ダイビングフィンおすすめ11選|TUSAやGULLなど初心者向けから上級者向けまで徹底解説

ダイビングフィンおすすめ11選|TUSAやGULLなど初心者向けから上級者向けまで徹底解説

ダイビングをするときの必須アイテム「ダイビングフィン」。足に装着して泳ぐことで推進力が増し、水中深く潜ることができる便利な商品です。初心者向けのお手ごろなものから、上級者向けの本格的なものまで数多く販売されているので、どれにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、スクーバダイビングのガイドをしている出口 超さんと編集部が厳選したおすすめ商品を紹介していきます。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


目次

プロスノーボードコーチ
出口 超

京都府舞鶴市生まれ。日本体育大学卒。SIA(日本プロスキー教師協会)教育部技術委員スノーボードデモコーチ。力学に基づいたスノーボード理論を2006年に構築。 著書に「もっとカッコ良く滑るスノーボード」(メイツ出版)、「はじめてでも絶対うまくなるスノーボード」(主婦の友社)、自費出版によるe-book「もっと優雅にカッコ良く滑るスノーボード」(Kindle)などがある。 人の骨格やバランスに応じたレッスン・バインディングのセッティング診断に定評あり。スノーシーズンは主に、神立スノーリゾート(新潟県)で自身のレッスンプログラム「超塾」を開催。夏場は地元舞鶴市にてスクーバダイビングとSUPのガイドをしている。

ダイビングフィンの選び方 種類・形状・長さ

スキューバダイビングをする人達の足もと
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

一見、大きな違いがないように見えるダイビングフィンですが、いざ使ってみると履き心地や推進力などがそれぞれ異なります。

フィンに使われている素材や仕様を把握し、自分の好みやダイビング経験をふまえて選びましょう

フィンの種類から選ぶ

フィンの素材は大きく2種類にわかれています。ひとつは柔軟なゴム素材入りのラバータイプ、もうひとつは軽くて持ち運びやすいプラスチックタイプ

使用感やダイビングの種類などによって、自分に合ったタイプを選んでください。

ラバーフィン

合成ゴムや特殊ゴム入りの素材で作られているタイプです。ゴムの特性を活かした、ほどよい柔軟性や足との一体感にすぐれているのが特徴

プラスチックと比較するとやや重さが気になるかもしれませんが、水中では高い推進力を出しやすいのがメリットです。

プラスチックフィン

軽さが魅力のプラスチックフィン。軽くて持ち運びやすく、飛行機での移動などでも困らないのがメリット。海外など、遠方へダイビングに出かける場合はとても重宝するでしょう。

またデザインのバリエーションが豊富なので、ウェットスーツとコーディネートも楽しめますよ。

足を入れる部分の形状から選ぶ

ダイビングフィンは、足を入れる部分の形状に大きな違いがあります。足の蹴り込む力の伝わり方や、付随して必要になるアイテムもタイプによってそれぞれ

メリットや特徴を知ったうえで、履き心地や使い勝手、好みに合わせて選びましょう。

フルフットタイプ

足を入れる部分が靴のようになっているタイプ。かかと部分まですっぽり覆われるので、フィンと足に一体感が生まれます。水を押し出す力が効率よく伝わって、推進力がアップ。足がそのまま伸びているような使い心地も大きな魅力です。

足を保護するために専用ブーツやソックスを着用する方もいますが、一般的には素足で履けるというのがコンセプトになっています。

ストラップタイプ

ゴムや金属製のスプリングのストラップがついているタイプ。ダイビングブーツが必須なので、フィンを購入するときにあわせてそろえましょう

メリットは、着脱が比較的かんたんに行なえる点です。また足のサイズが大きくなってもストラップで調整できるので、成長期のお子さまにも向いています。

フィンの長さと推進力から選ぶ

推進力はユーザーの脚力や経験にも左右されますが、フィンの長さやかたさも影響します。

脚力や持久力に自信がない方や初心者の方は、短めのフィンで比較的やわらかいものがいいですね。脚力に自信のある上級者の方やスピードを重視したい方は、長くかためのフィンがいいでしょう。

競技用かレジャー用か

フリーダイビングなど本格的な競技用フィンを探している方は、ロングタイプで高品質高性能なアイテムを選びましょう。価格は高めですが、推進力が期待できるものが多いですよ。

