マンゴーのおすすめ6選【フルーツアドバイザーが選び方も解説】

マンゴーのおすすめ6選【フルーツアドバイザーが選び方も解説】

フルーツアドバイザー:原 詩織
フルーツアドバイザー
原 詩織

私が、こんなにもフルーツのとりこになったきっかけは、大田市場で仕入れたフルーツが本当に美味しく感動したことです。 こんなに美味しく感動するフルーツをもっといろいろな人に食べてもらいたい、伝えたいと思い、フルーツの勉強をしフルーツアドバイザーの資格をとりました。お客様へ美味しいフルーツを伝えるためにフルーツの知識を勉強していく中、フルーツはほかの食材にないすばらしい効能や、フルーツ自体のすばらしさを知りました。 フルーツを毎日食べるだけで、健康で元気に日々を暮らせていると実感しています。 ■日本最大の青果市場「大田市場」勤務 ■フルーツ定期宅配”果物の達人”バイヤー ■一般社団法人FRUIT LOVERS LIFE代表 ■フルーツイベント主催「桃まつり」「苺まつり」「マンゴーまつり」「ぶどう・ワインまつり」

カロテンやビタミンCなどの栄養が含まれ、「世界三大美果」のひとつにも数えられているマンゴー。海外からの輸入が多いのですが、日本でも宮崎、沖縄、鹿児島、熊本を中心に生産されています。幅広い産地のマンゴーが手に入りやすくなった現在ですが、品種によって味わいが違ったり、厳しい基準をクリアした果実がブランドマンゴーとして販売されたりしていることをご存じでしょうか。そこで、フルーツアドバイザーの原 詩織さんに、マンゴーの選び方とおすすめ商品をうかがいました。自家用はもちろん贈答用を選ぶ際にもぜひ参考にしてくださいね。


マンゴーの選び方|フルーツアドバイザーの原 詩織さんに聞く

フルーツアドバイザーの原 詩織さんに、マンゴーを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

マンゴーとフォーク
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

「国産」か「外国産」かで選ぶ

フルーツアドバイザー

国産マンゴーと外国産マンゴーのいちばんの違いは、追熟度合いです。

国産マンゴーは樹上(じゅじょう)で完熟して出荷するものがほとんどですが、外国産は長い間船にゆられて日本に届くため、どうしても早もぎ(完熟する前に収穫すること)しての出荷となります。そのため、追熟してから食べる必要があるのです。

国産マンゴーは、樹上で完熟したものを出荷しているため糖度が高く、食感も滑らか。逆に外国産は追熟の必要がありますが、国産のマンゴーと比べると安価なので気軽にマンゴーを食べたいときにおすすめです。最近では台湾マンゴーのように、外国産マンゴーでも国産と同じく樹上完熟で栽培されたマンゴーもあるのでおすすめですよ。

マンゴーの産地で選ぶ

フルーツアドバイザー

国産マンゴーで有名な産地といえば宮崎県。なかでも「太陽のタマゴ」は、とてもおいしいマンゴーとして知名度が高いです。鹿児島県のマンゴーは甘みもしっかりとあるのですが、さっぱりとしているのでとても食べやすく、価格も宮崎県産と比べるとお手ごろ。

また、マンゴーの国内収穫量が一番多い沖縄県から出荷されるミニマンゴーは、サイズが小さいので食べやすく人気があります。果皮が緑色で大玉なキーツマンゴーも、おいしくておすすめですよ。

最近では熊本県のマンゴーの収穫量も増加傾向にありますが、まだブランドとしての知名度が上がっていないせいか、求めやすい価格のものが多いです。ぜひいろいろな産地のマンゴーを試してみてください。

宮崎県産『太陽のタマゴ』

厳しいブランド認定基準とランクや糖度が規定以上のものしか「太陽のタマゴ」と名乗ることができない、高級なマンゴーです。

品種によって選ぶ

フルーツアドバイザー

マンゴーでいちばんポピュラーな品種といえばアーウィン種のアップルマンゴーですが、それ以外にもさまざまな種類のマンゴーがあります。

食べやすいマンゴーとして有名なアーウィン種のマンゴーのなかには、果実が小さいまま熟したミニマンゴーもあります。マンゴーはカットして食べるのが一般的ですが、ミニマンゴーは皮をむいてそのままかぶりつき、おいしく食べることができますよ。

