フィルムスキャナーおすすめ10選|高画質・画像修正ソフト付属商品も

エプソン スキャナー GT-X980 (フラットベッド/A4/6400dpi)
出典:Amazon

プリントされた写真は時間が経つと劣化していってしまいますが、フィルムスキャナーを使ってデジタルデータ化すると、文字どおりいつまでも色あせずに保管できるようになります。

この記事では、IT・テックライターの石井英男さんと編集部が厳選したフィルムスキャナーのおすすめと選び方をご紹介します。

通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


目次

IT・テックライター
石井 英男

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。 ライター歴25年。PC/ITに関するテクノロジーの解説や製品レビューを得意とする。 最近は、STEM教育や3DプリンターやCNCを初めとするデジタルファブリケーションに興味を持ち、積極的に取材や記事執筆を行っている。 また、子どもへのプログラミング教育にも関心があり、CoderDojo守谷のメンターを務めている。

フィルムスキャナーとは アナログからデジタル変換

 

サンワダイレクト フィルムスキャナー ネガ デジタル化 35mmフィルム スライドフィルム 高画質 1400万画素 モニタ付 ネガスキャナー 400-SCN024

フィルムスキャナーとは、フィルムで撮影した写真をデータ化する機器のこと。思い出の写真をデータの状態でいつまでも残しておくことができます。色補正機能やピント調整機能など、機能性にすぐれたモデルも充実。色あせた写真でも鮮明に保存できて便利です。

フィルムだけでなく、プリント写真のデータ化に対応したモデルもあるので、使い方に合わせて選ぶといいでしょう。

『フィルムスキャナーのおすすめ商品』を今スグみる

フィルムスキャナーの選び方 タイプ・機能

フィルム
Pixabayのロゴ

写真はかけがえのない思い出。昔のフィルムが残っているなら、スキャンすると思い出を鮮明にデータとして残せます。

フィルムスキャナーを選ぶときのポイントを4つご紹介します。

【1】用途に応じたタイプ
【2】色補正、ピント調整機能
【3】対応フィルムの規格
【4】SDカードにデータを保存できるか

フィルムにはネガフィルムやポジフィルムといった種類があり、またサイズの違いもあります。使い方や取り込みたいフィルムの種類によって選ぶべきフィルムスキャナーが変わる点に注意が必要です。ハーフサイズのフィルムを使用する際にはハーフサイズ対応のスキャナーかどうかチェックしましょう。

【1】まずは用途に応じてタイプを選ぼう

 

Plustek(プラステック) OpticFilm 『8200i Ai』

フィルムスキャナーは、その形状や構造によって「フィルム専用タイプ」「フラットベッドタイプ」「シートフィードタイプ」の3タイプにわけられます。

フィルムスキャンに特化した「フィルム専用タイプ」

懐かしいフィルム
Pixabayのロゴ

「フィルム専用タイプ」は、文字どおりフィルムのスキャンに特化したタイプです。用途がフィルムのスキャンのみに限られれるものの、美しい高画質で保存することができます。

「フィルム専用タイプ」は、フィルムしかスキャンできませんが、解像度が高く、高画質でスキャンできます。スキャン効率も高いので、大量にフィルムをスキャンしたい人におすすめです。

写真もスキャンできる「フラットベッドタイプ」

 

ナカバヤシ パーソナルレコーダー フォトレコ(フォト&ネガ) ライトグレー PRN-100

フィルムだけでなく、プリント済みの写真もスキャンできるのが「フラットベッドタイプ」です。「写真はあるけど、フィルムが見当たらない」というときにも活躍してくれます。

「フラットベッドタイプ」は、フィルムだけでなくプリント写真や書類などもスキャンできます。しかし、フィルム専用タイプに比べると解像度や効率は見劣りします。

スキャン効率のいい「シートフィードタイプ」

 

モバイルスキャナー 高画質1200dpi A4 写真・名刺などに対応 ドキュメントスキャナー オートスキャナ スキャン

「シートフィードタイプ」は、フィルムやプリント済みの写真のほかに、紙に描いたイラストや書類などもスキャンできます。フィルムのセットがかんたんで、スピーディーに作業できるのも特徴です。汎用性や作業効率を重視したい人に向いています。