レジャー目的なら、使用頻度や用途、価格とのバランスを考慮して選びましょう。

持ち運びがしやすいかもポイント

荷物が多くなりがちな方や、遠方へダイビングに出かける機会が多い方は、持ち運びのしやすさも要チェック。コンパクトで軽いダイビングフィンも多数販売されていますよ。

またフットポケットとブレードが分解できるものは、移動中の衝撃で破損してしまうリスクを軽減できるでしょう。

用途・推進力・持ち運びしやすさなどを考慮して選びましょう スクーバダイビングのガイドからのアドバイス

プロスノーボードコーチ

フィンはほかのダイビング器材と違って、初心者向けや上級者向けが明確な商品で、脚力に合わせた素材や機能選びが重要です。形状はボートダイビングメインならフルフットタイプ、ビーチダイビングがメインなら持ち運びを優先してストラップフィンがいいでしょう。

素材は水中での推進力をとるならラバーフィン、持ち運びの手軽さやデザイン性をとるならプラスチックフィンがいいですね。

ダイビングフィンおすすめ11選 好みのデザイン、効率よく推進力が発揮できそうなもの

選び方のポイントをもとに、プロスノーボードコーチと編集部が厳選した、魅力的なダイビングフィンをご紹介していきます。好みのデザインのもの、効率よく推進力が発揮できそうなものなど、自分にぴったりなアイテムがきっと見つかりますよ。

プロスノーボードコーチ

GULL(ガル)『MEW(GF-202)』は、国内のダイビングガイドやインストラクターがもっとも多く使用している、安心と信頼のあるキングオブフィン。最近ではカラーも増え、脚力に合わせたソフト・ハードバージョンもあります。水中での動きを優先するダイバーにおすすめです

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GULL(ガル)『MEW(GF-202)』

GULL(ガル)『MEW(GF-202)』 GULL(ガル)『MEW(GF-202)』 GULL(ガル)『MEW(GF-202)』

出典:楽天市場

素材 ラバー
足を入れる部分の形状 フルフット
サイズ展開 XS、S、MS、M、L、XL(カラーにより異なる)
フィンの長さ 515~620mm
重量 690~1025g
分解 不可

幅広いダイバーやシーンに合うスタンダードタイプ

力を入れやすいダウンキック時に、しっかりと水をとらえて高い推進力を発揮。フルフットタイプですが、薄くてやわらかいラバー素材によって少ない力でも着脱しやすくなっていて、ユーザーへの思いやりが感じられるダイビングフィンです。

最後までしっかりと水をキックできるよう考えられたブレードの先端ラインと、ラバーの弾力性のダブル効果でしっかり潜水することができますよ。足との一体感が高いのも魅力です。

プロスノーボードコーチ

GULL(ガル)『MEW CYPHER(GF-233)』は、キックを推進力に変えてくれる形状を備えた、フルフットに近い使い心地で着脱のしやすいストラップフィン。推進力とストラップフィンの着脱のしやすさを求めている方におすすめです

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GULL(ガル)『MEW CYPHER(GF-233)』

GULL(ガル)『MEWCYPHER(GF-233)』 GULL(ガル)『MEWCYPHER(GF-233)』 GULL(ガル)『MEWCYPHER(GF-233)』 GULL(ガル)『MEWCYPHER(GF-233)』

出典:Amazon

素材 -
足を入れる部分の形状 ストラップ
サイズ展開 S、M、L(カラーにより異なる)
フィンの長さ 507~540mm
重量 877~1080g
分解 不可

フルフットに近い感覚を味わえるストラップタイプ

フィット感と着脱のしやすさを両立させたストラップタイプ。フルフィットのような一体感で、脚力をフィンに伝えやすいのがメリットです。

ブレードの長さが通常よりも短く設計されているので、水中での小まわりが利き、まわりのサンゴ礁や水中の生きものと衝突するリスクを軽減。軽やかな蹴り心地でも、しっかりと推進力に繋げてくれる独自設計が魅力のアイテムです。

プロスノーボードコーチ

CRESSI(クレッシー)『REACTION EBS』は、ストラップの調整が必要なく、かんたんに装着できるプラスチックフィン。軽くて着脱のしやすいフィンをお探しの方におすすめです。価格もひかえめなので、はじめて購入される方にもいいフィンですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CRESSI(クレッシー)『REACTION EBS』

