ウルトラブックおすすめ5選と選び方|薄型・軽量PC【性能やスペックを徹底解説】

ウルトラブックおすすめ5選と選び方|薄型・軽量PC【性能やスペックを徹底解説】
ITライター
海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

ITライターの海老原 昭さんに、ウルトラブックを選ぶ際のポイントとおすすめのモデルを教えていただきました。薄くて軽量のPCであるウルトラブックは、ビジネスにプライベートにと、シーンを選ばずに活躍してくれる頼もしいアイテムです。ただし、CPUをはじめ、メモリ、ストレージ、重さ、大きさ、駆動時間など、モデルによってスペックは千差万別。さまざまな選択肢があるため、どれを購入すべきか迷ってしまう人も多いでしょう。商品選びにお困りの方は、本記事を参考にお気に入りの1台を見つけてくださいね。


ウルトラブックはどう選ぶ? ITライターが解説

ITライターの海老原 昭さんに、ウルトラブックを選ぶポイントを3つ教えていただきました。

ノートPCと女性
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

薄型・軽量で持ち運びに便利なウルトラブック。購入の際は、必要なスペックを見極めましょう!

なるべく軽いものを選ぶ

ITライター

ウルトラブック(Ultrabook)とはもともと、インテルが提唱した薄型ノートPCの規格です。現在の要件は公開されていませんが、概ね厚みが23mm以下というのがウルトラブックを名乗る最低条件になります。

重さについては、持ち歩くことを考えると軽ければ軽いほうが望ましいです。画面サイズが12インチ以下の場合は1kg未満、13インチ以上の場合は1.3kg程度を目安にするといいでしょう。

GPD『P2 Max』

軽さ重視でウルトラブックを探している方おすすめ。わずか5.5.mmの薄さと650gの小さいボディに高機能を凝縮。高精細画面はタッチペン入力も可能です。オフィスや自宅ではメインマシンとして使用できるくらいのメモリとストレージになっています。

>> Amazonで詳細を見る

プロセッサの性能で選ぶ

ITライター

ウルトラブックは薄型でなければならないため、冷却機構に制限があり、CPUに発熱の低い低消費電力のものが使われます。必然的に性能も低めなものが多くなります。処理能力に対する要求は人それぞれなので、必須というわけではありませんが、せっかくであればできるだけ性能の高いCPUを選びたいところです。

本来のウルトラブックの要件はCore iシリーズ搭載ですが、最近は低価格なノートPCやタブレットPCで、CeleronやAtomシリーズを搭載したものもあります。これらは非常に安価ですが、Core iシリーズと比べると、性能的にかなり妥協を強いられることを覚悟しましょう。

富士通『FMV LIFEBOOK UH-X/D2』

Core i7-8565Uを搭載。メモリは8GB、ストレージは512GBのSSDとハイスペック。13.3インチで700gを切る軽さも見逃せません。

>> Amazonで詳細を見る

バッテリー駆動時間で選ぶ

ITライター

実際にノートPCを持ち歩いて利用することを考えたとき、必ずしも電源がある場所だけとは限りません。このためバッテリー駆動時間が重要視されます。

実はウルトラブックは徹底した省電力設計を採用しており、そもそもバッテリー駆動時間が長く、だいたいどの製品でも6〜7時間以上は使い続けられると期待できます。しかし、できればカタログスペックで構わないので10時間以上バッテリーで利用できる機種を選べば安心でしょう。

Panasonic『Let’s note SVシリーズ(SV8)』

Sバッテリーで13〜14時間、Lバッテリーなら20〜21時間の駆動を実現。光学ドライブを搭載しているのも大きなポイントです。軽くてコンパクトな高性能商品で、最新版の第10世代CPUを搭載。大容量バッテリーを採用しているため長時間駆動が可能です。

>> Amazonで詳細を見る

ウルトラブックのおすすめ5選 ITライターが厳選

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、ITライターの海老原 昭さんにおすすめの商品を選んでいただきました。

設定すれば指紋認証ですぐにシステムのロックを解除ができるものや、使い方に応じてスタンドやタブレットモードとして使用できるものなどがあります。ご自身のスタイルに合うウルトラブック探しの参考にしてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

富士通『FMV LIFEBOOK UH-X/D2』

富士通『FMVLIFEBOOKUH-X/D2』

出典:Amazon

画面サイズ 13.3インチ
重量 約698g
CPU Core i7-8565U
メモリ 8GB
ストレージ SSD/約512GB
バッテリー駆動時間 約11.5時間
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

13.3インチながら700gを切るモバイルノート

実用的な13.3インチディスプレイを搭載しつつ、なんと公称で698gという世界最軽量級のウルトラブックです。これだけ軽量ながら、CPUにはCore i7-8565Uを搭載。メモリは8GB、ストレージは512GBのSSDと、妥協ないスペックを実現しています。