また、ペリカンマンゴーの愛称で有名な黄色系のマンゴーは、おもにフィリピン産やタイ産のものが多く販売されていますね。スーパーでいちばんお手ごろに買えるのがこのマンゴーです。さらに、緑色をした珍しいマンゴーとしてキーツマンゴーがあります。一見熟していないようにみえますが、甘みもしっかりとあり、さっぱりとした後味の大玉マンゴーです。

沖縄県産『キーツマンゴー』

果皮が緑色のマンゴー。大玉で食べごたえがあるのが特徴です。

ブランドで選ぶ

フルーツアドバイザー

味わいも見た目も高級なブランドマンゴーは、大切な方への贈りもの、お土産にピッタリです。

たとえば有名な宮崎県産の「太陽のタマゴ」は、商品ブランド産地認定基準を厳しく設けており、基準以上のものでないと「太陽のタマゴ」と名乗ることができません。高級果物専門店では1個3万円以上するものもあり、おもに贈答用とされていますね。

ほかにも糖度、大きさ、外観の基準を超えたマンゴーしか名乗ることのできない最高級品として、鹿児島県産の「夏姫」なども挙げられます。

マンゴーは基本的に「秀」「優」「良」と等級(ランク)が高い順についており、産地によって等級の付け方は変わることもあります。宮崎マンゴーの基準だと、等級が高い順に「赤秀」「青秀」「○印」「無印」となります。サイズはS~5Lまでさまざまで、等級やサイズが大きくなるほどマンゴーは高値です。

マンゴーのおすすめ6選|フルーツアドバイザーの原 詩織さんがセレクト

上で紹介したマンゴーの選び方のポイントをふまえて、フルーツアドバイザーの原 詩織さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

マンゴー
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0
Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

宮崎県産『太陽のタマゴ』

出典:Amazon

産地
宮崎県
品種
アーウィン種
玉数
2L×2玉
Thumb lg a3ce9a21 ff45 4e77 b3b5 681c60a25aec
フルーツアドバイザー

自然完熟にこだわった魅惑的な宮崎マンゴー

「太陽のタマゴ」は樹上で熟し、自然に落果したものだけをネットでキャッチして収穫します。ブランド認証基準となるのは「自然に完熟」「落果した果実」「食味・外観にすぐれた果実」という点で、本当に完熟したものだけを厳選しています。

また、等級(ランク)が青秀以上、階級(サイズ)が2L以上、糖度15度以上の果実しか「太陽のタマゴ」と名乗ることはできません。ひとつひとつナンバーが印字してある「太陽のタマゴ」は濃厚で甘く、魅惑的な味わいです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

鹿児島県産『夏姫』

出典:楽天市場

産地
鹿児島県
品種
アーウィン種
玉数
2L×2玉
Thumb lg a3ce9a21 ff45 4e77 b3b5 681c60a25aec
フルーツアドバイザー

特級品のみが名乗れる高級ブランドマンゴー

鹿児島県ブランド産品「かごしまマンゴー」として出荷される果実のうち、「夏姫」はわずか1〜2%しかありません。「かごしまマンゴー」は樹上完熟したもので、糖度15度以上という基準がありますが、「夏姫」はさらに外観が紅色3分の2以上を満たすこと、1玉350g以上と厳しく審査されます。

厳しい出荷基準をしっかり守っているマンゴー「夏姫」は、濃厚な甘さのなかにもさっぱりとした後味があります。食べやすくおいしいマンゴーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

沖縄県産『キーツマンゴー』

出典:楽天市場

産地
沖縄県
品種
キーツ種
玉数
1~2玉(計1.5kg)
Thumb lg a3ce9a21 ff45 4e77 b3b5 681c60a25aec
フルーツアドバイザー

大玉サイズの品種で食べごたえたっぷり

「キーツマンゴー」は完熟していても果皮が緑色であるため、一見熟していないように見えます。色が変わらないので追熟の判断が難しいのですが、香りが強くなり、少し黄色みがかってきて実がやわらかくなったら食べごろ。大玉で食べごたえがあり、コクのあるおいしさで、満足しやすいマンゴーです。

