PR(アフィリエイト)

【2024年】寒冷地エアコンおすすめ9選!寒い地域の強い味方!魅力や電気代も解説

三菱 ルームエアコン ズバ暖 霧ヶ峰 MSZ-KXV2220-W
三菱 ルームエアコン ズバ暖 霧ヶ峰 MSZ-KXV2220-W

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2023年11月02日に公開された記事です。

氷点下になる真冬でも暖房性能を発揮してくれる暖房エアコン。寒冷地エアコンとも呼ばれるこのエアコンは北海道や東北、北陸と言った冬の寒さが厳しい地域でも問題なく使用できるということで近年注目を集めています。しかし、暖房に使えるエアコンと言ってもどの程度使用できるのか、何を基準に選んだら良いのかなどはイマイチ分かりませんよね。

この記事では暖房エアコンの選び方と、三菱やダイキンなど人気メーカーのおすすめ商品を紹介します。後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター
たろっさ
家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。 学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。 個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験を持っています。 家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通しています。家電で分からないことはありません。 現在は家電ライターの業務も通して「全ての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力しています。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
福本 航大

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」カテゴリーを担当。シンプルでミニマルなガジェットには目がなく、つい散財してしまう。とくに、白無地のガジェットが大好物。ひそかに、折りたたみ式のスマートフォンへの乗り換えを計画中。

寒冷地エアコンとは?

 

寒冷地エアコンとは通常のエアコンに比べ、氷点下になる地域の真冬でも暖房性能を維持できる出力を持ったエアコンです。それぞれのメーカーで「ズバ暖」「スゴ暖」「フル暖」というようなシリーズ名を持っています。

寒冷地、とくに北海道では真冬は-10℃~-20℃程度になることも珍しくなく、そういった場合にエアコンを使用しようとしても常に霜取り運転を行ってしまい、まったく暖房としての役割を果たせませんでした。そんな背景も手伝って2010年代初頭の北海道のエアコン普及率は20%以下となっており、決して高い数値ではなかったものの、2020年代に入ってからはエアコン性能の向上、オール電化世帯の増加に伴い、エアコンの普及率は40%程まで上昇してきています。

現在では従来のFFストーブや煙突ストーブ、ペチカといった灯油タンク直結のストーブではなく、床暖+暖房エアコンやパネルヒーター+暖房エアコンといった暖房方式も北海道では見られるようになっています。

普通のエアコンとの違いは?

 

通常のエアコンと暖房エアコンの違いですが、まず大きなところでいくと暖房能力が段違いという点が挙げられます。通常のエアコンは気温が氷点下になってしまうと室外機が凍ってしまうという事態を避けるため、室外機に暖気、室内機に冷気を入れて室外機の氷を融解させる霜取り運転を行います。しかし、室外機が大型で出力も高い暖房エアコンは霜取り運転の頻度が低く、結果的に長時間暖房を室内機に入れ続けることが出来ます。

また、室外機にも工夫がなされており、室外機のドレン部分にヒーターを配置し、通電をすることで真冬でも室外機が凍らないようになっています。更に吸引口や排気口部分に風よけのひさしである「防雪フード」を備えられるため、外の天候が風雪でも室外機の運転を気にすることなく使用できます。ただし、積雪などで物理的に室外機が埋まってしまうと上手くエアコンを動かすことが出来ない場合もあるため、室外機の様子を見ながら時折除雪を行わなければいけない点は注意しましょう。

寒冷地エアコンの選び方

それでは早速暖房エアコンの選び方を見ていきましょう。ポイントは下記。

【1】対応畳数
【2】暖房・冷房能力
【3】消費電力
【4】便利な機能

上記のポイントをおさえることで、よりほしい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

対応畳数で選ぶ

部屋
部屋

エアコンには同じ型でもそれぞれ出力があり「6畳用」や「10畳用」などといった内容で記載されています。もちろん部屋によって多少差異はあれど、自分の使用したい部屋が何畳かという点を考えながら選べば良いとされていますが、実を言うとこれは半分誤りです。

