PR(アフィリエイト)

【2024年】テレビの代わりになるプロジェクターおすすめランキング10選|選び方のポイントや気になるQ&Aも解説

【2024年】テレビの代わりになるプロジェクターおすすめランキング10選|選び方のポイントや気になるQ&Aも解説
【2024年】テレビの代わりになるプロジェクターおすすめランキング10選|選び方のポイントや気になるQ&Aも解説

◆本記事はプロモーションが含まれています。

VODを見れるだけでなく、テレビ代わりとしても使えるプロジェクター。あるとテレビが要らず空間の節約にもつながります。そこで今回は、テレビ代わりになるおすすめのプロジェクターをご紹介。

商品特徴と併せておすすめランキングも掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

「何でも挑戦してみる」がモットーなWebライター
ようせい
食品・キッチン・生活雑貨や日用品の記事執筆が得意なWebライター。日々生活や料理をする中で新たな発見を楽しみながら、お役に立てる記事作りを心がけています。読者の方からの辛口意見をはじめ、さまざまなご意見に耳を傾けながら記事作りに全力を注ぎます。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

プロジェクターをテレビの代わりすれば、おうちタイムが充実する! 部屋のおしゃれ度もアップ

家族でプロジェクターでテレビを見ている画像
ペイレスイメージズのロゴ
家族でプロジェクターでテレビを見ている画像
ペイレスイメージズのロゴ

近年、プロジェクターをテレビ代わりとして活用し、部屋のインテリアを邪魔せず、圧迫感のない部屋作りをおこなう方が増えています。VODサービスの普及にともない大画面で映画やゲームなどを楽しむことができますよ。

しかしながら、プロジェクターとテレビ。どちらも映像を楽しむためのツールではありますが、「プロジェクターをテレビとして使う」という事はTVチューナーを用意して接続する必要があるということを覚えておきましょう。

テレビの代わりに使うプロジェクターの選び方 失敗せずに選べるポイントを解説!

テレビの代わりに使うプロジェクターの選び方をチェックしていきましょう。ポイントは下記です。

▼選び方1|どんなレイアウトにも対応できるコンパクトタイプが便利!
▼選び方2|狭い部屋にも対応可能! 短焦点モデルがおすすめ
▼選び方3|家具の配置に困らないのが、天井投影タイプ
▼選び方4|ルーメンの数値が高いほど日中でも楽しめる
▼選び方5|NetflixやYouTubeのコンテンツが楽しめる機能はマスト
▼選び方6|映画や音楽も楽しむならスピーカーの性能もチェック

上記のポイントを踏まえて選ぶことで、自分にぴったりの商品を見つけられます。

▼選び方1|どんなレイアウトにも対応できるコンパクトタイプが便利!

 

部屋の模様替えなどにも対応できるよう、コンパクトサイズのモデルを選ぶのがおすすめです。小さいサイズだと持ち運びも便利なので、違う部屋で楽しみたい時にも役立ちます。

▼選び方2|狭い部屋にも対応可能! 短焦点モデルがおすすめ

 

短焦点モデルのプロジェクターは、狭い部屋に設置する際も安心。スペースを広くとれない場合でも大画面で映像を投影できるのが魅力です。100インチの大外面を写すのに必要な距離はわずか40センチほど。ワンルームや書斎などでも使えます。

▼選び方3| 家具の配置に困らないのが、天井投影タイプ

 

天井に投影できるタイプは、家具の配置に困らないだけでなく壁に窓が多い部屋やスクリーンを掛ける場所がない部屋にもおすすめです。また、天井に投影することで寝ころびながら映像を楽しめるのも嬉しいポイント。壁にも投影できる両用タイプは、幅広い使い方ができます。

▼選び方4| ルーメンの数値が高いほど日中でも楽しめる

 

映像の明るさはルーメンには、LED照明の明るさを表す「lm(ルーメン)」と、実際にプロジェクターから発する光の明るさを表す「ANSI(アンシ)ルーメン」の2種類にわけることができます。

夜だけでなく明るい時間も映像を楽しむ方には、輝度1,500lm(ルーメン)以上のモデル、もしくは100ANSIルーメン以上のモデルが向いています。上記の明るさがあれば遮光カーテンや電気を消すことなく映像を楽しめるでしょう。


「lm(ルーメン)」と「ANSI(アンシ)ルーメン」の詳細は下記を参考にしてみてください。
CINEMAGE公式サイト

▼選び方5|NetflixやYouTubeのコンテンツが楽しめる機能はマスト

 

テレビ以外にも人気のVODも視聴できるものは人気があります。AmazonプライムやHuluなどの視聴にはAndroid TVが搭載されているモデルがベスト。HDMIポートが採用されているプロジェクターは、Fire TV Stickを挿すことでも視聴可能です。

▼選び方6| 映画や音楽も楽しむならスピーカーの性能もチェック

 

ライブ映像や臨場感のある映像を楽しむなら、スピーカーの性能も確認しましょう。スピーカー内蔵型の商品は接続の手間が省けるのみならず省スペースでの設置が可能です。また、サウンドにもこだわるなら音質性能にも着目してみてください。

テレビ代わりにおすすめのプロジェクターランキング 編集部でランキング!

