アウトドア用高機能ダウンおすすめ7選|スノーピーク、モンベルほか/防水モデルも

アウトドア用高機能ダウンおすすめ7選|スノーピーク、モンベルほか/防水モデルも

軽量で保温性の高いアウトドア用の高機能ダウンジャケット。

「ダウン」とはダックやグースの羽毛のことですが、世間一般では化学繊維の中綿のものまで「ダウン」と呼ぶこともあります。ダウンの特徴は、重量が軽く、収納時はかさばらないのに保温力が高いことです。アウトドアでは寒さを感じたときに着ることが多く持ち運ぶ時間のほうが長いため、ダウンはアウトドア用の防寒着に適しています。

本記事では、高機能ダウンのおすすめ商品や選び方をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

山岳/アウトドアライター&プロデューサー
高橋 庄太郎

1970年宮城県仙台市出身。高校山岳部で山歩きを始め、早稲田大学卒業後は出版社に勤務。 その後、フリーランスのライターに。著書に『山道具 選び方、使い方』(枻出版社)、『テント泊登山の基本』(山と渓谷社)などがあり、近年はテレビ番組やイベントへの出演も増えている。また、アウトドアメーカー各社とのコラボレーションを行なう自身のブランド「SCREES」を立ち上げ、製品開発にも取り組んでいる。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ
天野 駿太郎

「アウトドア・キャンプ」カテゴリーを担当。元雑誌編集者で、アウトドアギアやファッションに親しむ。休日は愛車のロードバイクでツーリングがてらキャンプをしたり、野山やアルプスで登山を楽しんだりする。軽量&コンパクトなギアに目がない。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

アウトドア用高機能ダウンの選び方 最強の防寒性

それでは、アウトドア用高機能ダウンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

【1】ダウンの品質を判断する指標「フィルパワー」を知る
【2】ウェアに使用されているダウンの「量」はじゅうぶんか?
【3】内部の暖気を閉じ込める「表面生地」の性質も大事
【4】高度な加工が施された特殊ダウンにも注目
【5】フードなどの「ディテール」もチェック


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】ダウンの品質を判断する指標「フィルパワー」を知る

 

ダウンの品質を見きわめる指標のひとつが、「フィルパワー(FP)」という単位であらわされる数値です。FPとは「一定の重量を加えて圧縮したダウンが、どれくらいの体積に復元するか」という数値であり、言い方を変えれば「いかに少ない量で、いかに大量の暖気をため込めるか?」ということになります。

街着よりも保温力が期待されるアウトドア用では、700FP以上がひとつの目安になり、なかには1,000FPのダウンも開発されています。ただし、ダウンはかんたんには増産できない天然素材。しかも加工に手間がかかるので、高品質のものは高価になります。FPが高いものほどよい製品が多いですが、価格とのバランスを考えて選びましょう。

【2】ウェアに使用されているダウンの「量」はじゅうぶんか?

FPが高いものは高品質ですが、それだけでよし悪しが決まるわけではありません。たとえば、1,000FPのダウンを100g使ったジャケットよりも、800FPのダウンを150g使ったダウンジャケットのほうが、一般的には保温力が高いものです。FPの数値にばかり目を向けず、使用されているダウンの重量もチェックしましょう。

FPの数値や使用されている重量は保温力を知るうえで大きな目安。ただしそれ以外にも、表面生地や裾(すそ)のデザインなど、ディテールによっても左右されます。

【3】内部の暖気を閉じ込める「表面生地」の性質も大事

 

いくら高品質のダウンがたくさん使われていても、ダウンを覆う表面の生地の通気力が高すぎると、せっかくの暖気が逃げていきます。風の影響が少ない生地のほうが保温力は高く、なかには完全に風をシャットアウトする素材のものも販売されています。

また、防水性の生地を使用しているものもありますが、防水性ばかりで透湿性がない製品は注意が必要。内部に湿気がたまってしまい、ダウンがつぶれて温かくなくなってしまうからです。