現在のエアコンのカタログの畳数の基準は1964年と60年程度前に制定されたもので、当時は断熱材と言った考え方などまったくありませんでした。その時の基準をそのまま使用しているためこれを現在の建築様式に当てはめて考えるとその頃より7倍以上の気密性が家屋にはあります。よって、少し広めの部屋であってもエアコンの畳数的には小さめでもカバーすることが出来るということが言えます。

とくに寒冷地の家屋は高気密住宅になっており、外気をシャットアウトする力が強いため、対応する畳数そのまま、もしくは一つ上程度の畳数のエアコンを選べば事足りる場合が多くなります。

暖房・冷房能力を確認

能力 Pixabayのロゴ
能力 Pixabayのロゴ

エアコンには冷房能力と暖房能力が明記されており、2.2kWなどの数値で表されます。また、その下に括弧書きで(0.4~3.4kW)というような数字がありますが、これは「最低出力」と「最大出力」を表しており、この数値が大きいほど出力が大きくなるということになります。

寒冷地エアコンで重要視されるのは「外気温◯℃時の暖房能力」が重要になっており、外気温-15℃時に6畳であれば3.5kW以上、10畳用であれば5kW以上、14畳用であれば7kW以上の定格出力が明記されているものを選ぶと良いでしょう。

消費電力もチェック

電気代 Pixabayのロゴ
電気代 Pixabayのロゴ

エアコンを使用する上で気になる消費電力量ですが、寒冷地エアコンの場合、同じ畳数の通常モデルよりも年間使用電力量がおよそ100~200kWh程度増加します。前述した室外機の出力やヒーターへの通電も行わなければいけないため、通常のエアコンよりも電力量が多少高くなってしまう点は注意しましょう。その中でも「省エネ基準達成率」という数値を見て、この数値が110%を超えている製品であればかなり節電能力は高いということが言えます。

家電の省エネ基準達成率はトップランナー方式という方式を採用しており、昨年の省エネ達成率が一番高かった製品を100%とし、それを超える省エネ率をどのメーカーも目指しているため、この数値が110%以上であれば昨年モデルと比べてもかなりの節電効果が期待できるということになります。

機能で選ぶ

自動お掃除機能|お手入れがラクになる

自動お掃除とはエアコン内部のフィルターのほこりを自動で掃除する機能です。一般的には運転終了後、フィルターが上下に動いて備え付けてあるハケのようなブラシに当たり、ほこりが一箇所に貯められる仕組みになっています。しかし一部機種はお掃除ロボットがフィルター部分に搭載されており、ほこり取り~排出までを全て行ってくれるものもあります。

スマホ連携機能|外出先から操作できる

とくに一人暮らし世帯やペット、小さいお子さんがいるご家庭などでとくに活用できる機能ですが、外出先からスマホでエアコンの電源のONOFFや室温、湿度の確認などを行うことが出来ます。何時に帰れるか不透明な場合、帰路についた時点でエアコンの電源をONにしておくと家についてからすぐに快適な温度で過ごすことが出来るため、家を空けがちな人にとくにおすすめの機能です。

センサー機能|温度や湿度を自動で調整可能

センサー機能は室内の温度や湿度など、さまざまな要因から部屋の温度を自動で調節し、快適な空間を作る機能です。メーカーごとにさまざまな角度からセンサーを取り付けており、赤外線センサーやAIでの室温変化予測など、ボタンを押すだけで後は全ておまかせで調節をしてくれるのが魅力です。

寒冷地エアコンの人気メーカーを紹介

三菱電機(MITSUBISHI)

 

霧ヶ峰のCMでおなじみ、三菱電機です。ズバ暖という暖房エアコンブランドを展開しており、ラインナップが豊富なのが魅力。また、「ムーブアイmirA.I.+」という独自センサーでAIが体感温度や室温の変化を予測し、その場にいる人一人ひとりに最適な空調を届けるのが特徴です。エアコンのフラップを開いて奥まで掃除したりおそうじメカを全て外してお手入れできたりと自分で全て分解掃除が出来る点も見逃せません。

ダイキン(DAIKIN)

 

