釣り初心者入門セットおすすめ3選|魚・場所別に【ダイワやシマノなど人気メーカーも!】

DAIWA(ダイワ)『リール・ロッドセット MC750』
出典:Amazon

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。

この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。

通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


目次

フィッシングライター/職業釣師
田澤 晃

北海道生まれ東北育ち、釣り歴50年、ライター歴32年の職業釣師。 既存の釣りに飽き足らず、常に最先端の釣りを模索し続けることを生きがいにする。 東北を拠点にフレッシュウォーターからソルトウォーター、餌釣りからルアーフィッシングまで幅広いジャンルをこなし、釣り雑誌や新聞を中心に書籍、MOOK本など多数を執筆。 近年はカヤックフィッシングチームの代表として、釣り以外のイベント等にも積極的に参加し、地域活性化に努める。

「釣り初心者入門セット」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
つり具TEN 『サビキ釣り チョイ投げ釣りセット』
DAIWA(ダイワ)『リール・ロッドセット MC750』
つり具のマルニシ『SHIMANO(シマノ) BASS ONE XT ブラックバス 3点セット』
商品名 つり具TEN 『サビキ釣り チョイ投げ釣りセット』 DAIWA(ダイワ)『リール・ロッドセット MC750』 つり具のマルニシ『SHIMANO(シマノ) BASS ONE XT ブラックバス 3点セット』
商品情報
特徴 サビキ釣りも投げ釣りもできる入門セットの定番 意外な大物が釣れる「ボウズ知らず」の穴釣り 入門向けながら、文句なしの高性能
対応する釣り方 堤防釣り、ほか 穴釣り、波止場釣り バス釣り
対応魚 アジ、イワシ、サバ、ほか カサゴ、アイナメ、ベラ、カワハギ、ほか ブラックバス、ナマズ、ほか
竿の材質 カーボン カーボン
竿の長さ 180cm 61~71cm 198~208cm
収納時の寸法 44cm 61~71cm 102.2~107.2cm
セット内容 竿、リール、ハサミ、かご、入門ガイドブック、ほか リール、竿 竿、リール、ライン
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年6月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月26日時点 での税込価格

釣り初心者入門セットとは? 場所や目的(釣りたい魚)を事前に決めておく

釣りをしているイメージ写真
Pixabayのロゴ

釣りにチャレンジしてみたいあなたにピッタリなのが、釣り具メーカーや専門ショップから販売されている「入門セット」です。初心者は何を選べばよいのか迷うのが普通ですが、釣りのジャンルや釣りたい魚に合わせたセットならば安心でしょう。

入門セットを揃える前に決めておかなければならないのは、「どこで何を釣りたいのか」と、「今回一回だけの釣り」なのか、「これからも釣りを続けたい」のかです。やってみたい釣りと、釣りに対するスタンスで、必要なタックルが変わってくるからです。

長く使いたいのであれば、少々高価でも耐久性があり、修理が可能な有名メーカーの製品を選んだほうが結果的にお得です。

釣り初心者入門セットの選び方 釣りたい魚や場所を考えて

セットとはいえ、必要なものが全てそろっているわけではありません。足りないものは釣りに行く前に追加で購入しておきましょう。

海釣りで楽しみたい場合

海釣りは堤防や磯、砂浜など、陸から楽しむ「おかっぱり(ショア)」の釣りと、遊漁船やマイボートで楽しむ「沖釣り(オフショア)」に大分されます。どちらの釣りをしたいのかによって、タックルは全く違うものになりますから、注意が必要です。

ショアの釣りなら、安全な堤防・波止の釣りからスタート

 

初心者が何よりも重視しなくてはならないのが安全面です。そういう意味では、足場がしっかりしていて周囲に釣り人が多い堤防や波止の釣りから始めるのがいいでしょう。

延べ竿でイワシやアジ、ハゼなどを狙ったり、ルアーならシーバスやイナダなどの青物のほか、メバルやカサゴ、アイナメなどの根魚、ヒラメやマゴチなど、多彩なターゲットが狙えます。

オフショアならポピュラーなターゲットに合わせて

 

オフショアなら、まずは近海で手軽に楽しめるシロギスやカレイ釣り、スーパーライトジギングのマダイやハタ類、青物、根魚などがおすすめ。地域や季節によってターゲットはさまざまですから、その時にもっとも釣りやすい、ポピュラーなターゲットから始めるのが無難です。

