中華製Bluetoothキーボードおすすめ5選|高コスパ・メカニカル式も

中華製Bluetoothキーボードおすすめ5選|高コスパ・メカニカル式も

多くのガジェット媒体にて執筆してきた、ガジェットレビュアー・東雲八雲さんに中華製のBluetoothキーボードの選び方とおすすめ商品を教えていただきました。Bluetoothキーボードは、スマートフォンやパソコンの文字入力で活躍する入力デバイスです。本体デバイスとは無線のBluetoothで通信するので、入力先とのケーブル接続がいらずデスクの上もスッキリします。しかし、多くの製品が販売されており、違いがわからずその中から選ぶのは意外と大変でしょう。本記事を参考にして、最適な中華製のBluletoothキーボードを選んでくださいね。


目次

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー
東雲 八雲

ブルータス、テッカブル、インプレス、ゲットナビ、モノマガジンなどで編集を行うモノ系ライター。 ファッションや家電のスペックだけでなく、ストーリーやブランド性まで加味して良い品を探すのが好き。 週6日の秋葉原・銀座ウォッチや、海外製品の調査まで、とにかく人よりいい品を探すのが大好き。(今まで購入した家電で家が1軒建つとか建たないとか。)

中華Bluetoothキーボードの選び方 ガジェットレビュアーが教える!

ここからは、ガジェットレビュアーの東雲八雲さんに中華製Bluetoothキーボードを選ぶ際のポイントについて、教えていただきます。キーボード選びの基本を紹介しています。

キーボードにはコンパクトで携帯できるもの、複数接続をして切替ボタンを押すだけのものなどがあります。どのような使い方をしたいか考えながらポイントを押さえましょう。

快適に長時間打てるキーボードかどうか

Bluetoothキーボードをタイピングしている画像
ペイレスイメージズのロゴ

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

キーボードの打鍵を長時間行うと、どうしても指や手首に負担になることがあります。キータッチが固すぎないモデルや、人間工学に基づいたモデルを購入すると腱(けん)への負担を軽減することができます。また、折りたたみや小型のキーボードの場合は、自分の指のサイズと比べて打つのが負担にならないかという点もチェックしておくことをおすすめします。

使用デバイスはパソコンかスマホか

 

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

パソコン用かスマホ用かで、Bluetoothのキーボードに対する設計思想が異なります。まず、パソコン用ですが、基本的には持ち歩きが考慮されないデスクトップPC用として設計されています。そのため、大きくかさばる反面打ちやすさが重視されています。対するスマホ用のキーボードは、カバンなどで持ち歩くことを前提に考えられており、折りたたみモデルやコンパクトなモデルが多いです。パソコン用か、スマホ用か、ないしはその両方か用途に応じて選択することが大切です。

持ち歩く場合は折りたたみ型のキーボードがおすすめ

 

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

スマホ用のキーボードの場合、コンパクトなキーボードが多く販売されています。中でも折りたたみ型のキーボードがおすすめです。キーボードを2分割や3分割に折りたたむため、バックの中を占領しません。そして、選ぶのであればキーボードのボタン部分が「パンタグラフ」となっているモノを選ぶといいでしょう。ノートPCなどで使われている技術で、普通のボタンタイプよりも打ちやすく耐久性も高いのが特徴です。

複数デバイスで使用する時には、モードで切り替えられるものを

 

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

複数台のスマホやパソコンを利用する人におすすめしたいのがモード切替機能です。キーボードは複数の端末で再接続するのは面倒な作業です。USBであれば、ケーブル部分を差し替えるだけで済みますが、Bluetoothは設定画面を開き、接続切り替えを行う作業が発生します。しかも複数端末が起動してる状態だと、接続が不安定になることも。その煩わしさを解消させるために、モード切替ボタンやスイッチが付いているキーボードも存在します。これがあれば、不便な再接続作業をスキップすることができます。

中華製Bluetoothキーボードおすすめ5選

ここまでに紹介した中華製のBluetoothキーボードの選び方のポイントを踏まえて、ガジェットレビュアーの東雲八雲さんに選んでもらったおすすめの商品を紹介します。

