車用サンシェードおすすめ11選|車内の温度上昇を防ぐ【日焼けや紫外線対策にも】

BodiCal『車用サンシェード』
出典:Amazon

夏の強い日差しの中、屋外に駐車していたら車内が暑くなって大変だった経験はありませんか。そんなときに大活躍してくれるのが車用サンシェードです。フロントガラスやサイドの窓に付ければ、太陽の光や熱をブロックしてくれます。この記事では車用サンシェードの選び方、おすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


目次

車用サンシェードとは? 夏の強い日差しや紫外線をカット! 車中泊時の目隠しにも

車用サンシェードをサイドガラスに吸盤でくっつけた。
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

車用サンシェードの特徴をみていきましょう。

日差しや紫外線を遮断して車内の温度の上昇を抑えてくれるサンシェード。外から付けるタイプや中から付けるタイプ、吸盤やサンバイザーで留めるものや、マグネットや静電気で貼るものなど、サイズもさまざまあってどれにすればいいか迷ってしまいますね。

車中泊の際に目隠しがわりに使ったり、夏だけではなく冬の冷たい冷気を防ぐために使ったりなど、使う目的によって選ぶものも変わってきます。1年を通して使えるものもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

車用サンシェードの選び方 車内の気温上昇を和らげる

ここからは車用サンシェードの選び方をご紹介します。いろいろなタイプがあるので目的に合わせて選んでくださいね。

外付けと中付けの2種類から選ぶ 目的やシーンに合ったタイプを選ぶ

車用のサンシェードには外付けタイプと中付けタイプがあります。いつ、どこで使うのかなど考えながら、それぞれの特徴を見ていきましょう。

汚れ対策にもなる「外付けタイプ」 長時間の駐車に最適! 車内温度の上昇、紫外線、冬の雪や霜も防ぐ

フロントガラスを外から全面を覆うタイプは、中付けタイプより遮光性が高く、車内の温度上昇を抑えてくれます。夏の紫外線だけではなく、冬の凍結や積雪、落ち葉や埃などの汚れからも守ってくれるので、1年中使えるのが特徴です。

フロントガラスの日除けや、汚れ防止をしっかりしたいと考えている方、旅行などで長時間駐車する場合には外付けタイプがおすすめです。

収納も楽な「中付けタイプ」 気軽に取り外しができ、収納も簡単! 紫外線も防げる

気軽に使いたい場合なら中付けタイプがいいでしょう。短時間の駐車やちょっと目隠ししたいときにサッと取り出して中から付けて、必要ないときはコンパクトに収納できるのが特徴です。

フロントガラス以外にもサイドや後部座席などの窓用もあり、赤ちゃんや小さなお子さまがいる場合でも、かんたんに取り付けができるので便利です。

外付けタイプより車内の温度の上昇を抑えることはできませんが、お出かけするときに活躍してくれますよ。

遮光率は90%以上、UVカット率の確認も 日焼けや紫外線対策に

車用サンシェードを選ぶ大切なポイントは遮光率の高さです。遮光率が高ければ高いほど光をカットしてくれるので、遮光率90%以上のものを選ぶといいでしょう

また、紫外線は眼球にダメージを与えたり、女性の天敵である日焼けの原因になるので、UVカット率も忘れずに確認を。

なお、外付けの場合はシルバーや白などの明るい色、サイドや後部座席など車体の一部に設置する内付けは照り返しが少ない黒を選びましょう。

効果を得るにはサイズ選びも大切 自分の車種に合うものを

車種にあったサイズを選ぶのも大切です。大きすぎるとフロントガラスや窓からすぐに落ちてしまったり、小さすぎると日除けとしての機能が働きにくくなったりしてしまいます。

