【プロ厳選ランキング】水中ライトおすすめ11選|ダイビングに使える!充電式や乾電池式も

【プロ厳選ランキング】水中ライトおすすめ11選|ダイビングに使える!充電式や乾電池式も
ワイルドライフクリエーター、山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

ダイビングなどで暗い海中を明るく照らすことができる「水中ライト」。ひとつ持っておくだけでダイビングが快適になるだけではなく、ダイバー同士の安全確認にも役立ちます。この記事では、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さん取材のもと、水中ライトの特徴や選び方から、実際に使えるアイテムまで詳しくご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


水中ライトの選び方 明るさや電池仕様など

水中ライトを使ってダイビングする人たち
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

機能や特徴をみながら自分の欲しい水中ライトを選んでみましょう。

ダイビングの際、海中は思った以上に暗く視界が狭いと感じる人は多いです。周囲を明るく照らすことができるだけではなく、万が一のエマージェンシーとしての役割も持っているので暗い水中ではライトが必須アイテムです。

光の強さ・照射範囲・付属機能などもさまざまなので、自分の用途に合わせた水中ライトを選びましょう。

明るさ(ルーメン)は要チェック!

水中ライトにおいて重要な要素のひとつが明るさです。夜間のダイビングではもちろん、日中でも水中は外と比べてとても暗く見えにくくなっています。

自分が今どこにいるのか現在地や目的地などを見失わないためにも、日中であれば200ルーメン、夜間であれば500~1000ルーメンを目安に水中ライトを選びましょう。

電池の仕様で選ぶ

水中ライトには、高出力ライトの「充電池式」と交換ができる「乾電池式」の2タイプがあります。

それぞれ異なる特徴があるので、自分がどのような場所で利用するかどのように使いたいかなどを考えて選ぶようにしましょう。

短時間でも明るく照らしたいなら高出力の「充電池式」

高出力のものが多くしっかり強く照らすことが出来る充電池式水中ライトは、短時間のダイビングや水深が深い場所まで潜る人、ナイトダイビングをメインとしている人に向いています。岩の間を照らしたりする方も高出力ライトの充電池式がいいですよ。

ただし、充電池式ライトは長時間の使用には向かず、時間が経つと急に暗くなってしまうので注意が必要です。

長時間使用なら交換ができる「乾電池式」

交換もかんたんにでき、長時間利用することができる乾電池式水中ライトは、比較的明るい水中や長時間のダイビングに向いています

乾電池式は充電池式と比較して暗いものが多いですが、急に暗くなるのではなく徐々に暗くなります。利用の際には注意しましょう。

デザインや色で選ぶ

水中ライトはダイビング中に落としてしまうこともよくあります。水中で見失った時でも見つけやすいように、少しでも目立つデザインのものを選びましょう

また、ライトの色には青っぽいものや赤みがかかったものなどいろいろとあります。写真撮影をしたいダイバーの人は、太陽光に近い5000~5500Kのライトだと自然な感じで発色されますよ。

照射の範囲で選ぶ

水中ライトには、光の広がり方によって「ワイド照射」と「スポット照射」の2種類があります。ワイド照射は水中全体を広範囲で照らし、スポット照射は光がまとまっていて遠くまで照らすことができます。

水中ライトをどのように使用するか考えて、自分の用途によって選びましょう。

広範囲で照らしてくれる「ワイド照射」

照射角が75~110度の広範囲を照らすことができるワイド照射は、洞窟探検やナイトダイビングなど暗い水中を照らすのに向いています。水中生物の撮影をしたい人にもおすすめです。

1本で何役もこなしてくれる便利なアイテムなので、迷った場合はワイドタイプを選んでおくといいですよ。

遠くまで照らしてくれる「スポット照射」

照射角5~30度と非常に狭くまとまった範囲を明るく照らすことができるスポット照射は、遠くまで照らすことができるのであまり近づくことができない生き物を観察する時などに向いています

エビなど近くで生物をじっくり観察したいときにもいいですよ。

便利な付属機能で選ぶ

水中ライトには、商品によって付属機能がついている場合があります。ライトもたくさん持っていくのはたいへんなので、水中にもぐる目的が明確な人以外は付属機能付きのアイテムを選ぶと便利です。

さまざまな機能がついているものがあるので、購入する前にチェックしましょう!

