コーヒープレスおすすめ10選【人気のボダム・ハリオも】使い方やメリットも紹介!

コーヒープレスおすすめ10選【人気のボダム・ハリオも】使い方やメリットも紹介!
猿田彦珈琲 インテリジェンスマネージャー
村澤 智之

大学生時代にコーヒーの面白さに目覚め、趣味が高じてブログを開設。 スペシャルティコーヒーの美味しさと面白さ、携わる人たちの情熱に感化され、2011年よりコーヒー業界入り。 2012年に雑誌:BRUTUSに掲載。2015年5月より猿田彦珈琲(株)入社、同6月、監修の「珈琲語辞典(誠文堂新光社)」刊行。自社のコーヒーの焙煎、社内のインテリジェンストレーニングに携わる。

猿田彦珈琲のインテリジェンスマネージャーである村澤智之さんへの取材をもとに、おいしいコーヒーが淹れられるコーヒープレスの選び方とおすすめの商品を厳選! かんたんにおいしいコーヒーを抽出できる、「コーヒープレス(フレンチプレス)」。ポットはガラス製やステンレス製のものがあり、フィルターの素材も金属や樹脂などさまざまです。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングや、コーヒープレスの上手な使い方や注意点もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


コーヒープレスのメリットとは? コーヒーのプロに聞いた

猿田彦珈琲 インテリジェンスマネージャー

コーヒープレス(フレンチプレス)は、日本では紅茶用の道具として認識する人が多いようですが、実はコーヒー用の道具としてフランスで生まれたものです。フィルターのついた棒(プランジャー)を押し下げる仕組みから、英語圏の国では単に「プランジャー」と呼ばれることもあります。

コーヒープレスのメリットは、コーヒーを淹れる技術がほとんど必要ないことがあげられます。適量の挽いたコーヒー(中挽き~粗挽き)に沸騰直後のお湯を注いで、プランジャーつきのフタをして、4分経ったらプランジャーを押し下げて注げば、おいしいコーヒーが飲めてしまうのです。

コーヒープレスの選び方 抽出量や素材、デザインをチェック!

コーヒープレスで抽出
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

コーヒーを淹れる時に見かけるコーヒープレス。こだわりコーヒーへの第一歩ですね。

猿田彦珈琲のインテリジェンスマネージャーである村澤智之さんに、コーヒープレスを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

自分に合ったコーヒープレスを買いたい方はもちろん、買おうかどうか迷っている方もぜひチェックしてみてくださいね。

▼今すぐコーヒープレスのおすすめが知りたい方はこちら

一度に抽出したい量(杯数)で選ぶ

350mlのコーヒープレスならカップ2杯分のコーヒーが淹れられるので、1~2人用に適しています。

猿田彦珈琲 インテリジェンスマネージャー

コーヒープレスと、ドリップコーヒー式の大きな違いは、コーヒーとお湯の全量を一度に使うことです。コーヒープレスでたくさん抽出したい場合は、大きなサイズのコーヒープレスを使う必要があります。

おもなサイズと必要な粉の量・お湯の量は、わたしの経験から導き出した以下の数値を参考にしてみてください。

12oz(350ml前後):カップ2杯・コーヒー15g・お湯300ml
18oz(500ml前後):カップ4杯・コーヒー25g・お湯500ml
34oz(1,000ml前後):カップ8杯・コーヒー40g・お湯800ml

ガラス以外にステンレスも! ポットの素材から選ぶ

見た目の美しさだけではなく、機能性も充実。本体ステンレスは二重構造になっていて保温効果が高くなっています。

猿田彦珈琲 インテリジェンスマネージャー

基本的にコーヒープレスのビーカー部分(ポット)は、ガラス(耐熱ガラス)製ですが、メーカーによってはステンレスを採用しているところもあります。ガラス製のポットは不注意で割ってしまうことがあるので、スペアパーツが手に入りやすいメーカーのものがよいでしょう。

また、ステンレス製のポットはガラス製のタイプに比べて値段が高いことがほとんどですが、割れにくいのがメリットです。一方で、ステンレス製のタイプはガラスに比べると、ややコーヒーの汚れを落としにくいものの、酸素系漂白剤を使えば解決できます。

