人気小説家・作家おすすめ24選(72作品)|映画化、ドラマ化、漫画化された作品も

集英社『白夜行』
出典:Amazon

今年こそ読書をしたいと思っても、日本には多くの小説家・作家がいるため、誰の作品を読めばよいのかわからない方も多いでしょう。本記事では、司書教諭・学芸員のyokoさんと編集部が選んだ「人気小説家・作家おすすめ」を紹介します。

男性作家・女性作家のおすすめと、代表作を数点ずつ紹介しますので、お気に入りの小説を探す参考にしてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

司書教諭・学芸員・小学校教諭・幼稚園教諭
yoko

本や博物館が好きすぎて、司書教諭の免許と学芸員の資格を保有しているライター。小学校教諭と幼稚園教諭の資格も保有。 どのようなジャンルの本も幅広く読む。趣味は小説を書くことや美術館めぐり。ネイルやマッサージなど、リラックスできることが生きがい。基本的に文化系女子。世界をひとりで旅行して、暮らすように滞在するのが好き。プチミニマリストで、がんばらない家事を意識している。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:本・音楽・映画
福本 航大

「本・音楽・映画」カテゴリーを担当。通勤の往復で1本の映画を観終えてしまうほどの映画愛好家。作品に没入しすぎるあまり、たびたび乗り過ごすことも。自宅を自分だけのホームシアターにする計画を着々と遂行中。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

人気小説家・作家おすすめ24選(72作品)

司書教諭・学芸員のyokoさんと編集部が選んだ、男性小説家・作家おすすめを紹介します。お気に入りの作品をぜひ見つけてみてください。

村上春樹|世界中にファン多数

村上春樹は、1979年「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞しました。世界的大ヒットを記録した「ノルウェイの森」や、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」など、耳にしたことがある作品も多いのではないでしょうか。

また、2006年にはフランス・カフカ賞を受賞するなど、世界的評価も高く、国内外に多くのファンがいる小説家です。

講談社『ノルウェイの森(上)』

限りない喪失と再生を描いた恋愛小説

「ノルウェイの森」は、1987年9月に発売された上下巻の2冊からなる長編小説。村上春樹の小説のなかでも、多くの方に愛されている作品です。

37歳の僕が、ハンブルク空港に着陸したあと、天井のスピーカーからビートルズの「ノルウェイの森」を聴いたことで、学生時代のことを回想するところからストーリーが始まります。

新潮社『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)』

村上春樹が織りなす不思議の国

「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)」は、第21回谷崎潤一郎賞を受賞した、村上春樹初の書き下ろし長編小説です。上巻で480ページと、なかなかのボリュームですが、一度読みはじめると不思議と熱中して、最後まで読み切ってしまいます。

静寂な幻想世界と、波瀾万丈の冒険活劇の2つの物語をぜひ、お楽しみください。

講談社『風の歌を聴け』

群像新人文学賞受賞のデビュー作

「風の歌を聴け」は、第22回群像新人文学賞を受賞した、村上春樹のデビュー作です。大学生の僕は夏休みに帰郷し、毎晩友人とビールを飲んで過ごします。ある日、飲みすぎて意識を失くしてしまった左手の小指のない女の子と知り合い…。

小説のなかから溢れ出る、無機質な雰囲気が不思議と癖になり、何回でも読み返したくなる作品です。

東野圭吾|映画、ドラマ化作品多数

東野圭吾は、1985年に第31回江戸川乱歩賞を受賞した、「放課後」で作家デビューしました。サスペンスやミステリー、ユーモア小説など、数多くのジャンルを発表しています。文章がとてもテンポよくて読みやすいので、ふだん小説を読まない方でも読みやすいでしょう。

ガリレオシリーズや加賀恭一郎シリーズなど、多くの作品がドラマや映画で映像化されています。

司書教諭・学芸員・小学校教諭・幼稚園教諭

『白夜行』は、人気ミステリー作家東野圭吾の代表作のひとつで、巧妙な伏線が見事な作品。最後までイッキ読みできてしまいます。桐原と雪穂の関係や、真相も見逃せません。傑作と呼ぶにふさわしい小説です。

エキスパートのおすすめ

集英社『白夜行』

巧妙に張り巡らされた伏線

「白夜行」は、残酷な運命にほんろうされた少年と少女の物語です。ふたりの周囲にはいくつもの犯罪の形跡が見え隠れするものの決定的な証拠がないまま時は過ぎてゆきます。

幾重にも張り巡らされた伏線、緻密なストーリー展開と、長編でありながら一気読みさせるほどの魅力を持った作品です。2006年にドラマ化されていますが、ドラマとはまた違う臨場感を、ぜひ小説で味わってみてください。

文藝春秋『容疑者Xの献身』

直木賞受賞作! ガリレオシリーズの名作

「容疑者Xの献身」は、単行本発行時のミステリベスト1と、各賞を総なめにした、東野圭吾の名作と言われる作品です。

ドラマ化や映画化もなされた、ガリレオシリーズであり、小説を読んだことがなくても、映像作品は知っている方も多いのではないでしょうか。事件のトリックを、科学的なアプローチで解決していくのが特徴的です。

文藝春秋『手紙』

犯罪加害者の家族を真正面から描いた作品

弟の大学進学のために、強盗殺人を犯した兄と、進学や恋愛、就職と幸せをつかもうとするたびに、犯罪者の弟というレッテルに苦しめられる弟。犯罪加害者の家族を真正面から描いており、涙なしには読めません。

2006年に映画化、2018年にドラマ化もされています。人の絆とは何か、小説を通じて考えさせられる作品です。

京極夏彦|オカルトからコメディまで幅広い作風

1994年に「姑獲鳥の夏」で、作家デビューした京極夏彦は、1996年 「魍魎の匣」で、第49回日本推理作家協会賞長編部門を受賞しています。妖怪小説とミステリーが融合したような、独特な世界観が特徴的であり、ドラマや映画などの映像化のみならず、アニメ化もされています。

1冊1冊のページ数が多く、初心者の方はためらいがちですが、一度読むとやめられなくなる不思議な魅力があります。

講談社『文庫版 姑獲鳥の夏』

百鬼夜行シリーズの1作目

京極夏彦のデビュー作「姑獲鳥の夏」は、古本屋にして陰陽師の中禅寺秋彦が、憑き物を落として事件を解決する「百鬼夜行シリーズ」の1作目です。

20カ月も身ごもったままの娘、密室から失踪してしまった夫。オカルト的な話を、合理的に説明していくのが面白くて、630ページでもあっという間に読み切ってしまうでしょう。

中央公論新社『嗤う伊右衛門』

初心者におすすめの四谷怪談

「嗤う伊右衛門」は、第25回泉鏡花文学賞を受賞した、京極夏彦が現代的な視点でリライトした江戸怪談シリーズの第1弾です。生まれてこのかた、笑ったこともない生真面目な浪人の伊右衛門と、疱瘡を病み顔が醜く崩れても凛と生きる岩の純愛物語。

原典を知っている方も、知らない方も楽しめる、京極夏彦がはじめての方も読みやすい作品です。

講談社『文庫版 ルー=ガルー 忌避すべき狼』

京極夏彦が描くSF小説

京極夏彦が描く、唯一のSF作品となっており、「美少女SF」がコンセプトになっています。何もかもが管理された、無味無臭なはずの世界で、血なまぐさい連続殺人事件が起こり、少女たちを脅かします。

結末は百鬼夜行シリーズにも連なっており、本作にオカルト的な話はありませんが、オカルト好きな方もSF好きの方も満足する1冊です。

伊集院静|人間の再生力を描き続ける

伊集院静は、「大人の流儀」シリーズなどのエッセイ作品も多く手掛ける作家です。文学賞を幾多も受賞しており、名前は知っている方も多いでしょう。

伊集院静が手掛ける小説は、「人間らしい」弱さや、それを乗り越える勇気を描いた作品が多くあります。また、男女の世界を描いた作品に定評があるので、共感を覚える方もいるのではないでしょうか。

講談社『乳房』

吉川英治文学新人賞を受賞した短編集

「乳房」は、伊集院静の代表作であり、吉川英治文学新人賞を受賞した5作品からなる短編集です。「くらげ」「乳房」「残塁」「桃の宵橋」「クレープ」の5作品が収録されており、190ページと初心者の方でも読みやすいのが特徴的です。