照射角が切り替えられる「切替式」

いろいろな場所を泳ぎたいというダイバーの人には、ワイド・スポットの照射角の切り替えができるタイプを選んでおくと便利です。

スイッチひとつで切り替えができるので、その都度使い分けて快適なダイビングを楽しみましょう!

明るさの調節が可能な「調光機能」つき

ライトの光が明るすぎると魚が逃げてしまったり、うまく撮影できなかったりと支障が出てきます。そんなときに便利なのが調光機能つきの水中ライトです。

微調整ができてさまざまな用途で使用できるので、明るいライトの購入を考えている人はぜひ調光機能つきを探してみましょう。

観察対象を基準に選ぶようにしましょう! ワイルドライフクリエーターからのアドバイス

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

出力を選ぶか、スタミナを取るか悩むことが多い水中ライト。もちろん光量のみならず、照射角やサイズも選択の重要なポイントなりますね。撮影用なら広角照射が可能なタイプがおすすめです。

もちろん広角照射でも充分通常使用も可能ですが、観察対象が決まっていたりリーフの先を照らしたりしたい場合はスポットがほしくなることもありますね。潜水時間やフィールド、観察対象を基準に選ぶようにしましょう

水中ライトおすすめ11選 ダイビングをもっと楽しもう

ここからは、電池の仕様や照射範囲などの選び方のポイントを押さえながら、ダイビングをもっと楽しめる便利な水中ライトの11選をご紹介していきます。

自分がどのように使用するかを考えながら、実際のアイテムをみていきましょう!

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

TOVATEC(トバテック)『Fusion 1500 - Top Rated Dive Light』はワイドとスポットの切り替えがかんたんにおこなえるマルチなライト。光量の切り替えも3段階とサンゴなど反射する部分でも直感的に切り替えが可能で、撮影や潜行観察をこなせるので最初の一台におすすめです。 

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TOVATEC(トバテック)『Fusion 1500 - Top Rated Dive Light』

TOVATEC(トバテック)『Fusion1500-TopRatedDiveLight』 TOVATEC(トバテック)『Fusion1500-TopRatedDiveLight』 TOVATEC(トバテック)『Fusion1500-TopRatedDiveLight』 TOVATEC(トバテック)『Fusion1500-TopRatedDiveLight』 TOVATEC(トバテック)『Fusion1500-TopRatedDiveLight』 TOVATEC(トバテック)『Fusion1500-TopRatedDiveLight』

出典:Amazon

明るさ 最大1500ルーメン
照射タイプ スポットとワイドの切替え可
電池タイプ 充電式、乾電池式どちらでも可
防水性 -

充電池にも乾電池にも対応だから充電切れの心配なし

ヘッド部分を回すだけでワイド光とスポット光の切り替えができ、日中・夜間ともに活躍する水中ライト。緊急時に役立つストロボライトの切り替えもできるので、ダイビングも安心して楽しめます。

明るさもMAX1500ルーメンで、3段階に光量を調節をする事も可能。充電池と乾電池どちらも使えるので、万が一の時でも安心ですね。

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

BIGBLUE(ビッグブルー)『450-Lumen Adjustable-Beam Dive Light(CF450-II)』は適度な明るさの電池タイプ。スポットワイドの切り替えが可能で長時間の照射が可能なアルミボディーで、放熱と耐食性にすぐれた軽量タイプは装備重量を増やしたくないユーザーにもおすすめですね。 

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BIGBLUE(ビッグブルー)『450-Lumen Adjustable-Beam Dive Light(CF450-II)』