耐久性が高い金属メッシュ! フィルターの素材で選ぶ

耐久性にすぐれた金属メッシュのフィルターは、しっかり洗っていつもきれいにしておくことが大切です。

猿田彦珈琲 インテリジェンスマネージャー

コーヒープレスのフィルターは、ドリップ式で使う紙のフィルターと違って、金属や樹脂のメッシュでできています。このメッシュフィルターによって、コーヒーに含まれている油分をそのままカップに抽出することができ、コーヒープレスを使うことのいちばんの魅力といえる、フレーバーが豊かなコーヒーを楽しめます。

耐久性の面からのおすすめは、金属メッシュタイプです。ただし、使用後はこのフィルターについたコーヒー由来の油分をしっかり洗い流さないと、酸化したニオイがついてしまうので、付着したコーヒーの粉や油分は浸けおき洗いなどしてきれいに管理しましょう。

空間の雰囲気や好みのデザインから選ぶ

猿田彦珈琲 インテリジェンスマネージャー

おおよその構造は、どんなコーヒープレスでも同じになってしまいます。しかしながら、ポットを光沢のある金属でカバーしているモダンなものや、ミニマルな印象のプラスチックで作られたシンプルなもの、さまざまなカラーのプラスチックで作られたポップなもの、木などの自然の素材で作られたナチュラルな印象のものなど、デザインは多彩です。

そのため、好みやキッチン・お部屋の雰囲気に合わせて選んでみてください。

コーヒープレスおすすめ10選! 人気のボダムやハリオも紹介

ここからは、猿田彦珈琲のインテリジェンスマネージャーである村澤智之さんと編集部が厳選した、おすすめのコーヒープレスを紹介します!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

bodum(ボダム)『BRAZIL(10948-294J)』

bodum(ボダム)『BRAZIL(10948-294J)』 bodum(ボダム)『BRAZIL(10948-294J)』 bodum(ボダム)『BRAZIL(10948-294J)』 bodum(ボダム)『BRAZIL(10948-294J)』 bodum(ボダム)『BRAZIL(10948-294J)』 bodum(ボダム)『BRAZIL(10948-294J)』

出典:Amazon

容量 350ml
サイズ 幅11.5×高さ16.1×奥行8cm
ポットの素材 耐熱ガラス
フィルターの素材 ステンレススチール

Thumb lg 5d646e6e d497 4c87 956a b1e67a46baf6

猿田彦珈琲 インテリジェンスマネージャー

シンプルで名高いコーヒープレスといえば、ボダム

コーヒープレスを作っているメーカーで世界的に有名な、デンマーク・コペンハーゲンで創業したボダム社のコーヒープレス。ボダムはコーヒープレスを北欧に広め、ついには北欧圏でコーヒープレスの呼称がそのまま「ボダム」になってしまったほどです。

この「BRAZIL」はボダム製品のコーヒープレスのなかでもっともコストパフォーマンスが高く、シンプルで飽きのこないデザインが魅力です。カラーは定番の黒に加え、赤・白などポップな色もあり、サイズ展開も350mlと1,000mlがあります。

シンプルなデザインが好きな人、はじめてコーヒープレスを使ってみたい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RIVERS(リバーズ)『COFFEE PRESS CORE(コーヒープレス コア)』

RIVERS(リバーズ)『COFFEEPRESSCORE(コーヒープレスコア)』 RIVERS(リバーズ)『COFFEEPRESSCORE(コーヒープレスコア)』

出典:Amazon

容量 350ml
サイズ 約 幅11×高さ15.5×奥行7.6cm
ポットの素材 耐熱ガラス
フィルターの素材 ステンレス

Thumb lg 5d646e6e d497 4c87 956a b1e67a46baf6

猿田彦珈琲 インテリジェンスマネージャー

後発メーカーならではの気のきいた使い心地

ドリンクウェアにフォーカスした製品を作る日本のメーカー、リバーズが作るコーヒープレスです。使いやすいスクープやお湯の量の目安になるメモリの入ったビーカー、プランジャーの取っ手がフタから飛び出ず平面になっています。

立てておける構造など、古くからあるコーヒープレスの「こうだったら使いやすくなるのに」という、かゆいところに手が届く仕様が魅力です。サイズは350mlのみ。スペアパーツは直営のオンラインストアで購入できます。使い心地にこだわる人には、こちらがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

bodum(ボダム)『BODUM COLUMBIA(1308-16)』

bodum(ボダム)『BODUMCOLUMBIA(1308-16)』 bodum(ボダム)『BODUMCOLUMBIA(1308-16)』 bodum(ボダム)『BODUMCOLUMBIA(1308-16)』 bodum(ボダム)『BODUMCOLUMBIA(1308-16)』 bodum(ボダム)『BODUMCOLUMBIA(1308-16)』 bodum(ボダム)『BODUMCOLUMBIA(1308-16)』 bodum(ボダム)『BODUMCOLUMBIA(1308-16)』 bodum(ボダム)『BODUMCOLUMBIA(1308-16)』 bodum(ボダム)『BODUMCOLUMBIA(1308-16)』 bodum(ボダム)『BODUMCOLUMBIA(1308-16)』

