一眼レフカメラのレリーズおすすめ6選|リモート撮影に! ワイヤレスタイプも

ニコン『ニコン リモートコード MC-36A』
出典:Amazon

星空や夜景、集合写真など絶対に手ブレを起こせない撮影の際に必須のレリーズ。そして、レリーズは端子の規格やカメラとの接続方式など商品によって特徴がだいぶ異なり、安易に選んでしまうのは失敗のもと。そこで、写真家・瀬川陣市さんと編集部が選んだレリーズのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも参考にしてみてください。


目次

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表
瀬川 陣市

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。 1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。 さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。 写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

レリーズとは?

 

VBESTLIFE『無線リモコン タイマー機能付き』。リモコンで80メートルの距離まで制御が可能。

レリーズは、カメラのシャッターボタンに取り付け、離れた場所からリモートでシャッターを切ることができるカメラアクセサリーです。ケーブル付きのタイプとリモコン操作によるワイヤレスタイプの2種類があります。

たとえば、集合写真など絶対に手ぶれが許されない大事なシーンや花火大会など手ぶれを起こしやすい夜間の撮影時に大活躍します。得てして三脚とセットで使用します。

一眼レフカメラのレリーズの選び方 写真家に聞く

写真家の瀬川陣市さんに、一眼レフカメラのレリーズを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

カメラ越しの風景
Pixabayのロゴ

たとえば、花火や初日の出など暗く手ブレを起こしやすそうな環境では、レリーズが必須。

機種に適合したレリーズか確認

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

フィルム一眼レフカメラのレリーズは、同一規格のネジ穴式だったのでカメラの機種を問わず取りつけることができました。

しかし、デジタルカメラになってからは、メーカーごとにレリーズに取りつける規格が変わりました。同じメーカーであっても機種などによって適合しない場合もあるため、注意が必要です。使用しているカメラに適合するレリーズであるか、必ず確認してください。

初心者にはケーブル付きのレリーズがおすすめ

 

99回までシャッター設定が可能! タイムラプス撮影におすすめ。

ケーブル付きのレリーズは、ボタンを押すだけの操作が簡単なものが多いので、初心者の方にはおすすめです。また、ワイヤレスタイプと比べ安価なものが多いのも特徴です。

ワイヤレスタイプには2種類ある

より自由に離れた場所からのリモート撮影を目指すなら、ワイヤレスが便利でおすすめです。ワイヤレスレリーズには、赤外線式と電波式の2タイプがあります。

安価な「赤外線式」

 

赤外線式のワイヤレスレリーズの通信可能範囲はおよそ5メートル。それ以上だと、電波式を選ぶことになる。

カメラ本体に搭載されている受光部でリモコンからの信号を受け取ります。電波式と比べて安価なのが売り。通信可能範囲はおよそ5メートルです。

より遠距離での操作が可能な「電波式」

5メートルを超えるような、遠距離からのリモート操作を可能にしてくれるのがこの「電波式」ワイヤレスレリーズです。赤外線式と比べ価格は高くなりますが、なかには、通信可能範囲が最大100メートルに及ぶものもあり、より遠くから操作したい方におすすめです。

撮影する状況に応じた長さや機能で選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

レリーズには、有線と無線のタイプがあります。有線のレリーズは、伸ばしたケーブル先でカメラのシャッターを切ります。

撮影する状況によって伸ばすケーブルの長さは変わってくるでしょう。あまり長すぎてケーブルが余ってしまうと撮影時に邪魔になるので、必要な長さのケーブルを求めることが大事です。

また、無線の場合は、リモコン操作でシャッターを切れます。ただ、通信状態を確認し撮り逃さないよう注意が必要です。どんな撮影で使うのかをよく事前に把握してからレリーズを探すとよいでしょう。

搭載機能を確認する

多重露出で写された多数の花火
ペイレスイメージズのロゴ

バルブ機能を駆使して花火の「多重露出」(シャッターを開放状態にして紙などでレンズを遮りながらひとつのフレームに複数の被写体を写しこむテクニック)に挑戦してみてはいかがだろう。

ここでは、レリーズのなかでとくにあると便利な機能をご紹介します。

夜間撮影にはぜひほしい「バルブ機能」

 