BIGBLUE(ビッグブルー)『450-LumenAdjustable-BeamDiveLight(CF450-II)』 BIGBLUE(ビッグブルー)『450-LumenAdjustable-BeamDiveLight(CF450-II)』 BIGBLUE(ビッグブルー)『450-LumenAdjustable-BeamDiveLight(CF450-II)』

出典:楽天市場

明るさ 最大450ルーメン
照射タイプ スポットとワイドの切替え可
電池タイプ 乾電池式
防水性 -

使い勝手のよいコンパクトボディ

明るさ450ルーメンで、スポット光7度からワイド37度の無段階で調整できるロングセラーの水中ライトです。単4形アルカリ電池が付属されていて、届いたらすぐに使えます。

コンパクトなボディですが約4時間の連続照射ができるので、使い勝手も良好。耐腐食性のアルミ合金を使用したボディはとても耐久性が高いのが特徴です。

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

XTAR(エクスター)『D20』はマグネットスイッチタイプのコンパクトライト。軽量・小型のジュラルミンボディーでガンガン使えるので、アクティブなユーザー向け! 照射時間が短のでサブ機としてもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

XTAR(エクスター)『D20』

明るさ 最大1000ルーメン
照射タイプ スポット
電池タイプ 充電式
防水性 ダブルOリング設置(シリコン製防水リング)

マグネット式スイッチでスムーズに切り替え

ダイビングでも使いやすい、手のひらサイズのコンパクトな水中ライトです。本体のマグネット式スイッチを回すだけの3段階での調光で、スムーズな切り替えが可能です。

丈夫で軽く錆びにくい、航空機にも使われているアルミニウム合金を使用していて耐久性も充分。ダブルOリングにより防水性能アップで安心して使えますよ。

Ledlenser(レッドレンザー)『P7R(9408-R)』

Ledlenser(レッドレンザー)『P7R(9408-R)』 Ledlenser(レッドレンザー)『P7R(9408-R)』 Ledlenser(レッドレンザー)『P7R(9408-R)』 Ledlenser(レッドレンザー)『P7R(9408-R)』 Ledlenser(レッドレンザー)『P7R(9408-R)』 Ledlenser(レッドレンザー)『P7R(9408-R)』 Ledlenser(レッドレンザー)『P7R(9408-R)』

出典:Amazon

明るさ 最大1000ルーメン
照射タイプ -
電池タイプ 充電式
防水性 IP54

ワンタッチ接続でかんたんに充電できる!

専用の壁かけ充電システム採用により、ワンタッチ接続でかんたんに充電ができる防水ライトです。見やすい明るさである光束1000ルーメンから使用可能な、遠近レンジともに活躍するアイテムです。

3段階に調節可能な照射モード搭載で、20ルーメン・250ルーメン・1000ルーメンと用途に合わせて使い分けができるので便利ですよ。

Fisheye(フィッシュアイ) 『WF Smart Focus 1000FR』

Fisheye(フィッシュアイ)『WFSmartFocus1000FR』

出典:Amazon

明るさ 最大1000ルーメン
照射タイプ ワイド
電池タイプ 充電式
防水性 -

初心者も安心のシンプル操作

電源ボタンのみで調光ができ、操作がシンプルで初心者でもかんたんに利用できる水中ライトです。1000ルーメンから調節できるワイド光と、光に敏感な生物の撮影にも役立つレッド光を搭載しています。

また、白色瞬間光を照射するEFモードを搭載しており、カメラの内蔵フラッシュ光やLED光に連動するので撮影に使用したい人にも◎。

TOVATEC(トバテック)『MERA Dive Light & Built In Camera』

TOVATEC(トバテック)『MERADiveLight&BuiltInCamera』 TOVATEC(トバテック)『MERADiveLight&BuiltInCamera』 TOVATEC(トバテック)『MERADiveLight&BuiltInCamera』 TOVATEC(トバテック)『MERADiveLight&BuiltInCamera』 TOVATEC(トバテック)『MERADiveLight&BuiltInCamera』