「シートフィードタイプ」も、フィルムだけでなくプリント写真もスキャンできますが、解像度はあまり高くはありません。フィルム専用タイプ同様、スキャン効率が高いことが特徴です。

【2】色補正機能やピント調整機能があると便利

 

サンワサプライ『400-SCN024』

フィルムなどをスキャンする際に、カラーバランスやピントを自動調整する機能がついたモデルもあります。ただスキャンするだけで、思い出の写真をきれいに効率よく保存できるため、とても便利です。

もし、自分でこまかく調整したい場合は、画像編集ソフトが同梱されているものを選ぶといいでしょう。色の明るさやコントラスト、ピント、傾きなどを、かんたんな操作で自分好みに調整できます。

【3】対応フィルムの規格を確認

 

EPSON(エプソン) 『GTX-980』

銀塩写真のフィルムにはいくつかの規格があります。

もっとも一般的に使われているのは「写ルンです」などで使われている「35mmフィルム」。しかし、昔の二眼レフやプロが使う中判カメラでは、「ブローニーフィルム(120mmフィルム)」と呼ばれる、やや大きなフィルムも使われています。トイカメラや昔のカメラでは、ブローニーフィルムや110mmフィルム(ポケットカメラ用フィルム)が使われていることもあります。

そうした過去のフィルムをスキャンしてデジタルデータとして残しておきたいのなら、幅広いフィルム規格に対応したフィルムスキャナーを選びましょう。そのようなフィルムがないのであれば35mmフィルムのみ対応の製品で充分です。

【4】SDカードにデータを保存できるかどうかを確認

 

ケンコー フィルムスキャナー KFS-14WS

フィルムスキャナーは、スキャナー単体で画像データをSDカードに保存できるタイプと、そうでないものの2種類にわけられます。SDカードスロットが装備されていない場合、単体では画像データの保存ができず、PCに接続して使う必要があります。

つねにPCと同じ場所で使うのなら、後者のタイプの製品でも問題ありませんが、スキャナーだけどこかに持ち運んで、フィルムをスキャンしたいというのなら、PC不要で画像データをSDカードに保存できるタイプの製品をおすすめします。

フィルムスキャナーおすすめ10選 取り込みが可能タイプも

ここまで紹介したフィルムスキャナーの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。取り込み可能なフィルムの種類やパソコンが必要であるかどうかなど、使用目的にあった機種を見つけてください。

EPSON(エプソン) 『GTX-980』

画質にこだわったハイエンドモデル

フラットベッドタイプのハイエンドモデルです。デュアルレンズシステムにより、6400dpiの超高解像度でのスキャンが可能。フィルムホルダーも4種類(35mmストリップ、35mmマウント、ブローニー、4×5)付属しています。あらゆるフィルムに対応するほか、プリントした写真のスキャンにも対応します。

また、アンチニュートンリングアクリル板を装備していますので、カールしたフィルムもまっすぐに補正し、ニュートンリングと呼ばれるモアレの発生をおさえます。スキャンにはパソコンが必要になりますが、画質にこだわる人にとくに使ってほしい商品です。

Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『フィルムスキャナー(KFS-1490)』

パソコン不要でかんたん操作!

パソコンを使わずスキャン可能なフィルム専用スキャナーです。標準では35mmフィルムのみの対応ですが、オプションとして110mmフィルム対応ホルダーも用意されています。2.4型カラー液晶を搭載していますので、写真を確認しながらスキャンをおこなえ、データはSDカード、または内蔵メモリーに保存されます。

スキャン解像度は3,100dpiですが、画素補完により4,300dpi相当のスキャンも可能です。キズやホコリを補正する「スクラッチモード」も搭載。付属のACアダプターか乾電池で動作しますので、場所を選ばす気軽にフィルムをスキャンすることができます。多くのフィルムを効率よくスキャンしたい人におすすめです。

Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『COMBO フィルムスキャナー(KFS-14CB)』

KenkoTokina(ケンコー・トキナー)『COMBOフィルムスキャナー(KFS-14CB)』 KenkoTokina(ケンコー・トキナー)『COMBOフィルムスキャナー(KFS-14CB)』 KenkoTokina(ケンコー・トキナー)『COMBOフィルムスキャナー(KFS-14CB)』 KenkoTokina(ケンコー・トキナー)『COMBOフィルムスキャナー(KFS-14CB)』

出典:Amazon

フィルムもプリント写真もこれ1台でOK

パソコンを使わずかんたんにフィルムや写真をスキャンできる1台2役のスキャナーです。フィルムスキャン時の解像度は3200dpiで、35mmフィルムとスライドに対応したホルダーが付属しています。

オプションで、2種類(110mmフィルムと126mmフィルム)のホルダーも追加可能です。SDカードスロットを備えているので、画像データはSDカードに保存されます。すべての作業は搭載されている2.4型のカラー液晶画面で確認しながらおこなうことが可能です。

また、L判やKG判のプリント写真もスキャンできることが特長で、アルバムや雑誌の上にスキャナー本体をのせてスキャンすることもできます。フィルムだけでなく、プリント写真もスキャンしてデジタルデータ化したいという人にチェックしてほしい商品です。

Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『5インチ液晶フィルムスキャナー KFS-14WS』

ケンコーフィルムスキャナーKFS-14WS ケンコーフィルムスキャナーKFS-14WS ケンコーフィルムスキャナーKFS-14WS ケンコーフィルムスキャナーKFS-14WS ケンコーフィルムスキャナーKFS-14WS ケンコーフィルムスキャナーKFS-14WS ケンコーフィルムスキャナーKFS-14WS

出典:Amazon

5インチの大型液晶モニターが魅力

この製品は、フィルムスキャナーにしては珍しくスタイリッシュな液晶があるのが最大の特徴です。しかも5インチと大画面なので、どんな年齢層の方にも使い勝手抜群。フィルムも、直接手で差し込んで使うので、手間なく楽に作動できる構造になっています。

つまり大画面とシンプルな操作手順で、機械面に疎いシニア層にも優しい構造のスキャナーと言えます。手袋と清掃用フレームも付随しているので、お手入れ道具を追加で購入する必要もありません。

SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『スキャナー A4 モバイルスキャナ ハンディ スキャナ』

モバイルスキャナー高画質1200dpiA4写真・名刺などに対応ドキュメントスキャナーオートスキャナスキャン モバイルスキャナー高画質1200dpiA4写真・名刺などに対応ドキュメントスキャナーオートスキャナスキャン モバイルスキャナー高画質1200dpiA4写真・名刺などに対応ドキュメントスキャナーオートスキャナスキャン

出典:楽天市場

超軽量コンパクトサイズで持ち運びに便利!

このスキャナーは、超軽量のコンパクトサイズで、持ち運びやすさが最大のストロングポイントです。しかもPC不要なので、自宅でもオフィスでも出張先でも、どこでも好きなタイミングや場所で使用することができます

そのコンパクトなサイズにも関わらず、内蔵メモリの容量は128MB、さらにマイクロSDを使用すれば容量には困ることはありません。小さくてもパワフルな製品が欲しい方におすすめです。

ナカバヤシ『フィルムスキャナ フォトレコ ネガ・ポジ・モノクロフィルム対応』

ナカバヤシパーソナルレコーダーフォトレコ(フォト&ネガ)ライトグレーPRN-100 ナカバヤシパーソナルレコーダーフォトレコ(フォト&ネガ)ライトグレーPRN-100 ナカバヤシパーソナルレコーダーフォトレコ(フォト&ネガ)ライトグレーPRN-100

出典:Amazon

コスパで選ぶなら間違いなくこれ

フィルムスキャナーを、コスパ重視で選択するならば、この一台に決まりです。6000円台で、フィルムスキャナーを購入できるのは破格と言えるでしょう。

解像度は他のスキャナーと比較するとどうしても劣りますが、この値段を考慮すると問題にはならないでしょう。コンパクトな本体かつ、この価格帯ですが、PC無しでもスムーズに使用できる点が評価される理由のひとつです。

SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『400-SCN024』

サンワサプライ『400-SCN024』 サンワサプライ『400-SCN024』 サンワサプライ『400-SCN024』 サンワサプライ『400-SCN024』 サンワサプライ『400-SCN024』 サンワサプライ『400-SCN024』 サンワサプライ『400-SCN024』 サンワサプライ『400-SCN024』 サンワサプライ『400-SCN024』

出典:Amazon

パソコン不要!コストパフォーマンスも魅力な1台

パソコン不要でスキャン可能なフィルム専用スキャナーです。解像度は3200dpi。35mmフィルム対応ホルダーとスライド対応ホルダーが付属していますが、オプションとして110mmフィルムや126mmフィルムに対応したホルダーも用意されています。2.4型カラー液晶を備えていますので、写真を確認しながらスキャンを実行でき、画像データはSDカードに保存。

また、画像修正ソフト「MediaImpression」も付属しているのもうれしいポイントです。コンパクトで場所をとらないことも大きな魅力です。価格も手ごろなので、はじめてフィルムスキャナーを購入するという人にもおすすめです。

Plustek(プラステック)『OpticFilm(8200i Ai)』

35mmフィルム専用の超高画質機

パソコンと接続して利用するタイプのフィルム専用スキャナーです。7200dpiという超高解像度でのスキャンに対応し、プロ用スキャンソフト「SilverFast Ai Studio 8」が付属しています。対応フィルムは35mmのみですが、ゴミやキズの除去、自動色補正などが可能です。

35mmフィルムで撮影した大事な写真を高画質でデジタルデータに変換して、保存しておきたいという人におすすめします。

Plustek(プラステック)『OpticFilm 8100 Film』

高解像度が魅力の高性能スキャナー

このスキャナーの最大の魅力は、解像度が従来のスキャナーよりも高い点です。最高解像度7200dpiの性能を誇り、さらに、解像度の調整も可能なので、ブログ用の低画質画像から紙媒体掲載用の画像まで幅広く使えます。同型の8200版と比較すると、性能は若干落ちますが、コストパフォーマンスを考えると、この価格設定でこの性能は破格です。ビジュアルもシンプルで、コンパクトな細長い長方形なので、収納にも便利です。

SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『名刺スキャナー』

サンワサプライ名刺スキャナPSC-13UB サンワサプライ名刺スキャナPSC-13UB サンワサプライ名刺スキャナPSC-13UB サンワサプライ名刺スキャナPSC-13UB サンワサプライ名刺スキャナPSC-13UB サンワサプライ名刺スキャナPSC-13UB サンワサプライ名刺スキャナPSC-13UB サンワサプライ名刺スキャナPSC-13UB サンワサプライ名刺スキャナPSC-13UB サンワサプライ名刺スキャナPSC-13UB

出典:Amazon

名刺に特化したスキャナー

この製品は、スキャナーの中でも特に名刺に特化した作りとなっているスキャナーです。大量の名刺を保管するのが面倒と考えている方にはぜひおすすめの一台。1台を3秒で読み込みできるスピードでストレスなく作業を進めてくれます。