世界的にも有名な空調機器メーカーのダイキンはスゴ暖という暖房エアコンを展開しています。空調メーカーらしく、他のメーカーに比べて気流の出方に気を使っており、夏は全体の空気を一気にかき混ぜるサーキュレーション気流、冬は足元から暖める垂直気流を大風量で送り、人になるべく風を当てずに室温を快適に保つことが出来ます。また、省エネ性能に優れており、ランニングコストがかかりづらいのも特徴です。

パナソニック(Panasonic)

 

国内でも有数の家電の総合メーカー、パナソニックが手掛ける暖房エアコンです。ブランド名はフル暖と言います。立ち上がりが早く、夏はすぐに冷房が、冬はタイマー始動前から予熱を行ってすぐに温風が出るAIチャージ機能など、すぐに室温を何とかしたいという人に好適。また、お掃除ロボットを搭載しているため、運転終了後はフィルター掃除~ほこりの排出までを全て自動で終わらせてくれます。

寒冷地エアコンのおすすめ9選

それでは前述した寒冷地エアコンの選び方のポイントをふまえておすすめ商品をご紹介します。

Panasonic(パナソニック)『フル暖エアコン エオリア TXシリーズ 2024年モデル(CS-TX564D2-W)』

Panasonic(パナソニック)『フル暖エアコンエオリアTXシリーズ2024年モデル(CS-TX564D2-W)』 Panasonic(パナソニック)『フル暖エアコンエオリアTXシリーズ2024年モデル(CS-TX564D2-W)』 Panasonic(パナソニック)『フル暖エアコンエオリアTXシリーズ2024年モデル(CS-TX564D2-W)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
Panasonic(パナソニック)『フル暖エアコンエオリアTXシリーズ2024年モデル(CS-TX564D2-W)』 Panasonic(パナソニック)『フル暖エアコンエオリアTXシリーズ2024年モデル(CS-TX564D2-W)』 Panasonic(パナソニック)『フル暖エアコンエオリアTXシリーズ2024年モデル(CS-TX564D2-W)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

暖房機能を強化したコンパクトモデルエアコン

フィルターお掃除ロボットを搭載している暖房強化コンパクトモデル。厳寒の冬でも速く暖まる機能を備えており、暖房開始後すぐに温風が吹き出す「すぐでる暖房(AIチャージ)」機能や、霜取り運転中の室温低下をやわらげる「暖気チャージ」機能を搭載しています。

また、冷房機能も充実。冷房開始後すぐに冷風が吹き出す「すぐでる冷房」機能や、冷たい風を体に直接あてない「天井シャワー気流」機能、乾燥や冷えを抑えながら冷房する「しっとり冷房」機能などがあります。

対応畳数 冷房:15~23畳 / 暖房:15~18畳
冷房・暖房能力 冷房:5.6(0.5~5.7)kW / 暖房:6.7(0.4~10.3)kW
消費電力 暖房:1940W(150~4000W)  冷房:1800W(160~2390W)
フィルター自動お掃除 フィルター
スマホ連携 あり
センサー機能 日射センサー、おへや学習機能
室内機サイズ 幅 798×高さ 295×奥行 239mm
全てを見る全てを見る

対応畳数 冷房:15~23畳 / 暖房:15~18畳
冷房・暖房能力 冷房:5.6(0.5~5.7)kW / 暖房:6.7(0.4~10.3)kW
消費電力 暖房:1940W(150~4000W)  冷房:1800W(160~2390W)
フィルター自動お掃除 フィルター
スマホ連携 あり
センサー機能 日射センサー、おへや学習機能
室内機サイズ 幅 798×高さ 295×奥行 239mm
全てを見る全てを見る

Panasonic(パナソニック)『フル暖エオリア(CS-TX223D)』

Panasonic(パナソニック)『フル暖エオリア(CS-TX223D)』 Panasonic(パナソニック)『フル暖エオリア(CS-TX223D)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
Panasonic(パナソニック)『フル暖エオリア(CS-TX223D)』 Panasonic(パナソニック)『フル暖エオリア(CS-TX223D)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