ここからは、テレビ代わりにおすすめなプロジェクターをランキング形式でご紹介します。人気の商品ですので、購入の際の参考にしてみてください。

CINEMAGE『CINEMAGE mini』

CINEMAGE『CINEMAGEmini』 CINEMAGE『CINEMAGEmini』 CINEMAGE『CINEMAGEmini』 CINEMAGE『CINEMAGEmini』 CINEMAGE『CINEMAGEmini』 CINEMAGE『CINEMAGEmini』 CINEMAGE『CINEMAGEmini』 CINEMAGE『CINEMAGEmini』
出典:Amazon この商品を見るview item

おしゃれかつコンパクトサイズで便利

◆対応アプリが豊富で操作性も良し
◆350mlの缶サイズで収納も便利
◆好みのカラーが選べる
◆業界最軽量クラス

サイズ 72x72x106mm
重さ 1.67㎏
明るさ 120ANSIルーメン
解像度 480p
機能 Fire TV stick対応、ズーム機能、色分離光学技術、フォーカス調整
全てを見る全てを見る

サイズ 72x72x106mm
重さ 1.67㎏
明るさ 120ANSIルーメン
解像度 480p
機能 Fire TV stick対応、ズーム機能、色分離光学技術、フォーカス調整
全てを見る全てを見る

pericat『ホームプロジェクター』

pericat『ホームプロジェクター』 pericat『ホームプロジェクター』 pericat『ホームプロジェクター』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

幅広い用途で扱えるのが嬉しい

◆機能性とデザイン性を兼ね備えている
◆高画質・高コントラストで映像美が楽しめる
◆300インチの大画面で映画館のような臨場感がある
◆高品質収納バッグ付きで移動や持ち運びも簡単

サイズ 21.5x15.8x7.8cm
重さ 1.67㎏
明るさ 20000ルーメン
解像度 3840x2160
機能 Fire TV stick対応、ズーム機能、色分離光学技術、フォーカス調整
全てを見る全てを見る

サイズ 21.5x15.8x7.8cm
重さ 1.67㎏
明るさ 20000ルーメン
解像度 3840x2160
機能 Fire TV stick対応、ズーム機能、色分離光学技術、フォーカス調整
全てを見る全てを見る

YOWHICK『YOWHICKプロジェクター』

YOWHICK『YOWHICKプロジェクター』 YOWHICK『YOWHICKプロジェクター』 YOWHICK『YOWHICKプロジェクター』 YOWHICK『YOWHICKプロジェクター』 YOWHICK『YOWHICKプロジェクター』 YOWHICK『YOWHICKプロジェクター』 YOWHICK『YOWHICKプロジェクター』 YOWHICK『YOWHICKプロジェクター』
出典:Amazon この商品を見るview item

天井吊り可能で自由自在に使える

◆コンパクトサイズながらも充実した機能性
◆スピーカー内蔵型で取り付けの手間が省ける
◆幅広い互換性でゲームにも対応
◆24時間カスタマーサポートでいつでもサポートが受けられる

サイズ 14.9x12.9x6.3cm
重さ 950g
明るさ 12000ルーメン
解像度 3840x2160
機能 Bluetooth5.3搭載、10WのHiFiスピーカー内蔵、台形補正、ズーム機能
全てを見る全てを見る

サイズ 14.9x12.9x6.3cm
重さ 950g
明るさ 12000ルーメン
解像度 3840x2160
機能 Bluetooth5.3搭載、10WのHiFiスピーカー内蔵、台形補正、ズーム機能
全てを見る全てを見る

テレビ代わりにおすすめなプロジェクター7選

その他にもテレビ代わりにおすすめプロジェクターをご紹介。人気かつ使いやすい商品を紹介しているので、併せてチェックしてみてください。

Magcubic『プロジェクター』

Magcubic『プロジェクター』 Magcubic『プロジェクター』 Magcubic『プロジェクター』 Magcubic『プロジェクター』 Magcubic『プロジェクター』 Magcubic『プロジェクター』 Magcubic『プロジェクター』
出典:Amazon この商品を見るview item

