厳選!【コンポ】おすすめ商品6選&選び方|オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家に取材

厳選!【コンポ】おすすめ商品6選&選び方|オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家に取材

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

PCやスマホで音楽を聞くのが当たり前になってきましたが、音質にこだわりたいのであれば音楽コンポがほしいところ。一昔前ではCDしか再生できないものが多かったですが、コンポも進化を遂げ、Bluetooth、Wi-Fi接続、USB接続などが可能になり、ハイレゾにも対応するものまで出てきました。この記事ではエキスパートにオーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに、コンポの選び方とおすすめ商品をご紹介していただきます。ぜひ、参考にしてみてください。


コンポの選び方|オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家に聞く

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに、コンポを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。自分に合ったコンポを見つけるための大切なポイントになりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

コンポ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

コンポで再生する音楽はPCとはまた違う音質を楽しめます。

音楽CD以外の再生方法メディアをチェック

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

コンポの基本は音楽CDの再生ですが、実はそれ以外にもさまざまな音楽メディアに対応するのが今どきのコンポです。

ラジオリスナーならAM/FM対応、スマホと接続するならBluetotohへの対応、音楽配信で音楽を聴きたいならWi-Fi搭載や対応サービス、USBメモリからハイレゾ音源を再生したいなら再生フォーマットも確認しましょう。

また、USB DAC機能を内蔵した機種なら、PCと組み合わせてPCオーディオにもなります。音楽CD再生+自分が考えている音楽リスニング方法をすべてカバーする機種を探し出してみましょう。

JVCケンウッド『EX-S55-T』

さまざまなメディアを再生できるかもチェックしたいポイントです。

>> Amazonで詳細を見る

カセット・MD対応は期待薄

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

80~90年代のミニコンポ世代の人は、秘蔵のカセットテープ・MD(ミニディスク)を再生できるコンポはないの? と探している人もいるかもしれません。

今のコンポでは、カセット・MDコンポはほぼ絶滅していて、新品で購入できるコンポでカセットテープに対応しているものは1機種のみ。本格的にカセットテープを扱える機種を探している人は、リバイバルブームの訪れているラジカセから探すことをおすすめします。

なお、MD対応のコンポは新品の発売は完全に途絶えてしまっているので、中古品で探すしかありません。

アンプのW(ワット)とスピーカーをチェック

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

音楽を聴くコンポは、やはり音質にこだわって選びたい人も多いでしょう。コンポの備えているサウンドの目安となるのが、内蔵アンプのW (ワット) の数字で、数字が大きいほど高いスピーカー出力を備えて、大きな音量で音楽を流すことができます。

もっとも、単純にWの数字が大きいほど音質がいいわけではありませんが、高音質な機種はおおむね大きなW数を備えているので目安として考えましょう。

また、スピーカーの再生周波数特性のHzの数字下限は再生できる低音、数字上限は対応できる高音の幅を表していて、とくに低音側は再生能力の目安になります。

サンスイ『SMC-300BT』

ワットは音質を左右する重要な要素です。

>> Amazonで詳細を見る

どんな音がよいかは最後は耳で

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

音質を語るうえでアンプやスピーカーを解説しましたが、メーカーによって理想とするサウンドは異なるので、スペックだけで音のよさや音質は一様には語れません。

ですが本体とスピーカーが揃い、組み合わせて音質チューニングがなされたセットが揃うコンポは、お手頃価格ながらメーカーの目指す音の方向性を発揮しやすいオーディオ機器とも言えます。

可能であれば、家電量販店や専門店などで実際に音を聴き比べてみましょう。それが難しい場合には、ネットの口コミやレビューもチェックしてみましょう。とくに同じような音楽を聴いている人のレビューは参考になるでしょう。

デザインの視点も忘れずに

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

コンポ選びのもうひとつの視点はデザインです。

コンポは高音質趣味に突っ走った高級なHi-Fiオーディオではないので、老若男女幅広い人がターゲット。各社ともお部屋にコンポを置いてもらうため外見にも工夫しています。

スタンダードなオーディオらしいデザインだけでなく、ナチュラル系デザイン、レトロ系、カジュアル系とさまざま。音質だけで選べないなら、設置する部屋の雰囲気に合わせて選んでみましょう。

コンポおすすめ6選|オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家が厳選!

