オーディオ&ビジュアルライターが教える! おすすめの小型ブックシェルフスピーカー7選

オーディオ&ビジュアルライターが教える! おすすめの小型ブックシェルフスピーカー7選

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

さまざまな機器を組み合わせて自分だけの高音質システムを追求するHi-Fiオーディオ。音の出口となるスピーカーは、システム全体で最も音色に影響する機器といえます。初めてHi-Fiオーディオシステムを組もうと考えている方は、まず小型ブックシェルフスピーカーから始めてみてはいかがでしょうか。小型ブックシェルフスピーカーは、日本の一般家庭のようなあまり広くないお部屋にも適しています。しかし、さまざまなメーカーによるこだわりの製品が数多く販売されているので、どんなものを買えばいいのか迷ってしまいますね。そこで本記事では、オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんに聞いた、小型ブックシェルフスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


小型ブックシェルフスピーカーの選び方! オーディオ&ビジュアルライターに聞きました

オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんに、小型ブックシェルフスピーカーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。下記のポイントを参考に、自分にあった小型ブックシェルフスピーカーを探してみましょう。

小型ブックシェルフスピーカー
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

周波数特性で選ぶ

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

お気に入りの音楽を高音質で聴くために注目したいポイントの1つが、スピーカーの定格スペックのなかの「周波数特性」。これは、音の傾向をある程度知ることができるスペックで、再生できる低音から高音の音域幅を表わすものです。数値の幅が大きいほど、定格上すぐれています。

また、高域側のスペックが40kHz(キロヘルツ)以上までカバーするものは、ハイレゾ音源を再現するための基準を満たしているため、ハイレゾ対応などと呼ばれることもあります。低域側の数字の小ささは、どれだけ低い低域を再生できるかを表します。低音の表現力の目安になるので、参考にしてみてください。

能率が大きく、かつインピーダンスがプリメインアンプと同じ数値のものを選ぶ

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

スピーカーの代表的なスペックの1つが能率です。決まったレベルの音に対してどれだけの強さの音を得られるかをdB (デシベル)という単位で表します。能率の数字が大きいほど、出力の小さなアンプでも大きな音を出すことができます。

スピーカー内部の回路を信号が流れるときの電気抵抗を表わすインピーダンスのスペックは、4/6/8Ωがありますので、組み合わせるプリメインアンプと同じ数値のものを選ぶのがおすすめです。

なお定格入力(許容入力)は、スピーカーで大きな音を鳴らした際に破損しない限界値を表します。例えば100Wを定格入力としているスピーカーがありますが、実際に100Wで音を鳴らすと耳をふさぐほどの大轟音(ごうおん)になるので、実シーンとしては現実的なスペックではありません。

ブランドごとの特徴ある音か、フラットな音か

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

スピーカー選びの際の基礎知識としてスペックを解説しましたが、これはあくまで参考程度の情報です。どれだけこまかな音を鳴らせるかを示すスペックは存在しませんし、周波数帯域の幅はわかっても、そのなかでどの音の高さが強く聴こえるかはわかりません。

スピーカーユニットの構成や素材による音の特徴も含め、トータルの作りこみこそがスピーカーの音色を左右しているともいえます。スピーカーはブランドや製品ごとに、理想とする音があって作られるもの。商品説明やレビューも参考にして、自分の求める音楽性にあったスピーカーを探しましょう。

たとえば、JBLなどの海外の老舗ブランドから出ているスピーカーは、ロックやジャズに向いている傾向にあります。また、音楽制作などを目的として厳密かつ正確な音の再現を最重視するなら、「モニタースピーカー」と呼ばれるものを探してみましょう。

JBL『STAGE A130』

こちらの商品には、プロ用のスピーカーと同じ技術が使用されています。プロが認める音をご家庭で楽しめる1台です。

>> Amazonで詳細を見る

サイズとデザインで選ぶことも忘れずに

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

スピーカーは、室内に設置して音楽を流すもの。そこで考慮してほしいのがサイズとデザインです。小型ブックシェフルスピーカーのサイズに決まりはありませんが、感覚的には幅25cm程度・高さ35cm程度までのものなら、部屋に置いても大きすぎないサイズといえるでしょう。

部屋に置いたスピーカーは目につくものなので、デザイン性もある程度は考えておくことをおすすめします。スピーカーを所有していること自体に満足感を得たいのであれば、自慢できるブランドのスピーカーを選ぶというのももちろんアリです。

