1万円以下のクーラーボックス(ハード)の選び方とおすすめ5選|アウトドア・旅ライターに取材

1万円以下のクーラーボックス(ハード)の選び方とおすすめ5選|アウトドア・旅ライターに取材

アウトドア&旅ライター・編集者:大森 弘恵
アウトドア&旅ライター・編集者
大森 弘恵

オートキャンプ雑誌、アウトドア雑誌の編集部を経て、フリーランスに。 現在はアウトドア(おもにキャンプとウインターアクティビティ、野外料理)、旅をテーマに雑誌やWEBマガジンで活動。 趣味は30年ほど前からはじめた国内外でのオフロード・ツーリング&キャンプ。最近、ハンモック泊の心地よさに感激。

キャンプやアウトドアになくてはならないクーラーボックス。特にハードタイプはソフトタイプと比べて保冷力が高いのが特徴で、さまざまな場所で役立ちます。しかし、たくさんの商品が販売されているので、どのような基準で選んだらいいか悩んでしまう人もいるでしょう。また、せっかくなら少しでもお得な商品を購入したいと考えている人も多いのではないでしょうか。そこで、この記事ではアウトドア・旅ライターの大森弘恵さんに取材し、1万円以下のクーラーボックス(ハード)の選び方とおすすめの商品をご紹介します。専門家の意見を参考にしながら、気に入った商品を購入してみましょう。


1万円以下のクーラーボックス(ハード)の選び方|アウトドア・旅ライターに聞く

フリーライター・編集の大森弘恵さんは、1万円以下のクーラーボックス(ハード)を選ぶときはどのような点を基準に検討しているのでしょうか。ポイントを3つ教えてもらったのでご紹介します。

海辺に置かれたクーラーボックス

Photo by Sandrene Zhang on Unsplash

大容量が必要なときは、複数のクーラーボックスを利用する

アウトドア&旅ライター・編集者

家族の人数にもよりますが、一般的にファミリーキャンプでは50~60Lのクーラーボックスが必要だといわれています。お料理が好きだったり、団体でキャンプに行ったりする場合はさらにもっと大きな容量のクーラーボックスが必要になる場合もあるでしょう。

しかし、考えておかなくてはいけないのは、容量の大きいクーラーボックスほど中身を詰め込むと重たくなるということです。そのため、容量の大きいクーラーボックスを1つしか用意していないと、持ち運びで苦労することがあります。できれば40L程度のクーラーボックスを2個用意するほうが無難です。

また、どうしても大容量のクーラーボックスを用意する場合は、ホイール付きのものを選ぶと持ち運びやすいのでおすすめです。

フタの開閉のしやすさにも気をつけよう

アウトドア&旅ライター・編集者

フタは大きく開くタイプのほうが、中身を取り出しやすいので便利です。しかし、大きく開く分だけ、冷気が逃げやすく保冷力が下がりやすい点には気をつけなければいけません。

キャンプ場へ向かう途中で食材を購入するときは、積載した荷物を積み下ろすことなく食材をクーラーボックスに収納できるように、フタが側面にくるようにクーラーボックスを横向きに載せることがあります。そのような場合は、片手でロックを解除できるフタのクーラーボックスが便利です。

水抜き穴の付いているものを選ぶこと

アウトドア&旅ライター・編集者

クーラーボックスは使っているうちに食材や保冷剤の周囲の氷が溶けて水が溜まっていきます。さらに、キャンプ場の土埃が入ったり、肉のドリップが付着したりするなど、使用後のクーラーボックスの内部は思ったより汚れているものです。内部に溜まった水を出すためや、使用後に丸洗いするときのためにも水抜き用の栓が付いているクーラーボックスを選ぶとよいでしょう。

その際は、底が傾斜していて水抜きしやすいものを選ぶと、重いクーラーボックスを傾けなくていいので、楽に作業できます。

1万円以下のクーラーボックス(ハード)5選|アウトドア・旅ライターのおすすめ

1万円以下のクーラーボックス(ハード)を選ぶときのポイントは、「複数個の利用も検討する」「フタの開閉のしやすさに気をつける」「水抜き穴のあるものを選ぶ」でした。これらをふまえたうえで、実際にフリーライター・編集の大森弘恵さんに選んでもらったおすすめの商品を5つご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

COLEMAN(コールマン)『エクスカーションクーラー/30QT』

出典:Amazon

本体サイズ(W×D×H)
約46×33×40cm
容量
約28L
重量
約2.7kg
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

押すだけでロック完了する実用性が魅力!

容量28Lの比較的小型なクーラーボックスで、食品または飲み物のどちらかを保存しておくのに便利です。フタはロックレバーなどはなく、上から押さえるだけでカチッと閉まるので、グローブなどをはめたままでも扱いやすいのはメリットだといえます。

小型サイズではありますが、2Lペットボトルをそのまま縦に保管できるので、フタを開けたときに中の食品や飲み物を確認しやすく、取り出しやすいのも特徴です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

COLEMAN(コールマン)『ホイールクーラー/60QT』

出典:Amazon

本体サイズ(W×D×H)
【ハンドル収納時】約58×46×45cm、【ハンドル使用時】約58×46×106cm
容量
約56L
重量
約5.6kg
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

大容量でも持ち運びしやすいホイール付き!

