PR(アフィリエイト)

スタッドレスタイヤの中古品おすすめ5選&選ぶ際の注意点!性能・消耗は大丈夫?

スタッドレスタイヤの中古品おすすめ5選&選ぶ際の注意点!性能・消耗は大丈夫?
スタッドレスタイヤの中古品おすすめ5選&選ぶ際の注意点!性能・消耗は大丈夫?

◆本記事はプロモーションが含まれています。

降雪時の車の運転に欠かせないスタッドレスタイヤ。雪国であれば必要不可欠のため抵抗もなく買い替えを受け入れられるでしょう。

一方で年に数回降るか降らないかの地域に住んでいる方にとっては新品のスタッドレスタイヤの購入を決断するのを躊躇しがちです。その理由として必要ないかもしれない・場所を取る・高いなどが挙げられるでしょう。

なかには新品でなく中古のスタッドレスタイヤを検討する方も少なくありません。ここでは、中古のスタッドレスタイヤの注意点やおすすめを紹介します。ブリザックやアイスガードといった人気商品もピックアップ。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

中古のスタッドレスタイヤの特徴

雪の日のタイヤ
雪の日のタイヤ

スタッドレスタイヤの購入を検討している方の中には新品でなく中古を検討している方もいるでしょう。もちろん新品を購入するのが安心ですが、中古品も数多く販売されています。まずは中古のスタッドレスタイヤの特徴を解説します。

優良品なら問題なく使用できる

スタッドレスタイヤの寿命は3~4年と言われていますが、使用状況や保管状況によって大きく変わります。安価な中古のスタッドレスタイヤの中にはゴムが硬くなり寿命が近い状態のものも販売されています。スタッドレスタイヤの寿命は素人では判断が難しいため、結果的に短期間で使いものにならずにすぐにまた買い替えを余儀なくされることも考えられます。

中古品の中には「未使用品」や「在庫処分」のものも販売されています。これらは新品ではないものの実際に使われていないタイヤです。タイヤは熱や紫外線に弱く、適切に保管をしていても経年劣化は避けられません。冬が終わる頃の在庫処分は製品化されて1年未満なので、大きな劣化を避けながら新品よりもお得に購入できる場であると言えるでしょう。

中古のスタッドレスタイヤ選びの注意点

悪路を走行
Pixabayのロゴ
悪路を走行
Pixabayのロゴ

前述している通り、スタッドレスタイヤは使用状況や保管状況により寿命が大きく左右されるため新品で購入するのが安心です。それでもなるべくコストを抑えたいために中古でスタッドレスタイヤを購入したいと考えているなら、失敗しない選び方を確認しておきたいところです。ここでは、購入前に知っておきたいスタッドレスタイヤ選びの注意点を紹介します。

残り溝をチェック

まずはタイヤの溝をチェックしましょう。スタッドレスタイヤに限らずタイヤの溝は交換する際に目安になる大切なポイントです。タイヤの溝の中にはスリップサインという目印があります。スリップサインまでタイヤがすり減った場合、タイヤ交換をする目安です。ほかにもスタッドレスタイヤにはプラットホームというサインも存在します。プラットホームは50%減ったら出てくるサインで使用限界を確認可能です。

ゴムの硬化はしていないか

タイヤはゴムの弾力性を確認して劣化の状態を判断します。硬いから丈夫と判断しがちですが、表面が硬いのは劣化しているサインです。タイヤの地面と接着する部分を指で押して弾力が感じられるかチェックしてみましょう。弾力を指で確認してもよくわからなければ硬度計を使用すると良いでしょう。

硬度計で確認し60以上の場合はタイヤ交換を検討する目安と言われています。新品のスタッドレスタイヤは40~50が目安です。

ひび割れはないか

タイヤはゴムでできており、使用頻度が多かったり保存状態が悪かったりすると硬化やひび割れが発生します。ひびや傷のあるタイヤを使用するとバーストする可能性も高まるため、購入前にはタイヤの表面をチェックし、ひび割れや傷などの有無を確認しましょう。

タイヤのサイズ

タイヤには「225/55R17」というようなサイズの表記があります。「225」はタイヤの幅、「55」は偏平率、「R17」はインチ数をあらわしています

目星のスタッドレスタイヤを見つけても、愛車のサイズとあわない可能性があるため、必ずチェックが必要です。

スタッドレスタイヤの中古品おすすめ5選

スタッドレスタイヤは種類が豊富でどれを選べばよいのか迷いがちです。ここでは人気のスタッドレスタイヤからおすすめを厳選して紹介します。

オートバックス『アイスエスポルテ』

オートバックス『アイスエスポルテ』 オートバックス『アイスエスポルテ』 オートバックス『アイスエスポルテ』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

氷雪性能と長持ち性能に優れた国産タイヤ

非対称パターンと最新テクノロジーにより氷上性能が向上。オレンジオイルSを採用し、低温時に硬くなりにくく柔らかいゴムは約4年も優れた性能をキープします。さらに夏タイヤに匹敵する転がり抵抗により低燃費にも貢献。