バルブ機能にレリーズは必須。記念撮影や集合写真など失敗ができない撮影においても、レリーズがあれば手ブレのリスクを回避することができる。

「バルブモード」は、長時間露光の一種です。バルブモードを使えば、シャッターボタンを押し込んでいる間ずっとシャッターが開いた状態にできます。つまり、夜間や、ロウソクの灯一本の光しかないような暗闇での撮影においても、このバルブモードさえあれば、必要な光を取り込むことができ、写真にすることができるのです。同じ要領でよく撮影されるのが花火です。

バルブ撮影の際に必要なのが、レリーズと三脚です。バルブは上級テクニックと言っても過言ではないのでぜひ挑戦してみてください。

「半押し機能」があればAFが使いやすい

 

液晶ディスプレイ付きのレリーズであれば、タイマー設定などの細かい設定も目視で確認できるのでおすすめ。

レリーズのなかには、カメラ本体のように半押ししてオートフォーカスに対応したものと、全押しで完全マニュアルフォーカスにしか対応していないものとがあります。撮影に慣れていないうちは、半押し機能に対応したものを選ぶと便利です。

自然体のポートレート撮影を撮るなら「ディレイ機能」が便利

「ディレイ機能」とは、レリーズのボタンを押してから、少し遅れたタイミングでシャッターを切ってくれる機能です。この機能があれば、有線タイプのレリーズでも、リモコンから手を離した状態で自分も一緒に2ショット、集合写真と自撮りすることができます。また、変に構えることもなく、自然な表情を撮ることができます。

対応機種を確認

自分のカメラがレリーズに対応しているかどうか、事前に確認しましょう。レリーズのメーカーサイトを見れば、対応機種が書いてあります。キヤノンなら、キヤノン製の純正レリーズを選べばほぼ対応しているでしょう。しかし、サードパーティー製のものだと、対応していないケースもあるので、必ずチェックする必要があります。

コネクタのタイプを確認

 

事前に端子形状およびリモートスイッチ型番をチェックしよう。

レリーズの接続端子は、角型・丸型(10ピンタイプ)・ステレオ端子型の3タイプがあります。カメラ側とレリーズの端子が同じタイプでないと接続することができないので、これも事前に確認しておきましょう。万一、端子が合わなかった場合も、別売りのアダプタを取り付けることで接続が可能になります。

ロック機能が扱いやすいものを選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

レリーズは、長時間露光で星空や夜景をきれいに撮影する場合に便利です。このシャッターを押したままの状況を維持させるために、レリーズにはシャッターロック機能がついています。

レリーズを選ぶポイントは、ロック機能が使いやすいタイプかどうかです。ロックボタンや解除ボタン、それぞれの使い方や反応のよさなども確かめてください。

一眼レフカメラのレリーズおすすめ6選 機能・対応機種・コネクタもチェック!

上で紹介した一眼レフカメラのレリーズの選び方のポイントをふまえて、写真家の瀬川陣市さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

カメラと女性
Pixabayのロゴ

レリーズを使う最大のメリットは、なんといっても手ブレを防いでくれることにつきる。

ロワジャパン『ロワ RS001』

ロワジャパン『ロワRS001』 ロワジャパン『ロワRS001』 ロワジャパン『ロワRS001』 ロワジャパン『ロワRS001』

出典:Amazon

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

シンプルなレリーズシャッター

シャッターを押すという機能をシンプルにしたものがこの製品。シャッターロック機能がついているので長時間露光をするのにも便利です。

カメラにつなぐ端子部分は、それぞれメーカーごとに選択することができます。ケーブルの長さは1メートル。

「シャッターを単発で押す」「シャッターをロックする」このふたつのベーシックな機能だけがついているので、レリーズを使ってみたいと思っている初心者におすすめです。

キヤノン『キヤノン タイマーリモートコントローラー TC-80N3』

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

キヤノン純正のコントローラー

キヤノンのデジタル一眼機のほとんどに適合するキヤノン純正のリモートコントローラーです。

単純にレリーズシャッターとしてももちろん使用できますが、この機種の特徴は100時間未満で1秒ごとにセルフやインターバル、長時間露光の各タイマーをセットできます。

また、99回までシャッター設定も可能です。キヤノンのカメラでこまかなシャッター設定をして撮影する場合には、この純正のコントローラーが役立ちます。夜間やタイムラプス撮影におすすめです。