内蔵スピーカータイプで臨場感を楽しめる

◆白い壁に投影した場合でもはっきり見れる
◆180°回転スタンド一体型で使用が便利
◆音質が良いので映画のような臨場感を楽しめる
◆小型プロジェクターで移動が便利

サイズ 10x10x18cm
重さ ‎500g
明るさ
解像度 1280x720
機能 Bluetooth5.0搭載、高音質Wi-Fiスピーカー、自動台形補正、画面調整
全てを見る全てを見る

サイズ 10x10x18cm
重さ ‎500g
明るさ
解像度 1280x720
機能 Bluetooth5.0搭載、高音質Wi-Fiスピーカー、自動台形補正、画面調整
全てを見る全てを見る

ETOE『プロジェクター』

ETOE『プロジェクター』 ETOE『プロジェクター』 ETOE『プロジェクター』 ETOE『プロジェクター』 ETOE『プロジェクター』 ETOE『プロジェクター』 ETOE『プロジェクター』
出典:Amazon この商品を見るview item

シンプルかつコンパクトサイズでおしゃれ

◆複数の接続をサポートできるのが嬉しい
◆シャットダウンタイマーモード付きで便利
◆ねじ穴付きでどこでも手軽に設置できる
◆自宅で映画館のような臨場感を楽しめる

サイズ 15.2x10x17.2cm
重さ 1.26kg
明るさ 1080ルーメン
解像度 1920x1080
機能 ズーム機能、双方向Bluetooth対応、タイマーモード、ズーム機能
全てを見る全てを見る

サイズ 15.2x10x17.2cm
重さ 1.26kg
明るさ 1080ルーメン
解像度 1920x1080
機能 ズーム機能、双方向Bluetooth対応、タイマーモード、ズーム機能
全てを見る全てを見る

HAPPRUN『プロジェクター』

HAPPRUN『プロジェクター』 HAPPRUN『プロジェクター』 HAPPRUN『プロジェクター』 HAPPRUN『プロジェクター』 HAPPRUN『プロジェクター』 HAPPRUN『プロジェクター』 HAPPRUN『プロジェクター』 HAPPRUN『プロジェクター』 HAPPRUN『プロジェクター』
出典:Amazon この商品を見るview item

幅広い機能性を持ったマルチアイテム

◆高解像度と高輝度を備えているのが嬉しい
◆マルチメディア互換性が高く何にでも使える
◆スピーカー内蔵型で音質がクリア
◆接続が安定しやすく遅延しにくい

サイズ 24x21x9.6cm
重さ 2.5kg
明るさ 9500ルーメン
解像度 1080
機能 屋外映画鑑賞機能付き、スピーカー内蔵型、低騒音排熱システム
全てを見る全てを見る

サイズ 24x21x9.6cm
重さ 2.5kg
明るさ 9500ルーメン
解像度 1080
機能 屋外映画鑑賞機能付き、スピーカー内蔵型、低騒音排熱システム
全てを見る全てを見る

TOKAIZ『プロジェクター』

TOKAIZ『プロジェクター』 TOKAIZ『プロジェクター』 TOKAIZ『プロジェクター』 TOKAIZ『プロジェクター』 TOKAIZ『プロジェクター』 TOKAIZ『プロジェクター』 TOKAIZ『プロジェクター』 TOKAIZ『プロジェクター』 TOKAIZ『プロジェクター』
出典:Amazon この商品を見るview item

持ち手つきで移動も楽におこなえる

◆マウスキーボード操作で楽チン
◆カラーが選べるので空間に合わせやすい
◆4点補正付きで傾いた場所からの投影も可能
◆約50,000時間の稼働寿命を実現した優れもの

サイズ 137×107×146mm
重さ 約920g
明るさ 100ルーメン
解像度 1080p 1920×1080
機能 多様な投写方式、内蔵スピーカー、アンドロイド搭載、自由四角補正
全てを見る全てを見る

サイズ 137×107×146mm
重さ 約920g
明るさ 100ルーメン
解像度 1080p 1920×1080
機能 多様な投写方式、内蔵スピーカー、アンドロイド搭載、自由四角補正
全てを見る全てを見る

Tutti『ホームプロジェクター』

Tutti『ホームプロジェクター』 Tutti『ホームプロジェクター』 Tutti『ホームプロジェクター』 Tutti『ホームプロジェクター』 Tutti『ホームプロジェクター』 Tutti『ホームプロジェクター』 Tutti『ホームプロジェクター』 Tutti『ホームプロジェクター』 Tutti『ホームプロジェクター』 Tutti『ホームプロジェクター』
出典:Amazon この商品を見るview item