すぐでる暖房で部屋を素早く暖める

パナソニックの暖房エアコン「フル暖」の中でも子ども部屋などの小さめのお部屋に適しているTXモデルです。エアコンが各曜日、24時間の中でどの時間帯やどの状態の時に暖房を起動しやすいかを学習し、事前に予熱運転をAIが判断して行っておくことで電源を入れてすぐに温風が吹き出します。何時に帰ってこれるかわからない帰宅時などに合わせてくれるため、帰ってすぐに部屋を暖かくすることが出来るのがメリットです。

対応畳数 6畳
冷房・暖房能力 冷房2.2kW/暖房2.5kW
消費電力 640kWh
フィルター自動お掃除 お掃除ロボット
スマホ連携
センサー機能
室内機サイズ 295mm×798mm×239mm
全てを見る全てを見る

対応畳数 6畳
冷房・暖房能力 冷房2.2kW/暖房2.5kW
消費電力 640kWh
フィルター自動お掃除 お掃除ロボット
スマホ連携
センサー機能
室内機サイズ 295mm×798mm×239mm
全てを見る全てを見る

Panasonic(パナソニック)『フル暖 エオリア(CS-UX403D2)』

Panasonic(パナソニック)『フル暖エオリア(CS-UX403D2)』 Panasonic(パナソニック)『フル暖エオリア(CS-UX403D2)』 Panasonic(パナソニック)『フル暖エオリア(CS-UX403D2)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
Panasonic(パナソニック)『フル暖エオリア(CS-UX403D2)』 Panasonic(パナソニック)『フル暖エオリア(CS-UX403D2)』 Panasonic(パナソニック)『フル暖エオリア(CS-UX403D2)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

更に暖房能力が強化されたハイクラスモデル

パナソニックの暖房エアコン「フル暖」の中でも上位に位置するモデルです。TXシリーズに比べて暖房機能が更に強化されており、外気温-15℃でも60℃の温風を放射することが出来る出力はかなりの高性能。スマホ連携だけでなく、AIスピーカーや空気清浄機と連携をすることも可能なため、IoTに興味のある人にもおすすめです。

対応畳数 14畳
冷房・暖房能力 冷房4.0kW/暖房6.0kW
消費電力 1,081kWh
フィルター自動お掃除 お掃除ロボット
スマホ連携
センサー機能
室内機サイズ 295×799×385mm
全てを見る全てを見る

対応畳数 14畳
冷房・暖房能力 冷房4.0kW/暖房6.0kW
消費電力 1,081kWh
フィルター自動お掃除 お掃除ロボット
スマホ連携
センサー機能
室内機サイズ 295×799×385mm
全てを見る全てを見る

三菱電機(MITSUBISHI)『ズバ暖霧ヶ峰 2024年モデル(MSZ-HXV4024S)』

三菱電機(MITSUBISHI)『ズバ暖霧ヶ峰2024年モデル(MSZ-HXV4024S)』 三菱電機(MITSUBISHI)『ズバ暖霧ヶ峰2024年モデル(MSZ-HXV4024S)』 三菱電機(MITSUBISHI)『ズバ暖霧ヶ峰2024年モデル(MSZ-HXV4024S)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
三菱電機(MITSUBISHI)『ズバ暖霧ヶ峰2024年モデル(MSZ-HXV4024S)』 三菱電機(MITSUBISHI)『ズバ暖霧ヶ峰2024年モデル(MSZ-HXV4024S)』 三菱電機(MITSUBISHI)『ズバ暖霧ヶ峰2024年モデル(MSZ-HXV4024S)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

三菱ズバ暖の上位モデル

三菱暖房エアコン霧ヶ峰「ズバ暖」の上位モデルです。KXVと比べて赤外線センサー「ムーブアイmirA.I.+」を搭載しており、360度部屋を見渡しながら体感温度を計測。部屋の暖まりやすさや冷えやすさを分析しながらそれぞれに快適な気流を先読みしながら届ける機能が付いています。運転だけでなく電源のONOFFも自動で行うため、部屋の空気は常に快適が保たれます。

対応畳数 14畳
冷房・暖房能力 冷房4.0kW/暖房6.0kW
消費電力 1,220kWh
フィルター自動お掃除 ダストボックス
スマホ連携 別売
センサー機能
室内機サイズ H295×W799×D385(据付後390)mm
全てを見る全てを見る