上で紹介したコンポの選び方のポイントをふまえて、オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。用途に合わせたバリエーション豊かなコンポをピンポイントでチェックできますよ!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パナソニック『SC-PMX80』

出典:Amazon

Bluethooth対応
ネットワーク対応
再生可能ソース種類
◯(USB、音楽CD、ハイレゾ、スマホアプリ、定額音楽配信)
アンプ搭載(W数)
120W(60W+60W)
スピーカーの仕様
ウーハー:14cmコーン型 ツィーター:1.9cmドーム型 スーパーツィター:1.5cmピエゾ型
タイプ
セパレート
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ハイレゾ対応のハイコスパモデル

近年コンポの地位を引き上げた立役者と呼べるブランドがパナソニックです。その最大の理由は、ハイレゾ対応のコンポの設計・開発に成功し、価格以上に高音質な機能性で高く評価されたことにあります。そんなパナソニックのスタンダードな高音質コンポが「SC-PMX80」です。

機能面では上位機種の「SC-PMX150」と揃えられているので、音楽CD再生だけでなく、USBメモリやPC接続によるハイレゾ再生、Bluetooth、Wi-Fi、スマホアプリでの操作、定額音楽配信にも対応可能という、驚きの多機能。サウンドはハイレゾ対応コンポらしい高解像志向。

お手頃価格で歌声の生々しさが聴け、かつ高機能なコンポですので、ハイコスパな商品を求める人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サンスイ『SMC-300BT』

出典:Amazon

Bluethooth対応
ネットワーク対応
再生可能ソース種類
◯(USB、音楽CD)
アンプ搭載(W数)
30W+30W
スピーカーの仕様
11cmウーファー、3.8cmドームツイーター
タイプ
一体型
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

御三家ブランドの真空管コンポ

1970年代までオーディオ御三家の一角として語られたサンスイ。そのサンスイのブランドを復活させて、レトロ調デザインのスタイリッシュオーディオとして登場したモデルが「SMC-300BT」です。

アンプはなんと真空管アンプとデジタルアンプのハイブリッドで、本体から真空管の光が漏れる様は、もう普通のコンポというよりはインテリア小物と呼ぶべきでしょう。音楽CDプレイヤー、そしてBluetotohによるスマホ連携にも対応と現在のコンポらしい機能も揃います。

ただのコンポじゃ面白くない、という人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JVCケンウッド『EX-S55-T』

出典:Amazon

Bluethooth対応
ネットワーク対応
再生可能ソース種類
◯(USB、音楽CD)
アンプ搭載(W数)
25W+25W(JEITA)
スピーカーの仕様
バフレフ型フルレンジウッドコーン 8.5cm×1(4Ω)(1本あたり)
タイプ
セパレート
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

背の低いウッドコーンコスピーカー搭載コンポ

JVCは、自然の木を加工して振動板として用いる技術によるウッドコーンスピーカーを開発して、自社のコンポを展開しています。

シリーズの入門にあたる「EX-S55」は、木の素材をテーマとして前面に押し出したデザインと、背の低い「フラット&ロースタイルデザイン」を特徴としています。

実際のサウンドは、木の素材による温もりのあるような音というだけでなく、スピーカーの存在が消えるような圧倒的な音場感の表現が魅力。

お部屋のインテリアと調和するデザインと高音質の両方を求める人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JVCケンウッドK-Series『K-515-N』

出典:Amazon

Bluethooth対応
ネットワーク対応
再生可能ソース種類
◯(USB、音楽CD、ハイレゾ)
アンプ搭載(W数)
25W+25W(JEITA 4Ω)
スピーカーの仕様
ウーファー(11cmコーン型) ツィーター(2.5cmドーム型)
タイプ
セパレート
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

ハイレゾ対応正統派コンポ

1990年代に人気を博したコンポ「K'sシリーズ」のブランドを復活させる形で展開しているケンウッドKシリーズの最新コンポ。

アルミ材のフロントマスクのデザインはまさに正統派のコンポと呼ぶべき存在で、音楽ソースはCDとBluetooth、ハイレゾも含めたUSBメモリ再生とシンプルな点が特徴です。

スピーカーは幅14cmと小型ですが、精緻にまじめに高音質を追求するハイクオリティ。音楽CDリスニング+スマホによるBluetoothのリスニング中心で、スタンダードなコンポを探してる人にぴったりです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パナソニック『SC-PMX150』

出典:Amazon

Bluethooth対応
ネットワーク対応
再生可能ソース種類
◯(USB、ハイレゾ、定額音楽配信)
アンプ搭載(W数)
120W(60W+60W)
スピーカーの仕様
ウーハー:14cmコーン型 ツィーター:1.9cmドーム型 スーパーツィター:1.2cmピエゾ型
タイプ
セパレート
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

コンポ最上級のサウンド

ハイレゾ音源の再生で高音質を突き詰めたパナソニックの最上位。音楽CDもハイレゾ音質で聴ける「CDハイレゾ リ・マスター」搭載、Wi-Fiでハイレゾも定額音楽配信も対応、PCと直結できるUSB DAC搭載と、もうコンポとも思えないほど多機能な商品です。