出典:Amazon

容量 1,000ml
サイズ 幅18.5×高さ21×奥行13.5cm
ポットの素材 二重ステンレス
フィルターの素材 ステンレス

Thumb lg 5d646e6e d497 4c87 956a b1e67a46baf6

猿田彦珈琲 インテリジェンスマネージャー

二重ステンレス製で割れにくく、保温効果もグッド

世にあるほとんどのコーヒープレスがガラス製のビーカーを採用しているなかで、めずらしくステンレスでできたコーヒープレスです。ダブルウォール構造なので、寒い日でも抽出中にお湯の温度が下がってしまう心配もありません。フィルターが同社のガラス製のものとは違い一体構造になっていますが、金属フィルターそのものは同じなので、コーヒーの味は変わりません。

定価が少し高いものの、割れて買い替えることを考えると、長く使える分結局はお得に感じられると思います。サイズ展開は350ml、500ml、1,000ml。同じもの、気に入ったものを長く使いたい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RIVERS(リバーズ)『COFFEE PRESS HOOP720(コーヒープレス フープ720)』

RIVERSリバーズコーヒープレスフープ【ライトブルー】720ml

出典:楽天市場

容量 720ml
サイズ 約 幅14.7×高さ16.8×奥行9.3cm
ポットの素材 耐熱ガラス
フィルターの素材 ステンレス

Thumb lg 5d646e6e d497 4c87 956a b1e67a46baf6

猿田彦珈琲 インテリジェンスマネージャー

微粉フィルターつきで、なめらかな味わいが楽しめる

こちらの商品は720mlサイズなので、およそカップ4杯分のコーヒーが作れます。ビーカーをワンタッチで外せる構造、微粉をカットする注ぎ口のフィルターはHOOP独自の使いやすい特徴です。スペアパーツは公式オンラインショップで購入可能。フィルターをシンプルな構造にした「HOOP MONO」もあります。

家族でコーヒーを楽しむ人、コーヒープレスで淹れたコーヒーの微粉が気になる人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HARIO(ハリオ)『ハリオールトレビ(THT-4MSV)』

HARIO(ハリオ)『ハリオールトレビ(THT-4MSV)』 HARIO(ハリオ)『ハリオールトレビ(THT-4MSV)』 HARIO(ハリオ)『ハリオールトレビ(THT-4MSV)』 HARIO(ハリオ)『ハリオールトレビ(THT-4MSV)』 HARIO(ハリオ)『ハリオールトレビ(THT-4MSV)』 HARIO(ハリオ)『ハリオールトレビ(THT-4MSV)』 HARIO(ハリオ)『ハリオールトレビ(THT-4MSV)』

出典:Amazon

容量 600ml
サイズ 幅13.5×高さ18.3×奥行9.2cm
ポットの素材 耐熱ガラス
フィルターの素材 ステンレス

Thumb lg 5d646e6e d497 4c87 956a b1e67a46baf6

猿田彦珈琲 インテリジェンスマネージャー

信頼のメイドインジャパン、老舗のコーヒープレス

円錐(えんすい)ドリッパーが世界的にも有名になった、ハリオのコーヒープレスです。創業1921年の老舗耐熱ガラスメーカーでもあるハリオのガラス加工技術のレベルは非常に高く、まさに信頼のメイドインジャパン。ガラスの質感と金属、ウッドが組み合わされたデザインは、現代のキッチンによく似合います。

ほかのメーカーに比べるとフィルターがこまかく、やや味がシャープになる傾向がありますが、それが好みの味ならハリオのコーヒープレスを選ぶといいでしょう。2杯用と4杯用のサイズ展開があります。メイドインジャパンにこだわる人、ハリオ製品でコーヒー器具を統一したい人は選択肢に入るでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

bodum(ボダム)『TRAVEL PRESS SET(K11067-01)』

bodum(ボダム)『TRAVELPRESSSET(K11067-01)』 bodum(ボダム)『TRAVELPRESSSET(K11067-01)』 bodum(ボダム)『TRAVELPRESSSET(K11067-01)』 bodum(ボダム)『TRAVELPRESSSET(K11067-01)』 bodum(ボダム)『TRAVELPRESSSET(K11067-01)』