シンプルなデザインでおしゃれに決まる

◆図書館程度の音量の静音性を持ち合わせている
◆台形補正機能付きでどの場所からでも投影可能
◆個別にBluetoothスピーカーとしても利用可能
◆おしゃれなデザインで空間になじみやすい

サイズ 19.0×13.0×14.0cm
重さ 1.249kg
明るさ 5000ルーメン
解像度 1080P
機能 Bluetooth&Android搭載、スピーカー内蔵、静音タイプ
全てを見る全てを見る

サイズ 19.0×13.0×14.0cm
重さ 1.249kg
明るさ 5000ルーメン
解像度 1080P
機能 Bluetooth&Android搭載、スピーカー内蔵、静音タイプ
全てを見る全てを見る

LGエレクトロニクス『ホームプロジェクター』

LGエレクトロニクス『ホームプロジェクター』 LGエレクトロニクス『ホームプロジェクター』 LGエレクトロニクス『ホームプロジェクター』 LGエレクトロニクス『ホームプロジェクター』 LGエレクトロニクス『ホームプロジェクター』 LGエレクトロニクス『ホームプロジェクター』 LGエレクトロニクス『ホームプロジェクター』 LGエレクトロニクス『ホームプロジェクター』 LGエレクトロニクス『ホームプロジェクター』
出典:Amazon この商品を見るview item

ガジェット風の本格的なプロジェクター

◆シンプルな白基調のデザインがおしゃれ
◆高精細かつ色鮮やかで映像を楽しめる
◆快適なメニュー画面と快適な操作性で初心者でも使いやすい
◆インターネットも見れるので仕事もできるのが嬉しい

サイズ 220×87×132mm
重さ 1.5kg
明るさ 1,400ルーメン
解像度 1920×1080
機能 DLPR方式、快適な操作性、有線、無線でネットワークに接続可能
全てを見る全てを見る

サイズ 220×87×132mm
重さ 1.5kg
明るさ 1,400ルーメン
解像度 1920×1080
機能 DLPR方式、快適な操作性、有線、無線でネットワークに接続可能
全てを見る全てを見る

YOWHICK『プロジェクター』

YOWHICK『プロジェクター』 YOWHICK『プロジェクター』 YOWHICK『プロジェクター』 YOWHICK『プロジェクター』 YOWHICK『プロジェクター』 YOWHICK『プロジェクター』 YOWHICK『プロジェクター』 YOWHICK『プロジェクター』
出典:Amazon この商品を見るview item

ビジネスシーンにも使える優れもの

◆ゲーム機としても使えるのが嬉しい
◆天井吊り可能でスペースをとらない
◆小さいながらもパワフルな明るさを持つのが魅力
◆冷却システム採用で放熱効果をあわせ持つ

サイズ 18×8.9×22.9cm
重さ 1.4kg
明るさ 22000ルーメン
解像度 1920×1080P
機能 LED光量、天井投影可能、天井吊り可能
全てを見る全てを見る

サイズ 18×8.9×22.9cm
重さ 1.4kg
明るさ 22000ルーメン
解像度 1920×1080P
機能 LED光量、天井投影可能、天井吊り可能
全てを見る全てを見る

