PR(アフィリエイト)

スティック型PCおすすめ6選【使い慣れたWindows環境を持ち運べる!】

MeLE『‎Mini PC Stick(PCG02)』
出典:Amazon
MeLE『‎Mini PC Stick(PCG02)』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

ポケットに入るほどのコンパクトなボディの中にCPUやメモリ、ストレージを搭載した「スティック型PC」。電源とHDMI端子を搭載したモニターがあれば、どこでもPCとして使用できます

小型ゆえスペックは決して高くありませんが、メールチェックやSNS、動画視聴、ちょっとした事務作業などはこなせます。PCの使用頻度が低い方は、検討してみてもいいのではないでしょうか。

しかし、スティック型PCは製品によってスペックが異なるので、どれを選んだらいいか迷ってしまうでしょう。そこで本記事では、スティック型PCの選び方とおすすめ商品を紹介します。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

IT・テックライター
石井 英男
東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。 ライター歴25年。PC/ITに関するテクノロジーの解説や製品レビューを得意とする。 最近は、STEM教育や3DプリンターやCNCを初めとするデジタルファブリケーションに興味を持ち、積極的に取材や記事執筆を行っている。 また、子どもへのプログラミング教育にも関心があり、CoderDojo守谷のメンターを務めている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

スティック型PCとは

 

スティック型PCとは、その名の通りスティック形状のパソコンのこと。コンパクトなボディの中にCPUやメモリ、ストレージを搭載。ほとんどのモデルはHDMI端子を搭載していて、モニターやテレビに直接接続して使用します。

電源とHDMI端子を搭載したモニターがあれば、どこでもPCとして使用できるのが魅力。形状はUSBメモリに似ていて、手の平に収まるサイズ感です。

Bluetooth対応の商品が多く、ワイヤレスでマウスやキーボードを使うことができます。ほかにはUSBポートやmicroSDカードスロットなどを備えているモデルもあります。

ボディが小さいので必要最低限のスペックしか搭載していませんが、メールチェックやSNS、動画視聴などはこなせます。一般的なPCよりもスペックが低い分、価格もかなりライト。PCの使用頻度が低い方は、スティック型PCの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

スティック型PCの選び方

それでは、スティック型PCの基本的な選び方を見ていきましょう。

ポイントは下記。

【1】使い方に合わせたスペックのものを選ぶ
【2】セットアップとコストを考えてOSを選ぶ
【3】冷却ファン搭載かどうかをチェックして選ぶ
【4】USBポートの数などインターフェースをみて選ぶ
【5】ルーターの対応規格や通信環境をチェック
【6】周辺機器のセットもチェックしよう


上記のポイントを押さえることで、より自分に合った商品を見つけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】使い方に合わせたスペックのものを選ぶ

 
IT・テックライター:石井 英男

IT・テックライター

スティック型PCに搭載されているCPUは、「Atom」「Celeron」「Core M」に大別できます。

スティック型PCでは、メモリは2GBまたは4GBの製品が主流です。

ライトな使い方なら「Atom・2GBメモリ」を選ぶ

インターネットを使ったサイトやSNSの閲覧、メールの送受信など負荷がかからない軽めの使い方が多い場合は、CPUはAtom、メモリは2GBのものでも十分です。

スティック型PCはサイズが小さいため、あまり高性能なCPUは搭載されていませんが、文書作成やWebサイトの閲覧といった軽めの作業なら十分実用的です。

PCのように使いたいなら「Celeron・Core m3・4GBメモリ」は必須

動画の視聴や画像の加工など、一般的なPCのような作業をスティック型PCでもしたい場合は、CPUはCeleronまたはCore m3、メモリは4GBのものを選びましょう。

スティック型PCはあとでCPUやメモリを変更することができません。今後も幅広く使いたいならある程度スペックの高いものを選んでおきましょう。

なかでも性能は「Atom」が一番低く、「Celeron」が中位、「Core M」が上位となります。

快適に利用したいのなら、価格は上がりますが、「Celeron」か「Core M」が搭載されている製品を選ぶことをおすすめします。

後から増設できないので、できれば4GBの製品を選ぶことをおすすめします。

【2】セットアップとコストを考えてOSを選ぶ

windowsのイメージ画像
Pixabayのロゴ
windowsのイメージ画像
Pixabayのロゴ

スティック型PCのOSは、Windows10またはLunuxなどを選びます。定番のものを使いたいときや、セットアップなどの手間をはぶきたいときにはWindows10がいいでしょう。32bitと64bitがあり、スペックの高い64bitを選ぶならスティック型PCはメモリ4GBのものにしましょう。

Lunuxはフリーで公開されているOSです。OSのコストをおさえられる一方、自分でセッティングやトラブル対応をしなければいけません。PCにくわしくない場合にはWindows10にしておきましょう。

