PR(アフィリエイト)

【2024年】タフネススマホおすすめ6選|頑丈・防水・防塵性の高いSIMフリーなど

KYOCERA(京セラ)『Dura Force EX』
出典:Amazon
KYOCERA(京セラ)『Dura Force EX』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2024年03月27日に公開された記事です。

落としたり水没させたりしてもびくともしない頑強さが心強いタフネススマホ。外仕事で暑い場所や寒い場所など、過酷な環境下で使用することが多い人には特におすすめしたいスマホです。しかし、ひとくちにタフネススマホと言っても防水防塵性能の等級や処理能力など見なければいけない場所も多く、どれを選べばよいか迷ってしまいがちですよね。

この記事では、タフネススマホの選び方とおすすめ商品を紹介します。ドコモやau、ソフトバンクでも販売しているメーカーや、京セラなどの人気スマホもピックアップ。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター
たろっさ
家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。 学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。 個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験を持っています。 家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通しています。家電で分からないことはありません。 現在は家電ライターの業務も通して「全ての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力しています。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

タフネススマホとは?普通のスマホと何が違うの?

画面が割れているスマホ
ペイレスイメージズのロゴ
画面が割れているスマホ
ペイレスイメージズのロゴ

一般的にタフネススマホとは「防塵防水性能に優れている頑丈なスマホ」ということになりますが、ここに厳密な定義はありません。

通常のスマホは落とすとすぐに画面が割れてしまったり水没すると電源が入らなくなってしまったりということがありますが、メーカーがタフと謳っているタフネススマホであれば、こういったリスクを抑えられます。

耐衝撃性に関しては未対策のスマホと比べて雲泥の差があり、落としても若干の擦り傷がついてしまう程度に影響を抑えているものも。現場仕事やアウトドアで作業をすることが多い人にはぴったりです。

タフネススマホの選び方

それでは、タフネススマホの基本的な選び方をご紹介します。ポイントは下記。

【1】タフネス性能
【2】本体性能
【3】技適マーク
【4】周波数帯


上記のポイントを押さえることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つずつ見ていきます。

【1】タフネス性能はタフネススマホを選ぶ上でマスト!

タフネススマホを選ぶ時に最重要項目に上がるのが耐久性能のチェックです。タフネススマホが欲しいということは現場仕事などの過酷な環境下での使用が想定されるため、防塵防水はもちろんのこと、耐衝撃性能も重要になります。以下で耐久性能の目安になるものを解説します。

防水・防塵性能

防水_防塵等級の見方

出典:マイナビおすすめナビ

防水_防塵等級の見方

出典:マイナビおすすめナビ

防水・防塵性能はそれぞれ「IPXX」という表記で表されます。「XX」の部分に防水・防塵の等級が入ります。前の部分が防塵性能の等級、後ろの部分が防水性能の等級を表します。

防水_防塵等級

出典:マイナビおすすめナビ

防水_防塵等級

出典:マイナビおすすめナビ

上記に当てはめて例を見てみると「IP68」の場合は「粉塵の侵入を完全に防ぎ、水中での使用が可能」ということになります。タフネススマホということであればIP65以上、可能であればIP68のものを選ぶと良いでしょう。

また、最近だとドイツの規格であるDIN 40050-9の防水規格、「IP69K」が表記されている場合もあります。こちらは「高温・高水圧・スチームジェット洗浄などの水や水蒸気による影響を受けない」とされています。

耐久性

耐久性はアメリカの軍事規格である「MIL規格(MIL-STD-810G)」認証を受けているかどうかで判断するのが一番わかりやすくなります。

MIL規格とはアメリカ国防総省が制定した規格で、連続落下や塩水噴霧、耐荷重や高温低温など、多数の項目に渡る試験を行い、それに合格した製品のみに記載が許されるものです。これが付いているだけで耐久性にはかなり期待ができると言えます。

【2】本体性能も重要!サクサク動かしたいなら高スペックのものを選ぼう

 

耐久性が高いと言うだけではスマホとしてじゅうぶんとは言えません。こちらではスマホを選ぶ際に重要な性能の見方をご紹介します。

画面サイズ

タフネススマホは外側の部分が頑丈という性質上、画面サイズは比較的小さめの傾向があります。5インチ台のものもありますが、少し小さいと感じる方もいらっしゃいます。出来れば6インチ以上のものを選ぶと使いやすさに直結します。

SoC(CPU)