ハイレゾ再生向きに作り込まれたサウンドは、音の情報量を徹底的に描きつつ、サウンドフィールドも広く展開していき、あまりに本格的な高音質に驚くことでしょう。

ちょっとオーディオに興味のある人も、音楽CDや各種メディアの再生、アンプ、スピーカーまで買いそろえるとトータル10万はすぐに超える場合がありますが、「SC-PMX150」1台で済ませることで、価格を抑えることができますので、より高音質なものを求めている人はこちらのコンポを試してみていただきたいです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パイオニア『X-CM56』

出典:Amazon

Bluethooth対応
ネットワーク対応
再生可能ソース種類
◯(USB、音楽CD)
アンプ搭載(W数)
15W+15W(JEITA 1 kHz、10%、T.H.D.、8 Ω)
スピーカーの仕様
50mmコーン型 トゥイーター、94mmコーン型 ウーファー
タイプ
セパレート
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

スタイルとカラーで選べるカジュアルデザイン

パイオニアのコンポとして最上位モデルながら、女性の部屋や明るいリビングにも似合うようなスタイルとカラーのコンポを展開している機種が、「X-CM56」です。

ブラックだけでなく、ホワイト、レッド、グリーンと明るい色を展開しているコンポは、今となっては少数派となってしまいました。

オーディオメーカーの製品らしく、音のライブ感、空間再現までしっかりと表現していて意外と高音質です。インテリアに合うコンポを探している人は候補に考えてみましょう。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

パナソニック『SC-PMX80』
サンスイ『SMC-300BT』
JVCケンウッド『EX-S55-T』
JVCケンウッドK-Series『K-515-N』
パナソニック『SC-PMX150』
パイオニア『X-CM56』

商品

パナソニック『SC-PMX80』 サンスイ『SMC-300BT』 JVCケンウッド『EX-S55-T』 JVCケンウッドK-Series『K-515-N』 パナソニック『SC-PMX150』 パイオニア『X-CM56』

特徴

ハイレゾ対応のハイコスパモデル 御三家ブランドの真空管コンポ 背の低いウッドコーンコスピーカー搭載コンポ ハイレゾ対応正統派コンポ コンポ最上級のサウンド スタイルとカラーで選べるカジュアルデザイン

価格

Amazon : ¥ 31,369
楽天市場 : ¥ 31,500
Yahoo!ショッピング : ¥ 32,184
※各社通販サイトの 2019年4月14日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 27,980
楽天市場 : ¥ 27,750
Yahoo!ショッピング : ¥ 28,859
※各社通販サイトの 2019年4月14日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 42,000
楽天市場 : ¥ 56,430
Yahoo!ショッピング : ¥ 51,020
※各社通販サイトの 2019年4月14日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 33,400
楽天市場 : ¥ 38,438
Yahoo!ショッピング : ¥ 39,745
※各社通販サイトの 2019年4月14日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 81,926
楽天市場 : ¥ 66,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 62,424
※各社通販サイトの 2019年4月14日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 17,800
楽天市場 : ¥ 18,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 18,800
※各社通販サイトの 2019年4月14日時点 での税込価格

Bluethooth対応

ネットワーク対応

再生可能ソース種類

◯(USB、音楽CD、ハイレゾ、スマホアプリ、定額音楽配信) ◯(USB、音楽CD) ◯(USB、音楽CD) ◯(USB、音楽CD、ハイレゾ) ◯(USB、ハイレゾ、定額音楽配信) ◯(USB、音楽CD)

アンプ搭載(W数)

120W(60W+60W) 30W+30W 25W+25W(JEITA) 25W+25W(JEITA 4Ω) 120W(60W+60W) 15W+15W(JEITA 1 kHz、10%、T.H.D.、8 Ω)

スピーカーの仕様

ウーハー:14cmコーン型 ツィーター:1.9cmドーム型 スーパーツィター:1.5cmピエゾ型 11cmウーファー、3.8cmドームツイーター バフレフ型フルレンジウッドコーン 8.5cm×1(4Ω)(1本あたり) ウーファー(11cmコーン型) ツィーター(2.5cmドーム型) ウーハー:14cmコーン型 ツィーター:1.9cmドーム型 スーパーツィター:1.2cmピエゾ型 50mmコーン型 トゥイーター、94mmコーン型 ウーファー

タイプ

セパレート 一体型 セパレート セパレート セパレート セパレート

商品情報

ECサイトのコンポ・ミニコンポ・セットコンポランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのコンポ・ミニコンポ・セットコンポの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:コンポ・ミニコンポ・セットコンポランキング
楽天市場:コンポ・ミニコンポ・セットコンポランキング
Yahoo!ショッピング:コンポ・ミニコンポ・セットコンポランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

コンポとは「スピーカーセットの本格オーディオ機器」のこと!

