PR(アフィリエイト)

イラストレーター専門学校おすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントやメリット・デメリットをご紹介!

イラストレーター専門学校おすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントやメリット・デメリットをご紹介!
イラストレーター専門学校おすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントやメリット・デメリットをご紹介!

◆本記事はプロモーションが含まれています。

「絵を描く仕事に就きたい」「イラストを専門的に学びたい」などの理由から、イラストレーター専門学校への入学を検討している方も多いのではないでしょうか。しかし、今では多くの専門学校が存在するため、どの学校を選べばいいのか悩んでしまいますよね。

そこでこの記事では、文数あるイラストレーター専門学校の中から、特におすすめの学校をランキング形式でご紹介していきます。また、学校選びのポイントや専門学校に通うメリット・デメリットについても併せて解説しますので、イラストレーター専門学校に興味がある方はぜひ参考にしてくださいね。


この記事を担当するエキスパート

WEBライター/ライトノベル作家
ぼんちび
大阪府在住のWEBライター兼ライトノベル作家。 2018年からライター活動を始め、これまで手掛けた記事は200本以上。生活雑貨から家電、飲料と様々なジャンルを担当。得意分野はアニメ・漫画・アプリ・ゲームといったオタクカルチャーです。2020年からライトノベルの執筆も開始し、小説投稿サイトにて2022年にプロデビュー。現在はWEBライターとライトノベル作家の二足の草鞋で活動中。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ゲーム・ホビー
水貝 英斗

「ゲーム・ホビー」カテゴリーを担当。小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系であり、大のゲーム・アニメ好き。その他、広告関連記事の制作にも携わり、SEOの知見を活かし商品販促のプランニングも行っている。

社会人でも学べる?イラストを学べる専門学校とは?

イラストを描く男性の画像
ペイレスイメージズのロゴ
イラストを描く男性の画像
ペイレスイメージズのロゴ

イラスト専門学校とはその名の通り、イラスト制作に関する知識や技術を専門的に学べる学校のこと。
イラストの描き方から、デジタルソフトの使い方やビジネスマナーに至るまで、イラストレーターとして活動するのに必要なスキルを一から身に着けることができます。

そんなイラスト専門学校は全日制のほか、夜間部を設けている学校も多いので社会人の方も通うことが可能。高校から直接進学する方はもちろん、「やっぱり絵に関する仕事がしたい」と考えている社会人の方にもイラスト専門学校はおすすめです。

イラストレーター専門学校の選ぶポイント

イラストレーター専門学校を選ぶ上で重要なポイントは以下の6つ。

▼選び方1|自分の習いたい分野があるかどうか
▼選び方2|通いやすさ、通信講座の有無も確認
▼選び方3|週末・夜間コースの有無
▼選び方4|就職実績や口コミ・評判をチェック!
▼選び方5|学費も重要
▼選び方6|資格なども取れれば尚良し!

これから各ポイントについて一つずつ解説していきます。

選び方1|自分の習いたい分野があるかどうか

イラストレーター専門学校はそれぞれ得意とする分野が異なり、設けているコースも学校ごとに変わってきます。ここからはどういったコースが用意されているのか、その一例をご紹介。
自分が興味を持っている分野をしっかりと学べるよう、習いたい分野に対応している学校を選ぶようにしましょう。

漫画・アニメなどのイラスト専攻

漫画・アニメなどのイラストを描いている女性
ペイレスイメージズのロゴ
漫画・アニメなどのイラストを描いている女性
ペイレスイメージズのロゴ

こちらは漫画・アニメ・ゲームなどで使われているようなイラストに特化したコース。いわゆる「絵師」を目指すコースとなっており、キャラクターを中心としたイラストで作品の魅力を引き出します。

授業ではデッサンや着彩、キャラクターデザイン・衣装デザインの基礎などを学んでいき、ゆくゆくはポートフォリオを作成。それを武器にゲーム業界やアニメ業界への就職を目指すこととなります。

CGイラスト・アニメーション専攻

CGイラストイメージ画像
ペイレスイメージズのロゴ
CGイラストイメージ画像
ペイレスイメージズのロゴ

CGアニメーション制作に特化したコースです。映像で動かすことを前提に作画・モデリングを行い、それらを用いて実際にアニメーションを作っていきます。

授業では基本となるデッサンからCGソフトの扱い方、アニメに適した作画の仕方に演出など、多岐に渡って学んでいきます。将来はアニメ業界のほか、ゲーム業界、広告業界への就職が望めるでしょう。

グラフィック・イラストレーター専攻

グラフィックデザイナー
グラフィックデザイナー

こちらは広告やポスター、商品パッケージなどのデザイン・イラストに特化したコース。文字・イラスト・色合いなどを駆使することで、デザインで商品の魅力を引き上げます。

授業ではデッサンやキャラクターデザイン、コピーライティングやフォトグラフィなどを学びます。就職先は広告業界やデザイン事務所を中心に、メーカーの商品開発部や広告宣伝部への道もあります。

選び方2|通いやすさ、通信講座の有無も確認

z
z

軽視しがちですが、専門学校への通いやすさも重要です。自宅から学校までの距離が遠すぎると最初はよかったとしても、次第に毎日の通学が苦痛に感じてしまいかねません。
入学に際し、学校の近くに引っ越せるのであれば問題ありませんが、そうでない場合は無理なく通える範囲の中から良い学校を探すのがいいでしょう。

もしくは通信講座を受けられる学校を選ぶのも一つの手です。通信講座であれば家にいながら授業を受けられるので、学校の立地を気にする必要はありません。
通信講座に対応しているかどうかは、学校のホームページや資料から確認可能ですので、こちらもチェックしておきましょう。

選び方3|週末・夜間コースの有無 週末?夜間?

教室でデザインの勉強をしている
教室でデザインの勉強をしている

イラストレーター専門学校の中には、平日の夜間と土日に授業を開催している学校もあります。そういった学校であれば、昼間に仕事をしている社会人や既に大学に通っている方でも受講可能です。

夜間部コースの有無はホームページからすぐにチェックできますので、働きながら絵を学びたいとお考えの方は、そちらも事前にチェックしておくのを忘れずに。

選び方4|就職実績や口コミ・評判もチェック!