しかし、あらゆる機能性を備えた特殊な生地を使っているものは高価になりがち。どのような表面生地のものを選ぶのかも、予算との相談になるでしょう。

【4】高度な加工が施された特殊ダウンにも注目

ダウンの弱点は、湿ってしまうと羽毛のふくらみが減り、保温力が激減すること。水を含めばボリュームはなくなり、保温力はなくなってしまうのです。そのため、特殊な薬剤を使うことで撥水力を持たせたダウンも登場しています。

撥水力を持ったダウンであれば、雨や溶けた雪などの水分がウェア内部に浸透してきても、ダウンの保温力をあまり低下させずにぬくもりをたもつことが可能。天候を気にせず安心して着用することができます。

【5】フードなどの「ディテール」もチェック

ハンガーに掛けられたダウンジャケット
Pixabayのロゴ

ウェア内の暖気が逃げていくのは、首元、袖、裾といった開口部です。フードがついているものは頭自体が温かいだけではなく、首元から流れ出る暖気を受け止める役割も果たし、保温力の向上に貢献します。

大半のウェアの袖や裾は、伸縮性素材で口の開きを抑えたり、面ファスナーやドローコードで絞れたりするようになっています。ただし、これらが過度になると着心地を損ねるので注意。着用しやすい適度なものを探しましょう。

アウトドア用高機能ダウンおすすめ7選 真冬のアウトドアにも最適!

上で紹介したアウトドア用高機能ダウンの選び方のポイントをふまえて、実際に山岳/アウトドアライター&プロデューサー・高橋庄太郎さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。自分に合った商品があるかどうか、ぜひチェックしてみてください。

NANGA(ナンガ)『別注モデル 焚火 ダウンジャケット』

●NANGAナンガ別注モデル焚火ダウンジャケットTAKIBIDOWNJACKET【アウター/アウトドア/メンズ/防寒/秋冬/タウンユース/羽毛/日本製】 ●NANGAナンガ別注モデル焚火ダウンジャケットTAKIBIDOWNJACKET【アウター/アウトドア/メンズ/防寒/秋冬/タウンユース/羽毛/日本製】 ●NANGAナンガ別注モデル焚火ダウンジャケットTAKIBIDOWNJACKET【アウター/アウトドア/メンズ/防寒/秋冬/タウンユース/羽毛/日本製】
出典:楽天市場 この商品を見るview item

火を使うアウトドアにぴったり

難燃性の素材を使っているため、文字通り「焚火」を楽しめるダウンジャケットです。

羽毛には超撥水ダウンが使われており、雨や汗でダウンが小さくなり、保温力が低下するのを防いでくれます。袖口や腰元にもこだわりと工夫が感じられる一品です。

ポケットが9つついているので、細かな道具を入れておくのに便利ですし、街中で着る際はカバンを持たず身軽にお出かけできます。

Columbia(コロンビア)『メンズ パイクレークフーデッド ジャケット』

[コロンビア]アウターメンズパイクレークフーデッドジャケットBlackWE0020010LL [コロンビア]アウターメンズパイクレークフーデッドジャケットBlackWE0020010LL [コロンビア]アウターメンズパイクレークフーデッドジャケットBlackWE0020010LL [コロンビア]アウターメンズパイクレークフーデッドジャケットBlackWE0020010LL [コロンビア]アウターメンズパイクレークフーデッドジャケットBlackWE0020010LL [コロンビア]アウターメンズパイクレークフーデッドジャケットBlackWE0020010LL [コロンビア]アウターメンズパイクレークフーデッドジャケットBlackWE0020010LL
出典:Amazon この商品を見るview item

高い防水性能をもつ軽量ダウン

表の生地にストームライトDPII(ポリエステル100%)、ライナー・中綿にポリエステル100%を使用。さらに、耐久撥水DWR加工で高い防水性能をもちます。

また、左側には財布が入る程度のサイズの内ポケットがあり、XS~XXLと幅広いサイズ展開。軽くて丈夫ですよ。

mont-bell(モンベル)『スペリオダウン ラウンドネックジャケット』

インナーとしてもアウターとしても着られる

高品質800フィルパワー・EXダウン素材。撥水加工が施され、シングルキルト構造の非常に軽い生地になっています。

インナーにシャツを着てもよいですし、コンパクトなのでこれ自体をインナーに着込んでもよいでしょう。インナーとしてもアウターとしても着られる軽くて暖かいダウンジャケットです。