娘との再会や亡くなった弟への想い、病の妻との病室での日々など、心に残るシーンも数多くあるので、ぜひ一度読んでみてください。

新潮社『海峡(海峡 幼年篇)』

伊集院静の懐かしい幼年時代を描いた作品

海峡は、幼年編・少年編・青春編の自伝的長編3部作です。終戦後の瀬戸内で、海運業から一家をなした家に生まれた、英雄のかけがえのない人との出会いと別れ。理不尽や粗暴さなどのなかにも、人としての誠実さを目の当たりにして、強く成長していく英雄を見守りたくなります。

著者自身がの幼年時代を過ごした瀬戸内の小さな港町の情景が、抒情豊かに描かれた作品です。

講談社『受け月』

受け月(講談社文庫) 受け月(講談社文庫)
出典:Amazon この商品を見るview item
直木賞受賞作の味わい深い短編集

長年率いてきた、社会人野球の名門チームからの引退を告げられた老監督、母と自分を捨てて家を出た父親との再会をためらう男など、なんらかのかたちで野球に関わり続けた人々を描いた、味わい深い7編からなる短編集です。

第107回直木賞受賞作品であり、メインテーマは野球でありながらも、人間の心の揺らぎなどが絶妙に描かれている名作です。

赤川次郎|読みやすい文章、コミカルな掛け合いが魅力

赤川次郎は、1976年「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、作家デビューしました。1981年に映画化された「セーラー服と機関銃」や、現在でも続く「三毛猫ホームズシリーズ」など、数多くの名作があります。

恋愛やミステリー、サスペンス、ホラーなど、幅広いジャンルの小説を執筆していますので、お気に入りの1冊も見つけやすいでしょう。

角川書店『三毛猫ホームズの推理』

50冊以上刊行されている名シリーズ

血・アルコール・女性の三拍子揃って苦手な独身刑事の片山と、ときどき物思いにふける癖のあるユニークな猫のホームズ。ふたりの出会いやスリリングな活躍を描いた本作品は、赤川次郎がはじめてという方にピッタリの1冊です。

また、ミステリー小説がはじめての方も、楽しんで読めるでしょう。「三毛猫ホームズシリーズ」は、50冊以上刊行されており、多くの方に愛されています。

角川書店『セーラー服と機関銃』

セーラー服と機関銃(角川文庫) セーラー服と機関銃(角川文庫)
出典:Amazon この商品を見るview item
女子高生がヤクザの組長に

「セーラー服と機関銃」は、1981年に映画化されて以来、何度もドラマ化されてきた、大ベストセラー青春ミステリー小説です。

父を殺されたばかりの、かわいい女子高生の星泉。組員4人のおんぼろやくざ目高組の組長を襲名するはめになり、襲名早々から、波乱万丈な展開を繰り広げます。主人公の快活な性格が魅力的で、非常に読みやすい作品です。

新潮社『ふたり』

2人の姉妹のほろ苦い青春ファンタジー

高校2年生までしか生きなかった、お姉ちゃん。死んだはずの姉の声が、突然あたまのなかに聞こえてから、奇妙な共同生活が始まります。2人の姉妹が織りなす、ほろ苦い青春ファンタジーです。

本作品もドラマ・映画と映像化されており、また舞台化もされている、赤川次郎の名作です。私が困難を乗り越えて、強く生きていこうとする姿に、心打たれるでしょう。

西尾維新|テンポの良い文体や絵がシーンをイメージしやすい

西尾維新は、20歳のときに第23回メフィスト賞を受賞した「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」で作家デビューしました。アニメ化されて大ヒットを記録した「物語シリーズ」や、「戯言シリーズ」など、多くのシリーズ作品を発表しています。

登場人物がとても個性的で、独特な世界観をもつ作品が多いのが特徴的です。テンポのよい文体や絵でイメージしやすい表現が多いので、初心者の方でも読みやすいでしょう。

講談社『化物語(上)』

化物語(上)(講談社BOX) 化物語(上)(講談社BOX)
出典:Amazon この商品を見るview item
「物語シリーズ」の第1作目

西尾維新の代表作「物語シリーズ」の第1作目です。アニメが大ヒットを記録して、漫画化もされるなど、多くの映像化もされた話題作なので、知っている方も多いでしょう。

現代にひそむ「怪異」と少女たちとの、濃密な青春の日々を描いた本作品は、ミステリー要素も楽しめます。個性的な登場人物たちに、心奪われること間違いなし。

講談社『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』

エンターテインメントを一新した傑作

第23回メフィスト賞を受賞した、「戯言シリーズ」の第1作目です。主人公は、友人で工学の天才である玖渚友に付き添い、絶海の孤島を訪れます。しかし、その孤島には、ふたり以外にもさまざまな分野の天才・関係者が招待されていました。

そんななかで起こる密室殺人事件を、主人公と友人が謎を解き明かしていきます。西尾維新らしい、本格推理が楽しめるミステリー小説です。

講談社『掟上今日子の備忘録』

すべてを一日で忘れてしまう忘却探偵

事件をほぼ即日で解決する掟上今日子は、すべてのことを1日で忘れてしまう忘却探偵。あらゆる事件に巻き込まれて、そのたびに犯人だと疑われてしまう隠館厄介と一緒に、スピーディに事件を解決していく探偵小説です。

2015年にドラマ化、また漫画化もされている人気作品です。探偵小説ですが、とても読みやすい内容になっているので、どなたでも楽しめます。

荻原浩|キャッチーでユーモアに溢れる文体、漫画化としても活躍

荻原浩は、コピーライターから転身した小説家です。幅広い層から支持を集めており、2016年に「海の見える理髪店」で直木賞を受賞しています。受賞作品以外にも人気作が多く、ドラマ化された作品もあることから、名前を聞いたことがある方も多いでしょう。

2020年には、「人生がそんなにも美しいのなら」で漫画家デビューも果たしており、幅広い才能を見せています。

光文社『明日の記憶』

明日の記憶(光文社文庫) 明日の記憶(光文社文庫)
出典:Amazon この商品を見るview item
山本周五郎賞受賞の感動長編

「明日の記憶」は、山本周五郎賞を受賞した感動長編作品です。広告代理店営業部長の佐伯は、50歳にして若年性アルツハイマーと診断されます。

1人娘は結婚を間近に控えており、仕事では重要な案件を抱えていても、病によって少しずつ記憶が抜け落ちていきます。主人公の佐伯視点で描かれている本作品は、読みはじめたら最後には涙が止まらなくなるでしょう。

新潮社『噂』

都市伝説と犯罪を絡めたサスペンスミステリー

香水の新ブランドを売り出すために、「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」と、口コミを利用して噂を広めていきます。噂は都市伝説化し香水は大ヒット。しかし噂はやがて現実となります。

都市伝説と犯罪を見事に絡めた、サスペンスミステリー小説です。「衝撃のラストに瞠目! 」とのキャッチコピーも話題になりました。

集英社『海の見える理髪店』

心に染みる家族の小説集

直木賞を受賞した、心に染みる儚くて愛おしい家族の小説集です。人生に訪れる喪失と向かい合い、希望を見出す人々を描いた全6編からなる短編集となっています。

短編集なので、通勤・通学の電車のなかや休憩時間などを利用して、サッと1話ずつ読めるのが魅力。1話ずつ完結しているので、読みやすく小説をふだん読まない方でも楽しめるでしょう。

池井戸潤|社会人が共感できる題材多数

1998年に「果つる底なき」で江戸川乱歩賞を受賞した池井戸潤は、2010年の「鉄の骨」で吉川英治文学新人賞、2011年「下町ロケット」で直木賞を受賞しています。

2013年に刊行した「オレたちバブル入行組」のドラマ化作品「半沢直樹」は、高視聴率を記録しており、社会現象を巻き起こしたのは記憶に新しいでしょう。銀行勤務やコンサルの経営を活かした、経済小説がとくに支持されています。

小学館『下町ロケット』

感動のエンターテインメント小説

研究者の道をあきらめて、実家の町工場を継いだ主人公が、大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられてしまいます。佃製作所が持つ特許技術を売れば、窮地を脱せますが、その技術には主人公の夢が詰まっていて……。

主人公を支える町工場の熱いメンバーたちや、窮地を脱するときの爽快感はたまりません。池井戸潤の代表作のひとつですので、ぜひ一度小説でお楽しみください。

文藝春秋『オレたちバブル入行組』

「半沢直樹シリーズ」の第1作品目

「やられたら、倍返しだ! 」のセリフが社会現象と化した、「半沢直樹シリーズ」の第1作目「オレたちバブル入行組」です。浅野支店長の命令で5億円の融資を行った会社が倒産し、その責任をすべて半沢に押し付けた支店長。