対応畳数 14畳
冷房・暖房能力 冷房4.0kW/暖房6.0kW
消費電力 1,220kWh
フィルター自動お掃除 ダストボックス
スマホ連携 別売
センサー機能
室内機サイズ H295×W799×D385(据付後390)mm
全てを見る全てを見る

三菱電機(MITSUBISHI)『ズバ暖霧ヶ峰(MSZ-KXV4023S)』

お求めやすい暖房エアコンエントリーモデル

三菱の暖房エアコン「ズバ暖」の中でもコスパを重視したスタンダードモデルです。上位のHXVシリーズやVXVシリーズに比べてフィルターの自動清掃やAIでのセンサーモードが付いていない、無線LANアダプタは別売りと少し機能が削がれてはいるものの、客室や子ども部屋など、使用頻度の低い部屋であれば充分なスペック。とりあえず暖めたいという用途に好適です。

対応畳数 14畳
冷房・暖房能力 冷房4.0kW/暖房6.0kW
消費電力 1,484kWh
フィルター自動お掃除 -
スマホ連携 別売
センサー機能
室内機サイズ H295×W799×D230(据付後235)mm
全てを見る全てを見る

対応畳数 14畳
冷房・暖房能力 冷房4.0kW/暖房6.0kW
消費電力 1,484kWh
フィルター自動お掃除 -
スマホ連携 別売
センサー機能
室内機サイズ H295×W799×D230(据付後235)mm
全てを見る全てを見る

富士通ゼネラル『ゴク暖ノクリア DNシリーズ 2024年モデル(AS-DN254R-W)』

暖房強化型のスリムモデル

コンパクトな室内機を採用し、狭いスペースにも適応する設計が特徴のスリムな暖房強化型エアコン。加熱除菌機能を備えており、外気27℃、湿度78%の環境下で10分間の運転で細菌とカビ菌を99%以上減少させる効果が確認されています。

また、抗菌・防カビ機能も搭載。抗菌活性値99%以上、防カビ効果ありと評価されています。

対応畳数 冷房:7~10畳 / 暖房:6~8畳
冷房・暖房能力 冷房:2.5(0.9~ 3.3)kW / 暖房:2.8(0.6~6.5)kW
消費電力 冷房:540W/暖房560W
フィルター自動お掃除 フィルター、熱交換器
スマホ連携 有(無線LANアダプター別売)
センサー機能 人感センサー
室内機サイズ 777×250×319mm
全てを見る全てを見る

対応畳数 冷房:7~10畳 / 暖房:6~8畳
冷房・暖房能力 冷房:2.5(0.9~ 3.3)kW / 暖房:2.8(0.6~6.5)kW
消費電力 冷房:540W/暖房560W
フィルター自動お掃除 フィルター、熱交換器
スマホ連携 有(無線LANアダプター別売)
センサー機能 人感センサー
室内機サイズ 777×250×319mm
全てを見る全てを見る

コンパクトな室内機で設置場所に困らない

富士通ゼネラルの暖房エアコンである「ゴク暖」のエントリーモデル、DNシリーズです。特筆すべきは何と言っても高さがわずか250mmという驚きの小ささ。暖房エアコンの中でも最小クラスになっているため、カーテンレールや天井までの距離が稼げない場所にも設置することが出来ます。取り付けたいけど場所がないという人はこちらを検討してみましょう。

対応畳数 14畳
冷房・暖房能力 冷房4.0kW/暖房6.0kW
消費電力 1,327kWh
フィルター自動お掃除
スマホ連携 別売
センサー機能
室内機サイズ 250×777×319mm
全てを見る全てを見る

対応畳数 14畳
冷房・暖房能力 冷房4.0kW/暖房6.0kW
消費電力 1,327kWh
フィルター自動お掃除
スマホ連携 別売
センサー機能
室内機サイズ 250×777×319mm
全てを見る全てを見る

