自転車ライターが教える! ロードバイク用ボトルケージのおすすめ商品5選

自転車ライターが教える! ロードバイク用ボトルケージのおすすめ商品5選

自転車ライター:浅野 真則
自転車ライター
浅野 真則

自転車専門誌やウェブサイトなどで活動する自転車専門のライター。 ロードバイクやサイクルパーツ、サイクルアパレル、自転車用デジタルデバイスなどのインプレッション記事、トレーニング系の記事、ロングライドの実走レポートなどを得意とする。 執筆活動の傍ら、Jエリートツアーの選手としてロードレースやタイムトライアル、ヒルクライムなど幅広いレースに参戦。 自転車版の耐久レース・エンデューロも好きでよく出場している。

ロードバイクに乗っている状態でも、すぐに水分補給することを可能にしてくれるのがボトルケージ。運動中の水分補給はとても大切なので、ロードバイクに乗る際は、ボトルケージをぜひつけておきたいものです。しかし、どんな点に着目してボトルケージを選んだらいいのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、自転車ライターの浅野真則さんに聞いた、ロードバイクボトルケージの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。


ロードバイクボトルケージの選び方! 自転車ライターに聞いた

自転車ライターの浅野真則さんに、ロードバイクボトルケージを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。自分にあったロードバイクボトルケージをみつけるための大切なポイントになりますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ロードレーサー
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ロードバイクでは長距離を走り続けることも珍しくありません。こまめな水分補給が大切ですね。

ボトルと同じブランドのものを選ぶと相性抜群

自転車ライター

ボトルケージを選ぶ際になにより大切なのは、「走行中にボトルをしっかりと保持することができるか」です。走行中の振動などでボトルが落ちてしまうと、転倒事故を誘発するおそれがあります。ボトルケージを使用する前に、愛用するボトルがしっかりとはまることを確認しましょう。

ボトルと同じメーカーのボトルケージを使うのが一番相性がいいのはいうまでもありません。

小柄な方には斜めや真横に抜き出せるタイプが〇

自転車ライター

小柄な方のバイクはフレームの前三角の大きさが小さく、ボトルを抜き出す上方向に充分なスペースが取れないことがあります。とくに最近のロードバイクに多いスローピングフレームやフルサスMTBは、フレームの前三角が小さい傾向にあります。

そのため、通常のボトルケージではボトルの抜き差しがしにくいと感じるかもしれません。そのような場合は、ボトルを斜めか真横に抜き出せるタイプのボトルケージを選ぶといいでしょう。

左利きの方は左利き対応モデルという選択肢も

自転車ライター

ボトルの抜き差しは、ほとんどの方が利き手で行なうはずです。真上に抜き出すタイプのボトルケージであれば、利き手がどちらであっても利き手で抜き差しできます。一方、斜めに抜き出すタイプのボトルケージの場合は、左利きでも利き手が使えるように左利き用が用意されています。

ダウンチューブにつけたい場合、右利きの方は右から、左利きの方は左から抜けるボトルケージを選びましょう。一方、サドル下部のシートチューブにボトルをつける場合は左右が反転しますので、右利きの方は左から、左利きの方は右から抜けるボトルケージをつけましょう。そうすることで、どちらのポジションに取り付けても、自分の利き手でボトルを抜くことができます。

材質別の特徴を踏まえて選ぼう

自転車ライター

ボトルケージはおおまかにカーボン製、プラスチック製、金属製のものに分けられます。カーボン製は軽量な反面、自転車に取りつけるときのボルトのしめつけを慎重にしないと破損の恐れがあるなど、繊細な扱いが求められます。プラスチック製は比較的安価でカラフルなものが多く、取り扱いもラクです。

金属製はややクラシカルな見た目で、クロモリフレームとの相性が抜群。取り扱いもラクで、ボトルケージの入れ口を少し曲げて細めにすることでボトルの保持力を高めることもできます。選ぶときにはこれらの特徴を念頭におくとよいでしょう。

ペットボトル用のボトルケージもある

自転車ライター

一般的にボトルケージというと、直径73mmのサイクル用のスクイーズボトル対応のものが中心ですが、なかには500mlペットボトルに対応する製品もあります。

ただし、500mlペットボトル入りの飲みものは、飲むときにキャップを手で回してあけ、飲み終わったらしめることが必要。走りながら飲むのは難しいでしょう。ひんぱんにストップアンドゴーがあるシティライド向けと考えたほうがよさそうです。

TOPEAK(トピーク) 『Modula Cage Ⅱ(モジュラー ケージ Ⅱ)』

ロードボトルとペットボトルのサイズは同じではありません。ペットボトルの飲み物を携帯したい方は、ボトルケージの大きさをよくチェックしましょう!