湧き上がる怒りを抑えつつも、巨額の債権を回収する方法を探っていく、痛快な逆転劇です。小説もドラマと同じくらいの爽快感をえられます。

実業之日本社『空飛ぶタイヤ』

池井戸潤のベストセラー作品

巨大自動車会社と弱小運送会社が、ひとつの命をめぐりぶつかり合う物語。ドラマ・映画と映像化されており、直木賞にもノミネートされた池井戸潤のベストセラー作品です。

独自に真相を迫ろうとする主人公を阻む大企業の厚い壁に、窮地に立たされるも、どのようにして活路を見出すのか。池井戸作品がはじめて映画化された作品でもありますので、迷ったらまず本作品を読んでみてください。

百田尚樹|稀代のストーリーテラー

放送作家だった百田尚樹は、2006年に「永遠の0」を発表し、作家デビューしました。

「稀代のストーリーテラー」と称される百田尚樹は、戦争ドラマやラブストーリー、青春物語などさまざまなジャンルの作品を執筆しています。どの作品から読めばよいのかわからない方は、お気に入りのジャンルから探してみましょう。

新潮社『カエルの楽園』

カエルの楽園(新潮文庫) カエルの楽園(新潮文庫) カエルの楽園(新潮文庫)
出典:Amazon この商品を見るview item
平和のために争わないことを選んだカエルたちの運命

現代の寓話と言われる「カエルの楽園」は、多くの方に一度は読んでほしい、百田尚樹の名作です。

国を追われた2匹のアマガエルは、「三戒」という戒律と「謝りソング」という不思議な歌が根付いている平和な楽園に辿り着きます。しかし、他国から狂暴なウシガエルが攻めてきたことで、楽園が本当の姿を見せます。

単行本発売後に、物語の内容を思わせるような出来事が現実に起こったことで、「預言書」とも言われている衝撃の作品です。

幻冬舎『プリズム』

号泣間違いなしの恋愛サスペンス

ある豪邸に家庭教師として通う聡子の前に現れた、離れに住む謎の青年。会うたびに別人のような態度を取られて、困惑するも少しずつ気になる存在になっていきます。しかし、ある日「僕は、実際には存在しない男なんです。」と、衝撃の言葉を聞かされてしまい……。

青年の言葉の意味とは何か、号泣すること間違いなしの恋愛サスペンスです。普通の恋愛小説には飽きてしまった方はぜひ、一度手に取ってみてください。

講談社『海賊とよばれた男(上)』

海賊とよばれた男上 海賊とよばれた男上 海賊とよばれた男上 海賊とよばれた男上 海賊とよばれた男上
出典:Amazon この商品を見るview item
2013年に「本屋大賞」に選出された作品

実在の実業家をモデルにしたノンフィクション小説です。2013年に「本屋大賞」に選出されて、2016年に実写映画化されたことでも大きな話題になりました。

敗戦ですべてを失った日本で、ひとりの男が立ち上がり、再起を図る物語は、すべてのビジネスマンに一度は手に取ってほしい作品です。日本人の強さと誇りがページをめくるごとに溢れてきて、自然と涙があふれてきます。

浅田次郎|人情味溢れる作風

浅田次郎は、1995年「地下鉄に乗って」で吉川英治文学新人賞を受賞。それ以来、多くの賞を受賞している人気作家です。「蒼穹の昴シリーズ」など、文学界への貢献が認められて、2015年に紫綬褒章を受章しました。

手掛ける作品のなかには、思わず笑ってしまうようなコメディタッチのものや、涙なしには読めない心温まるストーリーなどたくさんあるので、初心者の方も読みやすいでしょう。

中央公論新社『新装版 お腹召しませ』

浅田次郎の傑作時代短編集

「新装版 お腹召しませ」は、浅田次郎が司馬遼太郎賞・中央公論文芸賞を受賞した作品です。幕末期の変革の波に翻弄される武士の悲哀を描く、傑作時代短編集となっています。

新装版には、書き下ろしエッセイが特別収録されています。男性の悩みを乗り越えるための、武士の葛藤が描かれていますが、女性でも気軽に読める作品です。

文藝春秋『壬生義士伝 上』

日本人の「義」とは何か

鳥羽伏見の戦を舞台に新撰組の吉村貫一郎を主人公とした「壬生義士伝 上」は、2000年に第13回柴田錬三郎賞を受賞した作品です。2002年にドラマ化、2003年に映画化されています。

「浅田次郎版新撰組」とも言われる作品ですが、時代小説ファンの方以外でも楽しめる作品。家族や友人への愛が溢れていて、どなたでも涙することでしょう。

集英社『終わらざる夏 上』

終わらざる夏上(集英社文庫) 終わらざる夏上(集英社文庫) 終わらざる夏上(集英社文庫) 終わらざる夏上(集英社文庫)
出典:Amazon この商品を見るview item
戦争をモチーフにした長編小説

戦争も敗色濃厚な昭和20年の夏に、若き医学生の菊池と4度目の招集となる鬼熊、そして45歳の片岡の3人の男に召集令状が舞い込み、北の孤島へ行くことになります。戦争の理不尽さを重層的に描いた、長編小説です。

第64回毎日出版文化賞を受賞しており、歴史小説好きな方はもちろん、小説初心者の方もぜひ読んでほしい1冊です。

伊坂幸太郎|伏線の回収や作品同士のリンクが楽しめる

伊坂幸太郎は、日本を代表するベストセラー作家のひとりです。2000年に「オーデュボンの祈り」で、新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビューしました。

そのほかにも、2004年には「アヒルと鴨のコインロッカー」で、吉川英治文学新人賞を受賞。2008年は「ゴールデンスランバー」で、本屋大賞と山本周五郎賞を受賞しています。ミステリー小説をはじめ、多くのエンターテインメント作品を発表しているのが特徴的です。

角川書店『グラスホッパー』

「殺し屋シリーズ」の第1作目

「グラスホッパー」は、伊坂幸太郎の代表作「殺し屋シリーズ」の第1作目です。「伊坂幸太郎史上、最大の問題作にして最強傑作」とうたわれている作品。

非常にハードボイルドなタッチで描かれていますが、物語に貼り廻られた伏線が、最後キレイに回収されるので読んでいて爽快です。伊坂幸太郎作品でどれがよいか迷ったら、ぜひ手に取ってみてください。

東京創元社『アヒルと鴨のコインロッカー』

「このミステリーがすごい! 」にも選ばれた作品

「アヒルと鴨のコインロッカー」は、第25回吉川英治文学新人賞を受賞、「このミステリーがすごい! 2005年版」、「第1回本屋大賞」など、多くの賞を受賞しているミステリー作品です。

隣の部屋に住む、悪魔めいた印象の青年に「一緒に本屋を襲わないか? 」と、持ち掛けられる展開におかしいと思いつつも、つい乗ってしまう主人公。個性豊かな登場人物たちを追いかけているうちに、あっという間に読み終わってしまいます。

新潮社『ゴールデンスランバー』

ゴールデンスランバー(新潮文庫) ゴールデンスランバー(新潮文庫)
出典:Amazon この商品を見るview item
首相暗殺の濡れ衣をきせられた男の逃亡劇

山本周五郎賞と本屋大賞をダブル受賞した「ゴールデンスランバー」は、首相暗殺の濡れ衣をきせられた男の大逃亡劇です。新首相が仙台の凱旋パレード中に爆殺されるところからストーリーは始まります。

暗殺した犯人として報道された主人公は、はたして逃げ切ることができるのか。物語に張り巡らされた伏線が回収された瞬間に、心がスッキリします。

貴志祐介|モダンホラーの第一人者

1996年「ISOLA」で日本ホラー小説大賞長編賞の佳作を受賞したことで、小説家デビューをはたした貴志祐介。刊行のときは、「十三番目の人格 ISOLA」と改題されています。

その後も、1997年「黒い家」で日本ホラー小説大賞、2008年「新世界より」で日本SF大賞を受賞など、数多くの賞を受賞しています。ミステリー小説やSF小説好きの方に、ぜひ読んでほしい小説家です。