出典:Amazon

明るさ 最大1000ルーメン
照射タイプ スポット
電池タイプ 充電式
防水性 -

カメラ機能搭載で写真や動画も撮れる

高精細カメラ機能を搭載し、写真なら10,000枚以上、動画なら約8時間の撮影も可能な高機能水中ライトです。これ1本で3つの役割をしてくれるので、幅広いシーンで役立ちます。

ライトもカメラもたった3つのボタンで切り替えられ、片手で操作ができるのも高評価。このライトひとつあればダイビングを思う存分楽しめそうですね。

Volador『ダイビングライト 1000LM』

Volador『ダイビングライト1000LM』 Volador『ダイビングライト1000LM』 Volador『ダイビングライト1000LM』 Volador『ダイビングライト1000LM』 Volador『ダイビングライト1000LM』 Volador『ダイビングライト1000LM』 Volador『ダイビングライト1000LM』

出典:Amazon

明るさ 最大1000ルーメン
照射タイプ -
電池タイプ 充電式、乾電池式
防水性 IPX68

シーンに合わせて使い分けできる4モード搭載

耐摩耗性や耐食性が高いAL-6061-T6アルミや硬質アルマイト技術を採用しており、海水腐食などの心配がないため比較的長く使えるのが特徴です。

低 ・中・高・フラッシュの4モード搭載で、シーンに合わせて使い分けができます。高性能LED電球の「CREE XM-L2 LED」を搭載した、明るさ1000ルーメンの防水ライトです。

INON(イノン)『LF3100-EW』

INON(イノン)『LF3100-EW』

出典:Amazon

明るさ 最大3100ルーメン
照射タイプ ワイド
電池タイプ 乾電池式
防水性 -

光量切り替えは驚異の12段階!

光学設計されたドームレンズ採用により、水中照射角は超ワイドな100度。単三形電池6本を電源に採用した使い勝手のよいLEDライトです。

乾電池式ライトながらも最大光量3100ルーメンで12段階も光量が切り替えられる点もポイント。色温度「約5000K」のLED光なので、太陽光にも近く自然な色に照らしてくれます。

INON(イノン)『LF1400-S』

INON(イノン)『LF1400-S』

出典:Amazon

明るさ 最大1400ルーメン
照射タイプ ワイド
電池タイプ 乾電池式
防水性 -

水中生物にやさしい赤フィルターつき

シンプルな構造の回転スイッチで、1400ルーメン・700ルーメンの2段階に光量を切り替えられるアイテムです。電源も単三形電池6本なので、使い勝手もよく便利ですよ。

太陽光に近い約5000Kの色温度の白色LEDを採用し、フォーカスライトやマクロ撮影の光源としても◎。水中生物にストレスを与えにくくする赤フィルターを付属しているので、撮影にも打ってつけです。

Fisheye(フィッシュアイ)『FIX NEO Mini 1000SWR FS』

Fisheye(フィッシュアイ)『FIXNEOMini1000SWRFS』 Fisheye(フィッシュアイ)『FIXNEOMini1000SWRFS』 Fisheye(フィッシュアイ)『FIXNEOMini1000SWRFS』

出典:Amazon

明るさ 最大1000ルーメン
照射タイプ スポットとワイドの切替え可
電池タイプ 充電式
防水性 -

マイクロUSBで手軽にバッテリーチャージ

スリムなボディながら、1000ルーメンのワイド光・600ルーメンのスポット光・レッド光を搭載した多機能ポケットライトです。「ストロボ光自動消灯モード」を搭載し、ストロボ光を感知して自動的に消灯し1秒後に再点灯してくれます。

また、マイクロUSBケーブルで充電ができるので、モバイルバッテリーやPCからでも手軽にチャージ可能です。

BIGBLUE(ビッグブルー)『1200-Lumen Adjustable Beam(CF1200P-II)』

BIGBLUE(ビッグブルー)『1200-LumenAdjustableBeam(CF1200P-II)』 BIGBLUE(ビッグブルー)『1200-LumenAdjustableBeam(CF1200P-II)』 BIGBLUE(ビッグブルー)『1200-LumenAdjustableBeam(CF1200P-II)』 BIGBLUE(ビッグブルー)『1200-LumenAdjustableBeam(CF1200P-II)』 BIGBLUE(ビッグブルー)『1200-LumenAdjustableBeam(CF1200P-II)』

出典:Amazon

明るさ 最大1200ルーメン
照射タイプ スポットとワイドの切替え可
電池タイプ 充電式
防水性 -

電池残量が一目瞭然!