大きさも特徴的で、一般的なアーウィン種のマンゴーが1玉350g前後に対し、キーツマンゴーは500g~2kgにもなる大玉マンゴ―品種です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

沖縄県産『ミニマンゴー』

出典:Amazon

産地
沖縄県
品種
アーウィン種
玉数
-
Thumb lg a3ce9a21 ff45 4e77 b3b5 681c60a25aec
フルーツアドバイザー

タネを気にせず手軽に食べられるサイズ感

沖縄のミニマンゴーは、一般的なマンゴーと違ってタネがとても小さいので、カットしやすく食べやすいのが特徴です。市場ではあまり出まわりませんが、通販や産直で購入できます。

一般的なマンゴーは中心に長いタネがあるので、それを取り除いてさいの目に切れ目を入れ、広げて食べますが、ミニマンゴーは半分に切りタネに注意してそのまま食べるか、切れ目を入れてバナナのように皮をむき、かぶりついて食べることができます。とても食べやすく、おいしいマンゴーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

台湾産『台湾マンゴー(アップルマンゴー)』

出典:Amazon

産地
台湾
品種
アーウィン種
玉数
2~3玉(計1kg)
Thumb lg a3ce9a21 ff45 4e77 b3b5 681c60a25aec
フルーツアドバイザー

国産マンゴーと同じ栽培方法で味にも定評あり

国産マンゴーはとても高価なイメージがあり、実際手が出しにくいお値段かとも思います。ですが、最近輸入が多くなっている台湾産のアップルマンゴーなら、お手ごろな価格で食べることが可能です。

とくに日本の栽培方法のように樹上完熟してから出荷されるマンゴーは、おいしさにも定評があります。価格は国産マンゴーの半額から3分の2ぐらいなので、気軽にマンゴーを楽しみたいときにおすすめです。

メキシコ産『ヴィーナスマンゴー(アップルマンゴー)』

出典:楽天市場

産地
メキシコ
品種
ヘイデン種
玉数
2~3玉
Thumb lg a3ce9a21 ff45 4e77 b3b5 681c60a25aec
フルーツアドバイザー

お手頃に完熟マンゴーを食べたいときにおすすめ!

海外産マンゴーの中でもとくに国産マンゴーに味わいが近いマンゴーが、メキシコ産のヘイデン種になります。ヘイデン種はアップルマンゴーの仲間で、太陽のタマゴなどの国産マンゴーと近い品種です。そのため濃厚な甘さとねっとりとした食感が楽しめます。

ヴィーナスマンゴーは樹上で完熟させ、しっかり熟してから収穫されているので、国産のマンゴーのように濃厚な甘みもありおいしいマンゴーです。メキシコ産マンゴーは国産のマンゴーに比べて値段が安いので、普段食べるのにお手頃です。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

宮崎県産『太陽のタマゴ』
鹿児島県産『夏姫』
沖縄県産『キーツマンゴー』
沖縄県産『ミニマンゴー』
台湾産『台湾マンゴー(アップルマンゴー)』
メキシコ産『ヴィーナスマンゴー(アップルマンゴー)』

商品

宮崎県産『太陽のタマゴ』 鹿児島県産『夏姫』 沖縄県産『キーツマンゴー』 沖縄県産『ミニマンゴー』 台湾産『台湾マンゴー(アップルマンゴー)』 メキシコ産『ヴィーナスマンゴー(アップルマンゴー)』

特徴

自然完熟にこだわった魅惑的な宮崎マンゴー 特級品のみが名乗れる高級ブランドマンゴー 大玉サイズの品種で食べごたえたっぷり タネを気にせず手軽に食べられるサイズ感 国産マンゴーと同じ栽培方法で味にも定評あり お手頃に完熟マンゴーを食べたいときにおすすめ!