オーディオ&ビジュアルライター厳選! おすすめの小型ブックシェルフスピーカー7選|JBL・YAMAHA・B&Wなど

上で紹介した小型ブックシェルフスピーカーの選び方のポイントをふまえて、オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。オーディオのエキスパートが厳選した商品から、お気にいりの小型ビックシェルフスピーカーを見つけてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JBL『STAGE A130』

出典:Amazon

サイズ
W190×H321×D230mm
再生周波数帯域
55Hz~40kHz
能率(出力音圧レベル)
86dB
インピーダンス
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

米国の名門JBLの入門ブックシェルフ

オーディオを語るうえで、必ずといっていいほど登場するブランドが、米国のJBL。音楽制作のプロフェッショナル用モニターがルーツで、映画館用のスピーカーも展開しています。お手ごろな価格で展開している『STAGE A130』も、JBLのプロ用モニタースピーカーのために開発されたホーン技術を高域ユニットに採用。デザイン面でも、プロ系モニターを彷彿(ほうふつ)とさせます。

サウンドは、とくにアコースティックなロックとの相性がいいものといえます。骨太で、中高域に華があるような明瞭(めいりょう)な音を聴かせてくれますので、ロックやジャズを聴く方におすすめしたいスピーカーです。JBLで音楽を聴くということが1つの趣味の完成形ともいえるかもしれません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA『NS-B330』

出典:Amazon

サイズ
W183×H320×D267mm
再生周波数帯域
55Hz~45kHz(-10dB)~100kHz(-30dB)
能率(出力音圧レベル)
87dB
インピーダンス
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

定番のナチュラルサウンド

日本を代表するスピーカーブランドの1つであるヤマハ。ヤマハは、もともと音楽制作スタジオで使われていたモニタースピーカーがルーツのブランドです。『NS-B330』は、Hi-Fiオーディオに向けた、音楽リスニング用のブックシェルフスピーカー。日本のブランドらしく、ハイレゾ対応のロゴも取得していて、再生周波数帯域が広いという特性があります。

ヤマハのサウンドは「ナチュラルサウンド」とも呼ばれる、心地よく、みずみずしい自然なサウンドが特徴。くせの少ないサウンドを求めている方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TEAC『S-300NEO-SP』

出典:Amazon

サイズ
W184×H240×D229mm
再生周波数帯域
55Hz~33kHz
能率(出力音圧レベル)
86dB
インピーダンス
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

まじめで正確なサウンド

ハイエンドオーディオの『ESOTERIC (エソテリック)』や、業務用放送機器の『TASCAM (タスカム)』を擁するTEACが、ハイレゾ対応として送り出した小型ブックシェフルスピーカー。最大の特徴は、音の出る位置が正確にそろうよう、高域用のツィーターと低域用のウーファーを同一軸上に配置する同軸型の構成です。

サウンドは、ハイレゾ音源を高域までのびやかに出す丁寧な鳴りとなっています。音空間内での定位感も見事。正確に音を鳴らすことが目的の方にイチオシのスピーカーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MONITOR AUDIO『BRONZE 1』

出典:Amazon

サイズ
W165×H260×D180mm
再生周波数帯域
55Hz~30kHz
能率(出力音圧レベル)
87dB
インピーダンス
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

英国流の歯切れのいいサウンド

自社で全てのスピーカーパーツを製造している、英国のスピーカーブランドMONITOR AUDIOによる入門向きのブックシェルフスピーカー。金属素材を用いた独自のC-CAM振動板を特徴としているモデルです。サウンドは、歯切れのいいダイナミックな高域から、ボリューム感たっぷりの低音を両立しており、メリハリがきいています。

壁に近づけても音のバランスが崩れない設計が行なわれているので、設置スペースに余裕がない方にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DALI『OBERON 1』

出典:Amazon

サイズ
W162×H274×D234mm
再生周波数帯域
51Hz~26kHz
能率(出力音圧レベル)
86dB
インピーダンス
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

デンマークの人気ブランド

デンマーク発の人気スピーカーブランド「DALI」の、大ヒットスピーカーシリーズがOBERON 1です。シンプルで上質な外見と、DALIの特徴的な技術である、木の繊維を配合した「ウッドファイバー・コーン・ウーファー」が採用されている点がポイント。