角川書店『黒い家』

日韓で映画化もされたホラーサスペンス小説

「黒い家」は、日本ホラー大賞を受賞した作品であり、日韓で映画化されたことでも当時大きな話題になりました。

顧客の家に呼ばれ、子どもの首つり死体の発見者になってしまった、保険会社社員の主人公。顧客の不審な態度から、独自調査をはじめたのが悪夢のはじまりでした。生命保険業界を題材にした、人間の恐ろしさを描いたホラーサスペンス小説です。

角川書店『クリムゾンの迷宮』

思わず一気読みしてしまう1冊

主人公は、まったく見覚えのない場所で目を覚まします。手元にあったポーチのなかを見ると、携帯用ゲーム機があり、電源を入れると「ゲームは開始された」の文字が映し出されました。そこから、恐ろしいサバイバル・デスゲームが開始されていきます。

デスゲームとあって、グロい表現が多くありますが、とても内容が面白くて思わず一気読みしてしまう作品です。

文藝春秋『悪の教典 上』

有能な教師の仮面をかぶったモンスター

多くの生徒に慕われており、ルックスもよい高校教師の蓮実聖司は、共感性が欠如した殺人鬼(サイコパス)でした。2012年に、伊藤英明主演で映画化された「悪の教典」。

素行の悪い生徒や淫行教師、問題のある父兄などに対して、蓮実聖司は何を行ったのか。小説でも思わず一気読みしてしまうほど、スリリングな展開に、ハマること間違いなしです。

柚月裕子|世の中にある理不尽や不条理をテーマにした作品多数

柚月裕子は、ヤクザと刑事の争いなどの極道モノや、ミステリー小説を多く執筆している小説家です。2008年に「臨床真理」で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、小説家デビューしました。

直木賞や山田風太郎賞などの文学賞にもノミネートされており、「令和のベストセラー作家」と言われています。「佐方貞人シリーズ」はドラマ化されているので、知っている方も多いのではないでしょうか。

角川書店『孤狼の血』

映画化やマンガ化もされた作品

「孤狼の血」は、松坂桃李主演で映画化、またマンガ化もされた、柚月裕子の代表作のひとつです。日本推理作家協会賞を受賞し、日本ミステリ史に残る「悪徳警察官小説」とも称されています。

違法捜査を繰り返し、ヤクザ同士の抗争を解決させようとする大上と、新人刑事の日岡。どのようにしてヤクザと立ち向かっていくのか、正統派ハードボイルド小説を読んでみたい方は、ぜひこの1冊をご堪能ください。

角川書店『最後の証人』

ベストセラー「佐方貞人シリーズ」

「最後の証人」は、ドラマ化もされている、「佐方貞人シリーズ」と呼ばれる法定ミステリー小説です。検事を辞めて、弁護士に転身した佐方貞人のもとに、殺人事件の弁護依頼が舞い込みます。弁護を引き受けた理由は「面白くなりそう」だからでした。

若手検事とのやり取りや、少しずつ明らかになっていく事件の真相。佐方貞人の正義を貫こうとする姿を、ぜひ小説でお楽しみください。

角川書店『検事の本懐』

「佐方貞人シリーズ」の短編集

佐方貞人が検事だったころの話が楽しめる、5つの話からなる短編集です。窮地に立たされた人間は、どのような行動を取るのか、人間の本性がていねいに描かれています。

弁護士時代と検事時代の佐方貞人の違いを楽しむのもよいでしょう。短編集で話が短くまとめられているので、小説初心者の方も、気軽に読めるのがポイントです。

辻村深月|エンタメ小説界の旗手

2004年「冷たい校舎の時は止まる」で、メフィスト賞を受賞し、デビューした辻村深月は、エンタメ小説界の旗手とも言われています。

2011年「ツナグ」で吉川英治文学新人賞を受賞、2012年「鍵のない夢を見る」で直木賞を受賞しました。映画やドラマなど、映像化された作品が多く、10代の若い世代にも人気のある小説家です。

司書教諭・学芸員・小学校教諭・幼稚園教諭

辻村深月の『かがみの孤城』は、大人だけでなく、中高校生にもおすすめ。登場人物全てが生きづらさを抱えており、自分に重ね合わせて読むことができます。最後の伏線回収も素晴らしいです。

エキスパートのおすすめ

ポプラ社『かがみの孤城』

2回、3回と何度も読みたくなる

学校で居場所をなくし、閉じこもる主人公こころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光る。その鏡を潜り抜けると、そこにはこころと似た境遇の7人がいて……。

現代で生きづらさを感じているすべての人に読んでほしい、辻村深月の代表作のひとつです。ミステリー小説ですが、内容はファンタジー仕立てなので、初心者の方でも読みやすいでしょう。

新潮社『ツナグ』

ツナグ(新潮文庫) ツナグ(新潮文庫) ツナグ(新潮文庫)
出典:Amazon この商品を見るview item
2012年に映画化もされた感動作

第32回吉川英治文学新人賞を受賞し、2012年に松坂桃李主演で映画化もされた、辻村深月の感動作です。一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれる「使者(ツナグ)」。

母にガン告知をできなかった息子や、親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生など、多くの人がツナグの仲介をもとにして死者と再会します。死者と生者の苦悩や後悔を、真正面から描いた作品に、感動すること間違いなし。

文藝春秋『鍵のない夢を見る』

心の奥底を静かに覗く傑作集

「鍵のない夢を見る」は、直木賞を受賞した辻村深月の短編集です。そのうちの1作品「芹葉大学の夢と殺人」は、第64回日本推理作家協会賞短編部門候補作になりました。

大学教授を殺したかもしれない、指名手配中の元彼に、彼女はどうして会いに行ったのか。本作品は、地方在住の女性たちを描いた短編集ですが、男性も思わず心が揺さぶられるでしょう。

宮部みゆき|社会問題をリアルかつシリアスに捉える

ミステリー小説や時代小説、ファンタジー小説など、多彩なジャンルの小説を数多く執筆する宮部みゆき。1987年「我らが隣人の犯罪」で、オール讀物推理小説新人賞を受賞し、小説家デビューしました。

1989年「魔術はささやく」で日本推理サスペンス大賞、1999年「理由」で直木賞を受賞するなど、数多くの賞を受賞しています。

朝日新聞出版『理由』

社会派ミステリーの代表作

東京都荒川区の高層マンション「ヴァンダール北千住ニューシティ」で起こった殺人事件。果たして、殺されたのは「誰」で、犯人は「誰」なのか。

事件後に、記者が関係者をインタビューする、ドキュメンタリー的な手法を用いて描かれており、632ページというボリュームながらも、一度読みはじめたら最後まで止まりません。心理描写がとてもていねいなので、読んでいて想像しやすい。

双葉社『火車』

映画・ドラマ化もされた現代ミステリー小説

クレジットカードで自己破産をした、凄惨な現実を描いた現代ミステリー小説です。第6回山本周五郎賞を受賞しています。

休職中の刑事、本間俊介は自らの意思で失踪し、徹底的に足取りを消している関根彰子の行方を探すことに。一体彼女は何者なのでしょうか。キャッシュレス決済が当たり前になりつつある近年でも、起こりうるかもしれないと考えさせられる作品です。

小学館『模倣犯(上)』

現代ミステリの金字塔と言われる作品

「理由」・「火車」と並ぶ、現代ミステリの金字塔と言われている「模倣犯」。司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞文学部門、毎日出版文化賞特別賞のそれぞれを受賞している、宮部みゆきの代表作のひとつです。

日本中を震撼させた未曾有の連続女性誘拐殺人を、被害者・犯人・マスコミ・加害者家族・警察などの視点からていねいに描かれています。映画やドラマで知っている方も、小説ではまた違った視点で楽しめるでしょう。

林真理子|人間の弱さや醜い部分を、細やかでリアルに描く

1982年「ルンルンを買っておうちに帰ろう」で、デビューした林真理子。1986年に「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞を受賞しています。

人間の弱さや醜い部分を、細やかでリアルに描く心理描写がとてもすてきで、とくに女性目線で描いた恋愛小説が多くの方に愛されています。恋愛小説以外にも、多くのジャンルの小説を執筆していますので、ぜひお気に入りの作品を探してみてください。

小学館『anego』

林真理子が描く恋愛小説の代表作

丸の内の大手商社に勤める野田奈央子は、同僚や上司、後輩からも慕われるのに、恋愛運だけは恵まれない独身OL。30代独身女性のリアルな恋愛、合コンや不倫、お持ち帰りなどをする女性の気持ちを覗き見したい方はぜひ。