価格

Amazon : ¥ 5,980
楽天市場 : ¥ 4,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,980
※各社ECサイトの 2019年5月1日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 6,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 6,800
※各社ECサイトの 2019年5月21日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 7,020
Yahoo!ショッピング : ¥ 7,020
※各社ECサイトの 2019年5月2日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,900
楽天市場 : ¥ 4,752
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,500
※各社ECサイトの 2019年5月3日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,860
楽天市場 : ¥ 4,860
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,860
※各社ECサイトの 2019年5月3日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 3,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,800
※各社ECサイトの 2019年5月21日時点 での税込価格

産地

宮崎県 鹿児島県 沖縄県 沖縄県 台湾 メキシコ

品種

アーウィン種 アーウィン種 キーツ種 アーウィン種 アーウィン種 ヘイデン種

玉数

2L×2玉 2L×2玉 1~2玉(計1.5kg) - 2~3玉(計1kg) 2~3玉

商品情報

いろんな種類を食べ比べてみて|フルーツアドバイザーの原 詩織さんからアドバイス

フルーツアドバイザー

マンゴー選びは「熟度」がポイント

マンゴーは完熟前に収穫してしまう海外産よりも、熟したあとに収穫する国産のほうが味わいがよい傾向があります。海外産は価格がお手ごろなので、気軽にマンゴーを楽しみたいときにはおすすめです。

国産マンゴーはそのイメージどおり、ほかのフルーツと比べれば高価かもしれません。ですが最近は、ブランドマンゴーの人気によってさまざまな産地で栽培されるようになり、求めやすい価格のマンゴーも出てくるようになりました。実にいろいろな品種があるので、食べ比べて味の違いを感じてみるのもよいでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連するタグ


フルーツ

関連する記事


パイナップルのおすすめ5選【フルーツアドバイザーが選び方も解説】

パイナップルのおすすめ5選【フルーツアドバイザーが選び方も解説】

スーパーやコンビニなどでも手軽に購入できる「パイナップル」。その多くはカットされているもので、フィリピンなどからの輸入品です。国内ではおもに沖縄県で作られており、「ゴールドバレル」や「ピーチパイン」など高級なものから珍しいものまでさまざま。せっかく購入するなら、おいしいものを選びたいですよね。そこで、フルーツアドバイザーの原 詩織さんに、おいしいパイナップルの選び方とおすすめ商品をうかがいました。


桃の選び方とおすすめ5選【フルーツアドバイザーに取材】

桃の選び方とおすすめ5選【フルーツアドバイザーに取材】

甘くて果汁たっぷりな桃。早いものなら、5月ごろから店頭に出回りますが、見た目もピンクや白など品種もさまざま。山梨県や岡山県が産地として有名ですが、選ぶとなると迷ってしまいますよね。そこで、フルーツアドバイザーの原詩織さんに桃の選び方とおすすめの桃を紹介していただきました。贈答品としてもピッタリな桃もありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


【フルーツアドバイザーが厳選】おすすめメロン5選|贈答用にも

【フルーツアドバイザーが厳選】おすすめメロン5選|贈答用にも

口いっぱいに広がる香りと上品な甘みのあるメロン。自宅用だけでなく贈りものとしてもよろこばれる高級フルーツです。ただ、いざ選ぼうとしても産地やブランドがさまざまで、ネット(網)の有無から果肉の色まで違いがあり、どんなことを重視して選べばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで、フルーツアドバイザーの原 詩織さんへの取材をもとに、メロンの選び方とおすすめのメロンをご紹介します。贈りものに向いているメロンをお探しの方も、ここで理想的なメロンが見つかるでしょう。


【フルーツアドバイザーが選んだ】おすすめいちご6選|たくさんの品種をご紹介

【フルーツアドバイザーが選んだ】おすすめいちご6選|たくさんの品種をご紹介

甘酸っぱくておいしいいちご。手軽に買えるいちごですが、実は品種改良がさかんで、次々と特徴のある品種が生まれています。せっかく買うなら、味や食感など好みに合ったいちごを選びたいですよね。今回はフルーツアドバイザーの原詩織さんからいちご選びのポイントを詳しく解説していただきました。プロならではの視点で選んだ、おすすめのいちごをご紹介します!