>> 楽天市場で詳細を見る

自転車ライターが厳選! ロードバイクボトルケージおすすめ5選

上で紹介したロードバイクボトルケージの選び方のポイントをふまえて、自転車ライターの浅野真則さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。ロードバイクの楽しみ方やバイクの形を踏まえて、自分に一番合った商品を選んでみてください!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

箕浦(ミノウラ) 『AB100-4.5 デュラケージ』

出典:Amazon

サイズ
-
素材
#2017ジュラルミン
重量
38g(4.5)/58g(5.5)
カラー
シルバー、チタン、ブラック、ブルー、レッド、ホワイト、イエロー、オレンジ、ピンク、グリーン
仕様
上抜き
対応ボトル
レースボトル
Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5
自転車ライター

カラバリ豊富、軽量で丈夫なアルミケージ

ジュラルミン(2017系アルミ)を使ったサイクルボトル用のボトルケージ。直径4.5mmのジュラルミン鋼線を加工しており、軽量に仕上がっているのが特徴で、ロードバイクにピッタリです。

カラーバリエーションもアルマイト仕上げが5色、粉体塗装が7色と計12色から選べるので、バイクやウェアとのカラーコーディネイトが楽しめるのも魅力のひとつ。機能性だけでなくデザインも気にする方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ELITE(エリート) 『Custom Race ボトルケージ』

出典:Amazon

サイズ
-
素材
ナイロン樹脂
重量
約44g
カラー
ソフトタッチブラック、マットブラック・ホワイト、ブラック・ホワイト、ブラック・ブルー、ブラック・レッドなど
仕様
上抜き
対応ボトル
74mmノーマルボトル
Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5
自転車ライター

ボトルのホールド力に定評のある定番モデル

エリートのボトルケージの定番モデル。本体は弾力性にすぐれたナイロン樹脂製。セルフアジャストシステムによってボトルの形状を問わずに高いホールド力を実現しつつ、ボトルを取り出すときもスムーズなのが特徴。

カラーバリエーションは5種類で、グラフィックが新しくなり、よりモダンでスタイリッシュな印象になったのも魅力です。高いホールド力があってカッコいいボトルケージを安価に手に入れたいサイクリストにオススメです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TOPEAK(トピーク) 『Modula Cage Ⅱ(モジュラー ケージ Ⅱ)』

出典:Amazon

サイズ
L86×W76xH158mm
素材
エンジニアリング プラスチック/アルミ合金
重量
72g
カラー
ブラック、シルバー
仕様
上抜き
対応ボトル
φ63~74mmボトル、ペットボトル
Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5
自転車ライター

ケージのサイズを変えられるボトルケージ

本体底部のボタンを押すとケージ部分をスライドさせることができ、あらゆるサイズのボトルにフィットするように調整できるのが最大の特徴。このボトルケージがあれば、通常のサイクルボトルはもちろん、500mlサイズのペットボトルにも対応できます。

ロードレースではサイクルボトルを使うけれど、ふだんのんびり走るときはペットボトルの飲料も飲みたい、といった人に向いています。ベース部分はプラスチック、ケージ部分はアルミ合金製で、お値打ち価格なのも魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン) 『RM-L SYSTEM』

出典:Amazon

サイズ
-
素材
-
重量
228g
カラー
ブラック
仕様
-
対応ボトル
-
Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5
自転車ライター

サドルの後ろにボトルケージを取りつけ可能

サドルの後ろにボトルケージを取りつけることができるシステム。樹脂製のボトルケージが2個付属していて、購入してサドル後部のサドルレールに取りつければすぐに使えます。

ボトルケージを最大で3個つけられるので、補給ポイントのないコースを走るロングライドや、エンデューロレースでピットインの回数をできるだけ減らしたいケースなどには重宝するでしょう。トライアスロンにもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

