ランドナーおすすめ12選|【アルミ・クロモリ】丈夫で自転車旅に最適!

新家工業『DIA ARAYA Diagonale』
出典:Amazon
自転車整備士
椿 直之

大手スーパーに4年、ホームセンターに5年勤務した経験を活かし、販売していた商品の特徴や使い方などをご紹介。 現在は独立して自転車店を経営している。 大学のイベントで点検会を開催したり、自転車整備士を目指す方々に向けた研修で講師を務めたりしているため、自転車関連の知識が豊富。 特に年齢別、タイプ別、用途別での自転車の選び方などの紹介に定評がある。

ランドナーはフランス語の「ランドネ(遠出・遠乗り)」からきており、まさにその名前のとおり旅をするのに適している自転車です。この記事では、自転車整備士・椿 直之さんと編集部が選んだおすすめランドナー12選を紹介します。ぜひ、自分にぴったりのランドナーを見つけてみてください。


ランドナーとロードバイクの違いとは?

ランドナーとロードバイクは、見た目がよく似ているので違いがよくわからないという方が多くいます。ランドナーは、旅をすることを目的とした自転車であり、速さを競うものではありません。

さまざまな道を走るため安定性が重視されており、ロードバイクよりも太めのタイヤが装着されています。また、荷物を積むことを想定して作られているため、ブレーキワイヤーが邪魔にならないように上に飛び出しているなどの特徴があります。

ランドナーの選び方

それでは、ここからはランドナーの選び方について見ていきましょう。自転車整備士・椿 直之さんのアドバイスも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

キャリアがついているか

通勤・通学で使う場合や旅をする場合でも、大きな荷物を積みたいのであればキャリアは欠かせません。もちろん、ランドナーを購入したあとでオプションとしてつけることも可能ですが、標準装備されていれば最初からついているので、自分であとで取りつけなくて済みます。

ツーリングキャンプなど多くの荷物が必要な場合は、前後にキャリアがついているものがよいでしょう。ふだん使いであれば、前後どちらかについているものでもよいでしょう。

自分の使い方にあったキャリアをチェックしてみてください。

フレームの素材は?

ランドナーに使われているフレーム素材といえばクロモリフレームというイメージがありますが、なかにはアルミが使われているものもあります。それぞれの特徴をしっかりと知っておきましょう。

クロモリフレーム

クロモリとは「クロームモリブデン鋼」の略称であり、炭素鋼にクロムとモリブデンを配合した合金のことを言います。通常の鉄製の素材よりもサビにくく、弾性があって加工しやすいため自転車のフレーム素材として重宝されています。

ランドナー初心者の方でも扱いやすく、乗りごこちがよくてロングライドでも疲れにくいという特徴があります。また、素材が頑丈で壊れにくいため、しっかりと手入れをすれば何十年も乗り続けられるでしょう。

アルミフレーム

アルミフレームのランドナー
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

アルミフレームのランドナーは、固くてキレのある乗り味が楽しめますが経年劣化に注意が必要です。

アルミフレームは安価な素材であることと、加工がしやすいことからロードバイクに多く使われている素材のひとつです。固くてキレのある乗り味を楽しめるのが、アルミフレームの特徴だといえます。また、フレームが頑丈でゆがみが少ないので、ペダルを踏みこんだときの力がダイレクトに身体に伝わる感覚を味わえます。

ただし、アルミは金属なので経年劣化に注意が必要です。メンテナンス自体はとてもかんたんですが、日ごろからしっかりと管理することが大切です。

タイヤサイズは?