サウンドの特徴は、音をみずみずしくクリアに鳴らしてくれること。これは音楽性を感じることができる気持ちいい鳴りです。北欧ブランドらしいモダンなデザインも、DALIのスピーカーの魅力。音質だけでなく、デザインも重視する人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KEF『Q350 BOOKSHELF SPEAKER』

出典:Amazon

サイズ
W210×H358×D306mm
再生周波数帯域
63Hz~28kHz(±3dB)
能率(出力音圧レベル)
87dB
インピーダンス
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

英国の人気スピーカーブランド

日本でも人気の英国スピーカーブランドで、英国国営放送BBC向けの放送用モニタースピーカーを送りだした老舗(しにせ)ブランドであるKEF。高域用のツィーターと低域用のウーファーを同一軸上に配置した、独自の同軸ユニット「Uni-Qドライバー」を用いたスピーカー設計で知られています。

この記事で紹介する小型ブックシェフルスピーカーのなかでもっともサイズが大きいだけあって、中低域まで深みのあるサウンドが特徴。同軸スピーカーユニットらしく、すべての音がよどみなく正確に定位します。音を精緻(せいち)に聴きわけたい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Bowers & Wilkins(B&W)『スピーカー 607』

出典:Amazon

サイズ
W165×H300×D207mm
再生周波数帯域
40Hz~33kHz
能率(出力音圧レベル)
84dB
インピーダンス
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

オーディオファンの選ぶ定番ブランド

Bowers & Wilkins(B&W)は、世界的にも大手の英国のスピーカーブランド。音楽製作スタジオでも採用されています。Hi-Fiオーディオ好きの人のなかでは、必ずといっていいほど名前が挙がるブランドのひとつです。B&Wのスピーカーは、高域までのびやかに伝わる音のクリアで美しい再現性と、スピーカーの存在が消えて音楽に包みこまれるような空間表現力が特徴。それゆえに、高級モデルから『607』のような入門モデルまで一貫して評価されています。

これはHi-Fiオーディオとしてのひとつの方向性をきわめたスピーカーとも呼べるでしょう。音の空間への広がりを求めている方におすすめしたいスピーカーです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

JBL『STAGE A130』
YAMAHA『NS-B330』
TEAC『S-300NEO-SP』
MONITOR AUDIO『BRONZE 1』
DALI『OBERON 1』
KEF『Q350 BOOKSHELF SPEAKER』
Bowers & Wilkins(B&W)『スピーカー 607』

商品

JBL『STAGE A130』 YAMAHA『NS-B330』 TEAC『S-300NEO-SP』 MONITOR AUDIO『BRONZE 1』 DALI『OBERON 1』 KEF『Q350 BOOKSHELF SPEAKER』 Bowers & Wilkins(B&W)『スピーカー 607』

特徴

米国の名門JBLの入門ブックシェルフ 定番のナチュラルサウンド まじめで正確なサウンド 英国流の歯切れのいいサウンド デンマークの人気ブランド 英国の人気スピーカーブランド オーディオファンの選ぶ定番ブランド

価格

Amazon : ¥ 19,418
楽天市場 : ¥ 20,770
Yahoo!ショッピング : ¥ 20,770
※各社通販サイトの 2019年6月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 31,980
楽天市場 : ¥ 42,850
Yahoo!ショッピング : ¥ 32,184
※各社通販サイトの 2019年6月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 35,000
楽天市場 : ¥ 35,348
Yahoo!ショッピング : ¥ 35,348
※各社通販サイトの 2019年6月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 77,381
楽天市場 : ¥ 39,060
Yahoo!ショッピング : ¥ 84,473
※各社通販サイトの 2019年6月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 45,985
楽天市場 : ¥ 45,986
Yahoo!ショッピング : ¥ 46,000
※各社通販サイトの 2019年6月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 73,400
楽天市場 : ¥ 76,225
Yahoo!ショッピング : ¥ 63,780
※各社通販サイトの 2019年6月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 97,200
楽天市場 : ¥ 107,892
Yahoo!ショッピング : ¥ 104,754
※各社通販サイトの 2019年6月9日時点 での税込価格

サイズ

W190×H321×D230mm W183×H320×D267mm W184×H240×D229mm W165×H260×D180mm W162×H274×D234mm W210×H358×D306mm W165×H300×D207mm