遊漁船の場合は、タックルをレンタルしてもらえる場合もありますから、一度チャレンジしてみて、その後でマイタックルをそろえても良いでしょう。

イカやタコ専用のセットも

魚ではありませんが、イカやタコなど、「軟体系」の釣りも人気です。イカは主にアオリイカで、アオリイカ用のタックルでスルメイカやヤリイカ、ケンサキイカなどさまざまなイカが狙えます。タコは地域によって釣り禁止の場合もありますから注意してください。

おもにマダコが対象で、専用タックルが必要ですが、小型のイイダコ狙いならば、チョイ投げ用のスピニングタックルでも代用できます。

河川釣りに挑戦する場合

ターゲットは主にフナや鯉のほか、イワナやヤマメ、アマゴ、ニジマスなどのトラウト類です。エサ釣りもルアーやフライフィッシングの場合も、タックルの他に専用の装備が必要になります。

里川なら延べ竿のエサ釣りが手軽

 

「釣りはフナに始まってフナに終わる」というくらい、里川のフナ釣りは釣りの基本です。3m程度の延べ竿と、釣り糸、オモリ、ハリ、ウキの仕掛けセットがあれば、あとはエサを準備するだけですから、子供でもかんたんに遊べます。

民家に近い釣り場で、フナのほかに、コイやウグイ、ウナギ、ハゼなども釣れますから、里川の釣りは思っている以上に楽しめるはずです。

中・上流域・渓流のトラウト類ならルアー、フライフィッシング

 

トラウト狙いで一番手軽なのは延べ竿を使ったエサ釣りですが、河川の規模によって竿の長さを変えなければならなかったり、急な釣行ではエサの確保ができないなどの欠点もあります。

その点おすすめは釣り場の規模を選ばず、生エサも必要ないルアーフィッシングとフライフィッシングですが、初心者にとってフライフィッシングはやや敷居が高いかもしれません。

湖沼、野池の釣りに挑戦する場合

 

大きな湖ではトラウト類も狙えますが、初心者にはやや敷居が高いかもしれません。その点、野池に生息するブラックバスやナマズは手軽で初心者にも釣りやすいターゲット。

ほかにはライギョも狙えますが、専用ベイトキャスティングタックルやルアーフィッシングの知識と経験が必要なため、釣りに慣れてきてからのチャレンジをおすすめします。

ファミリーでも楽しめる入門セット

 

ファミリーフィッシングの定番と言えば堤防のサビキ釣りです。同じセットを人数分揃えるという方法もありますが、延べ竿セットとチョイ投げセットを組み合わせるなど、より多くの釣り方、ターゲットに対応した選び方をするのが正解。

1回限りの釣行であれば、使い捨てしてももったいなくない安価なもの、何度も使う予定であれば、ちょっと高価でもメーカー品を購入しておきましょう。

オフショアはそれなりの予算が必要

オフショア(沖釣り)は、キャスティングとバーチカル(舟の真下を釣る釣り)でタックルが変わってきます。ターゲットが決まっている場合は良いのですが、何を狙うのかわからない場合は複数のタックルとターゲット別のルアーなど、おかっぱりとは比べ物にならないくらいの道具が必要になります。

よって、オフショアにチャレンジするのであれば、予算は多めに準備しておきましょう。

【投げ釣り・サビキ釣り・穴釣りセット】おすすめ2選 家族連れでも手軽に楽しめる

安全な堤防や波止で、家族連れでも手軽に楽しめるサビキ釣りやチョイ投げのための入門セットです。

フィッシングライター/職業釣師

釣りの経験が無い初心者が、もっとも入門しやすいのが堤防のサビキ釣りに向いている、つり具TEN 『サビキ釣り チョイ投げ釣りセット』です。このセットがあれば、あとはエサがあれば釣りができます。