SoC(System on a Chip)やCPUはスマホのシステムの根幹を担う部分で、こちらの性能が高ければ高いほどサクサクアプリを動かすことが可能です。反対に、CPUの性能が悪いと画面がフリーズしてしまったり、ブラウザを開くのに時間がかかってしまったりと、操作をしていてイライラしてしまう場面が出てくることも。ゲームや動画視聴を行うことが多いのであればこちらも気にするようにしましょう。

SoCの性能はベンチマークである「AnTuTuベンチマーク」を使用するのが一般的です。ここの数字で500,000点以上のスコアであれば大体のゲームやアプリが動きます。もっとサクサク動かしたいというのであれば1,000,000点以上のベンチマーク数字が出るSoCを選びましょう。

メモリ

メモリもアプリ使用時の動作処理速度に影響を及ぼす部分で、こちらもSoCほどではないまでも、処理の能力に関わってきます。一般的には2GB~6GB程度です。通常の使用用途であれば4GB以上のものを、ゲーミングとして使用したいのであれば8GB以上のものを選ぶと良いでしょう。

バッテリー

バッテリー容量はその名の通り、バッテリーがどの程度保つかの目安です。通常のものであればおおよそ3,500mAh~4,000mAh前後のものが多いです。中には8,000mAhを超えるようなものもありますので、長時間充電出来ない環境やスマホゲームを頻繁にプレイする方は出来るだけ大きいものを選ぶと良いでしょう。

ストレージ

ストレージは保存できる容量になります。32GB程度~大きいものだと1TBを超えるようなものまでさまざま。

以前はそこまでゲームなどもしないのであれば64GB程度でも十分と言われていましたが、昨今は音楽データの高音質化や写真の高画質化などに伴って、必要容量が変化しつつあります。128GB~256GB程度でも多すぎると言うことはありません。

また、万が一ストレージが足りなくなった場合、AndroidであればmicroSDカードが使用できるかどうかはチェックしておきましょう。iOSであれば使用できないため、iCloudなどの活用が必要になります。

【3】必ず技適マークがついているかどうかを確認

技適マークとは、日本の総務省が定めた「技術基準適合証明」や「技術基準適合認定」の両方、あるいは片方の認証を受けた証明です。この技適マークを取得していない電波を発する機器は電波法に抵触する可能性があり、1年以下の懲役または100万円以下の罰金を課せられることになります。

タフネススマホは国内だけでなく国外の製品も多いため、この点も事前に確認するようにしましょう。

【4】周波数帯は使用するキャリアのSIMカードに合わせよう

周波数のイラスト
Pixabayのロゴ
周波数のイラスト
Pixabayのロゴ

docomo、au、SoftBankにはそれぞれ使用している電波帯が違い、SIMカードもそれぞれに対応するようにできています。SIMフリーのスマホであれば基本的にあまり気にする必要はありませんが、各キャリアで販売しているスマホの場合、そのキャリアで使用している周波数帯しか受信できないということがあるので注意しましょう。

それぞれのキャリアの周波数帯を以下にまとめます。

バンド28 バンド18/26 バンド19/26 バンド8 バンド11 バンド21 バンド3 バンド1 バンド41 バンド42
docomo

au

SoftBank

楽天モバイル

タフネススマホおすすめ6選

それでは前述したタフネススマホの選び方のポイントをふまえて、プロのIT家電ライターたろっささんと編集部が厳選したおすすめ商品をご紹介します。

KYOCERA(京セラ)『Dura Force EX』

迷ったらコレ!電池交換も可能なタフネススマホ

昔からの携帯メーカーとして有名な京セラの現場作業を支えるタフネススマホです。コーナーバンパーや多面体構造からなる堅牢なフォルムは落下や衝撃に強く、汚れを石鹸で丸洗いできる耐薬品性もあります。

また、バッテリーが弱ってきた場合は自身でバッテリーを交換できるため、わざわざ修理に出さなくても良いというメリットも。国内一貫体制の日本製造も安心ですね。

画面サイズ 約5.8インチ
防水防塵性能 IP68/MIL-STD-810H
SOC MediaTek Dimensity®700(オクタコア)2.2GHz+2.0GHz
バッテリー 4,270mAh
ストレージ 64GB
メモリ 4GB
重量 約248 g
全てを見る全てを見る

画面サイズ 約5.8インチ
防水防塵性能 IP68/MIL-STD-810H
SOC MediaTek Dimensity®700(オクタコア)2.2GHz+2.0GHz
バッテリー 4,270mAh
ストレージ 64GB
メモリ 4GB
重量 約248 g
全てを見る全てを見る

KYOCERA(京セラ)『KYV44』

ミルスペックで頑丈!