ランドナーで世界一周や海外旅行をしたいと考えている方は、タイヤサイズもしっかりとチェックしましょう。

旅先でタイヤがパンクするなど、急なトラブルが起こったときにその地域で取り扱われていないタイヤサイズだとどうすることもできません。どの地域でも取り扱いが多いといわれているのは、26インチのタイヤサイズです。ランドナーには700(約27インチ)のものもありますので、タイヤサイズはよく見てください。

安定感を重視するなら

ランドナーはロードバイクよりも太めのタイヤがセットされていますが、より安定感を重視したいのであれば40mm程度の太さのタイヤがよいでしょう。

また、たくさんの荷物を載せたり、長時間走り続けたりする場合は、安定感がないと疲れやすくなります。反対に、スピード感を楽しみたいという方は、細めのタイヤを選ぶとよいでしょう。

フロントトリプル

ソロキャンプや旅の途中に多く峠があるのであれば、ギアが3枚あるフロントトリプルのランドナーを選びましょう。ランドナーはおもに、ギアが2枚と3枚のものがあります。3枚のほうがパワフルに走行できるので、坂道でもかんたんに登れるでしょう。

しかし、ギアが増えればコストも上がる傾向にあるため、ランドナーをどう使うのかということをしっかりと考えて決めることが大切です。

スピードよりも安定性、快適性を重視 自転車整備士がアドバイス

自転車整備士

用途としてはやはり長距離の旅を楽しむものなので、軽さやスピード重視のアルミフレームよりも、乗り心地のしなやかさで疲労がたまりにくいクロモリフレームのものがよいでしょう。また旅先でのパンクなどのトラブルに見舞われたときにチューブが手に入りやすいタイヤサイズである26インチがオススメです。

フロントフォークを引き抜いてかんたんに前輪を脱着できる、輪行にすぐれたものもあります。

ランドナーおすすめ12選 フレーム素材・タイヤサイズ・重要もチェック!

自転車整備士・椿 直之さんと編集部が選んだ、ランドナーおすすめ12選を紹介していきます。自転車整備士・椿 直之さんのコメントもぜひ、チェックして自分に合ったランドナーを見つけてください。

自転車整備士

『エンペラーツーリングプレイヤー』はクロモリフレームで、整備性の高い26×13/8を採用していて基本に忠実で扱いやすいモデルです。『Eiger』は工具不要の分割式泥除けで輪行に便利です。

また、悪路走行に適したカンチブレーキで制動力も高くなっています。『BEACON9.0』は特殊な形状のバタフライハンドルを採用していて、適宜ポジションを変えやすく長距離ライドの疲労を軽減してくれます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

丸石サイクル『エンペラー ツーリングプレイヤー』

丸石サイクル『エンペラーツーリングプレイヤー』 丸石サイクル『エンペラーツーリングプレイヤー』 丸石サイクル『エンペラーツーリングプレイヤー』

出典:楽天市場

フレーム素材 ダブルバテッドクロモリTIGフレーム
タイヤサイズ 26×1-3/8
重量 13.0kg

国内でもっとも多く手に入りやすいタイヤを採用

ツーリングマスターのジオメトリーを踏襲したモデルである、ツーリングプレイヤー。国内でもっとも多く手に入りやすい、26×1-3/8タイヤを採用したランドナーです。

アーレンキーで分解できるオリジナルのヘッドパーツを採用しており、フォーク抜き輪行にも対応可能となっています。表情のあるハンマードアルミフェンダーがまたおしゃれ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ミヤタサイクル『Eiger(アイガー)』

ミヤタサイクル『Eiger(アイガー)』

出典:Amazon

フレーム素材 SSTBクロモリフレーム
タイヤサイズ 26×1-3/8
重量 12.7~12.8kg

美しくクラシカルなデザインのランドナー

メンテナンス性の高い26インチのタイヤを採用している、美しくてクラシカルなデザインのクロモリランドナーです。ロングライドで大荷物があっても、しっかりと走り抜けてくれます。

快適な旅をサポートしてくれる、専用オプションも充実しています。アイガー専用のフロントバックは大・小あるので用途に合わせてそろえてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LOUIS GARNEAU『BEACON9.0』