エキスパートのおすすめ

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『サンダーラウンドネックジャケット』

[ザノースフェイス]ジャケットTHUNDERROUNDJKサンダーラウンドネックジャケットメンズNY32013ブラックS [ザノースフェイス]ジャケットTHUNDERROUNDJKサンダーラウンドネックジャケットメンズNY32013ブラックS [ザノースフェイス]ジャケットTHUNDERROUNDJKサンダーラウンドネックジャケットメンズNY32013ブラックS [ザノースフェイス]ジャケットTHUNDERROUNDJKサンダーラウンドネックジャケットメンズNY32013ブラックS [ザノースフェイス]ジャケットTHUNDERROUNDJKサンダーラウンドネックジャケットメンズNY32013ブラックS [ザノースフェイス]ジャケットTHUNDERROUNDJKサンダーラウンドネックジャケットメンズNY32013ブラックS
出典:Amazon この商品を見るview item
山岳/アウトドアライター&プロデューサー:高橋 庄太郎

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

1枚あるとウェアリングの応用度がアップ

カットソーのように襟がないラウンドネックが特徴的なデザインです。襟やフードがついたほかのウェアと重ね着がしやすく、アウターとして着用するだけではなく、インナーダウンとしても実力を発揮します。

中綿はダウンだけではなく、特殊な加工を施したポリエステルの化繊中綿も40%ミックス。遠赤外線の効果で保温力を高めるとともに、撥水性も加わっています。ポケットのなかにウェア本体を収納できるパッカブル仕様になっているのもありがたい点です。

Columbia(コロンビア)『シダーヒルズ ダウンジャケット』

[コロンビア]シダーヒルズダウンジャケットPM3733ダウン中綿入りメンズLキャメル [コロンビア]シダーヒルズダウンジャケットPM3733ダウン中綿入りメンズLキャメル [コロンビア]シダーヒルズダウンジャケットPM3733ダウン中綿入りメンズLキャメル
出典:Amazon この商品を見るview item

機能性の高い生地で作られたダウンジャケット

アウトドアウェアを多く手掛けるコロンビアのダウンジャケットです。

80年代から90年代前半に販売されていたダウンジャケットを元にデザインされ、生地も当時使われていたものを現代の技術で再現しました。

湿気を吸うことにより綿が膨張して防水性が高まるという機能的な素材が使われています。通気性や耐摩耗性にも優れているので、快適さを保ちながら長く使い続けることが出来ます。

snow peak(スノーピーク)『FR 2L ダウンジャケット(JK-21AU001)』

濡れても保温力が落ちにくい800FP撥水ダウン

表地の素材は撥水性だけでなく、難燃性もあるため、寒い時期のアウトドアにぴったりのダウンジャケットです。羽毛には難熱性・防水性・保温性を兼ね備えた撥水ダウンを使用しており、裏地にも透湿防水膜を使用。800フィルパワーと高い品質を誇っているのも魅力的です。

また、フードが取り外せてスタンドジャケットとしても着られます。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『バルトロライトジャケット』

[ザノースフェイス]ジャケットバルトロライトジャケットND91950ニュートープS [ザノースフェイス]ジャケットバルトロライトジャケットND91950ニュートープS [ザノースフェイス]ジャケットバルトロライトジャケットND91950ニュートープS [ザノースフェイス]ジャケットバルトロライトジャケットND91950ニュートープS [ザノースフェイス]ジャケットバルトロライトジャケットND91950ニュートープS [ザノースフェイス]ジャケットバルトロライトジャケットND91950ニュートープS [ザノースフェイス]ジャケットバルトロライトジャケットND91950ニュートープS [ザノースフェイス]ジャケットバルトロライトジャケットND91950ニュートープS
出典:Amazon この商品を見るview item