容量の大きいクーラーボックスは、暑い夏のキャンプやバーベキューなどで頼りになります。しかし、保冷剤や食品などをたくさん入れると非常に重いのが欠点です。

このクーラーボックスは大型ホイールとハンドルが付いているので、スーツケースのように地面をコロコロ引っ張って歩けます。駐車場から離れた場所にあるキャンプサイトでも安心して使えるように設計されているのが特徴です。また、白いフタは汚れが目立ちがちですが、汚れを落としやすいイージークリーントップが採用されているのも好ましい点だといえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Flip-Box(フリップボックス)『フリップボックスビッグ』

出典:Amazon

本体サイズ(W×D×H)
【外寸】60×40×25cm、折りたたみ時の高さ10cm、【内寸】55×35×20cm、断熱材の厚み2.5cm
容量
約39L
重量
約850g
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

ドイツ生まれのたためるクーラー

ドイツ製で超軽量が魅力のクーラーボックス。発泡ポリプロピレン製で心許ないように感じる人もいるかもしれませんが、耐荷重は20kgあるのでそれほど心配する必要はありません。クーラーボックス自体の重量は1kg以下なので片手で簡単に持ち上げられるうえ、薄くたたむこともできるので車に常備しておくと重宝します。

一体成形のクーラーボックスと異なり、接続部から水がにじむことがあるので、板氷よりも保冷剤を使うほうが安心です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CHUMS(チャムス)『スチールクーラーボックス』

出典:Amazon

本体サイズ(W×D×H)
29×23×31cm
容量
12L
重量
2.8kg
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

長く使うほど味がでるクーラーボックス

内容量は12Lと比較的小型のクーラーボックスで、500ml缶が6本入るサイズです。フタ全体を取り外す仕組みになっているので、フタのどちら側からでもアクセスしやすいのが特徴です。栓抜きや細めのハンドル、上部四隅のガード、ベイルハンドルをフタのハンドルで固定する昔ながらのロックシステムなどレトロな雰囲気を楽しめます。

決して大容量ではありませんが、スチール製ならではの風合いの変化が楽しいクーラーボックスです。きっと長く育てていきたくなるでしょう。テーブルの脇に置いてワインクーラー代わりに使用するにもちょうどいいサイズです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『シエロクーラーボックス35』

出典:Amazon

本体サイズ(W×D×H)
59×29×37cm
容量
33L
重量
約2.8kg
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

狭い場所でも開閉しやすいのが便利!

フタの裏が少しくぼんでいて、2Lのペットボトルを縦に10本収納できるサイズのクーラーボックスです。フタのロックシステムはシンプルかつスリムな横型なので、開け閉めしやすいのが特徴です。

クルマに荷物を満載した状態で食品の買い出しに行くようなシーンでも、ほかの荷物と干渉せずに簡単にフタを開け閉めできるでしょう。両側のハンドルのほかにベルト付きなのも持ち運びやすく気が利いています。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

COLEMAN(コールマン)『エクスカーションクーラー/30QT』
COLEMAN(コールマン)『ホイールクーラー/60QT』
Flip-Box(フリップボックス)『フリップボックスビッグ』
CHUMS(チャムス)『スチールクーラーボックス』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『シエロクーラーボックス35』

商品

COLEMAN(コールマン)『エクスカーションクーラー/30QT』 COLEMAN(コールマン)『ホイールクーラー/60QT』 Flip-Box(フリップボックス)『フリップボックスビッグ』 CHUMS(チャムス)『スチールクーラーボックス』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『シエロクーラーボックス35』

特徴

押すだけでロック完了する実用性が魅力! 大容量でも持ち運びしやすいホイール付き! ドイツ生まれのたためるクーラー 長く使うほど味がでるクーラーボックス 狭い場所でも開閉しやすいのが便利!

価格

Amazon : ¥ 4,104
楽天市場 : ¥ 3,980
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,980
※各社通販サイトの 2019年4月25日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 6,880
楽天市場 : ¥ 7,380
Yahoo!ショッピング : ¥ 7,380
※各社通販サイトの 2019年4月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,980
楽天市場 : ¥ 4,980
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,980
※各社通販サイトの 2019年4月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 10,692
楽天市場 : ¥ 10,692
Yahoo!ショッピング : ¥ 9,990
※各社通販サイトの 2019年4月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 8,100
楽天市場 : ¥ 4,521
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,710
※各社通販サイトの 2019年4月16日時点 での税込価格

本体サイズ(W×D×H)

約46×33×40cm 【ハンドル収納時】約58×46×45cm、【ハンドル使用時】約58×46×106cm 【外寸】60×40×25cm、折りたたみ時の高さ10cm、【内寸】55×35×20cm、断熱材の厚み2.5cm 29×23×31cm 59×29×37cm