出典:Amazon

容量 350ml
サイズ 幅8×高さ9×奥行18.5cm
ポットの素材 二重ステンレス
フィルターの素材 ステンレス

Thumb lg 5d646e6e d497 4c87 956a b1e67a46baf6

猿田彦珈琲 インテリジェンスマネージャー

タンブラータイプで持ち運びできる!

コーヒープレスでコーヒーを作ったら、そのまま外に持ち出せてしまう、というのがこのトラベルプレス。ただしあまり長い時間コーヒーを浸けてしまっていると、味が出すぎてしまうので、ほどほどの時間で飲んでしまったほうがよいでしょう。

ステンレスダブルウォールで保温力が高く、付属のリッド(フタ)に替えてタンブラーとして利用してもじゅうぶん使えます。滑り止めのラバーバンドとリッドでカラー展開があるので、好みで選んでください。サイズは350mlのみの展開です。自宅でも、外出先でもコーヒーを楽しみたい人におすすめです。

AEROBIE(エアロビー)『エアロプレス コーヒーメーカー』

AEROBIE(エアロビー)『エアロプレスコーヒーメーカー』 AEROBIE(エアロビー)『エアロプレスコーヒーメーカー』 AEROBIE(エアロビー)『エアロプレスコーヒーメーカー』 AEROBIE(エアロビー)『エアロプレスコーヒーメーカー』 AEROBIE(エアロビー)『エアロプレスコーヒーメーカー』 AEROBIE(エアロビー)『エアロプレスコーヒーメーカー』 AEROBIE(エアロビー)『エアロプレスコーヒーメーカー』 AEROBIE(エアロビー)『エアロプレスコーヒーメーカー』 AEROBIE(エアロビー)『エアロプレスコーヒーメーカー』 AEROBIE(エアロビー)『エアロプレスコーヒーメーカー』 AEROBIE(エアロビー)『エアロプレスコーヒーメーカー』 AEROBIE(エアロビー)『エアロプレスコーヒーメーカー』

出典:Amazon

容量 -
サイズ 幅10.8×高さ29.1×奥行12.3cm
ポットの素材 ポリプロピレン
フィルターの素材 ポリプロピレン

約1分の簡単プレス! 風味豊かな本格コーヒー

「エアロプレスコーヒーメーカー」とは、コーヒー抽出器具の中でも特に、空気の力を利用した製品です。コーヒーの粉にお湯を注いでプレスすること約1分、簡単に出来上がります。コーヒーの量や挽く目の荒さ、そしてお湯の量等、お好みでテイストをカスタマイズすることができます。

使用後は、フィルターに溜まったコーヒーの粉を捨てて洗うだけというラクラクお手入れ。食洗機(耐熱温度は80℃まで)にも対応しています。

パール金属『コーヒー プレス 350ml フレンチプレス ブレイクタイム』

パール金属『コーヒープレス350mlフレンチプレスブレイクタイム』 パール金属『コーヒープレス350mlフレンチプレスブレイクタイム』 パール金属『コーヒープレス350mlフレンチプレスブレイクタイム』 パール金属『コーヒープレス350mlフレンチプレスブレイクタイム』 パール金属『コーヒープレス350mlフレンチプレスブレイクタイム』 パール金属『コーヒープレス350mlフレンチプレスブレイクタイム』

出典:Amazon

容量 350ml
サイズ 幅9×高さ17.5×奥行12cm
ポットの素材 耐熱ガラス
フィルターの素材 ステンレス

本格コーヒーならペーパーレスのフレンチプレス!