大抵の場合は、汎用性の高いサイズ感のものが多いですが、車種によって窓の形に合わないこともあるので、サイズや対応車種を確認しましょう

取り付け方法を選ぶ 手軽さ? 安定感? 重視したい機能性で

取り付け方法にもいろいろなタイプがあります。「手軽に取り付けたい」「しっかり固定できるものがいい」など、重視したい機能性から取り付け方法を選ぶといいですよ

取れにくい「ドア挟み込みタイプ」 しっかり固定で長時間駐車の際にも安心

ドア挟み込みタイプは外付けタイプのみですが、フロントガラスを覆って車用サンシェードの端をドアに挟み込むので、フロントガラスを隙間なく、しっかりと固定できます。中には車内で端同士をベルトで固定したり、サイドミラーを覆ったりするタイプがあります。

マグネットが内蔵されているものなら強風でめくれたりしないので安心です。車にあまり乗らない方や長時間の駐車をする方にぴったりですよ。

子どもでも装着がかんたん「吸盤」「サンバイザーで挟むタイプ」 取り付けの手軽さが魅力

手軽に取り付けたい方には、吸盤で取り付けるタイプとサンバイザーで挟むタイプが便利。吸盤は窓の内側に貼り付けて固定します。吸盤に埃がついたり、長く使うと劣化するので吸盤は取り替えできるものがいいですね。ただ、吸盤の跡が残ってしまうことがあるので、気になる方は避けたほうがいいでしょう。

とくにお手軽にできるのがサンバイザーで挟むタイプです。サンバイザーがない窓にはできませんが、急いでいるときなどフロントガラスに広げて、サンバイザーを下ろすだけで、すぐに設置ができるので便利。吸盤とセットになっているものも多いですよ。

小さな窓なら「静電気タイプ」もおすすめ ピタッと張り付く

最近では、窓にできる静電気を利用してピタッと貼り付ける静電気タイプも増えています。ドライブしているときに落ちないかと心配になりますが、意外に安定感もあって落ちにくいですよ。

ただ、大きめサイズは重くなってしまって安定しないので、できれば小さめサイズがいいでしょう。

素材で選ぶ 耐久性抜群のアルミ、吸盤や静電気で装着するメッシュ、コンパクトなポリエステル

車用サンシェードの素材は、アルミ、メッシュ、ポリエステルがよく使われています。それぞれメリットやデメリットが異なるので、自分に合うものを選びましょう。

目線を完全に遮断するアルミ素材 デメリットは収納しにくい点

車用サンシェードでよくつかわれているのがアルミ素材。丈夫で目線を完全に遮断してくれるので、駐車時に車内を見られたくない方や耐久性で選ぶ方におすすめ。

ただし、コンパクトにならず、収納場所に困るというデメリットがあります。

可視光線率が高いメッシュ素材 デメリットは真夏の暑さ対策には役不足な点

メッシュ素材は、文可視光線率が高いことで、窓に設置していても外の景色をある程度見ることが可能です。吸盤や静電気で装着するタイプもあり、密着度が高く子供でも取り付けしやすいでしょう。

デメリットには、文紫外線のカットは可能でも、太陽の熱までシャットアウトできないので、真夏の暑さ対策としては少し役不足感が否めません。

フロントガラス用が多いポリエステル素材 デメリットは耐久性に不安がある点

フロントガラス用が多いポリエステル素材は、サイズが少し大きくても窓に合わせて装着することができます。なお、薄く柔らかい素材のため、コンパクトにすることができ、収納性を重視するならおすすめの素材と言えます。

ただし、軽量で薄い分、耐久性に不安があります。

収納時のコンパクトさもポイント! スプリング式も要チェック

車用サンシェードを使わないとき、どこに収納するかもポイントですね。スプリング式なら薄く小さく収納できるのでドアポケットに入れやすいですよ。使いたいときもすぐに出せて広げられるので便利です。

折りたたみ式はスプリング式よりかんたんにたためますが、より広い収納スペースの確保が必要なので、購入する前にどこにおくかチェックしてくださいね。

車用サンシェードおすすめ11選 紫外線や断熱温度に効果的なアコーディオン式、マグネットでピタッと張れるなど

ここからは、車用サンシェードのおすすめをご紹介します。選び方を参考に、車にあったものを選んでくださいね

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Aokeou『フロントカバー サンシェード』

Aokeou『フロントカバーサンシェード』 Aokeou『フロントカバーサンシェード』 Aokeou『フロントカバーサンシェード』 Aokeou『フロントカバーサンシェード』 Aokeou『フロントカバーサンシェード』 Aokeou『フロントカバーサンシェード』 Aokeou『フロントカバーサンシェード』