容量

約28L 約56L 約39L 12L 33L

重量

約2.7kg 約5.6kg 約850g 2.8kg 約2.8kg

商品情報

保存場所を工夫して、保冷力をカバーすれば扱いやすい

アウトドア&旅ライター・編集者

保冷力が自慢の極厚クーラーボックスは人気がありますが、オートキャンプ場で1泊だけ、などという場合には大きすぎてオーバースペックになる可能性もあります。

開閉回数が多くて保冷用の氷が少なくなったとしても、売店や付近のスーパーなどで氷を補充すれば、一般的なハードクーラーボックスでも機能的には十分な場合も多いです。

何よりも小型のクーラーボックスは軽いのに収納性が高いのが良い点です。風通りのいい日陰に置くなど設置場所を工夫して、保冷性をカバーしましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/10/01 タグ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横塚枝緒里)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

アウトドアライターの夏野 栄さんに登山用ザックカバーの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。登山用のザックを購入するなら、あわせてそろえておきたいのがザックカバーです。山の天気は変わりやすいもの。ザックカバーは雨や雪はもちろん、ときにはホコリや砂からも大切な荷物を守ってくれます。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。備えあれば憂いなし。いざというとき頼りになる登山用ザックカバー選びの参考にしてください。


【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶアタックザックのおすすめ5選をご紹介します。登山では山小屋やベースキャンプから頂上を目指す場合などに、最小限の荷物だけを持って挑むことがあります。こうしたときに役立つのが「アタックザック」や「サミットパック」と呼ばれる、携帯性にすぐれた予備のザックです。糸や生地の品質に加えてザックそのものの性能が向上し、各メーカーから軽量でコンパクトな製品が数多くリリースされています。そこで、夏野さんにアタックザックを選ぶポイントをうかがい、おすすめの商品について解説していただきました。記事後半の各通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。


【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶクライミングロープ5選をご紹介します。クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。そこで、夏野さんに選ぶときに気をつけるポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

DODは日本のアウトドア用品メーカーですが、従来はドッペルギャンガーアウトドアというブランド名で知られていました。2018年2月からはDOD(ディーオーディー)にブランド名が変更され、今ではウサギとDODが組み合わされたロゴマークのテントやタープでおなじみです。ちなみに現在ではドッペルギャンガーというブランドは、同社の自転車ブランド名になっています。DODは幅広いアウトドア用品を提供していますが、テーブル・チェアや焚火用品をはじめ、ユニークな名前や機能を持つ製品が多いのも特徴です。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんがDODテントの選び方のコツとおすすめ商品を紹介します。


最新の記事


【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

グリーンアドバイザーのふじ えりこさんに鉢のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。鉢は、コンテナ、ポットとも呼ばれ、サイズが大きいプランターなどもある意味で鉢と呼ばれます。鉢の大きな役割は、地植えではなく、土を入れ植物を人工的に管理できる環境を作ることにあります。そのため、鉢は管理をしやすくするためのものと、植物をより美しく魅せるためのものと大きくふたつにわかれ、用途を使い分けることも大切です。この記事では、さまざまな鉢の中から厳選した商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。


50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

年齢を重ねて、本格的に肌の悩みが気になってくる50代。そんな気になる悩みには美容成分がたっぷり入ったものや補色効果で肌の色を明るく見せてくれるもの、乾燥を防いで毛穴の開きをカバーしてくれるものや、UV効果のあるものなどの化粧下地を選んでメイク時間を楽しみたいものです。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティスト・渡辺みゆきさんへの取材をもとに、50代に適した化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

大切なメガネ、掛けていない時はどこに置いていますか。「あれ? どこに置いたっけ?」とすっかり忘れて慌ててしまうこともあることでしょう。こんなときもメガネスタンドがあれば、メガネを探す手間も省けて、より毎日を快適に過ごせるはず。部屋の雰囲気やインテリアに調和するオシャレなものや、キャラクタータイプのかわいらしいものまで、現在ではさまざまなタイプが発売されています。そこでで、本記事では「使い勝手のよさ」にフォーカスして、おすすめのメガネスタンドをご紹介します! 「家事中年男子」&家事ライターの東海林ミノルさんへの取材をもとにメガネスタンドの選び方を解説するとともにおすすめ商品を紹介します。


【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

汗や皮脂を吸収して、赤ちゃんの敏感な肌をサラサラに保ってくれるベビーパウダー。最近は赤ちゃんだけではなく、美容アイテムとして大人の女性からも人気を集めています。この記事では、美容ライターの田島えり子さんへの取材をもとに、美容アイテムとしてベビーパウダーを使いたい人向けに、その選び方とおすすめ商品6つをピックアップして紹介。さらに記事の最後では、通販サイトのベビーパウダーランキングも掲載しています。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

フリーランスライターで文具に詳しい出雲義和さんに聞いた、モンブラン万年筆の選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。万年筆といえばモンブランという答えがかえってくるほど、モンブランは万年筆にあまり詳しくない人にも知られている有名なブランドです。そんなモンブランの万年筆は「マイスターシュテュックシリーズ」が代表的でしょう。ペン先の仕様やインク補充の方式など、注目すべきポイントはたくさんあります。本記事を参考に、お気に入りの品をみつけてくださいね。記事の最後には、通販サイトの万年筆ランキングも紹介しています。