少し前のモデルにはなるものの、未だに根強い人気をほこる京セラのタフネススマホ。耐久性はMIL-STD-810G Method 516.7を取得しているので衝撃に強く、防塵防水性はIP58となっています。濡れた手や手袋をはめたままでも操作できるのも便利ポイント!

最新ゲームなどをプレイするには少し物足りない性能ではあるものの、ネットサーフィンをしたり中画質で動画を閲覧したりする程度であれば問題なく使用することが可能。

画面サイズ 約5.0インチ FHD TFT液晶
防水防塵性能 IP58/MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure Ⅳ
SOC MSM8937/1.4GHz×4コア+1.1GHz×4コア
バッテリー 2,600mAh
ストレージ 32GB
メモリ 3GB
重量 136g
全てを見る全てを見る

画面サイズ 約5.0インチ FHD TFT液晶
防水防塵性能 IP58/MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure Ⅳ
SOC MSM8937/1.4GHz×4コア+1.1GHz×4コア
バッテリー 2,600mAh
ストレージ 32GB
メモリ 3GB
重量 136g
全てを見る全てを見る

CAT『CAT S62 PRO』

サーマルカメラ搭載の異色モデル

海外の有名スマホメーカー、キャタピラー社の手掛けるタフネススマホです。この製品の注目ポイントは、何と言っても-20℃から400℃までの温度を測定できるサーモカメラを搭載している点。

見えない熱エネルギーをリアルタイムに監視できるため、異常をすぐに感知できるのがメリットです。また、MIL規格にもしっかり対応しているので、衝撃に強いのもポイントとなるでしょう。

画面サイズ 5.7インチ
防水防塵性能 IP68/Mil-Spec 810H
SOC Qualcomm Snapdragon 660 Octo Core 2.0GHz
バッテリー 4,000mAh
ストレージ 128GB
メモリ 6GB
重量 400g
全てを見る全てを見る

画面サイズ 5.7インチ
防水防塵性能 IP68/Mil-Spec 810H
SOC Qualcomm Snapdragon 660 Octo Core 2.0GHz
バッテリー 4,000mAh
ストレージ 128GB
メモリ 6GB
重量 400g
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『Xperia 5 III』

SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』 SONY(ソニー)『Xperia5III』
出典:Amazon この商品を見るview item

価格・性能バランスよし

Xperiaで有名な日本の黒物メーカー、SONYのタフネススマホです。傷がつきにくく落としても割れにくいタフなボディを採用しつつ、IP68の完全防塵・防水性を備えています。

また、軽量・コンパクトでありながらも高性能というのがウリで、価格と性能のバランスが取れているのがポイント。ストレージもこの価格帯では破格の256GBを搭載しているので、多くのアプリを入れても容量が足りない、という心配も少ないでしょう。

画面サイズ 約6.1インチ有機EL Full HD
防水防塵性能 IP68
SOC Snapdragon888 5G Mobile Platform
バッテリー 4,500mAh
ストレージ 256GB
メモリ 8GB
重量 168 g
全てを見る全てを見る

画面サイズ 約6.1インチ有機EL Full HD
防水防塵性能 IP68
SOC Snapdragon888 5G Mobile Platform
バッテリー 4,500mAh
ストレージ 256GB
メモリ 8GB
重量 168 g
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『Xperia 10Ⅴ』

SONY(ソニー)『Xperia10Ⅴ』 SONY(ソニー)『Xperia10Ⅴ』 SONY(ソニー)『Xperia10Ⅴ』 SONY(ソニー)『Xperia10Ⅴ』 SONY(ソニー)『Xperia10Ⅴ』 SONY(ソニー)『Xperia10Ⅴ』 SONY(ソニー)『Xperia10Ⅴ』 SONY(ソニー)『Xperia10Ⅴ』 SONY(ソニー)『Xperia10Ⅴ』 SONY(ソニー)『Xperia10Ⅴ』
出典:Amazon この商品を見るview item

強化ガラスのディスプレイで割れにくい!

こちらもソニーのXperiaで、シンプルながらも機能性に富んだスマホです。ディスプレイには強化ガラスを採用し、防塵・防水性能はIP58と十分な性能を誇っています。

筐体にステレオスピーカーを搭載し、ハイレゾ・オーディオを採用しているため、どこでも高音質な音楽を楽しむことが可能。また、この価格帯では珍しく有機ELを使用しているので、ディスプレイが明るくて鮮やかですよ。おサイフケータイ対応でタッチレス決済にも対応。

画面サイズ 約6.1インチ 有機EL Full HD+
防水防塵性能 IP68
SOC Snapdragon® 695 5G Mobile Platform
バッテリー 5,000mAh
ストレージ 128GB
メモリ 6GB
重量 159g
全てを見る全てを見る