LOUISGARNEAU『BEACON9.0』 LOUISGARNEAU『BEACON9.0』 LOUISGARNEAU『BEACON9.0』

出典:楽天市場

フレーム素材 CR-MO
タイヤサイズ KENDA K1067 26"X1.75"
重量 15.1kg(420mm)

リアキャリア標準装備で長距離旅が楽しめる

リアキャリアが標準で装備されているBEACON9.0は、ご自身でバッグを用意すればすぐに長距離旅が楽しめます。特殊な形状をしているバタフライハンドルは、握る箇所が多いので走行中にさまざまなポジションを取ることが可能。長距離の疲労軽減に役立つでしょう。

チューブのバルブは旅先でもかんたんに空気を充填できるように、あえて米式を採用しています。

新家工業『DIA ARAYA Diagonale』

新家工業『DIAARAYADiagonale』

出典:Amazon

フレーム素材 クロモリ MIDサイズ シートアウターバテッド TIG溶接フレーム
タイヤサイズ DELI 700×28C SA-269 F/V
重量 12.4kg (13.0kg)

スポーツ志向の高いランドナー

高速ツーリングに適した700Cホイールには、一般的なロードバイクよりも少し太めのタイヤを採用している『DIA ARAYA Diagonale』。8段11-32Tカセットギヤと、ギヤガード一体型のフロントコンパクトドライブ50-34Tにより、ワイドなギヤレシオを獲得しています。

また、チェーンフックをシートステーとチェーンステーの2カ所に配備しており、輪行にも便利な工作を施しているランドナーです。

新家工業『TUR ARAYA Touriste』

新家工業『TURARAYATouriste』

出典:Amazon

フレーム素材 オールクロモリ STDサイズ ダブルバテッドカットラグフレーム
タイヤサイズ DELI 26×1-3/8(650×35A) F/V
重量 12.9kg (13.5kg)

オールラウンドな走行性を有したサイズのランドナー

日本におけるホイールのゴールデンサイズである、3/8(650×35A) を採用したランドナー。欧州ホイール規格のETRTOでは590に相当したサイズです。昨今主流になるMTBの27.5にも通ずるところもあり、オールラウンドな走行性を有したサイズともいえます。

イタリアンカットラグで構成される、オールクロモリの伝統的なフレームで美しいつくりに仕上がっています。

MASI『SPECIALE RANDONNEUR ELITE』

MASI『SPECIALERANDONNEURELITE』 MASI『SPECIALERANDONNEURELITE』 MASI『SPECIALERANDONNEURELITE』

出典:楽天市場

フレーム素材 Tig Welded Double Butted Columbus CROMR Chromoly
タイヤサイズ WTB Horizon Tubeless 650×47mm
重量 -

安定感のある650B×47mmのタイヤを採用!

650B×47mmの極太タイヤを採用しているランドナーは、安定性と走破性の高さが特徴的です。前後にフェンダー(泥よけ)が標準装備されているので、舗装されていない道路でも快適に運転できます。

また、悪天候や悪路でも高い制動力を発揮してくれる、TRP製ディスクブレーキも採用。握力に自信がない女性でも乗りこなすことができます。

ミヤタサイクル『Freedom Plus(フリーダムプラス)』

ミヤタサイクル『FreedomPlus(フリーダムプラス)』 ミヤタサイクル『FreedomPlus(フリーダムプラス)』 ミヤタサイクル『FreedomPlus(フリーダムプラス)』

出典:楽天市場

フレーム素材 クロモリフレーム
タイヤサイズ 650B×45C
重量 12.6~12.8kg

ロード用コンポーネントを装備したランドナー

オフロードでもかるがると走破できる、45Cの極太タイヤを装備しているフリーダムプラス。オールロードを楽しめるシマノ製の外装9段変速装備と、クロモリフレームによりしなやかな乗りごこちを実現してくれます。