スマホで探している男性
スマホで探している男性

イラストレーターはフリーランスとしてで活動する方も多いですが、専門学校への入学を検討している方の多くは企業への就職を望んでいるのではないでしょうか。

その場合は就職率が高く、実績を多く残している学校を選ぶのがおすすめ。就職実績が多い学校は企業とのパイプが太く、サポートが手厚いからこそ多くの実績を残せているわけですから、自分もその恩恵にあずかれて就職できる可能性が高まります。

また、ストレスなくイラストを学ぶためにも、学校に対する口コミや評判も併せて調べておきましょう。その上で講師陣の姿勢・能力やカリキュラムの内容に対する評判が良い学校を選ぶと、自分も満足できる可能性が高くなりますよ。

選び方5|学費も重要

専門学校を選ぶ上で、どうしても無視できないのが学費。理想を言えば、カリキュラムの内容や就職実績の多さだけで選びたいところですが、現実問題そうはいきません。

イラストレーター専門学校の学費はピンキリなので、経済状況を加味し、家計に負担がかからない額で通える学校を選ぶようにしましょう。

選び方6|資格なども取れれば尚良し!

CONGRATULATIONSと書かれたノートを手にPCに向かっている画像
ペイレスイメージズのロゴ
CONGRATULATIONSと書かれたノートを手にPCに向かっている画像
ペイレスイメージズのロゴ

イラストレーター専門学校の中には、イラスト制作に関連する資格の取得を推奨・サポートしている学校もあります。

イラスト制作に関連する代表的な資格
・Illustrator(R)クリエイター能力認定試験
・Photoshop(R)クリエイター能力認定試験
・アドビ認定エキスパート(ACE)
・CGクリエイター検定
・色彩検定
・カラーコーディネーター検定試験


これらの資格はイラストレーターとして活動する上で必須ではないものの、持っていると就職の面でいくらか有利に働きます。独学でも取得はできるので優先順位は高くありませんが、できれば在学中に資格を取れる学校を選んだほうがいいでしょう。

WEBライター/ライトノベル作家:ぼんちび

WEBライター/ライトノベル作家

一口にイラストレーター専門学校といっても、その特色はさまざま。学べる分野や用意されているコース、かかる学費も学校ごとに異なってきますので、それぞれの要素をバランスよく判断して、自分に合った学校を選んでくださいね。

イラストレーター専門学校の人気ランキング

ここからは数あるイラストレーター専門学校の中から、特におすすめの学校をランキング形式でご紹介していきます。各専門学校の特徴について詳しくお伝えしますので、比較しながら自分に合った学校を見つけてくださいね。

学校法人・専門学校HAL

『完全就職保証制度』により確実に就職を叶えられる

学校法人・専門学校HALは、東京・大阪・名古屋に校舎を構えるIT・デジタルコンテンツ系の専門学校です。

多種多様な学科を設けており、イラストレーターを目指す方には『CG・デザイン・アニメ4年制学科 グラフィックデザイン・イラストコース』があります。こちらではイラストレーターに必須な画力・発想力から、絵を動かす技術や最先端の3DCG技術まで、幅広いスキルを4年間でじっくり学べますよ。

一番の特徴としては『完全就職保証制度』が挙げられ、こちらは卒業時に就職できなかった場合、就職が決まるまでの学費を2年間学校側が負担してくれる制度となっています。
他には、第一線で活躍しているプロから直接指導を受けられる『スペシャルゼミ』も実施しており、より高いスキルを身に着けられるのも魅力ですね。

専攻・コース CG・デザイン・アニメ4年制学科 グラフィックデザイン・イラストコース  昼間部/4年制
校舎 東京・大阪・名古屋
学費 入学金300,000円/年間学費1,393,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 就職保証制度のおかげで安心して就活でき、無事就職できた
全てを見る全てを見る

専攻・コース CG・デザイン・アニメ4年制学科 グラフィックデザイン・イラストコース  昼間部/4年制
校舎 東京・大阪・名古屋
学費 入学金300,000円/年間学費1,393,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 就職保証制度のおかげで安心して就活でき、無事就職できた
全てを見る全てを見る

アミューズメントメディア総合学院

実際にプロの仕事に参加できる取り組みが魅力。

アミューズメントメディア総合学院(AMG)は、エンターテイメント業界で活躍するクリエイターを育成している学校です。
こちらには『キャラクターデザイン学科』『ゲーム・アニメ3DCG学科』があり、両者とも2年間でプロを目指すコースとなっています。

そんなアミューズメントメディア総合学院の最大の魅力は、第一線で活躍している卒業生の制作現場に参加できる『現場実践教育』。プロのもとで実際に制作に携われることにより、学校の授業だけでは身に着けることが難しい実践的なスキルを身に着けられます。
場合によっては在学中にプロデビューを果たすことも可能ですよ。

専攻・コース キャラクターデザイン学科・ゲーム・アニメ3DCG学科
校舎 東京・大阪
学費 初年度1,595,000円/2年次1,500,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 在学中だけでなく、卒業後のサポートも手厚くてありがたい
全てを見る全てを見る

専攻・コース キャラクターデザイン学科・ゲーム・アニメ3DCG学科
校舎 東京・大阪
学費 初年度1,595,000円/2年次1,500,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 在学中だけでなく、卒業後のサポートも手厚くてありがたい
全てを見る全てを見る

日本電子専門学校

充実した設備と質の高いカリキュラムで未経験から

日本電子専門学校は、東京・新宿に校舎を構えるコンピューター・電気電子分野の専門学校です。
イラスト関連では『グラフィックデザイン科』があり、最新のソフトと機材による充実した環境で一からデザインのイロハを学べます。