軽量化の秘密は、ボディに一般的なアルミ合金よりも軽量なマグネシウム合金を採用したこと。軽量ながら強度も兼ね備えており、モバイルノートPCとして重要な信頼性も重視されています。キーピッチが19mmと広く、打ちやすいキーボードや、LANポートやHDMIポートも備えたインターフェースなど、軽量化で妥協されがちな点もしっかり押さえられており、パソコンの老舗である富士通のこだわりが感じられます。

とにかく軽さ重視! という人におすすめの一台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Panasonic『Let’s note SVシリーズ(SV8)』

Panasonic『Let’snoteSVシリーズ(SV8)』

出典:Amazon

画面サイズ 12.1インチ
重量 約1159g
CPU Core i7-8565U
メモリ 8GB
ストレージ SSD/約512GB
バッテリー駆動時間 約21.0時間
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

光学式ドライブ搭載のビジネスマン御用達ノートPC

薄型ながら落下試験などに耐えるタフネスさから、ビジネスユーザーに人気の高いLet’s Noteの軽量モバイルシリーズ。12.1インチのWUXGA(1920x1200ドット)ディスプレイに光学ドライブまで搭載しつつ、重さは1kg前後に収めています。

ウルトラブックの場合、通常は光学ドライブが外付けなので、内蔵型だと持ち歩く荷物がひとつ減るという利点があります。バッテリーは着脱式で、Sバッテリーなら13〜14時間、Lバッテリーなら20〜21時間の動作が可能なタフネスを誇ります。

CPUはCore i7またはi5を採用し、メモリは8GB〜16GB、ストレージは256GB〜512GBのSSDを搭載。最上位モデルにはLTEによる通信機能を搭載したものもあり、まさにフルスペックノートPCをウルトラブックのサイズに落とし込んだような万能さです。メインマシンとしても活用したい人におすすめできます。

※ECサイトのリンク先の商品はすべてSVシリーズの「CF-SV8LFNQR」モデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

VAIO『SX12』

VAIO『SX12』 VAIO『SX12』 VAIO『SX12』 VAIO『SX12』 VAIO『SX12』 VAIO『SX12』 VAIO『SX12』 VAIO『SX12』 VAIO『SX12』

出典:Amazon

画面サイズ 12.5インチ
重量 約888g
CPU Core i5-8265U
メモリ 8GB
ストレージ SSD/256GB
バッテリー駆動時間 約13.5時間
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

VAIOから新サイズのウルトラブック登場

高いデザインセンスでソニー時代から人気のVAIOから登場した新モバイルノートが「SX12」です。11インチクラスの軽量さと13インチクラスのキーボードの打ちやすさを兼ね備えるため、フルHD・12.5インチという画面サイズを採用し、重さは890g前後に押さえられています。

スペックはほぼライバルと同等ですが、LTE/GPS搭載モデルもあり、SIMカードを刺せばWi-Fiのないところでも、単独で高速通信が可能な点はSXシリーズならではの特徴といったところでしょう。

VAIOブランドが好きな人はもちろん、デザイン性の高いモバイルノートがほしくて性能面でも妥協したくない人におすすめできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HP『Spectre x360 13』

HP『Spectrex36013』 HP『Spectrex36013』 HP『Spectrex36013』 HP『Spectrex36013』 HP『Spectrex36013』 HP『Spectrex36013』 HP『Spectrex36013』

出典:Amazon

画面サイズ 13.3インチ
重量 約1320g
CPU Core i7-8565U
メモリ 16GB
ストレージ SSD/512GB
バッテリー駆動時間 約22.5時間
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

4Kも選択できるハイパフォーマンスウルトラブック

HPのプレミアム薄型ノートPC「Spectre」シリーズの13インチモデルです。重さは1.32kgと、ウルトラブックにしてはやや重めの部類に入りますが、代わりにベーシックモデル以外はメモリ16GB、ストレージも512GB〜1TBと、一切妥協なし。

また、タッチ対応のディスプレイもパフォーマンスモデルでは4K解像度(3840x2160ドット)が選択でき、超高精細な表示を楽しめます。バッテリーも大容量のものを搭載しており、フルHDモデルで公称22時間30分、4Kディスプレイモデルでも12時間45分の駆動時間があります。クリエイティブな処理もこなしたいハイエンド志向のユーザーにおすすめです。

※ECサイトのリンク先の商品はすべて「スタンダードモデル」です。ほかにベーシックモデル、プロフェッショナルモデル、パフォーマンスモデルがあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GPD『P2 Max』

GPD『P2Max』 GPD『P2Max』 GPD『P2Max』 GPD『P2Max』 GPD『P2Max』 GPD『P2Max』 GPD『P2Max』 GPD『P2Max』 GPD『P2Max』

出典:Amazon

画面サイズ 8.9インチ
重量 約650g
CPU Core m3-8100y
メモリ 16GB
ストレージ SSD/512GB
バッテリー駆動時間 約8.0時間
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

わずか650gの世界最小ノートPC

ほかのウルトラブックとは一線を画す、なんと650gという超軽量ウルトラブックが「GPD P2 Max」です。画面サイズは8.9インチですが、解像度はWQXGA(2560x1600ドット)と高精細で、10点マルチタッチに対応してペン入力も可能。視野率も178度と非常に広く、どの角度からも読みやすいパネルを採用しています。