また、小説版ではドラマでは描かれなかった結末が待っているので、ドラマを知っている方も読んでほしい作品です。

文藝春秋『最終便に間に合えば』

直木賞受賞作品が2作品入っている短編集

「最終便に間に合えば」は、表題作の「最終便に間に合えば」と「京都まで」を含む、5作品が収録されている短編集です。

出張先の北海道で、別れた男性と7年ぶりに再会するところから始まる「最終便に間に合えば」と、仕事に打ち込むキャリアウーマンと年下の彼の恋愛が描かれた「京都まで」。どちらも、この先どうなっちゃうんだろう? とハラハラさせられる展開に、読む手が止まりません。

文藝春秋『不機嫌な果実』

ドラマ・映画化もされた不倫恋愛小説の名作

「夫以外の男とのセックスは、どうしてこんなに楽しいのだろうか。」というキャッチコピーがとても衝撃的な「不機嫌な果実」は、不倫恋愛小説の名作とうたわれている作品です。ドラマ・映画化もされており、不倫にハマっていく主人公の感情や考え方がていねいに描かれています。

夫婦生活に飽き足らず、複数の男性と不倫愛に走る主人公。彼女の運命は、どのように大きく変わっていくのでしょうか。

有川浩|爽やかな読後感が好きなら絶対読むべし!

有川浩は、2003年「塩の街 wish on my precious」で電撃ゲーム小説大賞を受賞し、2004年に小説家デビューしました。代表作のひとつ「図書館戦争シリーズ」は、実写映画・アニメ・マンガ化して大ブレイクしたので、知っている方も多いでしょう。

2019年にペンネームを「有川ひろ」に改名していますが、いまも幅広い世代から愛され続けている小説家です。

幻冬舎『阪急電車』

阪急電車(幻冬舎文庫) 阪急電車(幻冬舎文庫)
出典:Amazon この商品を見るview item
ほっこり胸キュンする有川浩の代表作

片道15分の阪急今津線を舞台に、ほっこりと胸キュンしてしまうベストセラー長編小説で、2011年に映画化されました。各章が阪急今津線に実在する駅の名前なので、実際に電車を使っている方が読んだら、笑顔になるはず。

長編小説ですが、短編小説のように読みやすい内容となっているので、ふだん小説を読まない方にこそ読んでほしい。

アスキー・メディアワークス『図書館戦争』

「図書館戦争シリーズ」第1作目

公序良俗を取り締まる「メディア良化法」が施行されて30年が経つ現代日本を描いた、ミリタリーもののSF恋愛小説です。図書館戦争シリーズは、全部で6作からなっており、図書隊に所属する隊員たちの日常や戦いなどが描かれています。

個性的な登場人物がとても魅力的なので、一度読みはじめたら最後まで止まりません。

メディアワークス『塩の街』

塩の街(角川文庫) 塩の街(角川文庫)
出典:Amazon この商品を見るview item
有川浩のデビュー作

「塩の街」は、有川浩のデビュー作であり、電撃ゲーム小説大賞を受賞した作品です。塩が世界を埋め尽くす塩害の時代、崩壊寸前の東京で暮らす男と少女に、「世界とか、救ってみたくない?」とそそのかすように囁く者が運命をもたらします。

物語の世界にスッと入り込める作品なので、どなたでも楽しめるのが魅力的です。

恩田陸|人間の心理描写、緻密な風景描写が楽しめる

恩田陸は、1992年「六番目の小夜子」で、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作に選出され、小説家デビューをしました。2005年「夜のピクニック」では、本屋大賞と吉川英治文学新人賞をダブル受賞など、多くの賞を受賞しています。

ホラーやミステリー、コメディ作品など、幅広いジャンルを執筆する多彩な小説家です。

新潮社『夜のピクニック』

夜のピクニック(新潮文庫) 夜のピクニック(新潮文庫) 夜のピクニック(新潮文庫)
出典:Amazon この商品を見るview item
学生から大人まで楽しめる青春小説

高校生活の最後を飾るイベント「歩行祭」とは、全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという伝統行事。

主人公の甲田貴子は、3年間誰にも言えなかった秘密を清算するために歩行祭にのぞみますが、積み重なる疲労や、予期せぬ闖入者などの登場で、何もできないままゴールに近づいていきます。どこか懐かしい青春の想いがこみあげてきて、大人でも楽しめるすてきな作品です。

幻冬舎『蜜蜂と遠雷』

直木賞と本屋大賞のW受賞作

「蜜蜂と遠雷」は、恩田陸の直木賞と本屋大賞をW受賞した作品です。芳ヶ江国際ピアノコンクールを舞台にした、青春群像小説であり、2019年に映画化・マンガ化されています。

登場人物4人をはじめとする天才たちが、ピアノコンクールで競争という名の自らとの闘いを繰り広げます。音楽が大好きな方も、そうではない方でも楽しめるのが魅力です。

新潮社『六番目の小夜子』

3年に一度選ばれる「サヨコ」

高校には、十数年間にわたり3年に一度「サヨコ」と呼ばれる生徒が選ばれるという、奇妙なゲームが受け継がれていました。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年で…。

恩田陸のデビュー作であり、ファンタジーノベル大賞の最終選考まで残った、青春とホラーテイストが絶妙に混ざりあった名作です。「六番目のサヨコ」は一体誰なのか、ぜひ本作品を読んでみてください。

三浦しをん|心に響く描写で読者を魅了

三浦しをんは、2006年「まほろ駅前多田便利軒」で、20代で4人目となる直木賞を受賞しました。2012年は「船を編む」で、本屋大賞を受賞しています。仕事小説や恋愛小説など、多くのジャンルを手掛ける作家であり、文章も読みやすいのが特徴的です。

映画化・ドラマ化されている作品も多いので、映像作品は知っている方も多いかもしれません。

光文社『舟を編む』

辞書の編集部で織りなす人間ドラマ

「舟を編む」は、映画・アニメ・マンガ化された、三浦しをんのベストセラー小説です。言葉の鋭いセンスを買われて、辞書編集部に引き抜かれた主人公。辞書「大渡海」を完成させるために、個性豊かな編集部との長い旅が始まります。

仕事への熱意や不器用な恋模様など、多くの見どころがある作品なので、映像作品を知っている方もぜひ小説で読んでほしい1冊です。

新潮社『風が強く吹いている』

風が強く吹いている(新潮文庫) 風が強く吹いている(新潮文庫)
出典:Amazon この商品を見るview item
箱根駅伝をテーマにした青春小説

10人の個性あふれる登場人物たちが織りなす、箱根駅伝をテーマにした青春小説です。ブクログ大賞文庫本部門大賞を受賞しており、本作品もベストセラーを記録しています。

箱根駅伝を走りたいという想い、自分の限界に挑戦して襷を繋げていく姿に、感動すること間違いなし。箱根駅伝を知らない方でも、じゅうぶんに楽しめる作品です。

文藝春秋『まほろ駅前多田便利軒』

「まほろシリーズ」の第1作目

「まほろ駅前多田便利軒」は、三浦しをんの直木賞受賞作であり、全6編からなる短編小説です。東京のはずれにある「まほろ市」にある便利屋「多田便利軒」を営む多田のところに、同級生の行天が転がりこみます。

「まほろシリーズ」は映画化・ドラマ化されており、大ヒットを記録した作品です。短編小説なので、小説を読みなれていない方も読みやすいでしょう。

小野不由美|ホラー好きは見逃せない!