UX/UI・Adobe XD・デジタルサイネージなど、今業界から求められているスキルを幅広く身に着けられるため、就職でも有利になること間違いなし。実際に卒業生はサンリオ、GREE、NHK、ポケモンなど名だたる企業で活躍しています。
入学直後のワークショップにより、デザインの基礎や考え方についてしっかり学べるため、デザインに関する知識や経験がない方も安心してください。

専攻・コース グラフィックデザイン科
校舎 東京
学費 卒業時までの納入金合計2,474,000円(その他諸費用、教科書代、教育費を除く)
通信講座の有無
口コミ・評判 学校側の心強いサポートによって夢を実現できた
全てを見る全てを見る

専攻・コース グラフィックデザイン科
校舎 東京
学費 卒業時までの納入金合計2,474,000円(その他諸費用、教科書代、教育費を除く)
通信講座の有無
口コミ・評判 学校側の心強いサポートによって夢を実現できた
全てを見る全てを見る

日本デザイナー学院

夜間に通える専門学校。社会人の方必見。

日本デザイナー学院は、創立以来多くのデザイナー・漫画家・イラストレーターを輩出しているデザイン・漫画系の専門学校。
『総合イラストレーション科』『グラフィックデザイン科』『マンガ科 総合マンガ創作専攻』など、クリエイティブ系の学科が8つ設けられており、学びたい分野を細かく選択可能です。

こちらは全日制のほか、『イラストレーション科』と『グラフィックデザイン科』で夜間部が設置されているのが魅力。ポイントを絞った集中型カリキュラムにより、イラストレーターになるのに必要な知識・技術を働きながらでも学べます。

専攻・コース 総合デザイン科ビジュアルデザイン専攻、総合イラストレーション科、イラストレーション科、夜間部イラストレーション科 など
校舎 東京・福岡・マレーシア
学費 イラストレーション科・1年次1,290,000円/2年次1,110,000円、夜間部イラストレーション科・1年次620,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 夜間部があるおかげで社会人の自分でも通うことができた
全てを見る全てを見る

専攻・コース 総合デザイン科ビジュアルデザイン専攻、総合イラストレーション科、イラストレーション科、夜間部イラストレーション科 など
校舎 東京・福岡・マレーシア
学費 イラストレーション科・1年次1,290,000円/2年次1,110,000円、夜間部イラストレーション科・1年次620,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 夜間部があるおかげで社会人の自分でも通うことができた
全てを見る全てを見る

日本工学院専門学校

イラストレーターとして成長できる機会が豊富。

日本工学院専門学校は、クリエイティブ・IT・音楽関係・テクノロジー・スポーツと幅広い学科を設置している総合専門学校です。
イラスト関連では、2年&4年制の『マンガ・アニメーション科』から『キャラクターデザインコース』『アニメーションコース』。3年制の『デザイン科』からは『イラストレーション専攻』『グラフィックデザイン専攻』などがあり、修業年数や分野から自分にピッタリな専攻・コースを選べます。

こちらの専門学校では企業や地域との共同プロジェクトや国内外のコンペに参加する機会が多くあり、自分が学んだ成果を頻繁に試せるのが特徴的。直接反応を得られるのでやりがいを感じられ、楽しみながら成長していくことが可能です。

専攻・コース マンガ・アニメーション科キャラクターデザインコース、デザイン科イラストレーション専攻 など
校舎 蒲田、八王子
学費 マンガ・アニメーション科(2年制)・1年次1,415,690円/2年次1,230,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 一人一人に行きとどいた指導・設備があって満足できた
全てを見る全てを見る

専攻・コース マンガ・アニメーション科キャラクターデザインコース、デザイン科イラストレーション専攻 など
校舎 蒲田、八王子
学費 マンガ・アニメーション科(2年制)・1年次1,415,690円/2年次1,230,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 一人一人に行きとどいた指導・設備があって満足できた
全てを見る全てを見る

イラストレーター専門学校のおすすめ15選

その他おすすめのイラストレーター専門学校についてご紹介していきます。

代々木アニメーション学院

業界との太いパイプにより就職も有利に。

代々木アニメーション学院は、創業45年を誇るエンターテイメント分野に特化した教育施設です。
こちらには『イラスト科』が設置されており、大人気ゲーム『STEINS;GATE シリーズ』のキャラクターデザインを務めた『huke』氏、小説の表紙・挿絵を多数手掛けている『toi8』氏など、有名イラストレーターを多く輩出しています。

そんな代々木アニメーション学院は、長い歴史の中で築かれた業界とのパイプにより、今求められている人材やスキルをいち早く把握できるのが強み。得た情報はすぐにカリキュラムに反映されるため、現場で通用する人材として成長していけること間違いなし。
就職実績が豊富で、講師陣のサポートも手厚いと評判なので、就職の面でも大いに期待できますよ。

専攻・コース クリエイター学部イラスト科
校舎 東京・大阪・愛知・福岡・広島・北海道・宮城・石川
学費 1年次1,624,500円/2年次1,358,500円
通信講座の有無
口コミ・評判 就職先に先輩が多く心強かった
全てを見る全てを見る

専攻・コース クリエイター学部イラスト科
校舎 東京・大阪・愛知・福岡・広島・北海道・宮城・石川
学費 1年次1,624,500円/2年次1,358,500円
通信講座の有無
口コミ・評判 就職先に先輩が多く心強かった
全てを見る全てを見る

総合学園ヒューマンアカデミー

週1回・3時間でイラストのイロハを学べる。

総合学園ヒューマンアカデミーは、声優・ゲーム・シナリオ・動画クリエイターなどさまざまな学科を設置している教育施設。
こちらには文字列
全日制のほか、夜間・週末講座があり、週1回・3時間からイラストを学べるのが魅力です。校舎は全国28箇所、全て駅チカにあるので忙しい方でも無理なく通えますよ。

また、安価で学べる通信講座も。学費の捻出が難しかったり、地方住みで校舎に通えなかったりする方も夢を諦める必要はありません。

専攻・コース イラスト・キャラクターデザイン講座
校舎 北海道・宮城・埼玉・千葉・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・香川・福岡・熊本・鹿児島・沖縄
学費 203,500~407,000円(コースによる)
通信講座の有無
口コミ・評判 仕事で中々時間が取れなかった自分でもイラストを学ぶことができた
全てを見る全てを見る