日立(HITACHI)『メガ暖 白くまくん(RAS-EK56R2)』

日立(HITACHI)『メガ暖白くまくん(RAS-EK56R2)』 日立(HITACHI)『メガ暖白くまくん(RAS-EK56R2)』 日立(HITACHI)『メガ暖白くまくん(RAS-EK56R2)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
日立(HITACHI)『メガ暖白くまくん(RAS-EK56R2)』 日立(HITACHI)『メガ暖白くまくん(RAS-EK56R2)』 日立(HITACHI)『メガ暖白くまくん(RAS-EK56R2)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

北海道電力推薦あったかエアコン

有名な日立白くまくんの暖房エアコン「メガ暖」のミドルクラスのモデルです。北海道電力、通称ほくでんの推薦エアコンになっており、暖かさが安定しているのが特徴。また、日本の工場で製造している日本製のため、作りに関しても安心と言えます。また、本体内部の熱交換器を定期的に凍らせて一気に溶かし、水洗いを行う凍結洗浄も好評です。

対応畳数 18畳
冷房・暖房能力 冷房5.6kW/暖房6.7kW
消費電力 1,795kWh
フィルター自動お掃除 ダストボックス
スマホ連携
センサー機能
室内機サイズ 295×798×385mm
全てを見る全てを見る

対応畳数 18畳
冷房・暖房能力 冷房5.6kW/暖房6.7kW
消費電力 1,795kWh
フィルター自動お掃除 ダストボックス
スマホ連携
センサー機能
室内機サイズ 295×798×385mm
全てを見る全てを見る

DAIKIN(ダイキン)『スゴ暖(S404ATDP)』

DAIKIN(ダイキン)『スゴ暖(S404ATDP)』 DAIKIN(ダイキン)『スゴ暖(S404ATDP)』 DAIKIN(ダイキン)『スゴ暖(S404ATDP)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
DAIKIN(ダイキン)『スゴ暖(S404ATDP)』 DAIKIN(ダイキン)『スゴ暖(S404ATDP)』 DAIKIN(ダイキン)『スゴ暖(S404ATDP)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

すべてが揃った高機能タイプ

ダイキンの暖房エアコンであるスゴ暖3モデル内の上位モデルです。AI運転が搭載されており、温度と湿度だけでなく床や壁の温度、運転の履歴などを学習し、その時その時に最適な気流を自動で提供。難しい操作なども一切必要ないため、使いやすさが魅力と言えます。また、省エネ性に優れているため、ランニングコストを抑えられるのもポイントです。

対応畳数 14畳
冷房・暖房能力 冷房4.0kW/暖房5.0kW
消費電力 1,066kWh
フィルター自動お掃除 ダストボックス
スマホ連携
センサー機能
室内機サイズ 高さ295×幅798×奥行370mm
全てを見る全てを見る

対応畳数 14畳
冷房・暖房能力 冷房4.0kW/暖房5.0kW
消費電力 1,066kWh
フィルター自動お掃除 ダストボックス
スマホ連携
センサー機能
室内機サイズ 高さ295×幅798×奥行370mm
全てを見る全てを見る