真冬のアウトドアにも耐えられる保温性

極寒の地域でも着られるような高い保温性を誇るダウンジャケットで、冬の天体観測や雪上ハイクを楽しみたい方におすすめできます。

中綿に使われているのは、特殊セラミックスの遠赤外線効果により保温性を持続させる光電子ダウンです。

襟やフードなどにも冷気を入れないための工夫が施されています。表の生地には撥水性があるため、雪や小雨程度ならはじくことが出来ます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
NANGA(ナンガ)『別注モデル 焚火 ダウンジャケット』
Columbia(コロンビア)『メンズ パイクレークフーデッド ジャケット』
mont-bell(モンベル)『スペリオダウン ラウンドネックジャケット』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『サンダーラウンドネックジャケット』
Columbia(コロンビア)『シダーヒルズ ダウンジャケット』
snow peak(スノーピーク)『FR 2L ダウンジャケット(JK-21AU001)』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『バルトロライトジャケット』
商品名 NANGA(ナンガ)『別注モデル 焚火 ダウンジャケット』 Columbia(コロンビア)『メンズ パイクレークフーデッド ジャケット』 mont-bell(モンベル)『スペリオダウン ラウンドネックジャケット』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『サンダーラウンドネックジャケット』 Columbia(コロンビア)『シダーヒルズ ダウンジャケット』 snow peak(スノーピーク)『FR 2L ダウンジャケット(JK-21AU001)』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『バルトロライトジャケット』
商品情報
特徴 火を使うアウトドアにぴったり 高い防水性能をもつ軽量ダウン インナーとしてもアウターとしても着られる 1枚あるとウェアリングの応用度がアップ 機能性の高い生地で作られたダウンジャケット 濡れても保温力が落ちにくい800FP撥水ダウン 真冬のアウトドアにも耐えられる保温性
サイズ XS・S・M・L・XL・2XL S・M・L・XL・XXL XS・S・M・L・XL・XXL 2XS・XS・S・M・L・XL
ダウンの比率 ダウン80%、フェザー20% ダウン54%、ポリエステル40%、そのほかの羽毛6% ダウン80%、フェザー20% ダウン72%、レーヨン20%、フェザー8%
フィルパワー 650 - 650 -
生地 93% ポリエステル, 7% 分類外繊維(ケプラ) PERTEXR Quantum(ナイロン100%) 表パークタッサー(コットン60%、ナイロン40%)、裏20Dフルダルナイロンタフタ(ナイロン100%)  表:ナイロン100%、裏:ePTFE、裏地:ナイロン100%
防水・撥水 - 〇(撥水) 〇(撥水加工)
カラー チャコール、カーキ、ダークネイビー、コヨーテ、グレー ニュートープライトグリーン、ブラック ブラック、カレッジエイトネイビー、ティンバーウルフ、メープルシュガー ブラック、ニュートープ、TNFネイビー、サミットゴールド、ユーティリティブラウン、アーバンネイビー、TNFレッド、ブリティッシュ
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする アウトドア用高機能ダウンの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのアウトドア用高機能ダウンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:アウトドアウェア アウターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ダウンジャケットに関するQ&A よくある質問

question iconダウンとフェザーの違いは?

answer icon

ダウンは胸のあたりからとれる羽毛で、軽量でふわふわしているのが特徴。空気を含み保温性が高いため、ダウンの割合が高いほどフィルパワーも高くなります。

一方で、フェザーは文字通り羽根。弾力性はありますが、ダウンほど空気を含みません。そのため、フェザーの割合が高いほどフィルパワーが低くなる傾向がありますが、その分価格も抑えることができます。

question iconダウンは水に弱いって本当?

answer icon

本当です。ダウンは、水分を含むと体積が減ってしまいます。ただし、近年では羽毛自体に撥水加工を施すことで、水に濡れても膜を作って羽毛が濡れるのを保護する技術「UDD」(ウルトラライトダウン)も存在します。