専攻・コース イラスト・キャラクターデザイン講座
校舎 北海道・宮城・埼玉・千葉・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・香川・福岡・熊本・鹿児島・沖縄
学費 203,500~407,000円(コースによる)
通信講座の有無
口コミ・評判 仕事で中々時間が取れなかった自分でもイラストを学ぶことができた
全てを見る全てを見る

デジタルハリウッド

最短2か月でグラフィックデザインを学べる。

デジタルハリウッドは、デザインと3DCGに特化したクリエイター育成専門スクールです。CGのほか、『グラフィックデザイン講座』でイラストレーションのほか、グラフィックデザインに必要な色彩設計やレイアウトを一から学べます。

デジタルハリウッドは「社会人向けプロ養成クリエイティブスクール」を掲げているだけあって、場所を選ばずに学べる映像教材・好きな時間に校舎の予約可能と、社会人でも学びやすい仕組みが充実しています。
東京をはじめ、全国各地に校舎がありますので、空き時間にデザイン・イラストを学びたい社会人の方はぜひこちらを検討してみてください。

専攻・コース デジタルハリウッド
校舎 東京・大阪・兵庫・北海道・青森・宮城・福島・新潟・長野・愛知・栃木・茨城・千葉・神奈川・京都・兵庫・鳥取・広島・山口・香川・愛媛
学費 173,800円~407,000円(コースによる)
通信講座の有無
口コミ・評判 一般的な専門学校よりも融通がきくので働きながらでも無理なく通えた
全てを見る全てを見る

専攻・コース デジタルハリウッド
校舎 東京・大阪・兵庫・北海道・青森・宮城・福島・新潟・長野・愛知・栃木・茨城・千葉・神奈川・京都・兵庫・鳥取・広島・山口・香川・愛媛
学費 173,800円~407,000円(コースによる)
通信講座の有無
口コミ・評判 一般的な専門学校よりも融通がきくので働きながらでも無理なく通えた
全てを見る全てを見る

東京コミュニケーションアート専門学校

追加学費なしで他専攻の授業も受けることも可能

東京コミュニケーションアート専門学校(TCA)は、クリエイティブデザインおよびカーデザイン関連の学科を設ける専門学校。
3年制の『デジタルイラスト・マンガ専攻』『グラフィックデザイン専攻』、4年制の『コミックイラストマスター専攻』など、イラストを学べるコースが複数設置されています。

こちらの学校は『Wメジャーカリキュラム』というシステムを導入しているのが特徴で、希望者は入学時に選んだ専攻に加え、追加学費なしで他専攻の授業を受講可能。イラストと漫画、イラストとアニメーションといったように異なる分野を同時に学べるので、大幅なスキルアップを望めるのはもちろん、進路の幅も広がります。
「イラスト関連の仕事がしたいけど、職種までは決めていない」という方は、TCAでイラストのことを学びながら将来を考えてみてはいかがでしょうか。

専攻・コース コミックイラストマスター専攻、グラフィックデザイン専攻、デジタルイラスト・マンガ専攻、コミックイラスト専攻 など
校舎 東京
学費 コミックイラストマスター専攻・学費総額6,143,200円
通信講座の有無
口コミ・評判 充実した設備と親身な先生方のおかげで、スキルアップに集中できた
全てを見る全てを見る

専攻・コース コミックイラストマスター専攻、グラフィックデザイン専攻、デジタルイラスト・マンガ専攻、コミックイラスト専攻 など
校舎 東京
学費 コミックイラストマスター専攻・学費総額6,143,200円
通信講座の有無
口コミ・評判 充実した設備と親身な先生方のおかげで、スキルアップに集中できた
全てを見る全てを見る

日本デザイン福祉専門学校

就職に有利な資格を多数取得可能。

日本デザイン福祉専門学校は、東京・渋谷に校舎を構えるデザイン系の専門学校です。
1年課程の『コミックmanabi学科』は、短期間で絵の基本を学ぶことが可能。リアルとオンライン両方に対応したハイブリッド型の授業で、家にいながら講義を受けられます。

もう一つの4年制の『イマジネーションデザイン学科』は、絵の基礎からアイデアの出し方、マーケティングまでをじっくりと学ぶコース。4年次には制作会社へのインターンやコンペなどへの参加を通じて、学生のうちからプロの現場を体験でき、スキルアップを図れますよ。

また、両コースとも就職に役立つ資格を多数取得できるのも魅力的ですね。

専攻・コース コミックmanabi学科、イマジネーションデザイン学科
校舎 東京
学費 コミックmanabi 学科・納入額合計718,000円、イマジネーションデザイン学科・1年次納入額合計1,146,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 資格を多く取れたのがよかった
全てを見る全てを見る

専攻・コース コミックmanabi学科、イマジネーションデザイン学科
校舎 東京
学費 コミックmanabi 学科・納入額合計718,000円、イマジネーションデザイン学科・1年次納入額合計1,146,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 資格を多く取れたのがよかった
全てを見る全てを見る

バンタンゲームアカデミー

現場に即した技術・知識が学べる。

バンタンゲームアカデミーは、ゲーム・アニメ・eスポーツ・ノベルに特化したKADOKAWAグループのクリエイター養成スクールです。
ゲーム学部の『イラストレーター専攻』『キャラクターデザイナー専攻』、アニメ学部の『CGアニメーター専攻』にてイラストを学べます。

こちらの特徴は、属する講師が全員現役のクリエイターであること。普段の授業を全てプロが担当しているので、現場で役立つ知識・技術・考え方を学ぶことができます。
また、在校生が展示・プレゼンを行うことで企業からスカウトを受けられる『スカウト展』、大手企業も参加する『学内企業説明会』など、就職活動のサポートが充実しているのも魅力の一つ。
高い就職率を誇るため、絶対に就職したいと考えている方におすすめしたい学校です。