【3】冷却ファン搭載かどうかをチェックして選ぶ

 

スティック型PCは、サイズが小さいので、長時間使っていると内部の温度が上がりがちです。冷却用のファンを搭載した製品と、非搭載の製品に大別できますが、ファン搭載製品なら、内部の温度が上昇するとファンが回転し、温度を下げることができます。

内部温度が上昇すると、CPUの安全機能が働き、性能が低下しますので、長時間の連続利用が多いのならファン搭載製品がおすすめです。

一方、ファンが搭載されていると音が気になることがあります。PCへの負荷がかからない作業がメイン、かつ短時間の使用で静音性を重視したいなら、ファンレスのスティック型PCを選ぶ選択肢もあります。

【4】USBポートの数などインターフェースをみて選ぶ

 
IT・テックライター:石井 英男

IT・テックライター

USBポートの数は製品によって異なりますが、ひとつまたはふたつが主流です。USB 3.0に対応した製品とUSB 2.0までしか対応していない製品がありますので、ポート数だけでなくUSBの仕様も確認しておきましょう。

また、ストレージは32GBまたは64GBが主流で、「eMMC」と呼ばれるフラッシュメモリタイプのストレージが採用されています。microSDカードスロットを備えた製品では、microSDカードを使ってストレージを増やせますので、ローカルに動画コンテンツを保存して再生したい場合などには、microSDカードスロットを搭載した製品を選ぶことをおすすめします。

【5】ルーターの対応規格や通信環境をチェック

Wi-Fi
Pixabayのロゴ
Wi-Fi
Pixabayのロゴ

スティック型PCの通信規格をチェックしておきましょう。無線LANのものが主流ですが、有線LAN対応のものもあります。接続の安定性を重視したいなら、有線LAN対応のものや、USBでイーサネットできるものを選ぶ選択肢もあります。

また、無線LAN機能もIEEE 802.11n対応製品と、より高速なIEEE 802.11ac対応製品があります。将来性を考えると、より高速なIEEE 802.11ac対応製品がおすすめです。

【6】周辺機器のセットもチェックしよう

デスク周りの写真
Pixabayのロゴ
デスク周りの写真
Pixabayのロゴ

スティック型PCには、本体のほかマウスやキーボードなどの周辺機器がセットになっているものもあります。マウスやキーボードはなんでもよい、一緒にそろえたいときはセットだと便利です。

一方、セットであることを重視してしまうとスティック型PCのスペックや特徴などで選べなくなってしまいます。あくまでスティック型PCをメインに選び、納得のスペックや機能のものでセットがあれば購入、とすれば納得のものが見つかりやすいです。

スティック型PCのおすすめ6選

うえで紹介したスティック型PCの選び方のポイントをふまえて、IT・テックライターの石井 英男さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。

Skynew『スティック型パソコン』

Skynew『スティック型パソコン』 Skynew『スティック型パソコン』 Skynew『スティック型パソコン』 Skynew『スティック型パソコン』 Skynew『スティック型パソコン』 Skynew『スティック型パソコン』 Skynew『スティック型パソコン』 Skynew『スティック型パソコン』 Skynew『スティック型パソコン』
出典:Amazon この商品を見るview item

長時間の安定した動作が可能

CPUにインテル Atom x5-Z8350、4GBのメモリ、64GBのストレージのストレージ、Windows10 home 64bit ライセンスが付属したスティックPC。MicroSDカードスロットも備えており、ビジネス用途としても申し分ないスペックです

冷却ファンと放熱を促進するアルミヒートシンクを備えており、熱対策にも優れたモデルです。

サイズ/重量 約 W11.2 x D3.6 x H1.2 cm/63.5g
CPU インテル Atom x5-Z8350
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC
USBポート USB3.0×1、USB2.0×1
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.0
全てを見る全てを見る

サイズ/重量 約 W11.2 x D3.6 x H1.2 cm/63.5g
CPU インテル Atom x5-Z8350
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC
USBポート USB3.0×1、USB2.0×1
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.0
全てを見る全てを見る

Skynew『Skynew Stick』

Skynew『SkynewStick』 Skynew『SkynewStick』 Skynew『SkynewStick』 Skynew『SkynewStick』 Skynew『SkynewStick』 Skynew『SkynewStick』
出典:Amazon この商品を見るview item

4K対応のハイスペックモデル

Intel UHD Graphics 600を搭載しており、4K映像の表示も可能な商品です。4K対応のテレビと繋げば高精彩な映像を楽しむことができるほか、Windows11にも対応しているため通常のパソコンとしても快適に使えます。

スペックもメモリ8GB、ストレージ128GBとビジネス用に使える程のスペックで、内部には冷却ファンも完備。USB3.0ポートも2つ搭載しているので、使いやすさも申し分ありません。移動先のモニターでスマートに仕事をしたい方に最適な商品です。