雨の日でも安定した制動力を発揮してくれる、メカニカルディスクブレーキとセンターロック式ディスクスローターも採用しています。

マリン(MARIN)『2020 NICASIO DROP SE(ニカシオ ドロップ SE)650B』

マリン(MARIN)『2020NICASIODROPSE(ニカシオドロップSE)650B』 マリン(MARIN)『2020NICASIODROPSE(ニカシオドロップSE)650B』

出典:楽天市場

フレーム素材 Marin 4130 CrMo, Disc Specific, Beyond Road Geometry
タイヤサイズ WTB Horizon, Wire Bead, 650B×47mm
重量 13.5kg

ビギナーによい本格的なランドナー

これからツーリングをはじめたい、ランドナー初心者の方によいマリンのニカシオドロップSE。長距離旅以外でも、通勤や通学などの足としてもご利用いただけます。

リアキャリアを標準装備しており、ツーリングバッグを装備すれば旅行も楽しめます。また、砂利道や段差も気にならないで走行できる、WTBタイヤも標準装備していますので悪路でも走行可能です。

RALEIGH(ラレー)『RFT Radford Traditional』

RALEIGH(ラレー)『RFTRadfordTraditional』

出典:Amazon

フレーム素材 Cr-Mo Mid-size D.B. TIG Welding
タイヤサイズ SCHWALBE 700×28C MARATHON GREEN GUARD F/V
重量 13.0kg

幅広い拡張性を兼ね備えたランドナー

クロスバイクのスタンダードとして確立しているRFLをベースに、よりシンプルかつクラシカルなデザインに仕上げたRFT。基本スペックの充実はもちろんのこと、ユーザーの期待にこたえる幅広い拡張性も兼ね備えています。

全体のカラーリングとアートワークに、ラレーらしさを感じることができる飽きのこないデザインのランドナーです。

新家工業『ARAYA Federal』

新家工業『ARAYAFederal』

出典:Amazon

フレーム素材 Cr-Mo Mid-size TIG Welding w/Outer-butted Seat Tube
タイヤサイズ SCHWALBE 26×1-3/8 DELTA CRUISER E/V
重量 12.9kg(13.5kg)

日本のサイクリングを追求した440mmサイズ追加

日本の標準ホイールサイズである、26×1-3/8を採用したARAYA Federal。身長150cm台の方でも乗車可能な、440mmサイズを限定生産モデルになりますが追加しました。

メンテナンスを重視したフルSHIMANOコンポやALTUSリヤ8段仕様、フロントトリプルなどすべてにおいてハイグレードなスペック仕様となっています。

ブリヂストンサイクル『クエロ 700F』

ブリヂストンサイクル『クエロ700F』

出典:Amazon

フレーム素材 クロモリ製 TIG溶接
タイヤサイズ 700×32C
重量 12.1~12.2kg

レトロスタイルでも気軽に街乗りできる

細部にまでこだわったレトロデザインのクエロ700Fは、おしゃれに街乗りをするのがコンセプトになっているランドナーです。ただデザインがよいだけではなく、機能も充実しているのでロングライドにも対応できます。

頑丈なクロモリフレームを採用しており、細身で美しい見た目を実現しました。フロントキャリヤやワイヤーロックなど、オプション品も充実しています。

丸石サイクル『エンペラー ツーリングコンダクター』

丸石サイクル『エンペラーツーリングコンダクター』

出典:楽天市場

フレーム素材 ラグ式ダブルバテッドオールクロモリ
タイヤサイズ 700×38C
重量 12.2kg

700Cサイズのホイールを採用しているランドナー

スポーツタイプでもっともポピュラーである、700Cサイズのホイールが使われているランドナー。高級感漂うハンマードアルミフェンダーラージハブが、クラシックスタイルを演出しています。