出典:Amazon

タイプ 中つけ
サイズ -
収納方法 折りたたみ
遮光率 -
取り付け方法 吸盤

紫外線や断熱温度に効果的なアコーディオン式

アコーディオン式の2重構造のサンシェードです。紫外線や断熱温度を防いで、車内の温度も下げてくれる頼もしいアイテムです。

吸盤を固定して取り付けるタイプで、自動収縮で折り畳みできるので、使いたいときに片手で開け閉めできて便利ですよ。車種に合わせて自分でカットできるので、どんなタイプの車でも安心して取り付けができます。車で使わないときは、自宅でブラインド代わりにもなりますよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SEIWA『楽らくマグネットカーテン』

SEIWA『楽らくマグネットカーテン』 SEIWA『楽らくマグネットカーテン』 SEIWA『楽らくマグネットカーテン』 SEIWA『楽らくマグネットカーテン』 SEIWA『楽らくマグネットカーテン』 SEIWA『楽らくマグネットカーテン』

出典:Amazon

タイプ 中つけ
サイズ 幅800×厚み2×高さ520mm
収納方法 折りたたみ
遮光率 -
取り付け方法 マグネット

窓枠の上部にピタッとマグネットで貼るサンシェード

カーテンの上部にマグネットがついていて、窓枠にピタッっと貼るだけでカバーができます。かんたんに取り外しできるので、日差しが強いときはパッとつけて、夜は取り外してコンパクトに収納できますよ。

紫外線カット率が高いので紫外線対策もバッチリできますよ。窓にも跡が残らず、お子さまでもかんたんに使えるのであると便利ですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SUNVIC『専用サンシェード』

SUNVIC『専用サンシェード』 SUNVIC『専用サンシェード』 SUNVIC『専用サンシェード』 SUNVIC『専用サンシェード』 SUNVIC『専用サンシェード』 SUNVIC『専用サンシェード』 SUNVIC『専用サンシェード』 SUNVIC『専用サンシェード』

出典:Amazon

タイプ 中つけ
サイズ -
収納方法 折りたたみ、専用収納袋つき
遮光率 -
取り付け方法 吸盤

車種別専用だからぴったり合う

車種別で選べてフィットするフロント、バックと全窓用10セットです。車中泊や着替えのときの目隠しにもできるのが魅力的ですね。

5層構造の断熱シートを採用しているので、夏は車内の温度を下げてくれて、冬は窓からの冷気の侵入を防いで温度を保ってくれます。吸盤で貼り付けるのでかんたんに取り付けができて便利ですね。

EMERSON『スジガネ入りサンシェード』

EMERSON『スジガネ入りサンシェード』 EMERSON『スジガネ入りサンシェード』 EMERSON『スジガネ入りサンシェード』 EMERSON『スジガネ入りサンシェード』 EMERSON『スジガネ入りサンシェード』 EMERSON『スジガネ入りサンシェード』 EMERSON『スジガネ入りサンシェード』 EMERSON『スジガネ入りサンシェード』 EMERSON『スジガネ入りサンシェード』

出典:Amazon

タイプ 中つけ
サイズ 幅1300×高さ600mm
収納方法 折りたたみ
遮光率 -
取り付け方法 サンバイザーで挟む

サンバイザーに挟むだけでかんたん装着

かんたんに取り外しができるサンシェードです。サッと広げたらサンバイザーに挟むだけなので急いでいるときにとても便利です。吸盤を使わないので、フロントガラスに吸盤跡がつかないのもうれしいですね。

安全設計のスジガネ入りなのでへたれたり、よれたりせずしっかりしていて丈夫で長持ちしますよ。小さくはなりませんが、光を反射してしっかりと日除けしてくれるので安心です。

Rabbitgoo『車用サンシェード』

Rabbitgoo『車用サンシェード』 Rabbitgoo『車用サンシェード』 Rabbitgoo『車用サンシェード』 Rabbitgoo『車用サンシェード』 Rabbitgoo『車用サンシェード』 Rabbitgoo『車用サンシェード』 Rabbitgoo『車用サンシェード』