再生周波数帯域

55Hz~40kHz 55Hz~45kHz(-10dB)~100kHz(-30dB) 55Hz~33kHz 55Hz~30kHz 51Hz~26kHz 63Hz~28kHz(±3dB) 40Hz~33kHz

能率(出力音圧レベル)

86dB 87dB 86dB 87dB 86dB 87dB 84dB

インピーダンス

商品情報

スピーカー選びは試聴から! オーディオ&ビジュアルライターからのアドバイス

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

小型ブックシェルフスピーカーの選び方をガイドしましたが、記事のなかでも説明したとおり、スピーカーをスペックだけで選ぶのはおすすめできません。スピーカーが備えている音色は、それぞれ個性があります。記事のなかでは、私が自ら各スピーカーを試聴した経験をもとにサウンドの特徴を説明していますが、求めるサウンドの特性は好みが分かれるところでしょう。

最近は、メーカーのショールームやオーディオ専門店に行かなくても、家電量販店の大型店舗に試聴コーナーが設けられるケースも増えています。本格的に趣味としてスピーカーを選びたい方は、自分の耳で聴いて、好みにあうスピーカーを探すことを強く推奨します。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

 

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【壁掛けスピーカー】選び方&おすすめ6選|ガジェットライターが解説

【壁掛けスピーカー】選び方&おすすめ6選|ガジェットライターが解説

ガジェットライターが選ぶ壁掛けスピーカー5選をご紹介します。スマホで音楽や動画を再生したり、テレビで映画を観たりゲームをしたり。そんなスマホやテレビにももちろんスピーカーは付いていますが、音質のよい音楽を聴きたいのであれば、壁掛けスピーカーがおすすめです。そこで、ガジェット・家電ライターの渡辺まりかさんにお話をうかがい、音質やコスパの観点でおすすめの壁掛けスピーカーについて教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【徹底検証】アップル AirPods Pro【ソニー WF-1000XM3との比較も】

【徹底検証】アップル AirPods Pro【ソニー WF-1000XM3との比較も】

アップル「AirPods Pro」とソニー「WF-1000XM3」を、iPhone関連プロダクトに詳しいITライター中筋義人さんに、実機を使って性能や使い勝手まで比較してもらいました。このジャンルは、2019年7月に発売された「WF-1000XM3」が販売開始後しばらくは売り切れが続く人気でしたが、それに対抗するような「AirPods Pro」をアップルが投入してきてきました。さぁ軍配はどちらに上がるのか? 外観やケース出し入れの比較動画もあります。ぜひ参考にしてください。


【CDラジカセ】の選び方&おすすめ商品7選|ガジェットライターが解説!

【CDラジカセ】の選び方&おすすめ商品7選|ガジェットライターが解説!

ガジェットライターが選ぶCDラジカセ7選をご紹介します。音楽CDやカセットを聞くことができるCDラジカセ。使い勝手のよさから、いまだに現役で使っている人も多いのではないでしょうか。しかし、昔にくらべて主要メーカーから新モデルも売らなくなり、おすすめのCDラジカセといってもこのモデル! というのを思いつける人も少ないのでは。そこで、ガジェットライターの渡辺まりかさんにお話をうかがい、選び方やいまだからこそおすすめできるCDラジカセを教えていただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【家電ライターが教える】使い勝手がいい拡声器のおすすめ7選!

【家電ライターが教える】使い勝手がいい拡声器のおすすめ7選!

この記事では、家電ライターの渡辺まりかさんに拡声器の選び方や商品選びのコツを伺いました。また、おすすめ商品も紹介していただきました。発した声を大きな声に拡大する拡声器ですが、家電量販店ではあまり取り扱いがなく、スポーツ用品店などで時々売っている商品しか購入できないというジレンマがありました。しかし、実は見かけないだけでメーカーではいろいろと生産しているんです! ぜひプロの意見を参考にして、用途に合った拡声器をみつけてみてください。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代になるとホルモンバランスの乱れなどから肌の変化を感じやすくなりますが、流行のファッションやメイクを取り入れ、若々しさを維持したいという願望を持つ方も多いですよね。ファンデーションだけでカバーするのではなく、ツヤ感のある化粧下地を上手に取り入れて素肌が輝いていきき見えるベース作りを目指しましょう。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティストの渡辺みゆきさんへの取材をもとに、40代用化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。