そもそも「コンポ」という製品の原型は、1990年代に大ヒットした「ミニコンポ」です。音楽CDとともにAM/FMラジオ、カセットやMDなどのプレイヤーを一体化した本体と、左右ふたつのスピーカーをセットにした構成が90年代コンポの基本形でした。

現在もコンポの基本形は同じで、音楽CDとラジオ、そして現代的な音楽リスニング機能としてハイレゾ再生やBluetooth、Wi-Fiなどに対応してアンプを一体化させた本体と、左右のスピーカーのセットになっています。

なお、本体部分のみでスピーカーが付属しない製品は「CDレシーバー」などと呼ばれ、本来のコンポとは区別して扱われます。

コンポ選びに迷ったら|オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家からのアドバイス

今どきのコンポの情報をしっかり収集しましょう

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

90年代で一度大ブームを経験したコンポは、本格的なHi-Fiオーディオではないし、かといってワイヤレススピーカーのようなスマホ世代のガジェットでもない、狭間の位置の製品カテゴリです。

しかし、最近のコンポは昔ながらの音楽CDを再生できるだけでなく、スマホの音楽をワイヤレスで流せるBluetooth対応は当たり前ですし、ハイレゾ再生やWi-Fi搭載まで対応していたりと、音楽再生なら何でも揃うオールインワン。音質に対するコスパのよさもピカイチです。

コンポの中身は時代に合わせてアップデートされているので、最新のコンポの情報を調べたうえで、自分が求めている機能が揃っているかどうかを確認してから購入することをおすすめします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/06/27 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【壁掛けスピーカー】選び方&おすすめ6選|ガジェットライターが解説

【壁掛けスピーカー】選び方&おすすめ6選|ガジェットライターが解説

ガジェットライターが選ぶ壁掛けスピーカー5選をご紹介します。スマホで音楽や動画を再生したり、テレビで映画を観たりゲームをしたり。そんなスマホやテレビにももちろんスピーカーは付いていますが、音質のよい音楽を聴きたいのであれば、壁掛けスピーカーがおすすめです。そこで、ガジェット・家電ライターの渡辺まりかさんにお話をうかがい、音質やコスパの観点でおすすめの壁掛けスピーカーについて教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


アップル AirPods pro とソニー WF 1000XM3、買うならどっち?【実機比較動画あり】

アップル AirPods pro とソニー WF 1000XM3、買うならどっち?【実機比較動画あり】

アップル「AirPods Pro」とソニー「WF-1000XM3」を、iPhone関連プロダクトに詳しいITライター中筋義人さんに、実機を使って性能や使い勝手まで比較してもらいました。このジャンルは、2019年7月に発売された「WF-1000XM3」が販売開始後しばらくは売り切れが続く人気でしたが、それに対抗するような「AirPods Pro」をアップルが投入してきてきました。さぁ軍配はどちらに上がるのか? 外観やケース出し入れの比較動画もあります。ぜひ参考にしてください。


【CDラジカセ】の選び方&おすすめ商品7選|ガジェットライターが解説!

【CDラジカセ】の選び方&おすすめ商品7選|ガジェットライターが解説!

ガジェットライターが選ぶCDラジカセ7選をご紹介します。音楽CDやカセットを聞くことができるCDラジカセ。使い勝手のよさから、いまだに現役で使っている人も多いのではないでしょうか。しかし、昔にくらべて主要メーカーから新モデルも売らなくなり、おすすめのCDラジカセといってもこのモデル! というのを思いつける人も少ないのでは。そこで、ガジェットライターの渡辺まりかさんにお話をうかがい、選び方やいまだからこそおすすめできるCDラジカセを教えていただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【家電ライターが教える】使い勝手がいい拡声器のおすすめ7選!

【家電ライターが教える】使い勝手がいい拡声器のおすすめ7選!

この記事では、家電ライターの渡辺まりかさんに拡声器の選び方や商品選びのコツを伺いました。また、おすすめ商品も紹介していただきました。発した声を大きな声に拡大する拡声器ですが、家電量販店ではあまり取り扱いがなく、スポーツ用品店などで時々売っている商品しか購入できないというジレンマがありました。しかし、実は見かけないだけでメーカーではいろいろと生産しているんです! ぜひプロの意見を参考にして、用途に合った拡声器をみつけてみてください。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ひとり暮らしに必要な家電のひとつ「アイロン」。クリーニング屋さんを使用しない分、おうちでYシャツやブラウスなども安上がりにすみます。ですが、アイロンといっても多くのメーカーが商品展開していて選ぶのが大変ですよね。この記事では、ガジェット・家電ライターとして長年家電をレビューしてきた、渡辺まりかさんに選び方やおすすめ商品についてうかがいました。