ポジションの取りやすいオリジナルのツールリングバーは、初心者の方でも握りやすく疲れにくさを実現。長く使い続けることができる1台です。

「ランドナー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
丸石サイクル『エンペラー ツーリングプレイヤー』
ミヤタサイクル『Eiger(アイガー)』
LOUIS GARNEAU『BEACON9.0』
新家工業『DIA ARAYA Diagonale』
新家工業『TUR ARAYA Touriste』
MASI『SPECIALE RANDONNEUR ELITE』
ミヤタサイクル『Freedom Plus(フリーダムプラス)』
マリン(MARIN)『2020 NICASIO DROP SE(ニカシオ ドロップ SE)650B』
RALEIGH(ラレー)『RFT Radford Traditional』
新家工業『ARAYA Federal』
ブリヂストンサイクル『クエロ 700F』
丸石サイクル『エンペラー ツーリングコンダクター』
商品名 丸石サイクル『エンペラー ツーリングプレイヤー』 ミヤタサイクル『Eiger(アイガー)』 LOUIS GARNEAU『BEACON9.0』 新家工業『DIA ARAYA Diagonale』 新家工業『TUR ARAYA Touriste』 MASI『SPECIALE RANDONNEUR ELITE』 ミヤタサイクル『Freedom Plus(フリーダムプラス)』 マリン(MARIN)『2020 NICASIO DROP SE(ニカシオ ドロップ SE)650B』 RALEIGH(ラレー)『RFT Radford Traditional』 新家工業『ARAYA Federal』 ブリヂストンサイクル『クエロ 700F』 丸石サイクル『エンペラー ツーリングコンダクター』
商品情報
特徴 国内でもっとも多く手に入りやすいタイヤを採用 美しくクラシカルなデザインのランドナー リアキャリア標準装備で長距離旅が楽しめる スポーツ志向の高いランドナー オールラウンドな走行性を有したサイズのランドナー 安定感のある650B×47mmのタイヤを採用! ロード用コンポーネントを装備したランドナー ビギナーによい本格的なランドナー 幅広い拡張性を兼ね備えたランドナー 日本のサイクリングを追求した440mmサイズ追加 レトロスタイルでも気軽に街乗りできる 700Cサイズのホイールを採用しているランドナー
フレーム素材 ダブルバテッドクロモリTIGフレーム SSTBクロモリフレーム CR-MO クロモリ MIDサイズ シートアウターバテッド TIG溶接フレーム オールクロモリ STDサイズ ダブルバテッドカットラグフレーム Tig Welded Double Butted Columbus CROMR Chromoly クロモリフレーム Marin 4130 CrMo, Disc Specific, Beyond Road Geometry Cr-Mo Mid-size D.B. TIG Welding Cr-Mo Mid-size TIG Welding w/Outer-butted Seat Tube クロモリ製 TIG溶接 ラグ式ダブルバテッドオールクロモリ
タイヤサイズ 26×1-3/8 26×1-3/8 KENDA K1067 26"X1.75" DELI 700×28C SA-269 F/V DELI 26×1-3/8(650×35A) F/V WTB Horizon Tubeless 650×47mm 650B×45C WTB Horizon, Wire Bead, 650B×47mm SCHWALBE 700×28C MARATHON GREEN GUARD F/V SCHWALBE 26×1-3/8 DELTA CRUISER E/V 700×32C 700×38C
重量 13.0kg 12.7~12.8kg 15.1kg(420mm) 12.4kg (13.0kg) 12.9kg (13.5kg) - 12.6~12.8kg 13.5kg 13.0kg 12.9kg(13.5kg) 12.1~12.2kg 12.2kg
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ランドナーの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのランドナーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:ランドナーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ロードバイクが気になる方はこちらもチェック!

ロードバイクには国内外の各メーカーから数多くのモデルがリリースされています。この記事では、自転車ジャーナリストのハシケンさんと編集部が厳選したロードバイクのおすすめ54選と選び方についてご紹介します。2020年最新モデルや格安モデル、通販サイト売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にし...