ここで紹介した入門セットと似たものは、数えきれないほど販売されていますが、壊れやすいという難点もあります。長く大切に使いたいという場合は個別の購入がおすすめ。

つり具TEN 『サビキ釣り チョイ投げ釣りセット』

つり具TEN釣りエサ付サビキ釣りちょい投げ釣り完全釣りセットメーカー保証あり(釣り竿仕掛けエサ釣り道具)(サビキ釣り・ちょい投げ釣り完全釣りセット) つり具TEN釣りエサ付サビキ釣りちょい投げ釣り完全釣りセットメーカー保証あり(釣り竿仕掛けエサ釣り道具)(サビキ釣り・ちょい投げ釣り完全釣りセット) つり具TEN釣りエサ付サビキ釣りちょい投げ釣り完全釣りセットメーカー保証あり(釣り竿仕掛けエサ釣り道具)(サビキ釣り・ちょい投げ釣り完全釣りセット) つり具TEN釣りエサ付サビキ釣りちょい投げ釣り完全釣りセットメーカー保証あり(釣り竿仕掛けエサ釣り道具)(サビキ釣り・ちょい投げ釣り完全釣りセット) つり具TEN釣りエサ付サビキ釣りちょい投げ釣り完全釣りセットメーカー保証あり(釣り竿仕掛けエサ釣り道具)(サビキ釣り・ちょい投げ釣り完全釣りセット) つり具TEN釣りエサ付サビキ釣りちょい投げ釣り完全釣りセットメーカー保証あり(釣り竿仕掛けエサ釣り道具)(サビキ釣り・ちょい投げ釣り完全釣りセット) つり具TEN釣りエサ付サビキ釣りちょい投げ釣り完全釣りセットメーカー保証あり(釣り竿仕掛けエサ釣り道具)(サビキ釣り・ちょい投げ釣り完全釣りセット) つり具TEN釣りエサ付サビキ釣りちょい投げ釣り完全釣りセットメーカー保証あり(釣り竿仕掛けエサ釣り道具)(サビキ釣り・ちょい投げ釣り完全釣りセット) つり具TEN釣りエサ付サビキ釣りちょい投げ釣り完全釣りセットメーカー保証あり(釣り竿仕掛けエサ釣り道具)(サビキ釣り・ちょい投げ釣り完全釣りセット)

出典:Amazon

フィッシングライター/職業釣師

サビキ釣りも投げ釣りもできる入門セットの定番

定番のコンパクトロッドを主軸とした堤防釣りセットのひとつ。サビキ仕掛け、投げ釣り仕掛けのほか、メゴチバサミや水汲みバケツ、初心者用の入門書まで付属しながら、5,000円以下とリーズナブルなセット内容です。このセットがあれば、あとはエサがあれば釣りができます。

釣りの経験が無い初心者にとって入門しやすいのが堤防のサビキ釣りとちょい投げの釣りですが、同じタイプのセットが他にもたくさんありますから、自分でやりたい釣りに合わせたセットを見つけると良いでしょう。

DAIWA(ダイワ)『リール・ロッドセット MC750』

ダイワ穴釣りMC750MH ダイワ穴釣りMC750MH ダイワ穴釣りMC750MH ダイワ穴釣りMC750MH ダイワ穴釣りMC750MH ダイワ穴釣りMC750MH

出典:Amazon

フィッシングライター/職業釣師

意外な大物が釣れる「ボウズ知らず」の穴釣り

堤防際や消波ブロックの穴など、魚が隠れている場所をダイレクトに攻める穴釣りは、「ボウズ知らずの釣り」と言われるほどよく釣れる、「古くて新しい釣り」です。

穴釣りセットは数多く販売されていますが、竿の調子が悪かったり、リールがすぐ壊れたりというのが難点でした。その点、ダイワのMC750は、ロッドとリールのパワーも申し分なく、穴釣りの楽しさを満喫できる専用セットと言えます。

【野池や里川のバス、ナマズ用ルアータックルセット】おすすめ1選 汎用性が高い

使用するルアーによって何種類ものタックルが必要になるバスフィッシングですが、汎用性が高く、初心者でも扱いやすい入門セットをセレクトしてみました。

つり具のマルニシ『SHIMANO(シマノ) BASS ONE XT ブラックバス 3点セット』

(B6)【代引き不可】SHIMANOブラックバス釣り入門セット[ベイトモデル:バスワンXT(166M-2)][リール&ロッド&ライン]/シマノ(22_S) (B6)【代引き不可】SHIMANOブラックバス釣り入門セット[ベイトモデル:バスワンXT(166M-2)][リール&ロッド&ライン]/シマノ(22_S) (B6)【代引き不可】SHIMANOブラックバス釣り入門セット[ベイトモデル:バスワンXT(166M-2)][リール&ロッド&ライン]/シマノ(22_S)