OGK KABUTO(オージーケーカブト) 『RC-12 L/R』

出典:Amazon

サイズ
D80×W80×H145mm
素材
カーボンブラック
重量
-
カラー
カーボン
仕様
右抜き対応、左抜き対応
対応ボトル
レーサーボトル
Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5
自転車ライター

斜め方向に抜き差し可能なボトルケージ

カーボン製のワンピース構造のボトルケージで、斜め方向にボトルを抜き差しできるのが最大の特徴。

トップチューブが斜めになっていてフレームの前三角が小さいスローピングフレームや、小さなサイズのフレームなどでもボトルの抜き差しが容易です。ボトルの抜き差しのしやすさに加え、カーボン製ならではの軽さも相まって、レース志向のサイクリストにもおすすめです。

商品名末尾のLはダウンチューブ取りつけ時に左から、Rは右からボトルを出し入れします。シートチューブ取りつけ時にはボトルの抜き差しの向きが反対になるので、ボトルを2本使いたいときはLとRをひとつずつ購入しましょう。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

箕浦(ミノウラ) 『AB100-4.5 デュラケージ』
ELITE(エリート) 『Custom Race ボトルケージ』
TOPEAK(トピーク) 『Modula Cage Ⅱ(モジュラー ケージ Ⅱ)』
PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン) 『RM-L SYSTEM』
OGK KABUTO(オージーケーカブト)   『RC-12 L/R』

商品

箕浦(ミノウラ) 『AB100-4.5 デュラケージ』 ELITE(エリート) 『Custom Race ボトルケージ』 TOPEAK(トピーク) 『Modula Cage Ⅱ(モジュラー ケージ Ⅱ)』 PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン) 『RM-L SYSTEM』 OGK KABUTO(オージーケーカブト) 『RC-12 L/R』

特徴

カラバリ豊富、軽量で丈夫なアルミケージ ボトルのホールド力に定評のある定番モデル ケージのサイズを変えられるボトルケージ サドルの後ろにボトルケージを取りつけ可能 斜め方向に抜き差し可能なボトルケージ

価格

Amazon : ¥ 587
楽天市場 : ¥ 679
Yahoo!ショッピング : ¥ 538
※各社通販サイトの 2019年5月18日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,728
楽天市場 : ¥ 1,478
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,522
※各社通販サイトの 2019年5月18日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,274
楽天市場 : ¥ 1,019
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,019
※各社通販サイトの 2019年5月18日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 6,242
楽天市場 : ¥ 5,805
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,929
※各社通販サイトの 2019年5月18日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,050
楽天市場 : ¥ 3,607
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,076
※各社通販サイトの 2019年5月18日時点 での税込価格

サイズ

- - L86×W76xH158mm - D80×W80×H145mm

素材

#2017ジュラルミン ナイロン樹脂 エンジニアリング プラスチック/アルミ合金 - カーボンブラック

重量

38g(4.5)/58g(5.5) 約44g 72g 228g -

カラー

シルバー、チタン、ブラック、ブルー、レッド、ホワイト、イエロー、オレンジ、ピンク、グリーン ソフトタッチブラック、マットブラック・ホワイト、ブラック・ホワイト、ブラック・ブルー、ブラック・レッドなど ブラック、シルバー ブラック カーボン

仕様

上抜き 上抜き 上抜き - 右抜き対応、左抜き対応

対応ボトル

レースボトル 74mmノーマルボトル φ63~74mmボトル、ペットボトル - レーサーボトル

商品情報

ECサイトのロードバイク用ボトルケージランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのロードバイク用ボトルケージの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ロードバイク用ボトルケージランキング
楽天市場:ロードバイク用ボトルケージランキング
Yahoo!ショッピング:ロードバイク用ボトルケージランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

暑い時期、長距離ライドはダブルボトルが必須! 自転車ライターのアドバイス

自転車ライター

サイクリングでは屋外で長時間走り続けることも珍しくありません。暑い時期は汗によって大量の水分を失うので、定期的な水分補給が欠かせません。また、長距離ライドでは補給ポイントのないコースを走ることもあるでしょう。

