PR(アフィリエイト)

ビデオカメラの中古・型落ち品を選ぶ際の注意点&7選!4K・アクション他デメリットも

ビデオカメラの中古・型落ち品を選ぶ際の注意点&7選!4K・アクション他デメリットも
ビデオカメラの中古・型落ち品を選ぶ際の注意点&7選!4K・アクション他デメリットも

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2024年04月03日に公開された記事です。

ビデオカメラの購入を検討しているが、高価なこともあり購入を踏み切れない方もいると思います。そこでおすすめなのが、コストパフォーマンスにすぐれた中古のビデオカメラです。

ここではビデオカメラの中古・型落ち品を選ぶ際の注意点やメリット・デメリットについて解説します。メルカリなどのフリマサイトやハードオフなどの買取・販売店でも同様なので参考にしてみてください。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

中古のビデオカメラがおすすめな理由 【メリット】

ビデオカメラで人物を撮影
Pixabayのロゴ
ビデオカメラで人物を撮影
Pixabayのロゴ

ビデオカメラの購入を検討している場合は、中古のビデオカメラがおすすめです。中古のビデオカメラを選ぶことで、満足いくものを選べるでしょう。

ここからは、中古のビデオカメラがおすすめな理由を解説します。

型落ちや高品質なモデルを手ごろな価格で購入できる

中古のビデオカメラを選ぶことで、人気があるモデル・型落ち品などが手ごろな価格で購入ができます。新品でも手ごろな価格のビデオカメラはありますが、4K解像度や高速オートフォーカスなどの機能が備わっていないおそれがあります。

そのため、限られた予算のなかで高性能なビデオカメラを購入したい方は、中古のビデオカメラを選ぶといいでしょう。中古のビデオカメラの場合でも、適切にメンテナンスされているものは、長く使用することが可能です。

使いやすさの確認が可能

中古のビデオカメラは、実際に使用されていた際の状態や写真などが詳しく記載されています。一度メンテナンスされている場合は、より細かな使用状況が把握できるでしょう。

また、最新のビデオカメラの場合はレビューが少なく購入後に不満が出てしまうおそれがあります。中古のビデオカメラの場合は、レビューが多くあるので購入後の満足感もあるでしょう。

メーカー生産終了モデルなど多様な選択肢から選べる

中古のビデオカメラ購入を検討することで、さまざまなブランドやモデルのものが選択肢に入ります。特に有名メーカーの旧モデルを探している場合は、中古での購入を検討するのがおすすめです。

また、中古モデルを選択肢に入れることで、特定の機能に特化した専門的なビデオカメラも見つけやすくなるでしょう。生産終了したモデルや特定の映像制作に適したビデオカメラを探している場合も、中古のものを選択肢に入れるといいでしょう。

ビデオカメラ選びのポイント

部屋を撮影するビデオカメラ
Pixabayのロゴ
部屋を撮影するビデオカメラ
Pixabayのロゴ

中古のビデオカメラの購入を検討することで、選択肢が広がります。選択肢が広がるため、中古のビデオカメラを選ぶ際のポイントを知っておく必要があるでしょう。

ここからは、中古のビデオカメラの選び方を解説します。

ビデオカメラの重量とサイズで選ぶ

ビデオカメラを選ぶ際は、重量とサイズが重要です。特に長時間の撮影や持ち運びを考えている場合は、軽くコンパクトなものを選ぶといいでしょう。

コンパクトなビデオカメラを選ぶ際は、350グラム以下のものがおすすめです。

ただし高品質なビデオカメラは、大きくて重い傾向があります。そのため軽さだけで選んでしまうと、機能に不満がでるおそれがあります。

そのため軽いビデオカメラを探している場合でも、機能面に注意して選ぶようにしましょう。

バッテリー性能で選ぶ

ビデオカメラを購入する際は、バッテリー性能が重要になります。長期的な撮影を考えている場合は、バッテリー寿命が長いビデオカメラを選ぶようにしましょう。

特に中古のビデオカメラの場合は、バッテリーの持続時間を確認しておく必要があります。長時間の使用を考えている場合は、バッテリーの交換がしやすいものを選ぶのがおすすめです。

