おすすめの「ドッグフード」に関する記事

毎日食べるドッグフード、ご褒美に用意したいグルメフード、わんちゃんが喜ぶおやつなど、犬が元気に、健康に過ごすために、犬が口にするもの全般の選び方とおすすめ情報、関連情報をお届けします。


【嗜好性高し!】半生ドッグフードおすすめ4選|犬の心理栄養カウンセラーが選び方も紹介

【嗜好性高し!】半生ドッグフードおすすめ4選|犬の心理栄養カウンセラーが選び方も紹介

嗜好性が高いため、愛犬のエサに半生タイプのドッグフードを選んでいる方も多いのではないでしょうか。しかし、どういった基準で選んでいいか迷っている方もいるでしょう。本記事では、一般社団法人犬の食養生推進協会代表理事で犬の心理栄養カウンセラーでもある三苫恵理子さんに取材した内容をもとに、選び方のポイントやおすすめ商品について紹介します。ドッグフード選びに迷っている方はぜひ目を通してみてください。


ドッグフード保存容器おすすめ17選【大容量や密閉タイプも】収納のプロと編集部が厳選

ドッグフード保存容器おすすめ17選【大容量や密閉タイプも】収納のプロと編集部が厳選

愛犬が毎日食べるドッグフードは、鮮度を保つためにも密閉容器に入れきちんと保存しておきたいところです。そこで、フードの収納に適し、お手入れのしやすさにも配慮したドッグフード保存容器の選び方とおすすめ商品を、整理収納コンサルタントの瀧本真奈美さんにお伺いしました。ドッグフード専用の保存容器もあれば、人間の食品を収納するための容器を兼用することもできます。収納するフードの量やデザインなども考慮しながら、ぜひ用途にあった商品を見つけてくださいね。


小型犬向けドッグフードおすすめ5選【ドッグライフカウンセラーが選び方も解説】

小型犬向けドッグフードおすすめ5選【ドッグライフカウンセラーが選び方も解説】

ドッグフードが生まれたのは1860年ごろ。いまではさまざまなフードが登場しています。しかし、なかには粗悪なものがあるので、値段の手軽さや食いつきの良さだけで選ぶのは危険です。本記事では、ペット・ケア・アドバイザーでドッグライフカウンセラーでもある土井晴人さんに、年齢や犬種に加えて知っておきたい小型犬向けドッグフードの選び方のポイントやおすすめの商品についてうかがいました。


グレインフリードッグフードのおすすめ5選【ドッグトレーナー兼トリマーが選ぶ】

グレインフリードッグフードのおすすめ5選【ドッグトレーナー兼トリマーが選ぶ】

小麦やトウモロコシの穀物が一切使用されていない「グレインフリードッグフード」。犬は雑食だと思われそうですが、本来は肉食。穀物などを消化しにくい身体のつくりになっているため、穀物が入っていないグレインフリードッグフードは、愛犬の健康を気遣う方々から注目されています。しかし、ドックフードにこだわりがあるからこそ原材料や製造元など知りたいことが多く、いざ購入しようと思ってもどれを選べばいいのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、出張トリミング&トレーニングTreasure代表の酒匂佑季子(犬ユウ)さんへの取材をもとに、グレインフリードッグフードの選び方とおすすめの商品をご紹介いたします!


犬のおやつおすすめ17選|ドッグトレーナーがおやつ選びのポイントを解説

犬のおやつおすすめ17選|ドッグトレーナーがおやつ選びのポイントを解説

愛犬とのしつけやコミュニケーションの際に使う犬用のおやつ。犬にとっても、ごほうびにおやつをもらう時間は幸せなひとときではないでしょうか。ペットショップに行くと、さまざまな犬用のおやつがあるので、どれを買っていいのか迷いますよね。そこで、ドッグトレーナーの金子真弓さんに取材して、犬用おやつの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。ぜひチェックして、愛犬に安心して与えられる犬用のおやつを探してみてください。


ドッグフードの人気記事