風味豊かな本格コーヒーを楽しみたい人に愛されているひと品。コーヒー豆が熱湯に触れている時間が長くなるように設計されており、効率的にコーヒーの旨味を抽出します。一度に二杯分まで作れるので、ひとりで手軽に淹れてコーヒーを楽しみたい人、カップルや夫婦、友人などで楽しみたい人には使いやすいサイズ感です。

さらにペーパーフィルターの場合はコーヒーオイルが吸収されてしまいますが、その吸収を防いでくれる金属製メッシュフィルターを使用。ペーパー抽出では味わえない豆の旨味と香りを感じることができます。

ESPRO(エスプロ) 『ウルトラライト トラベルプレス』

ESPRO(エスプロ)『ウルトラライトトラベルプレス』 ESPRO(エスプロ)『ウルトラライトトラベルプレス』 ESPRO(エスプロ)『ウルトラライトトラベルプレス』 ESPRO(エスプロ)『ウルトラライトトラベルプレス』 ESPRO(エスプロ)『ウルトラライトトラベルプレス』 ESPRO(エスプロ)『ウルトラライトトラベルプレス』 ESPRO(エスプロ)『ウルトラライトトラベルプレス』

出典:Amazon

容量 473ml
サイズ 幅7.5×高さ23.5×奥行7.5cm
ポットの素材 ステンレス
フィルターの素材 ステンレス

本格コーヒー持ち歩き! ポータブルコーヒープレス

超微細ステンレスメッシュを使用した2つのフィルターを搭載したコーヒープレスでありながら、マグボトルという一品。コーヒーオイルをしっかり含んだ風味豊かなコーヒーを楽しむことができます。コーヒー粉とお湯を入れて4分でコーヒー抽出は完了。抽出後は別の容器に移し替えたりすることなく、そのまま飲めるので非常に便利です。

保温・保冷機能を兼ね備えているので、朝コーヒーを抽出したらそのまま持ち歩けます。外出していながら本格コーヒーを楽しむことが出来る非常に便利なアイテムです。

パール金属『ブレイクタイム ティープレス』

パール金属『ブレイクタイムティープレス』 パール金属『ブレイクタイムティープレス』 パール金属『ブレイクタイムティープレス』 パール金属『ブレイクタイムティープレス』 パール金属『ブレイクタイムティープレス』

出典:Amazon

容量 350ml
サイズ 幅12.5×高さ17×奥行8cm
ポットの素材 耐熱ガラス
フィルターの素材 ステンレス

紅茶にもコーヒーにも! シンプルなティープレス

クラシックな見た目が、カフェにいるような優雅な気分に誘ってくれるティープレス。ガラス製の大きめなポットには350mlのお湯がたっぷりと入ります。目盛りつきなので、入れたお湯の量が一目瞭然なのも使いやすいポイント。

容器は耐熱120℃。淹れる茶葉やコーヒー粉が熱湯に触れる時間が長くなるように設計されており、茶葉やコーヒー粉本来の香りと風味を存分に楽しむことができます。

「コーヒープレス」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
bodum(ボダム)『BRAZIL(10948-294J)』
RIVERS(リバーズ)『COFFEE PRESS CORE(コーヒープレス コア)』
bodum(ボダム)『BODUM COLUMBIA(1308-16)』
RIVERS(リバーズ)『COFFEE PRESS HOOP720(コーヒープレス フープ720)』
HARIO(ハリオ)『ハリオールトレビ(THT-4MSV)』
bodum(ボダム)『TRAVEL PRESS SET(K11067-01)』
AEROBIE(エアロビー)『エアロプレス コーヒーメーカー』
パール金属『コーヒー プレス 350ml フレンチプレス ブレイクタイム』
ESPRO(エスプロ) 『ウルトラライト トラベルプレス』
パール金属『ブレイクタイム ティープレス』
商品名 bodum(ボダム)『BRAZIL(10948-294J)』 RIVERS(リバーズ)『COFFEE PRESS CORE(コーヒープレス コア)』 bodum(ボダム)『BODUM COLUMBIA(1308-16)』 RIVERS(リバーズ)『COFFEE PRESS HOOP720(コーヒープレス フープ720)』 HARIO(ハリオ)『ハリオールトレビ(THT-4MSV)』 bodum(ボダム)『TRAVEL PRESS SET(K11067-01)』 AEROBIE(エアロビー)『エアロプレス コーヒーメーカー』 パール金属『コーヒー プレス 350ml フレンチプレス ブレイクタイム』 ESPRO(エスプロ) 『ウルトラライト トラベルプレス』 パール金属『ブレイクタイム ティープレス』
商品情報
特徴 シンプルで名高いコーヒープレスといえば、ボダム 後発メーカーならではの気のきいた使い心地 二重ステンレス製で割れにくく、保温効果もグッド 微粉フィルターつきで、なめらかな味わいが楽しめる 信頼のメイドインジャパン、老舗のコーヒープレス タンブラータイプで持ち運びできる! 約1分の簡単プレス! 風味豊かな本格コーヒー 本格コーヒーならペーパーレスのフレンチプレス! 本格コーヒー持ち歩き! ポータブルコーヒープレス 紅茶にもコーヒーにも! シンプルなティープレス
容量 350ml 350ml 1,000ml 720ml 600ml 350ml - 350ml 473ml 350ml
サイズ 幅11.5×高さ16.1×奥行8cm 約 幅11×高さ15.5×奥行7.6cm 幅18.5×高さ21×奥行13.5cm 約 幅14.7×高さ16.8×奥行9.3cm 幅13.5×高さ18.3×奥行9.2cm 幅8×高さ9×奥行18.5cm 幅10.8×高さ29.1×奥行12.3cm 幅9×高さ17.5×奥行12cm 幅7.5×高さ23.5×奥行7.5cm 幅12.5×高さ17×奥行8cm
ポットの素材 耐熱ガラス 耐熱ガラス 二重ステンレス 耐熱ガラス 耐熱ガラス 二重ステンレス ポリプロピレン 耐熱ガラス ステンレス 耐熱ガラス
フィルターの素材 ステンレススチール ステンレス ステンレス ステンレス ステンレス ステンレス ポリプロピレン ステンレス ステンレス ステンレス
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする コーヒープレスの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのコーヒープレスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:コーヒープレスランキング
楽天市場:コーヒープレスランキング
Yahoo!ショッピング:コーヒープレスランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