出典:Amazon

タイプ 外つけ
サイズ 幅1470×高さ1160mm
収納方法 折りたたみ
遮光率 -
取り付け方法 ドア挟み込み、サイドミラーにゴム紐を引っ掛ける、マグネット

季節を問わず使えるすぐれもの

外付けのサンシェードは、通年オールマイティに使えます。4層構造の断熱素材で、日差しと紫外線をシャットアウトしてくれますよ。凍結や積雪対策、落ち葉対策にもバッチリです。

取り付けはカバーを外側から覆ってサイドミラーにゴム紐を引っ掛けるだけ。風に飛ばされないようにマグネットが3つ内蔵されているので、安心して使えます

cretom『遮光フロントシェード』

cretom『遮光フロントシェード』 cretom『遮光フロントシェード』 cretom『遮光フロントシェード』 cretom『遮光フロントシェード』 cretom『遮光フロントシェード』 cretom『遮光フロントシェード』 cretom『遮光フロントシェード』 cretom『遮光フロントシェード』

出典:Amazon

タイプ 中つけ
サイズ 幅1400×高さ780mm
収納方法 折りたたみ、収納袋つき
遮光率 99%
取り付け方法 サンバイザーで挟む

広げるのも収納するのもパッとできる

パッと広げて、サッとドアポケットに収納できるサンシェードです。ひねるようにして畳んで、横についているゴムベルトで留めるだけ。コンパクトになるので、サンシェードの収納に困っている方にぴったりですよ。

日差しをしっかりシャットアウトしてくれて、暑さ対策はバッチリ。収納袋はハンドルの日除けにも使えるので便利です。

DAIJI INDUSTRY『メルテック キルトシェード』

DAIJIINDUSTRY『メルテックキルトシェード』 DAIJIINDUSTRY『メルテックキルトシェード』 DAIJIINDUSTRY『メルテックキルトシェード』 DAIJIINDUSTRY『メルテックキルトシェード』 DAIJIINDUSTRY『メルテックキルトシェード』 DAIJIINDUSTRY『メルテックキルトシェード』 DAIJIINDUSTRY『メルテックキルトシェード』 DAIJIINDUSTRY『メルテックキルトシェード』 DAIJIINDUSTRY『メルテックキルトシェード』 DAIJIINDUSTRY『メルテックキルトシェード』 DAIJIINDUSTRY『メルテックキルトシェード』 DAIJIINDUSTRY『メルテックキルトシェード』

出典:Amazon

タイプ 中つけ
サイズ 幅1400×高さ900mm
収納方法 折りたたみ
遮光率 -
取り付け方法 サンバイザーで挟む

キルト生地と断熱とUVカットのトリプルブロック

日差しをしっかりとブロックしてくれる、キルト生地のサンシェードです。キルトの厚い素材に、断熱とUVカットのトリプル構造でしっかりと車内の温度を下げてくれます。

取り付けはサンバイザーで押さえるだけなので、吸盤だと跡がついて気になるという方にぴったりですよ。消臭・抗菌効果で、使う度に車内もさわやかに保ってくれるのは、お子さまやペットと一緒の方には安心ですね。

BodiCal『車用サンシェード』

BodiCal『車用サンシェード』 BodiCal『車用サンシェード』 BodiCal『車用サンシェード』 BodiCal『車用サンシェード』 BodiCal『車用サンシェード』 BodiCal『車用サンシェード』 BodiCal『車用サンシェード』

出典:Amazon

タイプ 中つけ
サイズ 幅510×高さ310mm(1枚)
収納方法 折りたたみ、収納ポーチつき
遮光率 90%以上
取り付け方法 静電気

静電フィルムで取り付けかんたん!