メーカー オートバックス

メーカー オートバックス

ブリヂストン『BLIZZAK VRX3』

ブリヂストン『BLIZZAKVRX3』 ブリヂストン『BLIZZAKVRX3』 ブリヂストン『BLIZZAKVRX3』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

長期的に使用できる高性能

水路の断面形状が楕円形になることで吸水力が向上。接地面積がアップすることで氷上のグリップ力も向上しました。さらにトレッド表面に微細な凸凹を施すことで水膜を除去。高い表情性能を発揮します。タイヤと路面のすべりを低減する新トレッドパタンにより長持ち。4年使用後も性能が落ちにくいため長く愛用しやすいのも魅力的です。

メーカー ブリヂストン

メーカー ブリヂストン

ヨコハマ『アイスガードIG60』

ヨコハマ『アイスガードIG60』 ヨコハマ『アイスガードIG60』 ヨコハマ『アイスガードIG60』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

最新テクノロジー搭載で低燃費・長持ち

非対称パターンと最新テクノロジーにより氷上性能が向上。オレンジオイルSを採用し、低温時に硬くなりにくく柔らかいゴムは約4年も優れた性能をキープします。さらに夏タイヤに匹敵する転がり抵抗により低燃費にも貢献

メーカー ヨコハマ

メーカー ヨコハマ

ミシュラン『X-ICE3 プラス』

ミシュラン『X-ICE3プラス』 ミシュラン『X-ICE3プラス』 ミシュラン『X-ICE3プラス』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

性能が長く続くMチップを採用

表面再生ゴムチップ「Mチップ」を採用。ゴムの中に空洞を作らずはき始めのブロック性能をキープ。摩耗することでタイヤ表面が溶け無数の穴が出現。穴が水分を除去することで氷に密着しアイスブレーキング性能が持続します。非降雪時の静寂性や高速安定性にも優れており履き替え時までの安心感が魅力です。

メーカー ミシュラン

メーカー ミシュラン

ダンロップ『WINTER MAXX WM02』

ダンロップ『WINTERMAXXWM02』 ダンロップ『WINTERMAXXWM02』 ダンロップ『WINTERMAXXWM02』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

冬のさまざまな路面に柔軟に対応

雪上・凍結・ウェット・ドライなど冬の幅広い路面状態に適応するトータルバランスに優れたスタッドレスタイヤです。株式会社クラレが開発した液状ファルネセンゴムを配合した庁密着ナノフィットゴムを採用。安定の氷上性能を長く発揮します。混ぜ物が少ない高密度ゴムによりすり減りを抑えて優れた性能が期待できます。

メーカー ブリヂストン

メーカー ブリヂストン

「スタッドレスタイヤ 中古」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
オートバックス『アイスエスポルテ』
ブリヂストン『BLIZZAK VRX3』
ヨコハマ『アイスガードIG60』
ミシュラン『X-ICE3 プラス』
ダンロップ『WINTER MAXX WM02』
商品名 オートバックス『アイスエスポルテ』 ブリヂストン『BLIZZAK VRX3』 ヨコハマ『アイスガードIG60』 ミシュラン『X-ICE3 プラス』 ダンロップ『WINTER MAXX WM02』
商品情報
特徴 氷雪性能と長持ち性能に優れた国産タイヤ 長期的に使用できる高性能 最新テクノロジー搭載で低燃費・長持ち 性能が長く続くMチップを採用 冬のさまざまな路面に柔軟に対応
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月28日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする スタッドレスタイヤの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのスタッドレスタイヤの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スタッドレスタイヤランキング
楽天市場:スタッドレスタイヤランキング
Yahoo!ショッピング:スタッドレスタイヤランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スタッドレスタイヤに関するQ&A

ここではスタッドレスタイヤに関するQ&Aを紹介します。

1年中はいてても問題ないですか?

夏タイヤとスタッドレスタイヤは同じように見えて性能が異なります。スタッドレスタイヤはノーマルタイヤと比べて溝が深くゴムが柔らかいため、雪道でのグリップ力に優れているのが特徴です。一方で普段の道路でスタッドレスタイヤを使用すると摩耗が速く、すぐにすり減ってしまいます。スタッドレスタイヤは消耗品です。長く愛用するためにスタッドレスタイヤはシーズンが過ぎたらなるべく早くノーマルタイヤに交換しましょう。

駆動輪だけの装着でも問題ないですか?

スタッドレスタイヤはグリップ力に優れているため、駆動輪だけをスタッドレスタイヤに交換すればよいのでは?と考える方もいるでしょう。2本だけ交換すればコストも抑えられますが、それでは不十分です。雪道でも安全に走行できるようにスタッドレスタイヤは4輪すべてに装着するようにしましょう。

スタッドレスタイヤで雪道を安全に走行しよう

今回は中古のスタッドレスタイヤについて紹介しました。
スタッドレスタイヤは消耗品のため、保管状況や使用状況により状態が左右します
中古のスタッドレスタイヤは新品と比べてコストを抑えられるメリットがありますが選ぶ際には状態をしっかりと確認することが重要です。

型落ちやシーズン終わりのセールなどもうまく活用してお得に状態の良いスタッドレスタイヤを手に入れましょう。

そのほかのスタッドレスタイヤ関連の記事はこちら 【関連記事】

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button