CRESSI(クレッシー)『REACTIONEBS』 CRESSI(クレッシー)『REACTIONEBS』 CRESSI(クレッシー)『REACTIONEBS』

出典:楽天市場

素材 ポリプロピレン
足を入れる部分の形状 ストラップ
サイズ展開 XS/S、S/M、M/L、L/XL
フィンの長さ -
重量 -
分解 不可

独自開発のストラップは滑りにくく心地よい装着感

多くの足のサイズや形にフィットするような設計と、かんたんに着脱ができるよう持ち手がついています。実用的で使いやすく、ダイバーのニーズに寄り添った仕様なのがいいですね。

ストラップ自体に柔軟性があるため、調整バックルはありません。軽くて大きすぎず、初心者の方から上級者の方まで幅広く使える、イタリア製ダイビングフィンです。

GULL(ガル)『SUPER SOFT MEW(GF-221)』

GULL(ガル)『SUPERSOFTMEW(GF-221)』 GULL(ガル)『SUPERSOFTMEW(GF-221)』 GULL(ガル)『SUPERSOFTMEW(GF-221)』 GULL(ガル)『SUPERSOFTMEW(GF-221)』

出典:Amazon

素材 ラバー
足を入れる部分の形状 フルフット
サイズ展開 XS、S、MS、M、L、XL(カラーにより異なる)
フィンの長さ 515~620mm
重量 690~1025g
分解 不可

ゴムのやわらかさが違う! スキンダイバー用フィン

MEWシリーズをスキンダイビング用にアレンジしたモデル。GULL独自の製法である硬質ラバーと軟質ラバーの組み合わせにより、しなやかで力強い推進力を実現

自由度の高い素潜りで、カラフルな魚や美しいサンゴ礁を見たり、カメやイルカと一緒に泳いでみませんか。海との一体感や非日常な無音の世界など、神秘的な体験ができますよ。

TUSA(ツサ)『KAIL(FF16Z)』

TUSA(ツサ)『KAIL(FF16Z)』

出典:Amazon

素材 ラバー
足を入れる部分の形状 フルフット
サイズ展開 XS、S、MS、M、L、XL、XXL
フィンの長さ 490~600mm
重量 1300~1975g
分解 不可

中長距離のダイビングにもしっかり性能を発揮

多くのラバーフィンはサイズに比例してブレードが大きくなり、蹴り込む際に力強い脚力が必要です。しかしこちらのフィンはサイズにかかわらず、ブレード部分がコンパクトな仕上がり

最後まで疲れずラクにダイビングをしたい方、なるべくスタミナを温存しながら中長距離を泳ぎたい方にぴったりです。ラバータイプは重さがネックだという方も、ぜひ試してみてください。

mares(マレス)『AVANTI QUATTRO POWER(410301)』

mares(マレス)『AVANTIQUATTROPOWER(410301)』 mares(マレス)『AVANTIQUATTROPOWER(410301)』

出典:楽天市場

素材 サーモプラスティックラバー/テクラレン
足を入れる部分の形状 フルフット
サイズ展開 40/41(25-25.5cm)、42/43(26-26.5cm)、44/45(27-27.5cm)
フィンの長さ 440~455mm
重量 1kg
分解 不可

しなやかでハイパワーなロングブレード

スキューバダイビングやフリーダイビングを楽しむ中級者ダイバーの方にぴったりなロングフィン。ハイパワーで高効率な推進力が期待できます。

一度により多くの水をとらえて、力強い推進力を生み出す特許技術「チャネルスラスト」採用モデル。推進効率が高く、プロダイバーの方の潜水技術をさらにパワーアップさせてくれそうです。

Greatever『ストラップフィン』

Greatever『ストラップフィン』 Greatever『ストラップフィン』 Greatever『ストラップフィン』 Greatever『ストラップフィン』 Greatever『ストラップフィン』 Greatever『ストラップフィン』 Greatever『ストラップフィン』