ニコン『リモートコード MC-36A』

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

ニコンの純正リモートシャッター

ニコンの10ピンターミナルの挿入口を持つデジタルカメラに適合。高機能と定評がある純正のレリーズで、このリモートコードではシャッターの半押しも可能です。

また、設定時間を決めたインターバル撮影や長時間露光撮影ができ、その間1秒ごとに音で知らせる機能もついています。

表示パネルは照明がついており、暗所での撮影でも使いやすい設計なので、天体撮影や夜景を撮る人には最適です。

リコー『ケーブルスイッチ CS-205』

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

ペンタックスのケーブルスイッチ

ペンタックスのデジタルカメラに適合する純正のレリーズ。シャッターボタンとロック機能のシンプル構造なので使いやすい設計になっています。

ケーブルの長さは50cmで通常レリーズを使用する場合に扱いやすいサイズ。

難しい設定はなくプラグを差し込むとすぐ使用できるため、夜間撮影などをしてみようとしている初心者におすすめです。

Photoolex『リモートコード T710C』

Photoolex『リモートコードT710C』 Photoolex『リモートコードT710C』 Photoolex『リモートコードT710C』 Photoolex『リモートコードT710C』 Photoolex『リモートコードT710C』 Photoolex『リモートコードT710C』 Photoolex『リモートコードT710C』 Photoolex『リモートコードT710C』

出典:Amazon

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

2種類の接続ケーブルが付属したレリーズリモコン

通常、レリーズの接続端子は1種類のみですが、この機種は2種類の端子がついています。ミニプラグとMC-DC2タイプなど幅広く対応。

カメラボディにどちらかの差し込み端子がついていれば、このレリーズリモコンを使用できます。リモコン単体に単4電池2本のバッテリーが必要です。長時間露光設定のほかにもインターバル撮影設定にすることもできます。

2種類の端子があるため、さまざまなカメラに対応できて便利。対応するカメラを複数持つ方は、携帯時の負担が軽くなるのでおすすめです。

キヤノン『ワイヤレスリモートコントローラー(BR-E1)』

CanonワイヤレスリモートコントローラーBR-E1 CanonワイヤレスリモートコントローラーBR-E1 CanonワイヤレスリモートコントローラーBR-E1 CanonワイヤレスリモートコントローラーBR-E1

出典:Amazon

5m圏内ワイヤレス! シャッター・AF機能を搭載

キヤノンEOSシリーズと互換性のあるBluetooth対応ワイヤレスレリーズ。カメラとペアリングすることで、写真撮影や動画撮影をリモートで行うことができ、シャッターはもちろん、AFによるピント合わせも可能です。

リモート範囲はおよそ5メートル内。度の角度からも操作が可能です。また、持ち手部分に穴が空いているので、カラビナなどをつけてキーホルダーのように持ち歩くことができます。

「レリーズ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ロワジャパン『ロワ RS001』
キヤノン『キヤノン タイマーリモートコントローラー TC-80N3』
Nikon リモートコード MC-36A
リコー『ケーブルスイッチ CS-205』
Photoolex『リモートコード T710C』
キヤノン『ワイヤレスリモートコントローラー(BR-E1)』
商品名 ロワジャパン『ロワ RS001』 キヤノン『キヤノン タイマーリモートコントローラー TC-80N3』 Nikon リモートコード MC-36A リコー『ケーブルスイッチ CS-205』 Photoolex『リモートコード T710C』 キヤノン『ワイヤレスリモートコントローラー(BR-E1)』
商品情報
特徴 シンプルなレリーズシャッター キヤノン純正のコントローラー ニコンの純正リモートシャッター ペンタックスのケーブルスイッチ 2種類の接続ケーブルが付属したレリーズリモコン 5m圏内ワイヤレス! シャッター・AF機能を搭載
タイプ ケーブルレリーズ ケーブルレリーズ ケーブルレリーズ ケーブルレリーズ ケーブルレリーズ Bluetooth
機能 フォーカス、シャッター、バルブ制御ロック機能 タイマー機能、ホールド機能 タイマー、バルブ、レリーズロック、半押し - タイマー、半押し、リモコン表示パネル、照明機能、バルブ フォーカス、シャッター
対応機種 Canon、Pentax、Contax、Samsung Canon Nikon Pentax Canon、Pentax、Samsung キヤノンEOSシリーズ
コネクタ ステレオ端子 N3タイプリモコン端子 10ピンプラグ ステレオ端子 - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月26日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする レリーズの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのレリーズの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:レリーズランキング
Yahoo!ショッピング:レリーズランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