そのほかのアウトドア用高機能ダウンジャケット

高機能ダウンの保温力を活かすにはサイズ感も重要

中綿の品質や量、表面の生地やディテールなど、ほかのウェア以上に凝ったものほど高価になるのがダウンウェアです。しかし、自分が求める以上に保温力が高い必要はありません。使用するシチュエーションに合わせて過不足ないものを選びましょう。

また、とても重要なのがウェアのサイズ感。タイトすぎるシルエットのものはダウンのふくらみを損ねてしまい、せっかくの保温力が発揮されません。

反対に余裕がありすぎるシルエットのものは体のまわりにすき間ができてしまい、ウェア内部がなかなか温まらず、せっかく温まっても暖気が逃げやすくなります。ダウンのウェアは、過不足ない「ジャストサイズ」を選ぶことがとても大事なのです。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


カナダグースのダウンジャケットおすすめ22選|防寒性とデザイン性を兼備

カナダグースのダウンジャケットおすすめ22選|防寒性とデザイン性を兼備

質の高い素材、おしゃれなシルエットで人気のカナダグースのダウンジャケット。ダウンジャケットのモコモコした雰囲気とは異なるスマートなデザインは、冬のファッションを楽しむには欠かせないアイテムです。本記事では、スタイリスト高橋禎美さんと編集部が選んだおすすめのカナダグースのジャケットを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

tag icon メンズダウンジャケット , レディースダウンジャケット , レディースジャケット・アウター

メンズ用MA-1ジャケットおすすめ9選【人気ブランドも】コーデのコツも紹介!

メンズ用MA-1ジャケットおすすめ9選【人気ブランドも】コーデのコツも紹介!

ミリタリーが起源のMA-1。ファンが多く、フライトジャケットやボンバージャケット、ボマージャケットとも呼ばれていて、メンズにもレディースにも人気のアイテムです。トレンドのビッグシルエットが楽しめるのも魅力で、さまざまなメーカーから販売されています。この記事では、ファッションライターの平 格彦さんへの取材をもとに、メンズ用MA-1ジャケットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon メンズアウター , メンズジャケット・アウター , メンズファッション

メンズ用フリースのおすすめブランド17選【アウトドアやデイリーに】人気ブランド集合!

メンズ用フリースのおすすめブランド17選【アウトドアやデイリーに】人気ブランド集合!

肌ざわりが心地よく軽量で保温性も高いことから、アウトドアでの中間着として必須のフリース。アウトドアだけでなくデイリーユースにも活躍します。この記事では、ファッションライターの平 格彦さんにお話をうかがい、メンズフリース選び方や、おすすめブランドと商品をご紹介。人気のノースフェイスやパタゴニア、コロンビアなどのアイテムをセレクトしています。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon メンズアウター , 登山・トレッキング , メンズジャケット・アウター

メンズ用マウンテンパーカーおすすめ7選|高機能でファッション性も抜群!

メンズ用マウンテンパーカーおすすめ7選|高機能でファッション性も抜群!

アウトドアでの高い実用性を持ちながら、ふだんのファッションとしても着こなしを楽しめるマウンテンパーカー。もともとは登山用でしたが、今ではシンプルでおしゃれな街着としても定着しています。この記事では[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんへの取材をもとに、カジュアルで機能性に富むマウンテンパーカーの選び方と、おすすめの商品をご紹介いたします。通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon メンズアウター , メンズジャケット・アウター , メンズファッション

メンズデニムジャケットおすすめ6選【リーバイス、リー、ラングラーほか】おしゃれな人気ブランドも

メンズデニムジャケットおすすめ6選【リーバイス、リー、ラングラーほか】おしゃれな人気ブランドも

着回しやすく1枚持っていると便利なメンズデニムジャケット。カジュアルアイテムの定番ですが、デザインやポケットなどのディテール、加工の度合いによってイメージが大きく異なります。ステキに着こなすために、どのようなジャケットを選びどのように合わせるか悩むところ。この記事では[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんへの取材をもとに、メンズデニムジャケットの選び方とおすすめ商品を紹介します。記事後半には、比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon メンズアウター , メンズジャケット・アウター , メンズファッション

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。