また鞄に入れられる財布サイズのコンパクトサイズなので、いつでもどこでもPCさえあれば名刺をスキャンすることができます。ビジネス面、特に営業職の方などには嬉しい機能満載です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
EPSON(エプソン) 『GTX-980』
Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『フィルムスキャナー(KFS-1490)』
Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『COMBO フィルムスキャナー(KFS-14CB)』
Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『5インチ液晶フィルムスキャナー KFS-14WS』
SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『スキャナー A4 モバイルスキャナ ハンディ スキャナ』
ナカバヤシ『フィルムスキャナ フォトレコ ネガ・ポジ・モノクロフィルム対応』
SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『400-SCN024』
Plustek(プラステック)『OpticFilm(8200i Ai)』
Plustek(プラステック)『OpticFilm 8100 Film』
SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『名刺スキャナー』
商品名 EPSON(エプソン) 『GTX-980』 Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『フィルムスキャナー(KFS-1490)』 Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『COMBO フィルムスキャナー(KFS-14CB)』 Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『5インチ液晶フィルムスキャナー KFS-14WS』 SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『スキャナー A4 モバイルスキャナ ハンディ スキャナ』 ナカバヤシ『フィルムスキャナ フォトレコ ネガ・ポジ・モノクロフィルム対応』 SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『400-SCN024』 Plustek(プラステック)『OpticFilm(8200i Ai)』 Plustek(プラステック)『OpticFilm 8100 Film』 SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『名刺スキャナー』
商品情報
特徴 画質にこだわったハイエンドモデル パソコン不要でかんたん操作! フィルムもプリント写真もこれ1台でOK 5インチの大型液晶モニターが魅力 超軽量コンパクトサイズで持ち運びに便利! コスパで選ぶなら間違いなくこれ パソコン不要!コストパフォーマンスも魅力な1台 35mmフィルム専用の超高画質機 高解像度が魅力の高性能スキャナー 名刺に特化したスキャナー
解像度 6400dpi 3100dpi 3200dpi 3200dpi 600dpi/1200dpi 1200dpi 3200dpi 7200dpi 7200dpi 600dpi
対応フィルム 35mm/ブローニー/4×5フィルム 35mm /110mmフィルムは別売オプションで対応 35mm/110mmフィルム・126フィルムは別売オプションで対応 35mm - 35mm 35mm/スライドフィルム 35mm 35mm -
SDカードスロット なし あり あり あり 600dpi/1200dpi - あり なし なし あり
液晶 なし あり あり 5インチ なし なし あり なし - なし
PC 必要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 必要 必要 必要
サイズ 308 × 503 × 152.5mm 91 × 118 × 110mm 209 × 162 × 182mm 約136(W)×124(D)×95(H)mm 33 x 14.2 x 6.8 cm 幅245.0mm×奥行き181.0mm 102 × 105 × 161mm 120 × 272 × 119mm 272 x 120 x 119 mm W107×H28×D100mm
重量 6600g 225g 1050g 約305g 460 g 635.0g 430g 1600g 1.6kg 約168g
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月23日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする フィルムスキャナーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのフィルムスキャナーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:フィルムスキャナランキング
楽天市場:フィルムスキャナランキング
Yahoo!ショッピング:フィルムスキャナーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

IT・テックライター

昔の写真をデジタルデータとしても残したい人に

デジタルカメラの普及以前は、フィルムカメラが主流でした。フィルムスキャナーはそのフィルムカメラで撮影したフィルムをデジタルデータに変換するための機器です。フィルムやプリント写真は、時間が経過すると劣化して色があせたりしますが、デジタルデータに変換すれば、劣化することなく半永久的に保存できます。親世代の写真などは、少しでも早くデジタル化することをおすすめします。

最近は1万円程度で購入できるフィルムスキャナーも増えてきています。昔の写真のデジタルデータ化なら、そのような安価な製品でも十分です。SDカードスロットの有無や、対応フィルムなども考慮したうえで、自分の求める機能を兼ね備えているかをチェックし、最適なフィルムスキャナーを選択してください。

フィルムスキャナーに関するQ&A よくある質問

スマートフォン
Pixabayのロゴ

スマートフォンのカメラ機能を利用した便利なアプリも!

フィルムスキャナーがあれば現像しなくてもよいのですか?

フィルムの現像は必要です。現像したフィルムをスキャナーで撮り込むこでデータ化することができます。

フィルムスキャナー以外にデータ化する方法はありますか?

スマートフォンのカメラ機能を利用してフィルムをデータ化するアプリもあります。手軽でコストがかからないのがメリットですが、品質はフィルムスキャナーより劣る印象。トイカメラで撮影したような仕上がりになるものが多いようです。

思い出の写真をきれいに保存したいなら、フィルムスキャナーを使用しましょう。さらに美しく、高品質にこだわりたい場合は、専門業者に依頼するのもひとつの手です。

フィルムスキャナーに関連する記事のご紹介!