スポット7度からワイド37度で無段階で照射ができる、明るさは1200ルーメンからの4段階調光可能な防水ライトです。インジゲーターLED内蔵で電池の残量がすぐわかるのも便利ですね。

イエロー・グリーン・ピンク・ライトブルー・ブルーの5色のうちいずれか1色のかわいいいドライバックがついてくるのもポイントです。ぜひ、このアイテムを持ってダイビングに出かけましょう!

「水中ライト」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
TOVATEC(トバテック)『Fusion 1500 - Top Rated Dive Light』
BIGBLUE(ビッグブルー)『450-Lumen Adjustable-Beam Dive Light(CF450-II)』
XTAR(エクスター)『D20』
Ledlenser(レッドレンザー)『P7R(9408-R)』
Fisheye(フィッシュアイ) 『WF Smart Focus 1000FR』
TOVATEC(トバテック)『MERA Dive Light & Built In Camera』
Volador『ダイビングライト 1000LM』
INON(イノン)『LF3100-EW』
INON(イノン)『LF1400-S』
Fisheye(フィッシュアイ)『FIX NEO Mini 1000SWR FS』
BIGBLUE(ビッグブルー)『1200-Lumen Adjustable Beam(CF1200P-II)』
商品名 TOVATEC(トバテック)『Fusion 1500 - Top Rated Dive Light』 BIGBLUE(ビッグブルー)『450-Lumen Adjustable-Beam Dive Light(CF450-II)』 XTAR(エクスター)『D20』 Ledlenser(レッドレンザー)『P7R(9408-R)』 Fisheye(フィッシュアイ) 『WF Smart Focus 1000FR』 TOVATEC(トバテック)『MERA Dive Light & Built In Camera』 Volador『ダイビングライト 1000LM』 INON(イノン)『LF3100-EW』 INON(イノン)『LF1400-S』 Fisheye(フィッシュアイ)『FIX NEO Mini 1000SWR FS』 BIGBLUE(ビッグブルー)『1200-Lumen Adjustable Beam(CF1200P-II)』
商品情報
特徴 充電池にも乾電池にも対応だから充電切れの心配なし 使い勝手のよいコンパクトボディ マグネット式スイッチでスムーズに切り替え ワンタッチ接続でかんたんに充電できる! 初心者も安心のシンプル操作 カメラ機能搭載で写真や動画も撮れる シーンに合わせて使い分けできる4モード搭載 光量切り替えは驚異の12段階! 水中生物にやさしい赤フィルターつき マイクロUSBで手軽にバッテリーチャージ 電池残量が一目瞭然!
明るさ 最大1500ルーメン 最大450ルーメン 最大1000ルーメン 最大1000ルーメン 最大1000ルーメン 最大1000ルーメン 最大1000ルーメン 最大3100ルーメン 最大1400ルーメン 最大1000ルーメン 最大1200ルーメン
照射タイプ スポットとワイドの切替え可 スポットとワイドの切替え可 スポット - ワイド スポット - ワイド ワイド スポットとワイドの切替え可 スポットとワイドの切替え可
電池タイプ 充電式、乾電池式どちらでも可 乾電池式 充電式 充電式 充電式 充電式 充電式、乾電池式 乾電池式 乾電池式 充電式 充電式
防水性 - - ダブルOリング設置(シリコン製防水リング) IP54 - - IPX68 - - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月30日時点 での税込価格

エキスパートのおすすめランキング 水中ライトのTOP5!