サイズ/重量 13.5×4.5×1.2cm/420g
CPU GDDR4
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
USBポート USB3.0×2
無線LAN
Bluetooth 4.0対応
全てを見る全てを見る

サイズ/重量 13.5×4.5×1.2cm/420g
CPU GDDR4
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
USBポート USB3.0×2
無線LAN
Bluetooth 4.0対応
全てを見る全てを見る

ASUS(エイスース)『Chromebit(B013C)』

ASUS(エイスース)『Chromebit(B013C)』 ASUS(エイスース)『Chromebit(B013C)』 ASUS(エイスース)『Chromebit(B013C)』 ASUS(エイスース)『Chromebit(B013C)』 ASUS(エイスース)『Chromebit(B013C)』 ASUS(エイスース)『Chromebit(B013C)』 ASUS(エイスース)『Chromebit(B013C)』 ASUS(エイスース)『Chromebit(B013C)』 ASUS(エイスース)『Chromebit(B013C)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ChromeOS搭載のスティック型PC

グッドデザイン賞受賞歴のある、台湾ブランドのエイスースのスタイリッシュなスティック型PCです。スムーズかつスピーディーな動作で、作業がはかどるでしょう。テレビに挿して簡単に使えます。

Chrome搭載できびきびと動きますが、Windows向けのソフトは使用できないので注意しましょう。普段と違うOSを使用してみたい方におすすめです。コストパフォーマンスにも優れ、多彩なハードウェアと組み合わせることで、トータルコスト削減に役立ちます。

サイズ/重量 W16.9cmxD8.89cmxH7.37cm/316g
CPU -
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
USBポート USB2.0×1
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 対応
全てを見る全てを見る

サイズ/重量 W16.9cmxD8.89cmxH7.37cm/316g
CPU -
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
USBポート USB2.0×1
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 対応
全てを見る全てを見る

MeLE『‎Mini PC Stick(PCG02)』

MeLE『‎MiniPCStick(PCG02)』 MeLE『‎MiniPCStick(PCG02)』 MeLE『‎MiniPCStick(PCG02)』 MeLE『‎MiniPCStick(PCG02)』 MeLE『‎MiniPCStick(PCG02)』 MeLE『‎MiniPCStick(PCG02)』 MeLE『‎MiniPCStick(PCG02)』 MeLE『‎MiniPCStick(PCG02)』 MeLE『‎MiniPCStick(PCG02)』
出典:Amazon この商品を見るview item

事務作業も動画再生も快適なハイスペックモデル

GeminiLake Celeron J4125(2GHz〜2.7GHz)クアッドコアプロセッサを搭載。さらに64ビットWindows 11Proがプリインストールされています。

内蔵メモリー8GB、ストレージ128GBと、スティックPCの中ではハイスペック。ストレージはMicroSDカードで最大1TBまで拡張可能です。intel UHD 600グラフィックプロセッサ搭載で、YouTubeの4K動画の再生でも遅延がおきません。

動画視聴、事務処理作業、SNS、画像編集など、ビジネスから個人利用までストレスフリーで快適に使える1台です。

サイズ/重量 W13.2×D5×H1.85cm/121g
CPU Intel Gemini Lake Celeron J4125 Quad-Core
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
USBポート USB 3.0×2
無線LAN 802.11a / b / g / n / ac
Bluetooth Bluetooth4.2
全てを見る全てを見る

サイズ/重量 W13.2×D5×H1.85cm/121g
CPU Intel Gemini Lake Celeron J4125 Quad-Core
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
USBポート USB 3.0×2
無線LAN 802.11a / b / g / n / ac
Bluetooth Bluetooth4.2
全てを見る全てを見る

‎AZULLE『‎Access4 Pro(AG3222)』

‎AZULLE『‎Access4Pro(AG3222)』 ‎AZULLE『‎Access4Pro(AG3222)』 ‎AZULLE『‎Access4Pro(AG3222)』 ‎AZULLE『‎Access4Pro(AG3222)』 ‎AZULLE『‎Access4Pro(AG3222)』 ‎AZULLE『‎Access4Pro(AG3222)』 ‎AZULLE『‎Access4Pro(AG3222)』 ‎AZULLE『‎Access4Pro(AG3222)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ビデオ会議やストリーミングもスムーズ

メモリ4GB・ストレージ64GBのモデルで、付属のMicro SDカードスロットで最大512GBまでストレージを拡張することができます。60fpsで4Kビデオの出力が可能。デュアルモニター機能やType-C ポートも搭載。ビデオ会議やデジタルサイネージの運用にも活用できます。

イーサネットポートを備えており、ネットサーフィン、ストリーミングコンテンツ、ビデオ会議中により安全で信頼性の高い接続が可能になります。

サイズ/重量 W5×H13×D2㎝/558g
CPU Intel Gemini Lake
メモリ 4G
ストレージ 64G
USBポート ‎USB 3.0×1
無線LAN デュアルバンド
Bluetooth Bluetooth 4.2
全てを見る全てを見る