小野不由美は、1993年「東亰異聞」が日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、話題を呼びました。2013年「残穢」で山本周五郎賞受賞しています。

「十二国記シリーズ」や「ゴーストハントシリーズ」など、多くのシリーズ作品を手掛けている小説家です。ホラー的な要素が強い、本格ミステリー小説が主流なので、ホラー小説やミステリー小説が好きな方はぜひ。

講談社『くらのかみ』

祟りや座敷わらしなどの怖い要素が詰まった作品

まっくらな部屋の四隅に4人の子どもが立ち、肩を順番に叩きながらぐるぐる回るゲームをしていたら、突然5人目の子どもが出現した。行者に祟られ、座敷わらしに守られているという古い屋敷で起こった怪異や殺人事件を、少年探偵団が解決していきます。

祟りや座敷わらしなどの怖い要素が盛りだくさんに詰め込まれているので、ホラー小説としても推理小説としても楽しめる作品です。

メディアファクトリー『鬼談百景』

読むほどに恐怖が増していく

不思議な出来事や、身近に起きた怪奇現象などが詰まった、小野不由美が手掛ける百物語です。どの話も1~4ページほどで終わるものばかりなので、とても読みやすいのですが背筋がゾクッとするほど怖くなります。

仕事の合間などの空き時間を利用して、1話ずつサクサクと読めますが、ホラー小説が苦手な方はご注意ください。

新潮社『残穢』

残穢(ざんえ)(新潮文庫) 残穢(ざんえ)(新潮文庫)
出典:Amazon この商品を見るview item
現実味のある恐怖がリアリティを増す

転居したばかりの部屋で、何かが畳を擦る音が聞こえたり、背後に気配を感じたり……。なんの変哲もないマンションで起こる怪奇現象を調べるうちに、ある因縁が浮かび上がってきます。

2016年に映画化された本作品は、山本周五郎賞を受賞した代表作のひとつです。怪談話がルポルタージュ風に進んでいくので、じわじわと恐怖が増していきます。

あさのあつこ|作品の世界にスッと入り込める

あさのあつこは、「バッテリー」で野間児童文芸賞を受賞、「バッテリー2」では日本児童文学者協会賞、「バッテリー1~4」で小学館児童出版文化賞と、ひとつの作品で多くの賞を受賞している作家です。

バッテリーのヒットもあり、児童小説を書いているイメージが強いですが、ほかにも多くの作品を手掛けています。大人も子どもも親しみやすく、作品の世界にスッと入り込めるのが特徴的です。

教育画劇『バッテリー』

野球をテーマにした青春小説

大人も子どもも楽しめる、野球をテーマにした青春小説です。映画・ドラマ・アニメ・マンガ化されており、また多くの賞を受賞しています。

自分の才能に自信を持つ原田巧と、巧にバッテリーを組んでほしいと申し出る永倉豪。豪の熱い想いに、巧は次第に心動かされていきます。野球に詳しくなくても、夢中になれる小説であり、当時は児童書とは思えない作品だと話題になりました。

岩崎書店『The MANZAI』

幅広い世代に愛されている青春小説

葛藤や悩みにぶつかりながらも、対照的な2人が成長していく姿に、思わず応援してしまう青春小説です。全6巻からなる児童小説で、マンガ化・ドラマCD化がなされている、幅広い世代に愛されている作品です。

小説全体が、まるでひとつの漫才のように、心地よいテンポで繰り広げられるので、あっという間に1冊読み切ってしまうでしょう。

ポプラ社『ガールズ・ブルー』

等身大の高校生を描く青春群像小説

落ちこぼれ高校に通う、高校2年生の理穂・美咲・如月も3人。この3人の関係性がものすごくすてきで、やり取りを見ていると、高校生活の気だるい感じがしっかりと伝わってきます。

誕生日目前に彼氏に振られた理穂、身体が弱くて入退院を繰り返す美咲、兄と比べられることをいやがる如月。3人の葛藤とそれぞれの道を進んでいく姿に、心が動かされるでしょう。

青山美智子|人生の悩みに寄り添う短編を生み出す

青山美智子は、2017年「木曜日にはココアを」で第1回宮崎本大賞を受賞、47歳でデビューをした小説家です。デビュー以降、一貫して短編形式の作品を発表しているのが特徴的です。長編小説が苦手な方も、短編ならページ数が少ないので読みやすいでしょう。

通勤・通学の移動中や、休憩時間などの隙間時間を利用して、サッと読める作品が多いので、ぜひお気に入りの作品を見つけてみてください。

司書教諭・学芸員・小学校教諭・幼稚園教諭

2022年本屋大賞2位作家である青山美智子の『ただいま神様当番』は、笑いあり涙ありの短編連作作品。やさしい気持ちになれる小説ですよ。短編なので初心者にもおすすめです。

エキスパートのおすすめ

宝島社『ただいま神様当番』

ただいま神様当番 ただいま神様当番
出典:Amazon この商品を見るview item
笑って泣けて希望が灯る連作集

お茶目で少し強引な神様に振り回される、年齢も性別も違う5人。「神様当番」を務めるうちに、彼らの悩みは解決していく…。「笑って泣けて希望が灯る連作集」と謳われる、青山美智子のエンターテインメント連作集です。

自分の本音と向き合うことができない、現代を生きる人にぜひ読んでほしい。連作集なので、隙間時間を利用してサッと読めてしまいます。

ポプラ社『お探し物は図書室まで』

リアルな悩みに思わず共感してしまう作品

2021年の本屋大賞2位にランクインした「お探し物は図書室まで」は、本と仕事をテーマにした5編からなる短編集です。不愛想だけれども、聞き上手な司書の小町さゆりが、人生に悩む人々の背中を、一風変わった選書と可愛らしい付録で押してくれます。

登場する人物は年齢も立場もまったく異なりますが、それぞれの悩みがとてもリアルで思わず共感してしまうでしょう。

宝島社『猫のお告げは樹の下で』

猫のお告げは樹の下で(宝島社文庫) 猫のお告げは樹の下で(宝島社文庫)
出典:Amazon この商品を見るview item
猫のお告げが導く7つのやさしい物語

日常に行き詰った、身近な悩みを抱えた7人が、ちょっと変わった猫のお告げに導かれていく物語です。ひとり1編ずつ、7編からなる短編集なので読みやすく、1話読むごとに心がほっこりとやさしくなり、最後には感動して涙がこぼれてしまいます。

少し視点を変えるだけで、人生は大きく変わっていく。些細なことにふと気づかせてくれる作品です。

小川糸|日常にあるドラマをあたたかく描く

小川糸の作品は、日本のみならず英語・韓国語・中国語・スペイン語・イタリア語などに翻訳されており、世界中で愛されている作家です。2008年に「食堂かたつむり」を発表し、同作品は映画化されて話題になりました。

「つるかめ助産院」や「ツバキ文具店」もドラマ化されています。文体がとてもやさしいので、本を読まない方も読みやすく、情景が浮かびやすいのが特徴的です。

ポプラ社『食堂かたつむり』

海外でも注目を浴びた作品

主人公の倫子は、ある日突然恋とともに何もかもを失い、ショックで声も失ってしまいます。ふるさとに戻り小さな食堂をはじめましたが、お客様は1日1組のみ。決まったメニューはありませんが、次第に評判を呼ぶようになっていきます。

「食堂かたつむり」は、「生きることは、食べること。」と、メッセージ性の強い作品です。イタリアの文学賞「バンカレッラ賞料理部門賞」を受賞しており、海外でも注目を浴びました。

集英社『つるかめ助産院』

つるかめ助産院(集英社文庫) つるかめ助産院(集英社文庫)
出典:Amazon この商品を見るview item
出産の奇跡に感動する

夫が姿を消して傷心しているまりあは、予想外の妊娠を告げられてしまいます。南の島の助産院で居候生活をはじめるうちに、少しずつ島で出会った魅力的な人々に影響されていき、自分の過去とも向き合えるようになっていきます。

「生きることはつらいこともあるけれど、それでも生まれてよかった」本当に、そう思えるような感動的な作品です。

ポプラ社『ライオンのおやつ』

人生の最後に食べたいおやつは何ですか

若くして余命宣告を受けた主人公の雫は、瀬戸内の島にあるホスピスで残りの日々を過ごすことを決めます。毎週日曜日、ホスピスでは入居者がリクエストできる「おやつの時間」がありますが、雫はなかなか選べずにいました。

「死」をテーマにした本作品は、すべての人にいつか訪れる「死」を、あたたかく描いている感動作です。

瀬尾まいこ|家族や青春をテーマにした作品多数

瀬尾まいこは、2001年「卵の緒」で坊ちゃん文学賞の大賞を受賞し、翌年小説家デビューをしています。2019年「そして、バトンは渡された」で本屋大賞を受賞した本作品は、映画化されており話題になりました。

おもに家族や青春をテーマにした作品が多く、やわらかくあたたかい作風で多くの人を魅了しています。中高生にも読みやすい作品が多いので、ご家族で楽しめるでしょう。

文藝春秋『そして、バトンは渡された』

文庫本年間ベストセラー1位獲得作品

山本周五郎賞候補にノミネートされた本作品は、2019年本屋大賞を受賞。2021年に映画化され、文庫本年間ベストセラー1位を獲得しました。

幼いころに実の母親を亡くし、継母を選んだ優子、高校生になった今は20歳しか離れていない父と暮らしています。優子がどのように生きて巣立つのかがていねいに描かれており、涙が止まらない作品です。