「暖房エアコン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像 Panasonic(パナソニック)『フル暖エアコン エオリア TXシリーズ 2024年モデル(CS-TX564D2-W)』 Panasonic(パナソニック)『フル暖エオリア(CS-TX223D)』 Panasonic(パナソニック)『フル暖 エオリア(CS-UX403D2)』 三菱電機(MITSUBISHI)『ズバ暖霧ヶ峰 2024年モデル(MSZ-HXV4024S)』 三菱電機(MITSUBISHI)『ズバ暖霧ヶ峰(MSZ-KXV4023S)』 富士通ゼネラル『ゴク暖ノクリア DNシリーズ 2024年モデル(AS-DN254R-W)』 富士通『ゴク暖ノクリア(AS-DN403N2)』 日立(HITACHI)『メガ暖 白くまくん(RAS-EK56R2)』 DAIKIN(ダイキン)『スゴ暖(S404ATDP)』
商品名 Panasonic(パナソニック)『フル暖エアコン エオリア TXシリーズ 2024年モデル(CS-TX564D2-W)』 Panasonic(パナソニック)『フル暖エオリア(CS-TX223D)』 Panasonic(パナソニック)『フル暖 エオリア(CS-UX403D2)』 三菱電機(MITSUBISHI)『ズバ暖霧ヶ峰 2024年モデル(MSZ-HXV4024S)』 三菱電機(MITSUBISHI)『ズバ暖霧ヶ峰(MSZ-KXV4023S)』 富士通ゼネラル『ゴク暖ノクリア DNシリーズ 2024年モデル(AS-DN254R-W)』 富士通『ゴク暖ノクリア(AS-DN403N2)』 日立(HITACHI)『メガ暖 白くまくん(RAS-EK56R2)』 DAIKIN(ダイキン)『スゴ暖(S404ATDP)』
商品情報
特徴 暖房機能を強化したコンパクトモデルエアコン すぐでる暖房で部屋を素早く暖める 更に暖房能力が強化されたハイクラスモデル 三菱ズバ暖の上位モデル お求めやすい暖房エアコンエントリーモデル 暖房強化型のスリムモデル コンパクトな室内機で設置場所に困らない 北海道電力推薦あったかエアコン すべてが揃った高機能タイプ
対応畳数 冷房:15~23畳 / 暖房:15~18畳 6畳 14畳 14畳 14畳 冷房:7~10畳 / 暖房:6~8畳 14畳 18畳 14畳
冷房・暖房能力 冷房:5.6(0.5~5.7)kW / 暖房:6.7(0.4~10.3)kW 冷房2.2kW/暖房2.5kW 冷房4.0kW/暖房6.0kW 冷房4.0kW/暖房6.0kW 冷房4.0kW/暖房6.0kW 冷房:2.5(0.9~ 3.3)kW / 暖房:2.8(0.6~6.5)kW 冷房4.0kW/暖房6.0kW 冷房5.6kW/暖房6.7kW 冷房4.0kW/暖房5.0kW
消費電力 暖房:1940W(150~4000W)  冷房:1800W(160~2390W) 640kWh 1,081kWh 1,220kWh 1,484kWh 冷房:540W/暖房560W 1,327kWh 1,795kWh 1,066kWh
フィルター自動お掃除 フィルター お掃除ロボット お掃除ロボット ダストボックス - フィルター、熱交換器 ダストボックス ダストボックス
スマホ連携 あり 別売 別売 有(無線LANアダプター別売) 別売
センサー機能 日射センサー、おへや学習機能 人感センサー
室内機サイズ 幅 798×高さ 295×奥行 239mm 295mm×798mm×239mm 295×799×385mm H295×W799×D385(据付後390)mm H295×W799×D230(据付後235)mm 777×250×319mm 250×777×319mm 295×798×385mm 高さ295×幅798×奥行370mm
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年06月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年06月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年06月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年6月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年6月25日時点 での税込価格

寒冷地エアコンの電気代は高い?デメリットはある?

高い Pixabayのロゴ
高い Pixabayのロゴ

結論から言ってしまうと通常のエアコンより年間でおよそ10~20%程度割高になります。暖房として使用する、真冬でもしっかり暖めるということを考えるとヒーターへの通電などからどうしても仕方ない部分ではあります。

また、室内機はさほどでもありませんが室外機がかなり大型になり、設置場所に困るという声もあります。あまり狭い場所に無理やり入れてしまうと熱がこもってしまい、室外機の寿命を縮めることになってしまう場合も。充分な設置スペースがあるかどうかは事前にカタログなどで大きさをチェックし、シミュレーションするようにしましょう。

寒冷地エアコンに関連する記事のご紹介

まとめ:暖房エアコンで寒冷地の寒い冬を乗り切ろう!

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター:たろっさ

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

一昔前まではエアコンで寒冷地の冬を越すのは無理と言われてきました。しかし、最近ではエアコンの性能の向上から、北海道の極寒の地で耐久テストを行い、実際に冬を越している製品が次々と出現してきています。寒冷地だからあまりエアコンに興味がない、そもそも自分には関係ないという時代は過去のものになりつつあります。皆さんも今回の記事を読んで、是非とも暖房エアコンの暖かさを体感してみてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button