したがって、とくに暑い時期やロングライドにチャレンジずるときは、ダブルボトル(ボトルを2本携行すること)に対応するため、ボトルケージをふたつ以上つけることをおすすめします。その際、1本はエネルギーと水分補給のためのスポーツドリンク、もう1本は水分補給や身体にかけてオーバーヒートを防ぐための水を入れるのがポイントです。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:ヨッシー、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/5/24 タグ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 成田晴香)

※2019/06/27 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

 

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【スポーツライターが解説】自転車テールライトおすすめ6選|夜間でも安全に走行

【スポーツライターが解説】自転車テールライトおすすめ6選|夜間でも安全に走行

スポーツライターで、ミラソルデポルテ代表の今 雄飛さんにおすすめ6選と選び方を教えてもらいました。自転車のテールライトは、クルマからの視認性を高めるために必要な装備のひとつです。しかし自転車を、通勤だけに使用する、遠出をするなど用途によって、最適なテールライトは変わってきます。どのような点に注意して選べばいいか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしていただき、ぴったりなテールライトを見つけてください。売れ筋ランキングも掲載しています。


【輪行袋おすすめ4選!】自転車ジャーナリストに聞いた|飛行機も電車移動も

【輪行袋おすすめ4選!】自転車ジャーナリストに聞いた|飛行機も電車移動も

電車などを使って自転車を手荷物として運ぶ輪行。いつもの場所とは違った景色のなかを走るのは楽しいものですが、輪行の規則に適した商品を選ばなければ、思わぬトラブルに発展することもあるので注意が必要です。本記事では自転車ジャーナリストの菊地武洋さんにおうかがいした輪行袋の選び方とおすすめ商品を紹介します。プロの選び方を参考に、安全で快適な輪行を実現させましょう。


【自転車チェーンオイル】おすすめ商品6選|自転車ライターが選び方のコツを解説!

【自転車チェーンオイル】おすすめ商品6選|自転車ライターが選び方のコツを解説!

自転車ライターが選ぶ自転車チェーンオイル6選をご紹介します。自転車を長く愛用するためには、チェーンのメンテナンスが大切です。しかし、走るときの天候のほか、リキッドタイプやスプレータイプなどチェックするべきポイントが多く、どのように選べばいいか悩んでしまいます。本記事では、数ある自転車チェーンオイルの中から厳選した商品と選び方のポイントを、自転車ライターの浅野真則さんに解説していただきます。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【一輪車】上手な選び方&おすすめ商品5選|日本一輪車協会公認インストラクターが解説

【一輪車】上手な選び方&おすすめ商品5選|日本一輪車協会公認インストラクターが解説

しながわ一輪車協会会長で日本一輪車協会公認インストラクターでもある神代洋一さんに、一輪車のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。バランス感覚や体幹を鍛える一輪車遊び。簡単には乗れないからこそ、失敗を苦にしない楽天性、何回もチャレンジする忍耐力を育てます。そこで、子どもの心と体を育てるすてきな遊具のひとつである一輪車を、さまざまなメーカーから厳選してご紹介します。最後にショッピンサイトのランキングもありますので、参考にしていただき、ぴったりの一台を見つけてください。


自転車ライターが選ぶ! おすすめのロードバイク用工具6選

自転車ライターが選ぶ! おすすめのロードバイク用工具6選

本記事では、自転車ライターの浅野真則さんへの取材をもとに、ロードバイク用工具の選び方とおすすめ商品6選をご紹介します。ロードバイクでのサイクリングを楽しんでいる最中、万が一トラブルに見舞われてしまったときのためにロードバイク用の工具を用意しておくと安心です。いくつかの工具をセットにした携帯工具があれば、その場で応急処置をほどすことができます。安心してロードバイクを楽しむためにも、いざというときにそなえて携帯用の工具を準備しておきたいですね。商品を選ぶ際に注目したいポイントも解説していただいたので、ぜひ参考にしてみてください。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代になるとホルモンバランスの乱れなどから肌の変化を感じやすくなりますが、流行のファッションやメイクを取り入れ、若々しさを維持したいという願望を持つ方も多いですよね。ファンデーションだけでカバーするのではなく、ツヤ感のある化粧下地を上手に取り入れて素肌が輝いていきき見えるベース作りを目指しましょう。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティストの渡辺みゆきさんへの取材をもとに、40代用化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。