カバンに入れてもかさばらず、軽量な商品や、キーボードとタッチパネルの両用タイプの商品などがあります。かな入力の再設定が必要なものもあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

iClever『折りたたみ式Bluetoothキーボード(IC-BK03)』

iClever『折りたたみ式Bluetoothキーボード(IC-BK03)』 iClever『折りたたみ式Bluetoothキーボード(IC-BK03)』 iClever『折りたたみ式Bluetoothキーボード(IC-BK03)』 iClever『折りたたみ式Bluetoothキーボード(IC-BK03)』 iClever『折りたたみ式Bluetoothキーボード(IC-BK03)』 iClever『折りたたみ式Bluetoothキーボード(IC-BK03)』 iClever『折りたたみ式Bluetoothキーボード(IC-BK03)』 iClever『折りたたみ式Bluetoothキーボード(IC-BK03)』 iClever『折りたたみ式Bluetoothキーボード(IC-BK03)』

出典:Amazon

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

折りたためばスマホサイズなコンパクトキーボード

いつでもどこでもパッと開いてキーボードを使用したいのであれば、本機がイチオシ。左右両側からたたみ込む機構になっており、パッと開けるだけで使用できます。本体には内蔵バッテリーが搭載されていて、4時間程度の充電するだけで90時間の連続使用が可能。1週間に1回程度充電すれば電池切れの心配はないでしょう。また、小型キーボードながらパンタグラフキーボードのため、早いタッチにもしっかり耐えてくれる良製品です。

Anker『Ultra-Slim Bluetooth Keyboard』

Anker『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』 Anker『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』 Anker『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』 Anker『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』 Anker『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』 Anker『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』 Anker『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』 Anker『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』

出典:Amazon

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

スマホからパソコンまで万能に使えるスリムタイプ

コンパクトで打ちやすいキーボードを探しているのであればこちらがおすすめ。まず、本体サイズが非常に小さく、カバンやバックに入れたときにかさばりません。Bluetoothキーボードの使用シーンとして、机が占有できない場所やカフェなどのスペースが多いですが、これなら小さな机でもサッと出して使用できます。キーボードはくぼみがあるタイプで、打った感じもしっかりしています。Bluetoothキーボードを使ったことがない方にもおすすめできる高コスパなキーボードです。

レノボジャパン『ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード』

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

ThinkPadの操作感をそのままデスクトップへ

レノボのBluetoothキーボードです。『ThinkPad』のキーボード部分だけをパーツとして売ったような特殊な見た目ですが、使用感は類を見ない商品です。特に「赤ポチ」と呼ばれる中心部分のボタンはマウス代わりになるため、文字入力がメインの人はマウスを操作する時間が減り、重宝するのではないでしょうか。

Ewin『MINI Bluetoothキーボード』

Ewin『MINIBluetoothキーボード』 Ewin『MINIBluetoothキーボード』 Ewin『MINIBluetoothキーボード』 Ewin『MINIBluetoothキーボード』 Ewin『MINIBluetoothキーボード』 Ewin『MINIBluetoothキーボード』 Ewin『MINIBluetoothキーボード』 Ewin『MINIBluetoothキーボード』 Ewin『MINIBluetoothキーボード』

出典:Amazon

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

ジーンズのポケットにも入るサイズの超コンパクトキ

パッと出して使えるキーボードの最終系は、ポケットに入れて使うキーボードではないでしょうか。本体サイズは15cmと小型ながらも、キーボードとタッチパネルの両方が使用できます。キーボードの文字配列に関しては、小型なため少し特殊。しかもキー自体が小さいため、親指などで確認して押して使う製品です。しかし、そうした不便さを考慮したとしてもかなり小さいキーボードです。

METIS 『Bluetooth メカニカルキーボード』

METIS『Bluetoothメカニカルキーボード』 METIS『Bluetoothメカニカルキーボード』 METIS『Bluetoothメカニカルキーボード』 METIS『Bluetoothメカニカルキーボード』 METIS『Bluetoothメカニカルキーボード』 METIS『Bluetoothメカニカルキーボード』 METIS『Bluetoothメカニカルキーボード』 METIS『Bluetoothメカニカルキーボード』 METIS『Bluetoothメカニカルキーボード』

出典:Amazon

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

古いMacライクな大型キーの中華キーボード

61キーボードから104キーボードまで選べる中華製キーボードです。見た目のシャープさは、まるで古いiMacに内蔵されていたキーボードのようです。Bluetoothキーボードにしては、打鍵がはっきりしています。本機を使って配線だらけになっているデスクを整理すると、机の印象が大きく変わりますよ。本機を含め『かなキー』がない配列になるため、再設定の仕方などについては検索して調べておくことが必要ですので、注意しておいてください。