コーヒープレスの上手な使い方とは? おいしいコーヒーの淹れ方を伝授!

コーヒープレス
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

コーヒープレスの使い方はいたって簡単。手軽にいつてもおいしいコーヒーを淹れることができます。

コーヒープレスを使った淹れ方は以下のとおりです。コーヒー粉の分量、湯量、蒸らし時間などは、好みに応じて調整をしてください。

(1)コーヒープレスにお湯を入れて温める
(2)お湯を捨てたら粗挽きしたコーヒー粉をいれる(1杯分の目安は約7gほど)
(3)コーヒー粉を対流させるよう、勢いよくお湯を注ぐ(1杯分の目安は、約150mlほど)
(4)プランジャーをセットし、4分待つ
(5)プランジャーをゆっくり静かに押し下げる(コーヒーの雑味が出ないよう最後まで押し下げない)
(6)コーヒーカップに注ぐ

コーヒープレスを使うときの注意点! コーヒーのプロが伝授

猿田彦珈琲 インテリジェンスマネージャー

コーヒープレスはかんたんにコーヒーを淹れられる道具ですが、おいしく淹れるにはいくつか注意が必要です。

1. 最後まで注ぎ切らないこと
2. かき混ぜないこと
3. コーヒーのカスは完全に洗い流して、油分を酸化させないこと

この3点と、粉の量・お湯の温度、量を守って淹れていただければ、おいしいコーヒーライフを送ることができます。ぜひ好みのコーヒープレスで淹れたコーヒーを楽しんでいただければと思います。

コーヒープレスについて4つのポイントをおさらい

1.ガラス製の場合、中身が見えて使いやすい、ただし破損の可能性がある
2.ステンレス製の場合、割れにくい、ただし酸素系漂白剤で汚れを落とす必要がある
3.フィルターが金属メッシュの場合、しっかり洗わないと酸化してニオイがついてしまう
4.350ml前後はカップ2杯、500ml前後はカップ4杯、1,000ml前後はカップ8杯となっており、何杯飲むかによって容量を決める

すてきなコーヒータイムのお供にもなるコーヒープレス。ポイントをおさえておいしいコーヒーを淹れられるようになりましょう!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:春野 凛、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/10/16 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 秋元清香)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


コーヒードリッパーのおすすめ24選【おしゃれ】キャンプなどのアウトドアにも

コーヒードリッパーのおすすめ24選【おしゃれ】キャンプなどのアウトドアにも

本記事では、ルームコーディネーターでコーヒーアイテムにも詳しい瀧本真奈美さんへの取材をもとに、コーヒードリッパーの選び方とおすすめの商品をご紹介! ハリオやカリタなど、おしゃれで機能的なコーヒードリッパーも多数厳選しました。記事後半には、Amazonなど大手通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。


コーヒーサーバーおすすめ20選|それどこの? と聞かれるおしゃれな商品を紹介!

コーヒーサーバーおすすめ20選|それどこの? と聞かれるおしゃれな商品を紹介!