新潮社『あと少し、もう少し』

駅伝をテーマにした青春小説

陸上部の名物顧問が異動となり、代わりにやってきたのは頼りない美術教師でした。元いじめられっ子や不良など、寄せ集めの6人で練習をはじめますが、果たして駅伝はどうなるのか。

メンバーひとりひとりが悩みを抱えながらも、物語が進むにつれて成長していく姿に感動し、胸が熱くなる作品です。駅伝を知らない方や、スポーツをしない方でもじゅうぶんに楽しめます。

水鈴社『夜明けのすべて』

生きるのが少し楽になる、心にやさしい物語

職場の人たちからの理解に助けられながらも、月に一度のPMSでイライラが抑えられない美紗と、パニック障害になり、生きがいや気力を失っていた山添君。おせっかい者のふたりは、お互いに、自分の病気は治せなくても、相手は助けられるのではないかと思うようになります。

「生きるのが少し楽になる、心にやさしい物語」と謳われている本作品は、誰もが持っている人間の弱い部分が繊細に表現されている感動作です。

「人気小説家・作家」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
講談社『ノルウェイの森(上)』
新潮社『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)』
講談社『風の歌を聴け』
集英社『白夜行』
文藝春秋『容疑者Xの献身』
文藝春秋『手紙』
講談社『文庫版 姑獲鳥の夏』
中央公論新社『嗤う伊右衛門』
講談社『文庫版 ルー=ガルー 忌避すべき狼』
講談社『乳房』
新潮社『海峡(海峡 幼年篇)』
講談社『受け月』
角川書店『三毛猫ホームズの推理』
角川書店『セーラー服と機関銃』
新潮社『ふたり』
講談社『化物語(上)』
講談社『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』
講談社『掟上今日子の備忘録』
光文社『明日の記憶』
新潮社『噂』
集英社『海の見える理髪店』
小学館『下町ロケット』
文藝春秋『オレたちバブル入行組』
実業之日本社『空飛ぶタイヤ』
新潮社『カエルの楽園』
幻冬舎『プリズム』
講談社『海賊とよばれた男(上)』
中央公論新社『新装版 お腹召しませ』
文藝春秋『壬生義士伝 上』
集英社『終わらざる夏 上』
角川書店『グラスホッパー』
東京創元社『アヒルと鴨のコインロッカー』
新潮社『ゴールデンスランバー』
角川書店『黒い家』
角川書店『クリムゾンの迷宮』
文藝春秋『悪の教典 上』
角川書店『孤狼の血』
角川書店『最後の証人』
角川書店『検事の本懐』
ポプラ社『かがみの孤城』
新潮社『ツナグ』
文藝春秋『鍵のない夢を見る』
朝日新聞出版『理由』
双葉社『火車』
小学館『模倣犯(上)』
小学館『anego』
文藝春秋『最終便に間に合えば』
文藝春秋『不機嫌な果実』
幻冬舎『阪急電車』
アスキー・メディアワークス『図書館戦争』
メディアワークス『塩の街』
新潮社『夜のピクニック』
幻冬舎『蜜蜂と遠雷』
新潮社『六番目の小夜子』
光文社『舟を編む』
新潮社『風が強く吹いている』
文藝春秋『まほろ駅前多田便利軒』
講談社『くらのかみ』
メディアファクトリー『鬼談百景』
新潮社『残穢』
教育画劇『バッテリー』
岩崎書店『The MANZAI』
ポプラ社『ガールズ・ブルー』
宝島社『ただいま神様当番』
ポプラ社『お探し物は図書室まで』
宝島社『猫のお告げは樹の下で』
ポプラ社『食堂かたつむり』
集英社『つるかめ助産院』
ポプラ社『ライオンのおやつ』
文藝春秋『そして、バトンは渡された』
新潮社『あと少し、もう少し』
水鈴社『夜明けのすべて』
商品名 講談社『ノルウェイの森(上)』 新潮社『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)』 講談社『風の歌を聴け』 集英社『白夜行』 文藝春秋『容疑者Xの献身』 文藝春秋『手紙』 講談社『文庫版 姑獲鳥の夏』 中央公論新社『嗤う伊右衛門』 講談社『文庫版 ルー=ガルー 忌避すべき狼』 講談社『乳房』 新潮社『海峡(海峡 幼年篇)』 講談社『受け月』 角川書店『三毛猫ホームズの推理』 角川書店『セーラー服と機関銃』 新潮社『ふたり』 講談社『化物語(上)』 講談社『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』 講談社『掟上今日子の備忘録』 光文社『明日の記憶』 新潮社『噂』 集英社『海の見える理髪店』 小学館『下町ロケット』 文藝春秋『オレたちバブル入行組』 実業之日本社『空飛ぶタイヤ』 新潮社『カエルの楽園』 幻冬舎『プリズム』 講談社『海賊とよばれた男(上)』 中央公論新社『新装版 お腹召しませ』 文藝春秋『壬生義士伝 上』 集英社『終わらざる夏 上』 角川書店『グラスホッパー』 東京創元社『アヒルと鴨のコインロッカー』 新潮社『ゴールデンスランバー』 角川書店『黒い家』 角川書店『クリムゾンの迷宮』 文藝春秋『悪の教典 上』 角川書店『孤狼の血』 角川書店『最後の証人』 角川書店『検事の本懐』 ポプラ社『かがみの孤城』 新潮社『ツナグ』 文藝春秋『鍵のない夢を見る』 朝日新聞出版『理由』 双葉社『火車』 小学館『模倣犯(上)』 小学館『anego』 文藝春秋『最終便に間に合えば』 文藝春秋『不機嫌な果実』 幻冬舎『阪急電車』 アスキー・メディアワークス『図書館戦争』 メディアワークス『塩の街』 新潮社『夜のピクニック』 幻冬舎『蜜蜂と遠雷』 新潮社『六番目の小夜子』 光文社『舟を編む』 新潮社『風が強く吹いている』 文藝春秋『まほろ駅前多田便利軒』 講談社『くらのかみ』 メディアファクトリー『鬼談百景』 新潮社『残穢』 教育画劇『バッテリー』 岩崎書店『The MANZAI』 ポプラ社『ガールズ・ブルー』 宝島社『ただいま神様当番』 ポプラ社『お探し物は図書室まで』 宝島社『猫のお告げは樹の下で』 ポプラ社『食堂かたつむり』 集英社『つるかめ助産院』 ポプラ社『ライオンのおやつ』 文藝春秋『そして、バトンは渡された』 新潮社『あと少し、もう少し』 水鈴社『夜明けのすべて』
商品情報
特徴 限りない喪失と再生を描いた恋愛小説 村上春樹が織りなす不思議の国 群像新人文学賞受賞のデビュー作 巧妙に張り巡らされた伏線 直木賞受賞作! ガリレオシリーズの名作 犯罪加害者の家族を真正面から描いた作品 百鬼夜行シリーズの1作目 初心者におすすめの四谷怪談 京極夏彦が描くSF小説 吉川英治文学新人賞を受賞した短編集 伊集院静の懐かしい幼年時代を描いた作品 直木賞受賞作の味わい深い短編集 50冊以上刊行されている名シリーズ 女子高生がヤクザの組長に 2人の姉妹のほろ苦い青春ファンタジー 「物語シリーズ」の第1作目 エンターテインメントを一新した傑作 すべてを一日で忘れてしまう忘却探偵 山本周五郎賞受賞の感動長編 都市伝説と犯罪を絡めたサスペンスミステリー 心に染みる家族の小説集 感動のエンターテインメント小説 「半沢直樹シリーズ」の第1作品目 池井戸潤のベストセラー作品 平和のために争わないことを選んだカエルたちの運命 号泣間違いなしの恋愛サスペンス 2013年に「本屋大賞」に選出された作品 浅田次郎の傑作時代短編集 日本人の「義」とは何か 戦争をモチーフにした長編小説 「殺し屋シリーズ」の第1作目 「このミステリーがすごい! 」にも選ばれた作品 首相暗殺の濡れ衣をきせられた男の逃亡劇 日韓で映画化もされたホラーサスペンス小説 思わず一気読みしてしまう1冊 有能な教師の仮面をかぶったモンスター 映画化やマンガ化もされた作品 ベストセラー「佐方貞人シリーズ」 「佐方貞人シリーズ」の短編集 2回、3回と何度も読みたくなる 2012年に映画化もされた感動作 心の奥底を静かに覗く傑作集 社会派ミステリーの代表作 映画・ドラマ化もされた現代ミステリー小説 現代ミステリの金字塔と言われる作品 林真理子が描く恋愛小説の代表作 直木賞受賞作品が2作品入っている短編集 ドラマ・映画化もされた不倫恋愛小説の名作 ほっこり胸キュンする有川浩の代表作 「図書館戦争シリーズ」第1作目 有川浩のデビュー作 学生から大人まで楽しめる青春小説 直木賞と本屋大賞のW受賞作 3年に一度選ばれる「サヨコ」 辞書の編集部で織りなす人間ドラマ 箱根駅伝をテーマにした青春小説 「まほろシリーズ」の第1作目 祟りや座敷わらしなどの怖い要素が詰まった作品 読むほどに恐怖が増していく 現実味のある恐怖がリアリティを増す 野球をテーマにした青春小説 幅広い世代に愛されている青春小説 等身大の高校生を描く青春群像小説 笑って泣けて希望が灯る連作集 リアルな悩みに思わず共感してしまう作品 猫のお告げが導く7つのやさしい物語 海外でも注目を浴びた作品 出産の奇跡に感動する 人生の最後に食べたいおやつは何ですか 文庫本年間ベストセラー1位獲得作品 駅伝をテーマにした青春小説 生きるのが少し楽になる、心にやさしい物語
出版社 講談社 新潮社 講談社 集英社 文藝春秋 文藝春秋 講談社 中央公論新社 講談社 講談社 新潮社 講談社 角川書店 角川書店 新潮社 講談社 講談社 講談社 光文社 新潮社 集英社 小学館 文藝春秋 実業之日本社 新潮社 幻冬舎 講談社 中央公論新社 文藝春秋 集英社 角川書店 東京創元社 新潮社 角川書店 角川書店 文藝春秋 角川書店 角川書店 角川書店 ポプラ社 新潮社 文藝春秋 朝日新聞出版 双葉社 小学館 小学館 文藝春秋 文藝春秋 幻冬舎 アスキー・メディアワークス メディアワークス 新潮社 幻冬舎 新潮社 光文社 新潮社 文藝春秋 講談社 メディアファクトリー 新潮社 教育画劇 岩崎書店 ポプラ社 宝島社 ポプラ社 宝島社 ポプラ社 集英社 ポプラ社 文藝春秋 新潮社 水鈴社
発売年月日 1987年9月 1985年6月 1979年7月 1999年8月 2005年8月 2003年3月 1994年9月 1997年6月 2001年6月 1990年10月 1991年10月 1992年5月 1978年 1978年 1991年11月 2006年11月 2002年2月 2014年10月 2004年10月 2001年2月 2016年3月 2010年11月 2004年12月 2006年9月 2016年2月 2011年10月 2012年7月 2020年8月 2000年04月 2010年7月 2004年7月 2003年11月 2007年11月 1997年6月 1999年4月 2010年7月 2015年8月 2010年5月 2011年11月 2017年5月 2010年10月 2012年5月 1998年5月 1992年7月 2001年3月 2003年10月 1985年11月 1996年10月 2008年1月 2006年3月 2007年6月 2004年7月 2016年9月 1998年8月 2011年9月 2006年9月 2006年3月28日 2003年8月 2012年07月 2012年7月20日 1996年12月 1999年10月 2003年11月 2020年7月 2020年11月 2018年9月 2008年1月 2010年12月 2019年10月9日 2018年2月 2012年10月 2020年10月
ページ数 268ページ 618ページ 201ページ 512ページ 360ページ 357ページ 630ページ 385ページ 760ページ 196ページ 365ページ 259ページ 368ページ 378ページ 320ページ 460ページ 384ページ 338ページ 327ページ 380ページ 240ページ 416ページ 320ページ 496ページ 256ページ 343ページ 386ページ 304ページ 392ページ 472ページ 328ページ 334ページ 508ページ 368ページ 393ページ 440ページ 416ページ 301ページ 376ページ 558ページ 318ページ 240ページ 576ページ 358ページ 726ページ 393ページ 224ページ 312ページ 221ページ 354ページ 421ページ 342ページ 507ページ 339ページ 259ページ 672ページ 336ページ 340ページ 336ページ 359ページ 243ページ 216ページ 239ページ 304ページ 304ページ 327ページ 234ページ 262ページ 255ページ 376ページ 279ページ 272ページ
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月25日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 人気小説家・作家の売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでの人気小説家・作家の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:小説ランキングランキング
Yahoo!ショッピング:文庫本一般ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかの小説はこちら