片面が静電フィルムになったタイプのサンシェードです。静電気で窓にピタッとくっつくタイプなのでかんたんに取り付けられて、吸盤タイプのように窓に跡が残ることもありません。

表面に反射材のコーティングがされており、高遮光・高UVカットで強い日差しをブロックしてくれます。4枚セットになっているので、側面窓用のものをまとめてそろえられますよ。

SHINPACK『カーフロントカバー』

SHINPACK『カーフロントカバー』 SHINPACK『カーフロントカバー』 SHINPACK『カーフロントカバー』 SHINPACK『カーフロントカバー』 SHINPACK『カーフロントカバー』 SHINPACK『カーフロントカバー』 SHINPACK『カーフロントカバー』

出典:Amazon

タイプ 外つけ
サイズ 幅2210×高さ1300mm
収納方法 折りたたみ
遮光率 -
取り付け方法 ドア挟み込み、マグネット、ロープ

暴風や盗難防止にもしっかりベルトで固定できる

フロントカバーからサイドミラーまで被せる、外付けタイプのサンシェードです。暴風や盗難防止にも便利なロープが2カ所あり、上部ロープは車内で留めて下部ロープはタイヤに引っ掛けて留めるため風で飛んでいくこともなく安心です。

3重構造のサンシェードは紫外線をブロックするのはもちろん、凍結や降雪、ほこりから守ってくれますよ。

BONFORM『ぎっしりミニオン サンシェード』

BONFORM『ぎっしりミニオンサンシェード』 BONFORM『ぎっしりミニオンサンシェード』 BONFORM『ぎっしりミニオンサンシェード』

出典:Amazon

タイプ 中つけ
サイズ 幅1300×高さ600mm
収納方法 折りたたみ
遮光率 -
取り付け方法 吸盤

ミニオンがかわいい! 目印になるサンシェード

かわいいミニオンがデザインされたサンシェードは、お子様が喜びそうですね。サンバイザーに挟んでも、吸盤でかんたんに取り付けてもカバーできるので、車内の日除けにぴったりです。

厚手でしっかりしたサンシェードで、UVもブロックしてくれます。混雑した駐車場でもミニオンのサンシェードをしていれば目印になりますね。

『重暗幕 サンシェード マグネット式』

『重暗幕サンシェードマグネット式』 『重暗幕サンシェードマグネット式』 『重暗幕サンシェードマグネット式』 『重暗幕サンシェードマグネット式』 『重暗幕サンシェードマグネット式』 『重暗幕サンシェードマグネット式』 『重暗幕サンシェードマグネット式』 『重暗幕サンシェードマグネット式』

出典:Amazon

タイプ 中つけ
サイズ 幅675×高さ485mm
収納方法 折りたたみ
遮光率 -
取り付け方法 マグネット

赤ちゃんやお子さまから日差しをしっかり守る

かわいらしい動物のデザインから選べるサンシェードです。赤ちゃんや小さなお子さまを車に乗せるときに暑さや日差しからから守ってくれますよ。

3重暗幕になっていて、紫外線をしっかりブロック。窓枠に沿ってマグネットを取り付けるだけなので必要のないときはすぐに取り外せて便利ですよ。お子さまの好きな動物を選べばドライブも楽しくなりそうですね。