フルーツアドバイザーが選ぶ! さくらんぼの選び方とおすすめ商品5選

フルーツアドバイザーが選ぶ! さくらんぼの選び方とおすすめ商品5選

自宅用にはもちろんのこと、贈答用としても人気の高いさくらんぼ。さくらんぼと一口にいっても産地や品種などはさまざまで、なにを選んだらいいのかわからず戸惑うこともあるのではないでしょうか。そこでフルーツアドバイザー原 詩織さんへの取材をもとに、さくらんぼの選び方やおすすめの商品をご紹介します。


最新の記事


アウトドア&旅ライターが選ぶ! キャンプで使えるアウトドア用ペグおすすめ商品5選|テントをしっかり固定

アウトドア&旅ライターが選ぶ! キャンプで使えるアウトドア用ペグおすすめ商品5選|テントをしっかり固定

アウトドアでテントやタープを設営するとき、必ずお世話になるアイテムがペグです。ペグの素材は主に3種類で、丈夫なスチール製、軽さと丈夫さを両立しているアルミ製、軽くて持ち運びが楽なプラスチック製があります。テントやタープに付属のものでは頼りないと買い足しにアウトドアショップに出向くと、素材だけでなく形状もさまざまな商品がずらりと並んでいて、どれを選べばよいのか迷います。この記事では、屋外レジャーに詳しいアウトドア&旅ライターである大森弘恵さんにお話を伺い、ペグの選び方とおすすめ商品について説明します。選び方を参考にして、自分に合ったペグを探してくださいね。


【文房具のプロが選ぶ!】バイブルサイズ手帳のリフィルおすすめ8選|選び方も解説

【文房具のプロが選ぶ!】バイブルサイズ手帳のリフィルおすすめ8選|選び方も解説

バイブルサイズのシステム手帳は、持ち運びにもちょっとしたメモにも便利。リフィルを変えることでいろいろな使い方ができます。よく考えられたリフィルは、使い勝手のよさもさることながら、メモをとる楽しみも提供してくれます。メモ用リフィルであれば罫線の種類や紙の色による違い、スケジュールリフィルであれば月間や週間、見開きかどうかなど、レイアウトの種類が豊富にあります。この記事では、文房具のプロフェッショナルである、文房具ユーザーの他故壁氏さんへ取材し、バイブルサイズ手帳のリフィルの選び方、おすすめ商品を紹介します。


【整理収納アドバイザーが教える】 木製掛け時計のおすすめ8選|機能とデザインのバランス

【整理収納アドバイザーが教える】 木製掛け時計のおすすめ8選|機能とデザインのバランス

木製掛け時計は、アンティーク調のものからモダンなものまで種類が豊富で、どんな部屋のインテリアにも合わせやすいのが特徴です。自分の好みに合うデザインと、時計としての機能を果たしていることとのバランスがとても重要ですが、何を基準に選べば良いのか悩んでしまいますよね。ここでは、整理収納アドバイザーの鈴木久美子さんに取材をして教えていただいた選び方とおすすめ商品を紹介します。


【着こなし工学提唱者に聞く】男子学生のローファーおすすめ5選と選び方のポイント

【着こなし工学提唱者に聞く】男子学生のローファーおすすめ5選と選び方のポイント

男子学生の定番の革靴である「ローファー」。ハルタやリーガルなどのブランド、価格やカラー以外にもローファー選びのポイントが実はたくさんあるので、何を基準に選べばいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。そこでこの記事では、ファッションに詳しい[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんへの取材をもとに、男子学生向けのローファーの選び方やおすすめの商品をご紹介していきます。


タッチペン(スタイラス)付きボールペンおすすめ4選|教育・受験指導専門家に取材

タッチペン(スタイラス)付きボールペンおすすめ4選|教育・受験指導専門家に取材

この記事では、教育・受験指導専門家の西村 創さんへの取材をもとに、タッチペン(スタイラス)付きのボールペンの選び方とおすすめの商品をご紹介していきます。スマートフォンやタブレットを使って勉強や仕事をすることも多くなってきた今、注目したいのが、タッチペン(スタイラス)付きのボールペンです。ボールペンとタッチペン(スタイラス)を持ち替えることなく、複数の作業をスムーズに行うことができるからです。ふたつの機能を同時に手に入れることから、購入に際しては、気をつけて欲しいポイントがありますので、ぜひ参考にしてください。