まずは気になる作品から読んでみよう

日本の小説家・作家は多くいるので、自分に合った作品と出会うのはなかなか大変です。まずは、知っている小説家や映画化されたタイトルなど、少しでも気になる作品があれば、そこから読んでみましょう。

もちろん、ホラー小説や探偵小説などジャンルごとに探してみるのも、ありです。

本記事で紹介した、人気作家を参考にして、ぜひ気になった作品があれば手に取ってみてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


有川浩おすすめ27選【アニメ化・ドラマ化・映画化多数】

有川浩おすすめ27選【アニメ化・ドラマ化・映画化多数】

ミリタリー系の題材を扱った作品、心温まる物語、コメディー、SF小説など多彩な題材を取り上げてくれる有川 浩。「図書館戦争」シリーズ、「フリーター、家を買う」、「阪急電車」など、アニメ化・ドラマ化・映画化された作品もたくさんあり、幅広い世代から支持を集めています。この記事では、司書教諭・学芸員のyokoさんと編集部が、有川 浩のおすすめ作品を紹介します。

tag icon 小説 , 本・雑誌

世界史歴史小説おすすめ32選|佐藤賢一・塩野七生・吉川英治の名作も

世界史歴史小説おすすめ32選|佐藤賢一・塩野七生・吉川英治の名作も

人類の歴史を学ぶことができる歴史小説。本記事では、司書教諭・yokoさんと編集部が厳選した世界史歴史小説のおすすめと選び方をご紹介します。時代背景のイメージを膨らませることができるので、受験勉強としてもおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

tag icon ノンフィクション・ドキュメンタリー , 教育・学習参考書 , 小説

小説おすすめ75選|話題の新作やミステリーなど【映画・ドラマ化した作品多数】

小説おすすめ75選|話題の新作やミステリーなど【映画・ドラマ化した作品多数】

ページをめくるごとに、さまざまな世界へ誘ってくれる小説の数々。小説のジャンルも多岐にわたり、これまでに読んできたジャンル以外の小説に興味がある人も多いのでは?しかし、どんな小説があるかわからず、結局いつものジャンルを読んでいることもあるのではないでしょうか。この記事では、司書教諭・yokoさんと編集部が、新刊、ミステリー、恋愛、SF・ファンタジー、歴史・時代のジャンルごとにおすすめの小説を紹介します。気になるものがあれば、ぜひ読んでみてくださいね。

tag icon 小説 , 本・雑誌

赤川次郎のおすすめ17選|性別や世代を超えてあらゆる人が楽しめる【シリーズもの多数】

赤川次郎のおすすめ17選|性別や世代を超えてあらゆる人が楽しめる【シリーズもの多数】

赤川次郎は数多くのベストセラーを世に送り出した小説家。ドラマや映画など映像化されている作品も多く、読書をする人はもちろん、本を読まない人でも作品名は聞いたことがあるほど知名度もあります。ジャンルは幅広く、数もたくさんあるからこそ、どれを読もうか迷ってしまうかもしれません。そこで司書教諭・学芸員のyokoさんと編集部が選んだ、赤川次郎のおすすめ小説をご紹介します。

tag icon 小説 , 本・雑誌

辻村深月のおすすめ32選|目が離せないストーリー展開が魅力

辻村深月のおすすめ32選|目が離せないストーリー展開が魅力

思春期の切ない想いなどを思い起こしたいなら、辻村深月の小説がぴったりです。文学賞を受賞した作品や、ドラマ化・映画化されたものもたくさんある辻村深月の作品。ミステリーテイストの物語や、恋愛をテーマにした作品など、幅広いジャンルから、好きなものを選べます。この記事では辻村深月作品の選び方と、おすすめの作品の詳細を解説します。紹介する商品は司書教諭のyokoさんと編集部が厳選しました。

tag icon 小説 , 本・雑誌

関連するタグ


小説 本・雑誌

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。