「中華製Bluetoothキーボード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
iClever『折りたたみ式Bluetoothキーボード(IC-BK03)』
Anker『Ultra-Slim Bluetooth Keyboard』
レノボジャパン『ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード』
Ewin『MINI Bluetoothキーボード』
METIS 『Bluetooth メカニカルキーボード』
商品名 iClever『折りたたみ式Bluetoothキーボード(IC-BK03)』 Anker『Ultra-Slim Bluetooth Keyboard』 レノボジャパン『ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード』 Ewin『MINI Bluetoothキーボード』 METIS 『Bluetooth メカニカルキーボード』
商品情報
特徴 折りたためばスマホサイズなコンパクトキーボード スマホからパソコンまで万能に使えるスリムタイプ ThinkPadの操作感をそのままデスクトップへ ジーンズのポケットにも入るサイズの超コンパクトキ 古いMacライクな大型キーの中華キーボード
重量 181 g 190g 0.46Kg 90g 599g
本体サイズ 251.7×89.6×6.6mm(開いた状態) 284×122×18.5mm 13.5×164×305.5mm 18x8x3mm 292x102x39mm
電池 バッテリー バッテリー リチウムイオン 電池 リチウムポリマー電池 1 リチウムイオン 電池
キー数 68 79 89 72 61/87/104
ブラック・シルバー ブラック・ホワイト ブラック
その他機能 折りたたみ式 NFCペアリングが可能 タッチバット搭載
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月20日時点 での税込価格

そのほかの関連記事はこちら 【関連記事】

【最後に】エキスパートのアドバイス

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー

スマホやPCライフが大きく変わる!

持ち運びできるキーボードや、ケーブルレスなBluetoothキーボードは、一度使用すると劇的に入力の仕方が変化するでしょう。タブレットやスマホにてバーチャルキーボードを使っていた人やフリック入力をメインにしていた人は、高速に打てる感覚や反応のあるキータッチにやみつきになるのではないでしょうか。ぜひ、みなさんも快適なキーボードライフをお楽しみください!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

朝食はプロテイン、身体を動かすことが好きな40代。テニス、フットサル、ジョギング、近年は空手を少々。kindleでの読書を日課にしているほか、Apple製品、カメラやレンズ系、ガジェット商品にも飛びつきがち。

関連する記事


ワイヤレスキーボードおすすめ8選|人気のロジクール製ほかゲーミングモデルも

ワイヤレスキーボードおすすめ8選|人気のロジクール製ほかゲーミングモデルも

ワイヤレスキーボードの一番の魅力は、やはり配線がないこと。ここでは、プロの家電販売員・たろっささんと編集部が厳選したワイヤレスキーボードのおすすめと選び方をご紹介します。ワイヤレスキーボードが反応しなくなったときのチェックポイントも解説しています。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon キーボード , パソコン周辺機器 , パソコン

キーボードのおすすめ人気30選|テンキー付きやワイヤレスも紹介

キーボードのおすすめ人気30選|テンキー付きやワイヤレスも紹介

高機能、高品質の使いやすいと人気の定番のキーボードからこれからの主流になりそうな新製品やテンキー付きまで、ITライターの戸津弘貴さんに選び方のポイントからおすすめ商品まで教えてもらいました。人気のロジクールのキーボードも多数紹介!さらに、編集部チョイスのコスパ重視のキーボードもあわせてご紹介します。

tag icon キーボード , パソコン周辺機器 , パソコン

パンタグラフキーボードおすすめ18選|快適な打ち心地のための選び方も紹介

パンタグラフキーボードおすすめ18選|快適な打ち心地のための選び方も紹介

本記事では、パンタグラフキーボードの特徴やほかのキースイッチとの違いや選び方のポイント、そして、おすすめ商品をご紹介。初心者の方にもわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon キーボード , 自作パソコンパーツ , パソコン周辺機器

キーボードおすすめ23選|Windows用ほかMacとの両対応モデルも

キーボードおすすめ23選|Windows用ほかMacとの両対応モデルも

快適なキータッチで軽快にタイピングができると、パソコン作業の効率にも影響します。本記事ではキーボードとマウスのセットや、Macでも使えるキーボードも合わせて紹介しますので、参考にしてみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon キーボード , パソコン周辺機器 , パソコン

Bluetoothキーボードおすすめ23選|【充電・電池式】静音・携帯性・打鍵感で厳選

Bluetoothキーボードおすすめ23選|【充電・電池式】静音・携帯性・打鍵感で厳選

ケーブルがないため、かさばることなくデスクをスッキリさせることができるBluetoothキーボード。持ち運びにも便利です。ここでは、家電コンシェルジュでガジェットレビュアーの東雲八雲さんと編集部が厳選したBluetoothキーボードのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon iPad , タブレット , キーボード

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。