一眼レフカメラのレリーズに関するそのほかのおすすめ 【関連記事】

レリーズの選び方のまとめ 写真家からのアドバイス

カメラ
Pixabayのロゴ

レリーズがあれば体が自由になるので、より楽な姿勢で被写体をねらうことができる。

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

レリーズの機能は、シャッターを切るためのシャッターボタンが付いているものが基本です。基本機能のほかにインターバル撮影やシャッタータイマー設定、音声設定などの付加機能がついている機種があります。

レリーズは夜間撮影や長時間露光撮影などに使いますが、それらの撮影に便利機能を持つレリーズを選ぶ必要があります。ケーブルの長さや機能の数など選ぶポイントはさまざま。ただ、カメラのメーカーや機種によってレリーズの端子が異なるので、なによりもまず適合するものかを確認することが重要です。

ぜひ、お手持ちのカメラにレリーズを使って、撮影する楽しみの幅を広げていってください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年。趣味はギターとDJ、ランニング。特技はフリーダイビング。週末はゴールデン街と中華街、コリアンタウンにいることが多い。芸能誌の編集、アスリートもの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で悠々自適に暮らしたい。

関連する記事


ソフトボックスおすすめ6選|収納便利なコンパクトサイズから大型サイズまで

ソフトボックスおすすめ6選|収納便利なコンパクトサイズから大型サイズまで

本記事では、収納便利な大きさから大型サイズまで撮影内容に合ったソフトボックスの選び方やおすすめ商品をご紹介。また通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタル一眼レフカメラ , デジタルカメラ

レフ板おすすめ6選|フォトグラファー監修|写真をきれいに撮るための選び方も

レフ板おすすめ6選|フォトグラファー監修|写真をきれいに撮るための選び方も

撮影したい人物や物を明るく撮影するため、カメラといっしょにあると便利なレフ板。光を反射させるという簡単な構造ゆえに数ある商品の違いが分かりづらく、どういったものを選ぶといいのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。この記事では、フォトライフコンシェルジュとして、プロの写真家・講師・ライターとして活躍している、フォトララ写真未来研究所代表の瀬川陣市さんへの取材をもとに、おすすめのレフ板をご紹介します。写真のプロによるレフ板の選び方をふまえて、ご自分に合ったものを見つけてみましょう。

tag icon カメラアクセサリ・サプライ品 , カメラ

カメラマングローブおすすめ6選|防寒極寒対応・防水性、ミトンタイプも

カメラマングローブおすすめ6選|防寒極寒対応・防水性、ミトンタイプも

雨の降るなかや冬の寒い時期でも、カメラでの撮影を快適にしてくれるのがカメラマングローブです。撮影するときのことを考えて、シャッターを押す際にじゃまにならないよう指先が出せるようになっているものや、大事なカメラをしっかりと持つことができるように工夫されたものが販売されています。本記事では、カメラマングローブの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

tag icon カメラアクセサリ・サプライ品 , カメラ

接写リングおすすめ商品6選|ニコン・キヤノン用・倍率を変えられるセットも

接写リングおすすめ商品6選|ニコン・キヤノン用・倍率を変えられるセットも

花や昆虫などを近接撮影したいとき、接写リングがあれば、手持ちのレンズをマクロレンズのように使えるようになります。高額なマクロレンズではなく、なんとか手持ちのレンズでマクロ撮影ができないものかと考える方におすすめです。ここでは、フォトグラファー/フォトララ写真未来研究所代表の瀬川陣市さんにお話をうかがい、接写リングを買う際の注意点とおすすめ商品を紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタル一眼レフカメラ , デジタルカメラ

カメラの防水ケースおすすめ14選|iPhoneスマホ、Gopro、一眼、デジカメ別に紹介

カメラの防水ケースおすすめ14選|iPhoneスマホ、Gopro、一眼、デジカメ別に紹介

ダイビングや雨の日でもスマホや一眼レフなどで写真が撮りたい人に、カメラ防水ケースを使うことで非日常の風景を撮影できます。今回はフォトグラファーの瀬川陣市さんおすすめのカメラの防水ケースを紹介します。記事後半にはAmazonやヤフー、楽天の人気売れ筋ランキングや口コミもありますので参考にしてみてくださいね!

tag icon ミラーレスカメラ , デジタル一眼レフカメラ , コンパクトデジタルカメラ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。