ランドナーもよいけれど、ロードバイクも気になるという方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

安定性の高いランドナーはさまざまな使い方ができる

自転車整備士・椿 直之さんと編集部が選んだ、ランドナーおすすめ12選や選び方などを紹介しました。

ランドナーは旅をすることを目的としている自転車ですが、その安定性の高さから通勤・通学などのふだん使いもしやすい自転車として多くの方に愛されています。メーカーによってタイヤサイズやツールリングバーの形状などが異なるので、購入前はいろいろと情報を集めましょう。

今回紹介したランドナーを見て、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:カワハラエミ、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年最新】サイクルコンピューターおすすめ7選|サイクリングの管理に!GPS付も

【2020年最新】サイクルコンピューターおすすめ7選|サイクリングの管理に!GPS付も

自転車が趣味という方も多いですね。さまざまなサイクリングコースの走行を楽しんだり、体力アップのためにトレーニングに励んだりと、自転車ライフを楽しむために装備しておきたいのがサイクルコンピューター(サイコン)。しかし、機能や計測内容、通信方法など、いろいろな種類があり、どれを選んだらよいのか悩んでしまうのではないでしょうか。そこで、自転車ライターで現役ロードレーサーの浅野真則さんへの取材をもとに、おすすめのサイクルコンピューターと選び方のポイントをご紹介いたします。


ロードバイク用パワーメーターおすすめ5選|クランク・ペダル・ハブ型などタイプ別

ロードバイク用パワーメーターおすすめ5選|クランク・ペダル・ハブ型などタイプ別

自転車のペダルを踏みこんだときの力をW(ワット)数で測定してくれる、ロードバイク用パワーメーター。クランクまわりやペダルに装着することで、走っているときの状態を客観的に知ることができ、トレーニングに生かすことができます。この記事では、自転車ライターの浅野真則さんへの取材をもとに、ロードバイク用パワーメーターの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


ロードバイク用ボトルおすすめ6選【保冷に強い・ボトルケージから取りやすい】

ロードバイク用ボトルおすすめ6選【保冷に強い・ボトルケージから取りやすい】

ロードバイクで走ると、体の水分はどんどん失われていきます。適度な水分補給をして、体に無理のない範囲で楽しみたいですね。自分にあった機能的なロードバイク専用のボトルを使用すると、余分な力を使わずにスムーズに水分補給をすることができます。この記事では、自転車ライターの浅野真則さんへの取材をもとに、ロードバイク用ボトルの選び方とおすすめ商品を紹介します。


ロードバイク用サドルバッグおすすめ7選【軽量・防水・アタッチメントタイプも】

ロードバイク用サドルバッグおすすめ7選【軽量・防水・アタッチメントタイプも】

自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに取材し、ロードバイク用サドルバッグの選び方とおすすめ商品について聞きました。軽量化されているロードバイクには荷物を入れるカゴがついていないことが多いです。リュックなどを背負って乗ると、動きのじゃまになったり背中が蒸れたりして快適に乗れません。サドルバッグがあれば、快適に乗れるだけでなく、緊急時用のメンテナンス道具を常備しておくのにもぴったり。この記事では、自転車ジャーナリストの菊地武洋さんがロードバイク用のサドルバッグの選び方のコツやおすすめ商品を紹介してるので、ぜひ参考にしてみてください。


ロードバイク用工具おすすめ8選【必要なものをセットに】携帯できる商品を厳選!

ロードバイク用工具おすすめ8選【必要なものをセットに】携帯できる商品を厳選!

自転車ライターの浅野真則さんへの取材をもとに、ロードバイク用工具の選び方とおすすめ商品を紹介します。サイクリングを楽しんでいる最中、万が一トラブルに見舞われてしまったときのためにロードバイク用の工具を用意しておくと安心です。いくつかの工具をセットにした携帯工具があれば、その場で応急処置をほどすことができます。安心してロードバイクを楽しむためにも、いざというときにそなえて携帯用の工具を準備しておきたいですね。商品を選ぶ際に注目したいポイントも解説していただいたので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


自動車・バイクの人気記事


>>もっと見る