専攻・コース イラストレーター専攻、キャラクターデザイナー専攻、CGアニメーター専攻
校舎 東京・大阪・名古屋・福岡
学費 ゲーム学部&アニメ学部(2年)・年間合計1,460,000円、ゲーム学部&アニメ学部(3年)・年間合計1,410,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 スカウト展で内定を取れたので入ってよかったと思った
全てを見る全てを見る

専攻・コース イラストレーター専攻、キャラクターデザイナー専攻、CGアニメーター専攻
校舎 東京・大阪・名古屋・福岡
学費 ゲーム学部&アニメ学部(2年)・年間合計1,460,000円、ゲーム学部&アニメ学部(3年)・年間合計1,410,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 スカウト展で内定を取れたので入ってよかったと思った
全てを見る全てを見る

専門学校デジタルアーツ東京

少人数授業により細やかな指導を受けられるのが強み

専門学校デジタルアーツ東京は、アニメ・声優・イラスト・漫画などのサブカルチャーに特化した専門学校です。
イラスト学科の『イラスト専攻』『キャラクターデザイン専攻』『グラフィック専攻』のほか、『マンガ・イラスト学科』も擁しており、自分が興味のある分野を選んで専門的に学んでいけます。

授業は1クラス15~25名の少人数制。生徒の人数を抑えることで、一人一人の個性に合わせた細やかな指導を実現しています。
また、毎年東京ビッグサイトで行われる『デザインフェスタ』に参加でき、大勢の人に自分のイラストを見てもらえるほか、自分で作ったグッズの販売も可能。
他学科と協力して作品を作り上げる『学内コラボ』も盛んであるなど、創作意欲を引き出してもらえるので、高いモチベーションでイラストを学んでいけるでしょう。

専攻・コース イラスト学科イラスト専攻、イラスト学科キャラクターデザイン専攻、イラスト学科グラフィック専攻、マンガ・イラスト学科
校舎 東京
学費 合計1,820,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 イベントが豊富で楽しみながら学べた
全てを見る全てを見る

専攻・コース イラスト学科イラスト専攻、イラスト学科キャラクターデザイン専攻、イラスト学科グラフィック専攻、マンガ・イラスト学科
校舎 東京
学費 合計1,820,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 イベントが豊富で楽しみながら学べた
全てを見る全てを見る

JAM日本アニメ・マンガ専門学校

在学中に絵の仕事を経験でき、将来の糧になる。

JAM日本アニメ・マンガ専門学校は、新潟に校舎を構えるクリエイティブ系専門学校です。
イラストを学べるコースとしては、2年制の『コミックイラスト科』、3年制の『マンガ・イラスト・キャラクター科』、4年制の『トータルクリエイター科コミックイラスト専攻』など。また、オンラインと通学を併用した1年制の『デジタルイラスト科』も設けられています。

こちらは企業や自治体などからの依頼・インターンにより、在学中から絵の仕事を経験できるのが魅力。実績として就職に役立てられます。
また、4年制の『トータルクリエイター科』では主専攻にプラスして、他科目の専攻も可能。幅広く技術を身に着けられるので、クリエイターとしてさらにレベルアップできますよ。

専攻・コース デジタルイラスト科、コミックイラスト科、マンガ・イラスト・キャラクター科、トータルクリエイター科コミックイラスト専攻 など
校舎 新潟
学費 デジタルイラスト科・合計990,000円、コミックイラスト科・合計2,410,000円
通信講座の有無 -
口コミ・評判 コースがたくさんあるおかげで自分が学びたい分野をしっかり学べた
全てを見る全てを見る

専攻・コース デジタルイラスト科、コミックイラスト科、マンガ・イラスト・キャラクター科、トータルクリエイター科コミックイラスト専攻 など
校舎 新潟
学費 デジタルイラスト科・合計990,000円、コミックイラスト科・合計2,410,000円
通信講座の有無 -
口コミ・評判 コースがたくさんあるおかげで自分が学びたい分野をしっかり学べた
全てを見る全てを見る

東京アニメーター学院専門学校

在学中にプロデビューを目指せる。

東京アニメーター学院専門学校は、アニメーター・イラストレーター・漫画家・声優を育成するマルチメディア系の専門学校です。
イラストを学べる『イラストレーションコース』では、2年間でデッサン・クロッキー・パース・色彩などの知識・技術をみっちり学んでいきます。また、自分の売り込み方やイラストレーターとして仕事を受注する方法も。

特徴としては頻繫に開催される『学内コンペ』が挙げられます。こちらで見事選ばれた方は、学校に寄せられた絵の仕事を担当可能。在学中にプロデビューも夢ではありません。

専攻・コース イラストレーションコース
校舎 東京
学費 入学金200,000円/1年次1,100,000円/2年次1,100,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 在学中だけでなく、卒業後もサポートが手厚くて驚いた
全てを見る全てを見る

専攻・コース イラストレーションコース
校舎 東京
学費 入学金200,000円/1年次1,100,000円/2年次1,100,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 在学中だけでなく、卒業後もサポートが手厚くて驚いた
全てを見る全てを見る

大阪総合デザイン専門学校

自分の志向やレベルに合わせたカリキュラムを組める

大阪総合デザイン専門学校は、大阪に校舎を構えるデザイン系の専門学校です。
『デザイン学科』『漫画・アニメ-ション学科』『クリエイティブ学科』の3学科・計6コースを擁しており、『クリエイティブ学科』の『コミックアートコース』でイラストを学べます。

こちらは選択授業制を導入しているのが特徴で、キャラクターデザイン・商業イラストなどさまざまな分野から好きな授業を選ぶことが可能。自分の志向に合った専門分野を学べるため、身に着けたいスキルの修得に集中できますよ。

専攻・コース クリエイティブ学科コミックアートコース
校舎 大阪
学費 初年度1,390,000円/2年次1,290,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 授業がアットホームで楽しみながら絵を学べた
全てを見る全てを見る