性能やサイズなどに目がいきがちですが、中古のビデオカメラを選ぶ際はバッテリー性能にも注意しましょう。

機能で選ぶ

ビデオカメラには、さまざまな機能があります。そのため、ビデオカメラを選ぶ際は、自分に合った機能のものを選ぶのが重要です。

どの機能をえらべばよいのか分からない場合は、手ブレ補正が強力なビデオカメラを選ぶといいでしょう。なぜなら、映像の見やすさはブレの有無が重要だからです。

きれいな動画をかんたんに撮りたい方は、画質のよさよりも、手ブレ補正で選ぶようにしてください。また、手ブレ補正には「光学式」と「電子式」が存在します。光学式の場合は、レンズを動かした際の劣化を最小限に抑えられます。

手ブレ補正の有無を確認する際は、光学式であるのかにも注目してください。そのほか豊富な機能が備わっているビデオカメラを選ぶ場合は、メニューが表示されるものを選ぶと使いやすいのでおすすめです。

中古のビデオカメラを選ぶ際の注意点 【デメリット】

外を撮影しているビデオカメラ
Pixabayのロゴ
外を撮影しているビデオカメラ
Pixabayのロゴ

ここまで中古のビデオカメラのメリットや選び方を解説しました。ただし中古のビデオカメラを購入する際は、購入後のトラブルを防ぐために注意しないといけないことがあります。

ここからは、中古のビデオカメラを選ぶ際の注意点を解説します。

商品説明を詳細にチェックする

中古のビデオカメラを選ぶ際は、商品説明を入念にチェックする必要があります。なぜなら中古のビデオカメラは、過去の使用状況によって耐久性やバッテリーの状態が異なるからです。

部品の交換や修理の有無、使用履歴などが確認できると安心です。万が一商品説明に詳細が記載されていない場合は、電話やメールで問い合わせるといいでしょう。

商品の状態が確認できるモノを選ぶ

中古のビデオカメラを購入する場合、商品の状態をしっかりと確認する必要があります。なぜなら、レンズに小さなキズがあるだけで、映像品質は悪くなってしまうからです。

どれだけスペックのいいビデオカメラを選んでも、商品の状態が悪いと満足いく映像は撮影できません。可能であれば下記の部分の状態を確認できるビデオカメラを選んでください。

・レンズとセンサー
・外観とボディ
・ボタンとダイヤル
・アクセサリーと付属品

これらの部分の写真を確認することで、商品の状態をより正確に把握できます。万が一写真が少ない場合は、キズや汚れがある部分を隠している可能性もあるので注意しましょう。

補償や返品ポリシーを確認する

中古のビデオカメラを購入する際は、リスクを軽減するためにも、補償や返品ポリシーを確認しておくといいでしょう。特に中古の場合は使用歴があるため、購入後問題が発生することが考えられます。

返品ポリシーを確認することで、返品期限や返品に必要な条件などが確認できます。補償に関してもメーカーによって、条件などが異なるのでかならず確認しておきましょう。

またお店によっては、初期不良品無料返品サービスや動作保証サービスなどを提供しているところもあります。購入後のトラブルが心配な場合は、各お店のサービスも確認しておくといいでしょう。

ビデオカメラの中古・型落ち品おすすめ7選

中古のビデオカメラを選ぶことで、選択肢が広がります。そのため、どのビデオカメラを選べばよいのか分からない方もいるでしょう。

ここからは、中古でおすすめのビデオカメラ7選を紹介します。中古のビデオカメラ選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

SONY(ソニー)『Handycam(FDR-AX45)』

SONY(ソニー)『Handycam(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『Handycam(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『Handycam(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『Handycam(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『Handycam(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『Handycam(FDR-AX45)』 SONY(ソニー)『Handycam(FDR-AX45)』
出典:Amazon この商品を見るview item