出典:Amazon

素材 ポリプロピレン、ポリカーボネート、エラストマー
足を入れる部分の形状 ストラップ
サイズ展開 XS、S/M、L/XL
フィンの長さ -
重量 -
分解 -

レジャー用に気軽に購入できるリーズナブル価格

大きさ調整ができるストラップタイプは、成長期のお子さまにもぴったり。マリンシューズやフィンソックスでも、素足でも、お好みの着用感にカスタマイズできます

休日の海水浴などのレジャー用に、気軽に購入しやすい価格帯が大きな魅力。泳ぎに自信がある方も、足ひれをつけることでスピード上昇や疲労感の軽減につながり、さらにダイビングを楽しむことができますよ。

TUSA(ツサ)『LIBERATOR X TEN(SF5000/SF5500)』

TUSA(ツサ)『LIBERATORXTEN(SF5000/SF5500)』 TUSA(ツサ)『LIBERATORXTEN(SF5000/SF5500)』 TUSA(ツサ)『LIBERATORXTEN(SF5000/SF5500)』

出典:楽天市場

素材 TUSAフレックス
足を入れる部分の形状 ストラップ
サイズ展開 SF5000:24~28cm、SF5500:22~26cm
フィンの長さ SF5000:598mm、SF5500:568mm
重量 SF5000:1595g、SF5500:1340g
分解 不可

軽いキックでも安定した推進力

柔軟性のある素材のブレードは、独自のTUSAフレックスを採用。サイズもレギュラーとスモールがあり、軽量で短めのフィンを選ぶことで、脚力に自信がない方や初心者の方も推進力が出しやすい仕様になっています。

ストラップタイプなので着脱がかんたん。スタイリッシュなデザインで、豊富なカラーバリエーションも魅力です。

Hele i Waho(ヘレイワホ)『Alakai(30374001)』

HeleiWaho(ヘレイワホ)『Alakai(30374001)』 HeleiWaho(ヘレイワホ)『Alakai(30374001)』 HeleiWaho(ヘレイワホ)『Alakai(30374001)』 HeleiWaho(ヘレイワホ)『Alakai(30374001)』 HeleiWaho(ヘレイワホ)『Alakai(30374001)』 HeleiWaho(ヘレイワホ)『Alakai(30374001)』 HeleiWaho(ヘレイワホ)『Alakai(30374001)』 HeleiWaho(ヘレイワホ)『Alakai(30374001)』

出典:Amazon

素材 ラバー、プラスチック樹脂
足を入れる部分の形状 ストラップ
サイズ展開 S/M(23-25cm)、L/XL(26-28cm)
フィンの長さ 540mm
重量 700g
分解 不可

軽量コンパクトにこだわったハイブリットフィン

ダイビング初心者の方や、シニアの方もラクに潜れるダイビングフィンです。特徴は疲れにくい角度設計と、余計な水流を逃がしてくれるウォータージェットホール。また異素材を組み合わせたハイブリット構造のブレードにより、軽い力でも蹴りやすいよう仕上がっています。

荷物をできるだけコンパクトにまとめられるような旅行用フィンを探しているなら、ぜひ検討してほしい商品です。

mares(マレス)『X-STREAM(410019)』

mares(マレス)『X-STREAM(410019)』

出典:Amazon

素材 サーモプラスティックラバー/テクノポリマー
足を入れる部分の形状 ストラップ
サイズ展開 XS、S、R、XL
フィンの長さ 345~380mm
重量 -
分解 不可

色やデザイン性もこだわりたいおしゃれダイバー向け

機能性に加えて、カラーやデザインにもこだわりが感じられるスタイリッシュなダイビングフィン。新設計のフットポケットは無数にあいた小さな穴が水流を逃し、水の抵抗を軽減してくれます

力強さに加え、もっとラクに速くを追求した、ダイビング中級者以上の方にぴったりのアイテムです。バタ足キックでもロスなく進める独自のシステム設計で、体力を温存しながら水中散歩を楽しめますよ。

TUSA(ツサ)『HyFlex SWITCH(SF0104)』

TUSA(ツサ)『HyFlexSWITCH(SF0104)』 TUSA(ツサ)『HyFlexSWITCH(SF0104)』 TUSA(ツサ)『HyFlexSWITCH(SF0104)』 TUSA(ツサ)『HyFlexSWITCH(SF0104)』 TUSA(ツサ)『HyFlexSWITCH(SF0104)』 TUSA(ツサ)『HyFlexSWITCH(SF0104)』 TUSA(ツサ)『HyFlexSWITCH(SF0104)』 TUSA(ツサ)『HyFlexSWITCH(SF0104)』 TUSA(ツサ)『HyFlexSWITCH(SF0104)』 TUSA(ツサ)『HyFlexSWITCH(SF0104)』 TUSA(ツサ)『HyFlexSWITCH(SF0104)』