「車サンシェード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Aokeou『フロントカバー サンシェード』
SEIWA『楽らくマグネットカーテン』
SUNVIC『専用サンシェード』
EMERSON『スジガネ入りサンシェード』
Rabbitgoo『車用サンシェード』
cretom『遮光フロントシェード』
DAIJI INDUSTRY『メルテック キルトシェード』
BodiCal『車用サンシェード』
SHINPACK『カーフロントカバー』
BONFORM『ぎっしりミニオン サンシェード』
『重暗幕 サンシェード マグネット式』
商品名 Aokeou『フロントカバー サンシェード』 SEIWA『楽らくマグネットカーテン』 SUNVIC『専用サンシェード』 EMERSON『スジガネ入りサンシェード』 Rabbitgoo『車用サンシェード』 cretom『遮光フロントシェード』 DAIJI INDUSTRY『メルテック キルトシェード』 BodiCal『車用サンシェード』 SHINPACK『カーフロントカバー』 BONFORM『ぎっしりミニオン サンシェード』 『重暗幕 サンシェード マグネット式』
商品情報
特徴 紫外線や断熱温度に効果的なアコーディオン式 窓枠の上部にピタッとマグネットで貼るサンシェード 車種別専用だからぴったり合う サンバイザーに挟むだけでかんたん装着 季節を問わず使えるすぐれもの 広げるのも収納するのもパッとできる キルト生地と断熱とUVカットのトリプルブロック 静電フィルムで取り付けかんたん! 暴風や盗難防止にもしっかりベルトで固定できる ミニオンがかわいい! 目印になるサンシェード 赤ちゃんやお子さまから日差しをしっかり守る
タイプ 中つけ 中つけ 中つけ 中つけ 外つけ 中つけ 中つけ 中つけ 外つけ 中つけ 中つけ
サイズ - 幅800×厚み2×高さ520mm - 幅1300×高さ600mm 幅1470×高さ1160mm 幅1400×高さ780mm 幅1400×高さ900mm 幅510×高さ310mm(1枚) 幅2210×高さ1300mm 幅1300×高さ600mm 幅675×高さ485mm
収納方法 折りたたみ 折りたたみ 折りたたみ、専用収納袋つき 折りたたみ 折りたたみ 折りたたみ、収納袋つき 折りたたみ 折りたたみ、収納ポーチつき 折りたたみ 折りたたみ 折りたたみ
遮光率 - - - - - 99% - 90%以上 - - -
取り付け方法 吸盤 マグネット 吸盤 サンバイザーで挟む ドア挟み込み、サイドミラーにゴム紐を引っ掛ける、マグネット サンバイザーで挟む サンバイザーで挟む 静電気 ドア挟み込み、マグネット、ロープ 吸盤 マグネット
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月30日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 車用サンシェードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの車用サンシェードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:車用サンシェードランキング
楽天市場:サンシェードランキング
Yahoo!ショッピング:サンシェイド、バイザーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ドライブレコーダーの熱対策にも 取り付けた機器の動作温度範囲を確認

社会問題となった高速道路や市街地での煽り運転、事故時の記録としてドライブレコーダーを設置している方も多いと思いますが、猛暑による気温の上昇(雪国の氷点下)には注意が必要です。

ドライブレコーダーには動作温度範囲というものがあり、取扱説明書に「-10~60℃」などと記載されています。例えば、炎天下に野外駐車していると、この上限の温度を超える恐れがあります。また、ドライブレコーダーで使用するSDカードも熱に弱いので、ドライブレコーダーの熱対策は必須と言っても過言ではありません。

【簡単な対策】
・車用サンシェードをフロント、リアともに設置(可能ならすべての窓にも)し、直射日光が当たらないようにする
・できるだけ日陰に車を止める
・ドアを開けて空気を循環させる

もし、予算に余裕があるなら動作温度範囲が広いものに取り換えるという手もあるので、オートバックスやイエローハットなどのカー用品専門店で相談してみましょう。

【関連記事】そのほかの車用品はこちら!

カージャーナリストの松村 透さんに、車載用空気清浄機の選び方とおすすめ8選を教えていただきました。窓やドアを開け閉めしたり、走行中にベンチレーターから外気を取り入れたりして、クルマのなかは意外と空気が汚れているもの。せっかくなら車内の空気をキレイにして快適に移動したいですよね。この記事では、カ...

本記事では、家電ライターへの取材のもと、ポータブルブルーレイプレーヤーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。持ち歩くことができるポータブルブルーレイプレーヤーは、自動車のなかや外出先でもブルーレイの映像を楽しむことができるので、キャンプや行楽シーズンにもってこいです。ぜひ参考にしてください!

カージャーナリストの松村 透さんに聞いた、ETC車載器の選び方とおすすめ商品5選を紹介しています。アンテナ一体型の2ピースタイプやアンテナ分離型の3ピースタイプなど種類がありますが、いまETC車載器を買うなら、カージャーナリストの松村 透さんのおすすめは「3ピースタイプ」。そんなETC車載器を...