タッチパネルだから豊富な機能もかんたんに使える

ソニー「FDR-AX45」は、コンパクトながら多機能なビデオカメラです。ソニー独自の手ブレ補正のほか、HD撮影時には「インテリジェントアクティブモード」に対応しており、ワイド撮影時は約15倍ないので安定して撮影できます。

またメニュー構造もタッチパネルでアイコンを選択できるようになっています。そのため、豊富にある機能も比較的カンタンに使いこなせるでしょう。

高品質映像を撮影したい方だけではなく、初心者の方にもおすすめのビデオカメラです。

動画解像度 4K
内蔵メモリー容量 64GB
本体重量 約510g
手ブレ補正機構 光学式

動画解像度 4K
内蔵メモリー容量 64GB
本体重量 約510g
手ブレ補正機構 光学式

Panasonic(パナソニック)『HDビデオカメラ V480MS(HC-V480MS-W)』

Panasonic(パナソニック)『HDビデオカメラV480MS(HC-V480MS-W)』 Panasonic(パナソニック)『HDビデオカメラV480MS(HC-V480MS-W)』 Panasonic(パナソニック)『HDビデオカメラV480MS(HC-V480MS-W)』 Panasonic(パナソニック)『HDビデオカメラV480MS(HC-V480MS-W)』 Panasonic(パナソニック)『HDビデオカメラV480MS(HC-V480MS-W)』 Panasonic(パナソニック)『HDビデオカメラV480MS(HC-V480MS-W)』
出典:Amazon この商品を見るview item

おまかせAIモードで満足いく映像の撮影が可能

パナソニック「HC-V480MS-W」には、シーンを自動認識させられる「おまかせAIモード」があります。そのため難しい操作を必要とせず、満足いく映像が撮影できるでしょう。

また、本体で撮影した映像を編集できるという特徴もあります。演出を選べるモードもあるため、オリジナル感のある映像が撮影できるでしょう。

動画解像度 フルHD
内蔵メモリー容量 32GB
本体重量 213g
手ブレ補正機構 光学式

動画解像度 フルHD
内蔵メモリー容量 32GB
本体重量 213g
手ブレ補正機構 光学式

Panasonic(パナソニック)『4K ビデオカメラ VX992M(HC-VX992M)』

Panasonic(パナソニック)『4KビデオカメラVX992M(HC-VX992M)』 Panasonic(パナソニック)『4KビデオカメラVX992M(HC-VX992M)』 Panasonic(パナソニック)『4KビデオカメラVX992M(HC-VX992M)』 Panasonic(パナソニック)『4KビデオカメラVX992M(HC-VX992M)』 Panasonic(パナソニック)『4KビデオカメラVX992M(HC-VX992M)』 Panasonic(パナソニック)『4KビデオカメラVX992M(HC-VX992M)』 Panasonic(パナソニック)『4KビデオカメラVX992M(HC-VX992M)』
出典:Amazon この商品を見るview item

iAズームで遠くにある被写体でも大きく撮影が可能

パナソニック「VX992M」は、カンタンな操作できれいに撮影できる機能が豊富に搭載されています。特にiAズームでは25倍までの拡大が可能なので、遠くにある被写体でも大きくきれいに撮影ができるでしょう。

また録音機能にもこだわり、風切り音を低減するウインドシールドマイクを採用しています。これにより、雑音が抑えられ、クリアな音質での録音が可能です。

高域と低域のレベル調整や音声調整も可能で、映像だけでなく音質にもこだわりたい方にもおすすめです。

※Amazonは新品もあります

動画解像度 4K
内蔵メモリー容量 64GB
本体重量 398g
手ブレ補正機構 光学式

動画解像度 4K
内蔵メモリー容量 64GB
本体重量 398g
手ブレ補正機構 光学式

SONY(ソニー)『4K ビデオカメラ Handycam(FDR-AX700)』

SONY(ソニー)『4KビデオカメラHandycam(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『4KビデオカメラHandycam(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『4KビデオカメラHandycam(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『4KビデオカメラHandycam(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『4KビデオカメラHandycam(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『4KビデオカメラHandycam(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『4KビデオカメラHandycam(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『4KビデオカメラHandycam(FDR-AX700)』 SONY(ソニー)『4KビデオカメラHandycam(FDR-AX700)』
出典:Amazon この商品を見るview item