出典:Amazon

素材 高反発ウレタン
足を入れる部分の形状 ストラップ
サイズ展開 XS、S、M、L/XL
フィンの長さ 555~618mm
重量 1760~1965g
分解

持ち運びも収納もかんたんな画期的な分離タイプ

付属の六角レンチをつかってフットポケットとブレードを分解可能。コンパクトなスーツケースにも収まりやすく、海外ダイビングが趣味の方にぴったりです。やや高値ではありますが、すぐれた耐久性と高反発ウレタン素材で高いパフォーマンスを得ることができますよ。

一般的なブレードよりやや傾斜をオフセットする(平行にずらす)ことにより、フットポケットに生じる抵抗を軽減し、よりラクにキックができるのも魅力です。

「ダイビングフィン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
GULL(ガル)『MEW(GF-202)』
GULL(ガル)『MEW CYPHER(GF-233)』
CRESSI(クレッシー)『REACTION EBS』
GULL(ガル)『SUPER SOFT MEW(GF-221)』
TUSA(ツサ)『KAIL(FF16Z)』
mares(マレス)『AVANTI QUATTRO POWER(410301)』
Greatever『ストラップフィン』
TUSA(ツサ)『LIBERATOR X TEN(SF5000/SF5500)』
Hele i Waho(ヘレイワホ)『Alakai(30374001)』
mares(マレス)『X-STREAM(410019)』
TUSA(ツサ)『HyFlex SWITCH(SF0104)』
商品名 GULL(ガル)『MEW(GF-202)』 GULL(ガル)『MEW CYPHER(GF-233)』 CRESSI(クレッシー)『REACTION EBS』 GULL(ガル)『SUPER SOFT MEW(GF-221)』 TUSA(ツサ)『KAIL(FF16Z)』 mares(マレス)『AVANTI QUATTRO POWER(410301)』 Greatever『ストラップフィン』 TUSA(ツサ)『LIBERATOR X TEN(SF5000/SF5500)』 Hele i Waho(ヘレイワホ)『Alakai(30374001)』 mares(マレス)『X-STREAM(410019)』 TUSA(ツサ)『HyFlex SWITCH(SF0104)』
商品情報
特徴 幅広いダイバーやシーンに合うスタンダードタイプ フルフットに近い感覚を味わえるストラップタイプ 独自開発のストラップは滑りにくく心地よい装着感 ゴムのやわらかさが違う! スキンダイバー用フィン 中長距離のダイビングにもしっかり性能を発揮 しなやかでハイパワーなロングブレード レジャー用に気軽に購入できるリーズナブル価格 軽いキックでも安定した推進力 軽量コンパクトにこだわったハイブリットフィン 色やデザイン性もこだわりたいおしゃれダイバー向け 持ち運びも収納もかんたんな画期的な分離タイプ
素材 ラバー - ポリプロピレン ラバー ラバー サーモプラスティックラバー/テクラレン ポリプロピレン、ポリカーボネート、エラストマー TUSAフレックス ラバー、プラスチック樹脂 サーモプラスティックラバー/テクノポリマー 高反発ウレタン
足を入れる部分の形状 フルフット ストラップ ストラップ フルフット フルフット フルフット ストラップ ストラップ ストラップ ストラップ ストラップ
サイズ展開 XS、S、MS、M、L、XL(カラーにより異なる) S、M、L(カラーにより異なる) XS/S、S/M、M/L、L/XL XS、S、MS、M、L、XL(カラーにより異なる) XS、S、MS、M、L、XL、XXL 40/41(25-25.5cm)、42/43(26-26.5cm)、44/45(27-27.5cm) XS、S/M、L/XL SF5000:24~28cm、SF5500:22~26cm S/M(23-25cm)、L/XL(26-28cm) XS、S、R、XL XS、S、M、L/XL
フィンの長さ 515~620mm 507~540mm - 515~620mm 490~600mm 440~455mm - SF5000:598mm、SF5500:568mm 540mm 345~380mm 555~618mm
重量 690~1025g 877~1080g - 690~1025g 1300~1975g 1kg - SF5000:1595g、SF5500:1340g 700g - 1760~1965g
分解 不可 不可 不可 不可 不可 不可 - 不可 不可 不可
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月5日時点 での税込価格

エキスパートのおすすめランキング ダイビングフィンのTOP3はこれ!