ITライターの海老原 昭さんに、ポータブルカーナビを選ぶポイントとおすすめ商品を取材しました。ドライブには欠かせないカーナビは、据え置きタイプのほかに、ポータブルカーナビも人気です。ポータブルカーナビは値段が安いだけでなく、小型で持ち運んで使えるのが大きな特徴で、車載以外の用途も多彩です。機種...

いまや日常生活はもちろんのこと、カーライフにも確実に浸透しつつあるスマホやタブレット。Bluetooth接続して音楽を聞いたり、通話をしたり、また、カーナビとして利用しているケースも珍しくありません。そうなると、車内でも目の届く場所に置きたいという方もいることでしょう。そんなユーザーのニーズに...

遮光率のチェックや車種に合うものを

車用サンシェードの選び方とおすすめ11選はいかがでしたか。ポイントは中付けか外付けか選んだら、遮光率やサイズをチェックして、取り付け方など目的に合わせて機能性を選ぶこと。お気に入りのサンシェードで安全で快適なドライブを。

ただし、運転中は運転席と助手席用のサンシェードは道路交通法違反になるので注意しましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/03/19 コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 平野慎也)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ブースト計おすすめ12選|かっこよく愛車を拡張できるモデルも紹介!

ブースト計おすすめ12選|かっこよく愛車を拡張できるモデルも紹介!

愛車のコンディションを把握するのに便利なブースト計。この記事では、ブースト計を選ぶ際のポイントとおすすめ商品を紹介していきます。また通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


車載用サブウーファーおすすめ11選|取り付け簡単で車内に臨場感を!

車載用サブウーファーおすすめ11選|取り付け簡単で車内に臨場感を!

カーオーディオの低音を強くしてくれる車載用サブウーファー。純正のカーオーディオでは出せない低音を響かせ、迫力のあるサウンドでドライブをさらに楽しくしてくれます。この記事では、車載用サブウーファーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ルームミラー型ドライブレコーダーおすすめ12選|選び方や必須の機能も解説

ルームミラー型ドライブレコーダーおすすめ12選|選び方や必須の機能も解説

「煽り運転対策としてドライブレコーダーをつけたいけれど、取り付けが難しそう」「簡単に取り付けられるドラレコがあったらいいな」昨今のあおり運転対策として、ドラレコのニーズは大きく高まりましたが、一方で上記のように感じている方も多いのではないでしょうか。そんなときにおすすめなのが「ルームミラー型ドライブレコーダー」です。通常のドラレコと比べて取りつけがかんたんで、視界の邪魔になったりすることもありません。しかし、通常のドラレコと同じで、撮影範囲や角度、スイッチの入れる・切るなど、しっかりポイントを抑えないと、決定的な事故の瞬間を取り逃がしてしまうことになりかねません。本記事では、ルームミラー型ドライブレコーダーについて、種類・タイプごとの特徴や、撮影角度や方向といった選び方、そしてタイプ別のおすすめ商品をご紹介。一通り読んでいただければ、商品を選ぶ際のポイントを網羅できるはずですので、ぜひ参考にしてください。


ルーフボックスおすすめ11選| 収納機能だけでなくデザイン性も重視しよう【ルーフバッグタイプも】

ルーフボックスおすすめ11選| 収納機能だけでなくデザイン性も重視しよう【ルーフバッグタイプも】

車の屋根に取り付けてたくさんの荷物を持ち運びができるルーフボックス。キャンプやアウトドアに行く際に便利な収納ツールです。自分の車に取りつけたいと思っても、そのサイズや容量はさまざま。ブランドも異なるのでなかなかすぐには選べません。この記事では、ルーフボックスのおすすめ商品と選び方をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


シガーソケットグッズおすすめ27選|電源を増設して、車内を快適に【使い方も解説】

シガーソケットグッズおすすめ27選|電源を増設して、車内を快適に【使い方も解説】

車内を快適な空間にしてくれる「シガーソケットグッズ」は、シガーソケットにつけるだけでカンタンに使うことができます。シガーソケットグッズは種類が豊富で、どれを選べばいいか迷っている人も多いのではないでしょうか。この記事では、シガーソケットグッズの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


関連するタグ


カー用品

関連するブランド・メーカー


SEIWA(セイワ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。