ご紹介した商品のなかからワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんがおすすめするランキングを発表します。迷ったときの参考にしてみてくださいね。

5位 Fisheye『FIX NEO Mini 1000SWR FS』

4位 XTAR『D20』

3位 BIGBLUE『1200-Lumen Adjustable Beam(CF1200P-II)』

2位 BIGBLUE『450-Lumen Adjustable-Beam Dive Light(CF450-II)』

1位 TOVATEC『Fusion 1500 - Top Rated Dive Light』

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 水中ライトの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での水中ライトの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ダイビングライトランキング
楽天市場:水中ライトランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

水中ライトに関連するほかの商品情報はこちら

編集部からひと言

水中ライトの選び方のポイントと実際に使える便利なアイテム11選をご紹介しましたが、いかがでしたか?

明るさ・電池の仕様・照射範囲・付属機能など、どんな目的のために使いたいかによっても選び方は違ってきます。特徴などを理解して、あなたの用途に合った水中ライトを選んでみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/12/17 コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 福本航大)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ソフトボードのおすすめ9選|ロング・ショート、タイプ別に解説

ソフトボードのおすすめ9選|ロング・ショート、タイプ別に解説

夏の風物詩のひとつ、サーフィン。夏になったら毎年波乗りに行くという方も珍しくありません。サーフィンボードにはそれぞれ種類があるのをご存知でしょうか? とくにソフトボードはサーフィンの入門として親しまれています。ここでは、ワイルドライフクリエーターで写真家の荒井裕介さんに手軽にはじめられる値段で扱いやすいソフトボードについて注目アイテムや選び方を教えてもらいました。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


マリンシューズおすすめ20選|メンズ・レディース、キッズの参考に!人気ブランドも紹介

マリンシューズおすすめ20選|メンズ・レディース、キッズの参考に!人気ブランドも紹介

マリンシューズで大切なポイントは、ホールド力、水抜けのよさ、ソールのタイプです。マリンシューズは1足あると、海や川でのアクティビティやアウトドアシーンで活躍するでしょう。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんに失敗しないマリンシューズ(ウォーターシューズ)の選び方とおすすめ商品教えてもらいました。Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


ドライスーツおすすめ9選|冬のサーフィンやカヤック、ダイビングも楽しめる!

ドライスーツおすすめ9選|冬のサーフィンやカヤック、ダイビングも楽しめる!

ドライスーツは、寒い季節のダイビングやサーフィンなどのマリンアクテビティに欠かせないアイテム。ウエットスーツと違い、海に潜っても体が濡れないので体温の低下を軽減してくれます。しかしデザインや素材、値段にも大きな違いがあるため、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。本記事では、ドライスーツの選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介します。人気のモビーズをはじめ、水密性と保温性にすぐれた商品をピックアップ。記事の最後には、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


【2021年最新版】アラフォーにおすすめの水着13選|おしゃれと体型カバーを叶える!

【2021年最新版】アラフォーにおすすめの水着13選|おしゃれと体型カバーを叶える!

アラフォーになると、見た目のかわいさだけで水着を選べる年代ではなくなるのが悩ましいところ。体型カバーできるかなど、気になるポイントもありますよね。この記事では、ファッションスタイリストの高橋 愛さんへの取材をもとに、アラフォーにおすすめの水着13選と選び方をご紹介します。


サーフィンデッキパッドおすすめ12選|初心者から上級者まで使用できる【プロ厳選ランキングも!】

サーフィンデッキパッドおすすめ12選|初心者から上級者まで使用できる【プロ厳選ランキングも!】

サーフボードに乗る際にターンがしやすくなるのがサーフィンデッキパッドです。素材や性能をはじめ、一体型や分割型など、その種類はさまざま。購入するとなると、どのようなアイテムがいいのか、ブランドはどれを選ぶべきか、などと悩んでしまうかもしれません。この記事ではサーフィンデッキパッドの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめの12商品を紹介します。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


スポーツ・自転車の人気記事


>>もっと見る