被写体を高速かつ正確にとらえるビデオカメラ

ソニー「FDR-AX700」は、「ファストハイブリッドAF」システムを採用しています。ファストハイブリッドAFが採用されているため、被写体を高速かつ正確にとらえることが可能です。

そのため「AF乗り移り感度」を設定すれば、お子さまの運動会やスポーツシーンなどでもカンタンに撮影ができます。そのほか感度の調整をすれば滑らかな映像表現も可能なので、初心者の方でも満足できる映像が撮影できるでしょう。

メニューまでの断層も浅いため、映像を見ながらでもカンタンに設定ができます。スマートフォンからのリモート操作もできるので、ビデオカメラの扱いに慣れていない方でも安心して扱えます。

動画解像度 4K
内蔵メモリー容量
本体重量 約935g
手ブレ補正機構 光学式

動画解像度 4K
内蔵メモリー容量
本体重量 約935g
手ブレ補正機構 光学式

Panasonic(パナソニック)『4K ビデオカメラ(HC-VX992MS)』

Panasonic(パナソニック)『4Kビデオカメラ(HC-VX992MS)』 Panasonic(パナソニック)『4Kビデオカメラ(HC-VX992MS)』 Panasonic(パナソニック)『4Kビデオカメラ(HC-VX992MS)』 Panasonic(パナソニック)『4Kビデオカメラ(HC-VX992MS)』 Panasonic(パナソニック)『4Kビデオカメラ(HC-VX992MS)』 Panasonic(パナソニック)『4Kビデオカメラ(HC-VX992MS)』 Panasonic(パナソニック)『4Kビデオカメラ(HC-VX992MS)』
出典:Amazon この商品を見るview item

あとから追っかけがあるから安心して撮影ができる

パナソニック「HC-VX992MS-R」は、4Kなのでカンタンにきれいな映像の撮影が可能です。スマートフォンをリモコン代わりに使えるので、操作に苦労することもないでしょう。

またPanasonic「HC-VX992MS-R」には、撮影した後に補正ができる「あとから追っかけ」機能があります。そのため、あらかじめ広い範囲を撮影しておき、あとから追っかけでキレイな映像の保存ができます。

あとからスローモーションやクイックモーションに変更できるので、子どもの運動会の撮影にも向いているでしょう。

動画解像度 4k
内蔵メモリー容量 64GB
本体重量 355g
手ブレ補正機構 光学式

動画解像度 4k
内蔵メモリー容量 64GB
本体重量 355g
手ブレ補正機構 光学式

SONY(ソニー)『ビデオカメラ Handycam(HDR-CX680)』

SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラHandycam(HDR-CX680)』
出典:Amazon この商品を見るview item

BGMの追加でよりすてきな映像を作成ができる

ソニー「HDR-CX680」は最大広角26.8mmあるので、広い範囲を一度にとらえることが可能です。お子さまの運動会や発表会のためにビデオカメラを探している方におすすめです。

またSONY(ソニー)『HDR-CX680』は、撮影した映像を1本の動画に仕上げてくれる機能があります。BGMと映像を同期させることもできるので、撮りっぱなしにしていてもすてきな映像を家族や友人に共有が可能です。