専攻・コース クリエイティブ学科コミックアートコース
校舎 大阪
学費 初年度1,390,000円/2年次1,290,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 授業がアットホームで楽しみながら絵を学べた
全てを見る全てを見る

京都芸術デザイン専門学校

就職率99.6%。希望の業界への就職が望める

京都芸術デザイン専門学校は、京都に校舎に構えるデザインに特化した専門学校。京都芸術大学が併設されており、希望者は3年次に入学金や筆記試験なしで編入も可能です。
イラスト関連のコースとしては、『ビジュアルデザインコース』『キャラクターデザインコース』『コミックイラストコース』が設けられています。

こちらの専門学校の魅力は卒業した後の就職率の高さ。担任・就職スタッフ・カウンセラーが一丸となってサポートすることにより、2023年には就職内定率が脅威の99.6%を達成しています。
企業に学生がアプローチできる『企業連携展』や『学内説明会』の実施のほか、履歴書づくりや面接対策のサポートも充実しているので、自分も希望の業界・職種に就職できる可能性が高いでしょう。

専攻・コース ビジュアルデザインコース、キャラクターデザインコース、コミックイラストコース
校舎 京都
学費 1年次1,361,860円/2年次1,210,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 先生たちの手厚いサポートのおかげで希望の企業に就職できた
全てを見る全てを見る

専攻・コース ビジュアルデザインコース、キャラクターデザインコース、コミックイラストコース
校舎 京都
学費 1年次1,361,860円/2年次1,210,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 先生たちの手厚いサポートのおかげで希望の企業に就職できた
全てを見る全てを見る

東京デザイン専門学校

生徒のやる気にしっかり応えてくれる学校。

東京デザイン専門学校は、1966年に創設された東京のデザイン系専門学校です。
『ビジュアルデザイン科』『クリエイティブアート科』『イラストレーション科』など、イラストを学べるコースが多く設けられているので、特化したい分野を細かく選択できます。

こちらでは1年次に基礎を叩き込んでもらえるため、イラスト初心者の方も安心です。
また、全科対象の自由選択授業『プラス1講座』では、資格対策講座や就職対策講座など、さまざまな授業の中から自分が学びたい授業を受講可能。生徒のやる気にしっかりと応えられる体制が整っているため、成長意欲が高い方は確実に自分を高めていけるでしょう。

専攻・コース ビジュアルデザイン科、クリエイティブアート科、イラストレーション科 など
校舎 東京
学費 ビジュアルデザイン科&クリエイティブアート科・1年次1,280,000円/2年次1,100,000円/3年次1,100,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 初心者の自分でもしっかりと成長できた
全てを見る全てを見る

専攻・コース ビジュアルデザイン科、クリエイティブアート科、イラストレーション科 など
校舎 東京
学費 ビジュアルデザイン科&クリエイティブアート科・1年次1,280,000円/2年次1,100,000円/3年次1,100,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 初心者の自分でもしっかりと成長できた
全てを見る全てを見る

大阪芸術大学附属大阪美術専門学校

途中で目標が変わった場合も安心。

大阪芸術大学附属大阪美術専門学校は、大阪に校舎を構える芸術・デザイン系の専門学校です。
2学科・13コースを擁しており、イラスト関連では3年制の『イラストレーションコース』『デジタルデザインコース』、2年制の『コミックイラストコース』などがあります。

こちらには転学科・転コース制度が設けられていて、入学後にやりたいことや将来の目標が変わった時には他学科・コースへの移籍が可能。途中で「漫画家になりたい」「アニメーターが面白そう」と感じた場合、学校側がその意欲・関心をしっかりと応援してくれます。
自分が目指す方向性がまだ決まっていない方は、こちらでイラストについて学びながらやりたいことを探してみてはいかがでしょうか。

専攻・コース イラストレーションコース、デジタルデザインコース、コミックイラストコース など
校舎 大阪
学費 1年次1,160,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 他の専門学校よりも学費が安く通いやすかった
全てを見る全てを見る

専攻・コース イラストレーションコース、デジタルデザインコース、コミックイラストコース など
校舎 大阪
学費 1年次1,160,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 他の専門学校よりも学費が安く通いやすかった
全てを見る全てを見る

宇都宮メディア・アーツ専門学校

プロの現場に携われる機会が多い。

宇都宮メディア・アーツ専門学校は、栃木・宇都宮に校舎を構える専門学校。

『ビジュアルデザイン科』が設けられており、1年次に基礎をみっちり学んだ後、2年次のコース専攻でグラフィックデザインやイラストレーションなど、より専門的なスキルを身に着けられます。

特徴としては年間100件の企業コラボが挙げられます。プロの現場を多く体験できるため、その分実績的なテクニックを十分に修得できますよ。

専攻・コース ビジュアルデザイン科
校舎 栃木
学費 入学金100,000円、年間合計900,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 授業がわかりやすく、課題へのアドバイスも的確だった
全てを見る全てを見る

専攻・コース ビジュアルデザイン科
校舎 栃木
学費 入学金100,000円、年間合計900,000円
通信講座の有無
口コミ・評判 授業がわかりやすく、課題へのアドバイスも的確だった
全てを見る全てを見る

お手頃価格で絵について学べる。

パルミーは、イラスト・漫画の通信講座です。専門学校やスクールではありませんが、それらと同じくイラストレーターとして現役で活躍するコーチから絵のことを学べます。

一番の魅力は月謝がお手頃価格であること。一番人気の12ヶ月プランでは、月7,900円の安さでコーチングを受けられます。25歳未満の方は学割が適用され、50%OFFになるのでさらにお得に。
専門学校に通う時間や金銭的余裕がない方は、こちらの通信講座を利用するのも一つの手ですよ。

専攻・コース
校舎
学費 1ヶ月プラン・8,400円、6ヶ月プラン・9,800円、12ヶ月プラン・7,900円
通信講座の有無
口コミ・評判 自宅にいながら安価で学べて大満足
全てを見る全てを見る