「テレビ代わりに使えるプロジェクター」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
CINEMAGE『CINEMAGE mini』
pericat『ホームプロジェクター』
YOWHICK『YOWHICKプロジェクター』
Magcubic『プロジェクター』
ETOE『プロジェクター』
HAPPRUN『プロジェクター』
TOKAIZ『プロジェクター』
Tutti『ホームプロジェクター』
LGエレクトロニクス『ホームプロジェクター』
YOWHICK『プロジェクター』
商品名 CINEMAGE『CINEMAGE mini』 pericat『ホームプロジェクター』 YOWHICK『YOWHICKプロジェクター』 Magcubic『プロジェクター』 ETOE『プロジェクター』 HAPPRUN『プロジェクター』 TOKAIZ『プロジェクター』 Tutti『ホームプロジェクター』 LGエレクトロニクス『ホームプロジェクター』 YOWHICK『プロジェクター』
商品情報
特徴 おしゃれかつコンパクトサイズで便利 幅広い用途で扱えるのが嬉しい 天井吊り可能で自由自在に使える 内蔵スピーカータイプで臨場感を楽しめる シンプルかつコンパクトサイズでおしゃれ 幅広い機能性を持ったマルチアイテム 持ち手つきで移動も楽におこなえる シンプルなデザインでおしゃれに決まる ガジェット風の本格的なプロジェクター ビジネスシーンにも使える優れもの
サイズ 72x72x106mm 21.5x15.8x7.8cm 14.9x12.9x6.3cm 10x10x18cm 15.2x10x17.2cm 24x21x9.6cm 137×107×146mm 19.0×13.0×14.0cm 220×87×132mm 18×8.9×22.9cm
重さ 1.67㎏ 1.67㎏ 950g ‎500g 1.26kg 2.5kg 約920g 1.249kg 1.5kg 1.4kg
明るさ 120ANSIルーメン 20000ルーメン 12000ルーメン 1080ルーメン 9500ルーメン 100ルーメン 5000ルーメン 1,400ルーメン 22000ルーメン
解像度 480p 3840x2160 3840x2160 1280x720 1920x1080 1080 1080p 1920×1080 1080P 1920×1080 1920×1080P
機能 Fire TV stick対応、ズーム機能、色分離光学技術、フォーカス調整 Fire TV stick対応、ズーム機能、色分離光学技術、フォーカス調整 Bluetooth5.3搭載、10WのHiFiスピーカー内蔵、台形補正、ズーム機能 Bluetooth5.0搭載、高音質Wi-Fiスピーカー、自動台形補正、画面調整 ズーム機能、双方向Bluetooth対応、タイマーモード、ズーム機能 屋外映画鑑賞機能付き、スピーカー内蔵型、低騒音排熱システム 多様な投写方式、内蔵スピーカー、アンドロイド搭載、自由四角補正 Bluetooth&Android搭載、スピーカー内蔵、静音タイプ DLPR方式、快適な操作性、有線、無線でネットワークに接続可能 LED光量、天井投影可能、天井吊り可能
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月21日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする テレビ代わりに使えるプロジェクターの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのテレビ代わりに使えるプロジェクターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ホームプロジェクターランキング
楽天市場:ホームプロジェクターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

プロジェクターをテレビの代わりにするための気になるQ&A

ここからは、プロジェクターをテレビ代わりにするために気になるQ&Aをご紹介します。

question iconテレビを見るためにプロジェクターの他に必要なものはありますでしょうか?

answer icon

・テレビチューナーまたはテレビチューナー付きのBlu-ray
・アンテナケーブル
・HDMIケーブル

こちらの3点を揃えましょう。

question iconプロジェクターとTVチューナーを接続する方法を教えてください

answer icon

プロジェクターとTVチューナーを接続する方法として大きくわけると2タイプがあります。

①HDMI入力端子を使って接続する
プロジェクターにHDMI入力端子が付いていればHDMI入力端子で接続が可能です。
TVチューナーとテレビアンテナを接続しTVチューナーとプロジェクターをつなげれば完成です。

②ネットワーク環境で接続する
TVチューナーがネットワーク対応となっている場合は、Wi-Fiなどを活用して接続が可能です。
ケーブルがすっきりしますが、プロジェクターと対応するTVチューナーを双方用意する必要があるので注意しましょう。

question iconスクリーンはあったほうがいい? スクリーンがない場合の対処方法は?

answer icon

専用のスクリーンがある方が映像が綺麗に写ります。もしスクリーンがない場合は、遮光ロールスクリーンなどを代用する方法もあります。

question iconハッキリした映像を楽しみたい場合は画質の鮮明度はどれくらいが目安?

answer icon

解像度の数値が大きいほど鮮明度があがります。目安としては、1,920×1,080、3,840×2,160がおすすめです。

question iconプロジェクターをテレビ代わりにするデメリットはある?

answer icon

下記のようなデメリットがあります

・リアルタイム視聴には別途チューナーが必要になる
・起動時間やリモコン操作に手間がかかる

question iconテレビチューナー内蔵の商品はありますか?

answer icon

あります。詳しくはメーカーのウェブサイトなどを確認してみましょう。

question icon大きい画面サイズを選んだ方が良いの?

answer icon

大きい画面ほど映像がはっきり見えますが、部屋の大きさに合ったモノを選ぶのがベストです。また、あまりにも大きすぎる画面は目が疲れやすくなるため注意しましょう。

その他のプロジェクター関連記事はこちら 【関連記事】

プロジェクターを活用すれば大画面を楽しめる

「何でも挑戦してみる」がモットーなWebライター:ようせい

「何でも挑戦してみる」がモットーなWebライター

テレビ代わりになるプロジェクターはほかにも多くの機能が付いている商品があるので、あると便利なアイテムです。商品によってはビジネス用としても使えるものがあります。自分の部屋の大きさや機能性を確認した上で、気に入るアイテムを購入してみてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button