画面サイズ 約6.1インチ 有機EL Full HD+
防水防塵性能 IP68
SOC Snapdragon® 695 5G Mobile Platform
バッテリー 5,000mAh
ストレージ 128GB
メモリ 6GB
重量 159g
全てを見る全てを見る

SHARP(シャープ)『AQUOS sense8』

SHARP(シャープ)『AQUOSsense8』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense8』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense8』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense8』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense8』
出典:Amazon この商品を見るview item

アルミフレーム採用で歪みづらい

テレビや冷蔵庫などで有名な総合家電メーカー、シャープのタフネススマホです。シンプルな見た目ながらもアルミフレームを採用しており、軽くて丈夫なのが特徴。

IP68の他にMIL規格にも合格しているので、剛性が保証されていますよ。また、最大3回のOSバージョンアップ、5年間のセキュリティーアップデートをサポートしているので、長く安心に使えます。

画面サイズ 6.1インチ
防水防塵性能 IPX5/IPX8/IP6X/MIL-STD-810G準拠・ 耐衝撃(落下)など全16項目
SOC Qualcomm Snapdragon® 6 Gen 1 Mobile Platform
バッテリー 5,000mAh
ストレージ 128GB
メモリ 6GB
重量 159g
全てを見る全てを見る

画面サイズ 6.1インチ
防水防塵性能 IPX5/IPX8/IP6X/MIL-STD-810G準拠・ 耐衝撃(落下)など全16項目
SOC Qualcomm Snapdragon® 6 Gen 1 Mobile Platform
バッテリー 5,000mAh
ストレージ 128GB
メモリ 6GB
重量 159g
全てを見る全てを見る

「タフネススマホ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
KYOCERA(京セラ)『Dura Force EX』
KYOCERA(京セラ)『KYV44』
CAT『CAT S62 PRO』
SONY(ソニー)『Xperia 5 III』
SONY(ソニー)『Xperia 10Ⅴ』
SHARP(シャープ)『AQUOS sense8』
商品名 KYOCERA(京セラ)『Dura Force EX』 KYOCERA(京セラ)『KYV44』 CAT『CAT S62 PRO』 SONY(ソニー)『Xperia 5 III』 SONY(ソニー)『Xperia 10Ⅴ』 SHARP(シャープ)『AQUOS sense8』
商品情報
特徴 迷ったらコレ!電池交換も可能なタフネススマホ ミルスペックで頑丈! サーマルカメラ搭載の異色モデル 価格・性能バランスよし 強化ガラスのディスプレイで割れにくい! アルミフレーム採用で歪みづらい
画面サイズ 約5.8インチ 約5.0インチ FHD TFT液晶 5.7インチ 約6.1インチ有機EL Full HD 約6.1インチ 有機EL Full HD+ 6.1インチ
防水防塵性能 IP68/MIL-STD-810H IP58/MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure Ⅳ IP68/Mil-Spec 810H IP68 IP68 IPX5/IPX8/IP6X/MIL-STD-810G準拠・ 耐衝撃(落下)など全16項目
SOC MediaTek Dimensity®700(オクタコア)2.2GHz+2.0GHz MSM8937/1.4GHz×4コア+1.1GHz×4コア Qualcomm Snapdragon 660 Octo Core 2.0GHz Snapdragon888 5G Mobile Platform Snapdragon® 695 5G Mobile Platform Qualcomm Snapdragon® 6 Gen 1 Mobile Platform
バッテリー 4,270mAh 2,600mAh 4,000mAh 4,500mAh 5,000mAh 5,000mAh
ストレージ 64GB 32GB 128GB 256GB 128GB 128GB
メモリ 4GB 3GB 6GB 8GB 6GB 6GB
重量 約248 g 136g 400g 168 g 159g 159g
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする タフネススマホの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのタフネススマホの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スマートフォンランキング
楽天市場:スマートフォンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

タフネススマホの関連リンク

タフネススマホで外作業もバッチリ

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター:たろっさ

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

スマホの液晶割れや水没は修理に非常に大きな額がかかってしまいます。壊れると使えない期間が発生したり、その部分だけを直しても結局他のところがすぐにダメになってしまったりと、なかなか満足のいく結果になりにくいです。

液晶が割れたまま使用していると見栄えが良くないばかりか、ガラスで手を切ってしまう恐れも。防水・防塵性能がしっかりしたスマホを使用することでこういったリスクを軽減し、長期間快適に使用できる可能性が高まります。

皆さんも今回の記事を参考に是非ともタフネススマホを使用し、快適なスマホライフを楽しんでみてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button