専攻・コース
校舎
学費 1ヶ月プラン・8,400円、6ヶ月プラン・9,800円、12ヶ月プラン・7,900円
通信講座の有無
口コミ・評判 自宅にいながら安価で学べて大満足
全てを見る全てを見る

「イラストレーター専門学校」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
学校法人・専門学校HAL
アミューズメントメディア総合学院
日本電子専門学校
日本デザイナー学院
日本工学院専門学校
代々木アニメーション学院
総合学園ヒューマンアカデミー
デジタルハリウッド
東京コミュニケーションアート専門学校
日本デザイン福祉専門学校
バンタンゲームアカデミー
専門学校デジタルアーツ東京
JAM日本アニメ・マンガ専門学校
東京アニメーター学院専門学校
大阪総合デザイン専門学校
京都芸術デザイン専門学校
東京デザイン専門学校
大阪芸術大学附属大阪美術専門学校
宇都宮メディア・アーツ専門学校
パルミー
商品名 学校法人・専門学校HAL アミューズメントメディア総合学院 日本電子専門学校 日本デザイナー学院 日本工学院専門学校 代々木アニメーション学院 総合学園ヒューマンアカデミー デジタルハリウッド 東京コミュニケーションアート専門学校 日本デザイン福祉専門学校 バンタンゲームアカデミー 専門学校デジタルアーツ東京 JAM日本アニメ・マンガ専門学校 東京アニメーター学院専門学校 大阪総合デザイン専門学校 京都芸術デザイン専門学校 東京デザイン専門学校 大阪芸術大学附属大阪美術専門学校 宇都宮メディア・アーツ専門学校 パルミー
商品情報
特徴 『完全就職保証制度』により確実に就職を叶えられる 実際にプロの仕事に参加できる取り組みが魅力。 充実した設備と質の高いカリキュラムで未経験から 夜間に通える専門学校。社会人の方必見。 イラストレーターとして成長できる機会が豊富。 業界との太いパイプにより就職も有利に。 週1回・3時間でイラストのイロハを学べる。 最短2か月でグラフィックデザインを学べる。 追加学費なしで他専攻の授業も受けることも可能 就職に有利な資格を多数取得可能。 現場に即した技術・知識が学べる。 少人数授業により細やかな指導を受けられるのが強み 在学中に絵の仕事を経験でき、将来の糧になる。 在学中にプロデビューを目指せる。 自分の志向やレベルに合わせたカリキュラムを組める 就職率99.6%。希望の業界への就職が望める 生徒のやる気にしっかり応えてくれる学校。 途中で目標が変わった場合も安心。 プロの現場に携われる機会が多い。 お手頃価格で絵について学べる。
専攻・コース CG・デザイン・アニメ4年制学科 グラフィックデザイン・イラストコース  昼間部/4年制 キャラクターデザイン学科・ゲーム・アニメ3DCG学科 グラフィックデザイン科 総合デザイン科ビジュアルデザイン専攻、総合イラストレーション科、イラストレーション科、夜間部イラストレーション科 など マンガ・アニメーション科キャラクターデザインコース、デザイン科イラストレーション専攻 など クリエイター学部イラスト科 イラスト・キャラクターデザイン講座 デジタルハリウッド コミックイラストマスター専攻、グラフィックデザイン専攻、デジタルイラスト・マンガ専攻、コミックイラスト専攻 など コミックmanabi学科、イマジネーションデザイン学科 イラストレーター専攻、キャラクターデザイナー専攻、CGアニメーター専攻 イラスト学科イラスト専攻、イラスト学科キャラクターデザイン専攻、イラスト学科グラフィック専攻、マンガ・イラスト学科 デジタルイラスト科、コミックイラスト科、マンガ・イラスト・キャラクター科、トータルクリエイター科コミックイラスト専攻 など イラストレーションコース クリエイティブ学科コミックアートコース ビジュアルデザインコース、キャラクターデザインコース、コミックイラストコース ビジュアルデザイン科、クリエイティブアート科、イラストレーション科 など イラストレーションコース、デジタルデザインコース、コミックイラストコース など ビジュアルデザイン科
校舎 東京・大阪・名古屋 東京・大阪 東京 東京・福岡・マレーシア 蒲田、八王子 東京・大阪・愛知・福岡・広島・北海道・宮城・石川 北海道・宮城・埼玉・千葉・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・香川・福岡・熊本・鹿児島・沖縄 東京・大阪・兵庫・北海道・青森・宮城・福島・新潟・長野・愛知・栃木・茨城・千葉・神奈川・京都・兵庫・鳥取・広島・山口・香川・愛媛 東京 東京 東京・大阪・名古屋・福岡 東京 新潟 東京 大阪 京都 東京 大阪 栃木
学費 入学金300,000円/年間学費1,393,000円 初年度1,595,000円/2年次1,500,000円 卒業時までの納入金合計2,474,000円(その他諸費用、教科書代、教育費を除く) イラストレーション科・1年次1,290,000円/2年次1,110,000円、夜間部イラストレーション科・1年次620,000円 マンガ・アニメーション科(2年制)・1年次1,415,690円/2年次1,230,000円 1年次1,624,500円/2年次1,358,500円 203,500~407,000円(コースによる) 173,800円~407,000円(コースによる) コミックイラストマスター専攻・学費総額6,143,200円 コミックmanabi 学科・納入額合計718,000円、イマジネーションデザイン学科・1年次納入額合計1,146,000円 ゲーム学部&アニメ学部(2年)・年間合計1,460,000円、ゲーム学部&アニメ学部(3年)・年間合計1,410,000円 合計1,820,000円 デジタルイラスト科・合計990,000円、コミックイラスト科・合計2,410,000円 入学金200,000円/1年次1,100,000円/2年次1,100,000円 初年度1,390,000円/2年次1,290,000円 1年次1,361,860円/2年次1,210,000円 ビジュアルデザイン科&クリエイティブアート科・1年次1,280,000円/2年次1,100,000円/3年次1,100,000円 1年次1,160,000円 入学金100,000円、年間合計900,000円 1ヶ月プラン・8,400円、6ヶ月プラン・9,800円、12ヶ月プラン・7,900円
通信講座の有無 -
口コミ・評判 就職保証制度のおかげで安心して就活でき、無事就職できた 在学中だけでなく、卒業後のサポートも手厚くてありがたい 学校側の心強いサポートによって夢を実現できた 夜間部があるおかげで社会人の自分でも通うことができた 一人一人に行きとどいた指導・設備があって満足できた 就職先に先輩が多く心強かった 仕事で中々時間が取れなかった自分でもイラストを学ぶことができた 一般的な専門学校よりも融通がきくので働きながらでも無理なく通えた 充実した設備と親身な先生方のおかげで、スキルアップに集中できた 資格を多く取れたのがよかった スカウト展で内定を取れたので入ってよかったと思った イベントが豊富で楽しみながら学べた コースがたくさんあるおかげで自分が学びたい分野をしっかり学べた 在学中だけでなく、卒業後もサポートが手厚くて驚いた 授業がアットホームで楽しみながら絵を学べた 先生たちの手厚いサポートのおかげで希望の企業に就職できた 初心者の自分でもしっかりと成長できた 他の専門学校よりも学費が安く通いやすかった 授業がわかりやすく、課題へのアドバイスも的確だった 自宅にいながら安価で学べて大満足
商品リンク