コーヒーをハンドドリップするときに使うコーヒーサーバー。コーヒーそのものの風味を味わえる、コーヒー好きにはうれしいアイテム。本記事では、コラムニストでコーヒーに詳しい岩田リョウコさんにアドバイスをもらい、コーヒーサーバーの選び方のポイントをご紹介。人気メーカーの商品もピックアップしています。さらに、後半ではおすすめランキングも発表! ぜひお気に入りの商品を見つけて、自宅でも素敵なコーヒータイムを楽しんでください。


コーヒーギフトおすすめ21選&ランキング|高級品からおしゃれなものまで!

コーヒーギフトおすすめ21選&ランキング|高級品からおしゃれなものまで!

コーヒーに詳しいコラムニストの岩田リョウコさんへの取材をもとに、コーヒーギフトの選び方とおすすめの商品を厳選! 「ドリップバッグ」「インスタント」「コーヒー豆・粉」とタイプ別に紹介します。記事の後半では、各通販サイトの人気売れ筋ランキングも掲載! ぜひ参考にして、贈る相手に合わせたとっておきの一品をみつけてくださいね。


コーヒー豆&粉のおすすめ26選&ランキング【通販でかんたんお取り寄せ】上手な保存方法も!

コーヒー豆&粉のおすすめ26選&ランキング【通販でかんたんお取り寄せ】上手な保存方法も!

コーヒーコーディネーター・中村マサノリさんへ取材をもとに、通販で購入できるコーヒー豆&粉の選び方とおすすめ商品を厳選! UCCやカルディ、イリーなどさまざまなメーカーのコーヒー豆やコーヒー粉をそれぞれ紹介します。焙煎方法や味もいろいろ。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングや、コーヒー豆&粉の上手な保存方法も伝授しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


【2020年版】コーヒーミルおすすめ27選|プロに聞いたカリタやメリタなどの商品を紹介

【2020年版】コーヒーミルおすすめ27選|プロに聞いたカリタやメリタなどの商品を紹介

生活コラムニストのももせいづみさんへの取材をもとに、2020年版コーヒーミルおすすめ27選をご紹介します。カリタやメリタなどのさまざまなメーカーのコーヒーミルをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月22日:『5年保存の非常食・防災グッズを18種類セット』

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月22日:『5年保存の非常食・防災グッズを18種類セット』

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールは『5年保存の非常食・防災グッズを18種類セットにした【3日間満足セット】』。使う日が来ないのが一番ですが、安心を買うと思えば安いもの!?


オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

漂白剤はさまざまなメーカーから発売されていますが、今回はSNSなどで話題のオキシウォッシュを実際に購入し使用してみました。筆者は「オキシ漬け」なるものをこれまで経験したことがなく、SNSなどではいい面がたくさん見えるので期待を抱きつつも「つけて置くだけでガンコな汚れが落ちるわけないだろうと」実は半信半疑。さらには少しでも手間だと感じると続かないタイプで、計量さえもめんどうなので目分量でやってしまうことも多いズボラ主婦です。そんな筆者が、オキシウォッシュを使用した後に実際に感じたメリット、デメリットを紹介します!


夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

『夢ゲンブラシ』は、洋服の埃がなかなか取れなくて困る。粘着式のコロコロクリーナーの消費が激しい! カーペットに掃除機をかけたのに毛が残っていてがっかり……などのお困りを解消してくれる便利アイテム。本当にいい商品なのか、実際に商品を購入し、いろいろな口コミが真実なのか試してみました!


『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は背中などにできる気になるぶつぶつやひじ、ひざ、くるぶしのガサガサゴワゴワをきれいに取ってくれる優れもの。軽くなでるだけですべすべのお肌にできます。でも、ボディータオルにしては高めの価格設定がされているので本当に効果があるのか、肌に悪影響はないのか気になりますよね。商品の口コミや、実際に使用してみての結果をまとめました。自分に合うアイテムか確かめてください!


グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

『グラフギア1000』は、ぺんてるが販売する製図用シャーペン。筆記性能だけでなく、ペン先を収納してガイドパイプが折れるのを防ぐ機能や開閉式クリップなど、携帯性のよさも魅力です。しかし、なかには重いと評価する気になる口コミも。今回は、『グラフギア1000』を実際に購入し、試した使用感を紹介していきます。ぜひ記事を読んで購入する際の参考にしてくださいね!


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る