思い出の写真をいつまでもきれいな状態で

フィルムスキャナーの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。古い写真には大切な思い出がたくさん詰まっているものです。写真を見ることによって思い出される記憶もあるでしょう。

フィルムやプリント写真は時間の経過とともに劣化してしまいますが、データ化することによって、いつまでもきれいな状態で保存できます。また、一度データ化しておけば写真整理もかんたん。手軽にプリントアウトもできて便利です。大切な写真の保存に、フィルムスキャナーをぜひ役立ててくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年。趣味はギターとDJ、ランニング。特技はフリーダイビング。週末はゴールデン街と中華街、コリアンタウンにいることが多い。芸能誌の編集、アスリートもの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で悠々自適に暮らしたい。

関連する記事


20mのLANケーブルおすすめ9選|会議室やホールでも、スリム・フラットタイプも使える

20mのLANケーブルおすすめ9選|会議室やホールでも、スリム・フラットタイプも使える

安定した通信環境に不可欠な有線LANケーブル。そんなLANケーブルですが、広い部屋や会議室、ホールなどに配線しようとすると20mのLANケーブルが必要になることもありますよね。この記事では、20mのLANケーブルのおすすめ商品を紹介します。また、記事後半には通販サイトの人気ランキングなどもあるので、あわせてチェックしてみてください。

tag icon パソコン周辺機器 , パソコンサプライ品 , パソコン

電動エアダスターおすすめ5選|しつこいほこりを吹き飛ばすモデルも

電動エアダスターおすすめ5選|しつこいほこりを吹き飛ばすモデルも

「エアダスター」というと、ボタンを押してシュッとほこりを吹き飛ばすスプレー式のものを思い浮かべる方が多いと思います。ただ、ほこりの量や種類によってはスプレー式では限界がある場合も。本数が増えればコストがかさみ、可燃ガスが含まれているため使える場所や量も限られてしまいます。そこで試してみたいのが電動式のエアダスター。本記事では、電動エアダスターの選び方と、小型のものからパワフルな海外製品を含むおすすめの商品をご紹介。ぜひ参考にしてください。

tag icon パソコン周辺機器 , パソコン , 掃除グッズ

スイッチングハブおすすめ11選|快適な接続環境のための選び方も解説

スイッチングハブおすすめ11選|快適な接続環境のための選び方も解説

ゲーム機やテレビなど、LANケーブルで複数の機器を接続したい場合に役立つスイッチングハブ。ルーターのLANポートと繋げるだけで、かんたんにポートの増設ができます。全て同じに見えるスイッチングハブですが、実はポート数やネットの回線スピードなど、選び方次第で、さらに快適な商品を選ぶことができるんです。本記事では初心者向けに、スイッチングハブの選び方やおすすめ商品をご紹介。一通り読んでいただければ、スイッチングハブの基本的な選び方をしっかり網羅できるはずですので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon パソコン周辺機器 , テレビ , パソコン

キャプチャーボードおすすめ19選【生配信や実況、録画配信に!基本知識や予算も解説】

キャプチャーボードおすすめ19選【生配信や実況、録画配信に!基本知識や予算も解説】

ITライターの海老原 昭さんへの取材をもとに、キャプチャーボードのおすすめ商品をご紹介します。画面録画や動画撮影にも役立つキャプチャーボードをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon パソコン周辺機器 , ゲーミングデバイス , パソコン

アーム式のノートパソコン用スタンドおすすめ11選|姿勢を正せる在宅ワークやデスクワークの強い味方!

アーム式のノートパソコン用スタンドおすすめ11選|姿勢を正せる在宅ワークやデスクワークの強い味方!

デスクワークの際、ノートパソコンを使用していると手首や肩、腰が疲れやすくなります。そこで役に立つのがノートパソコンスタンド。ノートパソコンスタンドがあれば疲れを軽減することができますよ。この記事では、そんなノートパソコンスタンドからアーム式タイプをピックアップ。選び方と、おすすめ商品をご紹介します。ご自身のライフスタイルにぴったりのノートパソコンのスタンドをぜひ選んでみてください。

tag icon パソコン周辺機器 , パソコン

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。