※Amazonは新品もあります

動画解像度 フルHD
内蔵メモリー容量 64GB
本体重量 約305g
手ブレ補正機構 光学式

動画解像度 フルHD
内蔵メモリー容量 64GB
本体重量 約305g
手ブレ補正機構 光学式

DJI(ディージェイアイ)『Pocket 2 Creator Combo (OP2CP2)』

DJI(ディージェイアイ)『Pocket2CreatorCombo(OP2CP2)』 DJI(ディージェイアイ)『Pocket2CreatorCombo(OP2CP2)』 DJI(ディージェイアイ)『Pocket2CreatorCombo(OP2CP2)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

コンパクトでありながら最大140時間の撮影が可能

ディージェイアイ「Pocket 2 Creator Combo 」は、片手に収まるコンパクトな小型カメラです。ちょっとした外出や旅行のために持ち運べるものを探している方におすすめです。

コンパクトでありながら最大140時間の連続撮影が可能であり、AI編集や美顔効果などの機能があります。そのため、片手で操作できるものを探している方におすすめです。

動画解像度 4K
内蔵メモリー容量
本体重量 117g
手ブレ補正機構 3軸ジンバル

動画解像度 4K
内蔵メモリー容量
本体重量 117g
手ブレ補正機構 3軸ジンバル

「ビデオカメラ 中古」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『Handycam(FDR-AX45)』
Panasonic(パナソニック)『HDビデオカメラ V480MS(HC-V480MS-W)』
Panasonic(パナソニック)『4K ビデオカメラ VX992M(HC-VX992M)』
SONY(ソニー)『4K ビデオカメラ Handycam(FDR-AX700)』
Panasonic(パナソニック)『4K ビデオカメラ(HC-VX992MS)』
SONY(ソニー)『ビデオカメラ Handycam(HDR-CX680)』
DJI(ディージェイアイ)『Pocket 2 Creator Combo (OP2CP2)』
商品名 SONY(ソニー)『Handycam(FDR-AX45)』 Panasonic(パナソニック)『HDビデオカメラ V480MS(HC-V480MS-W)』 Panasonic(パナソニック)『4K ビデオカメラ VX992M(HC-VX992M)』 SONY(ソニー)『4K ビデオカメラ Handycam(FDR-AX700)』 Panasonic(パナソニック)『4K ビデオカメラ(HC-VX992MS)』 SONY(ソニー)『ビデオカメラ Handycam(HDR-CX680)』 DJI(ディージェイアイ)『Pocket 2 Creator Combo (OP2CP2)』
商品情報
特徴 タッチパネルだから豊富な機能もかんたんに使える おまかせAIモードで満足いく映像の撮影が可能 iAズームで遠くにある被写体でも大きく撮影が可能 被写体を高速かつ正確にとらえるビデオカメラ あとから追っかけがあるから安心して撮影ができる BGMの追加でよりすてきな映像を作成ができる コンパクトでありながら最大140時間の撮影が可能
動画解像度 4K フルHD 4K 4K 4k フルHD 4K
内蔵メモリー容量 64GB 32GB 64GB 64GB 64GB
本体重量 約510g 213g 398g 約935g 355g 約305g 117g
手ブレ補正機構 光学式 光学式 光学式 光学式 光学式 光学式 3軸ジンバル
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年4月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年4月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年4月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年4月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年4月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月20日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ビデオカメラ 中古の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのビデオカメラ 中古の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ビデオカメラランキングランキング
楽天市場:ビデオカメラランキングランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

4Kなど高品質モデルを賢くお得に購入

マイナビおすすめナビ:編集部

マイナビおすすめナビ

中古のビデオカメラを選択肢に入れることで、高品質な撮影が可能なモデルが割安に購入できます。重量・サイズやバッテリー性能、機能の3つを重視して、商品を選ぶと自分に合ったビデオカメラを見つけられるでしょう。

気になるビデオカメラを見つけた際は、この記事で紹介した注意点を参考に商品の購入を検討してください。

またどのビデオカメラを選んでよいのか分からない場合は、この記事で紹介したビデオカメラから選ぶといいでしょう。どのビデオカメラも手ブレ補正や機能が充実しているので、初心者の方にもおすすめです。

中古のビデオカメラの関連記事

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button