ご紹介した商品のなかから、ダイビングにも造詣が深いプロスノーボードコーチの出口 超さんがおすすめする商品ランキングを発表します。ダイビングフィン選びの参考にしてみてください。

3位 CRESSI(クレッシー)『REACTION EBS』

2位 GULL(ガル)『MEW CYPHER(GF-233)』

1位 GULL(ガル)『MEW(GF-202)』

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ダイビングフィンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのダイビングフィンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:フィンランキング
楽天市場:フィンランキング
Yahoo!ショッピング:ダイビング フィンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ダイビングフィンに関連するほかの商品情報はこちら

編集部からひと言

ダイビングフィンの11選をご紹介しました。

まず、使用目的や好みに応じてフィンの素材と足を入れる部分の形状を決めましょう。推進力に直結するフィンの長さやかたさは、ダイビング経験をもとに選んでください。持ち運びに便利な軽量コンパクトタイプや本格的な競技用など、使う場面をイメージすることも大切です。

あなたがほしいダイビングフィンを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/12/14 コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 福本航大)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


スントの腕時計おすすめ12選|【コア・トラバース・スパルタン】用途で選ぶ

スントの腕時計おすすめ12選|【コア・トラバース・スパルタン】用途で選ぶ

ダイブコンピューターでおなじみのSUUNTO(スント)。ダイバー御用達の腕時計です。ダイビングはもちろん、ランニングやサイクリング、登山用などアウトドア全般で幅広いシリーズをラインナップ。この記事では、スントのおすすめ腕時計12選とその選び方についてご紹介します。


サーフパンツおすすめ26選|プールや海だけでなく、普段でも大活躍!【ビラボン・パタゴニア】

サーフパンツおすすめ26選|プールや海だけでなく、普段でも大活躍!【ビラボン・パタゴニア】

もともとはサーフィン用に作られたサーフパンツ。泳ぐことを目的としたスイムパンツとは違い、海やプールで泳いだあとも、そのままの恰好で街歩きやレジャー活動ができるのが特徴です。さまざまなブランドが、実用性が高いものやいろいろなデザインの商品を発売しています。この記事では、サーフパンツの選び方とおすすめ商品を紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミも確認してみてください


シュノーケルセットおすすめ18選【3点セットも!】子供用・大人用それぞれ紹介

シュノーケルセットおすすめ18選【3点セットも!】子供用・大人用それぞれ紹介

マリンスポーツで大人気のシュノーケル。息継ぎの必要なく泳ぎまわれるシュノーケルセットがあれば、より快適に水中散歩を楽しめます。この記事では、シュノーケルセットの選び方とおすすめ商品を大人用・子供用に分けてご紹介します。フィンも付いた便利なシュノーケル3点セット商品もありますよ。記事の最後には、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。


ダイバーズウォッチおすすめ17選|ビジネス・普段使い・ダイビングに

ダイバーズウォッチおすすめ17選|ビジネス・普段使い・ダイビングに

ダイバーズウォッチと普通の時計との大きな違いは防水性能と逆回転防止ベゼルにあります。逆回転防止ベゼルは、正確な潜水時間を知るために必須の機能。ここでは、ダイバーズウォッチのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。


ボードショーツおすすめ11選|水陸両用で海や街ではける・サーフィンをしない人も

ボードショーツおすすめ11選|水陸両用で海や街ではける・サーフィンをしない人も

もとはサーフィン用のスイムウェア(サーフパンツ)として登場したボードショーツ。その使い勝手のよさから徐々に生地の耐久性やデザイン性が向上し、いまでは街ばき用ボトムスの要素を合わせ持つマルチユースのウェアへと進化を続けています。この記事では、アウトドアライターの夏野栄さんにボードショーツを選ぶときのポイントとおすすめの商品を教えていただきました。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。