気になったら資料請求で詳細を確認!

手帳とペンを手にする女学生の画像
ペイレスイメージズのロゴ
手帳とペンを手にする女学生の画像
ペイレスイメージズのロゴ

専門学校は入学を検討している方に向けて、学校の特徴や強みをわかりやすくまとめた資料・パンフレットを用意しています。公式サイトに記載されていない情報も多く記載されているため、学校を検討する際には資料の確認が必須。

ほとんどの学校は送料を含めて無料で資料請求できますので、気になった学校は片っ端から資料を取り寄せ、比較しながらどの学校がいいか選ぶようにしましょう。

専門学校でイラストを学ぶメリット・デメリット

ここからはイラストを専門学校で学ぶメリットとデメリットについて、それぞれ解説していきます。

専門学校でイラストを学ぶメリット

ペンを手に笑顔の女性の画像
ペイレスイメージズのロゴ
ペンを手に笑顔の女性の画像
ペイレスイメージズのロゴ

イラストレーター専門学校に通う一番のメリットは、絵に関する知識・技術をいち早く身に着けられること。プロから直々にイラストのイロハを学べるため、一人で勉強するよりもはるかに早く成長していけます。

また、気の合う友人を作りやすいのも一つのメリットだと言えるでしょう。専門学校には自分と同じく絵を描くことが大好きな方が集まっているため、自然と話が合いますし、頑張る姿に刺激を受けてお互いに高め合っていけます。

専門学校でイラストを学ぶデメリット

ペンを手に不満げな女性の画像
ペイレスイメージズのロゴ
ペンを手に不満げな女性の画像
ペイレスイメージズのロゴ

デメリットとしてはやはり学費の存在が挙げられます。
イラストレーター専門学校の平均的な学費は2年制で250万円前後。一般的な4年制の大学よりは安いものの、それでもかなりの費用がかかることに変わりはありません。

とはいえ、イラストレーター専門学校の中には夜間部や通信講座を設けている学校もあり、それらであればいくらか費用は抑えられます。そのため、経済的に全日制に通うのが難しい場合は、夜間部への入学や通信講座の利用を検討するのがいいでしょう。

イラストレーター専門学校のよくあるFAQ

question iconイラストレーター専門学校だと就職に有利?

answer icon

専門学校は業界と強い繋がりを持っており、その伝手を用いてインターンシップや企業を招いた学内説明会を開催しています。
また、業界を知り尽くしている講師やスタッフから、履歴書の書き方や面接対策といった指導も受けられます。
これらの点から、イラストレーター専門学校は就職に有利に働くといって間違いありません。

question iconイラストレーターの年収はどのくらい?

answer icon

大手求人検索エンジンである『求人ボックス』によると、イラストレーターの平均年収は正社員で362万円となっています。

question iconどのくらい通えばスキルが身に付く?

answer icon

イラストレーター専門学校の修業年数は学校ごとにバラバラですが、多くは2年制を採用しています。そのことを考えると、やはり2年は通う必要があると言えるでしょう。

question icon独学はダメ?

answer icon

イラストレーターになるのに資格や学歴は必須ではなく、独学でも努力や実力次第で十分プロを目指せます。
とはいえ、独学では躓いてしまうことも多いため、そういった点ではやはり学校で専門的な教育を受けるほうがおすすめです。

question iconイラストレーターの有名人を教えて!

answer icon

イラストレーターとして名が知られている方の中から2名ピックアップしてご紹介します。

■藤ちょこ
鮮やかな色彩と広大な世界観が特徴的な女性のイラストレーターです。X(旧Twitter)のフォロワー数は69万人を超えており、国内外から高い評価を受けています。
小説の表紙・挿絵やゲームのキャラクターデザインのほか、画集の出版や個展の開催なども行っており、多くの実績を残しています。

■さいとうなおき
YouTuberとしても活動している男性イラストレーター。Xのフォロワー数は56万人以上、YouTubeのチャンネル登録数は50万人を超えています。
特に有名な実績としては『ポケモン』のキャラクターデザイン、『どん兵衛』のアニメCMに登場する『どんぎつね』など。
YouTubeではイラストレーターを志望している方に向けて多くの動画を公開してくれているため、ぜひチェックしてみてください。

まずは資料請求・学校見学から始めてみよう

WEBライター/ライトノベル作家:ぼんちび

WEBライター/ライトノベル作家

今回はイラストレーター専門学校の選び方から、おすすめの学校まで幅広くご紹介してきました。
イラストレーターになるのに専門学校への入学は必須ではありませんが、プロとして活躍する近道になることは間違いありません。
ほとんどの学校は無料で資料請求を行えるので、気になる学校があったら、ぜひ気軽に資料やパンフレットを取り寄せてくださいね。

その他の関連記事はこちら 【関連記事】

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button