CPUはCore m3-8100Y、メモリは最大16GB、ストレージは256GB〜512GBのM.2 SSDを搭載と、スペック的にも隙がありません。かなり小型なため、キーボードの打ちやすさなどの使い勝手には多少慣れが必要になりそうですが、とにかく軽いウルトラブックを探しているならこれで決まりでしょう。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
富士通『FMV LIFEBOOK UH-X/D2』
Panasonic『Let’s note SVシリーズ(SV8)』
VAIO『SX12』
HP『Spectre x360 13』
GPD『P2 Max』
商品名 富士通『FMV LIFEBOOK UH-X/D2』 Panasonic『Let’s note SVシリーズ(SV8)』 VAIO『SX12』 HP『Spectre x360 13』 GPD『P2 Max』
商品情報
特徴 13.3インチながら700gを切るモバイルノート 光学式ドライブ搭載のビジネスマン御用達ノートPC VAIOから新サイズのウルトラブック登場 4Kも選択できるハイパフォーマンスウルトラブック わずか650gの世界最小ノートPC
画面サイズ 13.3インチ 12.1インチ 12.5インチ 13.3インチ 8.9インチ
重量 約698g 約1159g 約888g 約1320g 約650g
CPU Core i7-8565U Core i7-8565U Core i5-8265U Core i7-8565U Core m3-8100y
メモリ 8GB 8GB 8GB 16GB 16GB
ストレージ SSD/約512GB SSD/約512GB SSD/256GB SSD/512GB SSD/512GB
バッテリー駆動時間 約11.5時間 約21.0時間 約13.5時間 約22.5時間 約8.0時間
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月10日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ノートパソコンの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのノートパソコンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ノートパソコンランキング
Yahoo!ショッピング:Ultrabookランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ITライターからのアドバイス ウルトラブックを選ぶうえで

ITライター

インターフェースの種類に注意!

ウルトラブックは薄型軽量化のため、インターフェースの数や種類を絞り込んでいる製品が多くあります。また、同じインターフェースでも、より小型のものを搭載することもあります。

たとえばHDMIの代わりにmicro HDMIを搭載していたり、USB Type-Cポートが映像出力(DisplayPort)を兼用している場合がそれに当たります。こうした機種では既存の機器と接続する際に、対応するケーブルや、変換アダプターが必要になることがあるので、購入前にどんなケーブルが必要なのか調べておきましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/2/10 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


2020年【CPU】おすすめ15選|コスパ・機能・処理性能別に紹介

2020年【CPU】おすすめ15選|コスパ・機能・処理性能別に紹介

コンピューターを構成する中枢部分であるCPU。おもにIntel(インテル)とAMD(エーエムディー)から発売されており、性能などはさまざま。そこで、CPUを選ぶポイントを解説しつつ、ITサポートエンジニアの古賀竜一さんと編集部が選んだおすすめの15選をランキングとともにご紹介します。


【2020年】NASおすすめ15選|家庭用ネットワークHDの性能・特徴・選び方

【2020年】NASおすすめ15選|家庭用ネットワークHDの性能・特徴・選び方

面倒なケーブル接続をせずにネットワークでスマートにHDDにアクセスできるNAS。本記事では、HDD内蔵型とNASキットの特徴、ベイ・RAIDなどについて解説しています。さらに、プロの家電販売員・たろっささんと編集部が選んだ2020年版おすすめのNAS製品をランキングとともに紹介します。


2020年【CPUクーラー】おすすめ13選|冷却性能、静音性、寿命で選ぶ

2020年【CPUクーラー】おすすめ13選|冷却性能、静音性、寿命で選ぶ

CPUを冷やすためのパーツCPUクーラー。パソコンの頭脳であるCPUは、発熱量が多いため、冷却する必要があります。本記事では、ITサポートエンジニアの古賀竜一さんと編集部が選ぶCPUクーラーの選び方とおすすめモデル13選をランキングとともに紹介します。冷却性能や静音性などを参考にして選んでみてください。


2020年【Surface】おすすめ9選|LTE対応・GPU搭載モデルも!

2020年【Surface】おすすめ9選|LTE対応・GPU搭載モデルも!

通常のパソコンよりもコンパクトで軽量なだけでなく、幅広い用途に使えるSurface(サーフェス)。そこで、Surfaceを選ぶうえでおさえておきたいポイントを解説するとともに、プロの家電販売員・たろっささんと編集部が厳選した商品をランキングとともに紹介します。


2020年【Wi-Fi中継器】おすすめ20選|通信規格・周波数帯で選ぶ!

2020年【Wi-Fi中継器】おすすめ20選|通信規格・周波数帯で選ぶ!

インターネットが普及している現代社会でも、部屋によっては電波がとどかない場所があります。そこで、離れた部屋をネット環境にしてくれるWi-Fi中継器について、家電販売員のたろっささんと編集部が選び方を解説! あわせておすすめ商品もご紹介します。記事を参考にして、ぜひ自分に合った商品を見つけてください。


新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る