出典:楽天市場

フィッシングライター/職業釣師

入門向けながら、文句なしの高性能

シマノ製の大人気バスタックルシリーズ「BSSS ONE XT」のリールとロッドにラインを加えた3点セット。安価な入門向けながら、その性能は折り紙付きです。価格をはるかに超えたハイコストパフォーマンスが売り。

ルアーは別売りですので、別途買いそろえる必要があります。また、ナマズも狙うならば、PEライン2~3号に巻き替えれば良いでしょう。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 釣り初心者入門セットの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの釣り初心者入門セットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ロッド&リールセットランキング
楽天市場:フィッシングランキング
Yahoo!ショッピング:釣り竿セットランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

釣り初心者入門セットに関連する記事をご紹介 【関連記事】

編集部まとめ あくまで最低限なので、必要なものは買い足す

ここで紹介した入門セットは、あくまで最低限必要なタックルです。このセットだけあれば釣りができる場合もありますが、多くは追加購入が必要です。

特に、レインウエアーやライフジャケットなどのウエア類は絶対に必要なギアです。また、セットに含まれる釣り糸やハリ、仕掛け類などは消耗品ですから、足りない場合は予備を追加しておきましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する記事


【2022年】釣り用の時計おすすめ8選|防水・タイドグラフ・気圧計付きも

【2022年】釣り用の時計おすすめ8選|防水・タイドグラフ・気圧計付きも

釣り用の時計は、温度・方位・気圧・潮の満ち引きなどが計測でき、釣りを快適にしてくれるアイテムのひとつ。スントやカシオといった人気メーカーから販売され、防水やGPSなど機能性も充実しています。本記事では、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が厳選した釣り用の時計のおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングも掲載していますので、売れ筋や口コミも参考にしてみてください。

tag icon メンズ腕時計 , 釣り・フィッシング(携行品・便利グッズ) , アウトドア・キャンプ

アジングルアーおすすめランキング11選|ワーム・メタルジグ別に厳選

アジングルアーおすすめランキング11選|ワーム・メタルジグ別に厳選

アジをルアーで狙うフィッシングスタイルに欠かせないのがアジングルアー。色やサイズ、形などがさまざまなので、どのようにして選べばいいのか迷ってしまいますよね。ここでは、アジング初心者から中級者にも役立つアジングルアーの選び方のポイントと、おすすめの商品、釣れる時期(シーズン)や時間帯もご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 釣り・フィッシング

ランディングネットおすすめ8選|折りたたみ可能タイプで持ち運びもラク!

ランディングネットおすすめ8選|折りたたみ可能タイプで持ち運びもラク!

シーバスや大物トラウトといった大型魚狙いの釣りに必須の「ランディングネット」。高い堤防や岩場、渓流などで活躍します。人気メーカーのものが多く、メジャークラフトやトーマスなど種類はさまざま。ここでは、ランディングネットの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon 釣り・フィッシング(携行品・便利グッズ) , ロッド・釣竿 , アウトドア・キャンプ

タックルボックスおすすめ15選|プラノ・メイホウ・ダイワなど厳選

タックルボックスおすすめ15選|プラノ・メイホウ・ダイワなど厳選

タックルボックスは、道具を収納するために使う便利なアイテム。釣り用具を使いやすいように分類したり、保管するのにおすすめです。ここでは、アウトドアライター・夏野 栄さんと編集部が厳選したおすすめのタックルボックスと選び方のポイントをについてご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 釣り・フィッシング(携行品・便利グッズ) , アウトドア・キャンプ , 釣り・フィッシング

トレブルフックおすすめ10選|基礎知識や選び方を抑えて最高のカスタマイズを!

トレブルフックおすすめ10選|基礎知識や選び方を抑えて最高のカスタマイズを!

本記事では、トレブルフックについて、種類や基礎知識、選び方、そしておすすめ商品をご紹介。ルアーの最高のカスタマイズのために、ぜひ参考にしてください。

tag icon 釣り・フィッシング(携行品・便利グッズ) , ロッド・釣竿 , 釣り糸・ライン

関連するブランド・メーカー


DAIWA(ダイワ) SHIMANO(シマノ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。