるものが安心です。

この記事では、公認チャイルドシート指導員・自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんに、赤ちゃんや子どもをチャイルドシートに乗せるときに便利な汗取りパッドの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。背中に差し込むだけで使えるもの、ジェルを入れて保冷・保温ができるもの、ズレないようチャイルドシートに取り付けられるもの、ハーネスに巻いて使うタイプなど、赤ちゃんや子どもが、車の中でも快適に過ごせる汗取りパッドをいろいろご紹介します。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:森野ミヤ子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/11 本文修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横塚枝緒里)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

汗や皮脂を吸収して、赤ちゃんの敏感な肌をサラサラに保ってくれるベビーパウダー。最近は赤ちゃんだけではなく、美容アイテムとして大人の女性からも人気を集めています。この記事では、美容ライターの田島えり子さんへの取材をもとに、美容アイテムとしてベビーパウダーを使いたい人向けに、その選び方とおすすめ商品6つをピックアップして紹介。さらに記事の最後では、通販サイトのベビーパウダーランキングも掲載しています。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


ビニールプールおすすめ10選【滑り台つきも】おもちゃコンサルタントマスターに聞く

ビニールプールおすすめ10選【滑り台つきも】おもちゃコンサルタントマスターに聞く

おもちゃコンサルタントマスター加藤理香さんへの取材をもとに、家庭用のビニールプールのおすすめ商品10選をご紹介します。子どもの年齢や設置場所、サイズなど、ビニールプールを購入するとなると悩んでしまいますね。では、ビニールプールを購入するには、どのような点に着目したらよいのでしょうか。この記事ではビニールプールを選ぶときのポイントや、おすすめの商品を紹介します。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。はじめて購入する方はもちろん、追加購入や買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


ストローマグおすすめ5選【ベビーグッズ・コンシェルジュが解説】リッチェルも!

ストローマグおすすめ5選【ベビーグッズ・コンシェルジュが解説】リッチェルも!

ベビーグッズ・コンシェルジュの白石佳子さんに、ストローマグのおすすめ商品と選び方を教えてもらいました。赤ちゃんが離乳食を始める時期や、哺乳びん以外からでも飲みものを飲めるようにしたいとお考えのママやパパに、おすすめのストローマグを厳選してご紹介します。大切な赤ちゃんのために、どんな商品を選べばいいのか、専門家の意見を参考にしてみてください。また、通販サイトのランキングもありますので、こちらもあわせて参考にしてくださいね。


【赤ちゃん用虫除けグッズおすすめ5選】チャイルドボディセラピストが教えます!

【赤ちゃん用虫除けグッズおすすめ5選】チャイルドボディセラピストが教えます!

この記事では、チャイルドボディセラピストの榮 樹実さんへの取材をもとに、赤ちゃん用虫除けグッズの選び方とおすすめ商品をご紹介します。あなたは赤ちゃんの虫除け対策に、なにを使用していますか? お出かけの際などはとくに、赤ちゃんに虫を近づけたくないですよね。しかし、赤ちゃんに使うものなので、成分などどれを選べばいいのか迷っている方も多いのでは。この記事を参考に、大切な赤ちゃんのために安心して使える商品を探してみてください。


ベビー布団おすすめ5選【洗える素材の商品も紹介】赤ちゃんにぴったりサイズ!

ベビー布団おすすめ5選【洗える素材の商品も紹介】赤ちゃんにぴったりサイズ!

ママライターでチャイルドボディセラピストの榮 樹実さんに聞いた、おすすめのベビー布団と選び方のポイントを紹介します。ベビー布団には、洗う頻度が多くなってもいいように洗濯機で丸洗いできるものや、コットン(綿)などの優しい肌触りのもの、身体が沈み込みにくい構造になっているものなど、赤ちゃんのことを考えて作られた商品が多くあります。大切な赤ちゃんのためのベビー布団は、衛生面や安全性をしっかりチェックして選びたいものです。本記事を参考に、かんたんにお手入れができ、赤ちゃんを快適に寝かせられるベビー布団をみつけてくださいね。


最新の記事


【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

グリーンアドバイザーのふじ えりこさんに鉢のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。鉢は、コンテナ、ポットとも呼ばれ、サイズが大きいプランターなどもある意味で鉢と呼ばれます。鉢の大きな役割は、地植えではなく、土を入れ植物を人工的に管理できる環境を作ることにあります。そのため、鉢は管理をしやすくするためのものと、植物をより美しく魅せるためのものと大きくふたつにわかれ、用途を使い分けることも大切です。この記事では、さまざまな鉢の中から厳選した商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。


50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

年齢を重ねて、本格的に肌の悩みが気になってくる50代。そんな気になる悩みには美容成分がたっぷり入ったものや補色効果で肌の色を明るく見せてくれるもの、乾燥を防いで毛穴の開きをカバーしてくれるものや、UV効果のあるものなどの化粧下地を選んでメイク時間を楽しみたいものです。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティスト・渡辺みゆきさんへの取材をもとに、50代に適した化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

大切なメガネ、掛けていない時はどこに置いていますか。「あれ? どこに置いたっけ?」とすっかり忘れて慌ててしまうこともあることでしょう。こんなときもメガネスタンドがあれば、メガネを探す手間も省けて、より毎日を快適に過ごせるはず。部屋の雰囲気やインテリアに調和するオシャレなものや、キャラクタータイプのかわいらしいものまで、現在ではさまざまなタイプが発売されています。そこでで、本記事では「使い勝手のよさ」にフォーカスして、おすすめのメガネスタンドをご紹介します! 「家事中年男子」&家事ライターの東海林ミノルさんへの取材をもとにメガネスタンドの選び方を解説するとともにおすすめ商品を紹介します。


【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

汗や皮脂を吸収して、赤ちゃんの敏感な肌をサラサラに保ってくれるベビーパウダー。最近は赤ちゃんだけではなく、美容アイテムとして大人の女性からも人気を集めています。この記事では、美容ライターの田島えり子さんへの取材をもとに、美容アイテムとしてベビーパウダーを使いたい人向けに、その選び方とおすすめ商品6つをピックアップして紹介。さらに記事の最後では、通販サイトのベビーパウダーランキングも掲載しています。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

フリーランスライターで文具に詳しい出雲義和さんに聞いた、モンブラン万年筆の選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。万年筆といえばモンブランという答えがかえってくるほど、モンブランは万年筆にあまり詳しくない人にも知られている有名なブランドです。そんなモンブランの万年筆は「マイスターシュテュックシリーズ」が代表的でしょう。ペン先の仕様やインク補充の方式など、注目すべきポイントはたくさんあります。本記事を参考に、お気に入りの品をみつけてくださいね。記事の最後には、通販サイトの万年筆ランキングも紹介しています。