サイズ/重量 W5×H13×D2㎝/558g
CPU Intel Gemini Lake
メモリ 4G
ストレージ 64G
USBポート ‎USB 3.0×1
無線LAN デュアルバンド
Bluetooth Bluetooth 4.2
全てを見る全てを見る

M-WORKS『モバイルPCセット(MW-MPS4)』

M-WORKS『モバイルPCセット(MW-MPS4)』 M-WORKS『モバイルPCセット(MW-MPS4)』 M-WORKS『モバイルPCセット(MW-MPS4)』 M-WORKS『モバイルPCセット(MW-MPS4)』 M-WORKS『モバイルPCセット(MW-MPS4)』 M-WORKS『モバイルPCセット(MW-MPS4)』 M-WORKS『モバイルPCセット(MW-MPS4)』 M-WORKS『モバイルPCセット(MW-MPS4)』 M-WORKS『モバイルPCセット(MW-MPS4)』
出典:Amazon この商品を見るview item

付属するキーボードとの無線接続も可能

無線接続対応のキーボードが付属しているお得なセットです。USB3.0ポートとUSB2.0ポートを1つずつ搭載しており、キーボードやマウスを接続できます。

Bluetoothでキーボードを接続する場合、設定には一度有線マウスを繋ぐ必要があるので注意が必要です。スティックPCのみの携帯はもちろん、付属品も全てケースに収納できるので、PC一式をコンパクトに持ち歩くことができますよ。

サイズ/重量 40×125×12mm/-
CPU Intel Atom
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
USBポート USB3.0×1、USB2.0×1
無線LAN
Bluetooth 対応
全てを見る全てを見る

サイズ/重量 40×125×12mm/-
CPU Intel Atom
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
USBポート USB3.0×1、USB2.0×1
無線LAN
Bluetooth 対応
全てを見る全てを見る

「スティック型PC」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Skynew『スティック型パソコン』
Skynew『Skynew Stick』
ASUS(エイスース)『Chromebit(B013C)』
MeLE『‎Mini PC Stick(PCG02)』
‎AZULLE『‎Access4 Pro(AG3222)』
M-WORKS『モバイルPCセット(MW-MPS4)』
商品名 Skynew『スティック型パソコン』 Skynew『Skynew Stick』 ASUS(エイスース)『Chromebit(B013C)』 MeLE『‎Mini PC Stick(PCG02)』 ‎AZULLE『‎Access4 Pro(AG3222)』 M-WORKS『モバイルPCセット(MW-MPS4)』
商品情報
特徴 長時間の安定した動作が可能 4K対応のハイスペックモデル ChromeOS搭載のスティック型PC 事務作業も動画再生も快適なハイスペックモデル ビデオ会議やストリーミングもスムーズ 付属するキーボードとの無線接続も可能
サイズ/重量 約 W11.2 x D3.6 x H1.2 cm/63.5g 13.5×4.5×1.2cm/420g W16.9cmxD8.89cmxH7.37cm/316g W13.2×D5×H1.85cm/121g W5×H13×D2㎝/558g 40×125×12mm/-
CPU インテル Atom x5-Z8350 GDDR4 - Intel Gemini Lake Celeron J4125 Quad-Core Intel Gemini Lake Intel Atom
メモリ 4GB 8GB 2GB 8GB 4G 4GB
ストレージ 64GB eMMC 128GB 16GB 128GB 64G 64GB
USBポート USB3.0×1、USB2.0×1 USB3.0×2 USB2.0×1 USB 3.0×2 ‎USB 3.0×1 USB3.0×1、USB2.0×1
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 802.11a / b / g / n / ac デュアルバンド
Bluetooth Bluetooth 4.0 4.0対応 対応 Bluetooth4.2 Bluetooth 4.2 対応
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年1月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月25日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする スティック型PCの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのスティック型PCの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スティックPCランキング
楽天市場:スティックPCランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかの関連アイテムもチェック!

サブPCとして持っているとなにかと便利!

IT・テックライター:石井 英男

IT・テックライター

エキスパートからのアドバイス

スティック型PCは、とても小さくて軽いので、気軽に持ち歩けることが利点です。子どもにPCを使わせたいけど、親の目の届かないところで使われると困るといった場合でも、リビングのテレビのHDMI端子にスティック型PCを差し込むだけで、大画面でPCを使えます。

また、出張の際などのサブPCとして持ち歩くのもおすすめです。

仮にノートPCが壊れても、ホテルの部屋のテレビを使って仕事ができます。コンテンツの閲覧が主なら、スペックが低い製品でも十分ですが、文書作成などを行うなら、Celeron搭載以上の製品がおすすめです。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button